出産前後の痔にはご注意!

はじめまして。
早速ですが、
私の父61才が2007年11月に大腸(直腸下部)がんと診断を受けました。
2007年12月より、"化学療法(UFT+ユーゼル)+放射線治療"をはじめ、がん細胞を小さくすることができ、
2008年3月に手術にて切除することができました。
手術後の病理組織検査でリンパ節転移からステージIIIとわかりました。

2008年5月より手術後に再発防止目的の化学療法"UFT+ユーゼル 5コース"を行いました。

その後、順調に回復しまして、仕事もへの復帰もできましたが、
2009年8月に PET CTで左右肺転移7ヶが見つかりました。
複数の転移であるために手術はできないということで、化学療法により、進行を遅くする
治療を進められています。

治療方法としては、

A.5FU(点滴)
A'.カペシタビン(内服)
B.オキサリプラチン
C.イリノテカン
D.アバスチン

を組み合わせて治療を行うとお聞きしました。
"A'"の薬は、最近承認された薬のようでして、Aと似たような効果が期待できると聞いています。

組み合わせの方法は、
"A+B+C"もしくは、"A+C+D"
と聞きました。
(A'を使用した場合、上記のAがA'に変わるようです。)

"5FU"は従来からの治療薬として実績が認められていると聞きまして、
こちらを検討していましたが、ポートと呼ばれるカテーテルを体の中に埋め込むと聞きまして、
このような状態ですが、埋め込むことが正直に怖いと言っています。

私としてもA'による治療が良いかと考えていますが、あまり日本での実績がなく
正直戸惑っています。

病院の先生も最終は患者さんで決めて下さいという形式のようでして、
是非ともアドバイスなどをお聞きしたく投稿させて頂きました。

上記のような治療をされている方、また、上記の知識が豊かな方など
どのような些細なことでも結構ですので、アドバイスなどお願い致します。

今までは、テレビドラマなど他人ごとのように考えていましたが、
このような問題を身近に感じまして、似たような苦しみを抱えている方が
他にいると親身に考えなければならないということがわかりました。

父とはもっと一緒にいたいと考えています。
是非、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

治療方法についてですが、


"A+B+C"は、"A+B+D"ではないでしょうか。
通常、オキサリプラチンとイリノテカンは併用はしないかと思います。
ポートの必要性があることから、
5-FU+オキサリプラチン併用は、FOLFOX(フォルフォックス)
5-FU+イリノテカン併用は、FOLFIRI(フォルフィリ)だと思われます。

どちらも、大腸がんの標準的な治療方法になり、効果も同等です。

アバスチンというお薬は、上記の治療法に+αされることで、上記の治療効果を高めます。なので、アバスチンというお薬は、単独では使用しません。

カペシタビンは、単剤では、以前より大腸がんや乳がん等でも使用されている薬剤です。
ただ、カペシタビン+オキサリプラチン併用は、XELOX(ゼロックス)といいますが、お察しの通り最近併用の承認がされました。

XELOXについて
海外の大規模な試験で
FOLFOXとXELOXは、同等の効果が得られるという結果がでて、日本でも承認となりました。海外では標準的に使われています。ただし、まだ一つ目の試験結果、日本での大規模試験がないこともあるため、FOLFOXに比べエビデンスに負ける部分があります。
もちろん良い点もあります。

簡単に要約すると
FOLFOXとXELOXを比べると
投与については、
FOLFOXはポートの設置が必要。点滴は数時間で終わるが、携帯のポンプを使い46時間5-FUを持続的に投与しなければならない。2週間に1度の外来治療になる。
XELOXはポートが不要、点滴は数時間、46時間の携帯ポンプは必要ない、その代りカペシタビンを錠剤で服用する。3週間に1度の外来治療でよい。
XELOXの方が、投与負担はすくないように思われます。
エビデンスは
FOLFOXの方がある、XELOXもないわけでない、今後良い結果がでてくると思われている。
副作用は、
FOLOXの方が、骨髄抑制が強く、
XELOXの方は、手足症候群がある。

どちらも一長一短あります。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ありません。
また、丁寧なご回答ありがとうございました。

携帯のポンプによる長時間の点滴がやはりネックと考えまして、
"A'+B+C"という治療方法で検討することに致しました。

tkeh2009様のおっしゃるとおり、化学療法には一長一短が
あることがわかりました。
おそらく、現時点ではこの治療方法が最先端治療のように
見受けられます。

副作用ができるかぎり発症しないように祈るばかりです。

お礼日時:2009/11/01 19:03

>このような状態ですが、埋め込むことが正直に怖いと言っています。



ポートの埋め込みは40~60分くらいあれば終わると思います。
鎖骨から心臓近くまでチューブが入るので怖いかも知れませんが、埋め込み部分への麻酔注射の痛みさえ我慢出来れば大丈夫だと思います。

ポートの埋め込みは一時の我慢ですが、抗がん剤の治療の方が辛くなる可能性もあります。
これはやってみないと解らないので、お父様の覚悟が一番大切な事でしょう。

ネットにいろんなデータがあると思うので、お父様と一緒に検討してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かに、抗がん剤の治療の方がつらいと聞いています。
また、抗がん剤による副作用は人それぞれということも
お聞きしました。

ネットを駆使しまして、確認したいと思います。

ご回答頂きまして、ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/25 23:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸がんが肺に転移、ベストな治療法を教えて下さい

85歳の母、平成21年3月に大腸がん(横行結腸)が見つかり外科手術で切除、その後は抗がん剤を服薬していましたが、昨年の7月に肺へ転移がみつかりました。
この時はそれまで飲んでいた抗がん剤から強めの抗がん剤に変え服薬を続けてきました。
ところが、今月5月のCT検査をして経過確認をしたところ、肺のがん細胞が以前よりも大きくなっていました(大きさは未確認です)。
今後の治療計画を医師から説明を受け、来月の6月からは服薬を止め「点滴」による抗がん剤を投与するやり方を勧められました。体内(首の周辺)にチューブを埋め込み3週間ペースで1週間弱の入院をして抗がん剤を点滴する、という流れです。
今の服薬している抗がん剤ですら手足が黒くなり皮がむけ、多少のだるさを訴えており副作用の症状が出ているものの、普段の生活に特別な支障はなく過ごしてはいます。しかしながら「点滴」による抗がん剤は今以上に身体に負担がかかるようなので、年齢から考えるととてもかわいそうに感じ、今の生活にも多大なる障害が出るのではと心配しております。
医師からは「点滴」での治療で体力が落ち白血球数が減った時は中止をし、別の服薬による抗がん剤にする、という治療計画の変更を行う予定だと言われました。
「放射線」による治療は、大腸がんからの転移した肺がん治療には効果が薄いと言われてしまいました。又、まだ「肺腔鏡手術」の可否については話が出ませんでした。
年齢・副作用の事を考えると「放射線」による治療が良いと感じるのですが、本当に大腸がんから転移による肺がん治療の効果は薄いのでしょうか。
又「肺腔鏡手術」も体力面も考慮すれば選択の範囲内に入れた方がいいのでしょうか。
他に良い治療方法はあるのでしょうか。
今後の治療方針を家族で話し合い、6月初めに返答をするよう指示されています。
今の先生を信頼している為、セカンドオピニオンは今の段階では考えていません。
完治は無理でも、出来るだけ元気に長生きをしてほしいです。
貴重なるご意見を賜りたいです。どうか宜しくお願い申し上げます。

85歳の母、平成21年3月に大腸がん(横行結腸)が見つかり外科手術で切除、その後は抗がん剤を服薬していましたが、昨年の7月に肺へ転移がみつかりました。
この時はそれまで飲んでいた抗がん剤から強めの抗がん剤に変え服薬を続けてきました。
ところが、今月5月のCT検査をして経過確認をしたところ、肺のがん細胞が以前よりも大きくなっていました(大きさは未確認です)。
今後の治療計画を医師から説明を受け、来月の6月からは服薬を止め「点滴」による抗がん剤を投与するやり方を勧められました。体...続きを読む

Aベストアンサー

回答の正当性に自信はありませんが、個人的意見として回答させてください。
ちなみに看護師をしています。

肺転移がどの程度のものかにも寄りますが・・・
肺内転移が多数であった場合は、胸腔鏡下での手術や放射線は適応とされないことが多いです。
それは効果よりも副作用(合併症)が多く出るためです。

