海外(アジア)の経済系の大学院(修士課程)進学を考えているものです。

大学では薬学を専攻し、今は社会人をしています。

海外の大学院に進学するために必要な経済学の知識を得るためには、最少量でどの程度の経済の知識が必要でしょうか?受験対策ではなく、経済学の学部生なら、このくらいは身につけてて当然というような知識レベルはどの程度でしょうか?

今のところ、(多少の偏りは承知の上で)スティグリッツ入門経済学、およびスティグリッツのミクロ、マクロ経済学を和訳版、英語版両方使って読み進めています。内容は全部理解するつもりです。

独学が主になるので、その他にお勧めというか、必修の教科書がありましたらご推薦お願いします。どこの大学院に行くにせよ、このくらいは絶対に身につけておいた方がいい、というような教科書がありましたら教えてください。

経済学に必要な数学、統計の基礎知識と英語は問題ありません。英語の教科書でも(日本で手に入るのなら)問題ありません。

スティグリッツと多少内容がかぶっていても、エキサイティングな教科書があればご推薦お願いします。

ちなみに経済学の知識はまったくゼロでしたが、スティグリッツを大変面白く読んでいます。最高に面白いですね、経済学って。

皆さまどうかご教授よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

経済学のどの分野を専攻されるのかわかりませんが、いずれもミクロ・マクロ・数学・統計学・計量経済学の基礎は必須ですね。

スティグリッツなどは内容はいい物ですが学部レベルなので、数式を使った表現のものがいいですね。以下は必ずしも「最低限」ではありませんが、いずれも定評があるものです。独学しようとすると挫折の危険はありますが・・

1.ミクロ
西村「ミクロ経済学」
岡田「ゲーム理論」または鈴木「ゲーム理論」
伊藤「契約の経済理論」→英語の文献案内あり
難しいのが好きならマスコレル・ウィンストン・グリーン(D向け)

2.マクロ
・斎藤誠「新しいマクロ経済学」(第二版)
・ドーマー「上級マクロ経済学」→英語版の方が最新
※難しいのがスキなら高田訳「マクロ経済学講義」(やや古いけど、この分野で一番難しいテキスト)

3.数学・統計学
数学・統計学が得意ならなんでも可

4.計量経済学
森棟「計量経済学」、田中「計量経済学」
広松・浪花「経済時系列分析」
難しいのが好きならHayashiかGreene
※統計学と計量経済学は違うものです。コンピュータソフトに習熟しているならそのソフトで分析できる計量のテキスト。Eviews、TSP、Rats、SPLUS、C、R、マトラブなどいろいろ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。各分野から1,2個ずつピックアップしてAmazonでさっそく注文しました。計量経済学と統計学って別分野なんですね。コンピューターソフトの扱いは問題ないと思いますが、実習なしの独学なので、どこまで身につけられることやら…。がんばります。

有名大学のシラバスも見て教科書を数冊追加購入しました。今はブラック・ショールズの式を理解するために四苦八苦しています。いろんな大学でオンラインの公開講義も増えてきているのでとても助かるのですが、経済学の講義はアメリカでもなかなか公開されておらず、惜しい限りです。

まずは教えていただいた主要4分野(?)の基礎を固めたいと思います。

回答本当にありがとうございました。また不明な点がありましたら、質問しますので、よろしくお願いします。

お礼日時:2009/10/04 18:06

「ブラック・ショールズ式に四苦八苦している」とのことなので、金融工学とか企業金融方面に主な関心があるのでしょうか?



それなら
1.よくわかるファイナンス(久保田)
→ 企業金融論の全体を概観するのにいい
2.金融工学入門(ルーエンバーガー)
→ 金融工学の数理全般について概要を知るにはいい
3.金融証券のためのブラック・ショールズ微分方程式(石村)
→ 数学的構造よりも内容を概観したい場合にいい。
4.よくわかるブラック・ショールズモデル(蓑谷)
→ ブラック・ショールズ式の導出が非常に厳密で省略が無いため式の展開を追うのにいい。しかしリスク中立化法による証明が無いので習熟する必要はない。
5.フィナンシャル・エンジニアリング(ハル)
→ 金融工学全般のテキストとしてもっとも定番。
6.コーポレート・ファイナンス(ブリーリー・マイヤーズ)
→ 企業金融論のテキストの決定版。今のところこれを越えるスタンダードはない。
など。修士のテキストとしてなら、まず5と6は必須でしょう。その他は数学力や本の体裁など好みで選んで、そこについてる参考文献リストから読むものを決めるのもいいかも。ただ、いずれのテキストも独習するのはかなりシンドイと思います。特に金融や計量分野はたくさん手を動かしてデータ加工したり実証したり問題演習したりしないとぜんぜん身につかないので。独習するなら問題を解いてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまたご回答ありがとうございます。

ブラック・ショールズ式を勉強してるのは、単に「ノーベル経済学賞」を受賞していたからで、その基本的な内容と、導出方法くらいは理解しておいた方がいいかなと思ったからです。まず式自体が美しいですし、導出過程に熱物理学やブラウン運動の記述が出てくるのも好みです。あとは経済学部の学部生なら過去の有名なノーベル経済学賞の内容くらいは理解してるだろうという勝手な想像からです。基礎となる数学分野の抽象程度(確立微分方程式など初めて見たので…)に少々圧倒されましたが…、幸い日本語の解説サイトも山のようにあるので、時間とさえ格闘すれば理解できそうです。

あと、修士レベルの勉強をしたいのではなく、受験対策とは別に、修士過程に入学するのに必要な最低限の知識を得るのが目標です。経済学のあらゆる分野に関心はあり、具体的にどの分野がどれか一つを専攻したいという考えは、今はありません(というか、まだ選べません)。他のあらゆる分野に経済学的思考を応用して何が生まれるのか…試してみたいというのが、勉強を始めた動機です。新しい式や概念に出会うたびに、たとえば量子力学や医学薬学の最先端に経済学はどのように応用できるのか?他の分野には?逆は?とかを毎日考えています。

経済学の勉強を始めたおかげで、毎日が非常に刺激的になりました。Bigorange9様に紹介していただいた本の何冊かは、性格が変わってしまうくらい影響を受けてしまいそうです。

『契約の経済理論(伊藤)』は少し難しいですが、なんとか頑張ってみます。R言語など計量ソフトも学部の時に使っていたMathmathicaの応用で何とかなりそうです。

本当にありがとうございます。

お礼日時:2009/10/09 01:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスティグリッツ入門経済学について

大学でミクロやマクロの授業があるので、テキストにスティグリッツを買ったのですが、日本版では3分冊されているようですが、ミクロとマクロを買えば入門は必要ないのでしょうか?内容がかぶっているようでしたらいらないのですが、入門にしか書いてないことがあるかなとおもったので。

Aベストアンサー

元々一冊のテキストを三分割しているようなものですから被っている部分はありません。
入門書では基礎となる抽象的な概念を説明しており、ミクロとマクロでは応用的・実践的・具体的な事柄を紹介してます。
数式などは、ミクロとマクロにならないと殆ど出てこないですね。
http://www.toyokeizai.co.jp/pub/st/index.html

ただステイグリッツは素晴らしいテキストですが、日本はそれより一世代前の教え方をしている事が多いです。
つまり、ステイグリッツは経済を構成する要素をバラバラにした上で経済を一からくみ上げていく説明の仕方をしていますし、大事なのは概念であり数式ではないというスタンスです。
しかし、日本では学派ごとにケイジアンがどうだとか新古典派がどうだとかいう説明の仕方であり、数式も非常に多用します。
そこら辺ステイグリッツ教えと日本の教えを適合する必要はあるかもしれません。
日本式のテキストの中では伊藤元重さんの入門経済学が良くまとまっています。
両者の教えを適合させるには最適かと、2001年版なら送料込み251円で買えますから、買っておいて損はないかもしれません。

元々一冊のテキストを三分割しているようなものですから被っている部分はありません。
入門書では基礎となる抽象的な概念を説明しており、ミクロとマクロでは応用的・実践的・具体的な事柄を紹介してます。
数式などは、ミクロとマクロにならないと殆ど出てこないですね。
http://www.toyokeizai.co.jp/pub/st/index.html

ただステイグリッツは素晴らしいテキストですが、日本はそれより一世代前の教え方をしている事が多いです。
つまり、ステイグリッツは経済を構成する要素をバラバラにした上で経済を一からく...続きを読む

Q比較優位について(スティグリッツ入門経済学)

今、経済学をスティグリッツ入門経済学(第2版)で勉強しているのですが、比較優位についての例でひとつ気になることがあります。わかりましたら教えてください。

アメリカと日本のコンピューター1台の生産に必要な労働費用と小麦粉1トンの生産に必要な労働費用を比較するのですが、このとき、アメリカの数値は100と5で日本は120と8になっています。
計算によるとアメリカの相対的生産費は100÷5=20、日本は120÷8=15となって、コンピューター一台を生産するのに、小麦1トンを生産する労働の15倍を必要とする。アメリカでは20倍を必要とする。
この結果、日本はコンピュータ生産に関して、絶対劣位ではあるが、比較優位を持っていると書いてあるのですが、なんとなく納得がいきません。

個人的には、日本はアメリカに小麦もコンピューターも生産費に関しては負けている(アメリカよりも高い)ので、比較しても優位はないと思うのですが・・・。これがもし、小麦生産(コンピューターでもいいのですが)に関する値が日本とアメリカが逆なら、日本は比較優位を持つと思うのですが・・・。この考え方はどこが間違っているのでしょうか?教えてください。

今、経済学をスティグリッツ入門経済学(第2版)で勉強しているのですが、比較優位についての例でひとつ気になることがあります。わかりましたら教えてください。

アメリカと日本のコンピューター1台の生産に必要な労働費用と小麦粉1トンの生産に必要な労働費用を比較するのですが、このとき、アメリカの数値は100と5で日本は120と8になっています。
計算によるとアメリカの相対的生産費は100÷5=20、日本は120÷8=15となって、コンピューター一台を生産するのに、小麦1トンを生産する労働の15倍を必要とする...続きを読む

Aベストアンサー

>ここで使っているのは、費用(労働費用)なんです。
>費用ってことは、15に増加してしまってはいけないのではないの
>でしょうか
だから、同じ労働費用なのに小麦が1トン増えましたよね。労働価値が上がっているんですよ。逆に同じ生産量のままにするのなら、小麦1トン分の労働費用が減りますよね。

Q経済物理学と物理学は同じと考えていいですか? 経済物理学でも数式は使いますか?

経済物理学と物理学は同じと考えていいですか? 経済物理学でも数式は使いますか?

Aベストアンサー

経済物理学は、外国為替、金融ビッグデータ等、経済が大きく関わってきます。単なる物理学とは異なります。

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/graspp-old/courses/2015/5123440.html

http://as2.c.u-tokyo.ac.jp/zentai-zou.html

Qミクロ経済学を学ぶ前にマクロ経済学を学んでもきちんと理解できますでしょ

ミクロ経済学を学ぶ前にマクロ経済学を学んでもきちんと理解できますでしょうか?

大学の履修上、ミクロの授業がとれず、マクロのほうはとれます。

両方興味がありますので、とりあえずマクロから履修しようかと思っております。
ただ、ミクロからマクロへと勉強したほうが理解しやすいというのを耳にしたことがあります。

この情報は確実ではないのでよくわかりませんが、もし本当なのでしたらやはり来年にミクロを取ってからマクロを取ろうかなぁとも思っております。


どちらがいいでしょうか?

Aベストアンサー

経済学履修経験者としての参考意見です。

>大学の履修上、ミクロの授業がとれず、マクロのほうはとれます。

つまりミクロとマクロは分化しているという前提のカリキュラムだと思います。

より実質的にも、ミクロ経済分析は個々の経済主体の合理的行動のありかたを分析するのに対し、マクロ経済分析は、全体としての経済の動きを分析する学問であり、分析方法に差異があります。いずれも丁寧な講義がなされるでしょう。一般論を言うなら、それほど心配しなくても良いのではないかと思います。

Q経済学の素人です。経済学の面白さって?

経済学部を目指している高校3年生です。
経済学を学びたいと思った理由は、アフリカ人が餓死している中、
日本などの先進国は食べ残しを何万トンも捨てている実態が許せなかったからです。
国際経済の実態を学んで、そういう矛盾を解決したいと思いました。

ただ経済学部は一般の経済学を知らない高校生から見ると、
「金稼ぎを学ぶの?なんかやだ~」なんです。(簿が意見聞いた限り)
でも僕は経済学は、もっとおくが深くて面白いんだろうなぁ。
と勝手に思っています。
でも実際は自分でもどこが面白そうなのかすらよくわかりません。
経済学は面白いですか?だとしたら具体的にどのあたりが?
たぶん人によって意見は違うと思うのですが、
参考にしたいので回答お願いします。

Aベストアンサー

>国際経済の実態を学んで、
開発経済学を専攻にしたいという希望のようです。
開発経済学部のある大学もあります。早稲田のように経済学部がないと、政治経済学部になります。しかし、経済学部があれば、開発経済を学ぶには、経済学部の方を選択しないと、進路の展望がひらけないと思います。

>そういう矛盾を解決したいと思いました。
ここを政治家になってと捉えるなら、#1さんのおっしゃるように経済学も学べる政治経済学に進学する方がいいかもしれません。

>「金稼ぎを学ぶの?なんかやだ~」なんです。
経営学と混同されているようです。経営学を学ぶなら、商学部系統に進学した方がいいでしょう。

>経済学は面白いですか?だとしたら具体的にどのあたりが?
開発経済学はマクロ経済学やミクロ経済学の応用にあたる学問ですから、これらの基礎ができていないと難しいです。数学が苦手なら向きません。
高校生でも理解できるような本を読んでみてはどうでしょうか?
例えば、アマルティア・センの書いた新書
『貧困の克服-アジア発展の鍵は何か』集英社
ちょっと背伸びをするなら、
鈴村興太郎訳『福祉の経済学――財と潜在能力』(岩波書店, 1988年)
あたりを読んでみてはと思います。
これらの著作に興味がもてないようなら、政治学系統の方がいいかもしれません。

>国際経済の実態を学んで、
開発経済学を専攻にしたいという希望のようです。
開発経済学部のある大学もあります。早稲田のように経済学部がないと、政治経済学部になります。しかし、経済学部があれば、開発経済を学ぶには、経済学部の方を選択しないと、進路の展望がひらけないと思います。

>そういう矛盾を解決したいと思いました。
ここを政治家になってと捉えるなら、#1さんのおっしゃるように経済学も学べる政治経済学に進学する方がいいかもしれません。

>「金稼ぎを学ぶの?なんかやだ~」な...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報