【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

お馬鹿な質問でお恥ずかしいですが・・。
言葉の通り、「50万円を超える」は50万円以上?それとも50万1円以上ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

50万以下だと50万円も入ります。

50万円以上も50万円が入ります。50万円未満だと50万円は入りません。そして、50万円超「=50万円を超える」は50万円は入りません。つまり50万円と1円~となります。
    • good
    • 8

専門家紹介

木村正人

職業:ファイナンシャルプランナー

FP1-オフイス21 代表
[ エフピ-ワン-オフイスニジュウイチ ]
あなたの人生のアドバイザーFP1!
家庭のいち専業主婦から世界のトップ企業様までアドバイス!
これが誰にもひらかれたエフピーワンの心意気です!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

073-402-5035

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

「50万円を超える」は50万円ちょうどは含みませんので「50万円以上」とは異なります。


    • good
    • 6

専門家紹介

専門家プロファイル_杉浦恵祐

職業:ファイナンシャルプランナー

金融商品の運用結果は表面上のいくら儲かったかで判断してはいけません。税金や社会保険料への影響を考慮した実際の手取り金額で考えるべきです。ご自身の状況に応じた適切な証券投資と税務、社会保険制度等の包括的なプランニングをご提供いたします。

詳しくはこちら

専門家

50万超  50万を超える(50万を含まない)


50万以上 50万を以って上(50万を含む)
50万未満 50万未だ満たず(50万を含まない)
50万以下 50万を以って下(50満を含む)  
読んで字の如く 私はこういうふうに覚えました。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

詳しく書いていただき有難うございました!

お礼日時:2009/09/18 11:03

500001円です。



500000円を含む50万円までは「50万円を超える」金額にはなりません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

早速のご回答有難うございました!

お礼日時:2009/09/18 11:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「以上」と「超」の意味の違い

「100%以上」という場合100は入るということは分かるのですが、「100%超」という場合は100は入るのでしょうか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以上と超は以下と未満の反対の意味に使う都解釈して良いと思います。
ですから以上以下はその数字を含む、未満、超はその数字を含まないとなります。整数で言うと
100未満 は ~99 
100以下 は ~100
100以上 は 100~
100超  は 101~
となります。

Q3000円以上は3000円も含まれるか?

カテ違いでしたらすみません。
金額の条件で
1)3000円以上の場合、3000円も含まれる。
2)3000円以下の場合、3000円は含まれず2999円~
・・・でいいんでしたっけ?

Aベストアンサー

「以上」は以(も)って上(うえ)とする
「以下」は以(も)って下(した)とする
「未満」は未(いま)だ満(み)たさざる

と覚えましょう。

3000円以上とは、3000円を以(も)って上(うえ)とする、つまり、3000円を含む、という概念です。

ちなみに、未満の対語はありませんが、「3000円を超える」と言えば3000円を含まない意味になるでしょう。

Q100万円ちょうどの収入印紙

3万円以上100万円以下は200円で、100万を超えるから200万までは400円ですが、100万ちょうど(税抜き)は100万以下で200円でいいのでしょうか?超えるというのは、101円以上という意味でしょうか?

Aベストアンサー

その通りです。100万円は100万円以下に入りますので、収入印紙は200円になります。超えるというのは、100万1円以上という意味です。税抜きか税込みかというのは、明確な記載があれば、税抜きの方が適用になります。100万円(別に消費税5万円)とあっても、収入印紙は200円になります。
極端な例で例えば領収書で100万1円を発行する場合、1枚の領収書ならば400円の収入印紙が必要ですが、領収書を100万円と1円の2枚に分ければ、100万円の領収書に200円の収入印紙を貼るだけで済み、200円の節税になります。

Q「超」と「以下」の使い方について

例えば、1万円超の場合は、ちょうど1万円を含むのか
それと、1万円以下の場合はどうでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

日本語には
○以上:○を含む、大きいもの
○以下:○を含む、小さいもの
○未満:○を含まない、小さいもの
の3つがありますが「○を含まない、大きいもの」に該当する言葉がありませんでした。

本来、以下のように「超」も「以上」も同じ意味だったのですが
○超、○以上:○を含む、大きいもの
○以下:○を含む、小さいもの
○未満:○を含まない、小さいもの

以下のように「○超」を「○を含まない、大きいもの」に変えてしまえば「4通りをすべて言い表せる」ので「○超」の意味が変わってしまいました。
○超:○を含まない、大きいもの
○以上:○を含む、大きいもの
○以下:○を含む、小さいもの
○未満:○を含まない、小さいもの

このように「言葉は時代と共に改良、改悪されていく」のです。

Q以上~未満でその数を含む物とは

以上、以下、以内、未満でその数を含む物含まない物をそれぞれ教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

10以上 100未満
    ↓
10 ~ 99 までの数となります。

「以上」、「以下」の意味は、それ自身をふくみます。
「未満」は、それに満たない、という意味です。
100未満だと、100に満たない、すなわち、99 までの数となります。

10以上 100以下
    ↓
10 ~ 100 (10から100まで含む。)

これは子供の頃のそろばんで習いました。

10日以内 → 今日を含めて10日目にあたる日まで

「以内」も「以上」「以下」と同様に考えられます。 
 

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q★以上・以下★

『30以下』って30も含みますか?
含むとなると、『30以上』も30を含みますよね?

『30未満』は30を含まないですよね?

未満の反対の言葉ってありますか?

すみません。ばかばかしい質問ですが、どなたかご回答ください

Aベストアンサー

「以下」「以上」はそれを含みます。
未満は含みません。
覚えやすいのは漢字の意味を考えたらいいですよ! (^-^)v
以上の以は「もって」という意味がありますよね。
だから「○○以下」は「○○を以て下」という意味。
「○○未満」は「未だ満たず」だから「○○に未だ満たず」で含まない。

Q以内とは

30日以内とは30日も入りますか?それとも29日までですか?
60日以内とは60日も入りますか?それとも59日までですか?
契約上の問題などです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>30日以内とは30日も入りますか?それとも29日までですか?

30日も入ります.

>60日以内とは60日も入りますか?それとも59日までですか?

60日も入ります.

「以内」だけでなく,「以上」,「以下」についても共通ですが,ある数値や日数を基準にして,その基準を含んで(等しい場合を含む)それより多いか少ないかを表す方法です.
ただし,日本では昔,この意味がけっこうあいまいだったそうです.

数学では,「数値」≦ 「基準値」などと表わしますが,数学の影響もあり,法律の世界でも使うようになっています.
また,表わされた範囲の「30日以内」の外側については,「30日を超える/超過する」という表現がありますし,基準を含まない場合は,30日未満とかとも表現します.
さらに,「30日以内」は「30日を超えない」ということもあります.

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング