終戦時のラジオ放送での天皇の台詞(忍び難きを忍び…ってヤツ)ナンですが、正確にはなんと話しているのか知っている方が居たら、なるべく詳しく教えてもらえませんか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

原文です、高校程度の国語と漢文の素養があれば意味は明快に分かります、一般市民にも分かるよう作られた文章ですからね。



朕深く世界の大勢と帝國の現状とに鑑み非常の措置を以て時局を収拾せむと欲し茲(ここ)に忠良なる爾(なんぢ)臣民に告く
朕は帝國政府をして米英支蘇四國(支は中国、蘇は旧ソ連)に対し其の共同宣言を受諾する旨通告せしめたり
抑々帝國臣民の康寧を図り万邦共榮の楽を偕にするは皇祖皇宗の遺範にして朕の拳々(けんけん)措(お)かさる所
曩(さき)に米英二國に宣戰せる所以も亦実に帝國の自存と東亞の安定とを庶幾するに出て他國の主權を排し領土を侵すか如きは固(もと)より朕か志にあらす
然るに交戰己に四歳を閲し朕か陸海將兵の勇戰朕か百僚有司の励精朕か一億衆庶の奉公各々最善を尽せるに拘らす戰局必すしも好転せす世界の大勢亦我に利あらす
加之敵は新に残虐なる爆彈を使用して頻(しきり)に無辜を殺傷し惨害の及ふ所眞に測るへからさるに至る
而(しか)も尚交戰を継続せむか終に我か民族の滅亡を招來するのみならす延て人類の文明をも破却すへし
斯の如くは朕何を以てか億兆の赤子を保し皇祖皇宗の神霊に謝せむや是れ朕か帝國政府をして共同宣言に応せしむるに至れる所以なり
朕は帝國と共に終始東亞の解放に協力せる諸盟邦に対し遺憾の意を表せさるを得す
帝國臣民にして戰陣に死し職域に殉し非命に斃れたる者及其の遺族に想を致せは五内爲に裂く
且戰傷を負ひ災禍を蒙り家業を失ひたる者の厚生に至りては朕の深く軫念(しんねん)する所なり
惟ふに今後帝國の受くへき苦難は固より尋常にあらす
爾臣民の衷情も朕善く之を知る
然れとも朕は時運の趨く所堪へ難きを堪へ忍ひ難きを忍ひ以て万世の爲に太平を開かむと欲す
朕は茲に國體を護持し得て忠良なる爾臣民の赤誠に信倚し常に爾臣民と共に在り
若し夫れ情の激する所濫に事端を滋(しげ)くし或は同胞排擠(はいせい)互に時局を亂り爲に大道を誤り信義を世界に失ふか如きは朕最も之を戒む
宜しく擧國一家子孫相傳へ確く神州の不滅を信し任重くして道遠きを念(おも)ひ総力を將來の建設に傾け道義を篤くし志操を鞏(かた)くし誓て國體の精華を発揚し世界の進運に後れさらむことを期すへし爾臣民其れ克く朕か意を體せよ
    • good
    • 2

漫談です。



わたしの父は祖父と東京中央区で聞いたのですが、ここは放送教会があった愛宕山の電波がよくはいってハッキリ聞こえたそうです。ちなみに、ビルの一室で数人だけでした。米英シソに宣言を受諾すると言うのだから負けなんだな、と。翌日の新聞に全文載ったそうです。

母方の祖父は南方にいて孤立していたのですが(マッカーサーの攻撃ルートから外れていた)モールス信号で「重大情報」ときたので、司令部があせったそうです。このことは部隊幹部にまず知らせられ、師団軍医長だった祖父も知るところとなり、いよいよ通信科が受信し始めたら「平文だ(暗号ではない)」と叫んだそうです。すぐ文字になったものを回し読みして、中には泣き崩れる人もいたそうですが、本人は一人昼間の南国の海岸に行って、もうグラマンにも撃たれずにタバコすえるな、と最後の一本をすって、自分のあずかっている病院の患者も死なんですむか、とホッとしたそうです。
    • good
    • 2

玉音放送ですね。


http://homepage1.nifty.com/tukahara/manshu/syuse …
こちらに詳しい訳が載っております。

当時、昭和天皇が仰っていたこの玉音放送の内容を、正確に把握して聞けていた人はほとんど存在していなかったそうです。
よく資料として出てくる「玉石の庭」に伏せて放送を聴いていた人は、内容に打ちひしがれて泣いていたのではなく、昭和天皇の声を聞けたことに胸がつまり、感動していたのだと言われています。
ただし、一部の人には当時「敗戦は確実」という情報は流れていましたので、中にはこの放送が敗戦を認めたものだということを理解していた人もいたと思われます。
    • good
    • 1
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q敗戦の日を終戦記念日という理由は?

