冬の風邪予防は「鼻○○○」が新常識!?>>

私は医師を志している者です。
その中でも、特に産婦人科医、または小児外科医になりたいと思っています。

そこで質問なのですが、
産婦人科医と新生児外科、両方を専門とする事は可能でしょうか。
また、現在この両方を専門としている医師はいらっしゃるのでしょうか。

分かる方がいらっしゃいましたら、教えてください。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

http://www.jspnm.com/Default.aspx
学会としてはこうなっています。
みるとわかるように、産科と小児科は分かれている。責任の切り分け問題あると聞いています。

なので文部科学省では、現在周産期医療専門家育成を初めています。
文科省のサイト内検索で、もっとも古い周産期医療が平成16年。
施策が策定されたのが平成20年で21年度から予算がつけられたという感じ。
以下の大学が、これから育成プログラムを作るようです。

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/08/attach …

ということで、今現在、両方を専門にしている医者は、たぶんいない。
これから育成するということのようです。
    • good
    • 0

産婦人科は子供をみる科ではありません。

妊娠と出産をみる産科と、女性に特有の病気をみる婦人科の総称です。割合としては、赤ちゃんよりも少女から老人までの女性をみることが多いです。
小児外科は、主に乳幼児から子供の先天性疾患を外科的に治療するのがメインの科です。
どちらも、責任の重い大事な科ですから、両方を専門としてきちんとやるのは無理でしょう(理屈上はやって出来ないことはないかもしれませんが)。
    • good
    • 0

整形外科と麻酔科に関して述べますので新生児外科の参考になれば幸いです。


大前提 子供ほオトナの小さいのとは全然違う!!
整形外科の場合 一般の整形外科を終了した後で そこから小児整形外科へ進む。
麻酔科も同じく指導医のもとで一般麻酔(小児麻酔訓練指導平行可)です。
つまり新生児外科医になるには わかりやすく米国流に言うと
 一般外科医としてのレジデント終了後
 小児外科のレジデントを終了
つまり 小児外科と称するのは簡単ですが 私の周辺の大学病院ですら
一般外科医が小児外科を扱って居るのが現状です。
小児外科専門医と言う資格は持っていても中身が小児外科専門医と言う
のは数少ないと聞きます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q産婦人科医

訴訟が減れば産婦人科医は増えますか?
医者の給料をみんな同じにしないと小児科医は増えませんか?

Aベストアンサー

内科医ですのであくまでも参考としてです。

まず、1つ目の「訴訟が減れば産婦人科医は増えますか?」です。
訴訟リスクが減れば少なくとも辞める人は減ると思います。また訴訟について特に今回問題になっているのは業務上過失致死での刑事訴訟です。個人的意見ですが、民事訴訟についてはほとんどの医師は保険に入っている事と遺族感情を考えると免責にすべきではないと考えています。しかし刑事事件は検察が起訴するため遺族感情とは直接は関係がありません。また100%がありえない医療の場での選択を結果論でもって過失とすることは医療者としては受け入れられるものではありません。

2つ目の「医者の給料をみんな同じにしないと小児科医は増えませんか?」です。
これは医療従事者、特に医師自身でないと知らないことだと思いますが、大多数の病院では医師の給与は皆同じです。また時間外手当は全額支給されることは無く、1日2時間までなどの上限や0~6時までなど時間制限があるところがほとんどです。そのため小児科医が休み無く働いても、他の科の9時5時の医師(それほど多くは無いのですが…)とほぼ同額です。ですので、質問者様の意見とは逆に「労働時間に比例して給与を上げれば小児科医は増える」可能性はあります。

ご質問以外の要因として挙げられるのが勤務の過酷さです。
これは産婦人科、小児科だけでなくほとんどの科に共通しているのですが、日本の医師は勤務の拘束時間が長すぎます。当直の日は朝から勤務してそのまま当直に入り病棟と救急外来の対応をします。仮眠は1、2時間できればいい方です。そして翌朝そのまま通常勤務に入り帰宅できるのは夜です。36時間以上の連続勤務が週1~2回あるのが実情です。一方、欧米では医師も交代性勤務のため夜間に呼び出されることはほとんどありません。また当直の翌日は休みです。労働基準法に照らし合わせれば当然のことが日本の医療の現場では守られていません。病院以外の職場でも超過勤務の問題はでてくるので、これは「雇用をギリギリにして人件費を削減し組織の収益を増やす」という日本全体の悪しき習慣だと思います。
来年度から医学部の定員が増えました。実際に効果が期待できるのは10年後だと思いますが、その時にきちんと医療費を増やして各病院が雇用を増やしても赤字にならないように診療報酬を見直すことを期待します。

参考になれば幸いです。

内科医ですのであくまでも参考としてです。

まず、1つ目の「訴訟が減れば産婦人科医は増えますか?」です。
訴訟リスクが減れば少なくとも辞める人は減ると思います。また訴訟について特に今回問題になっているのは業務上過失致死での刑事訴訟です。個人的意見ですが、民事訴訟についてはほとんどの医師は保険に入っている事と遺族感情を考えると免責にすべきではないと考えています。しかし刑事事件は検察が起訴するため遺族感情とは直接は関係がありません。また100%がありえない医療の場での選択を結果論...続きを読む

Q脳外科医や心臓外科医より美容外科医の方が儲かるっておかしくないですか?

近々廃止されるようですが長者番付に登場する医師や医療関係者は例外なく美容整形外科医です。当然美容外科は健康保険が効かずすべて自由診療ですのでいくら値段をつけようがかまいません。自分の技術が100万だと思えば100万円、200万円と思えば200万円付けられます。資本主義としては何も間違っていません。しかし人命に関わり更に高度な医学知識、技術が必要な脳外科医や心臓外科医の方が収入が低いというのはおかしくないですか?日本の医療は国民皆保険制度という社会主義の公的価格で運営されているのは分かります。それでしたら国が技術をきちんと評価しそれなりのお金を支払うべきです。それが出来ないのでしたら市場に委ね適正な報酬(少なくとも美容外科より高くなければおかしい)を得られるようにすべきだと思います。自分は‘私の心臓外科医としての腕は日本でも5本の指に入ります。手術を受けたければ5000万円お支払いください‘という事があってもおかしくないと思います。平等に医療を受けさせる為に価格を無理矢理抑え続ける日本の医療制度は歪みがでてくると思いますがいかがでしょうか?

Aベストアンサー

あなたのおっしゃることはよくわかります。
ただし美容外科は自由診療なので、他の業種と同じで勝ち組、負け組みがはっきりします。また、最近の医学生の中には、困っている人を救おうという高邁な思想ではなく、てっとりばやく稼ぎたいという思想を持つものも大勢おり、現実に眼科や皮膚科、形成外科の希望者が増えてきています。そうなると美容外科医が増えることは確実で、競争が激しくなる結果ダンピングも激しくなるでしょう。つぶれるところもでると思います(知り合いの開業美容外科医の先生は有名な大学できちんと形成外科の研修を受けていますが、美容だけではやっていけず、内科や皮膚科などの病気の人も診療しています)。若いうちは良くても、年をとったら独立しないと勤務できないような気がします。今が一番いい時期なんじゃないでしょうか。
臨床医については、脳外科医、心臓血管外科に限らず医療の保険点数が低いのはそのとおりです。ただし、単一に報酬を上げるのではなく、個々の医師の技術をきちんと評価して、メリハリをつけるシステムにしないとお金がいくらあっても足りないです。
たとえば日本では医師になって、希望すればどの科にでも入れます(一部の人気のある病院を除く)。それに対してアメリカでは医師になるのも他の学部を卒業してからですし、厳しい研修制度を終えて、専門に進むときも、実力が無ければ希望の科に進めないことも多々あります。うまく進めても、本人の実力が無ければ、独立後も患者が集まらないので満足のいく報酬は得られません(自由診療なので患者も保険会社もシビアです)。
今の日本はみんな横並び、超一流の人が診察しても、研修医が診察しても診療報酬は同じですから、アメリカほどの差はつかない、いわば資本主義の中でも社会主義に近いですよね。それでは点数を上げるのは難しいのではないでしょうか。

あなたのおっしゃることはよくわかります。
ただし美容外科は自由診療なので、他の業種と同じで勝ち組、負け組みがはっきりします。また、最近の医学生の中には、困っている人を救おうという高邁な思想ではなく、てっとりばやく稼ぎたいという思想を持つものも大勢おり、現実に眼科や皮膚科、形成外科の希望者が増えてきています。そうなると美容外科医が増えることは確実で、競争が激しくなる結果ダンピングも激しくなるでしょう。つぶれるところもでると思います(知り合いの開業美容外科医の先生は有名な大学...続きを読む

Q産婦人科医の書いた命の大切さを学ぶ本

高校時代に、保健体育の授業で読んだ、本の名前が思い出せません。

・そんなに厚くない
・写真が多い
・女性の産婦人科医が書いた本
・中絶について書かれている
・表紙に赤ちゃんの絵があった(?)
・「産婦人科医も、中絶に慣れることはなく、1日に何件も中絶手術があると看護師(当時看護婦)に睨まれる」という話があった
・「合意のセックス?結局苦しむのは女性」という話がある
・「どんないスレている女性でも、中絶する時は泣く」

こんな話でした。
中絶するわけではありませんが、どうしても読み返したくなりました。
お分かりになる方、教えてください。

Aベストアンサー

もしかしたら,これでしょうか?

 「さらば、悲しみの性 産婦人科医の診察室から」
  河野美代子著,高文研,1985年4月発行
  B6判・196ページ,1,100円
  ISBN4-87498-020-1

 ・http://www.tku.ac.jp/~takaira/HP/book/book11/sarabaka.html
 ・http://www.koubunken.co.jp/0025/0020.html

 「新版 さらば、悲しみの性-高校生の性を考える」
  著者 河野美代子,出版社 集英社,出版年 1999年
  価格 438円(税別)

 ・http://www6.plala.or.jp/wei/library/sa/saraba.html

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1197214

Q自由標榜制でヤブ医者を避ける判断,医師の経歴を知る方法,認定医と専門医どちらが良いか,医師に紹介状を書かせる方法

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=845913

病状は上で質問した通りで明日呼吸器系の病院か診療所へ行こうと思うので宜しくお願いしますm(_ _)m。

まず下サイトで循環器系を専門としているところをピックアップしました(_-_)。

http://www.10man-doc.co.jp/

1.診療所で見てもらう場合最近の医療実態のTVで産科,麻酔科以外であれば【自由標榜制】でどんな科でも掲げて仕事ができると聞きました(+_+)。それが怖いので検索した結果呼吸器科,循環器科,消化器科など内科系で固めている診療所に行こうとする選択肢で間違いないですよね?

2.HPなど無い診療所は何と言う医者が診断しているかわからなくて怖いんですけどその診療所の医者の経歴は地域毎の医師会でわかるんでしょうか?このご時世HPも持たず情報公開していない医者は危険と判断すべきですか?

3.来診希望の診療所はアレルギー科・呼吸器科のみで院長一人,HP上で医学博士,日本アレルギー学会認定指導医(専門医),学会発表も複数,著書も数冊,小児科歴17年,内科歴13年,【日本呼吸器学会 認定医】とあるのですが専門医では無いのでこういった医師に診断してもらっても大丈夫でしょうか?

4."日本呼吸器学会"HPで自分の最寄の総合病院が認定施設で呼吸器科の専門医(指導医)が2人いるんですけど3.の認定医よりも専門医がベターなんでしょうか?3.の医師のキャリアと比較するとどうなんでしょう?

5.総合病院だと【特定療養費】\3,150-が別途かかります。もし3.の診療所医師にかかって4.の病院(専門医)への【紹介状】を書いてもらう事は可能でしょうか?診療所の医師判断で特段問題なくても診察者の要望で【紹介状】を書いてもらう事は可能でしょうか?また根拠法があれば教えてください。

症状は過去の質問時よりはマシになってきてますがまだ咳が出るのでどうぞ良きアドバイスをお願いします(_ _ 。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=845913

病状は上で質問した通りで明日呼吸器系の病院か診療所へ行こうと思うので宜しくお願いしますm(_ _)m。

まず下サイトで循環器系を専門としているところをピックアップしました(_-_)。

http://www.10man-doc.co.jp/

1.診療所で見てもらう場合最近の医療実態のTVで産科,麻酔科以外であれば【自由標榜制】でどんな科でも掲げて仕事ができると聞きました(+_+)。それが怖いので検索した結果呼吸器科,循環器科,消化器科など内科系で固めている診療所に...続きを読む

Aベストアンサー

 地方によっても異なるでしょうし、私自身専門が内科ではありませんので、ご質問のうちの一部についてあくまで一般論としてお答えさせていただきます。
 先ず、一般の方がどの医師が優秀かを知る方法は、おそらく無いと思います。私たちインサイダーでも、関連が無い科の医師については良くわかりません。その中で、専門医であるかどうかは、確かに有力な情報かもしれません。が、専門医の資格が無くても優秀な先生も居られます。また、内科といってもほとんどの先生が「呼吸器内科」「循環器内科」「消化器内科」「神経内科」その他ご専門をお持ちだと思います。それゆえそれらをまたがる感じで標榜している先生は、個人的にはちょっと不安だったりします(例外は、ご夫婦やご兄弟でひとつの診療所を開業なさってて、それぞれに専門が違うときですが)。
 一方、学位や論文、学会発表などは、臨床能力とどれだけ関連があるのか疑問です。優秀ゆえに(忙しくて)論文を書けなかったり学会で発表できなかったりする先生も多く居られますし、逆にピントがズレまくった発表をなさる先生も(勤務医、開業医問わず)まれにお見かけします。もちろん、臨床・研究両方こなすスーパードクター(笑)も居られますし、能力的にどちらも出来ない先生も居られるかもしれません。
 ホームページは、いわば宣伝ですので、それを鵜呑みにできるかどうか、難しいところです。また、業者丸投げでもなければ、開業医が診察をして、勉強をしつつホームページを維持するのは時間的、労力的に相当難しいかもしれません(勤務医の先生は、その点少しは楽かも知れませんが)。とりあえず、私の居る田舎では、同業者に評判の良い医師で自前のホームページを持っておられる先生はほとんど居りません。
 ご期待に沿えるような情報を提示できず、申し訳ございません。最後に私がが他の内科を受診するときはどうしているかと申しますと、信頼できる外科の知人に情報をもらうようにしております。それでも、最後は自己責任のギャンブルみたいなもの(腕は確かだが、性格が全く合わなかったりとか)ですが・・・(苦)。
 以上、先ずはご参考まで。

 地方によっても異なるでしょうし、私自身専門が内科ではありませんので、ご質問のうちの一部についてあくまで一般論としてお答えさせていただきます。
 先ず、一般の方がどの医師が優秀かを知る方法は、おそらく無いと思います。私たちインサイダーでも、関連が無い科の医師については良くわかりません。その中で、専門医であるかどうかは、確かに有力な情報かもしれません。が、専門医の資格が無くても優秀な先生も居られます。また、内科といってもほとんどの先生が「呼吸器内科」「循環器内科」「消化器内...続きを読む

Qアメリカで産婦人科医になるには

アメリカで産婦人科医になるために勉強をしたいのですが、
大学ではなにをとればいいのか、その後はどういう学校へいくのか教えてください。
医者や看護士についての資料はもっているのですが
探してもなかなか産婦人科医の情報にたどりつけません。
(ほかのお医者さんと一緒なんでしょうか?)

1.大学では生物(Bio)をとるべきなのか(今とっているので)
2.大学、大学卒業後どういう経路になるのか。できれば年数も・・・。

教えていただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

産婦人科のなり方( How to Become an Obstetrician/Gynecologist)は、ごく簡単ですが以下のサイトに書いてあります。
http://www.ehow.com/how_2057747_become-obstetriciangynecologist.html

メディカルスクールに入るためにStep2の大学時代(アメリカの)に準備すべきこと(したほうが望ましいこと)は、以下のサイトにあります。
http://www.aamc.org/students/considering/timeline.htm

医学部全般に関する情報は、以下を参考に。
http://www.aamc.org/students/start.htm

ただし、外国人の場合はグリーンカードか永住権をもっていない限り、受け入れてくれるメディカルスクールは少ないです。

Q他のカテゴリーである回答者から「今時外科医を目指すなんて医師の世界では

他のカテゴリーである回答者から「今時外科医を目指すなんて医師の世界では時代遅れも甚だしい」と言われました。
しかし、外科医が時代遅れというのは初耳で意味が分かりません。
これは本当なのでしょうか?
本当だとして、なら現在医療業界志望の人は何を目指すのでしょうか?
私の恋人が医学部に通っていて外科医を志望しているのですが、彼に聞いてみても周りに外科医志望は多いと聞きますし、時代遅れだなんて疑問なのですが。

Aベストアンサー

医師の間では、どの科が花形とか時代遅れというのはありません。多くは自分のやりたい事をします。ただ、需要・供給のバランスは変わってきてはいます。例えば、狭心症の手術は昔は開胸してバイパス術しかなかったですが、今は大部分の症例は内科的な手技でできるようになっています。だからといって、心臓血管外科医の需要が減った訳ではありません。

金銭的な面でいえば、眼科が花形(楽な手術で稼げる)かもしれませんが、各医師が自分の好きな道を選びます。TVなどでドラマにしやすい科をあたかも”花形”と見ている一般人はいるかもしれませんが、そういう一般人の目を気にして自分の道は選びません。

ただ、救急・時間外を避ける傾向は強いです。小児科でも、NICUを専攻したい医師はほとんどいなくなり、発達障害とか救急の少ない部門を専攻する医師が増えています。内科でもそうで、救急が少ない代謝内科や糖尿病を選ぶ医師が増えています。ただ、外科系だと、どの科も救急を担当しないわけにはいかないのでそういう意味では外科系を選ぶ医師は少なくなりつつあります。

Q現在男性の産婦人科医は多数存在していますが、なぜ助産師は女性に絞られて

現在男性の産婦人科医は多数存在していますが、なぜ助産師は女性に絞られているのでしょうか。
お答えただく際に使用された本やホームページなどがございましたら、それも合わせてお教えいただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

産婦人科医は外科系ですから、もともと女性の外科医が少ないことでも判るように、女性は医学部を出ても敬遠するという点があります。
助産師が女性に限られるのは男性には受験資格がないということ以上に、ニーズがないということだと思います。
この件ではいろいろ言われていますが、ほとんどの妊婦さんは男性に見られるのが嫌だということで、私の母親ですが、私を生むときは大学病院で分娩しましたが、男性研修医&医学生が産室にいることにかなり抵抗感はあったみたいです。
それでは医者は男性でも良いのかとなりますと、これも気持ちの問題だけで、昔からの習慣としか言いようがない気がします、お隣の韓国では宮廷女官を診察するために女医の養成をしたという話もありますし、旧フランス王室の分娩は見物人に囲まれてやるという話もありますから、文化的なものもあるんでしょう。
先日タイでは白バイ隊員(男性)が助産師の資格を持っていて、渋滞で病院に行き着けない時は警察を呼ぶと白バイ隊員が来て、路肩や車中で処置してくれるというニュースもやっており、気持ちの問題だけです。

Q麻酔科医の業務について教えて下さい。将来は麻酔科医を目指している者です

麻酔科医の業務について教えて下さい。将来は麻酔科医を目指している者です(学士編入受験生です)。麻酔科医の日常について教えていただけますか? wikipediaによると、麻酔科医は1.手術の麻酔、2.ICU、3.ペインクリニック、4.終末期医療などに対応する旨があります。一人の麻酔科医がすべて対応することはあるのでしょうか? 1と2を専門にする医師と、3と4のみを専門にする医師とに分かれている気がするのですか? 教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

地方病院の麻酔科医の業務ですが、基幹病院や大学病院のようにclosesICUがある場合には、麻酔科医が専属で対応する病院もあります。
しかし、ほとんどの地方病院ではopenICUなので麻酔科医が専属で対応するシステムがありません。
主な業務としては手術麻酔となり、ペインに精通した麻酔科医が手術麻酔の間で外来等でペインクリニックを行います。そのペインクリニックの中に終末期のペインコントロールも含まれます。
麻酔科医となり、後に地方の病院に派遣されることが多いので、基幹病院・大学病院で全ての業務を経験し出来るようになることが好ましいと思います。

Q東京都荒川区・北区・台東区・文京区の 産婦人科医

基礎体温で高温期が続き、妊娠か?! と 思っているところです。

東京都荒川区・北区・台東区・文京区で おすすめ(?)or評判のいい産婦人科医があれば 教えてください。
できれば あまり大病院でないほうがいいかな とは思っているんですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は北区東十条にある東十条病院で,出産をしました。
いろいろと私なりの要望も聞いてもらえてよかったです。
うわさで,すぐ切ると聞いたので,確認しましたが,私を担当してくださった先生は、そのとおりとおっしゃっていました。 病院は、さほど大きくなく、駅からも近いです。

Q外科医は内科医を軽く見てる?

日本では外科の方が偉いみたいな風潮がわたしにはありますが、薬の処方は難しいし、内科医が医療では最も重宝されなければいけないと思います。

外科医として総合病院で働いてきた者が外科医院を開業し、高血圧、糖尿病の患者に対して的確な処方が出来るのでしょうか?

高血圧の薬を三種類位確実に出します。

内科は、診察して薬出しといたらええねんとその医師はゆうてました。

血圧160の患者にエカードHDを処方して血圧が急降下し80になりLDに変てました。薬の処方に関して外科医はその程度の知識しかないのでしょうか?

Aベストアンサー

外科医と言っても専門分野が色々有ります。
消化器外科医、心臓外科医、血管外科医、肺外科医など、それぞれ得意分野が有ります。
内科医と比べても、消化器外科医は消化器の薬に関しては十分な知識があります。
心臓外科医は血圧や心臓の薬に関しては十分な知識があります。
肺外科医は呼吸器の薬に関しては十分な知識があります。
と言うことは、消化器外科医は血圧や心臓の薬に関しては十分な知識が有るとは限りません。
同様に、心臓外科医は消化器の薬に関しては十分な知識有るとは限りません。
心臓外科医が外科医院を開業したら、高血圧の治療はかなり的確に出来ると思われます。
但し、消化器の治療はかなり怪しいかも知れない。
また、一般の病院では患者はまず内科を受診します。(外傷などは別)
そこで検査をして、手術が必要と成れば、外科に「手術をお願い」をします。
その時、血圧や血糖、喘息など手術に支障の有りそうな合併症が有れば、その是正を内科に指示します。
緊急で無い場合は、合併症を是正しない限り手術はしてくれません。
何故なら、是正しないで手術をすると患者に危険があるからです。
手術をするかしないかの決定権は外科医に有り、内科医には有りません。
内科医はどんなに逆立ちをしたって、手術は出来ませんから。
また、比較的急性の炎症性疾患(急性胆嚢炎、虫垂炎など)を内科医が治療している場合、土日や連休間近に成ると、休み中内科医が楽したい(?)為か患者を外科に回してきます。
外科医は仕方がないから、時間外に手術をします。
外科医としては、「内科医の後始末をしてやった」位の気にはなりますよね。
これらの辺りから外科医が偉そうに見えるのかも知れません。
外科・内科医に上下、優劣は有りません。

外科医と言っても専門分野が色々有ります。
消化器外科医、心臓外科医、血管外科医、肺外科医など、それぞれ得意分野が有ります。
内科医と比べても、消化器外科医は消化器の薬に関しては十分な知識があります。
心臓外科医は血圧や心臓の薬に関しては十分な知識があります。
肺外科医は呼吸器の薬に関しては十分な知識があります。
と言うことは、消化器外科医は血圧や心臓の薬に関しては十分な知識が有るとは限りません。
同様に、心臓外科医は消化器の薬に関しては十分な知識有るとは限りません。
心臓外科医が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報