いつもお世話になっております。どうぞ宜しくお願い致します。

別表4の損金不算入 加算項目の5 損金の額に算入した納税充当金について宜しくお願い致します。

欠損金の繰越金があるため、弊社では法人税、法人事業税の納付がなく、毎年同じ金額の均等割分(¥180,000)を納付するだけで済んでおりました。

今期の期中に、事務所を異動したため、確定させた未払法人税の額がいつもと異なりました。(¥169,100)そこで次の疑問が生じてしまいました。

別表(4)の5の損金の額に算入した納税充当金は、P/Lの特別損失 法人税等とリンクしているものと思っておりましたが、法人税ソフトの説明書によると、別表5(2) 32 から転記との事です。
この金額は、当期の法人税額でなく前期の確定法人税を期中の5月末日に納付分した金額なのですが、別表4 5への記入は、¥180,000で合っているのでしょうか?それとも、今期計上した未払法人税等の ¥169,100なのでしょうか?

ご回答・考え方等ご教授頂きたくお願い致します。

A 回答 (1件)

>当期の法人税額でなく前期の確定法人税を期中の5月末日に納付分した金額


これは、別表5(2) 32 ではなく
別表5(2) 35 に記載するものです。
別表5(2) 32 は、P/L末尾の法人税等の金額になります。
ですので、今回の場合
別表5(2) 31 に180,000
別表5(2) 32 に169,100
別表5(2) 35 に180,000
別表5(2) 42 に169,100
となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、本当にありがとうございます。
他の部分の記載方法まで記して頂いて大変助かりました。

今後も見かけましたらどうぞ宜しくお願い致します。

お礼日時:2009/05/29 16:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング