私は32歳で去年結婚し、六ヶ月の子供がいます。
アメリカのメーカーから商品を輸入販売している会社に創業以来八年間アフターフォローの部門で管理職としと働いています。
以前からメーカーの日本支社より誘われており、今回転職しようと決めましたが、妻が反対しています。
現在の会社は社員20人程度なのですが、日本総代理店としては唯一アフターフォローができる会社として、競合からも一目おかれています。
しかし、この不況のおかげで、納入先が廃業したり、メンテナンス控えのため、私の課の売り上げが1月から半減しました。
私の部門は縁の下の力持ち的な役割が大半なので、売上重視の社長と意見が食い違い、4月より給料が下がりました。
日本支社は技術レベル平均化のために私を必要としています。
外資系の100%出資会社のため、リスクはありますが、自信があります。転職すれば年収は480万から700万と条件を頂きました。
最初は給料が下がったので、転職に妻は賛成してくれましたが、最近は外資である親会社の日本でのシェアを気にしており、いっそのこと、まったく畑違いの安定した会社へ転職してほしいようです。
妻は転職でのキャリアアップをしており、休職中ですがマネージャーとして私よりも頭がよく高給取りでした。私としては八年の経験をみすみす捨てるつもりはなく、転職したいのですが、なんとか説得出来ないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

22-27才まで日本の会社、27-33まで外資に勤務している者です。


IT業界ですが・・・。

比較すると、日本の会社よりも外資のほうが即戦力=給与アップにつながっているという印象があります。
また、ご自身の実力に実力があるのであれば、外資は最高の職場です。

アフタフォローのご経験がたくさんおありということは、たくさん学ばれたことも多くあったと推測します。
外資のイメージは、売るだけうって、さっさと逃げる、というものがあります。アフターフォローのキャリアはそういった面で強い支えになるとおもいます。

ただ、一方外資は売上重視がとても強いです。
そのため、逆を言えば、アフターフォローを重視するあまり、おもった以上に売上が伸びない可能性もあります。
つまり、はっきり申し上げると、多少問題がある製品でも問題はありません、と言って売ってくる、ということが求められる部分があるとはおもいます。
ただ、そういう局面でもアフターフォローの施策をきちんと手配できる(たとえば、いまの会社を紹介するとか)ことができれば、また結果もちがってくるとはおもいます。

畑違いの会社へ転職するのは非常にリスクがあります。
いまのいまのお年ですと、これからエンジンが火を噴くぐらい活躍し始める時期なので、いまの業界でがんばるべきだとはおもいます。

奥様の不満を払拭するには、次の会社の社長さんといっしょに食事などをし、また、インセンティブの額をさらに上乗せして最大1000万という条件にしてもらうとかどうでしょうか。(ちょっと言い過ぎかもしれません)

その分、次の会社でいい結果を出し、ゆくゆくは米国?本社からお呼びがかかるぐらいの人になればよいとおもいます。

この回答への補足

とうとう明日で出勤最終日を迎えます。
なんとか妻を説得し、着々と転職作業が進みました。
まだまだ問題は山積ですが、前に進んでまいります。
他3件のご回答を頂きましたがbtakashi_0さんは同じ方でよろしかったでしょうか?
いろいろとありがとうございました。

補足日時:2009/08/20 16:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですよね、いまさら畑違いの業界でイチからはリスクがありすぎますよね。
昨日、本国からアジア統括の人物が来日し、日本支社長とともに、話をしました。
妻には彼らと会うことを話していましたが、その場で決断をするなと言われていました。
しかし、彼らは今後のアフターフォローの重要性を危惧しており、最後には硬い握手をすることとなりました。
私は英語がまったく話せません。メールのやり取りならなんとかできますが、今回の来日した人物と支社長とはいままで何度も会食をし(妻も同席したことがあります)、本社へも連れて行ってもらい、私の結婚式には二人を招待し、スピーチも頂いた経緯もあり、見ず知らずの方々ではないということもあり、彼らを信用して、妻には内緒で承諾致しました。
これから妻には承諾してもらうための安心材料を揃えなければいけません・・・。
不安だらけですが、少なくともこのご時勢に私を必要としている方々のためにも、自分のためにも、頑張って行こうと決心致しました。

お礼日時:2009/05/24 00:50

私も6歳、4歳の子がいますが、上の子が1,2歳のときにすこし方向が異なった職種がある会社に転職したことがあります。



結果・・・、とても悪い評価となり、あわててもとの職種に戻してもらったことがあります。30そこそこになれば、新卒扱いされるわけがありませんから、新卒レベルの仕事しかできない状態に一時は置かれるわけですから・・・。。。いやぁ・・・もう、二度と、一生あんなリスクを体験したくはありませんね。。背筋が凍る思いがしました。

