冥王星の軌道には、無数の小天体がある
そうですが、冥王星と同じような天体も
多数あるんですか?それとも、その軌道の
小天体の中で、冥王星は特異な天体なんで
しょうか。

A 回答 (4件)

いいえ、そのようなことはありません。



質問者様は冥王星がお好きなようですね。
    • good
    • 0

いえ、そんなことはないと思いますよ?

    • good
    • 0

plutino (冥王星族)?


「同じような」というのがどのような意味で「同じ」なのか, にもよりますけどね.
    • good
    • 0

どこで聞き及んだか知りませんが、おそらくはカイパーベルト(エッジワース・カイパーベルト)天体のこととおもはれ。


詳細は検索するか図書館で文献を漁られたい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽系の惑星、土星の輪っかなど、天体軌道に乗っているものは、なぜほぼ同一平面上(円盤状)にあるのでし

太陽系の惑星、土星の輪っかなど、天体軌道に乗っているものは、なぜほぼ同一平面上(円盤状)にあるのでしょうか?

原始太陽ができて間もない頃は、ガスやチリが四方にあったと思われますが、それらが太陽の赤道面上にのみ、選択的に惑星を作ったのにはどんな理由があるのでしょうか?

お詳しい方ぜひご教示いただけると幸いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

太陽系の惑星は、左回りに公転し、左回りに自転しています。金星のみ右回りに自転しています。また、天王星と冥王星は横倒れとなり、常に同じ面を太陽に向けて自転しています。何故、大多数の惑星は、左回りに公転及び自転しているのでしょうか。

 宇宙空間に漂う塵が次第に集まり、塵の大きな固まりが出来ます。塵はお互いに遠くから万有引力で吸い寄せられ一箇所に集まった為、運動エネルギーを有しています。

 塵はお互いに引き合いながら、中心を回る運動をします。右回りか左回りかどちらか量の多いほうに回転は決定されます。

 塵同士はお互いに引き合っているので、左回りや右回りを各塵が自由に動ける訳ではありません。塵の塊は、平面の円盤状になり、同一方向へ回転する様になります。

 球体であると、塵は縦横様々な方向へ回転することとなりますが、塵同士引き合っているので、バラバラの方向へは回転しません。全ての塵は、同じ方向へ回転するようになります。太陽系は、たまたま左回転となったのです。
 そして、塵は幾つかのリングに別れ、それぞれのリングが一つになり、惑星が出来上がります。その時、リングの内側の塵の移動速度は、リングの外側の塵の移動速度より速いのです。内側程太陽の重力が強く、速く公転しないと太陽に落下してしまいます。

 内側の赤丸の塵が外側の青丸の塵より速度が速く、また公転軌道も短いので、先に進みます。そうすると、赤丸の塵が青丸の塵を引っ張る形になります。赤丸の塵は減速し、青丸の塵は加速します。同じ地点に来た時、青丸の塵の速度が赤丸の塵の速度を上回ります。その為に、外側の青丸の塵の運動エネルギーが勝り、惑星は左回転をする様になるのです。

 また、地球は太陽の重力による潮汐力により太陽方向に長い楕円体に潰れます。地球が太陽に向ける面が変ると、潰れる方向が変るので、地球内部の物質がきしみ大量のエネルギーを使います。公転方向へ自転した方が、自転一回転分太陽に向ける面が変るのが少なくなります。その為に、集まった塵の持つ運動エネルギーの消耗は少なくなります。従って、公転方向へ自転する方がスムーズなのです。

 金星は、何かが衝突しひっくり返ったとしか考えられない。地球も太古の昔、火星程度の星がぶつかり、24度傾いた。そして、もぎ取られた地球の一部が月となったのです。

詳細は、下記のホームページを参照下さい。
http://catbirdtt.web.fc2.com/wakuseinozitenn.html

太陽系の惑星は、左回りに公転し、左回りに自転しています。金星のみ右回りに自転しています。また、天王星と冥王星は横倒れとなり、常に同じ面を太陽に向けて自転しています。何故、大多数の惑星は、左回りに公転及び自転しているのでしょうか。

 宇宙空間に漂う塵が次第に集まり、塵の大きな固まりが出来ます。塵はお互いに遠くから万有引力で吸い寄せられ一箇所に集まった為、運動エネルギーを有しています。

 塵はお互いに引き合いながら、中心を回る運動をします。右回りか左回りかどちらか量の多いほう...続きを読む

Q就職先について教えて下さい。位置天文学・天体力学・天体物理学の就職先を

就職先について教えて下さい。位置天文学・天体力学・天体物理学の就職先を教えて下さい。後、茨城大(理学部)の就職先も教えて下さい。

Aベストアンサー

質問者様は高校生ですか?
茨城大のHPがありますので、まずご自身でお調べなさい。
あと、参考程度に聞いて頂ければと思いますが、現実には学部で専攻した専門の関連企業なりに就職出来ると考えない方が良いです。私は文学部史学科卒ですが、現在まったく関連のない仕事をしてます。

Q楕円軌道と円軌道

本日、天文衛星「すざく」が楕円軌道から予定されていた円軌道に投入されたとのニュースを見ました。
そこで、軌道について質問なのですが、
静止衛星は円軌道、同期衛星や回帰衛星には楕円軌道を描くものもありますよね。
どのような場合に円軌道で、どのような場合に楕円軌道、という線引きはできるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
「円軌道」は地表との「距離(高度)を確保するため」、
「楕円軌道」は地表との「周期を確保するため」、
このような目的で選択されているのではないでしょうか。

「円軌道」は高度が一定ですので交信や地表観測全般に適していますし、「楕円軌道」は同期衛星や回帰衛星に使われ、ある一定の周期で元の場所に戻って来るために調性されています。地表観測衛星の多くが円軌道を回っているようですが、決して楕円軌道が地表観測に向かないというわけでもなく、逆にランドサットなどは楕円軌道を回ることによって精密な観測を行なっているそうです。
静止軌道は、どちらかと言えば地表との周期を確保するためのものですが、こちらはどうしても円軌道でなければ実現できません。その他に、衛星が目的の軌道に到達したり遷移したりするためには、最初は楕円軌道に投入されますよね。

Q月の公転軌道面と地球の公転軌道面の関係

月の公転軌道面と地球の公転軌道面は、同一平面状に在るのでしょうか?あるとしたら、なぜそうなっているのでしょうか?必然なのでしょうか?
同一平面上にないとしたら、どの程度の傾きがあるのでしょうか?
また、太陽系の他の惑星同士の公転軌道面は同一平面上にあるのでしょうか?なぜそうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大きいのは、彗星の衝突が原因であるため、ぶつかった衝撃で舞い上がった塵や岩石が固まって、月になったといわれています。ですが、未だ、これぞと言う説がないのが現実です。
tntさんが申した塵は・・・たしか、月と地球とその塵を結んだ線が、正三角形になるように、つまり、月の軌道上の、地球から見て、軌道の後ろ側60度の位置に常に追尾するかたちになています。
また、太陽系の公転軌道面はほぼ一致していると言うのは、mideさんの申してる通りです。ただ、最近の研究では、冥王星が、太陽系に元々有ったのではなく、宇宙空間をさまよっていた他の惑星が、偶々太陽系の引力圏に捕まった説が有力です。
太陽系の惑星がなぜ、公転面がほぼ水平かといいますと、太陽系発生初期、塵やガス(惑星の元)が、公転面に円盤状に集積し、その後、雪達磨しきに、大きな惑星のもとに、ガスや塵が集まって、惑星になったからです。
最近の観測データで、ハッブル望遠鏡が、誕生初期の恒星でも、やはり、惑星の誕生が、公転面に集積した塵やガスから惑星が誕生しているところを観測しています。
参考になさって下さい。

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大き...続きを読む

Q地球に接近する小天体を爆破するとなぜ駄目なのでしょうか?

地球に接近する小天体を爆破するとなぜ駄目なのでしょうか?

素人質問ですみません。
2036年に400m級の小天体?小惑星?が地球に衝突する危険が有る
そんな話を聞きますが、専門家の方が爆破は破片が増え
余計被害が増すから論外と仰ってました。

しかし地球には毎年何万という隕石が落ちてきており
殆どが燃え尽きていると聞き及びます。
岩石の多い物はほとんど燃え尽きるけれども
金属の多い物は残って地表に達するなどとも聞きますが、
小さな破片にしてしまえば燃え尽きる体積は結局増えて、
地表に及ぼす衝撃も減るのではないでしょうか?
一斉に沢山の破片が降ると何か特殊な危険な現象が
起こるのでしょうか?

そもそも小惑星、小天体、隕石って何が違うのでしょうか。
地球に落ちてきさえすれば、全て隕石扱いなのでしょうか?

質問がゴチャゴチャしててすみません。
詳しい方、教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

本質的な議論が間違っています。もし、小天体の衝突が絶対に避けられなければ、爆破することは被害を少なくするのに有効な対策です。
しかし、現在スペースガードなどが研究しているのはこの二者択一ではありません。

衝突する小天体のコース付近にある更に小さな天体の軌道を変えて大正にぶつけるなどの方法によって衝突コースから逸れるような方法を模索しています。400メートルの天体に100メートルの天体を地球から十分な距離のところでぶつければ衝突コースから逸らすくらいのことは十分可能と計算されています。で、100メートルの微小天体であれば、軌道を逸らすことは現在のロケット技術でも十分可能と考えられています。
ただ、正確な軌道予測がついた段階でないとかないと、この方法は使えませんから、ある程度間近に迫り、軌道の計算が正確にできるようになって初めて有効です。

ですから、比較すべきはぶつからない方法なのであって、それが可能なら、地球近傍で破壊する必要はありません。衝突が避けられなくなったら爆破というのも有効な選択肢として浮上するでしょうし、その頃には、そちらの準備も怠っていないはずです(と思いたい)。

本質的な議論が間違っています。もし、小天体の衝突が絶対に避けられなければ、爆破することは被害を少なくするのに有効な対策です。
しかし、現在スペースガードなどが研究しているのはこの二者択一ではありません。

衝突する小天体のコース付近にある更に小さな天体の軌道を変えて大正にぶつけるなどの方法によって衝突コースから逸れるような方法を模索しています。400メートルの天体に100メートルの天体を地球から十分な距離のところでぶつければ衝突コースから逸らすくらいのことは十分可能と計算されて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報