NHKが現在放映している司馬遼太郎の「坂の上の雲」に関して、「その時期に、ロシアは日本に対する侵略の意図は無かった。もし放送するなら、誤解を招かないように、検証番組を放送しろ」等の抗議があったとWebのニュースで見ました。
この件について、詳しいことをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 取り合えず、同抗議の呼びかけ人のBlogを見つけましたので、ご参考に


  醍醐聡のブログ http://sdaigo.cocolog-nifty.com/


 まあ「東京大学大学院経済学研究科の教授で専門分野は財務会計」の方が、一切実例(「最近の根本資料に基づいた研究結果」成る物を引用なさるべきでは?)を示さずに主張なさる「ロシアは日本に対する侵略の意図は無かった」をどれだけ信用するかですね。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に良くわかりました。
ありがとうございます。
プログのアドレス、感謝します。

お礼日時:2009/12/01 06:17

>改革を嫌ってロシアを招きいれようとしたために、やむなく日本統治下に組み込んだのです。



大韓民国は日本の植民地ではありません。
国家自治権があり、ロシアとの交渉に日本の指図は必要ありません。

侵略行為です。

日本臣民と言う記載が読めますか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E6%B0%8F% …

>日本の国の一部として
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9C%B0

>帝国議会に議員を選出したり
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%B4%E6%97%8F% …(%E6%97%A5%E6%9C%AC)
勅任議員ですね。投票で選出していません。

外地は地方参政権でしかありません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B7% …

はっきり言えば、これがどうかしたの?
としか言いようがありません。

>後知恵で、昔の人の努力を否定するのはいかがなものかと思います。

自分だけが「特に」勉強しているのではありません。

みんな努力しています。
みんなが苦労しています。

日本人だけが努力したのではないんです。
日本人だけが国を守ろうとしたのではないのです。

これは理解できますか?

>日本はロシア帝国に樺太を強請り取られ
朝鮮は日本に大韓民国の自治権を強請り取られ

努力は認めます。
しかし、これではどうしようもありません。

後知恵が当時の人間の努力を「詭弁」に変えるのです。

実力で朝鮮を手に入れた。
何が悪いんだ?

>近代国家として生まれ変わってもらおうとした

自分のお金を他人にはいどうぞ。
きっぱり、珍しい人種です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本人て、本当に珍しい人種ですよね。
世界中の国で、日本だけじゃないですか?ここまで自虐史論を展開できるのは。
また、展開しても、犯罪に問われないのは。
アメリカよりも、余程民主的ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/01 06:20

日露戦争1904年。


日韓併合1910年。

日露戦争を日本の防衛戦争と置くこの小説はおかしい。
→その時期に、ロシアは日本に対する侵略の意図は無かった。

これは大学教授をリーダーとする
坂の上の雲の放映を考えるグループの意見です。

私もこの小説はXだと考えています。

朝鮮を、中国を侵略し続け、坂の上の雲の
日章旗が何を意味するのか知りたい。

アヘン戦争もイギリスにとっては自衛戦争です。
アヘンの輸入を禁止されればイギリスの国家財政は
たちまち破綻してしまいます。

ドイツも自衛の為に戦争に突入したんです。
戦争自体が自衛の意味合いがあります。

戦争とは解決策のひとつに過ぎません。

そりゃ、朝鮮を植民地にすれば日本は安全です。
これを過大解釈すれば、ポルポトの600万人の虐殺も自衛なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は、小説自体に対して、是非を問うつもりはありません。
史実として、日本はロシア帝国に樺太を強請り取られ、対馬を占拠されてもいますしね。
日本としては、韓半島と樺太経由の二正面でロシア帝国と戦う国力は無いと判断したのは理解できるし、そのために近代国家として生まれ変わってもらおうとした大韓帝国の一部特権階級が、改革を嫌ってロシアを招きいれようとしたために、やむなく日本統治下に組み込んだのです。
ちなみに、朝鮮半島は、日本の植民地になったわけではありません。
日本の国の一部として、帝国議会に議員を選出したり、また、手厚い保護政策の下、人口も爆発的に増えています。
後知恵で、昔の人の努力を否定するのはいかがなものかと思います。

