こんにちは。

いろいろな言語に興味を持っていますが、どうしても手を出しにくい
2つのタイプの言語があります。
あえて何語かは明記しませんが、理由は以下の通りです。

1.言語的には嫌いではないが、その言葉が話される国や人々の印象が
(もちろん個人差やステレオタイプ的な見方はありますが)個人的には良くない

2.その言語の音が好きではない

どちらの言語も少しでも話せるようになれば自分の世界もひろがるし
損得を比較するなら良いことばかりなのですが、上記の理由でずっと
躊躇していますが、自己啓発の一環としていつかはやらなければと思っています。

これを克服するにはどんなふうに気持ちを切り替えたらよいか
アドバイスをお願いします。

現在、語学は趣味ではありますが、「趣味なのだったらやらなければいい」という
回答はご遠慮ください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ドイツ語 学習」に関するQ&A: 第二外国語についてですが、ドイツ語とスペイン語だったらどっちが学習しやすいですか? ドイツ語は、単語

A 回答 (12件中1~10件)

お礼ありがとうございます。



>対象の言語を明記すれば良かったのかもしれませんが
その言語を話す人や勉強している人の気持ちを思うと
挙げることはできませんでした。
非常に気になるんですが、そういう事情なら仕方ないですね。

>ちょっと勇気が出たのはhydrangea_さんのような達人でさえ
お好きではない言語があるとのこと。
いや、達人と言えるかは分かりませんが、英語とフランス語は一応使えるレベルで、日本人にも認知度の高い外国語は一通り齧っていますから、語学の蘊蓄はあるつもりです。
好きでない言語と言えば、最初はスペイン語もあまり好きでありませんでした。好きでないというのは、その言語を話す地域や国の偏った面しか知らないというのも大きいでしょう。

>理由も結構似ていますね^^
前回の回答を補足しますが、英語に関しては アメリカが嫌いというよりも、ある程度のレベルまで達したら 語学としての興味が薄れたというか、モチベーションが低くなりました。これは multi_ponさんにもご理解いただけると思います。まあ、普通の人は受験英語のせいで、余計に早く英語に嫌気が差すんでしょうけど、もっとも、私の場合は センター試験もフランス語で受験しましたので、受験英語というのは経験しませんでしたが...


音が好きでなくても、学習しようか迷っているということは、何かしら興味を引くものがあるからですよね。前回の回答で書き忘れましたが、
タイ語はあまり耳にする機会もなく、たまに聞くタイ語は 中国語と韓国語の中間のような感じで 冴えない印象がありましたが、↓の動画を見て、少し見方が変わりました。(動画の女の子、キュートでちょっぴり色っぽですね) 私がもう少し若くて、ガッツがあるのなら
タイ語にも挑戦しようと思うんですが、今はロシア語で精一杯です。

>英語で書かれたラテン、ゲルマン系の言語はわかりやすかったので
やってみようと思いますし、ダイレクトメソッドも試してみたいと思います。
wy1さんがフランス語やスペイン語で初っ端から躓いたのは、日本の外国語の学習書の典型的な作りもあるかもしれません。日本の学習書は
スペイン語にしても、動詞変化の活用表のオンパレードになり、最初から暗記を強いられるパターンが多いですからね。その点、向こうの学習書は 動詞の変化も最初は不定形さえ出てこなくて、幾つかの動詞の直接法現在1人称単数現在形を覚えて、次に3人称現在形というように
進むことが多く、暗記の負担は日本の学習書よりも少ないかもしれませんね。
また、既習の外国語で新しい外国語を学ぶ方法は 私は「リレーメソッド」または「セカンドランゲージベースメソッド」と呼んでいます。

以前にもお話ししましたが、フランス語で書かれた英語の学習書で英語をやり直した時は楽しかったです。それによって、英語も違った角度から見つめ直すことで色んな発見もありましたし、英語に対する興味も再燃しました。multi_ponさんの場合は、スペイン語で書かれた英語の学習書でやってみるのも面白いと思います。

私は今 ロシア語を学習していますが、単語が思ったようにスラスラ覚えられません。私は英語の単語はスラスラ覚えられたので、英語のカテでも単語を覚えるのに苦労している人の気持ちがよく分からなかったのですが、私も何となくその人たちの苦労も分かってきました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4949622.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びのご回答有難うございます。

>好きでないというのは、その言語を話す地域や国の偏った面しか知らないというのも大きいでしょう。
それは一理ありますね。
出来るだけそういうものは失くしていこうとは
思っているのですが、入ってくる情報が少ない
地域などはやはり偏った見方をしてしまいます。
でもできるだけ公平・客観的にならなければと思っています。

>ある程度のレベルまで達したら 語学としての興味が薄れたというか、モチベーションが低くなりました。
はい、よくわかります。
関心がないわけでも、学習しなくなったわけでもないのですが
モチベーションが下がって、生活の一部の普通のものになりつつ
あります。もっともそれほどのレベルがあるわけではないので
また頑張らなくてはと思いますが^^

>学習しようか迷っているということは、何かしら興味を引くものがあるからですよね
そうですねぇ、興味があるというよりは今の学習の幅を広げるとか
言語の知識そのものを広げるため、これをやっていなかったら言語学習は語れないでしょう
というくらいメジャーなものですから今はともかく、いつかはやらなければならないだろうなぁと
思います。

>「リレーメソッド」または「セカンドランゲージベースメソッド」と呼んでいます
なかなか良い言葉ですね^^
英語で書かれた教科書は安価でも良いものがありますね。
名著のEnglish grammer in Use を初めて手にしたとき、
意味がダイレクトに伝わってくることに感動を覚えました。
スペイン語で書かれた他の言語の本となると比較的高価なのですね。
ネットで探したらとても参考になるサイトがあるので
使ってみようと思います。

ロシア語、ぱらぱらっと見たことがありますが難しいですね。
エタ マヤ クニーガ、ぐらいしか覚えていませんが
ゲルマン系、ラテン系のどちらとも違う魅力があります。

タイ語の動画も見てみました。何といってもあの文字!
こんな文字が読めたらさぞ楽しいだろうなと思います。

お礼日時:2009/06/01 15:52

Z国の少女の話は 私の推測が正しければ、日本でアニメ化されていますね。

そして、それが外国で吹き替えされてテレビで放送されたことがあるようです。

>海外DVDは取り寄せると結構高額になってしまうので今のところ選択肢には入れられそうにないですが、
外国語の学習はお金さえかければいいというわけでもありませんが、ある程度の投資も必要だと思います。



http://www.fooooo.com/watch.php?id=bfb8c055a7d29 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えていただいた映像、まだ全て観てはいないのですが、ちょうどこちらの
地域で再放送をしていて懐かしく観ているので「おおっ!」と思いました。
今まで日本語でしか観たことがなかったのですが言語が違うだけで
異国情緒漂うアニメになりましたね。
特に少女のB語がすごくかわいくて、これなら入り込めそうだなと思いました。
続きを観てみます。

>外国語の学習はお金さえかければいいというわけでもありませんが、
>ある程度の投資も必要だと思います。

ええ、もちろんそうです^^ 好きな英語やスペイン語にはかなり投資をしています。
今はネットでスクリプトも手に入りますし、苦手な言語のものや始めてみたけど
まだ続けられそうかどうかわからないものは日本で出ているDVDを
探してオリジナルのスクリプトは別途入手する程度でもいいかな。

お礼日時:2009/06/14 13:07

何度も失礼します。



>映画が好きなのでA語、B語とも映画などで
苦手意識が解けるといいのですが。
原語がA語やB語で、英語やスペイン語の吹き替えや字幕が色々選択できるDVDを探したらどうでしょうか? ただ、海外のDVDを購入するには
クレジット決済で個人輸入したりする必要も出てくるでしょう。それと、DVDはリージョンコードがありますから、これも気をつけないといけません。

私の場合はA語は A語を話しているメインの国は好きでなくても、
その国の童話は私も含めて誰でも子供から親しんだものが多いし、また、A語を話している国でも好きな国があり、その国の童話は日本でアニメ化されてみんなに愛されています。その国では、A語の他に O語とQ語も話されています。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろと有難うございます。

私の苦手なA語(質問の1のタイプの言語)の映画で印象に残ったのは
目の不自由な子供を厳しいほどに一生懸命育てる母親の話でした。
そのW国の古い時代の話などはとてもロマンティックに感じます。
(特に衣装とか楽器)

B語(2のタイプの言語)のメインのX国の城と花の話や
B語が話されているY国の犬の話、Z国の少女の話、それらはみんな好きです。
こういうものをB語で観たり聞いたりしたら楽しめるかもしれませんね。

海外DVDは取り寄せると結構高額になってしまうので今のところ選択肢には
入れられそうにないですが、日本で出ているものを観て音を楽しむことは
出来そうです。

掲載していただいた映像、これは好きです^^

お礼日時:2009/06/12 13:34

#6です。

続きです。

私はO語の音は好きですし、また、とりわけ必要性もないのに無理して好きになろうとも思いません。すみません。でも、私は最初はA語は苦手意識がありましたが、B語を学習することで少しは和らいだようです。また、hydrangea_さんのように、英語を介してA語を学習するのも一つの方法かもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

だんだんわからなくなってきました(笑)

既習の言語で苦手な言語にチャレンジしてみたら
思っているより楽しめるかもしれませんね。
どちらにしても後回しになってしまいそうですが
あとはとっかかりをどう持つかにかかっているように思います。
映画が好きなのでA語、B語とも映画などで
苦手意識が解けるといいのですが。

いろいろと有難うございました。

お礼日時:2009/06/09 22:34

#6です。



なんかパズルみたいですね。私の推測が正しければ、multi_ponさんのA語は私のI語で、multi_ponさんのB語は私のO語のようです。

I語は私が今学習している言語ですが、これは multi_ponさんのA語を明記しないと答えられませんので、ここよりもっと相応しい小カテゴリーで、「苦手」とかいう言葉を使わないで、質問を出し直した方がいいかもしれません。私も目に留まれば、回答させて頂くかもしれません。

multi_ponさんのB語は私のO語のようです。そして、P語はmulti_ponさんも学習されているようです。ただ、私の推測が外れていたら 全く役に立たないアドバイスになります・

そうですね、差し当りは Q語とかR語でも学習したらいいんじゃないでしょうか?あ、そうだ、マイナーな言語になりますが、O語とP語の中間のような言語にS語があるようです。そして、もっとマイナーですが、
S語に似ていて もっとO語に近い言語としてT語があります。

また、原作がO語で書かれて P語に訳された作品も少なからずあります。差し当りは El principitoあたりが読みやすいかと思います。それから、El extranjeroも比較的読みやすいと思います。そして、一番のお勧めは 児童文学ですが、El pequenyo Nicolasです。それから、古典的な作品で少し難解な部分も含んでいますが、La vuelta al mundo en ochenta diasも捨てがたいですね。まあ、これらの作品をP語で読んでみてください。少しは考え方が変わるかもしれません。それでも考え方が変わらなければ、O語は置いといて、ラテン語でも勉強してください。
    • good
    • 0

何度も失礼します。

やっぱり、苦手な言語は multi_ponさんの心情を酌んでも、質問を出す以上は礼儀だと思います。私も敢えて言語名を伏せますので、想像して読んでください。

私もA語を勉強しようと思いましたが、その言葉が話される国や人々の印象が個人的には良くないので、系統的に近いB語を勉強しました。というのは、○○や△△を彷彿させ、個人的にもA語を話している国に絡んで苦い思い出があるからです。しかし、B語はA語よりもマイナーで教材も難解でした。A語だと、もっと易しくて親しみやすい教材もあるんですが。

私はC語も言語学的には関心があるんですが、これもあまりいいイメージがありません。それでC語に文法的には似ているD語を考えているんですが、D語もぱっとしません。それで、C語やD語に近い、E語も検討に入れていますが、ずうっと先の話になりそうです。どっちにしても、D語やE語はC語よりも、使う機会が少ないんですが。

それから、F語も関心がありますが、かなり難しいと言われています。
それで、系統的には違いますが、同じ文字を使っていて文法と発音はF語より易しいと言われるG語もいいかなあと思うんですが、E語やH語はもっと入りやすいかとも思います。なぜなら、E語やH語はA語やB語と同じ文字を使っていて、文法もそんなに難しくなさそうです。

でも、I語も外せないかな。I語は色んな方言がありますが、近縁の言語はないようです。J語が文法的に近いとは言われています。また、C語や
K語とは歴史的な繋がりがあるようですが、D語とは意外に関連性が低いようです。むしろ、近代になってL語とのかかわりがあるようです。
しかし、L語もあんまり人気がないようです。L語に近いのはM語とかN語がありますが、M語はかなりマイナーになります。

あ、そうだ、O語が少し障るというなら、Q語とかR語もありますよ。もし、P語が好きなら、抵抗はないと思うんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

前回のコメントをいただいてから数日間、ずっと考えてしまいまして
お礼が遅くなりました。

やはり具体的な言語は明記しないスタンスでいきたいと思います。
回答する側としては具体的に書いたほうがよりよい回答が出来るのは
良く理解できますが、例えばKseniaさんが書かれたようにA語とかX語
というように書けば一般論での回答なら書いていただけるかなと思うからです。
一方、言語の好き嫌いや国や人がらみでの好き嫌いを明記することで
該当する人たちが悲しむだろうということ、日本人や日本語のことを
嫌いと言われたら自分も悲しいなと思うのです。

ですので質問の1のタイプはアジアのA語、2はラテン系のB語とだけしておきます。
理由は質問トピックに書いた通りです。

A語は今後もっともっと話者が増えてくるでしょうし、身近に触れる機会も多そうです。
B語はスペイン語や英語の理解に役立ちそうです。
どちらも教材は多いですしその気になれば会話レッスンの機会もすぐ見つかることでしょう。