そしてお母様が受ける予定の抗がん剤は、大腸がんの化学療法の中でも標準治療に当たるものだと考えられます。
点滴をするための管は中心静脈カテーテルといいますが、この化学療法を負担無く実施するためには不可欠なものだと思います。

文面からみますと、お母様はご高齢ではありますが日常生活動作は自立されており、寝たきりという訳ではなさそうですので、私の母だと仮定しても化学療法を実施するか、何もしないかを選択すると思います。

化学療法の副作用は個人差もありますし、その先生(病院)の治療方法にもよりますが苦痛症状が少なく治療を進めている方もいらっしゃいます。
皆様で相談して決めて頂くのが一番と思いますが、化学療法も開始してみて副作用が強く続けていくのが苦痛でしかないと判断するようでしたら、途中で中止しても良いと思いますよ。

あとは、質問者様の記載された思いを主治医に相談してみても良いかもしれません。

お母様が、有意義で穏やかな時間を長く過ごすことができるように願っています。

回答の正当性に自信はありませんが、個人的意見として回答させてください。
ちなみに看護師をしています。

肺転移がどの程度のものかにも寄りますが・・・
肺内転移が多数であった場合は、胸腔鏡下での手術や放射線は適応とされないことが多いです。
それは効果よりも副作用(合併症)が多く出るためです。

そしてお母様が受ける予定の抗がん剤は、大腸がんの化学療法の中でも標準治療に当たるものだと考えられます。
点滴をするための管は中心静脈カテーテルといいますが、この化学療法を負担無く実施するため...続きを読む

Q早期大腸がんの肺転移

母は昨年12月に早期大腸がんが見つかり、手術で切除出来ました。
リンパ節転移も無く、しいて言えば便秘薬が欠かせない程度でしばらく過ごしてきました。
先日定期検査でCTを行った際、肺に以前無かった影が?と言われ、再検査の予定です。
影は小さいもののようで、転移の可能性はほとんどないと思うが念のための検査、ということです。

早期大腸がんでも他臓器に転移する可能性はあるんでしょうか?

Aベストアンサー

#5です。
期間を書いたのが1年ずれてました。術後2年は普通に生活できてました。でも何となく様子がおかしいなと思いながら体は徐々に弱っていきました。治療の抗癌剤や放射線治療も癌だけに効果があればいいですが、いい細胞にも影響があるのですよね…それで弱った体に癌は勢力を増した感じでした。治してあげたい。でも無理なら苦しまないようにしてあげたい…でもね…現実の姿を見て本当にこの治療でよかったかと自分自身に何度も問いかけました。でも専門ではないし私自身も入院して助けられなかった…
お母さん助かるといいですね。きっといい方法がありますよ。頑張ってください。

Q大腸がんから肺がんへの転移(長文)

身内がが大腸がんI期のC?手術しました。ほとんど転移なしということで
抗がんも使用しませんでした。
1年後の今回、肺に1cmの転移らしいものが見つかり手術をしました。
癌の治療は手術がすべてだと聞いてます。
大腸がんの手術で見逃されたのでしょうか。
どのように考えればいいのでしょうか。
1年後に肺がんの転移らしきもの見つかった時も
担当医にすぐにペットの検査を希望しましたが
小さいから無駄だとか、このような肺の影は転移でない場合もある。
結核や肺炎の後の影の場合があると転移の可能性を
認めない様な発言をして検査を進めてくれない先生でした。
その1か月後に再度、CTをしても肺の影は消えることはありませんでした。
それでも医師はペットの検査も進めず、まだ小さいから
はっきりしないの一点張りでした。
当方、こちらから無駄でもやりたいと強く打診して検査に至り
他の病院(大腸がんの病院には肺癌の医師がいない為)で
肺がんの手術をしました。
肺がんの先生のお話では、大腸がんの手術をしたとき時点に肺がんに転移していた可能性がある。
つまり、ステージがI期ではなく4期だったとも考えられます。
これから先は、大腸がんの治療を元の病院へ帰って治療するのが
普通のやり方だと聞きました。
大腸がんの先生にこのような感じ方をしては治療も進まないと思います。
どうしたらよいのでしょうか。
長文で申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

身内がが大腸がんI期のC?手術しました。ほとんど転移なしということで
抗がんも使用しませんでした。
1年後の今回、肺に1cmの転移らしいものが見つかり手術をしました。
癌の治療は手術がすべてだと聞いてます。
大腸がんの手術で見逃されたのでしょうか。
どのように考えればいいのでしょうか。
1年後に肺がんの転移らしきもの見つかった時も
担当医にすぐにペットの検査を希望しましたが
小さいから無駄だとか、このような肺の影は転移でない場合もある。
結核や肺炎の後の影の場合があると転移の可能性を
...続きを読む

Aベストアンサー

>大腸がんの手術で見逃されたのでしょうか。どのように考えればいいのでしょうか。

大腸癌の手術の際に、すでに転移はあったと思います。
ただし、それがCT検査などで転移と診断できる状態であったかといえば、Noだと思います。
現在でも質問者さんのご親族の全身には微小な転移が無数にあると思います。
それを現在の医学レベルで転移を探すことはできません。
全身切り刻んで検査をすることなど不可能なことですから。
転移があるかどうかということと、それを検査で検出、診断できるかということは別物です。
そして、その微小な転移がすべて大きくなってくるかどうかも、医学的には判断できません。

>それでも医師はペットの検査も進めず、まだ小さいからはっきりしないの一点張りでした。

PETの件ですが、担当医のこの判断は妥当です。
PET検査は有用な検査ですが、1cm程度までの病変は十分検出できない可能性があります。
肺の部位によっては転移であっても「転移なし」と診断される可能性を十分に含んでいます。
全く無視するのではなく、経過観察でCTを撮影しているようですし、医学的に妥当な判断と考えられます。
これはPETの知識や医療費とのコストパフォーマンスの感覚をある程度持っている人でなければできない判断です。
蛇足ですが、この時点でどうしてもPETを受けたい場合には自費診療もしくは健診で受ければよかっただけです。

>これから先は、大腸がんの治療を元の病院へ帰って治療するのが普通のやり方だと聞きました。

そうですね。肺に転移した腫瘍はもともと大腸癌です。
大腸癌治療として抗がん剤を使うことになりますから、大腸癌などの消化器癌を専門とする医師が治療に当たるのが現在は標準的です。

担当医は標準的なことをやっているのでしょう。
ただ、ご親族がそれに対して疑念を持っているのであれば病院を変わるのも良いかもしれません。
質問者さんではなくて、あくまでご親族が疑問を持っている場合です。
まずは担当医にどういう治療を進めていくかを尋ね、それを他の病院にセカンドオピニオンとして質問し、他の方法はどうかを聞いてみるのが良いと思います。

>大腸がんの手術で見逃されたのでしょうか。どのように考えればいいのでしょうか。

大腸癌の手術の際に、すでに転移はあったと思います。
ただし、それがCT検査などで転移と診断できる状態であったかといえば、Noだと思います。
現在でも質問者さんのご親族の全身には微小な転移が無数にあると思います。
それを現在の医学レベルで転移を探すことはできません。
全身切り刻んで検査をすることなど不可能なことですから。
転移があるかどうかということと、それを検査で検出、診断できるかということは別物です。
...続きを読む

Q大腸ガンステージIVは治療不可能???【長文です】

 76歳の父が腸閉塞の疑いで緊急手術を受け、ストーマ形成術を受けました、 
その後の病理検査や様々な検査の結果、大腸癌から肝臓と肺に転移しておりステージIVの診断をされました。
 先生いわく両方の肺に細かく転移してるので、手術では取りきれないので根治は不可能であり
余命15ヶ月である、治療としては抗ガン剤の投与のみとの事でした。
 父は緊急手術でストーマを形成しましたが大腸癌の病巣はそのままで、まだ肛門からも少量ずつですが便が出てくる状態です。
 先生はもう手術をする予定は無いと言います。

色々と疑問があります。

1.肺転移は細かく箇所も多いので無理だと言うのはわかりますが、
大腸癌と肝臓の転移に関しては放射線治療の併用も可能ではないのですか?
この主治医の先生の説明からは放射線治療がまったく出てきませんでした。この病院には放射線治療の設備がありません、そういう場合は放射線治療が有効でも治療計画の選択肢には含まれないのですか??

2.肺転移が両方の肺なので切除不可能なのは理解できます。
なぜ原発巣の大腸癌と肝臓の転移を根治させる治療計画を建てないのでしょうか?
先生自身が「肺転移が無ければ大腸癌と肝臓の外科手術の選択肢がありました」と仰ったのですが?
大腸癌と肝臓の転移は抗ガン剤と放射線治療で縮小がみられたら切除という方法もあるのでは??
なぜ肺転移があるから他の部分も積極的な治療をしない結論になるのでしょうか?? 
 素人考えだからなのかもしれませんが・・・
この主治医の先生は、あくまで自分の病院の設備でできる治療方法(放射線治療の
設備は無いので選択肢の外?)しか視野にいれてない様な気がしてしまいます。
 セカンドオピニオンをしても構わないとはおっしゃってますが、自分の治療計画にも
自身があるとおっしゃっています・・ヘタにセカンドオピニオンを受けて、先生との関係が
ギクシャクするのも嫌ですし・・・・

この先生の治療方針は妥当なのでしょうか???

 76歳の父が腸閉塞の疑いで緊急手術を受け、ストーマ形成術を受けました、 
その後の病理検査や様々な検査の結果、大腸癌から肝臓と肺に転移しておりステージIVの診断をされました。
 先生いわく両方の肺に細かく転移してるので、手術では取りきれないので根治は不可能であり
余命15ヶ月である、治療としては抗ガン剤の投与のみとの事でした。
 父は緊急手術でストーマを形成しましたが大腸癌の病巣はそのままで、まだ肛門からも少量ずつですが便が出てくる状態です。
 先生はもう手術をする予定は無いと言...続きを読む

Aベストアンサー

まず、大腸がんというと、直腸がんとそれ以外の結腸がんに
分けられますが、結腸がんには放射線治療の適用はないと
思ってください。
つまり、効かない、副作用の方が大きい
ということです。

肝臓がんですが、肝臓は放射線に弱いので、
特殊な機械が必要です。
また、適用になるかどうかは、基準があるので、その基準に
合致していることも重要です。

肺転移があるから、治療の選択肢がない……
というのは、大腸がんと肝臓がんを切除する大きな手術をしても、
肺の癌をそのままにしておけば、肺の癌が原因で、
亡くなるのは確実です。
ならば、苦しい思いをして、切除するメリットが
はたして、あるのでしょうか?
ということだと思います。

セカンドオピニオンを受けても良いと先生がおっしゃるならば、
セカンドオピニオンを受けてください。

セカンドオピニオンを誤解している人があまりにも多いので、
簡単に説明しておきます。
セカンドオピニオンとは、勝手に別の先生の所に行って、
診察を受けることではありません。
セカンドオピニオンとは、主治医(ファーストオピニオン)から、
診療データの提供を受けて、その診療データを別の先生
つまり、セカンドオピニオンの先生に診てもらって意見を聞くという
書類上の診察です。
なので、自由診療ですが、即日、結論がでます。
(自由診療なので、数万円かかります)
セカンドオピニオンの意見は、患者さんに説明されるだけでなく、
主治医の先生にも、意見が伝えられます。
患者は、セカンドオピニオンの結果を持って、主治医のところに戻り、
主治医とあらためて、治療について、話し合うという制度です。

なので、関係がギクシャクするということはありません。

まず、大腸がんというと、直腸がんとそれ以外の結腸がんに
分けられますが、結腸がんには放射線治療の適用はないと
思ってください。
つまり、効かない、副作用の方が大きい
ということです。

肝臓がんですが、肝臓は放射線に弱いので、
特殊な機械が必要です。
また、適用になるかどうかは、基準があるので、その基準に
合致していることも重要です。

肺転移があるから、治療の選択肢がない……
というのは、大腸がんと肝臓がんを切除する大きな手術をしても、
肺の癌をそのままにしておけば、肺の癌が原因で、
...続きを読む


人気Q&Aランキング