人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

現在、転職活動中のものです。
とても基本的な質問で申し訳ありませんが、職務経歴書に仕事の効率がアップしたことを数値で表したいと思うのですが、計算方法がいまいちよく分かりません。
例えば、(1)1時間かかっていた作業が20分でできるようになったら何%のアップになるんでしょうか?
また、(2)作業の削減によってその作業自体がなくなった場合は100%のアップですか?
(3)レーザー複合機で印刷していたのをインクジェットプリンターで印刷するようになってから、経費が1/10になりましたがそのときは何%のアップですか?
計算方法も合わせてご教授いただけるとありがたいです。
無知でお恥ずかしい限りですが、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> (1)1時間かかっていた作業が20分でできるようになったら何%のアップになるんでしょうか?



1時間で100個の物を作っていた

20分で100個、1時間で300個作れるようになった

のなら、200%のアップです。


> (2)作業の削減によってその作業自体がなくなった場合は100%のアップですか?

例えば、8時間勤務の中で、1時間の作業が無くなる事により、

8時間で100個の物を作っていた

7時間で100個、8時間で114.28…個の物が作れるようになった

のなら14%アップとか。


> (3)レーザー複合機で印刷していたのをインクジェットプリンターで印刷するようになってから、経費が1/10になりましたがそのときは何%のアップですか?

経費は1/10に削減ですが、印刷に時間がかかるようになったとかなら、微妙。
これまでは定時までに8時間で終わっていたのが、印刷待ちで1時間余計にかかるようになったのなら、作業効率は落ちたと言えますし。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なるほど、そうやって考えるといいのですね。とても分かりやすく教えていただき理解することが出来ました。
>経費は1/10に削減ですが、印刷に時間がかかるようになったとかなら、微妙。
これまでは定時までに8時間で終わっていたのが、印刷待ちで1時間余計にかかるようになったのなら、作業効率は落ちたと言えますし。

そうですよね、neKo_deux様のご回答を読んで自分で何を言っていたんだろうと気がついて恥ずかしくなりました。
作業効率のアップと、経費の削減ではそもそも違う話ですし、作業効率の話から見れば、かなり落ちていたのは事実です。
質問して答えていただいたおかげで、恥ずかしい思いをせずにすみました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/02 22:31

っつうか・・・


すべてを「アップ」でいうのがおかしいと思うんですが・・・

(1)1時間かかっていた作業が20分でできるようになったら
→3分の1に削減!!じゃないですか?

(2)作業の削減によってその作業自体がなくなった場合は100%のアップですか?
 →いや・・・アップしていないし・・・

(3)レーザー複合機で印刷していたのをインクジェットプリンターで印刷するようになってから、経費が1/10になりましたがそのときは何%のアップですか?
→これも別に効率アップしていないし・・・
 経費削減しているだけだし・・・
 逆に業務効率絶対落ちてますから・・・

職務経歴書に、この内容で「仕事の効率がアップ!!」って書いたら、
私なら、まず書類で落とす。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。確かに、全てアップであらわそうとしていること自体おかしいですね。。。本やマニュアルを読んで「○%のアップ」という表現にとらわれすぎていたようです。
(3)のご回答、ほんとそうですよね。こうして皆様にご指摘されて、はじめて自分の話していた内容のおかしさに気がつきました。

>経費削減しているだけだし・・・
 逆に業務効率絶対落ちてますから・・・
 職務経歴書に、この内容で「仕事の効率がアップ!!」って書いた  ら、私なら、まず書類で落とす。

はい、おっしゃるとおりでした。おかげで本番で恥をかかずにすみました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/07/02 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工程管理計算

