【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

私は一般企業のサラリーマンで、妻を扶養に入れています。
妻は12月からパートに出ることになり、週2回の1日約15000円を頂ける(予定)となるようです。パートですので、年金、健保は自前でかけることになります。
幾度となく質問もされている年間103万の壁は超えると思いますので、扶養から外れ、厚生年金→国民年金、健保の付け替えが起こることは分かりました。
また、別に年間103万円がボーダーであっても、月給85000円くらいもらってたら、1年経っていなくても扶養から外れることも過去の質問から分かりました。
そのような前提の上で質問させて下さい。
私の場合、自分の会社にいつ申請すべきでしょうか?
実際、いつから扶養から外れてしまうのでしょうか?
気になるのは、現状妻は就職しようとしている内定状態ですので、最短の給料日は12月末か1月の頭に給料を受け取ることとなります。
金額の確定=給料の確定はそのとき?とも考えられるので、会社への申請は来年に入ってからでも遅くないのかなとも思ったりしてますが、働き始めた瞬間に(扶養が)失効するなら、年金や健保も関係あるなぁと考えているとワケが分からなくなってきました。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>私の場合、自分の会社にいつ申請すべきでしょうか?



「平成22年分 給与所得者の扶養控除等申告書」を会社へ提出するタイミングです。申告書を提出するとき、控除対象配偶者の欄に奥さんの名前を書かなければ良いのです。

>実際、いつから扶養から外れてしまうのでしょうか?

平成22年1月に支給される給与から外れます。

>働き始めた瞬間に(扶養が)失効するなら、

そうではありません。あなたが会社へ提出する「平成22年分 給与所得者の扶養控除等申告書」から奥さんの名前を外した段階で扶養が失効します。奥さんの名前を外さない限り扶養は失効しません。

奥さんの来年の給与が不明なら、
(1)先ず、「平成22年分 給与所得者の扶養控除等申告書」を会社へ提出する段階では、奥さんの名前を書いて置きましょう。
(2)そして来年(?)、来年の給与がはっきりした段階で、103万円を超えるなら、「平成22年分 給与所得者の扶養控除等申告書」に書いた奥さんの名前を抹消すれば良いではないですか?

>年金や健保も関係あるなぁと考えているとワケが分からなくなってきました。

奥さんの年金と健保は、奥さんの年間給与が130万円以下なら、現状のまま、あなたの扶養でOKです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

分かり易い回答ありがとうございます。
もう一度給料も含めて考えてみます。

お礼日時:2009/11/06 20:48

>そのような前提の上で質問させて下さい。



その前提自体が間違っていますね。
例えば税金の扶養と健康保険の扶養は別物です、しかし質問者の方は完全にこの両者をごっちゃにしていますね。

>パートですので、年金、健保は自前でかけることになります。

たとえパートでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

ですからパートだから社会保険に加入できないのではなく、上記の条件に該当しないだけです。

>幾度となく質問もされている年間103万の壁は超えると思いますので、扶養から外れ、厚生年金→国民年金、健保の付け替えが起こることは分かりました。

103万と言うのは税金の扶養の話、それと健康保険や厚生年金を結びつけるのはまさに、税金の扶養と健康保険の扶養をごっちゃにしています。

>また、別に年間103万円がボーダーであっても、月給85000円くらいもらってたら、1年経っていなくても扶養から外れることも過去の質問から分かりました。

一般的には健康保険の扶養は130万がボーダーであっても、月給が108330円ぐらいもらっていたら1年経っていなくても扶養から外れる、ということです。
そして103万は税金の扶養の話ですから、これも税金の扶養と健康保険の扶養をごっちゃにしています。

というように前提自体が間違っているので、その後の質問もその間違った前提を土台にしているので、回答しても意味がありません。

もし回答するなら質問者の方の前提を無視してサラの状態からになります。

それから質問の内容は税金ではなく社会保険の話なのに、税金のカテゴリーで質問するから税金の話になってしまって余計混乱するのです。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。

まず夫の健保が協会(旧・政管)健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が協会(旧・政管)健保かあるいは扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠している組合健保の場合

「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
ですから退職して無職・無収入になれば、退職した翌日から扶養になれます。

B.夫の健保が扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
場合によっては扶養になるのは来年あるいは、再来年と言うこともありえます。

ということでまず夫の健保が協会(旧・政管)健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

「○○社会保険事務所」あるいは「全国健康保険協会 ○○支部」ならば協会(旧・政管)健保です、この場合は上記のAになります。

「○○健康保険組合」ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。
「健康保険で夫の被扶養者になる条件は協会(旧・政管)健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに合せた対応をするしかありません。
またBの場合は扶養になれなくても、第3号被保険者にはなれることもあるので気を付けてください。

>私の場合、自分の会社にいつ申請すべきでしょうか?

それは当然速やかにと言うことになります。

>実際、いつから扶養から外れてしまうのでしょうか?
気になるのは、現状妻は就職しようとしている内定状態ですので、最短の給料日は12月末か1月の頭に給料を受け取ることとなります。

それは質問者の方の健保がAであれば働き始めた月からです、給与の入金の月ではありません。
質問者の方の健保がBであれば健保に聞かなければ判りません。

>金額の確定=給料の確定はそのとき?とも考えられるので、会社への申請は来年に入ってからでも遅くないのかなとも思ったりしてますが、働き始めた瞬間に(扶養が)失効するなら、年金や健保も関係あるなぁと考えているとワケが分からなくなってきました。

ですから税金の扶養の場合はいつ給与をもらったかが問題になりますが、健康保険の扶養の場合はいつ働いたかが問題なのです。
ここでもやはり税金の扶養と健康保険の扶養をごっちゃにしています。
とにかく税金の扶養と健康保険の扶養をごっちゃにするのはやめましょう、ごっちゃにするから訳が判らなくなるのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

全く認識が違っていて申し訳ございませんでした。

私の場合は組合健保なので、まず電話をしてみたいと思います。
間違いだらけの質問に回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/11/06 14:19

>妻を扶養に入れています…



税金のカテですが税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

しかも、税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>妻は12月からパートに出ることになり…
>年間103万の壁は超えると思いますので…

1ヶ月で 100万以上もらえるパートって、どんなパートなのですか。

>私の場合、自分の会社にいつ申請すべきでしょうか…

前述のとおり、「配偶者控除」や「配偶者特別控除」が確定するのは大晦日です。
現実問題としては、年末調整と言うことですから、それに間に合うよう『扶養控除等異動申告書』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gen …
を提出します。
そろそろ会社から出せと言われるはずですよ。
それにしても本当に 1ヶ月で 100万以上もらえるのですか。

>最短の給料日は12月末か1月の頭に給料を受け取ることと…

今年の大晦日までにもらえる予定の給与・賞与が、今年の年末調整対象です。
来年になってからなら来年の今ごろ以降の手続です。

>厚生年金→国民年金、健保の付け替えが起こることは分かりました…

税金と社保とは別物で、認定要件も異なります。
十把一絡げにしてはいけません。

他に、会社によっては給与に「扶養手当」等が上乗せされることもありますが、これも税金の手続とは全く別物で、税金のような全国共通のルールによっているわけではありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

この回答への補足

回答ありがとうございます。
>それにしても本当に 1ヶ月で 100万以上もらえるのですか
言葉が足らなくて申し訳ないです。
こちらの過去の回答で、一定期間(数ヶ月)決まった月給をもらえたと判断された時点で、103万円を超えなくても・・・というものがありました。
つまり85000円/月以上もらっていたら、例え数ヶ月でも・・・という意味で書かせて頂きました。

補足日時:2009/11/06 11:39
    • good
    • 3

年金・健保とも正式に就職してからの手続きで良いと思います。


実際給料出てみないことには・・・という部分もあるので(^_^;)

健康保険についてはまずは質問者さまの会社の総務(?)を通じて確認されて見てはいかがでしょうか?
会社によって扶養の基準が違うので要確認事項ですよ。

また、私が派遣で働いたときは、一定期間働いた人に
派遣会社から社会保険加入の案内が来て厚生年金・健保(社保)に加入しましたので奥様の内定先でも同様の事がないか確認されて見てはいかがでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の会社の総務に聞くのがいちばんいい筈なんですよね。そうですよね。
自社と私の作業場所の距離が離れているせいもあって、ほとんど面識のない総務担当に前提から説明してって考えると、それなりに自分で調べてからでないと色々モレや考え違いもありそうで、ご質問をさせて頂きました。

お礼日時:2009/11/06 11:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養から外れるための手続き

今夫の扶養に入っています。10/1から派遣でフルで働くことになり、社会保険にも加入します。そこで質問です。

夫の会社には、どうやって言えばいいのでしょうか?
というのも、今会社に扶養抜いてと言ったら現時点で9月分を1か月分だけ国民保険と国民年金を自分で払うということなんでしょうか?(すぐ社会保険入るのに??)それを避けたいと思って、健康保険と年金の切替をうまくやりたいのですが、健康保険被扶養者異動届は、自分で書いて夫の会社に渡せばいいのでしょうか?

それとも10/1に就職して自分の保険証きてから、夫の扶養から抜けた方がいいのでしょうか?

所得税上の扶養から外れるのは早く抜けなければと思いつつ、健康保険上の扶養は、切替を上手にシフトしたいと思うと(色々見て、扶養には2つ考え方があると書いてあったので、このあたりもごちゃごちゃしてまして)夫の会社にどういえば伝わるのだろうと思いまして。

こんなことは、会社に言えば確実にやってくれそうなのですが、そこの総務がよく手続きを間違うので、確実に伝わる言い方が知りたいのです
すみません、わかりづらいかもしれませんが教えて頂けたらと思っています。

今夫の扶養に入っています。10/1から派遣でフルで働くことになり、社会保険にも加入します。そこで質問です。

夫の会社には、どうやって言えばいいのでしょうか?
というのも、今会社に扶養抜いてと言ったら現時点で9月分を1か月分だけ国民保険と国民年金を自分で払うということなんでしょうか?(すぐ社会保険入るのに??)それを避けたいと思って、健康保険と年金の切替をうまくやりたいのですが、健康保険被扶養者異動届は、自分で書いて夫の会社に渡せばいいのでしょうか?

それとも10/1に就職して自...続きを読む

Aベストアンサー

>夫の会社には、どうやって言えばいいのでしょうか?

10月から就職するので健康保険の扶養を外れたいと、そのまま言えばいいと思います。

>というのも、今会社に扶養抜いてと言ったら現時点で9月分を1か月分だけ国民保険と国民年金を自分で払うということなんでしょうか?

そのようなことはありません、扶養から外れることを事前に会社に報告しておくことは出来ますが、あくまでも「健康保険被扶養者(異動)届」そのものの健保への提出はその事由(質問者の方の就職)があった後でなければ出来ません。
ですから現時点で届けが出されて、9月分の支払が発生することなどありません。

>それとも10/1に就職して自分の保険証きてから、夫の扶養から抜けた方がいいのでしょうか?

というよりも届けを健保に提出するのは10月1日以降になります。

>所得税上の扶養から外れるのは早く抜けなければと思いつつ

これは急ぐことはありません、12月になって夫の会社から「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」や「給与所得の保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書」が来たときに、質問者の方自身の1月から12月までの収入を考えて処理すればいいことです。

>健康保険上の扶養は、切替を上手にシフトしたいと思うと(色々見て、扶養には2つ考え方があると書いてあったので、このあたりもごちゃごちゃしてまして)夫の会社にどういえば伝わるのだろうと思いまして。

「健康保険被扶養者(異動)届」の提出はその事由(質問者の方の就職)があってから何日以内と決められています。
例えば政管健保では5日以内です、組合健保ではその健保が独自に決めています。
ですからなるべくなら10月1日にすぐ健保に郵送した方がいいですね。

>こんなことは、会社に言えば確実にやってくれそうなのですが、そこの総務がよく手続きを間違うので、確実に伝わる言い方が知りたいのです

困った総務ですね、大手の企業で専門やっているプロフェッショナルな一部の担当者を除けば、中小企業の担当者の多くは他の仕事の片手間にやっていたりして、健康保険の内容についてはあまり詳しくないというのが現状です(事実このサイトでも中小企業の担当者からと思われる質問も多いです)。
ですから今度は社員の側から、会社のミスで不利益をこうむったどうにかできないかという質問も多いですが、ほとんどはどうにもならない場合が多いですね。
担当者も知らないならそれなりに、健保組合に問い合わせればいいのに見栄を張って勝手に判断をして、ミスをしてしまうというケースも多いようです。
またそういう場合に担当者が社長自身であったり、また社長の縁者であったりして社員の立場からは強く言えずに結局泣き寝入りというケースも多いようです。

>このあたりもごちゃごちゃしてまして)夫の会社にどういえば伝わるのだろうと思いまして。

こういっては何ですがいい加減な人は、何をどういってもいい加減にやって間違うと言うことが多いのですがね。

>健康保険被扶養者異動届は、自分で書いて夫の会社に渡せばいいのでしょうか?

一番確実なのは「健康保険被扶養者(異動)届」に会社の印だけもらっておいて、質問者の方が自分で書いて健保に10月1日に郵送してしまうことですけどね。
さすがにそこまでやると、会社の担当者はムッとするでしょうし、場合によっては普段の自分のいい加減さを棚に上げて逆切れするかもしれませんので、どこまでやればいいというのはいいにくいですね。

>夫の会社には、どうやって言えばいいのでしょうか?

10月から就職するので健康保険の扶養を外れたいと、そのまま言えばいいと思います。

>というのも、今会社に扶養抜いてと言ったら現時点で9月分を1か月分だけ国民保険と国民年金を自分で払うということなんでしょうか?

そのようなことはありません、扶養から外れることを事前に会社に報告しておくことは出来ますが、あくまでも「健康保険被扶養者(異動)届」そのものの健保への提出はその事由(質問者の方の就職)があった後でなければ出来ませ...続きを読む

Q夫の扶養からはずれるのは、いつ?

10月からある仕事を始めることになりました。
それにより、収入が年間130万を超えるようになるため、夫の扶養から外れることになります。
ただ、10月分の収入は11月(ひと月後)に支払われます。

それで・・・。
いったい夫の方からの扶養手当を切られたり、社会保険に加入し年金等を支払わなければならないのは、いつからになるのでしょう。
仕事が始まる10月ですか?
それとも、10月分の収入が入る11月からですか?

また、それらの手続きは、仕事を始めてから(いつ?)行えばよいのですか?

ご回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

扶養から外れるのは、基本的に勤めはじめた日から外れることとなります。
たとえ、給料の支払いが1月後であっても、それはあくまでも勤め始める会社の方針であって、労働の対価として支払われるのは、あなたが勤めはじめた日からとなるためです。

さて、勤めはじめる会社で社会保険に加入することはできるのでしょうか?