不安を払拭するには、自分のお客様を持つ、これしかありません。

私の家内は、もともと日本的な人で、転職なんてもってのほか!という人種の一人でした。
転職は住宅ローンを組む際にチェック項目のひとつとなります。
ただし、今回のようなヘッドハンティングは、プラスとして評価されますので、影響はありません。
いまの銀行は、勤続1年以上であれば、住宅ローンが組めます(例:三井住友の場合)。
たまたま、いま戸建てを買う準備をしていたので、ご参考になればとおもい書かせていただきました。

ちなみに・・・・・・・・・・私、外資に勤めておりますが、日本のパートナーさんで私以上に実力があって長時間働いている方が何人もいらっしゃいます。もちろん、私よりも低い給与でです。
ここだけの話、、、きちんと成果が普通にでていれば、あんまり問題になりません。なので、極端に無理しすぎる勤務が必要になる、というわけではないので、そのあたり奥様が心配されていらっしゃるようであれば、働き方についてもきちんとお話されたほうがよろしいかとおもいます。だいたい、めちゃくちゃな働き方をしていたら、体持ちませんし、それはどんなひとでも同じです。5年後はいよいよ1千万越が目標ですね!!
    • good
    • 0

声がかかる人というのは、どこの企業でも活躍できます。


家庭を犠牲にしすぎるのはよくないですが、書き込まれたコメントから、ひしひしと燃え上がる何かを感じます(^^

販売された製品あるいはサービスなどに不具合があって、その開発・製造が本国であり、かつその際に詳細を相手に伝える必要がある、など、そういうサポート的なお仕事をされるのであれば、英語は必須です。
ただし、所詮は情熱と迫力があれば、相手は必死に聞き取ろうしてくれますし、モノなどを見ればいいたいことが伝わるはずです。

営業職の方は、英語を話せればこしたことはないでしょうが、それはいまの社長さんや話せるひとに投げてしまえばよいとおもいます。
重要なのは自分の数字が、なんらかの形で本国の人間に、自分の数字としてきちんと伝わっている、というところです。
上司やほかの方の数字として報告されているのであれば、そこは、きちんとされたほうがよいです。

日本で売上を伸ばすために英語が必須であれば、英語は必須です。
ですが、英語がまったくいらないのであれば、英語は不要です。
日本の社員の役割は、日本で利益を出すことであり、それが最もご自身の給与に反映されます。
ブリッジ役はいまの社長さんに完全におまかせし、ご自身は日本国内での顧客開拓、売上アップにまい進され、いずれ、会社がご自身を手放せないようなぐらい頼りになればよいとおもいます。
また、日本でパートナー様あるいは大きな顧客などときちんと関係が維持できれば、この外資の会社になにか不幸があったとしても、暖かく迎えてくれるはずです。
中心の会社に行くのはハイプレッシャーですし、給与もそれに応じてあがります。その分、はいってから実力も伸びます。
がんばってください!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q転職して失敗したな、と感じたことはありますか?

転職して失敗したな、と感じたことはありますか?

どういった点を注意すれば失敗しにくい転職ができるのでしょうか?

Aベストアンサー

私も転職した経験が幾度かありますが、辞めるときはいつも失敗したなと思うところはあります。但しこの転職に目的があればそんなに失敗したと思うところは感じません。
私が失敗したな?と思うことはその会社の人間関係や労務人事の対応の仕方など些細な部分です。(これは入ってみないと分からない事)
最近の転職する方々の理由を聞くと、給料が安い?休みが少ない?生理的に会わない?等、その会社に入った動機や目的がハッキリしていません。動機や目的がハッキリしているのであれば転職を前向きに行えばよいと思いますし、その点がハッキリしていれば失敗しにくい!?かも。

Q日本に支社のある外資系企業や、日本部門のある外資系企業など、多少なりと

日本に支社のある外資系企業や、日本部門のある外資系企業など、多少なりと日本と接点のある外資系企業の一覧の載っているサイト等はありますでしょうか?
(日本IBM、ヒューレットパッカードなどといった)
特にIT系で探しておりますが、IT以外の業界でもIT職を募っている会社はそれなりにあるため、まったく関係ない業界でも構いません。
ちなみにアメリカやEU、シンガポールの企業に限定せず、中国、ロシア、EU加盟候補国など。
新興国の企業も歓迎です。

日系企業にずっと勤めてまいりましたが、外資に勤める知人から話を聞く限り、求めていることができそうですので、関心があります。
外資系の人材紹介なども利用しておりますが、自分でも受けてみたいと思っております。
どうかよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

「外資系企業の一覧が載っている」と聞いて私がすぐに思い出すのが、『外資系企業総覧』です。
どのようなものかは、検索してください。
ただし、これはサイトではなく印刷物ですし、head1515さんが想像されているような物ではないと思いますが。

ご自分でも(求人を探して)受けてみたいという積極的な態度はすばらしいと思います。
一覧で簡単に企業を探せれば効率は良いですが、その積極さがあれば、手間が掛かってもネット検索や書店で調べるなどやれることはいくらでもあると思います。

Q転職して給料が20万減りました。転職失敗でしたので、また転職しようと思うけど周りは、一度してしまうと

転職して給料が20万減りました。転職失敗でしたので、また転職しようと思うけど周りは、一度してしまうと同じことの繰り返しって言います。そうでしょうか?

Aベストアンサー

給与の減少を「転職失敗」と言われるということは、減ることを承知でやりがいを求めたといった転職ではなかったということですね?
その場合、前職の給与がどの程度だったかわかりませんが、前職の給与に対して20万円が数パーセントであるとか、ご本人の許容範囲を超えたものであるのでしたら、事前の確認やお相手との事前の給与交渉が不足であったということだと思います。
そいうところを指して「同じことの繰り返し」との指摘があるのではないでしょうか?
ダメだったら次へという転職癖がつき、結局気が付けばどの仕事も中途半端な知識、経験しかなく、力(仕事力)をアピールできる物が無い、、、という状況にならぬよう言われているのだと思います。

Q外資系生保への転職(管理部門)について

外資系生保への転職(管理部門)について

現職では人事部に所属しており、人事関連業務の経験は
10年になります。

現在の会社の業績が厳しく、転職活動を行っているのですが、
幸いなことにこれから数社面接予定があります。
(ちなみに全て人事職で応募しています)

その中の1社が外資系生保なのですが、現職とは畑違いの業界なので
社内の雰囲気・イメージをつかみたいと思っています。

処遇面(給与・福利厚生など)は十分満足できる内容なのですが、
外資系というと、仕事は相当ハードなイメージがあります。
勤務時間が相当長いとか、成果が出せなければ即解雇とか・・・?
仮に人事職で入社しても保険の勧誘がノルマであったりするものなの
でしょうか?

現職・OB・OGの方がいらっしゃればお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして。外資系生保ではありませんが、外資系金融機関で働いているものです。私自身は人事部門とは全く関係ありませんが、おそらく外資系企業が人材を採用するときに求める基本的なものは同じであろうと推察して回答させていただきます。
まず質問者様が懸念されている「人事職で入社しても保険の勧誘がノルマであったりするもの」かという点ですが、まずそのような可能性はありません。私が勤務している会社では、人事部門という大きな部のなかに「新卒採用担当スペシャリスト」「福利厚生スペシャリスト」「従業員教育スペシャリスト」等の人たちがいて、皆その道の深い知識と経験を持って働いていらっしゃいます。質問者様が現職でどのような知識と経験を得ているのか分かりませんが、その内容が転職候補先企業様にて評価されたのではないでしょうか。外資系は確かに仕事はハードですが、きちんとした実績を出せば正当に評価をしてくれる会社が多いのではないかと思います。是非トライしてみてください!(ただし外資系といっても企業カルチャーは千差万別です。また、米系生保と欧州系生保とでも仕事の進め方や評価基準は大きく異なっていると思います。面接の時にはご自身が会社から選考を受けている面もありますが、質問者様もご自身が能力を生かせそうなカルチャーか「面接官を面接する」くらいの気持ちで見極めてください。合わない会社に入社するときっと早期に退職するとか心身のバランスを崩すとかいう可能性もゼロとは言い切れませんので・・・。)
頑張ってください。
注:申し訳ございませんが、明日から1週間ちょっと休暇で海外に出ておりますので、追加質問等には応じられないと思います。もしお待ちいただけるなら、9月1日以降に回答・コメント等申し上げますので、ご容赦ください。

初めまして。外資系生保ではありませんが、外資系金融機関で働いているものです。私自身は人事部門とは全く関係ありませんが、おそらく外資系企業が人材を採用するときに求める基本的なものは同じであろうと推察して回答させていただきます。
まず質問者様が懸念されている「人事職で入社しても保険の勧誘がノルマであったりするもの」かという点ですが、まずそのような可能性はありません。私が勤務している会社では、人事部門という大きな部のなかに「新卒採用担当スペシャリスト」「福利厚生スペシャリスト」「...続きを読む

Q転職を考えてます。 もし転職をして失敗したらどうしようとか、前の方よかったとか思ったらどうしようって

転職を考えてます。
もし転職をして失敗したらどうしようとか、前の方よかったとか思ったらどうしようって考えてしまいます。
でもやらない限りはそーゆー風にも思えないのはわかってます。
転職を考えてたらみなさんならどうしますか?

