大学院入試の英語の問題について困っており、ぜひ皆様のお力をお貸し下さい。


大学院入試の英語の問題を勉強していたのですが、解答の方法でよく分からないことがあったので質問させていただきます。問題は短い論文を読んで答えるという形式でした。

(1)論文にふさわしいタイトルをつけなさい。という問題についてですが、
「どうして魚は水の中で生きていけるのか」というタイトルと「○○だから魚は水の中で生きていける」というタイトルでしたらどちらのほうがいいのでしょうか?ほとんどの論文は「どうして○○なのかを調べてみた」と前者の文が書いてあることが多いです。しかし論文のタイトルでしたら後者の方がいいのかなと思いますが・・・

(2)論文内容の要約について、イントロダクションや実験方法はどれくらい詳しく書いたらよいのでしょうか?「AにBを1ml加えて5分放置したあと、Cを加えた」と具体的に書くべきか、それとも「AにBとCを加えた」でいいのか・・・。ようやくについては文字数制限があるので反応時間とかを書くほど文字数に余裕はないのですが・・・

大学院入試の英語の勉強について、どのように勉強したらよいのか分からず困っています。ぜひ皆様のアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

大学院の英語で求められているのは、文章を理解する力です。


つまり、文法や構文などはそれほど重要視されていません。それは日本語の論文を読まされていると考えるとわかりやすいかも知れません。わざわざ、文の主語は?とか、この形容動詞の役割は?など考えたりしないでしょう。

(1)についてですが、論文というのはそもそも研究してわかったことを必要十分な資料と、文章で表したものです。それを、なぜ~なのか?という題名にしてしまうと、エッセイのような曖昧さが現れてしまいます。なので、「(このような疑問を持ったので調べてみると)こうだったので○○だ」の方が親切だと思います。論文は、最初にその研究に至った経緯がはじめに書かれているので()の部分は省略します。

(2)についてですが、論文を書く際、文章がダラダラ綴られているのは読み手にとって退屈なものです。だから、論文には必要かつ十分な資料、文章を乗せるのですが、それでも長くなってしまうこともあります。そこで、要旨というのが役に立ちます。これは、最低限必要な資料、文章を乗せるのですが、必要な資料と十分な資料の線引きがとても難しいのです。一番わかりやすいのは、目的と結果でしょう。しかし、考察するための資料は複数に分かれる場合があるために難しい。
 英論文の要約は、英文の正しい理解だけでなく内容の理解力も試されているので、最も効率のいい出題方法だと思います。その解答方法としては、よく出てくる単語(名詞である場合が多い)が重要である可能性が高いので内容理解に役立てます。そこから、その単語同士をつなげるように文章を作り、最後に文字数に合わせて調整します。また、細かな数字が大事なのか大事でないのかは論文の目的によるのでなんとも言えないのです。

英語の試験は一様な方法ではなく多様にありますが、ほとんどは読めるか?理解できるか?という問いかけのようなのものです。普段から専門の論文を英文、和文に問わず読むことが力になると思います。
僕はそうでした。がんばってください。
    • good
    • 0

(1)


疑問形のタイトルの論文というのは、研究者にとっての、ある種のあこがれみたいなものですね。
とりあえず、論文の書き方みたいな本では、普通は、疑問形のタイトルは絶対にやめろ、と書いてあると思います。
論文のタイトルは、普通は、結論をさらに要約したもの、になっているのがいいです。というのは、論文誌の中には大量の論文が入っているわけですが、読者は、つまり、タイトルをみてその論文を読むかどうか決めるわけです。なんで、タイトルになるべく情報が入ってて、読みたい、って思わせるようになっていないといけません。なんで、普通は、#2さんが書いてるようなタイトルがいいでしょうね。

で、疑問形のタイトルなんですが、これは、つまり、
「Why ~?」ってタイトルで、結論が「Because ~」で終わるっていうスタイルですが、
なんていうか、これは、超すごいインパクトがある大発見をした論文につけるっていうイメージですね。
誰もが関心をもっているような基本的な疑問について、「Why ~?」てタイトルがついてれば、読者は、なぜなのか、論文を読みたくなるでしょう。
でも、「Why~?」て書いてあっても、そもそもそんなどうでもいい疑問の理由なんて知りたくもない、って思われたら、元も子もないわけです。
というわけで、疑問形タイトルは、自分の中で超大発見ってのをするまでとっておきましょう。
    • good
    • 0

R.Lewis, N.Whitby, E.Whitby著


「科学者・技術者のための英語論文の書き方-国際的に通用する論文を書く秘訣-」
東京化学同人(2004)

を読んでみるとよいかもしれませんよ。数多く「論文の書き方」に関する書籍を読みましたが、この本が(私にとっては)ダントツによい本です。

当然、タイトルの書き方や要約の書き方も分かりやすく解説されています。また、外人さんが書いたものですから、英語の使い方の注意なども説明されているので、英語の勉強にもなります。

受験とは別にでも読んでおくべき本だと薦められます。
    • good
    • 0

(1)はどちらかであれば後者。

でもタイトルなら「魚類生存メカニズムの研究」とか「魚類水中溶存酸素摂取方法の研究」とか名詞主体の方がかっこ良いと思いますよ。

(2)は前者でしょう。前者でも更に技術的に結果となる形がわかり易いように専門用語使って的確に正確に書いた方が読みやすいです。後者だと何をどうやってと疑問が沸いてきます。

大学によって違うと思いますが、英語は正確な日本語での専門知識が試されると思いますので、出題する先生の情報を入手して、その先生の授業で使った教科書と同じような専門の英語の教科書を読みました。今ならWikiの英語を訳して、Wikiの日本語ページで確認しながら専門用語と専門知識を覚えたら勉強しやすいのではと思います。
    • good
    • 0

こんにちは。


理系・・・の方ですよね?文系からのアドバイスでよければ・・・(あくまでも参考程度でお願いいたします)
(1)院試ではないのですが、学内論文で、審査された教授お二方から、「論文の内容をきちんと表すタイトルを付けるように、多少長くなってもいいし、まとまらなければ副タイトルをつけてもいい」とご指摘を受けたことがあります。つまり、タイトルを読んで一言で内容を把握できることが肝要であるようです。
上記の考え方からすると、「○○だから魚は水の中で生きていける」のほうがスマートかとわたしは思います。(論文内容にもよるかもしれませんが・・・)
(2)要約については、制限文字数いっぱい使ってでも詳しく述べたほうがよいかと思われます。「AにBとCを加えた」だけでは、単なる羅列になってしまいます。それでは他の受験生との差別化が図れません。オーソドックスな「AとBにCを加えた」を書くのは当たり前で、さらに他の受験者と差をつける為にも、「+α」の要素を見つけ出してそれを加えるのです。自由に書けるのなら、「AとBとCを加えることにより、Dを発見した・・・それはEを意味し、Fへと繋がったのである・・・」など、一工夫を入れてみてはどうでしょうか?

勉強法は専攻にもよりますが、院試の傾向としては、教授の専門から「今年はA教授の専門分野のこの論文から出題」など、教授の研究分野から出題されることが多いですので、過去問の傾向を掴むのは必須です。あと、文法に忠実な硬い訳よりも、スマートな意訳が出来ないといけませんので、どんどん量をこなしていくといいと思います。コツが掴めますよ。
院試では学会で話題の論文からそのまま全訳をするよう出題されたり、古典の全訳が出題されたりしますので、色々読みこなしていってください。

わたしも英語は苦手でしたが、とにかく分かりやすい意訳を心がけて乗り切りました。(力技ですが・・・汗)
頑張ってくださいね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ低難易度モードでゲームの制限をつけるのか。

難易度選択のあるゲームで、低難易度で制限を付け、高難易度で制限が無くなるゲームがあるのですが何故でしょうか。
例を挙げると、英レア社のパーフェクトダークは、ステージの任務(任務を全て達成したらステージクリアー)の数が、ゲームの難易度で異なります。低難易度では任務が少なく、高難易度では任務が多いです。

キャリントン協会ビル -防衛-の場合
低難易度(エージェント)は下記です。
1:人質を助けろ
2:実験中のウェポンを回収せよ
3:爆発を防げ

高難易度(パーフェクト)は下記です。
1:自動機銃を作動せよ
2:人質を助けろ
3:重要機密を処分せよ
4:実験中のウェポンを回収せよ
5:爆発を防げ

高難易度の方が任務を楽しめるようになっています。
ゲームが下手なユーザーも作品を楽しめるようにするなら、低難易度に制限は付けずに(パーフェクトダークで言うなら任務の数は5つにして)、例えば敵の強さだけを変えた方が良いのでは無いでしょうか。または、高難易度モード攻略者に”少しの”おまけを付けるか。
それともゲームが早く終わるように制限を付けているのでしょうか。
パーティーゲームの要素解除でも思うことがありますが、ゲームが上手な人が基準になっているのでしょうか。

難易度選択のあるゲームで、低難易度で制限を付け、高難易度で制限が無くなるゲームがあるのですが何故でしょうか。
例を挙げると、英レア社のパーフェクトダークは、ステージの任務(任務を全て達成したらステージクリアー)の数が、ゲームの難易度で異なります。低難易度では任務が少なく、高難易度では任務が多いです。

キャリントン協会ビル -防衛-の場合
低難易度(エージェント)は下記です。
1:人質を助けろ
2:実験中のウェポンを回収せよ
3:爆発を防げ

高難易度(パーフェクト)は下記です。
...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

んーそのゲームにおいては難易度は「クリア条件が少な
い」という位置づけになっていると思うのです。それは
全部の内容を楽しむことではなくクリアすることがゲー
ムの目的と考えているのでしょう。

クリアをゲームの目的と考えるなら簡単にはなっている
でしょう。簡単にする方法は色々あると思いますが(そ
れこそ敵の防御力や攻撃力を下げるなんてのも方法の1
つです)、ゲーム開発者は、敵の防御力や攻撃力を下げ
るのではなく、敵との戦いの難易度は同じだけど、クリ
ア条件を少なくした、という方向が望ましいと考えたの
でしょう。戦闘シーンの緊迫感を減らしたくないとか考
えたのかもしれません。


で、ゲーム全般の話。
ぶっちゃけた話、ゲーム開発者の多くは「自分が設計・
用意したものを楽しんでもらいたい」のであり、それは
難易度でさえそうなのです。難易度イージーというのは
ゲーム開発者にとって本来提供したい難易度ではない妥
協したモードなのです(そのモードのある理由の多くは
営業理由です)。

ゲームの上手い人を意識しているというより「開発者と
似たレベルの人向け」が中心であり、それから外れてい
る人は営業判断でフォローされているというのが正しい
と思うのです。

まあ、ゲーム開発者の多くはゲーム好きでゲームうまい
んですけども、星のカービィの桜井氏のようにずば抜け
てゲームがうまかったら、自分の腕前で調整しちゃった
らゲームを楽しめない人が多くでてしまうなんて話がふ
えるんでしょうけども。

つまり、お前ら中途半端にゲームがうまいんだよ、へた
な人間の事わかんないなら、ヘボゲーマーでもバイトで
雇ってキャラの動きよく見ろよ、と本気で思います。

こんばんは。

んーそのゲームにおいては難易度は「クリア条件が少な
い」という位置づけになっていると思うのです。それは
全部の内容を楽しむことではなくクリアすることがゲー
ムの目的と考えているのでしょう。

クリアをゲームの目的と考えるなら簡単にはなっている
でしょう。簡単にする方法は色々あると思いますが(そ
れこそ敵の防御力や攻撃力を下げるなんてのも方法の1
つです)、ゲーム開発者は、敵の防御力や攻撃力を下げ
るのではなく、敵との戦いの難易度は同じだけど、クリ
ア条件を少なくした、...続きを読む

Q大学院の入試というのは、大学の入試みたいなものですか? それとも、論文的なものですか? 将来神戸大学

大学院の入試というのは、大学の入試みたいなものですか?
それとも、論文的なものですか?

将来神戸大学の大学院に行きたいと思っているので教えてください。

Aベストアンサー

あなたの他の質問を見たところ、あなたは今、高校3年生で大学受験真っ最中なのですね。
大学に合格する前から大学院のことを考えるのは、不毛ですよ。
大学受験の時点で「神戸大学の大学院に行きたい」と考えるということは、いは、神戸大学以外の大学への進学を考えていて(今のところ、志望先は関大の社会安全学部ですか?)、他大学から神戸大学の院へ進学しようと考えているのではないですか?(違ったらごめんなさい)
神戸大学の大学院へ行きたいのならば、学部から神戸大学に行くのが一番の近道ですよ。

大学院というのは、研究の場であり、研究者を養成するための場所です。学歴を書き換えるための場所ではありませんし、進学したからと言って、必ずしもその先の進路が良くなるわけでもありません。
あなたがこれから大学でなにを専攻するかにもよりますが、大学入試と違って、院試は院や専攻分野によってやり方が大きく違います。
まず、理系と文系で「大学院進学」の意味が大きく変わります。理系ならば、一般企業で専門職に就きたいならば修士課程に行くのは当たり前。文系だと、教員や公務員などの一部の職業を除いて、院進学は就職の選択肢を狭めるだけになる可能性が大きいです。院進学は、将来をよく考えた上で選択しないといけないのです。

大学院は大学よりも専門性が高いので、神戸大学大学院に行きたい!と思っても、その大学院にあなたの専門分野を指導できる先生がいなければ、あなたがどんなに優秀でも、受け入れてもらえません。専門分野というのはかなり細分化されており、学生の目からは「同じ分野でしょ」と思っても、先生(研究者)の視点では「全然違う分野だよ、その分野ならば他の大学院にもっと適任者がいるよ」となることがあります。これが同じ神戸大学→神戸大学大学院であれば、そういう心配はほとんどありません。
また、もし他大学から神戸大学の院を受けようと思っているのであれば、出身大学に大学院が存在しないというのでない限り(いまは大学院を持たない大学のほうが少ないと思います)、それは出身大学で卒論指導をしてくれた先生に「あなたの指導では不十分なので他所へ行きます」と言っているも同然なので、そこはきちんと失礼の無いように、出身大学の指導教員に相談して、快く送り出してもらえるようにしないといけません。大学院の先生同士は、同じ分野ならばほぼ顔見知りですから、受け入れ側の先生も「この受験生は出身大学の先生に不義理をする、常識のないヤツだな」となって、受け入れに難色を示すかもしれません。そういう意味では、院試は、学部入試のように「自分が受けたいところを好き勝手に受ける」ことは、道義的に難しいことがあります。

院試は、進学後に必要な専門分野の内容に特化されるはずですが、文系ならば、特に卒業論文の出来と、入学後の研究計画が重視されるはずです。そういう意味では、大学の入試のようなもの(進学後の専門分野に特化+外国語が課されることが多い)+論文的なもの(卒業論文の内容)、とも言えるかもしれません。
なお、院試で提出を求められる卒業論文や研究計画の内容が、ほどほどソツなくまとまっていたとしても、これ以上の発展性は見込めないと指導教員(予定)に判断されたら、不合格になる可能性もあります。

あなたの他の質問を見たところ、あなたは今、高校3年生で大学受験真っ最中なのですね。
大学に合格する前から大学院のことを考えるのは、不毛ですよ。
大学受験の時点で「神戸大学の大学院に行きたい」と考えるということは、いは、神戸大学以外の大学への進学を考えていて(今のところ、志望先は関大の社会安全学部ですか?)、他大学から神戸大学の院へ進学しようと考えているのではないですか?(違ったらごめんなさい)
神戸大学の大学院へ行きたいのならば、学部から神戸大学に行くのが一番の近道ですよ。

...続きを読む

Q他大学から東大大学院入試の難易度

自分はw稲田大学の文学科に通っているものです。将来哲学の研究をしていきたいと思っています。
自分としては東京大学大学院総合文化研究科に進学したいと考えています。理由は、色々と大学院を検索した結果、指導をしていただきたい現代哲学専攻の教授がそこの研究科にいらっしゃるからです。

自分は院試までにはもうちょっと期間があるのですが、東大院入試は東大受験よりも比較的簡単というのは本当でしょうか。というのは下記のホームページでは他大学受験の倍率は約5倍だからです(大学受験の倍率は約3倍)。数字だけをみると大学受験よりも門は閉ざされているような気がします。
色々と調べてみて(もちろんok web内も)、院の研究室に通って問題傾向を把握することができたら内部生との差も大きく縮まる(もちろんこれは東大院に限らない)ということはわかりました。また東大院は他大学生に対して門戸を開いている大学院である、ということも。
しかしこれだけが難易度が低い理由ではないと(ただの推測ですが)思っています。

私と同じ立場での東大院入学者、またはこれらの数字が示す本当の意味や実際の事情について知っていらっしゃる方がいましたらぜひ教えてください。

参考;http://www.u-tokyo.ac.jp/stu01/e02_01_j.html

自分はw稲田大学の文学科に通っているものです。将来哲学の研究をしていきたいと思っています。
自分としては東京大学大学院総合文化研究科に進学したいと考えています。理由は、色々と大学院を検索した結果、指導をしていただきたい現代哲学専攻の教授がそこの研究科にいらっしゃるからです。

自分は院試までにはもうちょっと期間があるのですが、東大院入試は東大受験よりも比較的簡単というのは本当でしょうか。というのは下記のホームページでは他大学受験の倍率は約5倍だからです(大学受験の倍率は約3倍...続きを読む

Aベストアンサー

東大の院はここ数年でかなりレベルが下がったと聞きます。私もw稲田大ですが、同期の友人が東大の院試を受けて理工研究科に進学しました。彼の話では、大学レベルではやはりかなり差があるものの、院になったら早大との差はほとんどない、むしろ東大の方がレベル低いように感じる、とのこと。

学部や研究科によって違いはあるのでしょうが、以前と比べて東大の院のレベルが落ちてきていることはどうやら間違いなさそうです。

単純な受験倍率だけで見れば上がっているのかもしれませんが、レベルが落ちてきたことで、受験者が増えてきたというだけかもしれませんよ。

Q大学院入試の小論文の対策について

京都大学の経営管理大学院への進学を考えています。

入試に「小論文(エントリーシート)」というものがあり、志望動機や学習計画、将来の展望などを書くようなのですが、この対策(書き方など)はどうすればよいのでしょうか?

京都大学経営管理大学院に合格した方、あるいは小論文(エントリーシート)対策に詳しい方、教えて頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 特に特別な事は必要ないかと存じます。この志望動機書と研究計画書などは、社会人として書けなくてはなりません。就職者の履歴書や論作文となんら変わりません。

志望動機書の書き方
 まず、本大学院を志望した理由は何かを具体的に書いてください。大学時代は何を研究して、大学院ではどんな研究がしたいかを書いてください。

研究計画書(学習計画書)
 まず、大学院は大学とは異なる点があります。大学は特に何を研究したいという意思は見出せなくても、どんな事に興味があるかで済みます。ところが、大学院は修士論文完成のための計画書を立案しないといけないのです。
 大学院は1年次から修士論文の研究が始まります。修士研究は2年掛けてじっくりと深く研究します。つまり、専門的に書く、さらにオリジナリティが高い創造的な論文でないといけません。つまり、修士論文は必ず新規発見の部分がないといけないのです。
 だから、どのようなスケジュールで何をしていくか、段取りを決めないといけないのです。

将来の展望
 将来にどんな仕事をしたいのか、大学院博士後期課程に入学して終了後に大学教員になるとかを考えて下さい。きっと、あなたの心の中に将来のやりたい仕事があるはずです。

小論文の書き方
 基本的に「課題の要約→自分の意見→その意見の理由→結語」という順番で書きます。自分の意見とは1つに絞ることは良いですが、2つ3つでもいいと思います。ただ、意見が多いと文章の内容が薄くなってしまうので絞りましょう。意見の理由や根拠は、2つから3つが最適です。それは意見の理由が多ければ、それだけ主張の裏付けが強くなるからです。でも、理由の数もそこそこの数に抑えましょう。結語はまとめです。

 修士課程入学の小論文の書き方です。「志望動機→どんな研究がしたいとかその研究をどのようにしていきたいかを書く→修士課程修了したら何をしたいのか(公務員・会社員・教員・研究者)→自分がこの大学院に入学したい決意を改めて書く」でいいかと思います。

 特に特別な事は必要ないかと存じます。この志望動機書と研究計画書などは、社会人として書けなくてはなりません。就職者の履歴書や論作文となんら変わりません。

志望動機書の書き方
 まず、本大学院を志望した理由は何かを具体的に書いてください。大学時代は何を研究して、大学院ではどんな研究がしたいかを書いてください。

研究計画書(学習計画書)
 まず、大学院は大学とは異なる点があります。大学は特に何を研究したいという意思は見出せなくても、どんな事に興味があるかで済みます。ところ...続きを読む

Q人事考課の目標管理の難易度調整方法

目標管理シートを作成中ですが、考課点を計算する際、一般的に難易度×ウエイト×達成度となりますが、難易度は人それぞれ見方が異なりますし、わざと難易度を下げ、点数をかさ上げする社員も想定されます。職責に見合った見地で難易度を設定するよう注意喚起はしますが、より効果的な方法がありましたらアドバイス願います。

Aベストアンサー

永遠の課題ですね・・・。
目標管理は、それを評価の蓄積としてワンクッションおけば多少は問題が薄まりますが、ストレートに報酬までつなげてしまうと、どんなに工夫をしても問題は残ります。
どんなに緻密で優れた評価システムを作っても、それで報酬を決められると、納得するのは上位の20%だけです。下位の20%と中間の60%はなんとなく不満感が残るものです。
そのことをまず認識して運用する必要を感じます。

で、お問い合わせの回答ですが・・・、
今のところベターな方法として考えられるのは、やはり難易度にランク(3~5段階)をつけて甘辛係数をつけることと、達成度で100%以上の評価も組み込むことで、難易度と達成度の運用幅(実践段階での評価幅)を広げて処理する方法ですかね。
評価対象のグループごとに相対評価で、目標策定時に難易度ランク訳をして、本人に納得させてから、スタートすることしかないと思います。

いずれの方法を採る場合も、目標策定時、進捗チェック時、成果評価時の評価者と被評価者の面談の組み入れは不可欠です。

Q国立は、大学だけでなく大学院も安いですか? 院試は内容は違いますけどやはり大学入試と同じようなレベル

国立は、大学だけでなく大学院も安いですか?
院試は内容は違いますけどやはり大学入試と同じようなレベルでしょうか?

Aベストアンサー

安いです。院試は入試よりよっぽど簡単、もちろん「専門分野」が全体の半分を占め、学部の試験と同じレベルですから「素人」には無理です。

QMGS3で2週目なんですが難易度のことで・・・

1週目では最初のアンケートみたいのに

答えたら「EASY」になったので、

「EASY」で1週した後に2週目でLOAD GAMEで

始めたらまた難易度「EASY」で始まったのですが、

同じデータでまた始めたときは最初に選んだ難易度固定なんですか?



OPSの時はLOAD GAMEで難易度を選べたのですが、

3ではNEW GAMEでまた難易度選択しなければいけないのですか?

Aベストアンサー

いったん難易度を決めてしまうと、そのデータではずっとその難易度
のままになってしまいます。ゲーム途中での変更ももちろん不可。

難易度を変えたい場合は、お察しの通りNEW GAMEで始め、改めて
難易度選択する必要があります。ヘンテコな仕様ですが…。

Q大学院の小論文対策・口述試験について。

私は、現在大学四年生で教職大学院への進学を希望している者です。
近く教職大学院の入試があるのですが、
入試への不安など相談できる人が周りにおらず(文学部なので周りは皆就職で;)
今更情けないことなのですが、自分の勉強方法が本当に正しいのかなど、いろいろ考えて不安になっています。。

特に「小論文」と「口述試験」の2つが苦手で(小論文は大学受験の時から苦手でした;)、
受験対策用の本を買って自分で勉強していますが、いまいち今の自分の勉強方法に自信が持てません。
(過去問が昨年度分しかなく、傾向を十分に把握できていない部分もあると思います・・・。。。)

そこで、去年教職大学院を受験された方、
もしくは今年既に受験を終えられた方がいらっしゃったら、
具体的にどのような勉強をしたのか、面接を受けられた方はどのような雰囲気だったのかなどを教えて頂きたいのです。
また、私の勉強方法について何かアドバイス頂けると嬉しいです。

ちなみに私の勉強方法は。。
[小論文対策・・・教育現場で起こっている問題について詳しい情報をネットや本などで調べ、サブノートにまとめる。またそれに対する自分の考えをまとめる。面接(口述試験)対策・・・出願する際提出した研究計画書について面接官が聞きそうなことをQ&A形式でノートに書き出す。(教育学部ではないので)教育に関する知識を養う・・・]
ということを主にやっています。。

心当たりがある方がいらっしゃいましたら、少しでも書き込み頂くと助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。。

私は、現在大学四年生で教職大学院への進学を希望している者です。
近く教職大学院の入試があるのですが、
入試への不安など相談できる人が周りにおらず(文学部なので周りは皆就職で;)
今更情けないことなのですが、自分の勉強方法が本当に正しいのかなど、いろいろ考えて不安になっています。。

特に「小論文」と「口述試験」の2つが苦手で(小論文は大学受験の時から苦手でした;)、
受験対策用の本を買って自分で勉強していますが、いまいち今の自分の勉強方法に自信が持てません。
(過去問が昨年度分...続きを読む

Aベストアンサー

これすごくおすすめです!
本屋である程度でいいので立ち読みしてみてください。苦手な人にはうってつけです
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31508404

QCCNAの難易度

CCNAの大体の難易度が知りたいので教えていただきたいと思っています。
初級シスアドの難易度が10、基本情報技術者試験の難易度が20として比較するとどれぐらいの位置になるのでしょうか?
皆様よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CCNA は、初級シスアド、基本情報技術者 と全く異なる分野なので比較になりませんよ。

強いていうなら、CISCO製のルータ/SW-HUBを業務で扱う人なら「初心者+α」程度の難度でしょう。

NW機器の保守/構築をしていると、CCNA程度の知識は自然に身に付きます。

Q論文のタイトルについている * しるしの意味は?

僕は理系の大学院生で, 英語の論文を読む機会が多いのです.
そんな中ふと疑問に思ったことがありました.

"タイトル名*"

のように, 論文のタイトルの語尾に * 印がついている論文が
多々あるのですが, これはどういう意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

医療系の論文を購読している者です。
論文のタイトル欄に*がついているのは、あまり見かけませんね。
たまに見かけるのは、その研究内容が例えば文部科学省などの助成や依頼を受けている場合などに付いていることがあります。
通常は下段欄外に*の後に(本研究の一部は○○プログラム(文部科学省)の助成を受けている)などの記載がされていると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報