先日、酢酸と酢酸エチルを別々の試験管にいれて、
各々の試験管に水を加えて、水より重いか軽いかを学校の実験でやりました。

酢酸と酢酸エチルは構造は似ているのになぜ
酢酸は水より重くて、酢酸エチルは水より軽いんですか??

A 回答 (2件)

> 先日、酢酸と酢酸エチルを別々の試験管にいれて、


> 各々の試験管に水を加えて、水より重いか軽いかを学校の実験でやりました。

 【酢酸は水と均一に混ざってしまう】ので,ここに書かれた方法では「酢酸が水より重いか軽いかは解らない」と思いますが・・・・

何か勘違いされていませんか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

えっ!?
そうなんですか(゜А゜)!?
じゃあ振り混ぜが甘かったのかな…

ありがとうございます!!
いろいろ調べてみます!

お礼日時:2009/05/24 13:54

酢酸の密度:1.049 g/mL


酢酸エチルの密度:0.901 g/mL
酢酸が重いと言うより、酢酸エチルが軽いと言うべきですね。
それを説明するのは余り容易ではありません。
しかし、はっきり言える事があります。
酢酸は16.6℃で結晶化することから分子間力が大きいことが分かります。その主体は水素結合です。カルボキシル基のOHの水素がカルボキシル基のカルボニル酸素と明確な水素結合を形成します。特に非極性溶媒には溶けにくく溶媒中で酢酸は二分子が会合していることが知られています。
一方酢酸エチルはほとんどの非極性溶媒と容易に相溶します。
酢酸では極性部位であったカルボキシル基のOHは無くOEtになっています。
当然水素結合はありません。凝縮力はファンデルワールス力がほとんど全てで、パッキングが弱いです。
この差が大きく表れたと言って良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

む…難しいんですね…
ありがとうございます!!

参考にさせていただきます!!

お礼日時:2009/05/24 13:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酢酸エチルの合成の実験の安全性について

学校の実験中に思ったのですが、酢酸エチルって『揮発性』と『引火性』がありますよね?

蒸留などの際、バーナーを使ってますけど、あれは安全なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

しっかりとした装置を使うことです。
・加熱にはオイルバルかウォーターバスを使用する。
・留出物はキューラーで冷却して容器で受ける。
・受容器は火源からは離しておく。
・バーナーを使うより投げ込みヒーターや、マントルヒーターを使う方がより安全です。

Q酢酸エチルに塩酸を加える

酢酸エチルに塩酸を加えたときの化学反応式を教えてください。どこを調べても全く載っていませんでした。塩酸でも水酸化ナトリウムと同じようにけん化するのでしょうか。

Aベストアンサー

反応するかどうかは濃度や温度、反応時間などに依存しますし、一部だけ反応するということもあるでしょう。
非常に常識的な判断として、酸は加水分解の触媒になりますので、酢酸エチルが水と反応して酢酸とエタノールが生じる可能性はあります。

Q酢酸と酢酸エチル

先日、酢酸と酢酸エチルを別々の試験管にいれて、
各々の試験管に水を加えて、水より重いか軽いかを学校の実験でやりました。

酢酸と酢酸エチルは構造は似ているのになぜ
酢酸は水より重くて、酢酸エチルは水より軽いんですか??

Aベストアンサー

> 先日、酢酸と酢酸エチルを別々の試験管にいれて、
> 各々の試験管に水を加えて、水より重いか軽いかを学校の実験でやりました。

 【酢酸は水と均一に混ざってしまう】ので,ここに書かれた方法では「酢酸が水より重いか軽いかは解らない」と思いますが・・・・

何か勘違いされていませんか?

Q酢酸エチルと酢酸のエキレングリコールエーテル

 化学は専門家ではないのですが、新しい仕事で知識が少し必要になって困っています。
 酢酸エチル(Ethyl acetate)は エチレングリコールエーテルとその酢酸(Ethylene glycol ether and its acetate) に含まれるのでしょうか?
 
 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Ethylene glycol ether and its acetate の訳は
「エチレングリコールエーテルとその酢酸」ではなく、
「エチレングリコールエーテルとその酢酸エステル」です。

「エチレングリコールエーテルとその酢酸エステル」は酢酸エチルとは別物なので、含まれません。

Q酢酸エチルであるとどうすればわかるか?

酢酸エチルを合成するという実験をしました。

そのさい、生成物が実際に酢酸エチルであることは、厳密にはどのようにすればわかるのでしょうか?
調べてみたら、脱脂綿に染み込ませて広告のカラー印刷を拭き取らせる、というのを見ました。
酢酸エチルには、そのようなものを溶かす性質があるということでしょうか?
また、これ以外にはどのような方法があるのでしょうか?

Aベストアンサー

> 酢酸エチルを合成するという実験

エタノールと酢酸から合成したんですよね? そして原料との区別が目的ですよね? だとすると,原料と大きく違う性質を見る必要があり,沸点での判定はできません。

> できれば本格的な分析以外で、酢酸エチルと確かめる方法

でしたら,よく冷えた飽和食塩水に注ぐというのは如何でしょうか? エタノールや酢酸は分散してしまいますが,酢酸エチルはよく冷えた飽和食塩水とは混ざらず,二層に分離します。なお,ここ数滴の緑茶をたらすと,酢酸エチルの層だけが緑色に染まり,酢酸エチルの存在をより鮮明に見ることができるでしょう。

Qステンレスにシクロヘキサン・酢酸エチル・酢酸ブチル

ステンレス性のキッチンシンクに有機溶媒(シクロヘキサン、酢酸エチル及び酢酸ブチル)の液を誤ってかけてしまった結果、かけた部分が変色してしまいました。

なんとか補修したいと考えているのですが、なにか良い方法はありますでしょうか?

カテゴリ違いなら申し訳ありません。

Aベストアンサー

それらの溶媒では決してステンレスは変化しません。
変色の原因は、その溶媒に溶けていた他の物質が残ってしまったか、ステンレス表面に付着していた有機物が取り除かれたかのいずれかでしょう。
 ということは、他の部分もその溶媒--特に酢酸エチル--でふき取ってしまうことでしょう。

Q酢酸エチルの精製で。。。

酢酸エチルの合成と精製の実験をやりました。酢酸エチルを合成した後、蒸留によって酢酸エチルと未反応のエチルアルコールを未反応の酢酸、硫酸、水から留出しました。留出液には、酢酸エチルと未反応のエチルアルコールのほかに少量の酢酸が含まれているので、留出液に炭酸ナトリウム飽和水溶液を加えてから分液ロートに入れました。
(1)授業で使った実験のプリントに「留出液には硫酸は含まれない」と書いてあったのですが、本当ですか?
(2)分液ロートの水層の水は、どこから来た水ですか?炭酸ナトリウム飽和水溶液の水と酢酸との中和によってできた水ですか?
(3)授業で使った実験プリントには、「エチルアルコールは水溶性なので、ほとんどのエチルアルコールは水に溶解し、分液ロート中で水層 (下層)に移動して、酢酸エチル(上層)と分離する」と書いてあるのですが、得られた上層液には、「水と少量のエチルアルコールも含まれる」とも書いてあります。水は水層を分液ロートから出した時にわずかに残ってしまったかもしれない水ですか?エチルアルコールは水に溶けきらなかったエチルアルコールですか?
(4)この後、得られた上層液中の水分を取り除くために、無水塩化カルシウムを加えてよく振り、沸騰石を入れて、再び蒸留します。実験のプリントには「これにより得られた最終留出物にはエチルアルコールと水は含まれていないはずである。」と書いてあります。エチルアルコールはどこへ行ったのですか?エチルアルコールと先に加えた炭酸ナトリウム飽和水溶液は何か関係はありますか?

酢酸エチルの合成と精製の実験をやりました。酢酸エチルを合成した後、蒸留によって酢酸エチルと未反応のエチルアルコールを未反応の酢酸、硫酸、水から留出しました。留出液には、酢酸エチルと未反応のエチルアルコールのほかに少量の酢酸が含まれているので、留出液に炭酸ナトリウム飽和水溶液を加えてから分液ロートに入れました。
(1)授業で使った実験のプリントに「留出液には硫酸は含まれない」と書いてあったのですが、本当ですか?
(2)分液ロートの水層の水は、どこから来た水ですか?炭酸ナトリウム飽...続きを読む

Aベストアンサー

(2)に関する補足です。
細かいことを述べるならば、水とエタノールは共沸しますので、ご質問の条件による蒸留で完全に分離することはできません。
なお、水層の量が増えたということに関しては、上記の原因ではなく、流出液に含まれていた酢酸やエタノールなどが水層に溶け込んだために量が増えたということでしょう。酢酸エチルもわずかながら水に溶けますしね。つまり、体積が増えた分は、主として酢酸やエタノールによるものでしょう。

Qエタノール、酢酸、酢酸エチルのガスクロマトグラフィーについて

実験で上記3つのものを測定したのですが、それぞれの三つのピークがどれかうまく説明できません。

今回使用した吸着剤は非極性溶媒(具体的になにかは教えてもらえませんでした。)です。

はやく表れる要素は、沸点が低いこと(溶媒にとけてもすぐ蒸発できるので)、極性分子(溶媒にとけにくいので)であることだと思っています。
そうすると沸点は
酢酸>エタノール>酢酸エチルでした。
極性は
エタノール>酢酸エチルであることまではわかったのですが、酢酸の極性の強さはよくわかりませんでした。

ここからピークを判断する方法を教えてください。

Aベストアンサー

酢酸の極性が最も大です。
>はやく表れる要素は、…、極性分子(溶媒にとけにくいので)であること
今回は関係ありません。

Q酢酸エチルはヨードホルム反応する?

学校の実験でヨードホルム反応を調べるのがあり、酢酸エチルも調べたのですが、結果がビミョーで、酢酸エチルはヨードホルム反応をするのかどうか教えてください。また、ヨードホルム反応に陰性の物質についても教えてください。

Aベストアンサー

酢酸エチルはヨードホルム反応をしませんが、
ヨードホルム反応を行う塩基性下ではエステルのケン化が起き、
分解して生成したエタノールがヨードホルム反応を示すことは考えられます。

ヨードホルム反応は学校でも学習したと思いますが、
CH3-CH(OH)-またはCH3-CO-の構造を持つ化合物について起こる反応です。

Q酢酸エチルの合成について

酢酸エチルの合成について

酢酸エチルの合成で、フラスコにエタノール、酢酸、濃硫酸、沸石を入れて水浴内で加熱還流しました。

その後、分留作業により酢酸エチルと濃硫酸、酢酸をわけました。しかし、分留が終わるとフラスコ内の溶液が薄く黄褐色になっていました。

自分の考えだと、フラスコ内には濃硫酸と酢酸しか残っていないと思うのですが、なぜ色がついたかわかりません。誰かの話では、色がつかないほうがいいと聞いたのですが、もしかしたら分留できずに残った酢酸エチルが反応に関係したのかもしれません。

同じような経験がある方、これ知っているぞという方、お願いします。わかる範囲でいいので教えてください。非常に困っています。


ちなみに、酢酸11.4ml、エタノール11.7ml、濃硫酸3.5mlです。

Aベストアンサー

専門用語で「焦げる」と言われる現象ではないでしょうか?
濃硫酸には脱水作用、酸化作用がありますが、加熱をするとそれが強くなります。
黄褐色の成分は酢酸やエタノールが脱水されてできた物質です。分子式などは
特定しにくいです。細かい遊離炭素なども含まれると思います。

もう少し低温で加熱時間を短くすると色がつかなくなるか、
薄くなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報