いつもお世話になっております。
この度、危険物取扱主任者の資格取得に関してお聞きしたいことがあり、質問させていただきました。

現在、危険物 乙4類・乙6類を取得しており、最終的には全ての資格を取りたいと思っております。

そこで次回の試験でまだ取得していない1類、2類、3類、5類のどれかを取得しようと思っているのですが、合格率、勉強しやすさ、取得しやすさも含めて考えるとどれがいいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

勉強のし易さでいえば2類、3類でしょう。

なにせ登場する物質の数
が少なく、しかも取得済みでいらっしゃる6類のような他と一線を隔
す難問は出にくいからです。1、5類はそれらに比べるとやや、品目
が多く、似た名前の品が多いので、引っ掛け問題が出易く、勉強した
時間の割には点が取れないことがある、1~2つ位はテキストや問題
集で見たことのない物質が大概出てくる等、難易度が上ります。とは
いえ、取得済みの乙4&乙6よりは、いずれも簡単な可能性が高いの
で、気楽に受験できると思いますよ。まあ、乙1と乙6を一緒に受け
るのも性質が共通するので(酸化性物資)王道ではあるのですが、乙
6はすでに取得していらっしゃるので・・

 経験的には、乙4>乙6>乙1>乙5>乙3>乙2だと思います。
    • good
    • 0

すみません。

訂正です。数年前でなく、先月変わったのでした。
乙四は誰でも持ってますが、甲種は差が付くと思いますよ。
    • good
    • 0

乙四しか持って無い者ですし、質問の趣旨と外れますが参考まで。


数年前に試験制度が変わり、甲種の受験資格が追加されました。学歴が無くても受験可能です。
乙種全部取るよりも甲種の方が、類に関係なく業務経験が生かせるので有利だと思います。
質問者に実務経験が2年以上あるのでしたら、即資格があります。
もしくは、四、六類を取得済みなので、三、五類を取れば受験資格ができます。
私は化学系出身ではないので諦めていたのですが、子育てが一段落付いたらこの道でチャレンジしてみようかなと思ってます。

余談ですが、今受験資格見てたら、資格に興味の無い妻は甲種受験資格があることが判明。世の中上手くいかないものです(笑)

参考URL:http://www.shoubo-shiken.or.jp/kikenbutsu/qualif …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q危険物乙4試験に貼る写真について

6月に危険物乙4を受けるのですが、受験票に貼る写真の裏側に撮影年月日、氏名、年齢を書かなければいけません。

その年齢なのですが、受験日当日の年齢を書くべきでしょうか?それとも願書申請日の年齢を書くべきでしょうか?

願書申し込み期限と受験票送付の間に誕生日を迎えるのでどちらを書くべきか迷っています。わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般に、年齢は願書提出時の年齢にします。
危険物取扱者免状には生年月日が記載されますので、いずれにしても致命的なことはありません。

Q危険物取扱資格’乙種 第4類’取得するには

11月に危険物取扱資格’乙種 第4類’を受験したいと考えています。そこで何かお勧めのテキストはありませんか?また実際に受験された感想等聞かせて下さい。宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

参考になったテキストは講習会のテキストが一番でした。前に知り合いが受けて合格したことがあり、そのテキストを借りて勉強しました。解説と問題がセットになっているテキストでした。

計算が主となる問題傾向と割と解説を求められる問題が出題されることがありますので、万遍なく取り組まれた方がいいと思います。といっても計算問題は1問だけですが・・・

すでに調べられたかと思いますが、出題はマークシート方式で試験時間は2時間。出題される問題自体が少ないので、2時間かからないと思います。開始30分で退出することができたと思います。合否はその日のうちに電光掲示板(私の場合は調子が悪かったそうで、普通に紙に合格した番号が記載されていました)で光った番号の人は教室に残り、後の人は退出するので、明暗が分かれます。

受験される方は結構多いです。(女性もチラホラ)その日の問題傾向によりますが、多い時は合格率6割、悪い時は3割くらいだったこともあるそうです。平均は4割くらいでしょうか。

取得したのは4年くらい前なので、傾向が変わっているかもしれません。

合格した時は気持ちいいですよ。
思わず「ヨッシャ!」って言っちゃいましたから。汗
参考になったかどうか、わかりませんが、
頑張って下さい!

