『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

僕は今年高校を卒業して浪人しています。
理系で将来大学で、液体、固体など、ハイブリッドや電気推進ではない化学燃料ロケットエンジンやロケットのシステム・設計を勉強したいと思っています。

以前は東北や東大、九大などの国立を目指していましたが、学力的に私大に変更しました。早慶上智あたりを目指しているのですが、日本でロケットをやっている大学は日大のモデルロケットや東海や筑波、北大のハイブリッドがあるというのは知っています。

そうではなくて、早慶上智に本格的にJAXAなどと提携するなどして液体燃料エンジンなどのロケットの研究をしている研究室、または教授の方はいるのでしょうか?
それともそういうのを勉強するならやはり、旧帝大の大学院に行くとか、アメリカに留学するというのがいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

日本の大学では、市販のコンポジット固体燃料モデルロケットモータで飛行する模型ロケットで、ミニチュア衛星を打ち上げる研究室、火薬の許

可が要らない、亜酸化窒素ガスを酸化剤にして合成ゴムを燃やすハイブリットロケットが主流です、液体燃料ロケットエンジンは50%の過酸化水素水とレギュラーガソリンを推進剤としてドライアイスの炭酸ガスで再生冷却燃焼室へ送るアメリカの市販品キットが研究用に購入されていますが、本格的には、研究されていません、本場アメリカの大学なら、アメリカ軍から研究費を受けて液体燃料ロケットエンジンを研究していますが日本大学では、東京電機大学くらいしか知りません、名古屋大学、東京大学でロケットシステムの教鞭をとったH-1ロケットの設計者、田辺英二先生も退官されています、アメリカには液体燃料ロケット、ハイブリットロケット、コンポジットロケットマニアが集まるトリポリロケット協会があります、ネバダ州のブラックロック砂漠の50km四方何もない砂漠で日本の大学生チームも遠征して自分達が製作した模型ロケットを打ち上げています
    • good
    • 4

ごめん。


何言ってんのか全然理解できません。
早慶ってそんなに易しい大学でしたっけ?
入るのが難しく、中身がスッカスカな大学だと思うんですが。
旧帝大が無理で早慶に入れる人ってどんな人なんでしょうか。
東大京大が無理で早慶、というのなら理解できますけど。それが阪大東工大になるとちょっと怪しくなるでしょう。
文系の連中が数学を課されると勉強量が増えて、というのはよく理解できますが、センター程度の国語と社会の何が負担なんだろうと思います。
あるいは、文系早慶の、特徴のありそうな難問の対策をしなければならない、というのはそうかも知れませんが、そもそも東大の滑り止め枠である理系では、特に対策が必要な難問が出るとは思えません。
文系の話と勘違いしていないでしょうか。

早慶に行ったら人生終わり、とは思いませんが、わざわざ目指すもんじゃねぇだろう、と思います。

> 日本のロケット開発は東大から始まり旧帝大が主役の分野

いや、そんな話じゃなくて。
例えばあなたの部屋にロケット置けますか?
置けてもデカイから邪魔じゃないでしょうか。
つまり、研究しようとすると、土地が要る設備が要るということになるのです。
ソフトウェアの開発とか数学とか、あるいは多くの文系のこととか、自分の部屋でもできそうな規模のことなら、私立大学にも目があると思うんですが、施設や設備が必要なことは、予算が少ない私立大は不利ですよ。
だいたいあなたが教授だったら、設備が充実しているところとしていないところどっちを選びますか?
まぁ学部でやるようなことにそれ程違いはないでしょうが、それにしたってわざわざ目指すもんじゃねぇだろうと思います。

大学受験ってこの上なく難しい試験なのではありません。
どこそこに受からないってのは、それだけ学問をする上での基礎に問題があるってことです。ロケットなら英数理全部必要でしょうから。
どこそこに受からないというのは、間違ってそのどこやらの大学に入ったとすれば、ビリってことでしょう。
ロケットって大がかりですから、椅子は少なそうですから、そんな人の椅子まであるのかなぁと思いますよ。
    • good
    • 2

こんにちは



ロケットとか衛星とか国策に左右されるような分野は
私大の出る幕じゃないんじゃないですかね?

おすすめ
早稲田・慶應・東京理科大に進学後
東京大の大学院に学歴ロンダリングとして進学する

↓下記の本、参照にしてください
学歴ロンダリング (光文社ペーパーバックスBusiness)
神前悠太 (著), 新開 進一 (著), 唯乃 博 (著)

ただ個人的には「大学受験程度」で、国立大断念して、私立に変更する
ような学力・意思の持ち主が、
「化学燃料ロケットエンジンやロケットのシステム・設計」なんかできるんですか?

大学受験なんか、軽く東京工業大学ぐらい受かっちゃう程度の人に
ロケットは開発して欲しいものです

がんばってください
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はじめまして。
回答ありがとうございます!
「学歴ロンダリング」という言葉を初めて聞きました。要はこれは大学院から行ってた大学よりもいい所に入るってことでしょうか。ちょっと調べてみます。

確かに、日本のロケット開発は東大から始まり旧帝大が主役の分野で、IHI、三菱重工などに就職する人も必然的に旧帝大が多いと思いますが、航空宇宙が私大の出る幕ではないという事はないと思います。
以前僕が参加したロケットのシンポジウムで知り合ったGXロケットに携わっているIHIの社員の方が何人かいるのですが、その方たちの出身を聞いたところ、名古屋大、東大(講師)、日本大と様々でした。

就職に関して彼らにお聞きしたところ、「確かに以前は旧帝大の人が必然的に多かったし今でもそれは変わらないが、今は出身校ではなく何を大学で学び、どのような活動をしてきたかが重視されている。だから自然と旧帝大出身が多くなるが、決して私大出身が航空宇宙に携われないということはない、ただ国策事業が多いから給料はあまり期待しないほうがいいよ(笑)」と言われました。

ちなみに日大出身の人はアメリカに留学していたそうです。

なので、道は国立以外にもあると思っています。
がんばります。

お礼日時:2009/07/08 13:24

 参考URLに載っている大学を中心に調べてみてはどうでしょうか?ただし、多くの私大も連携大学院制度として記載されていますが、聞いた話では連携している研究室に入るのは狭き門らしいです。

それよりは学科単位でロケットの研究をしている大学(国立大学など)に行くほうが道は広がるのではないかと思います。また、連携しているといっても質問者さんが携わりたい分野かどうかはわからないので注意してください。

 

参考URL:http://collabo-univ.jaxa.jp/univ_collabo.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど、このようなものがあるんですね。参考にしてみたいと思います。

お礼日時:2009/07/08 13:26

ロケット工学などの専門的なことは私はわかりませんが、


受験に関してアドバイスを。

旧帝大を目指していたが、学力的に厳しく私大に変更したと
おっしゃられていますが、以前のように旧帝大を目指した
方がいいと思います。そういう人を何人か見ましたが、
浪人時代に志望を下げるとロクなことはありません。
むしろ上げるくらいがいいです。経験的にいって。

それに私大なので併願可能なのですから、今まで通り国立型で
旧帝大を目指すべきですね。科目数が減ったりランクを下げると
無意識にラクしちゃいますから。
それにセンターが終わってからでも国立は諦められます。

最も大事なのは、あなたが旧帝大に入りたいという気持ちです。
志望を下げて、早慶上智を目指して、モチベーションが続きますか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

アドバイスありがとうございます。

自分としては旧帝大を諦めたくはなかったのですが、航空宇宙系の会社に就職された方や、先人の方の話を聞くと、将来的に航空宇宙を本気でやりたいならば、研究規模が大きく予算的に充実しているアメリカの大学に行くのがいいと思いました。なので、正直日本の大学は早慶レベレでもいいと思っています。ただ気持ちとして、国立の人にも負けないぐらいの気持ちでいかないと、早慶も難しいと思います。なので早慶でも僕には十分納得できると思います。

とにかくこの半年がんばって大学に行きたいと思います。

お礼日時:2009/07/08 13:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙開発にたずさわる仕事に就くには?

 たとえば、宇宙開発に携わる仕事(特にロケット開発者)を志す人が早稲田大学理工学部内の学科を選ぼうとしたとき、どの学科を選ぶのが一番よいでしょうか?
 また、いろいろな大学に宇宙開発系の学部がありますが、そういったところを卒業しなくても卒業した人と同じ宇宙開発にはたずさわれるのでしょうか?
 具体的には宇宙開発事業団が頭に浮かんでいるのですが・・・。
 ご意見伺いたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その道のものです。
高校生の方のご質問とお見受けしました。
一般論となります。

「宇宙開発の何をやりたいのかを明確にする」
「ロケット開発に携わりたいなら、
 自分がどのような仕事をしたいかを明確にする」

これは大学や学科云々ではなく、あなたの心意気次第です。
そしてそれを実現出来るかどうかもあなた自身の意気込みにかかっています。

>早稲田大学理工学部内の学科を選ぼうとしたとき、
>どの学科を選ぶのが一番よいでしょうか?

これは、学科のシラバス、研究室のウェブを見ていれば自ずと決まって来るのではと思います。
ロケット開発には、熱力学・流体力学・材料力学・材料学などの一般的な工学の他、
高速気体力学、希薄流体、電磁流体、宇宙機の物理などの相応の特殊な分野も含むからです。

>そういったところを卒業しなくても卒業した人と
>同じ宇宙開発にはたずさわれるのでしょうか?

私が気に入らないのは、このご質問です。
回答としては「あなた次第」です。
JAXAには東大の人もいれば早稲田や慶応の人もいます。
また、大学に行っていない人もいます。
そのような現実を見れば、何をしたいか明確ではない中でのあなたのこのご質問には
あまり意味がないことはお分かりでしょうか。

>具体的には宇宙開発事業団が頭に浮かんでいるのですが・・・。

あなたが宇宙開発の何をしたいかによって、
JAXAは最適なところとなるかも知れませんし、
最悪なところとなるかも知れません。
そもそもなぜ事業団を思い浮かべたのでしょうか。

例えば実際にロケットやエンジンを設計し、製作しているのは、
JAXAではなく、IHIやMHI、KHIなどのメーカーです。
これから「技術移転」が進みますから、本当にロケットを開発したいのなら、
MHI名誘とかになるのではないでしょうか。

何をしたいかを決めずに大学や就職先の名前がまずありきな状態ですと、
同じ「宇宙」「ロケット開発」と銘打っていても、仕事内容が全く異なることがあります。
あなたは、要求を実現する為のロケットを作りたいのでしょうか。
それとも、誰かが描いた図面に描かれたロケットを作りたいのでしょうか。

最近ですと、UNISECと言う団体に加盟している大学の中で、
ハイブリッドロケットを設計して打ち上げている研究室もあります(東海大や北大など)。
人工衛星を打ち上げている大学の研究室もあります(東大や東工大)。
そちらから関わるのも手でしょう。また、こういうことをしている研究室から
JAXAへ就職する人は多いです。これは大学名で入っているのではなく、
何をしたか、何をしたいかが明確だからこそ入れるのだと思います。

その上で、大学ですと「研究室単位」で「研究内容」を検索するなどすれば、
もう少し明確になろうかと思われます。
そして、大学・大学院へ至るとき、
「あなたが宇宙開発に携わって、日本のまたは人類にとってどんなメリットがあるのか?」
にも答えられるようになっていれば良いでしょう。

又、本当に最先端で最先端の仕事をしたいと言うのであれば、
ぜひ哲学や社会学、文学、芸術学、心理学・・・などの、一見宇宙開発とは
無関係に見えることも大学最初の教養期間に習得されますことをお勧めします。
宇宙開発に深い洞察が持てる「かも」知れませんし、
何がどう転んで新しいエンジン開発に繋がる「かも」知れません。
または単に気分転換に読んだり考えたりする範囲が広がるだけでも良いので。。

以上、口すっぱくすみません。
ぜひ日本の宇宙を盛り上げて下さい。質問者さまのお力に期待しています!

その道のものです。
高校生の方のご質問とお見受けしました。
一般論となります。

「宇宙開発の何をやりたいのかを明確にする」
「ロケット開発に携わりたいなら、
 自分がどのような仕事をしたいかを明確にする」

これは大学や学科云々ではなく、あなたの心意気次第です。
そしてそれを実現出来るかどうかもあなた自身の意気込みにかかっています。

>早稲田大学理工学部内の学科を選ぼうとしたとき、
>どの学科を選ぶのが一番よいでしょうか?

これは、学科のシラバス、研究室のウェブを見...続きを読む

Q宇宙工学に強い大学

このサイトでも宇宙工学について検索してみたりして、いろいろわかることがありました。(自分と同じ考えの人とかもいて嬉しかったです(笑)

宇宙工学に強い大学として、東大、京大、東北大があげられていたんですが、現在(高三)考えていたのが早大の基幹理工や日大だったんですが名前が挙がってこなくて心配になってきました。
今既に学校で私大型の勉強をしていて国立には戻すのが厳しいのですが、(参考までに)気になってしまったので。。

実際に働いてみたいという気持ちはあるのですが、漠然としていてどのような分野で働きたいというのははっきりしていません。。

以上のことを踏まえて、
大学ごとの学ぶことや授業(うちの大学はこんなのあるぞ!的なのもあれば)、外国の大学との留学とかも教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

はじめまして。京大の航空宇宙専攻の者です。

航空宇宙工学に興味を持っていただいて、嬉しいです。

『航空宇宙工学』
NASAやアメリカ空軍、航空自衛隊、全日空、日本航空。
僕も高校の時は、上記の職務に就けるのではないか?と漠然とでしたが、航空宇宙工学に大変興味を持っていました。
おそらく京大のオープンキャンパスに足を運んでいただいても、以下の現状を突きつけられるだけなので、少しお話させていただきます。

まず、どうやったら航空宇宙工学を研究する研究室に配属されるに興味があると思うので、ご説明しますねっ。
京大の場合、工学部物理工学科という入試区分で大学合格します。
京大工学部には、物理工・建築・情報・電気電子・地球工・工業化学という6つの学科区分があり。物理工学科は例年合格最低点が6学科中1位か2位です。
大学入学後、1年時の成績で物理工240人を機械、航空、材料、原子核、エネルギーの5コースに分属されます。ここで航空(正式名は宇宙基礎コース)の定員は30名です。
航空は少数精鋭のエリートコースというイメージが学内生にあり、物理工学を志した者なら一度は航空コースに行きたいな。と思うのですが、倍率、カリキュラムの重さを考え妥協する京大生が多いのも現実です。
2回生に上がった時、見事航空コースに在籍できて。航空宇宙工学の専門科目の授業が受けられます。

ここで特筆すべきことなのですが。私は学部で機械コース在学なのですが。大学院入試で航空宇宙工学専攻に受かった。というもう1つの進路選択者なのです。

京大大学院入試規定で学部の機械・航空専攻(2つ)を大学院で機械理工学専攻・マイクロエンジニアリング専攻・航空宇宙工学専攻(3つ)に分けることになっています。つまり、学部で航空選抜に選ばれなくても、大学院入試の時に再チャレンジできるのです。
それでも機械コースは航空に次ぐ人気コースですので、大学に入ってからも上位にいれるよう勉強しなくてはなりません。

東大についても、3年生になる時に進学振り分け制度があり。京大同様、東大生同士の競争で上位に残る必要があるようです。

また学術的には、航空宇宙工学といってもベースは工学です。宇宙物理学(これは理学部)とは違い、4力学(熱力学・流体力学・材料工学・解析力学)という力学的見地から解析・実験をします。この知識は航空宇宙産業だけでなく、自動車、造船、鉄鋼。様々な産業の基礎となっているので、航空宇宙のみんなが先に記述した世界に行くわけではありません。名前こそカッコいい気がしますが、消して物理工学の全てを集めた最先端学術ではなく、1つ1つの現象を解析し、少しでも現実の製造や開発現場の技術革新に繋がればという思いの元、基礎研究が重視されています。

僕は医療工学がしたくて機械システムに学部時代いましたが、夢破れ航空宇宙専攻にいます。多様化複雑化する世の中で、航空宇宙工学を大学で専攻しなくても、同じエンジニアとして職務につけば、航空宇宙工学に関わりを持てることもあるでしょう。

先の話になりますが。工学の専門知識を活かし、ものつくりの現場で研究開発をするスーパーエンジニアになるには。理数の勉強をしっかりすること。そして、英語の勉強も大事にすることです。
あなたの学術探究心を大切に、今の受験勉強をがんばってください

はじめまして。京大の航空宇宙専攻の者です。

航空宇宙工学に興味を持っていただいて、嬉しいです。

『航空宇宙工学』
NASAやアメリカ空軍、航空自衛隊、全日空、日本航空。
僕も高校の時は、上記の職務に就けるのではないか?と漠然とでしたが、航空宇宙工学に大変興味を持っていました。
おそらく京大のオープンキャンパスに足を運んでいただいても、以下の現状を突きつけられるだけなので、少しお話させていただきます。

まず、どうやったら航空宇宙工学を研究する研究室に配属されるに興味が...続きを読む

Q大学院別のTOEICの合格点を教えてください。

大学院入試でTOEICの点数を英語の点数として換算している大学院が多くあると知ったのですが大学院別にどのぐらいが合格点なのでしょうか?
東大の院生の平均点が730というデータはネットでみたのですが他のいろいろな大学院について教授からや友達からの情報でもいいので参考にさせてください。

Aベストアンサー

このサイトに、大学院入試でTOEIC(R)Testを活用する52の大学院が、
国公立、私立別で掲載されており、
ある一定のスコアで、英語の独自試験免除など、詳しい情報が見れます!

参考URL:http://www.toeicclub.net/graduateschool.html

Q大学に入ってから、航空宇宙工学をやりたくなった…

こんにちは。
この春から、大学2年になる者です(男)。


私は、工学部の材料系の学科(マテリアル工学科)に所属しています。
第一志望だった旧帝大の理学部物理学科を諦め、何となく入れる成績で選んだ大学、学部だったため、最初は激しく後悔しました。
しかし、そんな事ばかり言っていると両親や恩師の方々に申し訳ないですし、ますます自分がみじめになるだけなので、気持ちを切り替えてこの一年、新たな勉強に取り組んできました。
勉強は元々好きなので、難しいけど苦ではなく、素直に面白いと思ってやってきました。
材料系の勉強も、理学部の物理に近い物があり、それなりの面白さは感じています。
(これから、材料工学の勉強がもっと面白くなっていく事を期待しています)


高校時代に物理が大好きになったので、それと関連が深い学部・学科への進学を考えていました。
しかし、「具体的に物理のどの分野に進みたいのか?」と言われても、社会経験がゼロの高校生の自分にはよく分かりませんでした。よく考えたら、高校生の時点で自分が一生をかけてやりたいことを見つけるのは無理があると思います。
大学で新しい学問や情報、社会情勢に触れることで、やりたい事なんかいくらでも変わってくるんですから。
東大の進振制度のように、大学に入ってから専門を決められる制度が日本中の大学にあればなぁ…、いや、あって然るべきだと切実に思いました。


自分の場合にも、このような転機が訪れました。
探査機はやぶさで有名な川口教授の講演会がきっかけで、天文学や素粒子のような純粋理学ではなく、技術としての航空宇宙工学に強い興味と憧れを抱くようになり、生まれて初めて、遂に自分が本当にやりたいことが明確になりました。
流体力学、ロケットの設計・制作、人工衛星の軌道計算… どれも、面白そうです。夢があります。


…と同時に、高校時代に航空宇宙工学専攻というルートを全く考えなかった、あの頃の視野がとてつもなく狭かった自分を心から恨みました。
「本物の物理を学べる=理学部物理学科しかない」という単純な図式にとらわれてしまい、物理の法則をフル活用して、人類のために応用するという工学部の魅力に気づけませんでした。
ちなみに自分の大学には、航空宇宙工学科はないので、転科やモグリで講義を聴く…なんて事は不可能です。


そして、これが一番決定的なのですが、
「よく考えたら、材料系ってただ材料を作るだけで、それを使って革新的な製品を作る(おいしい、面白い所取り)のは他の分野(機械工学科など)ではないか?
お菓子作りに例えれば、ただ原料を作るだけで終わりであり、それを使って魅力的なお菓子(クッキー、ケーキ等)を作り、完成させる喜びを味わえないんじゃないか?
自分はどうして、そんな地味な学問を選んでしまったのだろう?!」
との思い、迷いを捨てることが出来ません。
今現在は、ロケットの材料そのものよりも、ロケットの設計への興味の方が強いです。


今は、航空宇宙工学は独学で趣味として学び、あくまで本業の材料科学を極める覚悟でいます。
ただ、それだけではやはり弱いので、機械をいじれるサークルに入ったり、教養科目の宇宙入門みたいなのを取ったり、理学部の物理を学んだり、TOEICや英会話といった英語の勉強にがっつり力を入れたり、教授の研究室に質問を持ち込んだり…
とにかく、もう過去を振り返っても仕方が無いので、今の大学でやれることは、今までもこれからも、しっかり続けていくつもりです。


長くなりましたが、ここで本題となる質問です。

(1)
材料系から宇宙の研究に進む事も不可能ではないと信じていますが、やはり航空宇宙工学を大学で学ばなければ、大学院から専攻を変えて、航空宇宙の研究室(東大レベル)に行く事は難しいんでしょうか?ちなみに、大学院では修士まで進む決意です。博士は分かりませんが…

(2)
材料工学の専門が本格的に始まれば、材料の面白さが分かってくるはず!…と信じたいですが、やはりまだ遠い世界のように感じます。そんな私に、材料工学の魅力を教えて下さい。

(3)
材料工学を極めれば、航空宇宙の分野に何らかの形で関わる事はできますか?


よろしくお願いします。

こんにちは。
この春から、大学2年になる者です(男)。


私は、工学部の材料系の学科(マテリアル工学科)に所属しています。
第一志望だった旧帝大の理学部物理学科を諦め、何となく入れる成績で選んだ大学、学部だったため、最初は激しく後悔しました。
しかし、そんな事ばかり言っていると両親や恩師の方々に申し訳ないですし、ますます自分がみじめになるだけなので、気持ちを切り替えてこの一年、新たな勉強に取り組んできました。
勉強は元々好きなので、難しいけど苦ではなく、素直に面白いと思ってやっ...続きを読む

Aベストアンサー

>よく考えたら、高校生の時点で自分が一生をかけてやりたいことを見つけるのは無理があると思います。

いいえ、全然無理ではありません。航空宇宙工学やりたい一心で東大その他当該分野が学べる大学を目指している人達(そして合格し、JAXAで働いている人達)は少なからず存在します。全く別の分野でも、高校所か中学生、小学生の頃に「一生掛けてやりたい事」を心に決めて、それに向けて頑張る人達はいくらでも存在します。

>大学で新しい学問や情報、社会情勢に触れることで、やりたい事なんかいくらでも変わってくるんですから。

この一文で、貴方は自分の事を全否定してしまっていますよ。
「やりたい事なんかいくらでも変わる」というのなら、航空宇宙工学をやりたいという気持ちも「いくらでも変わってくる」可能性が高い訳ですよね。


「大学で新しい学問や情報、社会情勢に触れることで、やりたい事なんかいくらでも変わってくる」様な人は、「気持ちがふらつきやすい人」という事です。

もし、「これだ!」というものに出会ったのが大学生の時でも、その道で何事かを成し遂げられる人は、

>東大の進振制度のように、大学に入ってから専門を決められる制度が日本中の大学にあればなぁ…、いや、あって然るべきだと切実に思いました。

等と、貴方の様に「自分の事を棚に上げて、周囲や環境、制度に文句や不満を言う」という、「卑怯な真似」はしません。


(1)難しいというか、簡単ではないでしょう。

(2)仕事でも学問でも、「やりがい」や「魅力」は「自分で見出だし、気付き、築き上げていくもの」です。

(3)可能性は0ではないでしょう。しかし、「極める」というのは、「大学院で学び、修士号や博士号を取得する」という事でも、「大学で教授になる」という事でもありません。それを理解されていますか。



ところで、貴方は、日本に限らず、海外の人工衛星等に使われる部品作りやロケット開発が、小さな町工場・企業で行われている事をご存知ですか。

『NASAより宇宙に近い町工場』(植松努・著)

未読でしたら、是非お読みになる事をお薦めします。

>よく考えたら、高校生の時点で自分が一生をかけてやりたいことを見つけるのは無理があると思います。

いいえ、全然無理ではありません。航空宇宙工学やりたい一心で東大その他当該分野が学べる大学を目指している人達(そして合格し、JAXAで働いている人達)は少なからず存在します。全く別の分野でも、高校所か中学生、小学生の頃に「一生掛けてやりたい事」を心に決めて、それに向けて頑張る人達はいくらでも存在します。

>大学で新しい学問や情報、社会情勢に触れることで、やりたい事なんかいくらで...続きを読む

Q人工衛星飛ばしたいです 宇宙工学部?

高校2年です。
志望校を決めようと思ってるのですが
将来は人工衛星を飛ばした利する仕事に就きたいのですが
どの大学(研究室も含め)がよろしいのでしょうか?

一応東大京都大以外のところで回答お願いします。

Aベストアンサー

(直接の回答ではないですが)

(1)学部(航空宇宙系)→大学院(人工衛星関係の研究室)
(2)学部(機械系、電気電子系、情報系)→大学院(人工衛星関係の研究室)
この2つが現実的な進路だと思います。
もちろん(1)がベストでしょうが、航空宇宙系の学科を持つ大学は少ないので、(2)の選択肢も検討する価値はあると思います。

ちなみに、東大、東工大、日大はCubeSatという小型人工衛星を飛ばしたことがありますよ。(参考URL)

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96%E3%82%B5%E3%83%83%E3%83%88

Q宇宙航空研究開発機構(JAXA)へ・・・?

題通り、日本の「宇宙航空研究開発機構」への就職はどうすれば就職できるのでしょう?
毎年の募集定員が30人前後で、倍率が何倍なのかわかりません。(当たり前か。。。
大学はやはり旧帝大などなのでしょうか。修士、博士課程など取らなければ?いけないのでしょうか。
将来そこに就職したいと考えていますが、今の自分の学力で行けるかどうか。。。。
偏差値で全てが決まるわけじゃないと思うのですが、
基準となる偏差値や理系の方がいきやすいか、文系のほうがいきやすいか。。たぶん理系でしょうが。
もし理系(文系)なら学部は何学部か、
などと、できるだけ具体的に答えていただけると嬉しいです。
ちなみに現在中3で全くあてにはならないと思いますが、
今現在の学力は、県立普通科には行くことができるレベルです。
文章下手ですみませんが、御願いします!

Aベストアンサー

JAXAも組織ですので文系事務職はありますよ。でも事務をやりにJAXAへ行きたい訳じゃないですよね???ならば理系です。

専攻は地学や工学系の学部だったら良いと思います。新卒採用も採っていますが、どこの独立行政法人研究所(独法)も今後は大学新卒よりも博士号を持っている人を採用するスタンスになっていくと思います。

今現在、国の施策で大学の博士課程の定員が増え続けています。つまり、毎年毎年それだけ多く博士が生み出されるという事です。ところが、博士号をもっている人の就職先は多くないのが実情です。歳がいっているので普通の企業は雇ってくれません。

博士課程修了後に定職がすんなり決まる人は少なく、そういう人はPD(ポストドクター・ポスドク)として働いている人が多いです。PDとは一年契約の研究者で、最大3年~5年契約更新ができる職です。主に研究費を沢山持っている教授の下か独法研究所で働きます。ご存知の通りJAXAは独法研究所です。

今中3との事ですので、まずは良い大学を狙ってください。旧帝大が必須とは言えませんが、JAXAの独法研究所には東大・京大卒が掃いて捨てる程居る事は事実です。今中三で、すでにJAXAに行くという目標を持っているので、時間的にもモチベーション的にも十分に旧帝大も狙えると思います(東工大ももちろん良いし、筑波大はJAXAと地理的に近いから有利)。分野は宇宙工学系じゃなくても大丈夫です。機械工学、電気電子工学、光学、幅広い知識の結集が必要な分野ですから、高校ぐらいになってから、興味のある分野を見極めたら良いと思います。旧帝大ならJAXAとつながりのある先生も多いと思います。

そして、大学に入ったら、今度は研究室選びです。この時にJAXAと繋がりのある研究室に入れると良いです。繋がりの強い研究室は、JAXAと同じプロジェクトをやっていたり、共同で論文を出しています。その他、同じ研究分野だったら、学会・研究会とかで教授がJAXAの人と知り合いのパターンも多いと思います。

次が修士課程ですが、旧帝大・上位国立なら、過半数が進学しますので、問題なく上に行けると思います。修士課程の2年間で教授に認められると、博士課程への道が開けます。博士課程は3年間です。大学学部生の四年間は遊んでいても構いませんが、大学院の5年間は有意義に使いましょう。自分の研究を積極的に発表したり、論文を書いたりします。この時、英語が重要になりますので、今からがんばりましょう。英会話も非常に重要です。

大学・大学院の時、指導してくれている教授にJAXAへ行きたい事を言ってみましょう。そしたら博士課程修了時にJAXAのPDの口を紹介してくれるかもしれません。

JAXAのWebページにもPDの一般募集は出ると思いますが、教授のコネの方が強力です。コネといいますけど、別に悪いモノじゃなくて、教授も推薦するに値する人しか紹介しないので、貴方は実績があると認められたと理解しましょう。

繰り返しになりますがPDは3年~5年で『ハイさよなら』の職種です。でもJAXAの内部に入れる事は確かです。その期間の間に上司に認められれば、正職員になれる試験をうける事ができます。その場合上司や所属部署の推薦がもらえるので、外部から新卒で来る人に比べて非常に有利になります。

JAXAへ就職するには色々なルートがあると思いますし、今後制度が変わる事もあるかと思いますが、JAXAやその他の独法研究所の人から聞いた例を再構成して一例として書いてみました。中3ですでに具体的な目標があるのは、非常に有利です。目標に向けて、がんばってください!!

JAXAも組織ですので文系事務職はありますよ。でも事務をやりにJAXAへ行きたい訳じゃないですよね???ならば理系です。

専攻は地学や工学系の学部だったら良いと思います。新卒採用も採っていますが、どこの独立行政法人研究所(独法)も今後は大学新卒よりも博士号を持っている人を採用するスタンスになっていくと思います。

今現在、国の施策で大学の博士課程の定員が増え続けています。つまり、毎年毎年それだけ多く博士が生み出されるという事です。ところが、博士号をもっている人の就職先は...続きを読む

Q物理学を学んだ学生の就職について

物理学を学んで修士課程を終えたとして就職でどうのような選択肢がありますか?

Aベストアンサー

buturidaisukiさん、こんにちは。

就職のことはやはり気になりますよね。同じようなことを普段よく尋ねられるので、多くの卒業生を見てきた経験から現実にどうかということを書かせていただきます。

まず、結論から書きますと、ANo.1~ANo.3の皆さんも書かれているように、本人さえしっかりしていれば、大抵の会社は選択肢に入ると思います。

ANo.4さんは、分野は影響は受けると書かれていますが、ある程度、そういうこともあるでしょうが、それほどではないと私は思います。というのは、元々、理学部を卒業する場合には、勉強した「知識」をそのまま使って企業で活躍するというセンスよりも、むしろ、そこで習得した「能力」を生かすというセンスだからです。逆にもし工学部を卒業しても、そこで学習した知識がそのままどんぴしゃで企業でも使えるケースは珍しいようです。

また、物理の中での理論と実験の違いですが、私の知る限り、理論だと実験よりも会社には不利ということはないと思います。それには二つ理由があります。一つは現代の産業の現状は、IT系に重点が移ってきていて、理論系なら殆どの場合コンピューターをかなり使いますので、その面でかえって有利であること。もう一つは測定器や作業機械の使い方などは、実験系だからといって同じ機械を使うとは限りませんし、どちらにしても入社後に勉強するケースのほうが多いと思われるからです。

企業の中で、理学部出身の人が工学部出身の人よりも少ない主な原因は、日本中で工学部の定員が非常に多いことでしょう。私の見る限り、卒業生が就職で苦労するケースは、分野というよりも、むしろ個々人のパーソナリティに依ることが多いように思われます。企業では周りの環境に柔軟に順応してくれる人、しっかり意思疎通の出来る人を好むでしょうし、当然、企業の利益にかなわないことをしたいという人は、どんな学部の卒業生でも取らないでしょう。


次に具体的な現状を書きます。どこの大学とは、もちろんここでは書けませんが、卒業生の就職先はやはりIT係を中心に製造業が多いです。それは元々日本の産業構造自体がIT係に重点が移ってきているためだと思います。一言にIT係といっても、かなり幅が広いですし、IT係以外の製造業も多いです。どんな製造業でも最近はコンピューターはかなり使うと思われます。

製造業の中には当然、民間企業の研究所に就職するケースもあります。民間企業の研究所では、ごく一部の例外を除いて、その企業の利益に直結することを研究します。その内容は、物理学に基礎を置いた研究もありますし、物理学とは直接の関係のない研究をすることもあります。物理の卒業生はどちらの方向にも進んでいます。ただし「直接の関係のない」と言っても、物理はあらゆるものの基礎になりますから、殆どのものは何らかの関係はあります。

次に多いのは、公務員や中学高校教諭だと思います。その場合は、もちろん、公務員試験の勉強や、教員免許をとり教員採用試験の勉強をする必要があります。

製造業に比べれば、数は少なくなりますが、商社や金融関係に就職した人もいます。また特殊な例ではパイロットになった人もいます。


せっかく物理学を勉強したのに、就職した後に直接に関係のないものをやるのは勿体ないとか、しんどいとか思われるかもしれません。しかし、ANo.3さんも書かれているように、物理学というのは、あらゆる学問や科学技術の基礎であり、また、知識そのものを使わなくても、物理学を学ぶ過程で習得した「現実に根ざした論理的思考」というのは、どんな分野にも共通に必要なものなのです。ANo.4さんも書かれているように、「仮説・検証・修正」という物理学の方法は、あらゆることに適用が可能です。

また、「知識の陳腐化」ということがあります。技術というものは日進月歩ですから、大学でどんな分野の学問をした場合でも、どのみち入社後にも勉強をし続けていかないといけません。しかし理学系と工学系の違いは、理学部で勉強したことは、時間が立って成り立たなくなるようなことではないというところです。物理で言えば、力学や電磁気学などの知識が陳腐化することは未来永劫ありません。それらは自然界の法則だからです。ところがある特定の「技術」というものは、多くの場合数年で陳腐化してしまいます。

さらに、逆に基礎的な知識が必要になったときに、技術だけを学んでいた人が基礎に立ち戻って勉強しなおすのは、大変なエネルギーが必要になります。一度でも基礎を十分に勉強したことがある人は、忘れてしまっていても、少し勉強すれば思い出すことができます。基礎をしっかり勉強した上に応用を勉強するほうが、応用だけを勉強しているより安心です。

これは教育関係に進む場合も同様だと思います。やはり理学部でしっかりその分野の内容を勉強しつつ教員免許も取るほうが、教育学部で教員免許をとるよりも好ましいと、個人的には思っています。(両方やるのは確かに大変ですが。)


最後に、修士課程に進むメリットについて付け加えます。学部で、およそ力学、電磁気学、量子力学、熱統計力学を学習するわけですが、それは学問の基礎の部分です。卒業研究~修士課程で、研究(らしきもの)に手を染めることにより、その基礎部分の知識の本当の意味が、より正しく深く理解できます。また、現実の問題を考えることにより、「問題解決能力」も身につけることができます。研究の世界では必要に応じて問題を自分で整理して設定する能力が求められます。誰かがきれいに作った問題を解くだけの話ではなくなってくるのです。そのような能力はどんな分野に就職しても必要とされるものです。大学院ではその部分も学ぶことが出来るはずです。

buturidaisukiさん、こんにちは。

就職のことはやはり気になりますよね。同じようなことを普段よく尋ねられるので、多くの卒業生を見てきた経験から現実にどうかということを書かせていただきます。

まず、結論から書きますと、ANo.1~ANo.3の皆さんも書かれているように、本人さえしっかりしていれば、大抵の会社は選択肢に入ると思います。

ANo.4さんは、分野は影響は受けると書かれていますが、ある程度、そういうこともあるでしょうが、それほどではないと私は思います。というのは、元々、理学部を...続きを読む

Q理学部物理学科の就職先

理学部物理学科に行きたいと思うのですが、将来どんな仕事に就けますか?またどの大学の理学部がオススメですか?教えてください。

Aベストアンサー

私は、私大の物理学科を卒業して、大学院までいき、博士の学位を得、外国で12年、結婚もせず研究生活に明け暮れ、ようやく41歳の年で、日本の某国立大学に就職できました。

振り返ってみると、結構つらかったです。
どの大学がお勧めかといえば、それは、東京大学か京都大学がいいでしょう。でも、そんなところへは、難しくていけない?じゃぁ、いかなくてもいいと思います。他の回答者が述べていたように、結局のところ自分自身の問題です。

物理学や数学は、スケールが問題です。
人生高々100年です。君が遭遇した物理研究問題が解決されるには、どんな天才でも、500年はかかると知っていたならば、自分の人生を投げうってまで、研究を続ける人はほとんどいないでしょう。いたとしても、それは単なる気違いです。

近年、東大の小柴さんがノーベル物理学賞を受賞しました。君は小柴さんのようになりたいのか?
大きな天体観測装置で、遥か宇宙のかなたからやって来たニュートリノと呼ばれる素粒子を観測したのである。次にまたニュートリノを観測するのに、何百年かかるか分からない。小柴さんは、言いました。「ちゃんと準備をしておけば、チャンスはやってくるものだ。」この言葉は、研究者をとても勇気づけたと思います。

だけれども、私はそうは思わない。科学は、帰納法といって、何度も繰り返して確かめられるものでなければ、ならないのだから。小柴さんの観測は、確かに正しかったかもしれないけれども、それを科学と呼ぶには、早すぎた。何千年も早すぎた。

それを、はや合点して、ノーベル賞を出すほうが、奇跡的だとは思わないかい?もっとも、ノーベル賞は生きてる人間にしか与えられないことになっているらしい。

そうそう、相対性理論の産みの親のアインシュタインは、ノーベル賞をいくつかもらっているけど、相対性理論では、とうとうノーベル賞はもらえなかったんだよ。

。。。というわけで、物理学で新しい発見を目指すのであれば、将来どんな仕事に就けるかどうかなんて、ちっちゃな問題です。というか、関係のないことでしょう。でも。。。確かに、食べて行かないと、研究できません。そういう意味では、それは大切だ。それには、自分の研究の妨げにならない仕事を選ぶことだ。

。。。とにかく、何か自力で(そして人に頼らないで)研究できる能力をつけることだ!発見のできる自分作りをする。。。

。。。だけれども、上の意見は、君が天才研究者だったら・・・・の話だ。。。だから、ちょっと裏腹ではあるが、自分の良い理解者に早く巡り会うことも非常に大切だ。自分よがりの研究者は、無駄な人生を送ってしまうからだ。

ん~。。。大体にして、そういうことをここに「質問」して、「はいそうですね。理解できました。そうします」っていう考えになれると思う?

アインシュタインだって、死ぬまで悩んだと思うよ。

私は、私大の物理学科を卒業して、大学院までいき、博士の学位を得、外国で12年、結婚もせず研究生活に明け暮れ、ようやく41歳の年で、日本の某国立大学に就職できました。

振り返ってみると、結構つらかったです。
どの大学がお勧めかといえば、それは、東京大学か京都大学がいいでしょう。でも、そんなところへは、難しくていけない?じゃぁ、いかなくてもいいと思います。他の回答者が述べていたように、結局のところ自分自身の問題です。

物理学や数学は、スケールが問題です。
人生高々100年...続きを読む

Q宇宙学 筑波と東京工業大学

こんにちは、高校3年生です。相談させていただきます。
私は大学では宇宙のことについて研究をしていきたいと思っています。
そこで、大学選択なのですが、地理的+能力の限界を考慮して、筑波大と東工大に絞りました。
2年の頃から東工大に興味を示して、ずっと東工大対策の勉強をしているのですが、合格する自信は筑波大の方が高いです。
浪人をして東工大に行くのもあまり苦では無いです。
大学に行くとやりたいことが変わってくるとききます、東工大の1年次は理学を共通して学び、2年次から系を選択するので、それもいいと思います。
 それらを考慮して吟味しているのですが、東工大と筑波大ではおそらく宇宙学は筑波の方が集中しているのではないかと思います。
・合格しやすさ 筑波>東工大
・宇宙学    筑波≧東工大
・あこがれ   筑波<東工大
・その他    筑波≦東工大
という感じです。優柔不断な私にどうかよいアドバイスをいただけたらありがたいです。お願い致します。

Aベストアンサー

おはようございます。

東工大はだいたいこんなイメージを持っておくと外さないと思います
・科学が大好きな学生が集まる
・授業は厳しい コマも多い⇒真面目にやらないと単位がなかなか取れない

筑波は
・ややのんびり
・マイナーな分野に強い
こんな感じですかね

現段階で何とかなりそうなところを第一志望にするとダレると
よく言われるので 東工大第一志望は確定でいいんじゃないでしょうか


もし質問者さんが将来的に大学で教授職や研究機関で研究職に就きたいのであれば
猛勉強して東大に進学した方がいいですね。

そうしないと私のようにただでさえ凡人なのに学閥でハンデを背負い
定員割れしそうな大学を転々と渡り歩いて
結果として色々と損をし
(例えば大学を変わると保険証も変えないといけないので、それが来るまで家族が大きな病気しないか戦々恐々してました。
またとある大学では年金の納付暦を引き継げませんでした 何でだったんだろう…加入してなかったのか…これで納付期間が+3年です)
満足する位置に来るまでかなりの時間を要し苦しむ。
ということになります。

無論、抜きん出た才能があれば別ですが、そういう人はなかなかいません。
だからこそ学閥が生きてるわけですけども。

何にせよ猛勉強してください。筑波なら通りそうだからいいやは絶対にやめましょう。

おはようございます。

東工大はだいたいこんなイメージを持っておくと外さないと思います
・科学が大好きな学生が集まる
・授業は厳しい コマも多い⇒真面目にやらないと単位がなかなか取れない

筑波は
・ややのんびり
・マイナーな分野に強い
こんな感じですかね

現段階で何とかなりそうなところを第一志望にするとダレると
よく言われるので 東工大第一志望は確定でいいんじゃないでしょうか


もし質問者さんが将来的に大学で教授職や研究機関で研究職に就きたいのであれば
猛勉強して東大...続きを読む

Qアメリカの大学に留学している方に質問です。

来年からアメリカの大学に留学し航空宇宙工学を学びに行く者です。現在は、某大学の機械工学科に所属しています。

最近は色々ネットで調べたりしてアメリカの大学の授業の受け方やアメリカでの過ごし方について自分で調べていますが、どうしても留学経験者の方に直々にアドバイスを頂きたい事がいくつかあり、今回いくつかの質問をさせてもらいます。

基本的に理系、特に工学系の方にしか回答できない質問が多くなるかと思いますが、それ以外の分野の方でも回答できるような質問もいくつか含まれているので、遠慮なく回答して頂けたら嬉しく思います。
また、回答が長文になっても僕自身は全然構いません。(むしろそちらの方が有難いです)

全部回答していたらお時間も食うと思うので、(1)~(11)の中で重要と思われるものだけでも構いません。
全てに浅く答えて頂くより、何個かに深く詳しく答えて頂いた方が助かります。


~まず、授業内容・受け方について~
(1)http://www.ryugaku.biz/institute/index3.html←このサイトにある「アメリカの教育は、大学院まで行くことを前提に考えられています。平均的な人が大学で学ぶときの難易度だけを比較すれば、アメリカのレベルは、日本のレベルから1~2年遅れています。」と言う内容についてですが、これはすなわち、例えば日本の高校で学ぶ数学III・Cをアメリカでは大学の一年から学ぶという事なのでしょうか?もっと言うと、日本の大学の1回生で学んだ数学や物理の内容はアメリカの大学では1回生の後半、あるいは2回生の初めに勉強するのでしょうか?
数学と物理について詳しく教えて頂きたいです。

(2)言うまでもなく最初の1年、あるいは2年は授業どころではなく英語との戦いになるはずですが、そういった問題を解決するにあたり、何か工夫した事はありますか?
例えば、渡米前に予め数学や物理などの学問的専門用語を英語で何と言うのか覚えておいた、など...
このことについて、何でも良いのでオススメの方法があれば教えて下さい。参考にさせて頂きます。

(3)授業の受け方について調べていると、良く聞く話が「講義をテープレコーダーで録音して、聴きとれなかったところを寮に戻って聴き直す」という方法があるそうですが、この方法は役に立ちますか?
と言うのも、最初は教授の言っている事の9割以上は理解できないはずでしょうから、例え講義を録音して聞き直しても結局それも理解できないのではないかと思ったからです。時間をかけてゆっくり何度も何度も聴けば段々聞き取れるようになるかもしれませんが、そんなことをしていたら次の授業の予習に手が回らなくなるかと思うのですが...でも、時にはそのような根気のいる作業が重要になるのかもしれませんね...

(4)アメリカの大学では日本の大学と違って膨大な量の課題が出るそうですね。一週間で教科書を100ページぐらい読まされるような課題が普通に出るそうな...
これを聞くだけでこちらとしては少々不安を感じるのですが(それでも頑張る気でいます!)、実際に本気で取り組んでみると意外と出来てしまうものなのでしょうか?(実際は簡単な事なのかと言っている訳ではありませんよ)

(5)その他、1年生あたりの英語に苦しむ時期での授業の受け方で、何か効率のよい方法があれば教えて下さい。こちらも参考にさせて頂きます。

~アメリカでの生活について~(勉強と全然関係ない話になります)
(6)アメリカでは何かの記念日などにパーティーがあるそうですね。そのパーティーの種類によってはダンスパーティーなどもあるそうですが、これに参加する人たちはダンスを(適当ではなく)ちゃんと踊れなければいけないのでしょうか?それか、普通にアドリブみたいな感じでふざけながら踊っていれば良いのでしょうか?あと、服装はスーツですか?

(7)アメリカの同年代の大学生と友達になるのに最も良い方法、最も良い時期・イベントなどがありましたら教えて下さい。

~もし航空宇宙工学を勉強している方がご覧になっていましたら、お答え願いたいです~
(8)日本から航空宇宙工学関連の参考図書を持っていった方が良いでしょうか?

(9)航空宇宙工学を学ぶ人間として、最低限知っておくべき知識はありますか?向こうの同じ専攻の方と話が少しでも合えば良いなと思うので、渡米までにNASAの歴史、宇宙開発の歴史などアメリカの宇宙開発に関係する事を簡単に勉強しておこうかと思っています。

~TOEFLの対策について~
(10)僕は今、文法と単語、リスニングを重点的に勉強しているのですが、昔から熟語がすごく苦手で熟語に関する知識が乏しいです。なのでシステム英熟語を買って勉強しようと思っているのですが、シス単でも大丈夫でしょうか?本屋にはTOEFL用の熟語帳などが沢山置いてありますが、数が多すぎてどれが良いのか分からないので、とりあえず評判のあるシステム英熟語を使おうかと思っているのですが...

(11)最後に、僕に対して一発喝を入れて下さい。お願いします。


最後まで読んでくださってありがとうございました。長々とスイマセンでした。

来年からアメリカの大学に留学し航空宇宙工学を学びに行く者です。現在は、某大学の機械工学科に所属しています。

最近は色々ネットで調べたりしてアメリカの大学の授業の受け方やアメリカでの過ごし方について自分で調べていますが、どうしても留学経験者の方に直々にアドバイスを頂きたい事がいくつかあり、今回いくつかの質問をさせてもらいます。

基本的に理系、特に工学系の方にしか回答できない質問が多くなるかと思いますが、それ以外の分野の方でも回答できるような質問もいくつか含まれているので、遠...続きを読む

Aベストアンサー

Majorは違いますが、私はPublicのscienceでしたのでいくらか参考になればと思います。

(1)について
既回答でも触れられていますが、参照なさった情報はかなりおおざっぱにわかりやすくまとめたものと御考えください。実際は本当に個人、学校別で違います。全体主義の日本の教育とはまったく違います。留学にあたりカウントしてもらえる単位は専攻によって違いますし、同じ数学であっても学部によって細かく違っています。日本の高校3年生で学ぶ範囲でokなのから大学の一般教養で学ぶものを要求まで、すべて個人の取った単位内容と相手がrequireする内容によって変わります。ご質問者様は学生→学生ですが、私はreturning student、一旦社会に出てから学校に再度戻りました。しかも日本での専攻は所謂文系といわれるもの。希望学部のGErequirementは日本の大学GEレベルの微積分と物理、ならびに統計学でしたので、全部アメリカで取りました。でも同級生ではすでに別の大学でその単位を取っていた人がいました。でもっとすごいのは同級生で1年だけ一緒で2年目にGraduate Shoolに飛び級した人もいます。私のMajorの仕組みとしては
・Lower division course→Upper division course→Graduate course
となっていてこの中にGEを組み込みながら自分で大学か、大学院か最終目標を決めて必要ナ単位を取っていくという形です。
留学生の場合一学期の最低単位数が決まっていて確か12だったと思いますが、実際にapplyできる単位はもっとあります。だれもがapplyできるのが17か18ですが、School adjustmentという調整を経て、最高28単位ぐらいまで可能だったと思います。とはいえ、実際にクラスをお取りになるとわかりますが、28ってcrazyですよ(苦笑)特にScienceの場合2時間のlecture+4時間のLab+1時間のDiscussionでも単位が4だったりしますから。

(2)について
私と違ってすでに専攻について日本語でのある程度の知識があると思いますから、学校のシラバスで使っている英語教材を購入できるのであればそれで専門用語に慣れておかれてはいかがでしょう。数学は記号という世界共通のものがありますのでそれほど心配しなくてもいいのですが、物理の特に理論の部分は知っておくと楽だと思います。

(3)について
録音が役にたつか、たたないかは個人差があります。私の場合は役にたちました。ただし最初から最後まで聞きなおすな~んてことはしませんでした。ICレコーダーは回しますが基本的に自分でこまめにメモを取りその場で理解するようにしました。ただ、教授によって結構なまりがひどかったりして一度では理解できない場合もあるんです。また、聞き逃してしまったりした場合もあり、そのような部分だけ聞き返すというのに使ってました。一度なんてどうしても教授の言っていることが理解できず、ICレコーダー持参でOffice hourに「この部分理解できないのですが?」って尋ねたら教授が誤解させる言い方だったから次回のクラスで修正するよ、ありがとうと言ってもらったこともあります(笑)。いまだに海外の同級生からあのクラスのテープもってたらコピーを送ってと言われます。ICレコーダーに頼るのではなく、補助的役割としての録音ならばいいのではと思います。消すのはいつでも消せますからね。

(4)について
1週間100ページなら普通か少ない方だと思いますよ。最初は「ゲッ!」と思うでしょうが、大丈夫慣れます(笑)そして慣れてくるとどこにポイントを置いて読めばいいかもわかってきます。むしろ私はLab report用の大量のArticleの読破の方が教科書よりはるかに神経を使いました。誰のどのArticleのどの部分を選ぶか本当にすみからすみまで読むのに時間かけました。なぜなら誰もが自分の成果を強調するので実は足りないものが何かとか逆に触れられていない部分がないかとか深読みしないといけないからです。

(5)について
GEのクラスはTutorial Centerでサポートしてくれるものも結構ありますから、それを活用することと、各クラス毎にいるTA(Teaching assistant:大学院の学生が多い)のOffice hourを利用することをお勧めします。とにかく話す機会を増やすことと、writingを教えてもらってください。私よりspeakingがはるかに素晴らしい人でも、EssayやLab reportではうまくいかないという人を多く見ました。writingは時間がかかります。そして個人の癖はなかなか自分では見つけられないものです。学校のサポートシステムを120%活用してください。

(7)について
学部のWelcome dayとかはないのでしょうか? 私の学部は秋入学だけだったので、毎年必ずWelcome day Tea partyがありました。「軽く御茶でも飲みながら」という触れ込みですが実際は費用も出席者から取ってちゃんとしたイスとテーブルのある食事会って感じです。メインは新入生なのですが、そこに教授たちや在学中の学生も来るので最初は気後れしました(苦笑)。でも勇気を振り絞って「新入生です。宜しく」って感じでいくと、「私も今年から」「僕も」って結構同じ状況の人がみつかりました。ちなみに一番の親友になった彼女とは私が「うわ~綺麗な人。こんな人と友人になりたい」って自分から声をかけました。なので私の場合「最も良い方法」は「常に機会があったら自分から話しかける」です。

(10)について
私は自分でやっていてもスコアが頭打ちになったので、受験対策講座に行きました。まあ、社会人で金銭的に可能だったからですが、御友達でTOEFLを受けた方はいませんか? 実際に受験した人から役にたったものを紹介してもらうのも手です。

(11)について
内向きになり留学に二の足を踏む人が増える中、出ていこうとする姿勢に素直に敬意を払います。決して楽ではないかもしれません。ホームシックになるかもしれません。でもたくさんぶつかってたくさん悩み、たくさん経験してください。やらないでする後悔よりやってする後悔を選んだことは決してムダにはなりません。私の大好きなアインシュタインの言葉をささげます。
Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow. The important thing is not to stop questioning.
この精神で自分の勉強したいことに邁進してください。 Enjoy!!

Majorは違いますが、私はPublicのscienceでしたのでいくらか参考になればと思います。

(1)について
既回答でも触れられていますが、参照なさった情報はかなりおおざっぱにわかりやすくまとめたものと御考えください。実際は本当に個人、学校別で違います。全体主義の日本の教育とはまったく違います。留学にあたりカウントしてもらえる単位は専攻によって違いますし、同じ数学であっても学部によって細かく違っています。日本の高校3年生で学ぶ範囲でokなのから大学の一般教養で学ぶものを要求まで、すべて個人...続きを読む


人気Q&Aランキング