弓張嶺夜襲と弓張嶺夜襲等で名を馳せた松永正敏陸軍中将について教えて下さい。
弓張嶺夜襲は「世界史上不滅の大記録」として日露戦争で帝国陸軍を勝利に導いた
有名な戦いですが、wikipediaにも松永中将の経歴くらいしか載っていませんし、
遼陽会戦の部分にまとめられていて弓張嶺夜襲の項すらありません。

この夜襲に参加したのは西寛二郎大将、松永正敏中将、岡崎生三中将ですが、
戦争SLGゲームの大御所ジェネラルサポートが出した
戦略SLG『日露戦争』でも西寛二郎大将の歩兵適正が7
岡崎生三中将が6に比べて、松永正敏中将は8で
これは日露戦争に参戦した全将官中一位です。
ジェネラルサポートの評価はある程度信頼の置けるものです。
http://www.usamimi.info/~kintuba/ikenie/nitirose …

では、なぜ松永正敏中将が師団長を差し置いて歩兵適正の最高位とされているのかについては
何らかの武勇伝や発言などがあったはずです。
本などを読まれて知っているという方は、
もしよろしかったら教えて頂ければ幸いです。

また、弓張嶺夜襲で松永正敏中将や他の軍人の言動や戦闘について
ことこまかな記載がされている史実に則ったノンフィクションというか信憑性のある本があれば
ご教示頂ければうれしいです、
松永正敏中将の自伝や詳しい記載があるものも出来れば見てみたいです。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

PHP文庫から柘植久慶氏の「日露戦争名将伝」というのがでていますが、これは中々詳しいですよ。



松永中将に関しても独立した項目で扱われていますし、第一軍の動きが重ねて詳しく載せられています。関連する人物などもわかるので良いのではないでしょうか。

あとは「坂の上の雲」も比較的史実に忠実で参考になると思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答して頂きありがとうございました。
参考にさせて頂きます。
貴重な資料をお教え頂きありがとうございました!

お礼日時:2009/09/06 22:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレーニンは、日露戦争をどのように見ましたか?

レーニンは、日露戦争をどのように見ましたか?

1905年に日露戦争はロシア帝国の敗北により終結しました。
これ以降、ロシア帝国は弱体化に拍車がかかり、ロシア革命の遠因に
なったとされています。
さて、革命の父と言えばレーニンですが、レーニンはこの日露戦争を
どのように評価しているのでしょうか?
日露戦争に対して、レーニンはどんなコメントをしていますか?

Aベストアンサー

レーニンは日露戦争が開戦した直後からその戦争期間中はもちろん、終戦後に亘り多くの論文や演説を残しています。その量は相当なものでほとんどはレーニン全集に納められてはいますが、まともに研究するなら独立した一冊の本が出来るほどです。

 ということでレーニンの詳細なコメントを含めた回答は不可能ですので、ざくっとした回答でお茶を濁らさせてもらいます。

 レーニンの日露戦争観は当時の日本を取り巻く諸国の知識人とはかなり違ったもので、中国や朝鮮のように小国が列強大国を見事に打ち破ったことに対して、無邪気に喜ぶというものではありませんでした。同時に反政府的思想を持っていたにもかかわらず、敗北という現実の前に止めようのないナショナリズムが湧いてきた、トルストイのような複雑な感情も持ち合わせてはいませんでした。

 レーニンは日露戦争開戦直後からこの戦争の本質と推移、そして戦後の変革を冷静に見つめ、これをいかに自己の思想闘争に活かし、なおかつ利用しようかということを分析し研究していたといってもよいでしょう。

 日露戦争は当時のヨーロッパやアメリカのインテリゲンチャと同じく、弱小国対強大国の戦いといった単純な見方ではなく、帝国主義的的植民地主義者たちの闘争であって、アメリカやヨーロッパ諸国の反動的ブルジョアジーたちの間に将来起こりうるであろう、新しい形の戦争の初期段階的なものであるとみなしていました。

 日露戦争開戦直後の小規模な戦闘でロシア軍が敗北を続けたとき、ロシア社会主義民主労働党中央委員会での労働者への呼びかけの中の一節です。
「戦争が始まった。日本人はすでにロシア軍に一連の敗北をもたらし、いまやツァー政府はこれらの敗北復讐を果たすために全力を注いでいる」とし、これらの結果がロシア人労働者、農民たちに新たな苦難を招き、人民やその家族に大きな惨禍をもたらし、さらなる税の過大なる負担を強いるであろう、と続けています。

 そしてレーニンはそこにツァー政府の将来的な破滅と崩壊を予想し、革命の実現という現実的な姿を見たのです。

 レーニンは前述したように戦争中、各戦闘の経過と結果について詳細に分析・研究を行っています。そしてその結果の原因の主なものに必ずツァー政府における官僚や軍人の腐敗性と、農民大衆の無教養や無気力などを挙げて、「露日戦争の仮借ない教訓によって、惰眠をむさぼるだけの広範な農民大衆を目覚めさせる」と結んで、巧妙にアジテートしています。

 さらにレーニンは機に乗じて日本をたくみに利用しており、あるときは帝国主義者、あるときは進歩的勢力と呼び、自身のイデオローグに効果的に組み込んでいる点でもしたたかな人物でした。

 日露戦争に関してのコメントしての集大成というなら、「新しい大戦争、専制制度に立ち向かう人民の戦い、自由を求めるプロレタリアートの戦争が近づいていることを意味していることに、この戦争の全世界的・歴史的意味がある」というのが、最もふさわしいかもしれません。

レーニンは日露戦争が開戦した直後からその戦争期間中はもちろん、終戦後に亘り多くの論文や演説を残しています。その量は相当なものでほとんどはレーニン全集に納められてはいますが、まともに研究するなら独立した一冊の本が出来るほどです。

 ということでレーニンの詳細なコメントを含めた回答は不可能ですので、ざくっとした回答でお茶を濁らさせてもらいます。

 レーニンの日露戦争観は当時の日本を取り巻く諸国の知識人とはかなり違ったもので、中国や朝鮮のように小国が列強大国を見事に打ち破ったこ...続きを読む

Q台湾を救った陸軍中将・根本博の奇跡

「釣りに行く」とかかっこよすぎませんか?
しかし今の台湾があるのは彼のおかげだと誰も知らないのは悲しいです
http://www.youtube.com/watch?v=RRYOmM-TlKo

Aベストアンサー

張家口の戦いも、根元じゃなかったかな。
ポツダム宣言を受諾しても侵略を辞めなかったソ連軍4万五千から
4000の兵で4万人の民間人を保護しながら支那方面への脱出作戦。

民間人死者を出さずにこの作戦をやり遂げその後も中支にとどまって、日本軍35万を無事日本へ帰国させ
るため蒋介石と交渉などして安全を確保したんだよね。

しかし、日本軍と戦った蒋介石はきちんと約束を守って日本兵の帰国を約束したのに、日本軍と戦っていない共産党は通化事件などをおこした。

Q日露戦争から太平洋戦争にかけての歴史についての本

最近、歴史に興味が出てきました。そこで、読みやすい本で、上記の内容が理解できるようなもの、お薦めの本はありますか。松本清張の昭和史発掘は時間はかかりましたが興味深く読めました。辺見じゅんの男たちの大和は一気に読みました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>昭和史発掘とは、硬派なモノから始りましたね。

わたしのお勧めは、児島襄(こじまのぼる)さんの一連の著作ですね。

日露~太平洋戦争期であれば
・天皇
・平和の失速
・日露戦争
・日中戦争
・日本占領
などが上げられます。

昭和史発掘に比べると、小説タッチの作風ですから読みやすいですね。

Q「日本史B」と「世界史B」の教科書

こんにちわ。

息子が通信制の高校生で、この夏、高卒認定で「日本史B」と「世界史B」の合格を目指しています。
4月から2年次なのですが、取得単位の関係で、この春から学校で「日本史B」と「世界史B」の授業を受講できないことがわかりました。

それで、自宅学習するために教科書を購入しようと思うのですが、どこのものを購入すればいいかわかりません。

おすすめのものがあれば、教えて下さい。
ちなみに、息子は社会は大の苦手です。

高認試験は、それほど難しくはないと聞きますが、高一の途中('09夏頃)から全く勉強していません。
勉強方法なども合わせて教えていただけましたら助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

実は高校の教科書は難しいです。よって教科書よりも簡単な参考書の方が楽ができます。その後で教科書などに進んだほうが良いと思います。私は教科書は使わない勉強法でした。変わりに参考書だけですませました。

文英堂の『これでわかる』シリーズを一度書店で見てください。
あとは中継出版の『センター試験0からはじめて100までねらえる』シリーズもお勧めです。

これらを検討してから教科書へ進んでも良いと思います。特に後者のセンター試験シリーズは一冊を完璧にすれば高卒認定試験は受かります。

Q結局 ざっくりいって、、 朝鮮半島の奪い合い←日清戦争 満州の奪い合い←日露戦争 日露戦争勝利→朝鮮

結局
ざっくりいって、、
朝鮮半島の奪い合い←日清戦争
満州の奪い合い←日露戦争
日露戦争勝利→朝鮮半島いただき、、

という図式でよいのでしょうか?

Aベストアンサー

朝鮮半島の奪い合い←日清戦争
 ↑
そうです。
しかし、どうして朝鮮半島を奪い合うことに
なったのか。
それは朝鮮半島は日本の安全保障の要だ
からです。
朝鮮半島に敵国の軍隊がいたら、日本の
安全は脅かされるからです。

キューバにミサイル基地が出来る、ということで
米国は第三次大戦覚悟で、海上封鎖に出ました。
隣国とは、安全保障にとってそれだけ重要なのです。



満州の奪い合い←日露戦争
   ↑
満州がロシアに取られたら、次は朝鮮です。
ひとたまりもありません。
そして朝鮮がロシアに取られたら、日清戦争と
同じになります。



日露戦争勝利→朝鮮半島いただき、、
   ↑
いただいていません。
満州から追い払い、朝鮮半島を守りました。
それもこれも、安全保障の為です。

元寇は、朝鮮半島経由で日本を侵略しています。
繰り返しますが、半島は日本防衛の要なのです。


結局ざっくりいって、、
  ↑
ロシア脅威から日本を防衛するためです。
事は、明治維新から続いているのです。
上海で、中国人が列強の奴隷になっているのを
目にした、高杉晋作らは、なんとしても列強の
植民地にはさせない、ということで明治維新を
おこし、日清日露となったわけです。

朝鮮半島の奪い合い←日清戦争
 ↑
そうです。
しかし、どうして朝鮮半島を奪い合うことに
なったのか。
それは朝鮮半島は日本の安全保障の要だ
からです。
朝鮮半島に敵国の軍隊がいたら、日本の
安全は脅かされるからです。

キューバにミサイル基地が出来る、ということで
米国は第三次大戦覚悟で、海上封鎖に出ました。
隣国とは、安全保障にとってそれだけ重要なのです。



満州の奪い合い←日露戦争
   ↑
満州がロシアに取られたら、次は朝鮮です。
ひとたまりもありません。
そして朝鮮がロシアに取られ...続きを読む

Q海外で学習する「世界史」とはどれくらい「日本史」を含みますか?

日本の学校で習う「世界史」の教科書の中には、日本に関する記述があります。
しかし、日本の分量はあまりにも少なく、高校で学習する「日本史」の範囲と
カブらないよう、わざと日本の記述を少なくしているようにも見えます。

そのため、日本の「世界史」教科書は、全世界における日本の重要度が
どの程度なのか、分かりにくくなってしまっている気がします。
では、海外において学習される「世界史」での日本の記述はどうなのかと
いう疑問を持ちました。

私は歴史に詳しくありませんが、中国の歴代王朝の初代皇帝ぐらいなら
全部言えますし、西洋史もローマ帝国から現代までの大筋の流れは
把握しているつもりです。

韓国の教科書には、自国史に関係ある豊臣秀吉は当然習うでしょうが、
それとは別に日本においてのみの重要人物(例えば源頼朝・足利尊氏・
徳川家康など)はどれくらい詳しく教えているんでしょうか?
おそらく、日本が登場するのは、近代以降からで古代・中世の日本の記述は
あまり無いと思います。
欧米の世界史教科書だと、日本の古代・中世は「無」だと思います。

また、日本の歴史上の人物とは、海外での知名度はどれくらいなんで
しょうか?

