◎有る本で、生菜食と生玄米だけを食すると、インターフェロンが
増えて健康に良いと有りました。 肉や魚も食べて増やす方法を
ご存知の方は、どうぞお教えいただきたく、思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

父がC型肝炎のウイルス保持者です。

父は川に釣りに行きよく蓬をとって乾燥させてお茶にしてのんでいましたが、かわら蓬にはインターフェロン誘起作用があるみたいで父にあっていたみたいです。
私も薬膳をやっていたので調べてみたら漢方の生薬の中にはインターフェロン誘起作用のものがありますが植物性で動物性はせみの抜け殻でした!ネットでみたら核酸がいいとありましたが、どうなんですかね!あまり核酸は飲みたくないような!最近はサプリメントでは聞かないですね!DNAを飲むって怖いですものね!ヌクレチヌドもいいそうで母乳に含まれる成分で赤ちゃんの粉ミルクに入っているので、、、それを買って珈琲に入れて飲むのもいいのじゃないかと思います。私も花粉症にもヌクレチヌドがいいそうでたまに購入して珈琲に入れて飲んでいますよ。と言うようなことなんですけど参考になれば、、、、。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインターフェロンの治療について

今日からインターフェロンの入院治療が始まりました。
当初、インターフェロンとレベトールの6ヶ月の治療と聞いていたのですが
レベトールはなしになって、「アトバフェリン」というインターフェロンにかわりました。一番新しい注射だそうです。インターフェロンの治療は二回目なのですが一回目、効果が薄かったので(といってもウィルスの量は随分少ないと言われました)今度こそ完治して欲しいです。
「アトバフェリン」について使用された方、知識をお持ちの先生、教えて下さい。
また、インターフェロンで完治された方の体験もお教えください。
今かかっている先生を信頼していますが、他の方のお話も聞きたいので。

Aベストアンサー

インターフェロン経験者です。2クールがんばりましたが、2クール目の途中で鬱になりそうなのでやめました。現在はSMC治療中です。PLTが低いので主治医はビバビリンをしたくないようです。
しかし、根治するにはいまはそれしかないようなので
考えています。おたがいにがんばりましょう

Q玄米菜食と健康長寿について。

玄米菜食が良いと言う人たちも居ますが、そういう人たちが健康長寿だと言う統計はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

私は、その様な統計を聞いたことも信じたことも有りません。
栄養的な(ビタミン等)問題を補佐できなかった昔ならともかく、現代のように色々な食品を摂取できる状況に、菜食はともかく玄米食によって長生きできるとは考えにくい。
事実昔の人たちは、好むと好まざるに関わらず玄米食と菜食をしなければならない状況に有ったが、現代のように長生きで有ったとは聞いていない。

Qインターフェロンの治療費は生命保険で出ますか?

知り合いがC型肝炎のキャリアです
もう少ししたら、インターフェロンの治療を開始
する予定になっています

インターフェロンの治療費は高いと聞いていますが
いくらくらいでしょう?
また、生命保険で入院費は1泊いくら…と補償される
と思うのですが、インターフェロン代は出るのですか?
また、通院費は出るのでしょうか?

Aベストアンサー

生命保険の契約によりますが、通常手術費(入院費×規定の倍率)と入院給付金が支払われる対象になります
通院費についても、そのような特約が付いていれば支払われるでしょう
再度、保険証券と約款を確認してください

一ヶ月の医療費が高額な場合、所得に応じて戻ってくる制度があります
参考URLはダイエー健保の説明ですが、どこの健康保険でも
同様だと思いますので参考になさってください
 手続きや詳細は、会社の社会保険を扱っている部署に確認ください

参考URL:http://www.d-kenpo.com/kougaku.htm

Q玄米菜食を挫折しそう…

私は変わり者で特殊なことばかりやってるので、お答えして頂けるか不安なんですが…よろしくお願いしますm(_ _)m

心の病(過去に引きこもり入院後通院・自主的に通院と投薬治療停止)を玄米菜食の食事療法と田舎暮らしをしながら独力で治そうと奮闘してます。

どちらも流れというか、自分で始めたような、納得いかないけどやらされてるような、中途半端な感じで2年間やり続けて、

彼氏が自己流の長い玄米菜食者で、知識は豊富なんだけど、やる気は自分で出すものだ!などとスポ根ばりのことをアドバイスしてきたり、

私が不安定な時(感情的な状態が収まらない時)につられて一緒に激昂し出したりして、頼りにならないというか、

ただ黙って話を聞いててほしいだけなのに、口を挟んできて偉そうにアドバイスして来るのがたまらなく嫌で、

(アドバイスって必要ない時に言われるとイラッと来るのは私だけなんですかね…?

今はアドバイス要らないからって言ったらキレられるのは男性の特徴なんですか?

アドバイスってしてほしい時と、答えは自分で考えて導き出したい時と二通りの場合がありませんか?

それも私だけに当てはまることなんですかね…)

この人と一緒にいるのが新たなストレスになってきて、家事もどちらかと言えば嫌いなので、一日外に出てお日さんに当たって過ごしたいのに、薄暗い屋内で家事をやらなくちゃの義務感…自由にしていいよと言われつつ自由にさせてくれない抑圧感がいつもあります。

一向にやる気も養えず、無理にないやる気を出さされても本気に変わっていかないので、

また最初の頃のやる気の出ない状態に戻ってしまい、最近は寝るのが多くなりました。

神経だけが参ってる感じです。

この生活に全く未来が見えません。

一縷の望みだった玄米菜食も満足な結果が出てません。

何をやってもダメ…諦め感が蔓延してます。

同棲しているので実家に帰ろうかとも頭をよぎります。

田舎暮らしの実際は意外にハードで、都会のほうが気ままに暮らせて生活もラク…。

何もかも挫折感でいっぱいです。

医師曰くの統合失調症を治したい、できれば田舎暮らしもしていたい。

新しいことにもチャレンジしたい(畑で野菜作りとか農業の勉強とか)けれど、やる気が出ない…。

堂々巡りで答えの出ない、トンネルから全然抜け出せないんです。

答えが出ないんです。この先へ行くための打開策がわからないです。

私は変わり者で特殊なことばかりやってるので、お答えして頂けるか不安なんですが…よろしくお願いしますm(_ _)m

心の病(過去に引きこもり入院後通院・自主的に通院と投薬治療停止)を玄米菜食の食事療法と田舎暮らしをしながら独力で治そうと奮闘してます。

どちらも流れというか、自分で始めたような、納得いかないけどやらされてるような、中途半端な感じで2年間やり続けて、

彼氏が自己流の長い玄米菜食者で、知識は豊富なんだけど、やる気は自分で出すものだ!などとスポ根ばりのことをアドバイスし...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、参考程度に聞いてくれれば幸いです。

あなたのような現状の場合、何かやろう、新しく始めようと
がんばればがんばるほど、うまくいかないと思います。
それは私の経験からもいえますし、あなた自身も感じていると思います。

男という生き物の中には「男=漢」という考えの人もいます。
貴方の彼氏は今まで気合や勢いでがんばって来た人なんでしょうね。
ただ貴方が彼氏の考えを受け入れづらいと同じように、
彼氏も貴方の考えをまるごと理解するのはとても時間がかかる事です。

かといって丸ごと今の生活を捨ててしまう事もないですが、
しばらく距離を置くとか、一時的に生活を変えるのもいいんじゃないでしょうか。
(貴方が結婚していなくて、これからも一緒に居たいと思えばの話ですが・・・)

玄米菜食というのは知識があるに越したことはないですが
ただ食べているだけでは、何も変りません。
心身共に穏やかに内側から変っていくのが玄米菜食です。

まずは自分がリラックスできる生活を見つけることが一番だと思います。

Qリバビリン&インターフェロンの治療中の方いませんか?

ずっと心を痛めている者です,相談に乗ってください。

父が10年前からC型肝炎の治療を受けています。原因は最近大きく報道された輸血からの感染です。
以来、ずっと治療を繰り返しています。

今年に入ってからも2度目のリバビリン、インターフェロンの治療をはじめています。
1週間の入院後、通院にて1週間に1度、注射をしています。投与後どんどん血小板の数値が下がっています。
これも主治医の先生と相談の上、お薬の量を調整しながら2ヶ月が過ぎました。
やはりインターフェロンの投与後は微熱や関節痛等の副作用に本人は大変辛そうです。

予定では1年の治療を考えていますが、これから1年間はずっとこのような感じが続くものなのでしょうか?
投与後のGOT,GPTの数値は正常値に近くなりつつありますが、見てるだけで涙が出てきそうなほど辛くなります。

こんな父になんとかしてあげたいものですが、結局治療を施していただくのはお医者様です。それさえもはがゆい想いになります。

インターフェロン等の治療を経験された方、どういう経路で終了しましたか?
どんな副作用に悩まされましたか?今後軽快していくものなんでしょうか?

宜しくお願い致します

ずっと心を痛めている者です,相談に乗ってください。

父が10年前からC型肝炎の治療を受けています。原因は最近大きく報道された輸血からの感染です。
以来、ずっと治療を繰り返しています。

今年に入ってからも2度目のリバビリン、インターフェロンの治療をはじめています。
1週間の入院後、通院にて1週間に1度、注射をしています。投与後どんどん血小板の数値が下がっています。
これも主治医の先生と相談の上、お薬の量を調整しながら2ヶ月が過ぎました。
やはりインターフェロンの投与後は微熱や...続きを読む

Aベストアンサー

お父様はインターフェロン治療を始められ、本当に頑張っておられるのですね。そばで見ておられるご家族もご不安だと思います。心よりお見舞い申し上げます。

インターフェロンというものは、端的に言ってしまえばウイルスと戦うときに体内で量産される物質のことです。それを肝炎ウイルスに対して効果を上げるため身体の外からわざとインターフェロンを注射することでウイルスの排除や減量を狙っているお薬になります。特に打ち始めはウイルスと戦っている身体の状態とほぼ同じになるわけですから、インフルエンザのような症状、つまり発熱や関節痛、頭痛などがおこります。インターフェロンの血中濃度が安定してくるに従ってその症状は軽くなります。
全身のだるさ(倦怠感)は人によってまちまちで、投与開始後からでてくる人もあれば、数ヶ月目ででてくる人もあります。症状がどのくらい続くかも人によります。
血小板の低下は最初の数週間にでてきます。その後は低いままで安定することが多いですが、場合によってはインターフェロンを減量します。

インターフェロンは確かに副作用の多いお薬です。特に少しご高齢の方に使う時には、半年や一年たたないうちに副作用が強くて止めざるを得ない場合もあります。かかりつけの先生はその副作用とインターフェロンの効果をはかりにかけて今回の治療を始めることにされたのでしょう。
医師としては、治療を中止しなければならない副作用がないかぎり、続けたいというおつもりだと思いますが、本人さんの症状があまりにつらい場合は、やむをえないかもしれませんね。ただ、発熱や関節痛は時期がくれば自然におさまってくることも多いですし、解熱剤(鎮痛剤)内服で少しましになることもあります。熱が出ることが判っていれば、予防的に解熱剤を飲むことなど先生と相談なさってみるとよいでしょう。

週一回ということで、考えられるお薬の種類は限られていますが、そのお薬を販売している製薬会社が肝炎のホームページを作っていますので、下に載せておきます。

yukiluvcatsさんができることは、お父様をしっかりサポートされ、一緒にいてさしあげることだと思います。治療中は本人さんだけでなくご家族の方々も大変だと思いますが、これだけ悩まれているということは、お父様の大きな支えになって下さっている証拠だと思います。

無事治療が終えられますようお祈りしています。

お父様はインターフェロン治療を始められ、本当に頑張っておられるのですね。そばで見ておられるご家族もご不安だと思います。心よりお見舞い申し上げます。

インターフェロンというものは、端的に言ってしまえばウイルスと戦うときに体内で量産される物質のことです。それを肝炎ウイルスに対して効果を上げるため身体の外からわざとインターフェロンを注射することでウイルスの排除や減量を狙っているお薬になります。特に打ち始めはウイルスと戦っている身体の状態とほぼ同じになるわけですから、インフルエ...続きを読む

Q◎ダイエット中の食事メニュー◎

◎ダイエット中の食事メニュー◎

もし、身長165センチの人が45キロ以下の

体重をキープしようと思ったら、どんな食生活になりますか?

朝、昼、夕、間食など詳しく教えてください。

Aベストアンサー

 体重をキープしているときは(生活習慣が変わらない限り)消費カロリーと摂取カロリーがバランスしていることになります。これがアンバランスになり何日も続くと徐々に体重が増えたり減ったりします。摂取カロリーと体重は(生活習慣が変わらない限り)密接な関係があることを、まず理解する必要があります。

 次に165センチの人が45キロの体重をキープしているときは、消費カロリーは幾らくらいであるかというと、性別と年齢にもよりますので、女性で30歳と想定します(想定が違うと結果も多少違ってきます)。この場合は基礎代謝量が1,167kcalになります。そして1日の消費カロリーは(生活習慣によって変わりますが、生活強度を平均的な1.6と想定すると)1,867kcalになります。

 ですから生活強度が1.6であれば、毎日の食生活で摂取カロリーを1,867kcalに抑えておけばよいことになります(間食も含みます)。理想的なのは朝食:4、昼食:3.5、夕食:2.5くらいの割合です(間食はなしにしています)。つまり朝食:747kcal、昼食:653kcal、夕食:467kcalです。なるべく栄養バランスのよい食事内容にすることが重要です。

 基本的には外食禁止です。理由はほとんどの外食が(おいしくするために)高カロリーであり、昼食でも夕食でもこのカロリーに収まるメニューは極めて限定的(選べる余地がほとんどない)だからです。参考までに握り寿司1貫(1個)が50kcalほどですので、昼食なら13貫(回転寿司ならたぶん6皿半)、夕食なら9貫(4皿半)ほどになります。

 間食にしても、女性の好きな甘いものは例外なく高カロリーなので、たとえばポッキーチョコ1箱(わずか36グラムで181kcal)食べれば、夕食で摂ってもよいカロリーは286kcalになってしまい、菓子パン1個(モノにもよりますが350kcalほどあります)すら食べられなくなります。

 摂取カロリーをもうちょっと増やしたいのであれば、生活習慣を改め、運動などを取り入れることです。ですが運動による消費カロリーは思いのほか少なく、45キロの体重の人が時速4キロで1時間ウォーキングしても137kcalですので、ポッキーチョコ1箱のカロリーにすらなりません。時速8キロでジョギング1時間(ですから距離は8キロ)すれば402kcalなので、これなら少しは食べても大丈夫になります。ジョギングした日に限り、ご褒美にちょっと多めに食べられるのを楽しみにして食生活を計画してください。

 体重をキープしているときは(生活習慣が変わらない限り)消費カロリーと摂取カロリーがバランスしていることになります。これがアンバランスになり何日も続くと徐々に体重が増えたり減ったりします。摂取カロリーと体重は(生活習慣が変わらない限り)密接な関係があることを、まず理解する必要があります。

 次に165センチの人が45キロの体重をキープしているときは、消費カロリーは幾らくらいであるかというと、性別と年齢にもよりますので、女性で30歳と想定します(想定が違うと結果も多少違っ...続きを読む

Q肺ガンの治療にインターフェロンを使いますか?

友人のことです。
健康診断で肺に腫瘍が見つかり、このたびレーザー切除をしたようなのですが、その後の治療にインターフェロンの注射をするらしいです。
インターフェロンについて調べたところ、主に肝炎や、ガンの場合は肝臓ガンとか白血病の治療には使われるようですが、肺ガン(それも限局のみで転移は認められずレーザー切除のみ)の場合も治療薬として使うことはあるのでしょうか?
費用もバカにならないと思うのですが、市町村で補助が出たりする場所もあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「限局性、転移なし」というのは、その可能性が大であるということに過ぎません。術前の画像診断で他部位に腫瘍の所見が無さそうだ、術後(あるいは術中)の病理診断で切除面の外に腫瘍細胞が侵出していないであろうと判断されたと言う事でしょう。
その為、癌の治療では、手術後に他の治療が併用される事が多いです。癌の転移には、リンパ行性、血行性、播種性とあり、それぞれの癌、その存在部位によって転移の可能性を考慮します。
癌細胞の種類によって、放射線が効果を示すもの、抗癌剤が有効なものといろいろありますが、一般的に、ある特定の場所が怪しいというときには放射線、全身的に警戒が必要な場合は抗癌剤を使うということになります。ただし、細胞レベルでは、身体のどこへ癌細胞が到達しているなどというのは分かりませんから、放射線療法と化学療法(抗癌剤)を併用することも広く行われています。

インターフェロンという薬はいわゆる抗癌剤とはちょっと違いまして、もっと補助的なものと考えて差し支えないと思います。
腫瘍細胞に作用して、その増殖を抑えたり、免疫を活性化させて、腫瘍を攻撃します。

医療費についてですが、健康保険でカバーされると思いますが、医師等から何か特別な説明がありましたでしょうか?保険外の治療になるとしたら、必ず説明があるはずです。
また、高額医療費の助成制度がありますので、それほど心配される必要はないとは思います。

参考URL:http://www.kasuga.gr.jp/iryojoho/contents/kogakuiryo/kogaku-ryoyo.html

「限局性、転移なし」というのは、その可能性が大であるということに過ぎません。術前の画像診断で他部位に腫瘍の所見が無さそうだ、術後(あるいは術中)の病理診断で切除面の外に腫瘍細胞が侵出していないであろうと判断されたと言う事でしょう。
その為、癌の治療では、手術後に他の治療が併用される事が多いです。癌の転移には、リンパ行性、血行性、播種性とあり、それぞれの癌、その存在部位によって転移の可能性を考慮します。
癌細胞の種類によって、放射線が効果を示すもの、抗癌剤が有効なものといろ...続きを読む

Q玄米と発芽玄米の違い

今までずっと白米を食べていたのですが、
せっかく実家が米農家ということもあり、
以前から玄米食が気になっていたので実家から
玄米を送ってもらって
今日玄米100%で炊いてみました。
食べにくいとの意見をよく目にするのですが、
私には逆に白米よりも好きで、体にも良いみたいですし、
これからも続けていこうかと考えているのですが、
よくテレビなどで発芽玄米というのを目にするのですが、
玄米と発芽玄米の違いとは何なのでしょうか?
発芽させているのはわかるのですが、
栄養面など、何か違いを教えてください!

Aベストアンサー

栄養価は発芽時が最も高くなるそうですし、普通の炊飯器で炊けます。(玄米は圧力鍋を使わないと固くて食べにくいです)

玄米をお持ちでしたら、炊く前に半日程度水かぬるま湯に浸けておいてください。気温や時間にもよりますが、そうすると玄米が発芽玄米になります。

発芽玄米として売られているのは少量の割に高いですが、こうすれば必要なとき必要な量だけ発芽玄米が食べられます。

QC型肝炎のインターフェロン治療について。(特に医師の方お願いします!)

宜しくお願いします。
知人がC型肝炎を10年程前から患っております。
5~6年ほど前にインターフェロン(単独で)の治療をしたそうですが、ウイルスは消滅しなかったそうです。
そこで、最近インターフェロンとリバビリンを併用するといった治療が効果を上げているという事で、その治療を受けているそうです。
インターフェロンの注射は週1回打っており、薬は朝・昼・晩の1日3回を毎日飲んでいるそうです。
しかし、飲んでいる薬を見せてもらうと、「リバビリン」ではなく、「シンメトレル50mg」という名前の薬でした。

「リバビリンン」と「シンメトレル」は同じ作用ですか?それとも「シンメトレル」を使用する意味が他にあると思われますか?インターネットを使って、C型肝炎の治療をした方の色んな情報を見ていますが、「シンメトレル」を使用している人がいらっしゃらなかったので、質問させていただきました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(1)リバビリンを有効成分とする商品はレベトールしかありません。
(2)シンメトレルは塩酸アマンタジンを有効成分とする商品です。本剤は、従来よりパーキンソン症候群等に用いられておりましたが、6~7年ほど前?にA型インフルエンザウイルス感染症に適応が拡大されています。
(3)シンメトレルは本来、抗ウイルス剤として開発されましたが、たまたまパーキンソンに有効であり、ウイルスに対しては当時使用されていたイドクスウリジンの座に取って代わるような効果が認められなかった(おそらくヘルペスウイルスの治療などへの使用を想定していたのではないかと思われます。)為、抗ウイルス剤として日の目を見ないまま中枢神経系の薬剤として用いられていました。
(4)周知のこととは思いますが、リバビリンとペグイントロンの併用が、C型肝炎の治療においては、現在、最も有用であると考えられています。
(5)リバビリンの代替薬として、抗ウイルス剤のシンメトレルを使用・・・・?残念ながら、私の知りうる範囲では、このような治療はきいたことがありません。極めて最新の治験にないとは断言しませんが、うわさも聞きません。
(6)考えられることは、(a)リバビリンの副作用が出たため、休薬しているが、服用を止めることへの患者さんの不安が大きいため、効果は?であっても使用している。(b)たまたまインフルエンザの治療中か直後で残薬があった。(c)インフルエンザのときに処方された薬の履歴が残っていて、前回処方として処方箋に出力されてしまったのを気づかず処方発行し、調剤された。(d)調剤した薬剤師の薬の取り違い。・・・・これくらいの事がかんがえられますが、果たしてどうでしょう・・・・
自宅には、治験関連の書籍がありませんのでこれ以上はわかりかねます。
(特に医師の方に・・医師でなくてスミマセン)

(1)リバビリンを有効成分とする商品はレベトールしかありません。
(2)シンメトレルは塩酸アマンタジンを有効成分とする商品です。本剤は、従来よりパーキンソン症候群等に用いられておりましたが、6~7年ほど前?にA型インフルエンザウイルス感染症に適応が拡大されています。
(3)シンメトレルは本来、抗ウイルス剤として開発されましたが、たまたまパーキンソンに有効であり、ウイルスに対しては当時使用されていたイドクスウリジンの座に取って代わるような効果が認められなかった(おそらくヘルペスウイル...続きを読む

Q生菜食の注意点は?(西式健康法、甲田先生)

 西式健康法に興味を持ち、甲田先生のご著書を参考にして、生菜食(青汁)を作っています。
 
 一番食べやすいのがキャベツなので作って食べましたが、食べたあと気持悪くなるのです。
 内容としては、キャベツとリンゴ3分の一だけです。
 
 ほかにピーマンなどを入れるともっと食べにくくなるので、とりあえずキャベツだけにしました。

 何か原因があるのでしょうか?
 それから、生菜食についてアドバイスがありましたら教えてください。
 
 なお、慣れてきたら5種類の野菜を教えの通り混ぜていきたいと思います。

 よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

生野菜には
(1)葉もの
キャベツ、小松菜、ほうれそう、など等がありますが葉物は身体を冷やしますし、青い茎にはシュウ酸、ケイ酸などが含まれています。
よく湯がいて食べるといいというものは多い物です。
(2)根もの
大根、にんじん、ごぼう、アスパラ、レンコン、等などのものは温野菜といわれます。
(3)みもの
トマト、ピーマンスイカ、など等
詳しくお調べならHPでご覧になると解ると思います。

参考URL:http://www.vegefund.com/panfu/zukanmokuji.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報