天気予報でもよく耳にするように、天気は西から変わりますよね。これはなぜなのですか。地球の自転とか、雲の動きとかと関係があるのでしょうか。南半球だとどうなるのでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

偏西風が吹いてるから…という回答では単純すぎますか?(^_^;)


地球は赤道付近が暑く、南北極付近が寒いので(←あたりまえ)、赤道から極地へと大気の大きな流れ(対流)ができますが、これが地球の自転の力(コリオリ力)によって向きを変えられ、西から東への大きな大気の流れになります。なので、中緯度地帯ではつねに西よりの風が(大局的には)吹いており、それに乗せられて気団が移動するので、天気は(おおざっぱに言うと)西から変わります。南半球も同様に西から変わります。
ただし、低緯度/高緯度地帯での気象の変化はこれとは全く違います。

この回答への補足

途中までわかったのですが、ではなぜ偏西風は、西から吹くのでしょう。地球の自転は、左回り、つまり西から東ですが、するとそれよりも早く風が西から吹くことになるのですか。大気のほうが地球の動きより遅れて動けば、風も逆向きでもいいような気がするのですが。地球の自転よりも風の動きのほうが速くなる理由は何ですか。

補足日時:2001/03/19 22:31
    • good
    • 0

低緯度で北向きの風がじょじょに東向きに変わる理由のコリオリ力をこんな風に考えたらどうでしょう。



地球を北極南極を貫いた仮想線を軸に回っているとします。
そして例えば北極上空から見てみましょう。
高緯度に向かう程、軸に近づきます。その為赤道付近で北向きに動いていた空気はじょじょに軸に近づくのです。
この時、この空気は地球の自転と共に回転運動をしています。

この時、inukoroさんが解答したように角運動量保存則が影響するのです。
つまり、質量×回転中心までの距離×速度=一定なのです。
ですから軸に近づくにつれ、速度が上がらないと一定になりません。
その為自転方向に速度が上がる為風は東向きに動き始めます。
    • good
    • 0

(1)大雑把な話&回答に対する補足の答え


角運動量保存則から、低緯度で東風、中・高緯度で西風(偏西風)となります。
角運動量をMとするとM=a・cosφ(u+a・cosφ・Ω)と書けます。
aは地球半径、Ωは地球の角速度でa・Ωが大体463m/sです。φは緯度です。
uが西風を正とする風速です。
Mはどの緯度でも一定になっています。試しに赤道と日本ぐらいの緯度を入れて試してみてください。赤道では弱い東風か風速ゼロにして日本の風を求めるとuが常に正になっていることが分かります。これがハドレー循環の基礎となったものです。

(2)もうすこし具体的に&補足
雲が存在する対流圏の話(地表から高度15km程度)をしましょう。
地球の大気を動かしているもの(私たちが風と感じるもの)はどのようにうごいているのでしょうか。それは、基本的には太陽からくる熱エネルギーによってうごかされています。太陽が地表を暖めた結果大気が暖められて動くようになるのです。しかし、太陽から地表にくるエネルギーはむらがあります。これは緯度によって太陽高度が違うためで、赤道付近の低緯度では単位面積あたりに受けるエネルギーは大きく従って大気は加熱されます。一方、北極・南極周辺の極地方では太陽高度が低いため受けるエネルギーが小さく大気はあまり暖められません。こうして、低緯度地方と高緯度地方では温度に差ができます。この温度差の為に地表より上の上空では西風の力が増そうとすることになります。これを温度風の関係といってコリオリ力も含まれています。従って、中・(高)緯度では北半球でも南半球でも対流圏では常に偏西風が卓越します。赤道域では弱い偏東風になります。
    • good
    • 0

>>地球の自転は、左回り、つまり西から東ですが、するとそれよりも早く風が西から吹くことになるのですか。


>>大気のほうが地球の動きより遅れて動けば、風も逆向きでもいいような気がするのですが。
>>地球の自転よりも風の動きのほうが速くなる理由は何ですか。
これに対する回答が遅れました。まだ読んでらっしゃるかな?
「地球の自転よりも風の動きのほうが速くなる」というのは、見かけ上はそうですが、正しくありません。
(北半球の場合)「本来は北向きに行きたい空気の流れが、地球の自転によって右に回される」と考えてください。
この見かけ上の力を「コリオリの力」と呼んでいます。物体の自転方向にベクトルを偏向させる力です。
    • good
    • 0

sesameさんの回答への質問者の補足部分にあった質問について。


たぶん偏西風は自転によるコリオリ力で西から東へいくんとちゃいますかねぇ。
    • good
    • 0

 補足。


 普通の天気は西から東へ移動(低気圧や前線の動きとともに)しますが、
梅雨や秋雨のように低気圧や前線が停滞しているときは、天気(雨の地域)は南北に移動します。

 
    • good
    • 0

皆さんと同じように偏西風の影響だと思います。



アルゼンチンに住んだことがありますが、向こうでも西から変わっていましたが、季節によっては南からの風が強く吹き気温が下がっていました。
    • good
    • 0

偏西風の影響です。



http://www.hr.moc.go.jp/yuzawa/fm/chishiki/kisho …
http://homepage2.nifty.com/osiete/seito166.htm

だから、南半球でも中緯度では、天気は西から東へと変化
します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西半球ってどこからどこのこと?

アメリカ西大陸にあるデスバレー(death valley)。
西半球で最高気温を記録したところと聞きました。

ここで疑問があるのでうが西半球って、どこが境目で西半球と東半球に分かれるのでしょうか?

どなたか教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

イギリスのグリニッジ天文台跡を通る本初子午線(経度0)を基準に、東回りに東経180度までが東半球。西回りに西経180度までが西半球。というのが物理学的に正確な定義です。

この定義ではイギリス本国や西ヨーロッパの一部、西アフリカあたりは西半球になりますが、実際にはユーラシア・アフリカ・オーストラリア各大陸は東半球で、南北アメリカ大陸とグリーンランドが西半球という分け方が一般的です。
広辞苑、大辞林、大辞泉など、主な中型国語辞典はいずれもこの分け方になっています。

ちなみに、かつては大西洋上のカナリア諸島を通る子午線が本初子午線(世界の自基準)になっていました。その後、1884年にイギリスのグリニッジ天文台(当時)を通る現在の本初子午線に変わった経緯があります。
ユーラシア大陸・アフリカ大陸を東半球とする定義の背景には、このような歴史的な経緯もあると思われます。

Q地球の自転が48時間とかになったらどうなりますか

月が無くなると、地球の自転は物凄く早くなり1日が3時間とか4時間になり、大気の変動凄いことになり、とても生物が生きていける環境ではなくなるとネットで読んだことがあります。

そこで疑問に思ったのですが、地球の自転が35時間とか48時間とかになった場合、地球にはどんな事が起こると考えられるでしょうか?

ありえることでは無いと思いますが、なんとなく疑問に思いました。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

昼と夜との温度差が激しくなる。
日照時間が伸びそして夜の時間も長い。
生物は気温60度の暑さに耐え-10度の寒さに耐え
食物と生活の場を確保しなければならない。
人間は海中か宇宙に移住する可能性大だ。

だが地上はほとんど砂漠だろうな。
それを逃れて炭素系生物が生きられる場所は北緯45度近辺の狭い地域だけだろう。

Q天気が西から東へ移動するわけ

まず、地表には空気があります。空気は流体です。

次に、天気の良い日の夕方、西の空が曇っていると、翌日の天気は悪くなります。
天気の悪い日の夕方、西の空が晴れていると、翌日の天気は良くなります。
つまり、天気は西から東へ移動します。
ここから、高気圧も低気圧も西から東へ移動することが分かります。

ところで、地球は西から東へ回転しています。このとき、地表の空気は流体ですから東から西へ流れてもおかしくないと思うのですが、高気圧も低気圧も西から東へ移動するのはなぜでしょうか。

私の考え方のどこかに間違いがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

> 地表の空気は流体ですから東から西へ流れてもおかしくないと思うのですが
平面的に捕らえすぎているだけでしょう。

陸地たと山等があって、あまり意識することは出来ないですね。
しかし、海上だと明確に東よりの風が吹いてくる状態となる所が出てきて、帆船等が航路に利用するのに良かったことから、この地球の自転に伴う亜熱帯高圧帯から赤道低圧帯へ恒常的に吹く東寄りの風のことを貿易風と呼んで、利用してきました。

つまり、地球の自転に伴う東風は現実として吹いています。



平面的と言うのは、地上付近の事しか考えていないからです。
赤道付近は、地球の円周で約4万キロありますが、24時間で一周自転するので、極との速度差は時速1670キロを超えることとなります。
赤道の暖かい空気は上昇すると、南又は北の極の方向に移動していきます。
上空は摩擦があまり無いので、それぞれの極に移動していく過程で地上との速度差が出てきます。
東京付近の自転速度は時速約1360キロくらいですから、上空の空気の方が200キロくらい西から東へ動く速度が早くなるわけですね。
だから上空では西よりの風が恒常的に吹くこととなるのですね。


上空の風は極に行くほど強くなると言う単純なものではなく、もっと複雑に絡み合っていますが、原理としては上記のものになりますので、もっと詳しく知りたいなら、色々検索してみるのも良いでしょう。
詳しく書けば、それで本が一冊書けるくらいの分量になる話ですから。

> 地表の空気は流体ですから東から西へ流れてもおかしくないと思うのですが
平面的に捕らえすぎているだけでしょう。

陸地たと山等があって、あまり意識することは出来ないですね。
しかし、海上だと明確に東よりの風が吹いてくる状態となる所が出てきて、帆船等が航路に利用するのに良かったことから、この地球の自転に伴う亜熱帯高圧帯から赤道低圧帯へ恒常的に吹く東寄りの風のことを貿易風と呼んで、利用してきました。

つまり、地球の自転に伴う東風は現実として吹いています。



平面的と言うのは、地上...続きを読む

Q明日の天気予報

ネットの天気予報をいつも利用していて、いつも疑問に思うことがあります。
「今日・明日の天気」の欄で、明日の気温が載ってないのは何故なんでしょう?
明後日の気温は、週間天気に載って居るのに…

深夜に帰宅するので、明日の予想最低気温が判れば、帰宅時間の気温の予想ができて良いなと思うのですが…

Aベストアンサー

あやや
yahooでも出ませんか。
全国の天気の下、各地の天気で都道府県をクリック。
県別のお天気の下に地域の天気予報。

ありますよ、気温の予想。

ちなみに私はマピオンにアクセスして、天気予報見てます。
風の情報欲しいもんですから。
でもはずれます。かなり高い確率で。

Q壁が存在していたころの西ベルリンの人々の生活についての疑問

かつて西ベルリンは東ドイツの中の飛び地だったそうですが、西ベルリンの住民はそこから出る必要のあるとき、例えば、西ドイツ本国に行くときなど、どうしていたのでしょうか。飛行機を使っていたのでしょうか。車や鉄道を利用して、西ベルリン住民が東ドイツ内を通ることはできたのでしょうか。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

1971年のトランジット協定により西ドイツ-西ベルリン間は、航空機はもちろん鉄道・自動車などの陸路でも検問も比較的簡単で自由に行き来できたそうです。
西ドイツ・西ベルリン市民は、東ドイツ通過の際にパスポートは不要で身分証携行だけでよかったそうです。
通過の際、ビザ代が徴収されましたが、これは西ドイツ政府が肩代わりして支払っていたそうです。

Q天気予報について

えっと気象予報士はその日の天気図(気象図?)からどのようにして天気を予想しているのですか?
学校でラジオでNHKの気象情報を聞き、次の日の天気を予報してみろといわれたので質問します。

Aベストアンサー

一般的な「天気図」だけから予想しているわけではありません。
一般的な天気図は地上の状態を表したものですが、気象現象は地上だけのものではないので高層天気図なども用います。またこのほか、衛星写真なども含めて総合的に判断しています。

低気圧や高気圧がどのように移動しているのか、低気圧は発達中か、衰退中か、前線の影響は、と、このくらいを知っておけば、明日の天気概況くらいは天気図を見て判断つくようになりますよ。

Qばんえい競馬の西さん一家は…

ばんえい競馬に、調教師や騎手として携わっている西さん一家は、
帝国陸軍大佐・ベルリンオリンピック金メダリストの西竹一男爵(またの名をバロン西)
の縁戚だったりするのでしょうか?

ばんえいの西さん一家が東北出身なのは存じてますが、
西大佐は十勝地方に配属されていたこともあるらしいですけど…

Aベストアンサー

ばんえい競馬の西家とは西康幸調教師、西弘美調教師、西謙一騎手、西将太騎手ですね。
何代も遡れば関係ある可能性はありますが、現在男爵家の西家とはつながりはありません。

男爵家の西家の墓所は青山霊園1イ8-3。
こちらでも確認できるでしょう。

こちらのブログの方が西家ゆかりの方なので尋ねられても宜しいかと思います。
http://zassyokukei.seesaa.net/article/276021773.html

以上参考になれば幸いです。

Q天気予報の方法

天気予報では、例えば次の日の天候を、「現在の天気図に似た過去の天気図」を何個か持ってきて、過去の天気図の場合に次の日の天気は、晴れが大体70パーセント程度だから、「現在の天気図」での次の日に晴れになる確率は70パーセントであると予測しているそうです。
この方法ではどんなに技術が進んでも、パーセンテージが正確になるだけではないのでしょうか?
つまり、どれだけ技術が進んでも、現在は約70パーセントとしているところが、68.56パーセント・・などというようになるだけで、明日の天気を確実に当てるということはこの方法では論理的に不可能だと考えられます。
天気予報には他に方法がないのでしょうか。
もしあるなら、「まだ研究段階だから実用性がない」というものでも結構ですので教えてください。

Aベストアンサー

詳しくないので概要だけ。

地球上で起こることは物理現象だから、高性能コンピュータで計算・予測も
できるのでは、
と「地球シミュレータ」という設備があります。
ここで行うのは天候予測だけではありませんが。

中身は大型コンピュータを多数連携させたものです。

残念ながら、設備維持に多額の費用がかかる上に個々の性能も最近のCPUチップに適わないこともあり、
廃止が決定したと少し前に聞きました。

地球シミュレータセンター
http://www.jamstec.go.jp/esc/index.html

地球シミュレータ稼動開始の記事
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/173/173754.html

Qこの写真の一番下の磁石を 「〇〇よりを指している」と、方角で表すと。 「西より指している」となるのは

この写真の一番下の磁石を
「〇〇よりを指している」と、方角で表すと。

「西より指している」となるのは何故ですか?
西よりということは、西から東を表すのではないのですか?

お願いします

Aベストアンサー

紛らわしい表現ですね。
でも、普通は「西よりを指す」と云う事は、西の方角を示すと云う事です。

下の回答にもある「西よりの風」は西の方に向かって吹く風の事ですが、
「西風」と云うと、西の方から吹いてくる風の事になります。
(日本語って、難しいね。)

Q過去の天気「予報」はダウンロード可能?

「過去の天気予報のデータを入手できる方法は無いでしょうか?」
これは、2001/2/16 に出された質問です。
その回答は、否定的なものでした。
私も同じ悩みを抱えています。

あれから6年近く経ちました。
何かご存知の方があればお教え下さい。
「天気」でなく「天気予報」です。
1~3年分ぐらいダウンロードできると嬉しいです。

Aベストアンサー

HP上でダウンロードは無理ですが、図書館で過去の新聞を見るとか、近くの気象台で過去の資料を閲覧すれば可能です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報