会社で製造の仕事をしています。現場の朝礼で、工数、作業能率、の言葉を
聞きますがよく解りません。それに、標準工数の意味も関わるのか?教えて下さい。

Aベストアンサー

どれも生産管理の基本的な言葉ですね。

 ・工数:モノを作る上で必要な時間
 ・作業能率:資源(機械や作業員のこと)が生産活動を行う際の効率のことで、通常は新人よりもベテランの方が作業能率が高いです。
 ・標準工数:会社が規定したモノ造りに掛ける標準的な工数
        標準工数と比べて短時間でモノ造りが出来れば作業能率は高いと評価されますが、標準工数に比べて多く時間
        が掛かると作業能率が低いと言われます。


話が逸れますが、
標準工数は前述の通り会社が規定した工数で、全ての管理の指標となるものです。

例えば、生産管理業務では標準工数を基に納期や資材の発注時期を決めますので、実際の工数が標準工数からズレると予定外の残業が発生したり、納期遅れが発生したりします。

もし残業代が予定よりも多くなれば、製品原価が予定以上に高くなり、利益が減少します。


逆に、標準工数よりも効率を上げて作業をしたとすると、一見、良い事をしているように見えますが、現場では必要な資材が届いていなかったりして生産活動が出来ず資源の余剰が発生します。

このような問題が起こらないように、標準工数は「適正な値」を設定することが重要です。

どれも生産管理の基本的な言葉ですね。

 ・工数:モノを作る上で必要な時間
 ・作業能率:資源(機械や作業員のこと)が生産活動を行う際の効率のことで、通常は新人よりもベテランの方が作業能率が高いです。
 ・標準工数:会社が規定したモノ造りに掛ける標準的な工数
        標準工数と比べて短時間でモノ造りが出来れば作業能率は高いと評価されますが、標準工数に比べて多く時間
        が掛かると作業能率が低いと言われます。


話が逸れますが、
標準工数は前述の通り会...続きを読む

Q仕事の効率化は計算できますか?

お世話になります。
物理学なのか…単純な数学なのか…どこに質問すべきか迷った挙句、こちらのジャンルに質問させていただきます。

現在、仕事の効率化を考えております。
例えば、重量mの荷物がX個あるとします。これを距離3L離れた場所へ運ぶ仕事です。作業員はA、B、C、D、E、の5人です。荷物は1回に1つしか持つ事が出来ないとします。歩く速度は全員が一定(同一)速度とします。

(方法1)A~Eの各員が荷物を一つずつ持ち、3L離れた場所(G地点)へ運び、荷物を置いて帰ってくる往復作業を荷物がなくなるまで行う。
(方法2)荷物のある場所からK1(距離Lの場所)に荷物がY個だけ搭載できる台車を用意する。A、B、C、Dの4名が荷物のある場所へおり、このA、B、Cの3名が台車が一杯になるだけ荷物を積み込む。一杯になったらDは台車をさらにK2(距離Lだけ離れたところ)に持って行き、そこで待機していたEと共に2名で台車から荷物を荷物置き場(G地点)まで運びます(距離L)。この間、A、B、Cの3名は他の台車へ荷物を積み込みます。荷物をG地点へ運び終わったらDはまた元の場所へ戻り、新たに積み込まれた台車を運んで、再度Eと共に荷物を運びます。全ての荷物を台車に載せた時点で、今度は運びきれていない残った台車をK2まで4名で運んで、全員でG地点まで荷物を運びます。

概略は以上のとおりなのですが、(方法1)と(方法2)とではどちらが効率的なのでしょうか?
どなたか分かる方、宜しくお願いいたします。

お世話になります。
物理学なのか…単純な数学なのか…どこに質問すべきか迷った挙句、こちらのジャンルに質問させていただきます。

現在、仕事の効率化を考えております。
例えば、重量mの荷物がX個あるとします。これを距離3L離れた場所へ運ぶ仕事です。作業員はA、B、C、D、E、の5人です。荷物は1回に1つしか持つ事が出来ないとします。歩く速度は全員が一定(同一)速度とします。

