血管注射したとき、少し、空気が咬んだので、怖かったのですが、
どの程度までなら、大丈夫なのですか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

注射器1本分位入ると血栓の原因になると思いますが、


仁丹1~2個分ならば何もおこらないでしょう。
    • good
    • 0

10ml~15mlくらい余裕で大丈夫みたいですよ。



よく、点滴のチューブってありますよね。
あの1本分の容量が3ccくらいです。
そのチューブ1本分の空気が入っても、全然大丈夫なようです。
何センチかの空気の固まりが、近づいてくるとやばいと思いますが、実際はほんの少量なんですね。

勿論、一切入らないに越したことはありませんけど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q湿度を含む比熱比について

比熱比を調べてみると、乾いた空気の比熱比は1.4であると書いてあります。
では、湿度を含む比熱比はいくつになるのでしょう?
変わるのか変わらないのかだけでもお願いします。

参考までに、水蒸気の比熱比は1.33だそうです。

Aベストアンサー

水蒸気の空気に対する物質量の割合をαとします。

空気のモル定積比熱、モル定圧比熱は5R/2、7R/2 (比熱比=1.4)
水蒸気のモル定積比熱、モル定圧比熱は6R/2,8R/2  (比熱比=1.33)

これより
混合気体の比熱比は
<γ>=(7+8α)/(5+6α)

Q右足の親指に少し角質があって角質を切っていて少ししたら血が出てきてしばらく放置して買い物行って帰って

右足の親指に少し角質があって角質を切っていて少ししたら血が出てきてしばらく放置して買い物行って帰ってきたら靴下が半分ぐらい血が付いていて今でも動けば血が出てきて止まったら血は出てこなくなるのですが病院行ったほうがいいですか。それとも放置してても大丈夫なのでしょうか。ちがでてきた時からずっとばんそうこうは貼ってあります。

Aベストアンサー

それでいい病院は必要ない、というより行くな。
切ればますますできてくる、軽くこするくらいまでだね。

Q熱交換器の熱量と比熱の求め方

空気予熱器についていくつか質問があります。
①空気の流量10000m3N/h、空気温度が20℃から100℃まで上昇、排ガス温度が300℃から200℃まで減少するとして、あと何が分かれば交換熱量が分かりますか?
(mcΔTの式は使えないのですか?)
②空気の比熱は、0.24[kcal/kg ℃]と書いてありました。この比熱って温度によって変化しないのですか?

Aベストアンサー

空気の比熱は、温度によって、若干変化します。
0℃から100℃で、約0.24kcal/kg・Kとして良いでしょう。
200℃から300℃で、約0.25kcal/kg・K程度です。
差は、約4%です。
流量を重量流量になおすと、0℃の空気の密度を1.251kg/m3として、10000m3/h→12510kg/hとなります。
空気側の加熱量=12510×0.24×(100-20)=240192kcal/h
これが、交換熱量になります。
排ガスの重量流量=240192/(0.25×(300-200))≒9608kg/hとなります。

Q動脈硬化した血管は治らないのか

動脈硬化した血管は治らないのか

Aベストアンサー

中々治らない、進行を止めるのが現代医学の限界。

Q比熱比とは

自動車のエンジンに関する本を読んでいて、EGRというものがでてきました。そこで、排気ガスを混ぜることによって比熱比が上がり、燃料消費率が低下すると書いてあったのですが、比熱比というのがよくわからなくて困っています。比熱比とはいったいどういったものなのでしょうか。
オットーサイクルの熱効率の式から、比熱比が上がると効率がよくなることはわかったのですが、排気ガスの主成分であるCO2の比熱比を調べると1.301となっており、空気の1.402に比べると逆に低くなってしまうように思われるのですが、なぜ比熱比が上がるのでしょうか。実際のエンジンの混合気の比熱比とはどのぐらいになっているのでしょうか。
長くなってしまって申し訳ありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>定圧比熱は同じ物質であっても温度によって変わる(Cpは温度が上がると上がる)と本に書いてあったのですが、定容比熱及び、比熱比もやはり変わるのでしょうか。もし変わるのであればどのように変わるのか(上がるのか下がるのか)教えていただけないでしょうか。

すごい学習意欲ですね。驚きました。すばらしいです。
定圧比熱、定容比熱ともに温度の関数です。したがって比熱比も温度の関数です。また、定圧比熱は温度が上がると値は増加します。定容比熱については忘れました(たぶん増加していると思います)。

物性値のテーブルが「流体の熱物性値集」日本機械学会(1983)に
載っていたと思います。
(学生さんでしたら大学の図書室にあるかもしれません)

私が大学生のときは空気の物性を温度の関数として与える式
を用いて研究してました。便利ですよ。

Q変形性膝関節症ヒアルロン酸注射

56歳男性です9月の初め膝が痛くなり整形外科を受診レントゲン撮影したら変形性膝関節症。
と診断されました、服用する痛み止めと、鎮痛消炎剤固形軟膏を処方されました。
先日1週間ぐらいたってもう一度診察してもらったらヒアルロン酸注射をしましょうか
と言われました、ヒアルロン酸注射は保険適用で1本の金額は、両膝ですので2本注射
でしょうか、ヒアルロン酸注射は直ぐすべきでしょうか、運動療法は欠かさず毎日しています。
運動療法をしながら膝の様子を見たのが良いのでしょうか、
今のところ膝に痛みはありませんが膝を曲げると時々膝からぽくぽくとかこきこきとか音がします。

Aベストアンサー

ヒアルロン酸注射剤は、国内では中外のスベニールと帝人ファーマの
サイビクスがあります。相性があって即効で効く方と副作用の痛みが
出る場合があると聞いています。また継続しての注射が必要になりますので、
よく主治医の方と相談されるのが良いと思います。
即効の方は痛みと違和感が消えて快適だそうですが、副作用の痛みはまた別の
痛みとして感じられるそうですので。

Q定積モル比熱の使い方が分かりません.

定積モル比熱の使い方が分かりません.
「1気圧,体積5L,温度300Kの空気を2000Jの仕事を加えて急激に圧縮した.温度は何度上昇するか?ただし,空気は理想気体とみなし,定積モル比熱を21J/(mol*K)とする.」
という問題が分かりません.
まず理想気体の状態方程式より,物質量は0.203mol.
答えには470℃とあります.
これは21*0.203*ΔT=2000より求まるΔTと一致します.
ですが,圧縮したのに定積モル比熱が使えるのですか?
どうすれば答えが出ますか?

Aベストアンサー

1さんの回答でいいのですが、少し補足です。

>圧縮したのに定積モル比熱が使えるのですか?

ご質問のとおり本当はだめです。

ですが、理想気体の場合、内部エネルギーが温度のみで決まり体積に依存しないという性質があるために、内部エネルギーの変化は体積変化の有無に関らずいつでも

ΔU = n cv ΔT

と書くことができます。比熱も定数です。なので、この問題の場合では、

>これは21*0.203*ΔT=2000より求まるΔTと一致します.

これでOKになります。

Q怪我をしたときでる血の血管は動脈?静脈?

単純な質問なんですが、怪我をしたときでる血は動脈由来のものなのでしょうか?もしくは静脈由来のものなのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

思い出したので補足しますが、注射や採血などで使われる注射器。
これは基本的に静脈にしか打ってはいかないことになっています。
理由は他の回答者さんの通りで、動脈に傷を付けるということは
大変な事だからなんですね。点滴などもそうでしょう。
看護士さんが採血をする時に、肘の内側を手で触って血管を
見つけますが、静脈を探しているんだそうです。
肘の内側には、心拍の脈を取れる動脈がありますが、ここには決して
刺したりはしないのだそうです。

とにかく、血が大量に噴き出るような怪我というのは、事故などで
とても深い傷を負った時などです。失血死などがこれにあたります。
動脈を損傷したような深い傷を負った場合、その部分よりも心臓に近い
場所を縛り上げて止めるというのが応急処置の仕方ですので
覚えておいて損は無いと思います。

Q気体の比熱について

仕事の関係で、ある排ガスの比熱を求めたいのですが計算の方法が分かりません。(排ガスの成分は検査可能です。)1m3の空気を1℃上昇させるのに必要な熱量は0.3kcalとのことですが、気体の組成が変われば比熱は変化するのでしょうか。同体積中の気体中に含まれる分子数に比例するのでしょうか。

Aベストアンサー

比熱は分子の形状によって異なるはずです。
1原子分子(希ガス)の定積モル比熱は(3/2)RT、定圧モル比熱は(5/2)RT
等核2原子分子(酸素、窒素など)の定積モル比熱は(5/2)RT、定圧モル比熱は(7/2)RT
・・・のように。
複雑な分子ほど比熱が大きくなると思ってよいと思います。したがって、気体の組成が変われば比熱は変わるということになります。

同温、同体積中の気体に含まれる分子数は、理想的には、気体の種類によらず一定です。

Q外から見える血管の位置は?怪我したら?

良く手や足の甲に浮き出ている血管の位置は、
皮膚の下何ミリぐらいなのでしょうか?
もしもそこを傷つけてしまったら、血は結構出てくるのでしょうか?

先月割とぴったりしたパンプスを履いて走ったら、
右足の親指の付け根の骨の部分に半径1センチほどの見事な靴擦れが出来てしまいました。
皮がきれいさっぱり無く、0.5ミリ~1ミリくらいのクレーターと共にピンクのお肉が見えておりました。
それは綺麗な靴擦れで逆に吃驚しました(笑)

私の足の親指の付け根には3本くらいの血管が浮き出ています。
運よく(?)靴擦れはその血管と血管の間にできていたので、
そこまで出血はしておりません。
しかしもし靴擦れが血管のところに出来ていたとしたら、
どれぐらい血が出たのかなと不思議に思いました。

ご存知の方、回答お願いします

Aベストアンサー

浅いところに見えてる血管は静脈なので、切れたところで噴き出すような出血はありません。

また、表面にふれて骨がぐりぐりするような場所に太い静脈はめったにありませんし、動脈ならなおさらです。

先の方もおっしゃてますが血管はすごく逃げ回ります。


切れたら危険な、血管(動脈)のうち一番浅いのが、手首にある動脈です。およそ10ミリ程度のところにあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報