どう考えても敗戦記念日だと思うのですよ。国恥記念日でもいいですが。
終戦などという他人事のような呼びかたをするから独立国には防衛する
軍隊が必要であるという世界の常識が身につかないのだと思います。
なぜいつまでも終戦の日・終戦記念日などとよぶのでしょうか?

Aベストアンサー

 仰せのとおり歴史的事実を考えると正に敗戦ですね。終戦という語はその事実の隠蔽とも考えられてきますね。
 この言葉が最初に使われたのは、陛下の終戦の詔勅においてでしょう。
 当時、陛下も国民も決して敗戦という言葉を使いたくなかったのですね。
 そしてまだ戦えるという気持ちを持っている方もたくさん居られました。
 そういう中で、国と国民の疲弊を考え、敢えて戦争を終わらせるのだ。というご意図、お気持ちだったのでしょうね。
 今、落ち着いて事態を冷静に考えると、敗戦という事実をしっかり表したことばにするべきだと思われてきます。
 終戦にという敗戦。敗戦という終戦ですね。
 敗戦にしろ終戦にしろ、国民としてはこみ上げる万感の思いを一言では表せません。
 どちらの語にするか。
 今、長く使ってきた語をここで変更することに反対はないのですが、そこにいろんな意図が介在してきます。
 いろんな気持ちやこれからのことなどが。
 簡単に新しい用語に統一することは、今は控えたい。しかし敗戦である。
 そして陛下の意図からの終戦させたのである。その陛下のお気持ちを大事したいと存じます。

 仰せのとおり歴史的事実を考えると正に敗戦ですね。終戦という語はその事実の隠蔽とも考えられてきますね。
 この言葉が最初に使われたのは、陛下の終戦の詔勅においてでしょう。
 当時、陛下も国民も決して敗戦という言葉を使いたくなかったのですね。
 そしてまだ戦えるという気持ちを持っている方もたくさん居られました。
 そういう中で、国と国民の疲弊を考え、敢えて戦争を終わらせるのだ。というご意図、お気持ちだったのでしょうね。
 今、落ち着いて事態を冷静に考えると、敗戦という事実をしっか...続きを読む

Q昭和天皇が終戦後アメリカに処刑されていたら

昭和天皇が終戦後アメリカに処刑されていたらどうなっていましたか?

今の日本は大きく変わりましたか?

Aベストアンサー

#2同様「共産化」ですが、私の考えるストーリーは違います。
簡単に言えば、朝鮮戦争は起きず日本は共産化、または日本が分断国家になったでしょう。

まず共産化そのものを見たときに、最近ではネパールが共産主義毛沢東派が支持者を集め王政を廃止しています。その後、ネパールの内政は乱れに乱れ、ようやく最近連邦制の政府として再出発できるぐらいまで落ち着いてきたといえます。

いずれの国でも今までの制度が崩壊すると、それを新たに構築するのに時間がかかるわけです。

今の共産主義派は以前のようにバイタリティーもなくなり、ソ連の崩壊や中国の問題などもあるので支持者も昔のような夢を見ることはなくなりましたが、1945年当時はソ連が新興国として覇権を握ろうとしている時期であり、シベリアから南下した共産勢力が中国・朝鮮と侵食している時期でした。当然日本にも共産シンパは沢山おり、敗戦の年には共産党が復活し正当な党として認められています。

ですので、以下ストーリーとしては

日本はポツダム宣言受諾後敗戦を迎え、東京裁判に至った1946年の基礎は天皇も含まれ、3年の審理を尽くした上で、天皇も処刑された。

GHQとしてはその後皇太子を新天皇として即位させ、新憲法発布後に再独立させるつもりであったが、新憲法作りの手続きにおいて共産党および社会党の左派勢力によって遅延する事態が続くことになった。

同時に日本への関与を認められなかったソ連は空白地帯となった朝鮮に侵攻し、アメリカをはじめとする資本主義勢力と対決姿勢を強めはじめる。一旦アメリカと38度線で合意し停止したソ連は、日本の政治的不安に乗じて南下の意思を明確にし始め、また日本国内の左派も「天皇制がなくなった今、新日本の平時選択に共産主義がないのは不公平だ!」と反米反資本主義運動を開始する。
アメリカが日本の政治運動を強制的に排除しようとしている隙に、ソ連は38度線を越えて侵攻を始め、アメリカ軍との戦闘が起きる。

しかし、日本の左派の運動はますます大きくなり、アメリカは日本を大陸に対する橋頭堡どころかGHQの立場まであやしくなり始め、中国などの支援を受ける共産勢力側がついに日本海に到達し、同時に北海道に向かってソ連が包囲網を敷き始める。

アメリカはこのまま戦況が拡大するのを恐れソ連に「日本の復興への参加」を呼びかけ、ソ連はそれに応じつつ北海道に侵攻する。

ソ連や中国共産軍に朝鮮半島を、ソ連に北海道を抑えられてしまったアメリカ側は、38度線に変わる新しい停戦ラインをドイツに倣って北海道と本州の宗谷海峡で引くことを提案するが、ソ連側から北海道と九州の割譲を要求され、呑むことができなくなった。
そのため新たに軍事行動を起こしたソ連は北海道から本州に渡り、また朝鮮半島からは対馬を経て山陰側に兵力を輸送する目論見が明らかになってきた。

これを脅威に考えたアメリカは、東京をベルリン同様アメリカとソ連の共同統治とし、ほぼ東京を通過する36度線を停戦ラインとし、36度の南側である、埼玉県・千葉県・山梨県・岐阜県・福井県をアメリカ側それより以北をソ連側に渡し、日本海においては対馬を通る中間線を停戦ラインとして合意した。

これによりソ連は当初の目論見どおり日本海側から太平洋への通行権を確保し、アメリカと本格的な冷戦状態にはいっていくのである。

ついでに、いえば北日本には「新天皇」を称するファミリーが台頭し、36度線は21世紀になっても「冷戦の遺物」として残ることになるのである。この冷戦の遺構ツアーは36度線ツアー(DMZツアー)として人気があり、停戦合意後の話し合いの場所として旧皇居=旧江戸城の停戦合意ツアーが人気になる。

南日本は西ドイツ同様精密な工業製品を産出する国家になり、その目覚しい高度成長は新首都になった大坂の川になぞらえて「道頓堀の奇跡」とよばれるようになった。

#2同様「共産化」ですが、私の考えるストーリーは違います。
簡単に言えば、朝鮮戦争は起きず日本は共産化、または日本が分断国家になったでしょう。

まず共産化そのものを見たときに、最近ではネパールが共産主義毛沢東派が支持者を集め王政を廃止しています。その後、ネパールの内政は乱れに乱れ、ようやく最近連邦制の政府として再出発できるぐらいまで落ち着いてきたといえます。

いずれの国でも今までの制度が崩壊すると、それを新たに構築するのに時間がかかるわけです。

今の共産主義派は以前のように...続きを読む

Qなぜお盆と終戦記念日が同日なのでしょうか?

なぜお盆の中日と終戦記念日が同日なのでしょうか?

Aベストアンサー

すみません・・・先ほど同じ問題に解答したばかりなのですがこれをご覧下さい。。。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=336068

15日の[重大事項決定時における踏ん切り論]の件はあくまでも私個人の憶測です。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=336068

Q古代に刺青を入れていた可能性のある天皇は居ますか?

古代に刺青を入れていた可能性のある天皇(大王)は居ますか?
古事記には、大久米命の「黥利目」(目の周囲に施された入れ墨)を
見た時に伊須気余理比売が驚いたという記述がありますが、つまり
天皇家は刺青を入れていたという事ですか?という事は近畿の
豪族達は刺青の習慣が殆ど無かったという事でしょうか?
西の九州豪族が刺青を入れていたならば、やはり大和朝廷は九州で
成立し、近畿を征服、又は同化したという事でしょうか?では邪馬台国
があったのは当然九州という事になりますよね?

ここで疑問なのですが、神武天皇やそれ以降の天皇も刺青を入れて
いたのでしょうか?古墳時代以降に天皇は刺青をしなくなったと言う
のは本当ですか?例えば応神天皇は刺青をしていた可能性は有り
ますか?

Aベストアンサー

どうなんでしょうね…

まず確認しておきたいのは刺青といった文化が何を意味するのか?という根源的課題ですよね。現在においては「癖邪」といった思想のもと、いわゆる体外から寄り来る病などに代表される邪悪なるものを遮断するため、呪術的に施したといった理解が一般的だとは思います。

その様な中で『魏志』においても刺青をみなしていたというのですから(海人を中心に)、邪馬台国の時代の当該地域においては刺青をいれていたんだという事なんですね。
そして天皇ないし大王が刺青をしていたのか?という部分ですが、我が国では、およそ4世紀ころから徐々に刺青の風習が衰えたのではないか?といわれております。根拠としては縄文期の土偶などとの比較の中で、古墳時代(4世紀)あたりの埴輪から刺青を思わせる装飾が施されることがなくなるからなんです。これはやはり前代よりも、より組織だった社会が生まれ、癖邪に関しても組織・系統だったあり方が求められ、実行されたからこそ、刺青といった方法をとることなく、たとえば魂をつなぎ止める仕掛けとしての勾玉などの装飾品が、癖邪に対する役割を演じてきているという事なのだと思います。

ですから、いくつか散見される質問の中で「古墳時代以降に天皇は刺青をしなくなったと言うのは本当ですか?」という部分に関しては、古墳時代以降は癖邪の思想の主役が刺青から装飾品に変わってきておりますので、もちろん大王(天皇)についても、仮に刺青といった伝統があったとしても、古墳時代からは徐々に見られなくなるのでしょう。そして「応神天皇は刺青をしていた可能性は有りますか?」についてですが、応神天皇を実在の人物と仮定して、では西暦何年ごろに活躍した人物なのか?といった部分から冷静に理解を深めてゆくべきではありますよね。
『魏志』により、邪馬台国という国家の卑弥呼と呼ばれる女王が活躍したであろう年代については、およそ248年より前と仮定することが可能ですが、はたして応神天皇は何年なのか?『宋書』には420年代に遣使している「讃」が仁徳天皇か履中天皇に比定されていることから、その父あるいは祖父として活躍する応神天皇自体は4世紀後半から5世紀初頭にかけて活躍されたのでは?と予測できます。
ですから、『魏志』により指摘される刺青文化は、およそ150~200年後にいたって、どのような形で継承されてゆくのか?巨大古墳としての前方後円墳の端緒とされる箸墓古墳については、およそ3世紀初頭の建造物とされております。ですから原則的には古墳文化、特に前方後円墳の歩みと機軸を同じくしながら応神天皇につながってゆくわけですから、どのような立場に立って応神天皇という人物を理解するかにもよりますが、いわゆる「ワケ王朝」といった新王朝である。との立場にたつにせよ、刺青をしていたかについては、はなはだ疑問と言わざるを得ないかなと思いますが。

どうなんでしょうね…

まず確認しておきたいのは刺青といった文化が何を意味するのか?という根源的課題ですよね。現在においては「癖邪」といった思想のもと、いわゆる体外から寄り来る病などに代表される邪悪なるものを遮断するため、呪術的に施したといった理解が一般的だとは思います。

その様な中で『魏志』においても刺青をみなしていたというのですから(海人を中心に)、邪馬台国の時代の当該地域においては刺青をいれていたんだという事なんですね。
そして天皇ないし大王が刺青をしていたのか?という...続きを読む

Q終戦記念日(8月15日)前後の中国旅行

お盆休みに中国旅行を計画していますが、実際に終戦記念日(8月15日)前後の中国においての治安などは不安は無いのでしょうか?

Aベストアンサー

最初に言っておきますが、外国行くのに100%安全は無いと思います。

行かれる場所にもよると思います。上海・北京・香港の国際的な都市であれば問題無いと思いますが。
しかし、緊張感を緩めるのはマズイと思います。多くの中国人は日本語を理解できませんが中には、
理解できる人もいますので、レストラン等で大きな声で騒いだりすれば、トラブルのキッカケにもなります。

主だった観光地では比較的安全と思いますが、これも100%ではありません。
やはり注意すべきでしょうね。あくまで外国であり、日本では無いので。

最低限の注意をしていても、危険の余地はあるわけですから、
その辺りの理解は必要でしょうね。

終戦記念日前後は、テレビでも大々的に報道はされますので、緊張感の高まる時期でもあります。
中高齢の中国国民は新聞やテレビで情報を得ていますので、偏った報道に刺激される人も居ます。

僕は中国が好きでこの国で仕事をしています。
抗日感情に遭遇した事も度々あります。昨年は戦後60周年ということで感情的にあがっていたことも
あると思いますが…。(4月に抗日運動が全国的にありましたよね。)

観光地付近では問題無いと思いますよ。そこは彼らの収入源だし。
外国人の多い場所だしね。

ただ、気をつけるに越した事は無いと言うことです。

最初に言っておきますが、外国行くのに100%安全は無いと思います。

行かれる場所にもよると思います。上海・北京・香港の国際的な都市であれば問題無いと思いますが。
しかし、緊張感を緩めるのはマズイと思います。多くの中国人は日本語を理解できませんが中には、
理解できる人もいますので、レストラン等で大きな声で騒いだりすれば、トラブルのキッカケにもなります。

主だった観光地では比較的安全と思いますが、これも100%ではありません。
やはり注意すべきでしょうね。あくまで外国であり、日...続きを読む

Q後醍醐天皇と醍醐天皇について

後醍醐天皇も醍醐天皇も諡号だと思いますが、両者の間に相当
な歴史的間隔がありますが、後醍醐天皇の諡号が、醍醐に後をつけて
後醍醐となったのは、どのような訳で決められたのでしょういか?
ほかの後の付く天皇についても、天皇の名前に詳しい方、
よろしく、お願いします、

Aベストアンサー

http://www.toride.com/~sansui/posthumous-name/mokuji05.html

このページの「加後号」を見ますといろいろ判りますよ。

Q終戦記念日とお盆の関係

お盆は8月13日~15日のことだと理解していますが
まさにお盆である8月15日と終戦記念日が重なったのは
意図したものでしょうか、偶然でしょうか?

Aベストアンサー

  ポツダム宣言の受諾可否をめぐる御前会議は、8月9日午後2時に始まり、12時間経っても結論が出なかったと言います。
  通常の御前会議は「事前に発言者も発言内容も結論も決まった上」開かれた形式的なもので、この日はまったく異例な事です。
  鈴木貫太郎総理を除く6人の構成員は3対3で対立したままとなり、鈴木総理が天皇のご聖慮を仰いでやっと受諾が決定した。

これがなんと次の日の8月10日午前2時20分であったというから、天皇を徹夜仕事に巻き込んだ非常事態である。
最後の御前会議は8月12~14日に数十時間開かれ、14日午前10時過ぎに、やっと終戦宣言のご詔勅内容が決まったと言う。
・・・曰く、「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、以て万世の為に太平を開かんと欲す。…」

このような経過ですから恐らく「月遅れのお盆」に合わせると言うことより、連合国側に返答を迫られて15日になったと思います。


『お盆までには・・・』という気持ちが有ったかも知れませんよ・・・人は重大事を決定したり発表する為には『精神的区切り』がないと踏み切れない弱さが多いのです!


あの日は朝からよい天気で、丁度きのう今日の東京の空のように抜けるような空ときびしい暑さの元でラジオを聞いていました。

疎開先の家でラジオも無い人が多かったので、5、6家族が集まって聞いていたのですが、ラジオが古くてガーガーという雑音で
聞き取れず、皆一様に黙ったまま負けたとも勝ったとも分らず解散したことを覚えています。
それから町外れの北上川まで泳ぎに行き、帰り道に盗んだ夏の青リンゴがやたらと美味かった・・・!

次の日・・・あれはやっぱり負けたんだと言う話が広まり・・・そんなことを云うのは非国民だと言う「在郷軍人(退役者)」がいたり、
ホッとする人がいたり・・・毎年いつも天気のよい15日には思い出すのです。
月が替わって進駐軍がジープでやってきた時【敗戦】という実感が湧きました。。。

  ポツダム宣言の受諾可否をめぐる御前会議は、8月9日午後2時に始まり、12時間経っても結論が出なかったと言います。
  通常の御前会議は「事前に発言者も発言内容も結論も決まった上」開かれた形式的なもので、この日はまったく異例な事です。
  鈴木貫太郎総理を除く6人の構成員は3対3で対立したままとなり、鈴木総理が天皇のご聖慮を仰いでやっと受諾が決定した。

これがなんと次の日の8月10日午前2時20分であったというから、天皇を徹夜仕事に巻き込んだ非常事態である。
最後の御...続きを読む

Q今上天皇崩御後=平成天皇になるのか?

明治以降の天皇は崩御後 年号の名前で呼ばれています(明治天皇 大正天皇 昭和天皇と)
今上天皇も崩御のみぎりは平成天皇となる…かと思いきや 過去に桓武天皇の息子に平城天皇(読み方は へいぜいてんのうが一般的)と言うのが居ます。
もし今上天皇が平成天皇と呼ばれるようになると紛らわしくないですか?
だとしたらどちらかの名称を変更するのでしょうか?

やはり過去の平城天皇を違う名前にするとかでしょうか?


ちなみにこの人って 在原業平の父ちゃんで嵯峨天皇の兄ちゃんですか?

Aベストアンサー

> もし今上天皇が平成天皇と呼ばれるようになると紛らわしくないですか?

紛らわしくありません。だって字が違うし,音も違う。
コウケン天皇とコウゲン天皇と言う例もあるし,そのまま平成天皇と呼ばれるようになるでしょう。

> だとしたらどちらかの名称を変更するのでしょうか?
> やはり過去の平城天皇を違う名前にするとかでしょうか?

そんなことをする理由がない。

> ちなみにこの人って 在原業平の父ちゃんで嵯峨天皇の兄ちゃんですか?

違います。嵯峨天皇の兄ですが,在原業平は孫ですね。

Q終戦の日とお盆休みが重なるようになってるのはやっぱり戦死者を悼む気持ち

終戦の日とお盆休みが重なるようになってるのはやっぱり戦死者を悼む気持ちからですか? それとも全く関係ありませんか?

Aベストアンサー

お盆は古神道における先祖供養の儀式や神事を江戸幕府が庶民に強いた檀家制度により仏教式で行う事も強制し、仏教行事の「盂蘭盆」(うらぼん)が習合して現在の形が出来たとされる
お盆は13日から15日です、ただ東京などは新盆で7月13日~15日です。

なので終戦記念日は、8月15日に戦争が終わった日、お盆と同じ時期になっただけです。

Q継体ヲホド天皇は 雄略天皇の子ではないか

歴史の事実の比定を目指しているのではなく 歴史の真実を捉えられないかという目的のもとにあります。
いわば古事記のように そして古事記を基礎として読むと 物語としての歴史にとっては 継体ヲホド天皇に 関心の一つがあります。

河内ワケ政権にとっては その祖・応神ホムダワケからの悲願である全国制覇を実現するためには 三輪イリ政権を倒す(もしくは手なづける)必要がありました。

ホムダワケからおよそ百年 雄略オホハツセワカタケの頃にもなると 市辺のオシハを謀殺するといった攻勢に出て来ます。

けっきょく 雄略オホハツセや武烈ヲハツセらの世代のアマテラス一族には 跡を継ぐ子がないという状態になりました。(というよりも この状態も 雄略ワカタケが仕組んだのではないかと疑われますが 省略します)。

わづかに雄略ワカタケと后妃ワカクサカベノミコ(かのじょも その兄を殺されていますね)との間の――《子はなかりき》と書いてあるのですが―― 子を ひそかに 越前で育て 頃合いを見て 応神ホムダワケの五世の孫として 押し立てた。ワカタケは 押し立てるように大作戦を構想しておいた。

といったお話しです。
これについて 自由なお考えを 是非 おしえてくださいますか。

この虚構のみそは 継体ヲホド天皇(また 天皇ではなかったかも)以後は 市民社会が 二階建ての国家となると見るところにあります。天津神(アマテラス圏)と国津神(スサノヲ圏=市民社会)とです。

歴史の事実の比定を目指しているのではなく 歴史の真実を捉えられないかという目的のもとにあります。
いわば古事記のように そして古事記を基礎として読むと 物語としての歴史にとっては 継体ヲホド天皇に 関心の一つがあります。

河内ワケ政権にとっては その祖・応神ホムダワケからの悲願である全国制覇を実現するためには 三輪イリ政権を倒す(もしくは手なづける)必要がありました。

ホムダワケからおよそ百年 雄略オホハツセワカタケの頃にもなると 市辺のオシハを謀殺するといった攻勢に...続きを読む

Aベストアンサー

ご参考

参考URL:http://personal.okwave.jp/qa3134362.html


人気Q&Aランキング