【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

お世話になります。

過去に習ったのか、記憶もありませんが・・・
日本文の字下げは1文字分(通常?)ですが、英文(他の外国語もありますが)での字下げの文字数は通常、何文字分なのでしょうか?
今、手元に1冊あって見ているのですが、小文字で約、3文字分に見えます。
適当・大体・雰囲気なのでしょうか?
自分で書くときは「適当・大体・雰囲気」なもので。

本当は決まりがあるのかと思って質問させていただきました。
お願いします。

A 回答 (6件)

気になったので昔読んだ本でindicationについて調べてみました。

どうやらOne-half inchまたはfive spacesのようです。

--------------------------------------------------

Begin the first line of each note one-half inch (or five spaces) from the left margin. Do not indent subsequent lines of the same note.

--------------------------------------------------

ただ、同じ本のChicago Style Endnotes(巻末)の項目には

--------------------------------------------------

Indent the first line of each entry three spaces.

--------------------------------------------------
とありますが、本全体ではfive spacesが主流のようです。この本はHunter College, City University of New York(いわゆるCUNY)の教授によって書かれています。これが標準と考えて差し支えないでしょう。

Raimes, Ann. Keys for Writers. 2nd Edition.
New York: Houghton Mifflin.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

本を引っ張り出していただき、ありがとうございます。お手数お掛けしました。


見易い、のが「One-half inchまたはfive spaces」なのですね。

three spacesだったり、five spacesだったり色々ですが、
何冊か見比べてみようと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/03/22 11:33

No.3のものです。



>タブ、良いですね。5文字、8文字・・・ってその分スペースを押すんですよね?

いえ、違います。
「スペース」ではなくて、「タブ」です。
それで、1タブを5文字にするか、10文字にするかは設定で変えておきます。
ですから、スペースキーのように何度も押す必要はありません。
あくまで、タブキーを1回だけです。

元々(タイプライター時代)あの、TABキーはそのためにあるのですよ。
つまり、インデント用です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
わたしの表現が悪かったです。

他の方が仰る、5文字・8文字と
「タブ」を混ぜて1つの文章にしていました。

自分自身「タブ」は文章入力ではあまり使わないようです。
(文章、以外の「移動」の手段ではよく使いますが)
Wordなどでの設定の変更は知ってますが、でも規定値のままにしてあります。

すみませんでした、お手数お掛けしました!

お礼日時:2003/03/22 11:53

すみません、訂正です。



indication → indentation

最近手が無意識に違う単語を打つんですよね…
ここのメンタルヘルスあたりに質問した方がいいかな(^^ゞ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ふふふ。。。ありがとうございました! (^。^)

お礼日時:2003/03/22 11:37

イギリス人の友人は、これといった決まりはないけど、適当に1TABくらいだと言っていました。


でも、最近のワープロなどではTABの文字数が変えられるんですよね(~_~)
一般的には5文字くらいが多いようです。
しかし、プロポーショナルフォントなので、3文字に見えても実は5文字だったり、8文字だったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タブ、良いですね。5文字、8文字・・・ってその分スペースを押すんですよね?
テテテテテと。
急ぐ時などは数を間違えそうだし、時間もかかりますしね。
タブは速くて良さそうです。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/03/20 19:14

英文のビジネスレターのフォーマットには、大きく分けて字下げをするインデントフォームと字下げをしないブロックフォームがあります。



時代によって好まれるフォームもあり、人によってさまざまですし、企業によって統一されていることもありますが、特に何字下げなければならないというような決まりはありません。

2字から10字くらいのあいだで字下げをしますが、5~6字下げることが多いようです。

「適当・大体・雰囲気」
で良いと思います。要は全体のバランスが取れていることが大切です。
日本商工会議所などの英文タイプの試験では、レターが用紙の中にバランスよく作成する試験もあります。

商用文では、字下げをまったくしないブロックフォームが好まれているようです。

参考URLの
2.7 ビジネスレターのフォーマット
にフォーマットの解説があります。

参考URL:http://someya1.hp.infoseek.co.jp/chap-2(1).html# …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

参考URLも見させていただきました。
分かりやすいですね。

確かに、字下げをしないのも見易いような気がしますね。
「逆インデント」も良かったりして。。。

日本文でも勿論ですが、用途・バランスが大切なようですね。

お礼日時:2003/03/20 13:07

字下げをするなら、だいたい5~10文字くらいと習った記憶があります。

ただ、ビジネス
レターなどでは字下げをまったくしないスタイルがフツ~だとも言われたような気がしま
すね。論文原稿なんかをダブルスペースでタイプする時は、5文字分字下げして打ってま
した。

この回答への補足

お礼文で、勘違いが発見されました。おそらくですが・・・

ダブルスペース、というのは元々の「行間」設定なのですね?

補足日時:2003/03/20 13:08
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
色々なスタイルがあるようですね。

英文タイプの経験が無いのですが、ダブルスペース、というのは
文字通り、2回スペースキー?を押すのですか?
5文字分だと、5回ですか?

お礼日時:2003/03/20 12:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング