弥生会計で、繰越をしました。前年度のデータが見れません。前年度のデータがみたいときはどうすればいいでしょうか?

A 回答 (1件)

データフォルダの前年度のデータをダブルクリックすれば(警告は出ると思いますが)見られたはずです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんやかんやいじくってたら、自分でできました。

回答がめっちゃくちゃはやかったのでうれしかったです。
ありがとう。

お礼日時:2009/05/26 16:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弥生会計プロフェッショナルとスタンダードの違いを教えて下さい。

弥生会計プロフェッショナルとスタンダードの違いを教えて下さい。

どちらを購入すべきか迷っています。

今は、税理士に任せていますが、自分でやる予定です。

卸売業の法人会社で、従業員10人です。
月次決済書も必要です。
併せて、給与ソフトも検討中で、弥生給与を候補にしています。

できましたら、こちらも併せてアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

弥生会計プロフェッショナルとスタンダードの違いは、HPによるとほぼ下記のようになっています。

プロフェッショナルにあってスタンダードにない機能
1.キャッシュフロー計算書
2.法人事業概況書
3.勘定科目内訳書
4.経営分析
5.予算管理
6.資金繰り管理
7.部門管理
8.仕訳/伝票承認

基本的な違いは「7.部門管理」です。もし、部門別損益の把握が必要ならプロフェッショナルが必須です。
「2.法人事業概況書」、「3.勘定科目内訳書」は、税理士に頼らず自社で申告書まで作成されるのなら重宝でしょう。
「8.仕訳/伝票承認」は、経営者の考え方次第ですが、小企業ではあまり必要性はないと思われます。
その他の機能は、データを表計算にエクスポートして表計算で対応可能と思われます。

月次決算書という特別なメニューはありませんが、残高試算表の日付指定で月次、年次どのようにも出力可能です。

なお、弥生給与については軽く触ってみた程度でコメントする力がありません。しかし、給与ソフトは社会保険料や源泉所得税等頻繁に変わるので基本的に保守契約をしていないと使い物になりません。この保守料を含めて十分検討されることが必要です。

以上ご参考まで。

弥生会計プロフェッショナルとスタンダードの違いは、HPによるとほぼ下記のようになっています。

プロフェッショナルにあってスタンダードにない機能
1.キャッシュフロー計算書
2.法人事業概況書
3.勘定科目内訳書
4.経営分析
5.予算管理
6.資金繰り管理
7.部門管理
8.仕訳/伝票承認

基本的な違いは「7.部門管理」です。もし、部門別損益の把握が必要ならプロフェッショナルが必須です。
「2.法人事業概況書」、「3.勘定科目内訳書」は、税理士に頼らず自社で申告書まで作成されるのなら重宝でしょう。
「8.仕訳...続きを読む

Q弥生会計|前年度(過年度)の会計データを新規作成

去年の12月より事業を開始しました。最近弥生会計を導入し、平成21年度よりデータを入力していましたが、今回の確定申告で昨年の12月の分を入力しなければいけない事に気がついたのですが、弥生会計の会計データをさかのぼって新規作成する事はできるのでしょうか?

前年度の会計データは存在していないので、「事業所データ」の「年度切替」は押す事ができません。
ご存知の方ご教授ください。

Aベストアンサー

データの新規作成で20年度分のデータを作成すればよいです。
但し、そのデータは繰越処理をしても現在のデータには連動しません。
繰越処理後、再び21年分のデータを入力するか、現在(21年分)の期首データを修正するかのどちらかになります。

Q弥生販売04スタンダードを購入後、やっぱりプロフェッショナルの方が欲しかった場合

先日、弥生販売04スタンダードを購入し、ユーザー登録を
完了しました。
知り合いの零細企業の頼みで、会計・経理関係全くわからないけど、PCがまぁまぁ使える私が
今まで使っている超年代物のPCから新しい今ドキのPCに移行を頼まれました。

売上伝票楽に出したい、集計を気軽に見たい。
仕入れはちょっとしかない。特に仕入れは、将来増える見込みはない。その都度だ、という言葉を鵜呑みにし
スタンダードを選び、名簿等のデーターを家で全部入力し
会社に出向いて、売り掛け残高等を入力。
しかし、データーを見てみると、仕入れも結構あり、
冷や汗が出てきました。
正直、この会社は何年後かに辞める(閉鎖)予定なので
侮っていたというのがありました。
(この辺の認識の甘さの厳しさの叱責は覚悟しております)

今使っている弥生販売スタンダードをプロフェッショナルにバージョンアップさせる事を考えましたが
そういうものは、発売してない様子で(見つけられないだけかも)
今のスタンダードの転売も考えましたが
既にユーザー登録済みです。
かといって、買いかえるにも相当の出費が(;;)
仕入れの管理をどうしようか悩んでいます。
そんなに予算もなく、私もフルタイムでの本業もあり
時間もあまりありません。妙案宜しくお願いします。

先日、弥生販売04スタンダードを購入し、ユーザー登録を
完了しました。
知り合いの零細企業の頼みで、会計・経理関係全くわからないけど、PCがまぁまぁ使える私が
今まで使っている超年代物のPCから新しい今ドキのPCに移行を頼まれました。

売上伝票楽に出したい、集計を気軽に見たい。
仕入れはちょっとしかない。特に仕入れは、将来増える見込みはない。その都度だ、という言葉を鵜呑みにし
スタンダードを選び、名簿等のデーターを家で全部入力し
会社に出向いて、売り掛け残高等を入力。
しかし...続きを読む

Aベストアンサー

私はよくバージョンアップとかアップグレードをし忘れるのですが、カスタマーセンターに電話をするとすぐ状況に応じた手続きをしてもらえますよ。
バージョンアップになると思いますので、それほど高額にはならないと思いますよ。

業務用ソフトのサービスセンターは何処でも(私の知る限りバージョンアップとかアップグレードの時は)親切です。

Q弥生会計の繰越

弥生会計を昨年始めて使いまして始めての繰越処理をしたら、元入金が
-200000ぐらいになってしまいました。前期は、赤字で損益をだしています。これで大丈夫なのでしょうか?また元入金の計算はどのようにされてぃるのか教えてください。

Aベストアンサー

弥生会計に限らず、個人事業の帳簿の年度繰越はつぎのように行われます。

繰越後の元入金=繰越前の元入金+前年分の青色申告控除前の利益(赤字の場合はマイナス)-事業主貸+事業主借
(赤字の場合や事業主貸が大きい場合は元入金がマイナスになることもあります。)

事業主貸、事業主借および損益科目はすべてゼロとして繰り越されます。

繰越後の前期繰越の合計が貸借バランスしていれば間違いありません。

QVisioのプロフェッショナルとスタンダードの違いは?

値段が、倍近く違いますが、性能の格差も、それだけあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こちらをご覧下さい。
http://www.microsoft.com/japan/office/visio/prodinfo/editions.mspx

私は Visio 2002 を使っていますが、Visio 2002 Standard でできた機能が Visio 2003 Standard ではカットされて Professional に移ったりしてますね。
企業用と一般用との機能差をよりいっそう強めた感じです。

Q弥生会計の前期繰越利益剰余金の表示について

 弥生会計06プロフェショナルを購入しました。
 導入ウィザードで入力した数値は 開始時の現金預金残高、売掛金残高、買掛金残高です。この時点で科目残高合計表を出してみました。
すると入力していないはずの前期繰越利益欄に数値が入っていて、科目残高入力に戻ってみるとやはり当方の前期決算書にはない数値が自動的に挿入されていました。
 訂正しようと思いましたが、前期繰越利益欄はアクティブになりませんので訂正は出来ません。
 前期繰越利益欄に決算書通りの数値を入力するにはどうしたらよいでしょうか?
 当方の環境はWindows XP PRO SP2 CPUはAMD1.8 MEMは768です。
 宜しく御願い致します。
 

Aベストアンサー

弥生会計は残高入力を全て終わってから「貸借バランス(だったかな?)」をクリックすると自動的に「前期繰越利益」が計算されるようになっています。なので一度全ての(前期繰越利益以外の)項目を入れてみてください。

Q弥生会計07と14 操作画面その他の違いについて

現在弥生会計プロフェッショナル07を使って自営業の青色申告を行っています。

簿記などの知識はほとんど無く、どうにかネットで勉強して今使っているソフトでの仕訳や家事按分、減価償却は行えている...といったレベルです。

もう6年近くこのソフトで処理をして来たのですが、最近弥生会計のHPでバージョンが14まで上がっていることを知り、そろそろ買い換えないと申告時になにかトラブルにならないかと心配になって来ました。

ようやく使い慣れてきたところなので何か不都合が無ければしばらくこのまま使い続けたいのですが、問題はあるでしょうか?


また現在のバージョン14にはスタンダードとプロフェッショナルがあるようですが、私のようなユーザーにはどちらが良いのかも併せて教えていただけると助かります。

私の事業所設定は

自営業(業種はサービス業)

消費税は1000万以下の売り上げのため非課税対象としています

事業所得のみの申告

です。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

結論から言えばそのまま使えます。

ただし、所得税の確定申告書Bの作成にはこの弥生会計を使わない前提です。
というのは、所得税の確定申告書は毎年内容が変わり、それに合わせてソフトも改訂されるので、弥生会計07では最初の1年間しか使えないはずで、その後は弥生会計以外の方法で確定申告書を作成されているはずですから。

消費税の税抜機能については、免税事業者ですから使いませんし、減価償却については平成19年4月から新定額法、新定率法(250%定率法)に変わりましたが、弥生会計07ならこれに対応しているはずです。その後250%定率法が200%定率法に変わりましたが、個人事業では原則定額法ですから、これも関係ないと思います。

というわけで、試算表、仕訳帳、総勘定元帳、補助元帳までを出力する普通の会計処理であれば、弥生会計07で何の不自由もありません。

ちなみに、「弥生会計for Windows95/NT」を現役で使っているユーザーもおられます。

なお、スタンダードとプロフェッショナルの違いは、部門管理機能、経営分析機能、キャッシュフローがプロフェッショナルにしかなく、スタンダードにはないことです。

個人事業でも、店舗別の損益を把握するような場合には部門が必要ですが、今まで不自由を感じておられないのなら特に必要はないのではないでしょうか。
経営分析機能、キャッシュフローはぜひということならデータをExcelにエクスポートすれば好きなように作ることができます。
というわけで、プロフェッショナルにする必要はないと思います。

結論から言えばそのまま使えます。

ただし、所得税の確定申告書Bの作成にはこの弥生会計を使わない前提です。
というのは、所得税の確定申告書は毎年内容が変わり、それに合わせてソフトも改訂されるので、弥生会計07では最初の1年間しか使えないはずで、その後は弥生会計以外の方法で確定申告書を作成されているはずですから。

消費税の税抜機能については、免税事業者ですから使いませんし、減価償却については平成19年4月から新定額法、新定率法(250%定率法)に変わりましたが、弥生会計07ならこれに対応して...続きを読む

Q弥生会計06 次年度への繰越処理

弥生会計06スタンダードで、次年度への繰越処理を行ったのですが、
うまくいきません。
新たに決算期は作られるのですが、今期と同じ決算期ができてしまいます。
具体的には、年度切替をすると第10期で会計期間が2006年3月1日~2007年2月28日のデータが2つある状態です。
バックアップの復元をして数回チャレンジしましたが、結果は同じでした。
次年度への繰越処理ができないと仕事が進まないので困っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前年度の決算処理は完了していますね。一度前期の決算書を確認してください。それなら「弥生会計」のマニュアル通りで繰越ができるはずです。
1、クイックナビゲーターの「事業所データ」タブの「繰越処理」をクリックします。「次年度への繰越」ウィザードが表示されます。
2、繰り越すデータを確認します。
3、「次へ」ボタンをクリックして次の画面に進めます。
4、法人・会計期間を変更する場合(まず関係ありませんね)
5~8は選択をして「次へ」(ほとんどの場合いいえだと思います)
9、次年度での電子帳簿保存の使用の有無を選択します。
10、バックアップファイルの保存先場所を変更する場合は「参照」ボタンをクリックします。(規定の保存先でよいと思います)。
11、ここで設定した内容を確認します。
12、「繰越実行」ボタンをクリックします。
13、既に3期分が保存されている事業所データで繰越処理を実行した場合は、3年前のデータを削除するメッセージが表示されますので、内容を確認し、よろしければ「はい」ボタンをクリックして繰越処理を実行します。
14、繰越処理が完了したら「完了」ボタンをクリックします。
新しい年度のデーターが作成されます。タイトルバーには、新しい会計年度が表示されます。

前年度の決算処理は完了していますね。一度前期の決算書を確認してください。それなら「弥生会計」のマニュアル通りで繰越ができるはずです。
1、クイックナビゲーターの「事業所データ」タブの「繰越処理」をクリックします。「次年度への繰越」ウィザードが表示されます。
2、繰り越すデータを確認します。
3、「次へ」ボタンをクリックして次の画面に進めます。
4、法人・会計期間を変更する場合(まず関係ありませんね)
5~8は選択をして「次へ」(ほとんどの場合いいえだと思います)
9、次年度...続きを読む

Qはじめての弥生会計スタンダード07

はじめまして、
製造業を営んでいますが、この度やよい会計を始めて導入しました。今までは会計王をつかっていたのですが、これには部門設定(現場ごとの管理)ができました。ところが弥生会計スタンダードにはそれがなく、プロフェッショナルにしないとこの機能がついていないそうです。
アップグレードが出来れば言うことないのですが、費用的にきついものがあります。このスタンダードソフトのまま部門別の管理が出来るほうほうがないでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

勘定科目に補助科目を作って、エクセル出力や印刷をする。
エクセルや手計算などで部門別に集計する。

これぐらいしか思いつきません。

Q弥生会計繰越残高訂正について

弥生会計の買掛金の決算済の繰越残高の訂正についてです。
決算済の買掛残高が次期に繰越されますが、
翌月の支払い時に 仕入先から商品の単価の訂正がありました。単価が 高くなっている場合どのように
訂正すればよいですか?

例) 決算前
    買掛金     
     5万  

     ↓
  決算(繰越残高)
     5万
     ↓
  決算後 支払い時
   単価訂正あり
      ↓
     51000円
この時の処理はどうなりますでしょうか?

Aベストアンサー

今年度の経理処理として

借方  買掛金50,000円  雑損1,000円
貸方  預金(現金)51,000円と処理します。費用を今年度に計上しても問題いありません。

会計原則に、「重要性の原則」があります。

http://www.otaru-uc.ac.jp/~makio/chp5/matrty.htm

1,000円という金額は、会社決算において重大な影響を及ぼすとは考えられません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報