プランターでミョウガを育てていたのですが、プランターが倒れてしまった際に根の一部が折れてしまいました。
折れたと言ってもまだ一部の繊維でぷらぷら繋がったような状態になっています。
もう一度植え直そうと思うのですがこのようにして折れた根は取り除いた方が良いのでしょうか。
教えてください、お願いします!

A 回答 (1件)

みょうがの根は掘ってきて植えておけば芽を出します。


折れたままでも、切り取ってもいいからそのまま埋めておけばいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
有難うございます。教えて頂いたとおりに折れ種を植えてみました。
ちゃんと生えるかどうか楽しみです。

お礼日時:2009/06/03 22:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qみょうがの栽培方法

サンフランシスコ近郊に住んでいます。みょうがが好きなのですが、こちらで買うと高いのです。なんとかして栽培できないものかと思ってます。みょうがの栽培方法をご存じの方がいたら教えてください。みょうがの種ってあるんでしょうか。。。

Aベストアンサー

まずミョウガの増やし方について。
種はほとんど出来ませんので、入手は困難です。
通常地下茎を株分けして植え付けます。こうした状態のものが、春先に園芸店などで販売されていることがあります。日本国内ならこの時期に入手は比較的容易です。
ただ、こうした状態のものを米国内に持ち込むのは、検疫などの障害があるかもしれません。

次に栽培条件ですが、極端な乾燥と、地温の上昇を嫌います。普通竹やぶや林の中やその周辺などに植えられていることが多いです。先日沖縄の栽培農家がTVに映っていましたが、ミョウガ畑はジャングルを切り開き、周りを林に囲まれたところにありました。
つまり、気温は高くても湿度があり、地面も湿地ではないけど湿り気の多い場所が適します。
ところで、サンフランシスコの気候が良く分からないのですが、地中海性気候に近いのではないでしょうか?
もしそうなら、水管理と栽培に適した条件を整えるのは少し労力が必要だと思います。大きな鉢などに植えて、家の中庭などの直射日光あたらない場所におく必要があります。なお、屋内での栽培はよほどのことが無い限り、健常な株に育たないため無理です。

まずミョウガの増やし方について。
種はほとんど出来ませんので、入手は困難です。
通常地下茎を株分けして植え付けます。こうした状態のものが、春先に園芸店などで販売されていることがあります。日本国内ならこの時期に入手は比較的容易です。
ただ、こうした状態のものを米国内に持ち込むのは、検疫などの障害があるかもしれません。

次に栽培条件ですが、極端な乾燥と、地温の上昇を嫌います。普通竹やぶや林の中やその周辺などに植えられていることが多いです。先日沖縄の栽培農家がTVに映っていま...続きを読む

Q主根側根タイプの植物とひげ根タイプの植物を教えてください!

主根側根タイプの植物とひげ根タイプの植物を教えてください!

Aベストアンサー

単純に分けるとひげ根タイプは単子葉植物で、主根側根タイプの植物は双子葉植物となります。
Wikiの単子葉植物:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E5%AD%90%E8%91%89%E6%A4%8D%E7%89%A9
同じく双子葉植物:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8C%E5%AD%90%E8%91%89%E6%A4%8D%E7%89%A9
必ずしも当てはまるのでありません。
植物といえば裸子植物もありますので、それに含まれる針葉樹は主根側根タイプ。

Qみょうがを使ったレシピ

みょうがをたくさんいただきました。
どうやっておいしく食べようか思案中です。

お味噌汁に入れる、刻んでそうめんの薬味に、甘いみそと和える...などなど。
それ以外においしいレシピがあればご教示ください(*´艸`*)

Aベストアンサー

こんにちは

サラダなどに小さく刻んで入れると
いいアクセントになりますよ

あとお肉とかのソースの最後に薬味替わりでも(ネギとかと同じイメージで)
さっぱりします

Q今学校で梨を育てる実習中です。 6月から梨を育てる実習が始まりましたが、私の育てる梨の木は元々赤星病

今学校で梨を育てる実習中です。
6月から梨を育てる実習が始まりましたが、私の育てる梨の木は元々赤星病でした。しかも木全体に広がっていて葉を切り落とすのも時間がかかるし全部切り落とすことができるかどうかもわからない状態です。本やサイトを見て調べても4月~5月に予防のための農薬を撒けば予防できるとしか書かれてなくて、なった後のことは書かれてませんでした。
とりあえず、学校にある殺菌剤を散布してもらう予定ですが、効果が無かったときのために赤星病の特効薬を用意しておきたいのですが、何か良い農薬はありますか?

Aベストアンサー

芽を出す前に石灰硫黄合剤の7倍液の散布かな。
同時に冬に冬眠に行く木にも散布します。
伊吹の仲間、貝塚伊吹や真柏等にも散布。
そして、伊吹類で冬を越した胞子が外に出るときに、オレンジ色のウニを小さくしたようなのがぶら下がりますので、その時期にトリフミン殺菌剤を散布します。
イブキにもバラ科の果樹にも。(学校にりんご、桃、洋ナシなどありませんか、有ったら全部の果樹に。)

なので、原則的には梨に秋から春までは赤星病は付いていません。
冬を越すには越冬用の別の木に寄生します。
4~5月なら、トリフミンかと思いますが、高校の実習なら、基本的な殺菌剤は散布なっているのが普通じゃないでしょうか。

今、既に葉に病気が出ているなら、これから散布して止めるって、無理かと思います。
或は、学校を通して、製薬会社から直接来てもらって、実を取るより、病気を止める事に重点を置いた実習って言うのも有りかと思いますが。

Qデカきゅうりのレシピを教えてください(困ってま~す)

自宅にある畑で、きゅうりが大量に生っていて困ってます。
食べるのが間に合わず、今ではすごくでっかくなってしまい(一部黄色くなってきてます)普通のきゅうりのレシピだと、種や皮が気になり、味もおいしくないような気がします。なによりでっかいから一度にたくさん食べれません(泣)

そこで、デカきゅうりを大量消費できるレシピを教えてください。
ご飯にあうようなものだったら得に大歓迎です。(そうでなくてもきゅうりを大量に食べれるものならかまいません)

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。我が家も実家から届く大量の胡瓜に困って色々教えてもらったので、その中から二つおいしかったものを紹介させていただきます。

皮を剥いて縦に割って種をスプーンか何かでガーッと取り除いて1~2センチ幅に切って、なべに放り込んでいりこだしかかつおだしの素を入れて水から煮ます。色が透き通ってきたら酒としょうゆのみで味付けします。最後に水溶き片栗粉でとろみを少々つければ、冬瓜を煮たような味になりとてもおいしいです。
皮を剥いて種を取るのがちょっと面倒ですが、あとは簡単なので割りと手軽に作れます。大きなきゅうり2本分くらいならすぐなくなります。
冷やしてもおいしいです。
おろし生姜を添えるとよりおいしいです。
試してみてください。

もう一つ
小林カツ代さんのレシピですが、きゅうりのゴリゴリが結構おいしいです。
キュウリの皮を縦に縞模様に剥き、板刷りし、へたを落として半分にします。太い胡瓜ならさらに縦に半分にしてもいいかと思います。あとはタッパに入れて生姜の千切り適量と一緒に漬け汁につけておくだけです。半日も冷蔵庫で寝かせれば味がしみておいしくなります。
<漬け汁>
水300cc 醤油70cc 酒砂糖各小さじ2 ごま油小さじ1

この分量で普通の胡瓜なら10本分です。

こんにちは。我が家も実家から届く大量の胡瓜に困って色々教えてもらったので、その中から二つおいしかったものを紹介させていただきます。

皮を剥いて縦に割って種をスプーンか何かでガーッと取り除いて1~2センチ幅に切って、なべに放り込んでいりこだしかかつおだしの素を入れて水から煮ます。色が透き通ってきたら酒としょうゆのみで味付けします。最後に水溶き片栗粉でとろみを少々つければ、冬瓜を煮たような味になりとてもおいしいです。
皮を剥いて種を取るのがちょっと面倒ですが、あとは簡単なので...続きを読む

Qミョウガの植え付け

ミョウガの地堀苗を植えつけたいと思っています。
12月中旬には土が凍ったり霜柱が出てしまう地域なのですが、今から植えつけても大丈夫でしょうか?
それとも、地堀苗を保存しておいて、春に植えつけた方がいいでしょうか?
ご教示、よろしくお願い致します。
春植えが良い場合、地堀苗の保存の仕方もわかりませんので、合わせて教えていただけたら、うれしく思います。

Aベストアンサー

#2です。回答に対する補足を拝見しました。
12月中旬には土が凍ったり霜柱が出てしまう寒冷地ではこれから急激に寒さが増して来ると思いますので後1か月で根付くのは難しいのではないかと思いますのでやはり来春にされた方が無難ではないかと思います。

Qみょうがについて

ミョウガはなぜ高いのでしょうか?結構近所では庭に生えてますが・・・

Aベストアンサー

青果業界にいます。
当然青果物には等級・規格によって値段が違います。
ましてや入荷量・需要によって相場は変わってきます。

生産者が作るのには種・設備費・農薬等の資材代・賃金がかかっています。

生産者→スーパー等の産直もありますが一般的には
生産者→農協→市場→卸→スパーと流通経路も経費がかかっています。

スーパーですと利益率が20~30%はとっていますので道端に生えているものでも安くは売れないでしょう。

と、言うことであなたが高いと思った店はいくらで売っていたのかはわかりませんが、本日の市況を参考URLに貼っておきます、興味があるなら見てください。

参考URL:http://www.nogyo.tosa.net-kochi.gr.jp/sikyo/sikyo/sikyo3.php?var1=2&var2=1&var3=1&var4=37600&newdt=0

Q倒れてしまった稲は?