一般論で結構ですし、もしご自身で苦手な言語を克服したご経験があれば
それを教えていただけるとありがたいです。

お礼日時:2009/06/08 16:04

#6です。



>変えなきゃいけないと思ったからアドバイスを求めたわけなんですが^^
アドバイスを受けて勇気が出たりハッと気づかされたりということはありませんか?
この質問のタイトルだけを読んだら、最初は英語はまずまずできて、中国語とかある程度知っているが、フランス語とかロシア語を勉強してみて、文法が英語よりも難しいとか、単語がなかなか覚えられないとかで悩んでらっしゃると思ったら、そうではないんですね。更に、苦手な言語が何語かも明記されておりません。事情があるにせよ、苦手な言語とその理由を挙げるのは止むを得ないんじゃないでしょうか? 質問者自らが一番重要な項目を隠したら、「自分で工夫すればいいんじゃない?」以外にどう答えればいいんでしょう? 食べ物でも「嫌いな食べ物がありますが、どうしたらいいでしょか?敢えて何が嫌いかは言えません。」と聞かれても、嫌いなものを無理して食べる必要はないとか、料理を工夫してみるとか、栄養価の似ている他の食べ物を食べるという漠然とした回答しかできませんよね。そこで multi_ponさんの場合は
最初と最後の選択肢は除外するわけですよね。あとは、極限まで腹をすかさせるとかという選択肢もあるかもしれませんが、外国語の場合は
どうしたらいいでしょう。
multi_ponさんは英語とスペイン語を学習されているようですが、第2外国語でスペイン語を学習した人が次に学ぶ外国語と言えば、フランス語、イタリア語、ポルトガル語などが入りやすいと思いますが、その3つとも multi_ponさんが苦手意識をもっているのか、もしくは中国語や韓国語などのアジアの言語に抵抗があるのか、こっちは全然分からないわけでして、これでは答えようがありません。
wy1さんも苦手な言語は避けているし、私も同じです。 まあ、私だったら、外国に好きな人が出来れば その人の母国語がmulti_ponさんと同じ理由で苦手だとしても きっと好きになると思います。好きな人というのは、別に恋人でなくても芸能界のアイドルでもいいわけです。
    • good
    • 0

大して好きじゃない外国語を学ぶの?自己啓発の一環?



人のアドバイスでコロコロ変わるような気持ちで
外国語が習得できるとは思えませんが・・・・

しいて言うなら目先の損得や理屈なんかに迷わないことです。

この回答への補足

厳しいご意見有難うございます。

>大して好きじゃない外国語を学ぶの?自己啓発の一環?

はい、その通りです。
私は既に英語とスペイン語を学び続けています。
仕事や生活で実際に使うわけではありません。自分に対する投資、教養の一環です。
基本的に語学が好きなので趣味と言えるかもしれません。
英語とスペイン語以外の言語で、苦手だけれどそれを克服すれば教養の幅が
広がるのはわかっています。でもなかなか出来ない…
これが目先の損得や理屈だと言われればそれまでですが、それができるなら
あえて質問はしないわけで、どのように克服されたのかご経験をお尋ねしたかったのです。

>人のアドバイスでコロコロ変わるような気持ちで
>外国語が習得できるとは思えませんが・・・・

変えなきゃいけないと思ったからアドバイスを求めたわけなんですが^^
アドバイスを受けて勇気が出たりハッと気づかされたりということはありませんか?
何を読まれてそう感じられたのかはわかりませんが、
苦手なものをいつか克服したいという気持ちは一貫しています。
ちなみに私は英語を約5~6年、スペイン語は約2年、毎週決まった時間数
学習・練習していています^^ これからも続けるつもりです。

質問の趣旨ご理解いただけたでしょうか。
あえと補足にさせていただきました。

補足日時:2009/06/04 16:24
    • good
    • 0

調子に乗ってまたまた回答させて頂きます。



>そうですねぇ、興味があるというよりは今の学習の幅を広げるとか
言語の知識そのものを広げるため、これをやっていなかったら言語学習は語れないでしょうというくらいメジャーなものですから今はともかく、いつかはやらなければならないだろうなぁと思います。
私もそういう理由でドイツ語やスペイン語を学習しました。しかし、学習とか特別意気込まなくも、旅行会話の本とか 気軽に触れることはできます。

ご質問の但し書きにもとるかもしれませんが、学習を躊躇している外国語は後回しで、今は英語とスペイン語を磨きつつ、もっと好きな外国語に取り掛かれたらどうでしょうか? そうしているうち、自分なりの解決方法が見つかるかもしれませんし、方向付けができるようになると思います。学習を躊躇している何語か分からないので、明確なアドバイスはできませんが、少しでも参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

>学習とか特別意気込まなくも、旅行会話の本とか 気軽に触れることはできます。

実際にやり始めてみたら意外に楽しいと思えるかもしれませんね。
旅行会話や文法のみ、あるいは概略だけざっと学んでみて
やっぱり好きにならなかったらそこまでにしておけば良いですね。
いずれにせよ、何かを学ぶことは絶対自分の力になるはずですし、
そこからまた世界が広がっていくことでしょう。
苦手を克服する楽しみもありますしね^^

また、お勧めしていただいた既習言語で学ぶ方法、特にスペイン語から
同系の言語へのアクセスもぜひぜひやってみたいと思います。

いつも興味深いご回答有難うございます。

お礼日時:2009/06/04 16:05

私の場合、同じような理由で苦手な言語がありました。

克服の方法は、2つでした。楽しくないと勉強する気が起きない、ということで考えた方法です。

(1) ほかのとっかかりを探して、はっきりとした目標を立てる

「あの人と絶対話せるようになってやる」とか、「あの本を読めるようになってやる」とか考えて、モチベーションを上げました。

(2) 小さめの目標も設定して、達成感を感じるようにする

「この表現を覚える」とか、小さな目標です。本に日付を書いたり、カレンダーに何時間勉強したか書いたりすることで、達成感を感じるようにしました。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

petaliさん、いつも有難うございます。

ご回答を読んで「苦手だから克服してみたい!」なんて
思ってしまいました。
言語学習自体は楽しいですし、新しいことを覚えるのも好き、
言語学習の方法もある程度身に付いている、今のところは
「苦手だ」と思う以上の障壁はありません。
初歩文法と挨拶程度でもいいからやってみて、実際に触れたあとで
続けるかどうか決めてもいいかなと思います。

今までより前向きに考えることができました。

お礼日時:2009/05/27 14:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国語には五十音図はあるのですか?

日本語には五十音図がありますが、外国語には母音と子音を組み合わせた五十音図のような表はあるのでしょうか?
私の知る限りでは中国語には「ピンイン」というのがあり、母音と子音の組み合わせを表で一覧できます。でも英語にはなかったような・・・
他の外国語にはそのような表はあるのか、またあったとしたらURLや参考書籍などお教えいただければと思います。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者の方への回答は、下の書き込みで終わっているのですが…
No.3の方の記述との整合性のために、念のための補足です。


> 母音と子音を組み合わせないで使う方が多い外国語

世界の言語は、いずれも、子音と母音とで成り立っています。
( w や y のような「半母音」的なものも大きくは子音扱いで)
これは、どの言語についても同じです。少なくとも音声学的にはそのように分析して扱います。
ちなみに、子音は、「調音点」(吐く息をどこで遮って音を出すか)と「調音法」(吐く息をどのように遮って音を出すか)の組み合わせで作られ、母音は、「口の構え」と「舌の位置」の組み合わせで作られます。これも、世界のどの言語でも同じです。

なお言えば、「調音点」には、歯や舌や喉などいわゆる「音声器官」のあらゆるパーツが用いられます。
そこで作られる(調音される)音も、音声学では「歯音」「舌音」「喉音」などの名前を付けて呼びます。
韻書に見える反切表や、日本のいろいろな五十音図にも、これらの名前が使われています。


> 日本語のように 「必ず」 母音と組み合わせて子音を
> 使う(開音節といいます)方が世界の言語の中では珍しいかと

日本語は、1つの音節が *原則*として〈子音1つ+母音1つ〉で成り立つ言語です。
子音=consonant、母音=vowel、のそれぞれ頭文字を取って、これを「cv構造」と呼びます。
(「原則」と言ったのは、「例外」があるからです。つまり「必ず」ではありません。←下記の「特殊拍」の場合を参照)
世界の言語には、cvv(二重母音) や cvc(子音終止=「閉音節」と呼びます) の構造を取る音節により組み立てられる言語もたくさんあります。
これらを組み合わせると、cc のような子音の連続がザラに起こりますし、
組み合わせ以前に、音節末に子音が連続する cvcc のような音節構造も多く見られます。
(英語における音節内での子音連続では、rhythm や Alps などが挙げられるでしょう。)
日本語は原則「開音節」(母音終止)ですが、言語によって、音節を構成する、子音と母音の組み合わせ方が異なるわけです。
No.3さんのおっしゃりたかったのはこの辺のことかと思われますが、術語や概念に混乱と誤解とがかなりあるようです。


> また例えば英語では
> a とスペルしてもその音は様々です。

専門的にはこれを、「音声」と「音韻」のレベルの違い、と呼びます。
一般に、言語の表記は(音声ではなく)音韻と対応します。
日本語でも、音韻として区別しない、音声上の厳密な違いはたくさんあります。


> 日本語には
… 略 …
> 子音だけの字がないですよね。「ん」は例外。

「ん」(撥音)と「っ」(促音)と「ー」(長音)の3つ(「特殊拍」と言います)は、
もともと日本語にはなかったものです(音の変化などによって、平安時代以降に生じました)。
この3つが音節末に含まれると、日本語にも cvv (「ー」の場合)や cvc (「ん」「っ」の場合)が現れます。
(上に触れた「例外」は、これのことです。)

以上は全て、音声学の基礎知識です。ご参考までに。

質問者の方への回答は、下の書き込みで終わっているのですが…
No.3の方の記述との整合性のために、念のための補足です。


> 母音と子音を組み合わせないで使う方が多い外国語

世界の言語は、いずれも、子音と母音とで成り立っています。
( w や y のような「半母音」的なものも大きくは子音扱いで)
これは、どの言語についても同じです。少なくとも音声学的にはそのように分析して扱います。
ちなみに、子音は、「調音点」(吐く息をどこで遮って音を出すか)と「調音法」(吐く息をどのように遮って...続きを読む

Q英語の現在進行形のニュアンスをほかの言語ではどう表しますか?イジるのは形容詞、それとも動詞?

He is being a bad boy!
は、普段は彼はいいやつなんだが現在彼はワルいやつになっている。という意味になります。
でも、英語のように進行形を使わない言語っていっぱいありますよね。そのような言語では、どう表すのですか?形容詞を変化させますか?それとも動詞を変化させますか?

Aベストアンサー

be 動詞の進行形と一般動詞の進行形は分けて考えた方がいいと思います。

英語でも be 動詞の進行形はあまり多く使われるものではなく、単なる進行というより何らかの感情的含みを持ちます。

You're being kind today!「何だ今日はやけに親切じゃないか(どうしたんだ/気持ち悪いな)」

このような場合は全く別の表現を使うことになるでしょう。

一時的な状態と永続的な状態の区別では、ロシア語では

On boljen.「彼は(今)病気だ」
On boljnoj.「彼は病気がちだ」

のように同じ形容詞でも形を変えます( be 動詞にあたるものは省略されます)。

1番の方も書いていますがスペイン語には be 動詞にあたるものが2つあり

ser: 永続的な性質
estar: 今の状態

のように使い分けます。

一般動詞の進行形にあたるものは多くの場合「今」「目下」のような副詞をそえて表現します。進行形に相当するような表現をもつこともあり、ドイツ語では an 不定詞(句)sein(Sie ist an einem Schal stricken.「彼女はマフラーを編んでいるところだ」)があります。しかし4番さんのフランス語の例もそうですが、英語の進行形に比べて切実に表す表現であり重く、普通は現在形で代用します。実際初級では習わないことが多いのに比べ英語の初級で進行形をやらないのは考えられません。

be 動詞の進行形と一般動詞の進行形は分けて考えた方がいいと思います。

英語でも be 動詞の進行形はあまり多く使われるものではなく、単なる進行というより何らかの感情的含みを持ちます。

You're being kind today!「何だ今日はやけに親切じゃないか(どうしたんだ/気持ち悪いな)」

このような場合は全く別の表現を使うことになるでしょう。

一時的な状態と永続的な状態の区別では、ロシア語では

On boljen.「彼は(今)病気だ」
On boljnoj.「彼は病気がちだ」

のように同じ形容詞でも形...続きを読む

Q外国語が得意な方へ質問です。

外国語をネイティブで身につけた方にお願いです。
日本で外国語を習った人は、以下のように
外国語→日本語に頭で翻訳する→外国語 という思考回路を使いますが
ずっと外国で暮らしていた方、帰国子女の方などは
外国語は外国語、日本語は日本語というように別々の回路で考えると
聞いたことがあります。逆に例えば「微分・積分」等の少し難しい
言葉は、外国語⇔日本語の思考がつながっていないので、日本語の
意味が不明などと聞きます。以上のことは本当でしょうか。
どうか外国語が得意な方お願いします。

Aベストアンサー

普段は日本に住む、生まれも育ちも生粋の日本人なので、完璧なバイリンガルではありませんが。。。

英語を喋るときは、英語の思考回路になる。
と私も思います。(そうおっしゃっている方が多いように思います)
思考回路、というよりは、英語独特の表現と言った方がいいのかな?

例えば、「私、昨日おさいふ盗まれちゃったのよ」
と言いたいとき、
英語では「私」は主語にならないですよね。
「昨日私のお財布が(誰かによって)盗まれた」と言うか、
「昨日誰かが私のお財布を盗んだ」と言うかどちらかですね。

英語では have you got everything ? っていうけど、日本語では「 あなたは全てのものを持ちましたか?」とは言わないと思うんですよ。
やっぱり一番自然なのは「お忘れ物はないですか?」
じゃないかな。

英会話が苦手な方(不慣れな方)は、直訳しようとするからだと思います。

これって逆もありますね。
日本語勉強中の外国人(英語圏の人)は、
「このジュースは寒いですね。」(英語は冷たいも寒いもcold )とか
「今日私は大きな食事を食べました。(沢山と言う表現に、big を使う。big lunch とか。。。)
なんて言うときがあります。

段々慣れてくると思考回路が別々になるのだと思います。

普段は日本に住む、生まれも育ちも生粋の日本人なので、完璧なバイリンガルではありませんが。。。

英語を喋るときは、英語の思考回路になる。
と私も思います。(そうおっしゃっている方が多いように思います)
思考回路、というよりは、英語独特の表現と言った方がいいのかな?

例えば、「私、昨日おさいふ盗まれちゃったのよ」
と言いたいとき、
英語では「私」は主語にならないですよね。
「昨日私のお財布が(誰かによって)盗まれた」と言うか、
「昨日誰かが私のお財布を盗んだ」と言うかどち...続きを読む

Qロシア語を趣味として学習したいのでCD付きの教材を探しています。

ロシア語を趣味として学習したいのでCD付きの教材を探しています。
NHKのラジオ教材以外でお勧めがあれば教えてください。
文法がメインの方がいいです。

Aベストアンサー

会話中心ではありますが下記の本は非常によく出来ており、
私は他の言語でも数冊持っています。

今すぐ話せるロシア語 入門編 (Oral Communication Training Series) 阿部 昇吉

文法に関してはこちらは読み応えがありますが、よく書かれていて
この1冊を持っていれば十分だと思います。

NHK新ロシア語入門 (CDブック) 佐藤 純一 (著)


参考になれば幸いです。

Q第2外国語は身に付かない

第2外国語は身に付かない

こんにちは、このカテには英語だけでなく他の外国語も学習された方が多いかと思います。
英語以外の外国語を学ぶ場合、初めての外国語ではないので、外国語を覚える要領もつかんでいるでしょうし、また、特にフランス語やドイツ語などは英語の知識が大きな助けになります。ですから、初級レベルまでは英語に比べ、かなり短期間で習得できます。しかし、実生活では英語以外の外国語は英語に比べ接する機会が少ないので 英語はそこそこ出来ても、英語以外の外国語は中途半端なレベルで終わりがちです。
そこで、英語以外の外国語を英語と同等かそれ以上習得された方に質問です。英語以外の外国語はいつごろから学習されて、英語との係わりも含めてどのように学習されてきましたでしょうか?

Aベストアンサー

私は英語とドイツ語を今でも多少は使える積りです。どちらの言葉が第一外国語あるいは第二外国語なのかは、断定できません。英語は、3+3(その間2年半アメリカ人」のキリスト教宣教師のところで英語を聴き話すことを覚えた。)大学では2年間(教養部でドイツ語を週12時間の内ドイツ人教員に4時間】、専攻はドイツ文学。
仕事で英語のコレポンを始める。変なところは、二世の社員に修正を依頼。なんだかんだと訳40年ぐらい
英語を書いたり、ドイツ語は云十年間ドイツ人と手紙交換や、現在はE-メールのやり取り。ドイツへ一人で旅行する。

いつも、批判を受けるのですが、大学時代ドイツ語を学ぶ際に、英語は全くと言って好いほど考慮しませんでした。他の外国語に時間や頭を使うような余裕と言うか、気分も無かったですね。そのくらいしないと、ドイツ語の授業に追い付けなかったなかったのかな?週6日で毎日2時間ドイツ語の授業があったのですから。

英語は大学を出てから、実務で高校時代に身につけたものを思い出し、更に上乗せ、、。途中、通信教育で英語を読む事をやりました。後は、実践あるのみでした。

2週間ドイツ語だけでドイツを旅した後、仕事で2~3日英語に悩まされた感じでした。

私は英語とドイツ語を今でも多少は使える積りです。どちらの言葉が第一外国語あるいは第二外国語なのかは、断定できません。英語は、3+3(その間2年半アメリカ人」のキリスト教宣教師のところで英語を聴き話すことを覚えた。)大学では2年間(教養部でドイツ語を週12時間の内ドイツ人教員に4時間】、専攻はドイツ文学。
仕事で英語のコレポンを始める。変なところは、二世の社員に修正を依頼。なんだかんだと訳40年ぐらい
英語を書いたり、ドイツ語は云十年間ドイツ人と手紙交換や、現在はE-メールのや...続きを読む

Qイタリア人の言語

イタリア人はスペイン語がなんとなくわかるという話を聞きました。
ポルトガル語とスペイン語はほとんど同じという話も聞きました。

ということはイタリア人はポルトガル語もなんとなくわかるのでしょうか。
そもそも、イタリア語が堪能な人は、ヨーロッパのどのくらいの言語がなんとなくでもわかるのでしょうか。

ここで言う「わかる」というのは、最初は理解できなくても、勉強なしで1ヶ月くらいでなんとなく理解できるような、たとえば、日本の東北や九州のきつい方言のような感じとさせてください。

Aベストアンサー

No4です。 少しだけ補足します。

いくら似ていても外国人に接したことのない田舎の人が初めて話しかけられた場合は、一般的に耳がふさがっているのでしばらくは(落ち着くまでは)理解できないでしょう。また複数の外国語に通じ歴史や文化を理解する人と自国でも方言を中心に生活し外国に興味のない(接点を持たない)人は比較になりません。

「有難う」を「おおきに」という関西弁を一般の人でも理解できるのはおおきにの意味を知っているからです。けっして日本語の方言だから理解しやすい訳ではありません。 イタリア語、スペイン語、ポルトガル語はそのような意味では関西弁以上に変化が少ないので、特殊な単語の意味さえ覚えれば日常会話はすぐマスターできるでしょう。

私の経験ではスペイン語はローマでは通じましたが地方ではおそらく半分も通じないかもしれません。ブラジルではスペイン語だけで押し通せましたが、通じない単語は会話の中でお互いに確認できます。(ありがとうとおおきにのように)発音の差も二人のどちらかが努力すればすぐ克服出来ます。

Q外国語の学習方法について。

外国語の学習方法について。
英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、など、外国語の読書力や読解力、外国語の会話を習得するには、どのような学習方法が最も効果的でしょうか?
お勧めの外国語習得方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

タケヨシさんという人がいるのですが、

その人は、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、の洋書の原書を辞書なしで読む事ができます

さらに、彼は、英独仏伊語の原書が読めるだけでなく、ネイティヴスピーカーと会話をする事ができるそうです

彼いわく、外国語の習得には”学習の方法”が最も大事なのだそうです

これまで20年間で56の外国語の学習方法を自分で試してきて、最も効率的な外国語の学習方法を試してきたのだそうです

外国語の習得には、タケヨシさんの語学習得法が参考になると思います

ホームページのアドレスを載せておきますので、よろしければどうぞ

http://saider88.web.fc2.com/gaikokugo.html

参考URL:http://saider88.web.fc2.com/gaikokugo.html

Q第2言語

イタリア語とスペイン語など日本人に聞きやすいとききました。検定などもありますが、どちらがとる価値がいいでしょうか。動機が大阪弁しかしゃべろうとしないことです。またホームページを閲覧して楽しむなど継続したものをもちたいと思ってます。英語と近い言葉がいいと思ってます。英語を聞くのはあまり興味もてませんでした。それでも英語もつかえるために何かと思います。またはアジアの方が似た文化があるので迷ってます。

Aベストアンサー

メキシコ人の友達が沢山います。

たしかに聞きやすいですし、日本人には発音しやすいです。
文法は英語とにているそうです。

メキシコだけでく、スペイン語の通じる国は沢山あるので、勉強する価値はあると思います。私は興味だけで勉強を始めるかもしれません。
また、スペイン語の歌も大好きなので^^。

Q小学校の外国語活動について

小学校外国語活動について

 平成23年度から「第5・第6学年で年間35単位時間」が必修となったとのことですが、外国語活動は「教科」として扱われず、「外国語活動」というカテゴリーで扱われるのでしょうか?

中学校などでも、一般に英数国理社などと分けられている気がします。

英語=外国語活動ではなく、多言語も外国語活動として含まれていて「外国語=多言語」という意味で、その主として英語を扱っている、ということで良いのでしょうか?

Aベストアンサー

> 外国語活動は「教科」として扱われず、「外国語活動」というカテゴリーで扱われるのでしょうか?

そうですよ。
中学校では「外国語」と言う教科の中で英語を学ぶことになっているだけ。その他の外国語でも差し支えない。実際にフランス語(私立),スペイン語(私立),ポルトガル語(公立),ロシア語(公立)を学ぶ中学校がある。

> 英語=外国語活動ではなく、多言語も外国語活動として含まれていて「外国語=多言語」という意味で、その主として英語を扱っている、ということで良いのでしょうか?

英語に限るわけではないけれど,「外国語活動においては,英語を取り扱うことを原則とすること。」と決まっていますから,他の外国語をやるとしたら特別な理由が必要です。

Q色んな言語への翻訳

「泣き虫」という言葉を以下の言語に翻訳して、カタカナでの読み仮名を教えていただきたいのですが・・・
  スペイン語・ギリシャ語・ドイツ語・オランダ語・アイヌ語
 ・・・です!どうぞ心優しい方、よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

”ein crybaby ”残念ながら cry も babyも英語の単語ですね。ドイツ語では das Traenentier  と言うようです。
das は中性名詞の定冠詞、Traenenはdie Traene女性名詞 涙 の複合名詞の場合の変化形 das Tier は 動物,とか 哀れな人 などの意味がある。複合名詞で das Traenentier となります。尚 ”ae"は本当は”a”の上に "..”が付くドイツ語文字なのですが、この書き込みでは文字化けして出せません。撥音は"tレーネンティーァ”!”tr"は
一発で発音してください。”r”が”L"に成らないように。(巻き舌が
無難でしょうね)
蛇足ですが”Baby”をドイ語でも使いますが、撥音は英語と言うより日本の ベービ の方が適しているようです。

die Heulsuseは 泣き女 で発音は"ホイル(L)ズーゼ”ですね。Heulは恐らくheulen と言う動詞で 動物や鳥などが鳴くとか 人間が泣き喚くの意味です。Suseは Susanneと言う女性の名前の短縮形(愛称)です。eine Heulsuse  アイネ ホリスズンは回答者さんには大変申し難いのですが、全く違います。

”ein crybaby ”残念ながら cry も babyも英語の単語ですね。ドイツ語では das Traenentier  と言うようです。
das は中性名詞の定冠詞、Traenenはdie Traene女性名詞 涙 の複合名詞の場合の変化形 das Tier は 動物,とか 哀れな人 などの意味がある。複合名詞で das Traenentier となります。尚 ”ae"は本当は”a”の上に "..”が付くドイツ語文字なのですが、この書き込みでは文字化けして出せません。撥音は"tレーネンティーァ”!”tr"は
一発で発音してください。”r”が”L"に成らないように。(巻...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報