日本の学校で習う「世界史」の教科書の中には、日本に関する記述があります。
しかし、日本の分量はあまりにも少なく、高校で学習する「日本史」の範囲と
カブらないよう、わざと日本の記述を少なくしているようにも見えます。

そのため、日本の「世界史」教科書は、全世界における日本の重要度が
どの程度なのか、分かりにくくなってしまっている気がします。
では、海外において学習される「世界史」での日本の記述はどうなのかと
いう疑問を持ちました。

私は歴史に詳しくありませんが、中国の歴代...続きを読む

Aベストアンサー

恐らく、現時点の世界史における日本の位置づけは、近代にはいるまでほとんど「無」であろうと思います。

世界史に記憶されるような事柄として「人類史上・世界史上初めてで重要な出来事」か「人口x経済力の観点で世界に多きな影響を与えた出来事」である必要があると思うからです。

古代・中世までの日本は、中華文化圏の一部として中国の強い影響下にありましたので、文化圏内では一番遠い島国としてある程度の独自性はもちつつも、世界史的には中華文化圏の一辺境と捉えるのが妥当だと思います。

近世初期になると、倭寇・日本人町・金銀の大量輸出という点で世界史への影響が大きくなりましたし、当時の最新技術だった鉄砲がアジアで唯一大量生産できた地域として、世界史における日本の地位が明らかに向上していると思います。

その後も、江戸時代に入って貨幣経済が発展したり(大阪で米の先物取引の市場ができたのは、恐らく経済史上初の出来事)、世界最大の人口を誇った江戸を擁するなど、世界史上でももう少し登場しても良いとは思うのですが、鎖国&極東で国際交流面で遅れていたことが影響して、近世における日本の扱いは、やや過少評価されているかもしれません。

その分、近代に入ってアジア初の近代化、日清・日露戦争の勝利で唐突に世界史の表舞台に出てくるような印象になっていると思います。

そのため、朝鮮半島において豊臣秀吉が知られていることを覗けば、源頼朝・足利尊氏・徳川家康・織田信長など、近世以前の日本人の知名度はゼロだと思います。

恐らく、現時点の世界史における日本の位置づけは、近代にはいるまでほとんど「無」であろうと思います。

世界史に記憶されるような事柄として「人類史上・世界史上初めてで重要な出来事」か「人口x経済力の観点で世界に多きな影響を与えた出来事」である必要があると思うからです。

古代・中世までの日本は、中華文化圏の一部として中国の強い影響下にありましたので、文化圏内では一番遠い島国としてある程度の独自性はもちつつも、世界史的には中華文化圏の一辺境と捉えるのが妥当だと思います。

近...続きを読む

Q日露戦争の意義

日露戦争はアジアの小さな小国日本が列強のロシアに勝利した戦争ですが
日本がロシアに勝利したことはどれほど他の国に影響を与えたのでしょうか?
また、日露戦争は第零次世界大戦とも呼ばれているらしいのですが、それは他国(イギリス・フランス・ドイツ)が日本やロシアに協力していたからでしょうか?

あらためて、日露戦争の重要さを調べているのですが、どれほどの存在になるのでしょうか?

Aベストアンサー

日露戦争が世界史に与えた影響は案外大きいものがあります。

まず、19世紀末から20世紀半ば(第二次大戦終了時)にかけて世界は帝国主義時代となっておりますが、ロシアが負けたことにより、ヨーロッパでの対立軸がイギリス対ロシアからイギリス対ドイツに変わります。英仏露(日)による三国協商側と独墺伊三国同盟側の対立が中心となります。

続いて、勝利した日本は軍事的な強国の一つとして認められ、朝鮮を植民地として獲得して帝国主義に進みます。この流れは第一次大戦にイギリス側として参戦することで国際連盟の常任理事国となり、五大国の一つとして認められることに繋がります。

また、植民地とされていたアジア諸国やその周辺国家にとってアジアの国が先進欧米国家に勝ったということで独立運動・民族運動に希望を与えると共に東南アジア諸国から日本への留学生などが増加します。

もし、日露戦争が無く日本が勝つことが無かったならば、世界はいまだにヨーロッパ中心でまわり、アジア・アフリカの植民地の独立も困難であって現在のように独立国が200もあるようなことにはならなかったでしょう。

なお、「第零次世界大戦」という題名の小説がありますが、日露戦争をそのような観点で見ることは一般的ではありませんし、おそらく歴史観としても納得がしがたく射程の小さなものでしかないと思います。

日露戦争が世界史に与えた影響は案外大きいものがあります。

まず、19世紀末から20世紀半ば(第二次大戦終了時)にかけて世界は帝国主義時代となっておりますが、ロシアが負けたことにより、ヨーロッパでの対立軸がイギリス対ロシアからイギリス対ドイツに変わります。英仏露(日)による三国協商側と独墺伊三国同盟側の対立が中心となります。

続いて、勝利した日本は軍事的な強国の一つとして認められ、朝鮮を植民地として獲得して帝国主義に進みます。この流れは第一次大戦にイギリス側として参戦す...続きを読む

Q世界史Aと世界史Bについて

高校には必修科目として世界史がありますが、世界史Aって習う機会があるのでしょうか?

Wikipediaでは世界史Aか世界史Bのどちらかを必修する必要があると書かれていますが、うちの公立高校ではまだ世界史Bしか習っていません。

これって高校によってAかBを習うか変わるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

世界史Bを習ったら、世界史Aは習いません
一般的に普通科高校は世界史B(例外もあるようですが)
商業高校や工業高校は世界史Aを履修します

過去の質問例
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2499564.html

Q【日露戦争調停の思惑】

【日露戦争調停の思惑】


セオドア・ルーズベルトのもとで、アメリカは
日露戦争の調停を行いましたが、アメリカとしては、
どういう思惑があって、これをやったのでしょうか?

アメリカが、単に「平和のために」やったとは思え
ません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大きく分けると 2つ

1 満州(中国)の利権に関して、私にもください、権利があります。

2 列強(ロシアと日本)の仲裁をすることで、列強入り

1はわかり安いかと思います。けんかの仲裁に出ることで、仲裁料をとるようなもの。

19世紀のアメリカ外交の基本は、モンロー主義であり、アメリカ大陸に関しては口を出すな、それ以外には口を出さない・・・言い換えれば欧州の列強クラブには入りませんというもの。
それが1890年のフロンティア喪失、1898年の米西戦争によるフィリピン領有など、列強クラブに入る必要が出てきました。
かといって、実際に列強クラブという明確なものがあるのではなく、実際に何をやったかで、お互いが「君って、僕らの仲間だよね」と認識されるのが列強クラブです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E4%BC%9A%E8%AD%B0_(1878%E5%B9%B4)
ちょっと前の露土戦争
なんか 直接対決した国でない、あるいは、司会のドイツ以外も参加しています。
この直接関係のない参加国が列強です。
アメリカは呼ばれていないし、ドイツはここで調停を行うことで、列強としての立場を強めました。

1878年にドイツがやったことを、1905年にアメリカがやって、列強宣言を行う場。
それが ポーツマス会議です。

現代の感覚で、フィンランドが会議を主催・・・・とかではなく
両国が調停案に文句を言ったら、調停国が攻め込むぞという、脅しも含んでの調停工作が常識です。
なので、調停工作に成功することは、関係ない国に対して
「ロシアと日本がアメリカの調停を受けたということは、アメリカの力をロシアと日本が正式に認めた」ということを宣言することになります

大きく分けると 2つ

1 満州(中国)の利権に関して、私にもください、権利があります。

2 列強(ロシアと日本)の仲裁をすることで、列強入り

1はわかり安いかと思います。けんかの仲裁に出ることで、仲裁料をとるようなもの。

19世紀のアメリカ外交の基本は、モンロー主義であり、アメリカ大陸に関しては口を出すな、それ以外には口を出さない・・・言い換えれば欧州の列強クラブには入りませんというもの。
それが1890年のフロンティア喪失、1898年の米西戦争によるフィリピン領有など、列強クラブに...続きを読む

Q聴くだけ世界史とトークで攻略世界史B

世界史の勉強をしているのですが、耳からの学習も取り入れようかと思ってます。
「聴くだけ世界史」か「トークで攻略世界史B」を買おうと思っているのですが、どちらが良いでしょうか?

Aベストアンサー

元教師・現役予備校講師である


ちなみに片方の教材に同僚が関係しているので、営業行為になりえるので仔細は言及できないが


「 どっちもどっち 」

である。

到達度次第の部分があるが、大差なし

価格分だけの価値はないので、別の教材を選択されたし


人気Q&Aランキング

おすすめ情報