(方法1)A~Eの各員が荷物を一つずつ持ち、3L離れた場所(G地点)へ運び、荷物を置いて帰ってくる往復作業を荷物が...続きを読む

Aベストアンサー

何人で荷物を積む・おろす、という手順はとりあえずあまり関係ありません。

{荷物を持ってL移動、持たずにL移動}を1単位の仕事と定義して、何単位の仕事をすればすべての作業が完了するかを考えればいいと思います。


方法1の場合、「3 X」の仕事で完了します。

方法2の場合、Xの荷物は、台車X/Y台分の量になるので、
・荷物積み込みに「X」
・台車での移動に「X/Y」
・荷物おろしに「X」
の仕事で完了します。

方法2のほうが方法1より効率がよく、(X-X/Y) 単位少ない仕事ですみます。

仮に荷物が70個、台車に7個乗るなら方法2は方法1にくらべて「10単位」少なくてすみます。

あまりが出る場合などを考慮していませんので、実際は多少違った結果になることがあります。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Qパーセントの求め方

恥ずかしながら、パーセントの求め方を忘れてしまいました。

文章題をやっていまして、
「待ち時間が32[分]から5.3[分]と80%以上改善されます.約6倍です.」という文章が問題の回答としてあるのですが、なぜ、80%という数字が出てくるのかわかりません。

エクセルではなく手計算でやっています。
パーセントの求め方を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

改善された時間は、
32-5.3=26.7(分)
ですね。

26.7/32=0.834・・・なので、26.7分は、32分の80%以上ということになります。

ということをその文章は言っているのでしょう。

なお、「約6倍」の方ですが、これはおそらく、
32/5.3=6.037・・・
だからでしょうが、「約1/6です」と言った方がいいような気がしますが。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q減少率の出し方

数学(算数)の問題なんですが、減少率の出し方がわかりません。

346000→330000の減少率が約4.3パーセントになるわけを教えてください

Aベストアンサー

増加率や減少率は、増加したり減少したりする前の量を基準(分母)にするのが、世の中での決まりごとです。
分子(主役)は増加した量や減少した量です。

割合は、(主役)÷(基準、全体など) です。

分子は16000
分母は346000
ですから、
16000÷346000 = 0.0462
100をかけて、4.6%です。

あれ? 合いませんね。
ですけど、考え方は上記のとおりです。

Qアップ率の求め方について

知っているのが常識かもしれないので、はずかしいのですが
アップ率の計算方法がわかりません。

例えば前年32,700円 
   今年33,200円

のアップ率が何パーセントかを求めるのは
どのような計算方法なのですか?

ご教授ください。

Aベストアンサー

33,200円÷32,700円×100=101.529…

前年度に比べ、今年度が101.5%って事なので、
100を引いて、1.5%アップです。
 

Q稼働率の解き方・計算式を教えてください。

問題は
ある装置では100日間に合計600分の障害が発生した。
この装置の稼働率を求めなさい。
なお、この装置は毎日10時間稼動している。

答え
ア.0.97
イ.0.98
ウ.0.99

この計算式を教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

装置は毎日10時間稼動で100日なので総稼働時間は


10時間×100日=1000時間

故障しない時間(稼働時間)は
障害600分なので 時間に直すと10時間


稼働時間は1000時間ー10時間=990時間

稼働率は



稼働時間÷総動作時間=990÷1000=0.99

Q全体の何パーセントかが分からないです。

質問を見てくださってありがとうございます。

いくらは全体の何パーセントかという計算が出来ず、困っています。

たとえば月収27万として、生活費を3万とすると3万は全体の何パーセント分なのかという出し方が分かりません。

こんな質問でお恥ずかしいのですが、良かったら教えてください。。。
どうぞよろしくお願いします!

Aベストアンサー

何パーセントかを求めたい数を、100%にする数(全体)で割ると割合が出ます。
ご質問の内容だと、3万円÷27万円を計算することになります。
 3万÷27万=0.111…

計算で出てきた割合に100をかけると何%かが求められます。
 0.111×100=11.1
だいたい11%ぐらいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング