初歩的な質問ですみません。
レンズの色収差などでよく耳にしますが
質問は何故、波長によって屈折率の違いが起きるのかということです。
例えばレンズに光が入った時、青色の波長の光と赤色の波長の光とでは
青色の方が屈折率が大きいですよね。
それを証明する方法を教えていただければと思いまして

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

補足読みました。


そうですね。siegmundさんも詳しく書かれていますので、単純にしたわかりやすい例で説明してみましょうか。

50円玉と糸を用意して下さい。
その50円玉に糸を結んで振り子をつくります。(長さは適当に試して下さい)
糸の端をもって左右に振ります。このとき振る巾はせいぜい3~4cm位がいいでしょう。
初めはゆっくりと、そしてだんだん早く動かしていくと、自分の手の振りよりだんだん50円玉の方が振りが大きくなることがわかります。
手の振る巾は変わらないのに一番振りが大きくなるところが共鳴している周波数です。
そして、更に早く動かすと今度はまた振りが小さくなります。

このとき注目して欲しいのは手の動きと50円玉の動きの関係です。共鳴するスピードからずれてくると、動きも一致しなくなります。
(うまく動かすと手の動きと正反対になります)
これが、位相がずれてくると言うことであり、物質内の分極と外からの電場の位相も同じことで一致しなくなるわけです。
ここで、手の動きは外からの電場の振動(要するに光の振動数=色)であり、50円玉は物質内の分極でありこれもまた光となって出ていきます。

この位相のずれの量を屈折率という数字で表していると考えられるとわかりやすいかと思います。
共鳴周波数からずれた振動数で振動させると位相がずれるという現象は、物理ではかなり基本的なもので、光に関わらず電気回路でもその他の現象でも沢山見られる基本的な現象なんですね。
また、共鳴周波数からある程度まではこの位相がずれた光と元の光が混ざり合って全体として位相がずれますが、更に遠くなると(振り子を手でものすごい速度で振動させると50円玉が振動しないのと同じです)今度は振動しなくなるので、位相のずれもなくなる(屈折率が1に近づく)わけです。

ガラスの場合はそのほとんどが紫外光の領域に共鳴周波数があるので、ご質問のような赤より青の方が屈折率が大きいということになったわけです。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなりかみくだいて説明していただいてありがとうございました。
siegmundさんも丁寧な説明ありがとうございました。
だいたいは分かった感じです。この問題は簡単な数式で説明がつく
ものなのかと思っていましたが、そうではないということで
しょうか? 今ちょっと忙しいのでまた後でじっくり
お二人の説明を読み直してみたいと思います。

お礼日時:2001/03/16 00:40

> それを証明する方法...



実験的証拠という意味ですか?
それなら,プリズムで太陽光が分光できる,などどうでしょう.
波長によって(すなわち,色によって)屈折率が違うから,
いろいろな波長の混ざっている太陽光が分光できて虹のように見えるのです.

それとも,「何故、波長によって屈折率の違いが起きるのか」
という物理的理由でしょうか?

光は電磁波の一種ですので,光が物質中に入りますと,
物質中に光の周波数と同じ周波数の電場が現れます.
物質中には正電荷や負電荷を持ったものがたくさんありますから,
電場が現れるとそれらは電場の方向あるいは逆方向に動きます.
つまり,正電荷や負電荷の位置がずれます.
そうすると,その効果によって新たに電場ができます.
実際は,これらがつじつまが合うように位置のずれと変化した電場が決まります.
こういう効果を現す量が誘電率εです.
で,真空中に比べて電場が変化しますから,それが電磁波の速度vに影響し,
さらに屈折率nに変化を与えます.
√ε∝(1/v)∝n
の関係があります.
強磁性体ですと透磁率μの影響もありますが,
今は強磁性体でない(μ≒1)としています.

波の速度が境界面で異なると屈折する話はホイヘンスの原理の応用で
よくテキストに載っていますね.
ここでは図が書けないので,ちょっと説明ができません.

それでは,周波数によってなぜnが違うのでしょうか.
光にによる電場は光の周波数と同じ周波数を持っています.
すなわち,1秒間に周波数回だけ電場の方向が変化します.
そうすると,正電荷や負電荷の位置のずれも同じ回数だけ行ったり戻ったり
しないといけません.
正電荷や負電荷には質量があるので慣性がありますので,
周波数が高くなるとついていけなくなります.
また,物質の構成要素にいろいろな固有振動数がありますので,
固有振動数に近くなると振幅が大きくなる,という効果もあります.
ここらへんは mickjey2 さんが詳しく書かれています.
こういうわけで,εの周波数依存性は単調な変化ではなくて
かなり複雑な様相を示します.

詳しくやると,大学の物理学科3年くらいの講義で数回分になってしまいますし,
固体の量子論観点から議論すると,大学院の講義になってしまいます.
    • good
    • 0

現実の物質はなかなか複雑なのですが、最も基本的な考え方について説明したいと思います。



物質の原子なり分子に光が当たると、その光の電場で振動が起きます。
この原子なり分子なりを簡単に電気双極子(電荷eが+と-が両端にある一つの棒)で表します。
この双極子にはその質量などから、共鳴する周波数ω0があり、そこでは光の吸収は最大になります。
(ここでは計算は省略しますが、電気双極子モーメントの計算は沢山の本にのっているので探してみて下さい)

で、この共鳴周波数から少しずれた周波数の光をいれてあげると、この双極子から出てくる光は元の光と位相がずれて出ていきます。
この光は結局もとの光と合成されて、外に出て行くわけですが、この双極子がないときよりも位相がずれてしまいます。
これが屈折率の源です。

で、式を解いていくと結局、屈折率はω=ω0のときにはn=1でそこからはずれると長波長側は一度大きくなった後、やがて小さくなり、最後に1に向かっていくという特性が導かれます。
波長による物質の分散が得られるわけです。

現実の物質は単純な電気双極子モーメントでは表せないので簡単には答は出せません。
ただ、通常ガラスは紫外のところに強い吸収を持っています。そのためその紫外域の吸収から遠い赤色の方が屈折率が低くなります。

ガラスでもたとえば吸収端が非常に短波長にある、真空紫外まで光が透過するMgF2、CaF2などは同じ青のところでの屈折率を見るとBK7のような紫外にすぐ吸収のある材料よりも屈折率は小さくなります。

では。

この回答への補足

mickjey2さん 丁寧な解説ありがとうございました。
ただ、自分にはちょっとレベルが高いかな という
感じでした。せっかく丁寧に解説していただいたのに
申し訳ありませんでした。
質問で、証明なんて言葉を使ってしまったのが良くなかった
のですね。私としては、物理法則(例えばホイヘンスの原理)
を使って簡単に説明できるものであればいいかな と思って
います。

補足日時:2001/03/15 17:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアクリル板の屈折率の文献値

今アクリル板の屈折率の文献値がネットで見つからず困っております。大変あつかましいお願いで申し訳ありませんが、どなたか文献値が乗っているサイト、もしくは値とそれが載っていた文献、光の波長、可能であればその際の屈折率測定法などを教えていただけませんか?文献値を見つける方法のヒントでも大助かりですので、どうかお願いします。

Aベストアンサー

メーカーのページが参考になるかと。
(アクリル、屈折率で検索すると以下のページなどがひっかかります)
測定方法自体はJISで規定されているようです。
http://www.sumitomo-chem.co.jp/acryl/02products/023sheet_sub/023sheet_data/023_02gt.html
http://www.sumitomo-chem.co.jp/acryl/02products/023sheet_sub/023sheet_data/023_08emr.html

参考URL:http://www.sumitomo-chem.co.jp/acryl/02products/023sheet_sub/023sheet_data/023_02gt.html

Q高さによって屈折率の異なる平面板状のレンズを使うと、Aから出た光がBで収束する時、なぜ、光軸を通る光

高さによって屈折率の異なる平面板状のレンズを使うと、Aから出た光がBで収束する時、なぜ、光軸を通る光線と軸から高さrを通る光線で所要時間は等しいのですか?

Aベストアンサー

図に書いてある曲がった線は、実は面で、光源Aから同じ時刻に出た
光の集まり。この波面に垂直な方向に光は進むというのが
ホイヘンスの原理です。

光は光源Aを出て球面の形に広がってゆきます。

真ん中辺の屈折率が高く、周辺部の屈折率が低い平面上の
ガラスを通過すると、屈折率が高いほど光速が遅くなるので
波面は真ん中辺が引っ込んできて、周辺部が前に出ます。

つまりうまい屈折率分布にすると、波面の球面を裏返して
図のようにBに向かって収束するような、つまりBを中心とする球面
にすることが「可能」です。
するとホイヘンスの原理から、波面上の光は全てBへ向かいます。

波面がガラスでBを中心とする球面の形に
なったのなら、波面上の光は同時刻にBに届くことになり、
全ての光はAからBへ同じ所要時間で届くことになります。

勿論そのような屈折率分布を「作れば」という話です。

Q屈折率の問題で困っています。

屈折率の問題で困っています。
屈折率nのとき,入射角が45度のとき,反射角はいくらか?
また,屈折率30度のとき,この媒質の屈折率はいくらか?

解法を教えていただけると助かります。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

>>>屈折率nのとき,入射角が45度のとき,反射角はいくらか?

屈折率に関係なく45°です。

>>>屈折率30度のとき,この媒質の屈折率はいくらか?

「屈折率30度」は、「屈折角30度」の書き間違いでしょうね。
「スネルの法則」を使います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

Q光の波長と屈折率について

自然光をプリズムで分散させると、波長が短い光ほどよく屈折すること
がわかります。これは波長が短いほど、媒質中を進む光の速さが
遅いことを意味しているかと思います。
では、高校教科書などにある、絶対屈折率の数値はどの波長の屈折率
を指しているのでしょうか。例えば水(20℃)では絶対屈折率が1.333とあ
ります。波長によって屈折率が異なるわけですから、どの波長の光に
対する屈折率なのかを言及していなければおかしいかと思うのですが・・・

この点はどう考えればよろしいでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>どの波長の光に対する屈折率なのかを言及していなければおかしいかと思うのですが・・・

 だから、厳密な値が必要なときは、必ず明記してあります。
【引用】____________ここから
dn/dtは波長によって異なり、温度によっても変化します。
・・・【中略】・・・
 カタログでは、通常光学設計に用いられるdn/dtrelativeの値を、1,013.98nm(t)、643.85nm(C')、632.8nm(He-Neレーザー)、589.29nm(D)、546.07nm(e)、479.99nm(F')及び435.835nm(g)の波長について、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[株式会社オハラ:光学的性質( http://www.ohara-inc.co.jp/jp/product/optical/opticalglass/01002.html )]より
 と言う風に。

 しかし、これは特定の素材について屈折を考えるときは考えなくて良い場合がありますね。なぜなら、波長に比例するので計算過程で消えてしまうから。
 特に断りがないときは、D線--波長589.3nmのナトリウムのD線についての値と判断してよいです。

>どの波長の光に対する屈折率なのかを言及していなければおかしいかと思うのですが・・・

 だから、厳密な値が必要なときは、必ず明記してあります。
【引用】____________ここから
dn/dtは波長によって異なり、温度によっても変化します。
・・・【中略】・・・
 カタログでは、通常光学設計に用いられるdn/dtrelativeの値を、1,013.98nm(t)、643.85nm(C')、632.8nm(He-Neレーザー)、589.29nm(D)、546.07nm(e)、479.99nm(F')及び435.835nm(g)の波長について、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここま...続きを読む

Q空気の屈折率

空気の屈折率を窒素の屈折率と酸素の屈折率から求めたいのですがやり方がよくわかりません。窒素の屈折率をx、酸素の屈折率をyとするとどのような式になるのでしょうか?温度は273Kのときです。

Aベストアンサー

単純に混合比で按分すればいいはずです。
(計算例)
窒素と酸素の比率を仮に4:1とすれば、空気の屈折率は
(4x+y)/5=(4×1.000297+1.000276)/5=1.000293

Q光の屈折率について(波長が長い短いで・・・)

色彩検定3級の勉強を始めました。
疑問があるので質問します。
屈折率は、波長が長い光ほど小さく、波長が短くなるに従って大きくなるとテキストにあります。
なぜ、波長が長い光が屈折率が小さいのですか?大きい感じがします。
波長が短くなると屈折率が大きくなるのもなぜですか?これも小さい感じがします。
理科が苦手な私に分かりやすく教えてください。
さっぱり分からないのでなかなか覚えられません。しっかり理解したいです。

Aベストアンサー

> 屈折率は、波長が長い光ほど小さく、波長が短くなるに従って大きくなるとテキストにあります。

これはいつも正しいわけではありません。こういう場合が多いというだけです。
色彩検定のレベルでは、理屈は無しにこう覚えられた方がいいのでは。

色彩なので、目に見える光の範囲で透明な材料の屈折率を問題にするのだと思います。
そういう材料は紫外域(波長が目に見える光より短い)で共鳴吸収があり、屈折率が大きくなります。

その結果、紫外域に近くて波長の短い紫で屈折率が大きく、波長がから離れた赤で屈折率が小さくなります。

#2の先生が、
「波長が長い(周波数が低い)ほど、ガラスの結晶構造の影響が少なく、逆の場合は影響が大きいためです。結晶構造とは、原子の繋がり、構造が密な程進行速度が遅くなるためです。密度が高いと電子の影響が大きくなり、そのため速度が低下することになります。」
と書いていらっしゃいますが、きっと難しい理論を噛み砕いての説明だと思います。
噛み砕かれ過ぎてて、私にはなんのことを書かれているのかまったくわかりません。

これをそのまま読むと、光が当たった部分だけ、電子が寄ってきて密度が上がり、屈折率が上がるようにも読めます。
一部の誘電体ではそういうことも起こるようですが、一般的でないです。

> 屈折率は、波長が長い光ほど小さく、波長が短くなるに従って大きくなるとテキストにあります。

これはいつも正しいわけではありません。こういう場合が多いというだけです。
色彩検定のレベルでは、理屈は無しにこう覚えられた方がいいのでは。

色彩なので、目に見える光の範囲で透明な材料の屈折率を問題にするのだと思います。
そういう材料は紫外域(波長が目に見える光より短い)で共鳴吸収があり、屈折率が大きくなります。

その結果、紫外域に近くて波長の短い紫で屈折率が大きく、波長がから離れた赤...続きを読む

Q二酸化炭素の屈折率

二酸化炭素の屈折率をご存知でしたらご教授願えますでしょうか?

あと、ある色で屈折率がn1なら他の色での屈折率n2は求まりますか?

Aベストアンサー

ちょうどすぐ横に理科年表があったので見てみると、ナトリウムD線に対する0℃、1気圧の二酸化炭素に対する屈折率は
1.000450
だそうです。

>あと、ある色で屈折率がn1なら他の色での屈折率n2は求まりますか?

そういう問題を電磁気学の演習書で見たような気がします。

Q中赤外(波長2μm程度)の透過率・屈折率

いつもお世話になります。
私は分析装置について勉強している学生です。
いろいろ調べていくと、中赤外領域の透過率・屈折率がわかる分光装置(FT-IR)があるということがわかりました。
可視領域の透過率・屈折率ならばおよその応用の検討がつきますが、
中赤外領域における透過率・屈折率はなぜ測る必要があるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 CDやMD装置には赤外レーザーダイオードが使用されていますし、光ファイバーも赤外線で通信をしています。
 従って、赤外用の光学レンズなどを設計・製作するために必要ではないでしょうか。
 光学レンズメーカーのURLを書いておきます。この中に赤外レンズのページがあるので、参考になるかも知れません。

参考URL:http://www.edmund.co.jp/

Q氷の屈折率について

何故、氷は固体なのに水よりも屈折率が低いのでしょうか?
水の屈折率1.3330、氷の屈折率1.309(常光)

Aベストアンサー

屈折率nは光速をc、媒質中の光の速度をvとするとn=c/v=√(εμ/ε0μ0)=√(εr/μr)で表されます。ここでεr=ε/ε0は比誘電率、μr=μ/μ0は比透磁率と呼ばれます。具体的な値は適当な便覧で調べてください。氷と水の屈折率の違いはこれらの値が異なるためですね。何故異なるかというと水と氷の構造の違いからきています。氷の屈折率が水より低いということは上の式より水の中より氷の中のほうが光の速度が速くなるということになりますね。キチンと水分子が配列(結晶)している中のほうが光は進みやすいというでしょうね。

Q分光分布は色光、反射率曲線は物体の色が分かる、色光と物体の色は同じ?

分光分布グラフを見たら、色光が分かる
分光反射率曲線を見れば、その物体の色を知ることができる
と、色彩検定のテキストにあります。
色光と物体の色は同じ意味ですか?
違うのですか?
どうして分光分布グラフでは色光という言葉を使い、
反射率曲線では物体の色と言う言葉を使っているのか、
ややこしてくて分かりません。
教えてください。

Aベストアンサー

>色光と物体の色は同じ?

ではありません。

分光分布は、光源の発する可視光線の成分をグラフ化したもの。
つまり、色光とは、光の質の事で、白熱球は色温度が低い(赤味成分が強い)、三波長蛍光灯は鋭い波長のピークが三波ある、曇天や日陰では色温度が高い(青味成分が強い)と言う具合に光質が違うのです。

方や非発光体の色は、物体の反射率で左右される。黄色に見える物体は黄色の反射率が高い。白っぽく見える物体は、全ての波長に対し反射率が高いと言う具合に。それが反射率曲線。

だから、色光(光質)が違うと、同じ白い紙でも色味は違って見える筈。
ただ、それに気づく人は少ない。何故なら、紙は白いものとの思い込みがあり脳内で補正されるから。
これが、デジタルカメラだと、その辺融通が利かない。だから、自動でホワイトバランスを調整する機能が備わっているのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報