参考になったテキストは講習会のテキストが一番でした。前に知り合いが受けて合格したことがあり、そのテキストを借りて勉強しました。解説と問題がセットになっているテキストでした。

計算が主となる問題傾向と割と解説を求められる問題が出題されることがありますので、万遍なく取り組まれた方がいいと思います。といっても計算問題は1問だけですが・・・

すでに調べられたかと思いますが、出題はマークシート方式で試験時間は2時間。出題される問題自体が少ないので、2時間かからないと思います。開...続きを読む

Q少量危険物の取扱い届出について

ディーゼル発電機を構内に設置するとします。軽油の場合200リットルを超えると(1000リットルの5分の1)少量危険物貯蔵取扱届出書を出さなければならないとあります。そこで以下の質問です。
(1)発電機の燃料タンク容量が100リットルでこれが5台あったとしたら少量危険物の取扱い届けが必要ですか?
(2)発電機の燃料タンク容量が250リットルの場合少量危険物の取扱い届けが必要ですか?
(3)構内で発電機を移動した場合、届けを書き換えなければならないのでしょうか?
(4)届出を済ませた後、消防による現地検査等はあるのでしょうか?
以上、何かご存知の方、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

>消防法には24hでの使用量と明記されているのでしょう
 か?

これまでの経験からです。
消防法に書いてあるかは分かりません。

空調機器や温水洗浄機を設置したり、販売した時に消防署に計算書を提出しましたが、24時間計算で提出し受理してもらいました。
これは意図を超えて、連続運転してしまった場合の最大量として計算するわけですが、2・3日間気づかずに連続運転したりとかすることもあるわけで、なぜ24時間なのかは分かりません。

それとその計算式には負荷率をかけるべきで、その点が
間違ってました。
通常は60%を掛けます。
ですから、数式は50×24×0.6となり、720Lとなります。


私が言いたかったのはむやみに少量危険物施設にしない方がいいですよ、ということです。
貯蔵所だけならまだ楽ですが、取扱い所になってしまうと、電源は防爆仕様、屋根は吹き飛ぶ構造にするなど
お金もかかりますし、第一やっかいです。
小規模の施設であるなら、ポリタンクで必要量をいれるなどして、少量危険物未満にしておいた方がよいと思います。(それなら火災予防条例だけしか該当しません。
火を使うときは可燃物をそばに置かないなど当たり前のことしか書いてない。)

それと貯蔵所の場合、タンクの下には防油堤が必要です。たしかタンク容量の1.5倍です。

#1です。

>消防法には24hでの使用量と明記されているのでしょう
 か?

これまでの経験からです。
消防法に書いてあるかは分かりません。

空調機器や温水洗浄機を設置したり、販売した時に消防署に計算書を提出しましたが、24時間計算で提出し受理してもらいました。
これは意図を超えて、連続運転してしまった場合の最大量として計算するわけですが、2・3日間気づかずに連続運転したりとかすることもあるわけで、なぜ24時間なのかは分かりません。

それとその計算式には負荷率をかけるべきで、...続きを読む

Q乙種第4類危険物取扱主任者と乙種第4類消防設備士について

乙種第4類危険物取扱主任者と乙種第4類消防設備士について

お願い致します。
乙種第4類危険物取扱主任者と乙種第4類消防設備士について教えてください。
この2つの資格取得を目指すには訓練学校などの講習会に参加してほうが良いのでしょうか?
それとも、参考書を購入して独学で勉強すれば取得できるような資格なのでしょうか?

実際に取得されている方、どのようにして取得したのか教えてください。

お願い致します。

Aベストアンサー

電気工事士の資格をめざすとの事ですので、一言。

消防設備士の資格に目を付けられたということは、ある程度そういったお仕事に着かれているのだと思います。

ただ、電気工事士の資格試験のレベルは、
消防設備士や危険物の資格試験のレベルと比べると、明らかに1~2ランクは難易度が上がります。
何より、実技試験があります。講習を数日受けた程度ではとても無理です。
試験は大体7~9月くらいなので、特に、実技の結線作業や配管加工の勉強と、
筆記試験の三相交流に関しての勉強と、法律に関しての勉強をみっちりして下さい。
実技試験では、結線したケーブルの被覆の剥き痕のキズ、結線部分の巻数、結線間隔、
強度までチェックされます。

一年近く頑張れば合格可能かと思います。
合格めざしてがんばって下さい。

Q少量危険物格納庫の保管する危険物を調べています。

少量危険物格納庫の保管する危険物を調べています。
消防法に定められている第一類から第六類の危険物以外の物・・・
例えば、殺虫剤やガラスクリーナーなどの高圧ガスを含むスプレーは
少量危険物格納庫に保管しなければならないのでしょうか?

危険物の定義が法律により色々あって困っています。

ご存知の方がおられましたら、回答をお願いします。

Aベストアンサー

危険物に関しては消防法、高圧ガスに関しては高圧ガス取締法ですから、危険物とは無関係です。
高圧月取締法に規定された場所に保管すべきです。

Q乙種第4類危険物取扱者の資格取得方法について

乙種第4類危険物取扱者の資格を取るように会社から煽られています。
そんなに難しい試験ではないと聞いていますが、化学アレルギーの私には不合格したときに大恥をかくことばかり考えて、なかなか踏み込めません。
最終学歴は大学の機械工学科を卒業しましたが、今となっては13年も前の話です。
と、ごちゃごちゃ言ってても始まりませんので、皆様からのあたたかいご意見を参考にさせていただきながら、次回試験(来年二月)に向けて頑張ってみようと思います。
推奨の参考書、問題集、勉強方法、「合格」の目標を達成するための具体的な手段を教えてください。
謙遜ではなく、特に化学は大ッ嫌いなんです。
勉強も大ッ嫌いです。。。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の経験ですけど。
消防試験研究センターの出している教科書(なるべく最新版)と問題集を買われる事をお薦めします。
教習所の問題とよく似て、ひっかけ問題が有りますのでその傾向を知っておいた方が良いですよ。
可能でしたら、東京都(笹塚)に有る中央試験センターで受験されると、実施回数が多く結果が早く出ます。
また教科書、問題集もここで買えますよ。

Q危険物保安統括管理者の定期点検

危険物取扱者乙種4類の勉強をしていますが、法令が複雑で良く分かりませんのでお聞きします。

危険物保安統括管理者の業務ですが、
危険物施設保安員を置かない製造所等では定期点検をすることになっています。

一方定期点検は、調べた範囲では、
危険物取扱者や危険物施設保安員でない限り、有資格者による立会無しでは実施できないように見えました。

ということは、
危険物保安統括管理者が危険物取扱者でない場合、
危険物施設保安員としても選任(兼任)しておかない限り(まあ、すればいいのでしょうけど)、
定期点検を実施するには有資格者による立会が必要になる、ということでしょうか?
それとも法令のどこかに、
危険物保安統括管理者も危険物施設保安員同様、定期点検できる、とあるのでしょうか?

Aベストアンサー

> 危険物保安統括管理者
例えば↓の「意義」の所を読んだ時、この任に当たる方は、一般的に誰なのかイメージできていますか?
 http://otu4.mayap.net/hourei/hourei7.htm
近々、私の勤め先では現在この任に当たっている「(元)常務」が退職するので、後任には営業所を管理監督している「営業部部長(兼 営業所所長)」または危険物施設の鍵を管理している「業務課課長」のどちらかを充てる心算です。
つまり、その危険物施設が存在する事務所・事業所でそれなりに管理する権限があるものが任じられるのが通常だと思います。

> 定期点検を実施するには有資格者による立会が必要になる、ということでしょうか?
確かに、有資格者の立会いの下で危険物取扱者の資格を持たない「危険物保安統括管理者」が定期点検をすれば良いのですが・・・有資格者に対して点検を行うように命令すればよいですし、言うまでも無く、危険物施設に有資格者が1名も存在しない状態では許可が取り消されてしまいます。
その為にも『その危険物施設が存在する事務所・事業所でそれなりに管理する権限があるものが任じるのが通常』と言う考えに至る訳です。
 http://www.city.osaka.lg.jp/shobo/page/0000225908.html
 http://www.mantannet.com/pdf/periodic_check.pdf

> 危険物保安統括管理者
例えば↓の「意義」の所を読んだ時、この任に当たる方は、一般的に誰なのかイメージできていますか?
 http://otu4.mayap.net/hourei/hourei7.htm
近々、私の勤め先では現在この任に当たっている「(元)常務」が退職するので、後任には営業所を管理監督している「営業部部長(兼 営業所所長)」または危険物施設の鍵を管理している「業務課課長」のどちらかを充てる心算です。
つまり、その危険物施設が存在する事務所・事業所でそれなりに管理する権限があるものが任じられるのが通常だ...続きを読む

Q危険物取扱者の乙種第4類(乙4)

危険物取扱者の乙種第4類を受験する高校生です。

そこで質問です。

乙4の試験を受け、合格した人に聞きたいのですが
どのような勉強をして合格しましたか?

また、どのような参考書を使いましたか?
オススメの参考書などがあれば教えて下さい。

いろいろとアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

テキストは何でも良いのでご自身に合ってそうなものを。

問題集はいわゆる「例題集」でしょう。
参考URLの財団法人 全国危険物安全協会さんの「危険物取扱者試験例題集 乙種第4類」

参考URL:http://www.zenkikyo.or.jp/text/siken.html

QLPGガスって危険物扱い?

LPGガスって危険物扱い?

エアゾールにLPGガスが入っている商品は全て危険物扱いになりますか?中には危険物にはならないような商品も見かけます。。。LPG自体は危険物ではないのでしょうか?
危険物の場合は消防法にかかってきますよね?倉庫の保管や、輸送で届出も必要になるのでしょうか?
わからないので教えてください。

Aベストアンサー

あくまでも消防法では・・・と言うことです。

法令というのは守ればいいと言う物じゃなく、最低限の厳守義務と思っている位が良いと思います。

たとえば、爆発の危険性のあるエアゾール管などは注意事項に「○○度以下」といった保管上限温度などが記載されていると思いますが、これについても、絶対ではありませんので御家庭で保管するのであれば、常識の範囲、自分や家族を危険にさらさない範囲で保管なされば良いと思います。
(容器も古くなると劣化するので、40℃以上になる倉庫などには保管なさらない方が良いと思います)

Q危険物取扱者・乙種第4類の資格を取りたい。

この資格に関して、全くの初心者です。
過去の質問も読ませて頂きましたが、よく
わからない面があります。

1、お薦めの参考書・問題集を教えて下さい。
2、効率的な勉強方法はありますでしょうか。
3、試験日の十日程前に、危険物取扱者試験準備講習会
  なるものがあります。受けたほうがいいでしょうか。
4、参考になりそうなサイトがありましたら、何でも
  いいですので、是非教えて下さい。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。


>1、お薦めの参考書・問題集を教えて下さい。

 私は成美堂出版の問題集で勉強しました。とても良くできた問題集だと思います。
 参考書は相性があるかと思いますので、書店にてご自分で選ばれるのがよろしいかと存じます。


>2、効率的な勉強方法はありますでしょうか。

 短期決戦をお考えでしたら、参考書で勉強して問題集を解きまくるのが良いと思います。


>3、試験日の十日程前に、危険物取扱者試験準備講習会なるものがあります。受けたほうがいいでしょうか。

 私は講習を受けておりませんので詳細はわかりかねますが、私の知人は独学受験で3~4回落ち続けましたが、講習を受けたことにより無事合格できました。参考までに。


>4、参考になりそうなサイトがありましたら、何でもいいですので、是非教えて下さい。

 消防試験研究センター
http://www.shoubo-shiken.or.jp/

 乙四サイト。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4801/
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4827/index2.html
http://www1.interq.or.jp/~hiromi-n/mm2/index.html
http://www.chem-station.com/kikenbtsu.htm
http://www.ojyuken.com/k/k.html
http://www2b.biglobe.ne.jp/~murasho/lice/

 乙四メルマガ。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4827/merumaga/merumaga.html


 応援します! がんばってください!!

 こんばんは。


>1、お薦めの参考書・問題集を教えて下さい。

 私は成美堂出版の問題集で勉強しました。とても良くできた問題集だと思います。
 参考書は相性があるかと思いますので、書店にてご自分で選ばれるのがよろしいかと存じます。


>2、効率的な勉強方法はありますでしょうか。

 短期決戦をお考えでしたら、参考書で勉強して問題集を解きまくるのが良いと思います。


>3、試験日の十日程前に、危険物取扱者試験準備講習会なるものがあります。受けたほうがいいでしょうか。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報