Aベストアンサー

考えた時点で、それが目標!
ぐだぐだ考えずに、前に進む!
失敗も人生の糧。
行動力が物を言う。

Q転職先の候補に、八年前に半年パートで働いたことがある、財団法人の正職員

転職先の候補に、八年前に半年パートで働いたことがある、財団法人の正職員の求人があります。条件や環境もいいです。ただ難点は、山奥なので、バスで30分以上かかること、実家近くの田舎に戻ること、社風は当時セクハラや男性の恋愛好きが多いような気がしました。よく不倫ネタも聞きました。当時、三社共同事業で、勤めていた会社は現在撤退、現在は顔見知りも一部だとは思います。
セクハラや天下り団体のような社風は嫌いでした。しかし、八年も間があるから、よいほうに社風も変わっているかもしれないし、また働いても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

・・・大丈夫かはわかりませんね。

ただ言えることは8年前と今では時代が違う事。

セクハラなど社会問題になっているし、それでもやってくるバカがいれば

しかるべき処置をとれば問題ないでしょう。

お互い大人になったんでしょうから大丈夫なんじゃないでしょうか?

転職頑張ってください!!

Q転職または起業して成功した人と失敗した人教えてください

のっけから大変失礼なタイトルで申し訳ないです。
現在私ははっきり申しまして今の職業に満足してないです。そこで転職か起業を考えてます。
そうゆう理由で転職または起業して成功した人と失敗した人の現在やってることと成功・失敗の理由を教えてください。
またこんな理由で今後の進路を変えるべきかどうかのアドバイスもお願いします。

Aベストアンサー

起業に関してのみ、参考になればと経験を書きます。

10数年前に会社勤めを辞めて独立しました。
失敗しないための必要条件は、(1)起業しよとしている業界を把握していること、(2)業界内に人間関係があること、(3)資金計画を含めた事業計画をしっかりと練っていることでしょうか。
成功のためには、さらに(4)強運の持ち主であることかな。

私の場合、
(1)について
それまで勤めていた会社と独立後の業界は同じですので、業界はよく知っていました。
(2)について
独立直後の仕事、そして今でも最大のお得意様である会社は、会社勤め時代の知人(社外の方)に紹介していただけました。
(3)について
独立してもっとも大変なのが資金繰りです。私の会社もごたぶんにもれず過小資本ですから、資金繰りは胃が痛くなるほどです。バブル以降の不景気で資金繰りがうまくいかず、倒産や廃業した知人は何人もいます。残念なことに、そういう人に限って、高い技術を持っているのですよね。

さらにつけくわえて言うなら、その最大のお得意様でも、リスク分散のためにべったり依存しなかったことが吉と出ました。その会社は優良企業ですが、発注量はやはりムラがあります。ある時期、先方の都合で、予定していた発注が半年間も遅れたときがありました。その会社に売上の大部分を依存していたら、間違いなく倒産していました。

それと、「友人と一緒に」という失敗パターンの典型です。これで失敗した人たちを見ていると、お互いに甘えが出て責任の所在がはっきりしない(できない)のが最大の原因のように思えます。友達故に遠慮があって、相手の問題点を指摘しにくいようです。

下の方も書いておられますが、準備しすぎるということはありません。
とにかく、最悪の場合も想定したシミュレーションを繰り返しやってみてください。
悔いを残さないために起業されるのもいいかもしれませんが、失敗するリスクは大きいものがあります。現在のご不満とこのリスクを比べて判断してください。進むのも勇気、退くのも勇気です。
何年後かに「いい判断だった」と思えるといいですね。

起業に関してのみ、参考になればと経験を書きます。

10数年前に会社勤めを辞めて独立しました。
失敗しないための必要条件は、(1)起業しよとしている業界を把握していること、(2)業界内に人間関係があること、(3)資金計画を含めた事業計画をしっかりと練っていることでしょうか。
成功のためには、さらに(4)強運の持ち主であることかな。

私の場合、
(1)について
それまで勤めていた会社と独立後の業界は同じですので、業界はよく知っていました。
(2)について
独立直後の仕事、そして今でも最大のお...続きを読む

Q外資系に強い人材紹介会社(メジャーじゃない会社)

外資系企業に強い人材紹介会社を教えて下さい。特に消費財、ラグジュアリーブランドに強い会社をお願いします。
メディアはじめネットなどに上位で出てくる紹介会社ではなく、どちらかと言えば玄人好み、公募しないような求人を扱うスペシャリストを擁する会社希望です。

Aベストアンサー

外資系企業に明るい、求人案件を多く抱える人材紹介会社の中で、
私が比較的当たりの良かった会社は以下でしょうか。
マインズは大手企業や外資系・上場企業に強く、アージスは国際営業の
求人に強かった印象を持ちました。
大手は避けたいという事でしたが敢えてテンプもオススメします。
あそこは外資系の求人数・非公開案件共に多く、サポート体制が良かった
ので。

■株式会社マインズ
https://www.jinzai-bank.net/p_mldetail.cfm?mlflg=2&branchid=936
TEL.03-6272-5522

■株式会社アージスジャパン
https://www.jinzai-bank.net/p_mldetail.cfm?mlflg=2&branchid=569
TEL.06-6202-1113

■テンプスタッフ・キャリア株式会社(大手ですが)
https://www.jinzai-bank.net/p_mldetail.cfm?mlflg=2&branchid=364
03-5304-4801

私は人材バンクネットというポータルサイトを使ってwebレジュメを提出
したので、ファーストコンタクトは一括提出でき、手間が省けました。
ご参考までにどうぞ。

外資系企業に明るい、求人案件を多く抱える人材紹介会社の中で、
私が比較的当たりの良かった会社は以下でしょうか。
マインズは大手企業や外資系・上場企業に強く、アージスは国際営業の
求人に強かった印象を持ちました。
大手は避けたいという事でしたが敢えてテンプもオススメします。
あそこは外資系の求人数・非公開案件共に多く、サポート体制が良かった
ので。

■株式会社マインズ
https://www.jinzai-bank.net/p_mldetail.cfm?mlflg=2&branchid=936
TEL.03-6272-5522

■株式会社アージスジャパン
https:/...続きを読む

Q転職して失敗だと気がついたらどうする?

転職して、実は、「この会社に入社して失敗だった!」と思ったら、皆さんはどう対処しますか?

また、転職する。または、じっと我慢する。

いろいろ打開策はあると思いますが、よろしくお願いします。

ご意見をお待ちしてます。

Aベストアンサー

年齢によりますね。

28歳になっていないのなら、すぐに辞めて転職活動すべきです。
29~32歳なら、とりあえず在職しながら転職活動。
33~35歳なら、とりあえず在職しながら打開策を検討しながら、転職活動。
35歳以上なら、今の会社で打開策を検討してしがみついたほうがいい。

Q企業の調査部門に就職したいのですが、転職活動が思う様に行きません。

主人(今、45歳)のことでご相談です。
今現在は、無職で失業保険で暮らしております。

その間、取得した調査探偵士の資格を生かしたいと、
考えておりますが、中々、転職活動が思うようにいきません。
と言いますか、ハローワークに行っても、
ほとんどが中小企業ばかりですので、
その調査部門というのが、そもそも存在しないことが
多々あるようです。

http://www.pnext.com/shikaku/tanteityousa.html

この場合、視点を変えて、探偵会社などに
切り替えるべきでしょうか?
(ただ、探偵の場合、時間が不規則なので健康面が心配です・・・)
それとも、他に何かいい知恵はありますか?

Aベストアンサー

企業の調査部門とは、その企業の業務についてのスペシャリストが集まって組織化されているのが普通です。

銀行、証券会社、融資会社、データバンク会社、企業の研究・開発部門、マーケッティグ部門などはそれぞれ調査部門を必ず有していて、部員は特に実務経験豊富でまた専門知識を多く持った精鋭部隊で構成され、調査対象の情報集積、分析をしています。

URLの調査探偵士は、通信講座で3ヶ月受講すれば資格取得試験も無しに、探偵調査士1級と認定されるのですね。あまりにも馬鹿げた資格(?)です。一般に言われる「資格」というものではないと思います。

探偵会社は個人経営が主だと思いますが、これも分野の専門知識、実務実績が無ければただの使い走りになるでしょう。

そこらあたりをどの様にお考えでしょうか。

No.1の回答者さんの言われる通りに違いない事にお気付き下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報