台風の後などに、田んぼの稲が倒れてしまっているのを見かけますが、あれはどうなるのでしょうか?水につかっているものなどは食べられなくなったりはしないのでしょうか?

Aベストアンサー

水害で完全に水没した場合は、回復不可能でしょうね。
ただすぐに水が引いて、穂先を土の部分から離してある程度起こしてやれば、被害は少ないです。

風で倒れている状態ですと問題はほとんど無いです。
籾の重みで頭が垂れることはご存知でしょう?
これに風が加わってもたれかかっている状態ですので、穂先は土には付いていませんから、乾燥した状態で保っています。
ただ花が付いている状態の時に被害にあったら問題があります。

また刈り取りには、苦労します。
今はいい刈り取り機械が開発されていますが…。

Q日本での稲・麦の収穫時期について

稲の収穫はだいたいが10月、麦の収穫はだいたいが6月という情報を持っているのですが、それらの収穫時期がどれくらいの幅を持っているのかが知りたいと考えています。

稲および麦のもっとも早い収穫時期、もっとも遅い収穫時期はどれくらいなのか、ご存知の方がおられましたら是非教えてください。
また、日本全体として、最も早い時期と遅い時期を端として、正規分布(横軸に収穫時期、縦軸に収穫高をとったとき、つり鐘型になる)になっているでしょうか。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

基本として、水稲や麦の収穫は品種、地域の栽培体系により変わってきます。例えば南から北に順に収穫期が移行していくというような、順序というのは基本的にはありません。ですから収穫期については稲・麦それぞれの全国総体としての傾向値としてとらえる形になるかと思います。

稲は早いもので8月の下旬、遅いもので10月下旬くらいが収穫期となります。8月下旬収穫のものは九州のコシヒカリや温暖地域でのあきたこまちなど、早期収穫を狙って栽培されるものです。遅いほうの収穫は、品種的なものがあるので地域は絞れません。収穫の遅い晩生品種を用いた栽培体系の収穫であり、概して温暖地になろうかと思います。

麦については、大麦(2条、6条)や小麦によっても異なりますし、それぞれの品種によっても違います。しかし基本的には稲ほどの幅はなく6月中に収穫が終了するものです。ただ、小麦については春蒔きの小麦と冬蒔きの小麦が存在します。6月収穫するものは冬蒔きのもので、日本の殆どの小麦は冬蒔きですが、北海道等の積雪地帯では冬蒔き小麦の栽培ができませんので、春蒔きのものを作っています。

>日本全体として、最も早い時期と遅い時期を端として、正規分布(横軸に収穫時期、縦軸に収穫高をとったとき、つり鐘型になる)になっているでしょうか。

なっておりません。前述した通り、品種などにより栽培期間が異なるため、収穫時期の早いものと遅いものでは品種や栽培体系が異なるため、単純な比較ができないのです。
なお、適正な収穫期にあれば稲、麦とも収穫量は変わりません(品種の収穫量差はある)
余談ですが、食味などは(地域が同じであれば)早期栽培のものが良いといわれています。

>私は日本における稲や麦の月別の収穫高を知りたいので
全国として月別の収穫高は把握していないはずです。ただ大抵の都道府県は収穫の進捗状況について調査をしているはずですので、農林水産省の統計で把握する都道府県別の年の収穫量、反収、栽培面積と、都道府県ごとの収穫の進捗状況、を組み合わせれば、ある程度の推測は可能かと思われます。(ただ、全ての都道府県に問い合わせをすることになると思います)

>二期作をする場合はいつ頃といつ頃が収穫時期なのかももしご存知ならば教えていただきたいと思います。

現在米あまりのため、2期作はしないように指導が行われています。沖縄の極一部以外ではやっていませんので無視して良いかと思います。

基本として、水稲や麦の収穫は品種、地域の栽培体系により変わってきます。例えば南から北に順に収穫期が移行していくというような、順序というのは基本的にはありません。ですから収穫期については稲・麦それぞれの全国総体としての傾向値としてとらえる形になるかと思います。

稲は早いもので8月の下旬、遅いもので10月下旬くらいが収穫期となります。8月下旬収穫のものは九州のコシヒカリや温暖地域でのあきたこまちなど、早期収穫を狙って栽培されるものです。遅いほうの収穫は、品種的なものがあるの...続きを読む

Q中一の理科で、手根側根の植物と、ひげ根の植物教えてください!テストに出るような感じの教えてくれるとあ

中一の理科で、手根側根の植物と、ひげ根の植物教えてください!テストに出るような感じの教えてくれるとありがたいです。(さくらやイネなど)

Aベストアンサー

身近なところでは、アブラナ科の植物(アブラナ、キャベツ、大根etc.)は、比較的主根・側根がハッキリしてたと記憶してます(大根が一番典型例?)。
ひげ根の代表的なのはイネ科の植物(イネ、ススキ、オヒシバetc.)ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報