経験者のご指導をお願いします

家の周囲東側と北側の法面に間知ブルックを積む計画を持っています
間知ブルックは既に用意済みです(A,B,C,D,Eブロックの合計289個)

東側の延長が16m
北側の延長が9m
A型ブロック3段積みで、法長は計算上1.369mになります

バックフォーは持っているのですが、家の側面と法面との間が狭く、私のバックフォーでは入ってくことができないため、基本的には、手積みになります

【ご指導をいただきたい事項】
(1)ベース厚:どの程度とればよいでしょうか
(2)工法:ブロック屋の指導では、A型ブロック3段積みならブロックの背面は砕石詰めで大丈夫との回答を得ておりますが、その工法で大丈夫でしょうか(心配なのでベース上、一段目のB、D、E型ブロックの背面はコンクリートで固めようかと考えています)
0-40の砕石は準備済み
(3)排水パイプの施工:どの程度の間隔、段数をとればよいのでしょうか(法面の上は畑で、その上は山林です)
既存の施工状態は見て回っているのですが、さまざまで良く理解していないのですが、間隔はA型ブロック4つあけ、段数は2段で施工しようかと考えています。排水パイプ裏には、吸い込み防止ネットを被せることまでは勉強しています(排水パイプを設置していない現場も目にしますが)
(4)ブロック接合面:モルタル合わせが必要になるのでしょうか(既存の施工状態をみると、間知石の場合はモルタル接合をしているようですが、間知ブルックの場合はモルタル接合はしていないように見えるのですが)

間知ブロックを積むのは初めてなのですが、コンクリートミキサーも所有しており、素人ではありますが、外構工事、小屋のコンクリート基礎工事などの経験はあります(リフォーム歴30年の62歳)

質問件数が多くなってしまいましたが、ご指導のほど宜しくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

どこまで進んだのかわかりませんがちょっと気になったので。



1)基礎
法留基礎の形状は決まっています。
確かに3段で法長は短いですが、正規の寸法を知っておいてください。
ちなみにその程度の規模でも、今まで法留基礎の形状を小さくしたことはありません。W=550、H=300

2)ブロックの背面とは、胴込コンクリート?裏込コンクリート?裏込砕石?
胴込コンクリート(t1)を施工しないというのはありえません。
考えてみてください。砕石の表面にコンクリートの塊が積んであるだけです。
ブロックを1段積み上げたら胴込コンクリートを打設してください。
バイブレータで目地からセメントペーストがにじみ出るまで。かつ、ブロックが振動で動かないように慎重に。
裏込砕石(t2)は200~300で十分です。

3)パイプは考えている程度で十分です。
下段のパイプ直下に止水コンクリートを打設してください。
厚さ50程度でブロックから切土面まで一面です。
これによりパイプより下へ雨水の浸入を抑えます。

4)ブロックを積む時にモルタルは使用しません。
コンクリートをバイブレータで目地の隙間からセメントペーストがにじみ出るまで掛けます。
仕上げにモルタル目地を施工します。
雑割りブロックの場合、化粧的に目地は施工しません。

間知ブロックは胴込コンクリートで一体となってこそ意味があります。
「間知ブロック積みのご指導依頼」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誠に詳細なご説明をいただきありがとうございます
進行状況ですが、ベース枠に使用する杭を自作中に右手親指に怪我を負ってしまい工事は中断です(自分の不注意ながら情けなくなっています)
今日も青空を眺めて、右親指の包帯を眺め、悶々としております

>今まで法留基礎の形状を小さくしたことはありません。W=550、H=300
ありがとうございます
現在は、W=500、H=300で考えて、根切りを進めています
>確かに3段で法長は短いですが、正規の寸法を知っておいてください
ありがとうございます
ブロック屋が親切なのか、素人仕事を心配したのか納品前に施工図を作成してくれてそれが手元にあり、ご心配の件は認識しているつもりでおります(間知ブロックを扱うのはなにしろ初めてなので、ツモリと言うのは危なっかしいのですが)
>ブロックの背面とは、胴込コンクリート?裏込コンクリート?裏込砕石?
ありがとうございます。裏込砕石で考えていますが・・・(ブロック屋の指導に基づいて・・・)
>ブロックを1段積み上げたら胴込コンクリートを打設してください
ありがとうございます。現在頭の中にはブロック背面に胴込コンクリートを打設する考えはありませんでした。一段目のブロックにコンクリートを打設して固定し(一段目のブロック裏にもコンクリートは回りこみますが)、二段目以降は積み上げも背面も砕石で組み上げていく考えでおりますが・・・まずいですか
>下段のパイプ直下に止水コンクリートを打設
この件は全く頭になかったです。一段目のB型ブロックは前述の通りコンクリートを打設するのでその上のA型ブロックに最初の水抜きパイプを設置しますが、その下はB型ブロックのコンクリートの打設面があるのでそれで良いかと考えています・・・まずいですか
*色々と本当にお心づかい誠にありがとうございます

お礼日時:2009/09/07 13:17

No2です。


少し補足します。
間知ブロックの構造は
間知ブロック(胴込コンクリートを含む)+裏込コンクリート+裏込砕石
の3層で成り立っています。
胴込コンクリートとは間知ブロックとブロックの隙間をブロックの厚み分(350mm)充填するコンクリートです。
これにより個々のブロックを一枚のコンクリートとすることが出来ます。
裏込コンクリートとは法長が長い場合など間知ブロックの厚みを増す(補強)する為の胴込コンクリートの増し分です。
裏込砕石は雨水を浸透させる役目があります。

施工方法は
ブロックを積む→ブロックに寄りかかるよう、型枠を立て掛けながら裏込砕石を入れる→胴込コンクリート打設→打設後、すぐに型枠をはずす→ある程度固まったらブロックを積む・・・の繰り返しになります。
おそらく型枠を設置する発想は無かったため、一段目のコンクリートを止水の代わりで大丈夫か?と考えているのだと思います。
それでも良いですが、型枠を使用しないと無駄にコンクリートが必要になります。
その辺を考慮し、やり易い方法で。

胴込コンクリートを打設しなければ、ブロックの形状から線と線でしか接点がなく、いくら隙間に砕石を充填しても個々のブロックでしかありません。
組積ブロックの穴へモルタルの代わりに砂を充填した壁を想像してください。
怖くて近づけないのでは?

最終的な施工方法は自己責任において判断してください。

それではお体をお大事に。(自分もよく怪我をする方なので・・・)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度のご指導ありがとうございます
>ブロックを積む→ブロックに寄りかかるよう、型枠を立て掛けながら裏込砕石を入れる→胴込コンクリート打設→打設後、すぐに型枠をはずす→ある程度固まったらブロックを積む・・・の繰り返しになります

私の手順は(ブロック屋の指導に基づいた)素人考えですが
(1)ベース上に墨だしを行い一段目のD,B~B,D,B~B,Eを並べて置く
(16mと長いので中間で立ち上げの区切りを入れます)
(2)隅は型枠設置を行い一段目のブロック全てに胴込コンクリートを打設 (ブロック背面は切った法面の傾斜に任せる)
(3)固定したD,B,Eブロックの上にA型ブロックを積み上げては、砕石を打ち込む (tamao-chiさんのご指導は、A型ブロックを積み上げた後にも胴込コンクリートを打設と理解しました)
(4)すべてのブロックを積み上げたら、ブロックの上面をコンクリート仕上げ
*ご指導内容と僕の施工手順の大きな差は、全てのブロックに胴込コンクリートを打設するのと、砕石詰めで終わらせるとの差ですね

ご指導の通り、全てのブロックに胴込コンクリートを打設する方が良いのは良く理解できるのですが、ブロック屋の3段であれば砕石詰めで十分との声がちらついております

身体のことまでお気遣いをいただきありがとうございました

お礼日時:2009/09/09 08:45

 自宅の山側の敷地周りを数箇所、間知ブロックで高さ2m程度の擁壁を施工した経験があります。

数年経過していますが、今のところ擁壁のふくらみも出ていないので、私のDIY経験も参考としてください。
 まず、2mを超えないので、建築基準法の適用外のため安全面と、後からの補修面を重視したほうが良いと思います。
 DIYは、後からの補修や壊しやすさを重視したほうが後悔せずに済みます。

(1)ベース厚:地盤の土質によります。擁壁の基礎となりますので、柔らかければ、鉄筋を入れる等の補強対策も必要です。固ければ10cm以下でも良いのでは? それ以前にベースは、コンクリートの厚さ以上に砕石で基礎をしっかり固める必要があります。基礎は、崖の土圧の一部とブロックの重量全体を支えますので、コンクリートはしょせん、土の表面保護程度しか期待しないほうが良いです。
(2)工法:私は布積の経験しか無いですが、この程度の高さなら、砕石のみで良いのでは。後で補修可能というメリットがあるし、何より排水が良い。
(3)排水パイプ:2平米に一箇所以上、75mm径程度の排水パイプが必要です。パイプは、裏込砕石までの長さが必要です。
安全面を考えたら、擁壁はとにかく排水を重視する必要があります。いくらコンクリートで固めても、排水が悪ければ、大雨時の崖全体の土圧には耐えられません。水害時等の現場を見ればわかると思います。
排水が良好であれば、何とでもなります。
(4)ブロック接合面:空積みの場合のモルタル合わせは排水が悪くなるので逆効果です。また、ブロックの間以外にも、裏込砕石をしっかり入れることが重要です。

 その他に、注意する点としては、間知ブロック擁壁は、その重量で崖の土圧に耐える方式のため、法面の勾配も必要です。
また、一段目を正確に積まないと、あとのほうでブロックが入らなかったりします。(壁のブロック積みと一緒で、丁張りで水平面や壁面の基準出しが必要。
 経験しないと分からないことがありますので、とりあえず試行してみることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご指導、誠にありがとうございました
ご指導いただいた内容は、現在僕が考えている施工方法と大きな狂いはなく、安心材料となりました
ありがとうございました
現在、ベースの根切りに入っています
老体に鞭打ち、頑張ってみます

お礼日時:2009/08/28 13:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q間知ブロックの積み方

道路側壁などに使われている間知ブロックについて、正しい勾配、遣り方やベースの構造、裏込めや天場仕上げの構造や手順を図解で紹介しているURLまたは書物をご存知の方教えて頂けませんか。
穴あきブロック積みはプロ顔負けの腕前なのですが、間知ブロックを積んでいるところを終始見てないので、基礎知識をつけて挑戦してみたいと思っています。

Aベストアンサー

NO2,NO3です。再び!!!

補足だとメールが届かないのでわかりませんでした。
遅くなりごめんなさい。

それならこんなのもありますよ。
土留め用のものを使用してください。

ミニユンボも入れませんか?
かなり細い道でも入っていきます。

参考URL:http://www.taiyo-cement.co.jp/seihin_joho/walling/cp_katawaku/cp_katawaku-rmunit.html

Q間知ブロック図面作成(平面図・展開図)を作成する時に注意する点がありま

間知ブロック図面作成(平面図・展開図)を作成する時に注意する点がありましたら教えて下さい。勾配や屈曲が かなりありてこずっています。

Aベストアンサー

構造細目に関しては施主によって基準が異なるので触れませんが(施主が分かっていても公的機関の場合ならこういう場では書けませんが)、一般論を以下に記します。

【図面全体として】
・平面図と展開図(側面図)の位置関係(の対比)が分かり易いように配慮して下さい。屈曲部なりブロック割(区画割り)なりに番号を振って、その番号が分かる旗揚げ等を行うのが最も良いと思います。
・可能であれば、図面上側に展開図(側面図)、下側に平面図、右上に断面図を並べた一枚の図面とする「一般図」の形式で作成すれば、後で見る人には親切と思います。その際は、平面図の縮尺と展開図の横方向(延長方向)の縮尺は揃えて下さい。展開図の縦方向(高さ方向)と断面図の縮尺は何でも構いません。

【平面図】
・屈曲している所(展開図で開きが生じる所)と、そうで無くて小さな曲率のアールを付けて巻く所(展開図が開かない所)がハッキリ分かるように作図して下さい。一般的には屈曲する場合は屈曲ラインに一本線(実線)を記入すると思います。

【展開図】
・高さの寸法線に、斜長(高さ×斜率)を併記すると親切です。
・擁壁タイプが複数となる(=裏コン厚等が変化する)場合は、断面図に対応したタイプ番号が分かる旗揚げ等を行って下さい。
・水抜きパイプの位置を明示したほうが良いか明示しないほうが良いかは施主に確認して、その通りとして下さい(一般的には明示せず現場で判断します)。明示しない場合も配置ピッチと水抜きパイプの工種と径、透水材の工種とサイズは図面内に明記して下さい。
・勾配があるとの事ですが、地盤が急勾配となっており基礎が急勾配となる場合は、その勾配が急すぎないか(基礎コンクリートが打設出来ないほど急勾配となっていないか)ご配慮下さい。急すぎる場合は、一般的には根入れを深くして階段状の基礎として勾配を緩めます。
(何%まで許容するかは施主により異なります)。
・最小根入れが不足しないように注意して下さい。
・天端コンクリート厚を明示して下さい(展開図では無く断面図での明示でも可です)。
・屈曲部は開きを表現して下さい。開いている角度は特にこだわらなくて(現実と多少違っていても)良いと思います。天端延長と基礎延長が現実と合うように作図するのが一般的と思います。
・アール部で、天端と基礎の延長に差が出るけど目地では開かない(屈曲しない)場合は、一般的には開いていない状態(天端延長=基礎延長)で作図し、寸法線のみ手打ちで正しい値を記入すると思います(たまに開いてもいないのに天端も基礎も実寸で作図し結果的に台形となり目地で開いてしまっている図面を見ますが紛らわしいと思います)。

以上、思いついたことをザッと書きました。参考になれば幸いです。

構造細目に関しては施主によって基準が異なるので触れませんが(施主が分かっていても公的機関の場合ならこういう場では書けませんが)、一般論を以下に記します。

【図面全体として】
・平面図と展開図(側面図)の位置関係(の対比)が分かり易いように配慮して下さい。屈曲部なりブロック割(区画割り)なりに番号を振って、その番号が分かる旗揚げ等を行うのが最も良いと思います。
・可能であれば、図面上側に展開図(側面図)、下側に平面図、右上に断面図を並べた一枚の図面とする「一般図」の形式で作成すれば、後...続きを読む

Qコンクリートブロック工の、コンクリートブロック(間知ブロック)を1:0

コンクリートブロック工の、コンクリートブロック(間知ブロック)を1:0.5の勾配で谷積みしますが、

1、折れ点に設置する小口止めの幅、厚さの規定はあるでしょうか??共通仕様書を調べましたが、小口止めについての記述が無く、設計書も展開図だけの状態です。

2、また、小口止めは始点、折れ点、終点に設置しようと思いますが、それぞれブロックと小口止めの間に目地(伸縮目地材)が必要でしょうか?


経験の豊富な諸先輩方、回答願います。

Aベストアンサー

1.幅、厚さについて
 幅については特に規定はありませんが、最小幅は150mm程度は欲しいところです(要はコンクリートが普通に打設できる幅)。
 厚さはブロック本体の奥行き+裏込めコンクリート厚となります。

2.目地について
 小口止めとブロックの間には目地は不要です。
 ただし折れ点には必要です。また、一定スパン毎(10m以内)にも必要となります。

Q宅地造成のコンクリートブロック擁壁

宅地造成の設計を行うことになりました。
地上高が0.8m以下の場合、
コンクリートブロック積(空洞ブロック)の
擁壁にすると前任者より言われました。
(1)コンクリートブロックの擁壁でいいのでしょうか?
(2)構造の根拠(基礎幅等)
(3)その他参考図等の掲載されている本、HP
以上がわかれば教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

「空洞コンクリートブロック(以下「空洞CB」と略します)」については,とんでもない勘違いをされている専門家が多いようです。町の至る所で,高さ1m前後の空洞CBの擁壁を,それも,一目見ただけで,傾いているのが分かるようなものを見かけます。

(1) 空洞CB,土に接して施工してはいけません。つまり,擁壁に使ってはいけません。土に接しない部分,即ち,塀ならば使えますが・・・
確かに,擁壁に使用したものをよく目にしますが,あれは全部,規準違反です。宅造法に出てくる「間知石練積み造・・・」には,空洞CBは含まれません。#2さんの言うブロック積み擁壁は,「天端の巾が大きく・・・」という文言から判断して,間知石等を念頭におかれた発言であろうと思います。(たぶん,土木系の専門家にとって当たり前な事だから。)

(2) 擁壁の構造については,宅造法に規定されています。URLを参照してください。
http://homepage2.nifty.com/kekkanzenkokunet/4-5-5=takuzoho&rei.htm
土木系では道路や鉄道などで別々の標準図集があり,用途が異なると適用できないことが多いようですが,建築系では何でもかんでも,節操なく準用してしまいます。それでも,空洞CBに関しては,準用する規定がないので,準用もされていません。
ブロック塀ならばあります。

(3) 「よって,正式な参考図や標準図は存在しません。もしあるとすれば,無知な業者又は誰かが勝手に作ったものであって,正式に認められたものではありません。

この場合は,#1さん,#2さんのアドバイスを参考にして,既製品を使用される方が良いと思います。

空洞CBは,擁壁やブロック塀に関する限り,日本全体の約80%程度が間違った使い方をしているというのは,学会の論文などでもよく目にする数値ですが,CBの下敷きになってOO人がなくなったと言う地震等の被害報告や報道があっても,それを真剣に受け止める人は少ないようです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/kekkanzenkokunet/4-5-5=takuzoho&rei.htm

「空洞コンクリートブロック(以下「空洞CB」と略します)」については,とんでもない勘違いをされている専門家が多いようです。町の至る所で,高さ1m前後の空洞CBの擁壁を,それも,一目見ただけで,傾いているのが分かるようなものを見かけます。

(1) 空洞CB,土に接して施工してはいけません。つまり,擁壁に使ってはいけません。土に接しない部分,即ち,塀ならば使えますが・・・
確かに,擁壁に使用したものをよく目にしますが,あれは全部,規準違反です。宅造法に出てくる「間知石練積み...続きを読む

Q擁壁工事の適正価格について

自宅新築にあたり、隣地境界に擁壁工事をすることになり、見積もりを施工業者からもらったのですが、私は素人なので、その価格が適正なのか、アドバイスをいただけたらと思います。

丁張り、スミだし 30,000円
H=300 直壁 単価5,000円
H=800 L型擁壁 単価15,000円
転圧10,000円
運搬費・諸経費 35,000円

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

擁壁の高さ、cmですよね。

丁針、スミだしは、単価が無いが、そんな物でしょう。

プレキャスト擁壁なら、地方によって単価は違いますが、
その位のお値段で安いか妥当位だと思います。

転圧は、特に単価も無いので、

運搬費は、通常重機を運んで貰っても20,000円位なので、
諸経費に15,000円って事でしょうね。

自分は、妥当な値段だと思いますけど

Qセメントと砂の配合について

モルタルを作る際のセメントと砂の配合についてなんですが、
一般的に1対2から1対3といわれてますがこれらはどういう違いが出てくるのでしょうか?
もし1対1とかにするとどうなりますでしょうか?

Aベストアンサー

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工事改修基準書という本を出していますが残念ですが その本にも強度は記載されていません。

では、どの様な基準があるか? となりますが、普通コンクリートの場合(コンクリートミキサー車で運んで来るものです) スランプ率15~18が一般コンクリート強度と表されています。
 しかし、普通コンクリート強度は、中に入れる鉄筋の太さ、数量などで強度が変わって来ますので、それ自体では強度の計算も確認もできないのが実際です。

ゆきつくところ、実際 砂セメントの調合比率・添加する水の量でどれだけの強度となるのかを知っている人は居ないということですし、調合比率で A+B=C みたいな計算式は成り立たないということです。

例えば、厚さ15センチのモルタルの板でも、ごく普通のサラリーマンでもハンマーで割ることが出来ます。

ですので、砂・セメント・水の調合比率で強度を計算することは不可能です。 どうしても知りたければ、大学の研究室に依頼して実験をしてもらう以外にないと思います。

最後に、最初に調合比率は用途でほほ決まると書きましたが、これも左官屋さんの経験値で変わります。
例えば、壁とかを塗る場合には、1:2 ぐらい
土間などを打つ時は(駐車場など)1:3 ぐらい
捨てコン とか、敷石などを固定するときなどは 1:4ぐらい
が一般的です。
『ぐらい』としか書けないのは、その時の施工条件、気温、湿度、施工部位、目的、砂質などで毎回変わるからです。そしてそれらを決めるのは左官屋さんの経験値と腕です。

いずれにしましても、大工にしても、塗装にしても左官にしてもそうですが、職人は今の時代でも 大工10年 左官7年 塗装3年 ぐらいの修行は最低して来ないと一人前と認められません。
つまりは、『こうすればこうなる』などという簡単な公式はありませんので それだけ経験して、実際に勉強してやっと一人前になるぐらいの難しさがあるということです。

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工...続きを読む

Qコンクリートの単位容積重量はいくらぐらい?

一般的なコンクリート塊の単位容積重量はおよそどれぐらいですか。
できたら、Kg/立方mで教えてください。

Aベストアンサー

コンクリートの単位容積重量(正式には単位容積質量)はコンクリート中の
砂、砂利、の質量とコンクリートの乾燥具合によって変わってきます。

現在日本で使われてるセメント、砂、砂利の比重から考えて2300~2400Kg/立方m
と考えて良いでしょう。

特殊な用途があれば軽いコンクリート、重いコンクリートも作ることが出来ます。
元生コンクリート技術に従事していました。

Q擁壁工事の費用が適正なのかわかりません。教えてください。

南ひな壇の42坪のアパートの新築見積りをある鉄骨ハウスメーカーにお願いしました。
建物本体の価格より驚いてしまったのが、擁壁工事費用550万円かかるという点でした。
アパートの解体撤去費230万円というのも予算オーバーでしたが、主人はこのハウスメーカーと契約してしまいそうです。
この価格は妥当なのでしょうか。

すみません。何の知識もありません。よろしくお願いいたします。

南ひな壇はおおや石で、このままでは建築許可がでない。
東側と西側ともに4メートル道路と隣接していて、擁壁工事をぐるりと
コの字形にしなければいけません。
道路からの高低差は一番高いところで1メートル70センチくらいはあると思います。

ご専門の方、わかりやすく、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 #1です。

 見積りの内容を見ると、現場打ちですね。通常このくらいの高さであればプレキャストを使った方が工期が短く、見た目もきれいなのですが。
 ただ、ここに出された数量だけでは規模(長さ)が分からないので、適正かどうかの判断は出来かねます。
 ちなみに、プレキャスト擁壁(宅造用)だと1.5m位の高さ(根入れ含む)でだいたい4~5万くらい(1本/2m)です。設置手間は2.5~3万/mといったところでしょう。ただし、土工事(掘削、埋め戻し、残土処分)などは別になります。又、設置手間も高さによって異なってきます。

Q3分とか1割とかの具体的な角度を教えてください

土木関係初心者ですが、よく斜面をみて、
3分とかいっていますが、どういう意味でしょうか。
あと1割っていうのもわかりません。
会話に入れずに困っています。

Aベストアンサー

1:0.3=3分(水平に3縦に10の直角三角形を描けばわかりやすいです。)
1:1=1割

Q2t車満載の砕石は、何流米?

何流米になりますか?

Aベストアンサー

●下記URLに比重表はあります、砕石は砂利と同等と思います

●砂利の比重は1.7とある

●2トン相当は 2÷1.7=1.17立方メートル

● 立方メートルを立米と言います。

結論 砕石2トンの容積は 概ね1.1~1.2立米です。

参考URL:http://www.jomon.ne.jp/~morichan/siryo/hijyu_t.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報