パートやアルバイトでも#1の方のおっしゃるとおり、一般社員の4分の3以上の勤務実態があれば、社会保険に加入している事業所であれば、あなたも社会保険に加入しなければならないこととなっています。

一番確実に手続を行うには、新しい勤務先で社会保険に加入し、健康保険証が交付されてから、その「資格取得年月日」にあわせて、扶養から外れる手続をされるのが良いでしょう。

本来であれば勤めはじめた日が「資格取得年月日」となっているはずですが、会社によっては何日かずれることもありえます。
そのずれた期間については、国民健康保険に加入し、国民年金の第1号被保険者となることとなります。

社会保険に加入された場合の社会保険料(健康保険料や厚生年金保険料、年齢によっては介護保険料)については、10月から勤務されるのであれば、10月分の保険料より支払うこととなります。ちなみに10月分の保険料というのは11月に引かれます。

なお、社会保険に加入する手続は、新たに勤務される会社からも案内があるとは思いますが、年金手帳と雇用保険被保険者証を会社に持参してください。
あとは会社がやってくれますよ。

もし、国民健康保険に加入しなければならなくなった場合は、扶養から外れた旨の証明書(被扶養者異動承認通知書のコピーでも可)を、市町村役場の国民健康保険の窓口に持参し、国民健康保険への加入手続きをしてください。

扶養から外れるのは、基本的に勤めはじめた日から外れることとなります。
たとえ、給料の支払いが1月後であっても、それはあくまでも勤め始める会社の方針であって、労働の対価として支払われるのは、あなたが勤めはじめた日からとなるためです。

さて、勤めはじめる会社で社会保険に加入することはできるのでしょうか?

パートやアルバイトでも#1の方のおっしゃるとおり、一般社員の4分の3以上の勤務実態があれば、社会保険に加入している事業所であれば、あなたも社会保険に加入しなければならない...続きを読む

Q妻が扶養枠を外れる時に夫婦に必要な手続きとは?

 サラリーマンですが、ずっと妻がパートの立場で仕事をしております。仕事が忙しく、年間103万以内に抑えるため、出勤調整をしておりますが、勤務先の方から『もっと出勤できないか』との要請もあるそうです。
 私は、妻はそれほど体が丈夫な方でないので、『無理するな』『別に今のままでも構わない』と言っておりますが、家のローンもまだ5年ほど残っているのと、子供が物入りの年齢なので、もっと収入を得たい気持ちが妻にはあります。
 妻は税法上3号被保険者で私の会社の健康保険に加入しています。また年末の配偶者控除も受けております。
 私の所得・給与上では妻は扶養家族でありますが、扶養家族手当は数年前に配偶者分は廃止され、子供2名分のみです。

 もし、今、妻が仮に私の扶養家族から抜ける場合、主人の私、妻がしなければならない事務手続きとは何でしょうか?所得上の103万、保健上の130万、両方の限度の枠を外れる場合です。
 私は
 1.会社の人事福祉部門に妻を扶養家族から外す申し出、手続きをする。
 2.同様に私の健康保険組合(保険証)から妻の名前を外す申し出、手続きをする。
 この2点は十分に分かっているのですが、
 では妻は
 1.国民年金、国民健康保険の加入手続きをし、応分の負担をする。
 2.社会保険事務所にて、3号被保険者の抹消手続きをする。
 3.パート勤務先に扶養枠(所得・健保)を外れた旨の申し出をする。
 と認識しておりますが、妻はこの辺の理解が乏しく、こと細かく説明しないと、自分がどんな資格になり、収入、負担がどう変わるか、今一、ピンと来ていないようです。

 確かに無制限に収入を得られるのは良いのですが、仕事が暇になり、自宅待機が発生し、収入がないと逆に損をするケースも出ます。
 全ての扶養枠を外れた場合、年間160~200万位稼がないと+にならない場合もあります。
 大体のことは知っておりますが、上記以外に夫婦それぞれの事務手続きでまだ、しなければならないことがありますか?
 同様のケースで妻の資格を変更された方、教えていただけないでしょうか?

 サラリーマンですが、ずっと妻がパートの立場で仕事をしております。仕事が忙しく、年間103万以内に抑えるため、出勤調整をしておりますが、勤務先の方から『もっと出勤できないか』との要請もあるそうです。
 私は、妻はそれほど体が丈夫な方でないので、『無理するな』『別に今のままでも構わない』と言っておりますが、家のローンもまだ5年ほど残っているのと、子供が物入りの年齢なので、もっと収入を得たい気持ちが妻にはあります。
 妻は税法上3号被保険者で私の会社の健康保険に加入しています。また...続きを読む

Aベストアンサー

まず、ご質問の場合、税法上の話と健康保険や年金の話をすこし混同されている部分が見受けられるので、念のためにおさらいから書きます。

税法上は、配偶者控除(所得38万以下)、配偶者特別控除(所得38万を超えて76万未満)がいわゆる税金の扶養といわれているものです。
これはあくまでご質問者の税金を安くするものです。
ここでパートの給与収入の場合には、給与所得控除(65万)があるため、所得38万とはパート収入では103万となります。(38万+65万)
同じように76万未満とは141万未満となります。

健康保険の被扶養者、あるいは年金の第3号被保険者(税金には3号というものはありません)というのは、社会保険の扶養といわれるものであり、扶養基準は健康保険組合により異なるため、加入している健康保険に確認が必要です。一般的には継続的な給与収入がおおむね12ヶ月で130万未満となっています。こちらの基準では、月給で108334円以上(130万/12ヶ月)となる場合には扶養から外れるというものであり、税金のように1月1日から12月31日を一年としては考えないなど、色々ルールも異なります。

>今、妻が仮に私の扶養家族から抜ける場合、主人の私、妻がしなければならない事務手続きとは何でしょうか?

> 1.会社の人事福祉部門に妻を扶養家族から外す申し出、手続きをする。
> 2.同様に私の健康保険組合(保険証)から妻の名前を外す申し出、手続きをする。
ご質問者の手続きとしては、上記の通りで構いません。1番というのは、多分税金の手続きを想定されているものと思います。配偶者控除をはずす手続きになりますね。
2番の手続きにより、健康保険ははずれて、年金も3号被保険者の資格を喪失した状態になります。

> 1.国民年金、国民健康保険の加入手続きをし、応分の負担をする。
> 2.社会保険事務所にて、3号被保険者の抹消手続きをする。
2番の手続きはありません。1番の国民年金の加入手続きとは厳密にいうと、被保険者種別変更手続きといい、3号から1号に変更する手続きです。
国民年金は現在は3号被保険者として既に加入しているのですから、それが1号被保険者なり、保険料を支払うだけなので、種別変更となるだけです。
必要な書類は妻の年金手帳、そして健康保険から資格喪失証明書をもらってください。

>3.パート勤務先に扶養枠(所得・健保)を外れた旨の申し出をする。
特に手続きも申し出も必要ありません。

>上記以外に夫婦それぞれの事務手続きでまだ、しなければならないことがありますか?
ありませんね。
後はしいて言うと、ご質問者の年末調整時に妻の年間収入が実際にどうだったのかという確認が必要です。つまり実際には103万以下であれば、年末調整時に配偶者控除を受けることになるし、141万未満の場合には、配偶者特別控除を受けることになります。

まず、ご質問の場合、税法上の話と健康保険や年金の話をすこし混同されている部分が見受けられるので、念のためにおさらいから書きます。

税法上は、配偶者控除(所得38万以下)、配偶者特別控除(所得38万を超えて76万未満)がいわゆる税金の扶養といわれているものです。
これはあくまでご質問者の税金を安くするものです。
ここでパートの給与収入の場合には、給与所得控除(65万)があるため、所得38万とはパート収入では103万となります。(38万+65万)
同じように76万未満とは1...続きを読む

Q社会保険130万円で扶養外れる時期について

私は主婦ですが時々派遣やアルバイトしてます。収入は不定期で、あったりなかったり、勤め先も金額もその時によって違います。
保険年金関係は夫の扶養に入っていますが、130万円を超えた月だけ扶養から外れるのでしょうか?それは、いつからいつまでを計算するのでしょうか?
そもそもいくらの収入になるか見当もつかないので、たとえば来年1月初めからパートに出るとして、夫の扶養から外れるのは、130万円に達した時点で手続きするのでしょうか?
最近夫の会社へ社会保険事務所から調査に来たらしく、心配になりましたので、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

社会保険の被扶養者になれるのは、原則として、今後12ケ月間の収入見込額が130万円以下の場合となっています。

ご質問のように、収入が不定期で予想が立たない場合は、社会保険事務所でも、担当者によって回答が違います。

私が過去に社会保険事務所に質問をした時の回答は、下記のようなものでした。

ある程度平均して収入がある場合は、3ケ月程度の期間の平均から、年収見込額が130万(月平均108千円)になるか判断します。

全く予想が立てられない場合は、年間の収入が130万円を超えたときに扶養から外れてください。
その後、収入が減ったら再度扶養になる申請が出来ます。
(当然、収入証明書などが必要です)

従って、あまり神経質に考える必要は有りません。
確実に、130万円を超えそうだと判断された時点で、扶養から外れれば問題ありません。

当然ですが、扶養から外れた場合は、市の国民健康保険に加入し、年金も号数の変更が必要になります。

Q扶養から外れる場合の負担増

家内のパート収入が増え、扶養家族から外れることになると、どのような負担がどのくらい増えることになるのでしょうか? 社会保険、税金面での具体的な負担増の内容(項目と金額)を教えて頂けると幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

扶養には、所得税の扶養と社会保険(健康保険・年金の3号被保険者)の2種類があります。

所得税(103万円の壁)
所得税では 、1月から12月までの1年間の給与収入が103万円以下であれば扶養(扶養親族又は控除対象配偶者)になれます。

なお、年収が103万円を超えると扶養にはなれませんが、103万円から141万円の間であれば、収入に応じて最高38万円の配偶者特別控除が適用されます。

所得税の扶養から外れると、夫が配偶者控除38万円が適用されませんから、所得税率が10%(夫の収入ではなく課税所得が330万円以下の場合)として38000円ん、定率減税が10%として34200円の増税で、住民税も16000円ほど増税となります。

配偶者特別控除が適用されると、増税額は減ります。

又、夫が会社から家族手当を支給されている場合は、妻が所得税の扶養であることが条件となっている場合があります。
その場合は、扶養から外れると家族手当の支給が停止される場合がありますから、会社の規定を確認しましょう。

社会保険(130万円の壁)
社会保険(健康保険・年金の3号被保険者)の扶養になれるのは、過去の収入実績ではなく、今後12ケ月間の収入見込額が130万円(月額で約108千円)以下の場合に、社会保険の扶養(被扶養者)になれます。

上記の基準を超えた場合は、健康保険の扶養から外れてご自分で市の国民健康保険に加入して、年金も国民年金に切り替えることになります。

国民年金は、平成17年4月から平成18年3月までの国民年金保険料は、月額13,580円です。
国民年金の保険料は、平成17年度から平成29年度まで毎年月額で280円引き上げられる予定となっています。

国保の保険料は、奥様の前年の所得を基に計算され、均等割などが加算されますが、保険料率や加算される項目・金額は、市の国保の財政状況で違いがあります。
市の国保の係へ電話をすると教えてもらえますが、市のホームページに掲載されている場合もあります。

下記のページをご覧ください。
http://homepage1.nifty.com/shikari/data/etc/part_time2004.htm

扶養には、所得税の扶養と社会保険(健康保険・年金の3号被保険者)の2種類があります。

所得税(103万円の壁)
所得税では 、1月から12月までの1年間の給与収入が103万円以下であれば扶養(扶養親族又は控除対象配偶者)になれます。

なお、年収が103万円を超えると扶養にはなれませんが、103万円から141万円の間であれば、収入に応じて最高38万円の配偶者特別控除が適用されます。

所得税の扶養から外れると、夫が配偶者控除38万円が適用されませんから、所得税率が10%(夫の収入ではなく課税所得が330万円...続きを読む

Q途中から扶養に入る場合の損得

似たような質問を検索してみましたがこれといったものが
見つからず、申し訳ありませんが初歩的ですが教えてください。

既婚(子供なし)で今年の3月末までフルタイムの派遣社員で
仕事していましたが退職。(3ヶ月の収入は税引前で約60万円、社会保険等すべて自分で加入)
4月から家の事をちゃんとしたいことから
主人の扶養に入る事にしましたが、かといって
完全に収入がなくなるのも困るのでパート程度の
仕事(月7~8万円位)を現在探していますが、
もし仕事が決まって5月からパートになる場合、
年の途中で扶養に入ると扶養控除の基準である
103万円の中にこの3ヵ月分60万円は含まれるのでしょうか?
もし含まれるのなら当然12月末で完璧に年収は103万円
超えて主人の所得税の負担が大きくなりますし、そうなると働き損です。主人は大手企業勤務の
サラリーマンですが扶養に入れば生計手当てが10,000~
15,000円ぐらいは出ると思うのですが
それもダメになるのでしょうか?

損になるなら今年いっぱいは短期や少ない仕事に
絞った方がいいのか悩んでいます。
かといって年齢的にパートでもしたい時にすぐに
見つけるのは困難なのと
あまりブランクが空くと仕事も不安なので
縁があって決まればそこでずっと働きたいのですが。

確定申告や年末になって年収が超えて損、とならない為には
どうしたらいいでしょうか?
すみませんが宜しくお願いします。

似たような質問を検索してみましたがこれといったものが
見つからず、申し訳ありませんが初歩的ですが教えてください。

既婚(子供なし)で今年の3月末までフルタイムの派遣社員で
仕事していましたが退職。(3ヶ月の収入は税引前で約60万円、社会保険等すべて自分で加入)
4月から家の事をちゃんとしたいことから
主人の扶養に入る事にしましたが、かといって
完全に収入がなくなるのも困るのでパート程度の
仕事(月7~8万円位)を現在探していますが、
もし仕事が決まって5月からパートにな...続きを読む

Aベストアンサー

1 貴方は奥さんですよね。でしたら「扶養控除」でなく「配偶者控除」というのが正しいです。配偶者控除を受けるには、配偶者の収入が給与収入だとして(パートタイム労働も給与です)年間合計103万円までが要件です。
>「103万円の中にこの3ヵ月分60万円は含まれるのでしょうか」という質問への答えは「含まれる」です。

2 「所得税の負担が大きくなりますし、そうなると働き損です」
確定申告や年末になって年収が超えて損、とならない為には
どうしたらいいでしょうか?

そんなことはありません。全くの誤解があります。
多くは税制と社会保険の仕組みが理解できてない人のいう「噂」です。働けば働くほど、税金が増えてしまって損をするという社会ではありません。

下記に説明したします。
1 税法上の配偶者控除について。
 給与収入で103万円以下だと対象になります。
 しかし103万円を超えた場合でも段階的に配偶者特別控除が受けられますので、奥様の収入が増えた分以上に夫の税負担が上がることが無いようになってます。
 141万円以上になると配偶者特別控除が受けられなくなります。

2 社会保険上の「被扶養者」について
 社会保険に加入してる夫は「被加入者」と言います。その扶養家族は「被扶養者」と言います。
 被扶養者に認定されるには、一月の受取給与を12倍した額が130万円以下である必要があります。
 1月1日から12月31日の間の収入で税法上の配偶者控除を受けられるかどうかを判定されるのに比べて、社会保険の判定は推定で行われるのが特徴です。
 推定?と思われるでしょう。主婦が6月から働くとします。給与は月12万円。すると12万円を12倍して130万円以上なので、被扶養者になれない、と判定をするのです。月108、333円以下なら被扶養者になれるという事です。
 年間に130万円以上あるか否かでは、ありません。
ある基準日、就職をした月、パートを始めた月を基準にします。

3 配偶者の収入が増えることで、いきなり夫にかかる税金が増えない用意配偶者特別控除制度がありますから、収入が増えると損をするということはないと理解されたと思います。
 しかし世間では「そんなことはない」といいますが、なぜでしょうか。
 それは上記2で説明したように夫が被加入者になってる社会保険の被保険者になれないために、自分で健康保険に入らないといけないからです。また国民年金の支払もです。
 両者の負担が年間どれだけなのか。仮に15万円だとしましょう。
すると140万円の収入では、夫の税金は増えるわ、15万円は来るわで「働いた分だけ損した」という言い方になります。

これが世間で「103万円ってなに?130万円とか141万円っていうのはなに?働くと損するっていうけど本当?」という質問が主婦を中心勢力として飛び交っている原因です。

配偶者控除を受けられない、夫の税負担の増は38,000円だとして(控除額が38万円、税率が10%適用だとして)、15万円+38,000円で188,000円が130万円を超えた場合の負担増だと大まかに計算できます。

結論的には130万円+約19万円=149万円、覚えやすいように切り上げて150万円程度収入がないと、130万円を超えないように調整した方が利口かなということです。

それに加えて、社会保険の被扶養者から外れると、会社から出る「扶養手当」が出なくなる可能性がありますので、それも加算しないとなりません。
 会社の規則によりますから、確認をしてください。
もし支払ができなくなるというなら、年間に18万円違いますから168万円以上収入がないと、働き損になるわけです。

130万円以上働くなら、いっそ170万円以上働け、という事です。

なお、社会保険の被扶養者条件は見込み年収130万円以下というのは、会社によって規定が違います。これも確認をしてください。

1 貴方は奥さんですよね。でしたら「扶養控除」でなく「配偶者控除」というのが正しいです。配偶者控除を受けるには、配偶者の収入が給与収入だとして(パートタイム労働も給与です)年間合計103万円までが要件です。
>「103万円の中にこの3ヵ月分60万円は含まれるのでしょうか」という質問への答えは「含まれる」です。

2 「所得税の負担が大きくなりますし、そうなると働き損です」
確定申告や年末になって年収が超えて損、とならない為には
どうしたらいいでしょうか?

そんなことはあ...続きを読む

Q妻の収入が月108、333円を超え扶養家族の認定取り消しといわれました

妻の収入が月108、333円を超え扶養家族の認定取り消しといわれました。
妻が今年から仕事を2カ所で始め、4月から7月の4ヶ月間月108,000円を超えたので、共済組合から、扶養家族の認定を取り消すといわれました。年間130万を超えるといけないのはわかっていたので、2つの仕事のうちの一つは8月にはやめて、年間トータルで120万円くらいになるように調整して考えていました。また再認定はしてもらえるようですが、4月から7月はさかのぼって認定取り消しで、医療費や扶養手当を返金せよということです。これはしかたのないことなのでしょうか。あくまでも年間の収入で考えていたので、どうも納得いきませんが、そういう規定になっているといわれました。こういう件に詳しい方のご意見をお待ちしています。

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的な解釈です。
ただし繰り返しますが究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
そして健保組合だけでなく、共済組合にも扶養の規定が同じようなところがあるということです。

>年間130万を超えるといけないのはわかっていたので、2つの仕事のうちの一つは8月にはやめて、年間トータルで120万円くらいになるように調整して考えていました。

前述のように一般的に多くの健保組合や共済組合では年間と言うサイクルでは考えていません。
ですから年間トータルと言うことではありません。

>また再認定はしてもらえるようですが、4月から7月はさかのぼって認定取り消しで、医療費や扶養手当を返金せよということです。これはしかたのないことなのでしょうか。

そうですあくまでもその月の月額が約108330円を超えていればその時点で扶養を外れることになり、それ以降は当然扶養ではないのでその間の医療費で共済組合が負担した7割分(自己負担が3割だから)は共済組合は請求することになるのはやむを得ません。

>あくまでも年間の収入で考えていたので、どうも納得いきませんが、そういう規定になっているといわれました。

その共済組合はそのような規定なので、致し方ありません。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養について...続きを読む

Q親を税法上の扶養から外す場合について

扶養の条件と、給与所得者の扶養控除等申告書の書き方について質問です。

平成22年11月(昨年)に、会社から渡された「23年度 給与所得者の扶養控除等申告書」に無職の母の名前を記入し、扶養をはじめました。健康保険の扶養にはしていません。
私は離婚しているため、同時に寡婦控除も受けています。

母は23年(今年)から家賃収入を得るようになりました。
12月いっぱいまでは不動産所得38万円を越えませんが、来年からは38万円を越える見込みです。

以上の状況により、平成24年(来年)から母を扶養から外す必要があると思います。
まず、この時点で間違いはないでしょうか?

間違いがない場合、次の質問です。
会社から、今年と来年分である「平成23年度 給与所得者の扶養控除等申告書」と「平成24年度  給与所得者の扶養控除等申告書」を渡されました。
今年は扶養条件を満たしているので、23年度には母の名前と12月までの不動産収入(38万以下)と寡婦に記入。
来年は条件を満たさないので、24年度分には全て未記入。

以上で、母を扶養から外す手続きは済むのでしょうか?
異動月日及び事由を記入する必要はありませんか?
また、少し気になる点が、23年度分に母の名前が印字されていないことです。こういうものなのでしょうか?(給与明細は扶養家族1になっています)


諸事情のため、会社に確認することができないので、教えていただけると助かります。

扶養の条件と、給与所得者の扶養控除等申告書の書き方について質問です。

平成22年11月(昨年)に、会社から渡された「23年度 給与所得者の扶養控除等申告書」に無職の母の名前を記入し、扶養をはじめました。健康保険の扶養にはしていません。
私は離婚しているため、同時に寡婦控除も受けています。

母は23年(今年)から家賃収入を得るようになりました。
12月いっぱいまでは不動産所得38万円を越えませんが、来年からは38万円を越える見込みです。

以上の状況により、平成24年(来年)から母...続きを読む

Aベストアンサー

「 今年は扶養条件を満たしているので、23年度には母の名前と12月までの不動産収入(38万以下)と寡婦に記入。
来年は条件を満たさないので、24年度分には全て未記入。」
正です。

23年に母親を扶養親族にする。
24年は扶養親族にしない。
です。
なお、すべて未記入にすると寡婦控除も受けられないですよ。

扶養控除申告書は元々何も印字されてませんよ。
印字された書類は「書くのが面倒だといういう人のために」前年のものを記載してくれてるだけです。
そういうものです。

Q扶養の年収はいつからいつまで?

同じような質問を捜しましたが良く分からなかったので教えて下さい。

今年から扶養に入りました。
年収を103万以内に収めようと仕事をしてきましたが、年収とは1月から12月まで仕事をした分だと思っていましたが、12月に仕事をしたものは翌年1月に支払われますよね。

ここでいう年収とは実際に受け取る金額で調整するのが、正しいのでしょうか?
つまり、2004年12月~2005年11月までを103万円にするのか、実質仕事をする2005年1月~12月までで計算するのかどちらでしょう。

てっきり後者だと思ってましたが、もし前者だと、
今月で1049564円で、19564ほどオーバーしてしまいます。

そこで、もし前者だとした場合、
(1)どれくらい税金が違ってくるのでしょうか?
 大きく違ってくるのであれば、オーバーした分は、
 無給でもいいかなとも思ってます。
 
(2)オーバーした分は翌年の給料として支払ってもらえる よう会社に頼むことは問題ない
 のでしょうか?それができるなら、そうしたいです。

どちらにしても会社と相談ということになると思いますが・・・。全く初心者で申し訳ありませんが、よろしく
お願いします。

私の理解力が足りないのか、こんなにごちゃごちゃしているのであれば、家庭の事情でパートにしましたが、来年からはフルタイムで働きたいと思います。

同じような質問を捜しましたが良く分からなかったので教えて下さい。

今年から扶養に入りました。
年収を103万以内に収めようと仕事をしてきましたが、年収とは1月から12月まで仕事をした分だと思っていましたが、12月に仕事をしたものは翌年1月に支払われますよね。

ここでいう年収とは実際に受け取る金額で調整するのが、正しいのでしょうか?
つまり、2004年12月~2005年11月までを103万円にするのか、実質仕事をする2005年1月~12月までで計算するのかどちらでしょう。

てっきり後者だと...続きを読む

Aベストアンサー

所得税法では、給与所得の収入金額については、基本的には、定められた支給日により計上すべき事となっています。

従って、給与が翌月払いなのであれば、2005年1月~12月までに間に支給されるべき金額、すなわち、2004年12月分~2005年11月分の給与収入金額が、103万円以下であるかどうかにより扶養に入れるかどうかが決まります。

(1)ご主人の方の配偶者控除38万円が控除できなくなりますが、その代わり、配偶者特別控除が、金額に応じて引く事ができます。
仮に、1,049,564円であれば、所得金額は1,049,564円-650,000円(給与所得控除額)=399,564円ですので、下記サイトの表により38万円控除できますので、ご主人自身の所得税は全く変わらない事となります。
(但し、ご主人の合計所得金額が1千万円を超えていれば配偶者特別控除の適用はないものとなります)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1195.htm

もちろん、金額が増えるほど配偶者特別控除は減りますので、仮に110万円とすると所得金額は45万円ですので配偶者特別控除は31万円となり、配偶者控除38万円が減るのと比べて、差額7万円の控除額が減る事となります。
実際に税金が増えるのは、簡単に言えば、これに税率を乗じた金額ですので、ご主人の収入にもよりますが、7万円の10%であったり、20%であったりします。

ただ、税金以外で、会社が家族手当を支給されていた場合は、それが支給されなくなるものとは思いますので、その金額の影響の方が大きい場合も少なくないと思います。

(2)あくまでも支給日に支給されるべき金額がその年の収入ですので、翌年の給料としてもらうという事は、一種の脱税行為になりますし、会社がそれに加担する、という事にもなってしまいます。

それと、翌月払いの給料の場合、稀に、会社によっては、支給日でなく、○月分で1月分~12月分まで当年に含めて源泉徴収票を発行するケースもあります。
(もちろん正しくはないのですが)
その辺の区切りも会社の方に確認されておいた方が良いとは思います。

所得税法では、給与所得の収入金額については、基本的には、定められた支給日により計上すべき事となっています。

従って、給与が翌月払いなのであれば、2005年1月~12月までに間に支給されるべき金額、すなわち、2004年12月分~2005年11月分の給与収入金額が、103万円以下であるかどうかにより扶養に入れるかどうかが決まります。

(1)ご主人の方の配偶者控除38万円が控除できなくなりますが、その代わり、配偶者特別控除が、金額に応じて引く事ができます。
仮に、1,049,564円であれば、所得金額は1,049...続きを読む

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。


人気Q&Aランキング