私は現在就活中の大学生です。

ある地元有名企業の採用試験を受けたのですが1次選考で不合格でした。

その企業は1週間以内に連絡が無い場合は不合格という形をとっているのですが、1週間と1日目(8日目)に採用担当の方から電話をいただきました。内容は、不合格でしたと言うことを言われ、まぁ1週間で連絡なかったしそうだろうなぁと思いました。しかし、その後に、その企業の子会社を紹介され、興味があったら連絡してみてください。との内容のことを言われました。

さっそく紹介された会社のHPを拝見したのですが、採用情報がありませんでした。

詳しい情報を聞きたいと思い、電話で連絡をしたところ、あれよあれよと言う間に面接に行くことになってしまいました。

私は内定を1社からいただいており、入社受諾証の提出を子会社の面接の3日後に求められています。

内定をいただいている企業は正直あまり行きたい訳ではありません。そこで、受諾書の提出を延期してもらえないかと連絡しましたが無理との回答をいただきました。

ここで質問です。
(1)子会社の紹介はよくあることなのでしょうか?ちなみに、大学や他大学で親会社を受け、不合格だった友人にはそのような連絡は一切なかったようです。
(2)企業によるとは思いますが、紹介された子会社は高確率で内定をもらえるものなのでしょうか?
(3)内定をいただいた企業に受諾書を提出したのち内定辞退はできるものなのでしょうか?

以上の質問に回答願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

もう10年以上前ですが、某大手企業の面接を受け、不採用となり、その後、その子会社から資料が送られてきて、興味があったらご連絡ください、というお知らせがありました。


説明会兼面接に行ってみると、大手企業を最終面接かその1つ前の面接で落ちた人ばかりでした。
その後、この会社では、親会社からの紹介で新卒の採用を行うことはなくなりましたが、私たちの代以前は、同様に親会社から何人か紹介をしてもらって採用活動をしていたようです。

でも、だからといって採用の確率が高くなるわけではなく、ダメな人はダメでした。
事実、私と同じ日に説明会を受けた人は誰一人入社していませんでした。(受かったら入社したい、と話していたのに・・・)
子会社を紹介されることが普通かどうかははっきりとはわかりませんが、ありえない話ではない。
ただし、採用は通常通りの形で行われ、いい人材は採用され、ダメな人はご縁がなかった・・・という結果になります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大手100%子会社に新卒就職することのメリット・デメリットを教えて

大手100%子会社に新卒就職することのメリット・デメリットを教えて

今年、就職活動を行ない、大手メーカーの100%子会社二社を含めた四社より内々定をいただきました。
しかし、どこへ入社するべきかで迷っております。
そこでお尋ねしたいのですが、大手メーカーの100%子会社に新卒で就職するメリット・デメリットを分かる方がいらっしゃいましたら、教えてください。
又、当該100%子会社の事業規模は年間売上高で400億、従業員数1000名程度です。

Aベストアンサー

短期間ですが、あるグループ会社の子会社におりました。

・メリット
どこの会社にいるのか尋ねられた時に、自信を持って答えやすい。

・デメリット
一定以上の役職に就けるのは、親会社から舞い降りてきた人のみということが多い(プロパーではいくら努力しようとも出世し辛いらしい)
組織にもよるのかもしれませんが、常に、親会社の人の顔色を伺った行動を取らざるを得ない。

・総評
「○○グループ」ということで、一見、知名度が高くて良さそうに見えますが、デメリットのほうが多いかもしれません。まさに「牛の尻尾よりも鶏の鶏冠」とは、このことではないかと。

親会社の人間にとって子会社はありがたい存在かもしれませんが、その逆のケースは考え辛いと思います。ありがたい存在というのは、親会社で業績不振などにあった場合、即クビではなく、子会社や孫会社などの関連会社に流してもらえることがあるからです。

Q企業に採用されて、他の企業の採用結果待ちの場合、どういう風に採用させていただいた企業につたえるべきか

僕は現在、専門のスクールを卒業し中途採用のCGデザイナーを目指し就職活動をしているものです。

ひとつ気になったことがあったので記させていただきました。


今、複数の企業に採用試験にご応募しており、
例えばなのですが、企業に採用され、その時にまだ他の企業の採用結果待ちの場合、どういう風に採用させていただいた企業に伝えるべきか悩んでいます。

採用されるまで(面接まで)の段階では「企業に入社したい」と希望しながら、採用されてから「まだ結果待ちのところがあるので、もう少し待って頂けないでしょうか。」というと採用させていただいた企業様にとても失礼だと思うんです。

結果待ちの会社とは第一志望の会社のことです。


まだそういう状況ではないのですが、こういう場面にありうると考えご質問させていただきました。

恐縮ですがどなたか助言くださる方がございましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

第1志望の結果を待ってくれと言うことはべつにかまわんでしょう。他に第1志望を受けているという事実を正直に伝えることに失礼もへったくれもないと思います。そんなこと、採用先の企業側も当然想定済みです。

ですが、「あなたの会社よりはもっと入りたい会社がある」と伝えるんですから、当然「じゃあ来てもらわなくていいです」と云われる可能性が高いという、ただそれだけだと思います。
質問者さまをどうしてもほしいと思えば、ひょっとして第1志望の結果が出るまで待ってくれるかもしれません。でも、そんなことは期待できないですかね。

まあ、ふつうはそこでいちかばちか第1志望の結果を待つことにするか、先に内定出してくれたほうに行くか決断すると思いますけど。

推薦や紹介などの義理もなければ、何も言わずにおいて、第1志望OKだったときには、親が突然倒れたとか言って断っちゃうとか。。
まあ、世の中狭いから、あとでどういうことになるかわかりませんけど。

あんまり参考にならんですね。すみません。

ところで、
>今、複数の企業に採用試験にご応募しており、
「ご応募」→「応募」

>採用させていただいた企業に伝えるべきか
「採用させていただいた」→「採用していただいた」

>ご質問させていただきました。
「ご質問」→「質問」

自分に敬語使っちゃいけません。。。

第1志望の結果を待ってくれと言うことはべつにかまわんでしょう。他に第1志望を受けているという事実を正直に伝えることに失礼もへったくれもないと思います。そんなこと、採用先の企業側も当然想定済みです。

ですが、「あなたの会社よりはもっと入りたい会社がある」と伝えるんですから、当然「じゃあ来てもらわなくていいです」と云われる可能性が高いという、ただそれだけだと思います。
質問者さまをどうしてもほしいと思えば、ひょっとして第1志望の結果が出るまで待ってくれるかもしれません。でも...続きを読む

Q子会社をつくるメリット、デメリットは?

よく、大手の企業が新しい事業を立ち上げたとき(もしくは軌道に乗せたときに)、その事業部を子会社にしますが、子会社を作るメリット、デメリットはなんですか?

Aベストアンサー

メリットとしては・・。
親会社をスリム化できること。
子会社の株で資金を得られること。
会社が負債を抱えても・・親会社の責任がすくないこと、その負債を親会社が抱えなくてもよいこと。
個々の社長、社員の責任がつよくなりえること。

デメリットは
 子会社が大きくなり、自社だけで独立してしまう可能性があること。(株をおさえていることが多いのですくないですが親会社に口出しできないようにできる可能性があること。)

Q6月に内定貰って、10月1日の 内定式のお知らせまで企業から 連絡無しってことありますか? 中小企業

6月に内定貰って、10月1日の
内定式のお知らせまで企業から
連絡無しってことありますか?
中小企業です
採用人数は12人です

Aベストアンサー

採用コンサルティングをしている者です。
内定者懇親会や、内定者研修の件、その他連絡事項など、必要があれば連絡がありますが、用事がなければ連絡がないことは可能性としてはあると思います。
もし心配であれば、直接連絡をとってみてください。

Q子会社のメリット デメリット

子会社のメリット デメリットを教えて下さい。

あまり良く分からないので 詳しく教えて頂けませんでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

子会社で働く人からみた長所、短所ですね。

まず、長所としては、同じぐらいの大きさの会社、たぶん中小企業だとおもいますが、独立系よりも子会社の方が、仕事が安定しており、また資金面の緊急支援などが期待できるので、倒産して、路頭にさまようリスクが少ないことでしょうね。

一方の短所は、独立系の中小企業のような主体性が保てないので、親会社の方針や経営状態に左右され、また民間版”天下り構造”が有る場合は、子会社のなかで昇進、昇格する余地が限定されることでしょうか。

例外は、古河電工の子会社として出発した富士電機が大きくなり、富士電機の子会社として出発した富士通が大きくなり、富士通の子会社として出発した富士通ファナックが世界一のロボットメーカーになった例などもあります。

Q公務員の補欠合格の連絡方法について。 現在2017年4月からの地方公務員採用試験を受け、補欠合格を

公務員の補欠合格の連絡方法について。

現在2017年4月からの地方公務員採用試験を受け、補欠合格を頂きました。

そこで補欠合格経験のある方に質問したいです。
1点目は、連絡方法は電話でしたか?郵送でしたか?
2点目は、連絡方法が電話だった場合、役所の電話番号からかかってきましたか?人事課の番号でしたか?

その2点をお伺いしたいです。

繰り上がりの有無は欠員状況のケースバイケースだということは理解していますが、万が一連絡が来た際に、いかんせんとれなかったら繰り上がりにならないのかなと不安になりましたので質問させていただきました。

Aベストアンサー

基本は文書での連絡となります。
当然、役所としても必ず記録として残さないといけませんので公文書での連絡となるはずです。
逆に、そのような重要案件が電話連絡のみで来るということのほうがあり得ません。

Q子会社への異動でのメリット・デメリット

法律や社会保険等に疎いので、
お聞きします。

今度、親会社から子会社に
異動になりました。

その際のメリット・デメリットって
ありますか?

特に条件は変わらないようなんですが。

念のためにお聞きしておこうと思って
質問しました。

どなたか得意な方いらっしゃったら
お願いします。

Aベストアンサー

子会社に行けば,位がワンランク上がれば利点でしょう.が対外的には左遷かとかの噂,メンツ等でしょうか.人間関係は少ない気が楽です.

最大メリットは小さな所だと全体的な事が見渡せる事と将来的にはとても良い経験になりますから,役立ちます.

Q第二志望企業の内定証書授与式の直後に、第一志望企業から電話で内定通知が来ました

これ実は昨日(9/6)の事なのですが…。
先日第一志望企業の最終面接を控えていた折、第二志望企業の筆記と面接があり、その場で内定を言い渡されました(9/3)。その時は普通に嬉しかったのですが、一連の流れの中で内定者懇親会と内定証書授与式の予定を組まれ、タイミングとしては第一志望企業の最終面接(9/5)の次の日にこれらが行われました。そして昨日の懇親会と授与式終了後の帰宅途中、第一志望企業から内定の連絡を電話でいただきました。

よって、第二志望企業には内定辞退の連絡を入れようと思うのですが、内定者懇親会の時点で内定誓約書とやらを書かされまして、内定辞退するにあたりそれが障害になる事はありますか?
会の流れの中で参加者全員が書かされたのですが、私も含め“これってここ(企業)に決めてなくても書くものなの?”と不思議がっていた参加者も数名おりました。
誓約書の一文に、『正当な理由が無い限り入社する事を約束します』(要約)とあるのですが、この場合、『他社から内定を頂いたので、そっちに行きたい』というのは、“正当な理由”にはならないのでしょうか?
その後の授与式で参加者に話を伺うと、決めかねてる方も数名いました。企業の方からも“就職活動をやめろと言っているのではありません”と説明を受けていたので、大丈夫と考えていたのですが、やはり迂闊だったのでしょうか。

そもそも誓約書の類って、内定通知からこんなに間を置かずに書かされるものなんですか?第一志望企業からも、昨日の今日で入社承諾書が届いたのですが…。展開が速くて頭がついて行かない状態です。
回答よろしくお願いいたします。

これ実は昨日(9/6)の事なのですが…。
先日第一志望企業の最終面接を控えていた折、第二志望企業の筆記と面接があり、その場で内定を言い渡されました(9/3)。その時は普通に嬉しかったのですが、一連の流れの中で内定者懇親会と内定証書授与式の予定を組まれ、タイミングとしては第一志望企業の最終面接(9/5)の次の日にこれらが行われました。そして昨日の懇親会と授与式終了後の帰宅途中、第一志望企業から内定の連絡を電話でいただきました。

よって、第二志望企業には内定辞退の連絡を入れようと思うのです...続きを読む

Aベストアンサー

人事担当です

>内定辞退するにあたりそれが障害になる事はありますか?

基本的には障害にはなりません

>、『正当な理由が無い限り入社する事を約束します』

内定自体に拘束力が無いとする考え方が定着しています

>誓約書の類って

内定者を拘束したいための単なるお守りです...(笑)。

貴方が気にしているくらいですから効果は有ったと言うことです...(笑)。

http://tag.allabout.co.jp/002023000000000000/index.htm

入社承諾書や誓約書などを出した後の内定辞退は、労働基準法における「労働契約」の解除となる。労働基準法では、労働契約の解除は、企業に解除の意思表示をしてから2週間で雇用契約を解約できると定められている。つまり、入社日の2週間前だったら、法律的に全く問題が無いことになるのだ。
※内定先の就業規則に「退職の○ヵ月前までに申し出ること」と定められていることが多いが、法律的には就業規則よりも労働基準法のほうが優先されるので問題は無い。

Q子会社化にすることによるメリット・デメリット

子会社化することによるメリットはその会社を親会社が支配でき、議決権を得ることだとは思うのですが、だから何?と思ってしまいます。

例えばトヨタ自動車や楽天は数多の子会社を持っています。子会社の子会社というのも存在しています。でも結局は連結決算されるのだから、親会社と子会社をわけなくて、いっしょくたんに一つの会社へしてしまっても問題ないような気がするんですが、しないのはなぜでしょうか?子会社にしてたくさん分けておくと税金面で得をするとかなんでしょうか?

Aベストアンサー

 連結決算で会社を見るようになった現在では、財務的にはあまりメリットはないといえますが、人事的にはかなり大きなメリットがあります。

 将来儲かる可能性があるが大きなリスクを伴う事業や、将来性が危ぶまれるが今現在は儲かっている事業などを行う場合、に子会社化しておけば、事業を精算するときに、赤字は親会社が引き継がなければならなくなりますが(赤字の子会社にお金を貸すような銀行は、親会社に債務保証を求めます。赤字の子会社が外部から資金を導入した場合、子会社が返済出来なくなった場合、親会社が返済する約束をしないと、多くの場合は、お金を出してもらえません。)、そこで働いていた人まで親会社に引き取ることは、基本的には求められません。
(子会社の従業員が雇用確保を親会社に求めても、道義的責任の範囲に留まります。)

 また生産性はないが継続しなければならない事業などでは、親会社が労働組合と約束した賃金とは全く異なった安い賃金体系を適用できます。

Q採用関係書類を提出した後の2月に、内定辞退することは可能でしょうか?公務員です。

採用関係書類を提出した後の2月に、内定辞退することは可能でしょうか?公務員です。

Aベストアンサー

それはあきまへんやろ!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報