お礼日時:2009/11/30 23:01

答えにはなっておりませんが。


人が集まれば派閥が出来るように、ロシア政府内にも同じことが存在したのではないでしょうか。
日本を征服するべきだという強硬派とそうするべきではないという穏健派と。

それ以前に小説のドラマに対して、事実と異なるから抗議するということ自体ナンセンスなことです。
司馬遼太郎は小説家です。事実を正確に伝えるべきである歴史学者ではありません。ですから、小説が、ストーリーの都合のいいように、歴史事実を歪曲して、良く言えばアレンジして、書かれてあっても問題はないのです。フィクションなのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですよね。
実際問題として、中国では、ロシア帝国・ソ連邦による侵略の歴史を教えていないそうです。
御回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/11/30 22:39

>この件について、詳しいことをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。


 この件とは「ロシアは日本に対する侵略の意図は無かった」って事でしょうか?

 取り合えず、日露戦争の重大な海戦である日本海海戦は、ロシア艦隊がウラジオストックに回航するのを防ぐ為に、日本海軍が出撃して発生した海戦ですが、このウラジオストックの意味は「東方を征服せよ」です。
 (ロシア語名はヴラジヴォストークで、「ヴォストーク」は「東」を意味し、「ヴラジ-」は「領有・支配する、物件を自由に使う、制御する」を意味する動詞から。)

 ウラジオストックの東に有るのは勿論、日本です。

 まあ、海を越えなければならない、日本侵攻をどの程度本気に考えていたかは微妙ですが、北清事変を契機に軍を中国東北部へ進め、高宗(朝鮮王)をロシア公使館に確保し、朝鮮半島内でロシアの利権を増やす工作は行っています。
 (陸続きの国は…。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本は実際に樺太を強請り取られ、対馬を占拠されてもいます。
近代国家として出発したばかりの日本にとって、ロシア帝国の圧力は、現在の我々からは想像もつかないと思います。
それなのに、「その時期に、ロシアは日本に対する侵略の意図は無かった。」と言い切るものですから、その根拠を知りたいと思ったのです。
御回答、ありがとうございます。

お礼日時:2009/11/30 22:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご教授」か「ご教示」か?

あるネット上の掲示板で「ご教授下さい」と結んだ質問に対し、
「ご教示下さい」が正しい言い方である、と指摘されているのを見ました。

私も「ご教授下さい」を使用していたので気になり、さっそく手元の辞書を引いたところ、
「知識を与えること・教えること(私の要約です)」と出ていました。

これなら「ご教授下さい」も正しい使い方なのでは?と思い「教示」も調べましたら、
大辞林に「御―を賜りたく」と用例が出ていました。よって「ご教示下さい」の方に分があるかな、とも推測いたします
(ちなみに意味の方は「おしえしめすこと」と字面のママでしたが(^^; )。

はたして、人に教えを請うとき「ご教授下さい」と「ご教示下さい」、どちらが正しい(あるいはベストな)言い方でしょうか。

どなたかご教授?ご教示?ください。

Aベストアンサー

確かに両方とも可能な言い方だと思いますが、「教授する」は、それこそ大学の教授が授業を行うように、体系的な知識を時間をかけて教える意があるように感じます。それに対し「教示する」はもっと個別、断片的な知識、ノウハウなどを知らない人に対して説明する意があるように感じます。従ってインターネットの掲示板上のやりとりは、どちらかといえば「教示する」というのがより適切な場合が多いのではないでしょうか。

Q極東総督のアレクセーエフと日露戦争(坂の上の雲)

ドラマ「坂の上の雲」では、極東総督のアレクセーエフがニコライ2世の対日全面譲歩の伝聞を握り潰したことが、国交断絶、日露戦争の発端となります。
これは事実ですか、虚構ですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言えば、虚構です。
それを説明するために、まず日露戦争の概要を述べます。
日本側宣戦布告1904年2月10日(日本時間基準)
ただし国交断絶を2月5日通告、2月8日15時 仁川でロシア砲艦「コレーエッツ」を攻撃(魚雷三発)、同日(2月8日)23時旅順港外で停泊中のロシア艦隊を奇襲攻撃して、戦争を開始していました。

次に日露戦争は何故起こったか?を考えます。

この時期ロシアが極東に進出して来るのに対抗して、日本としては朝鮮の支配権は確保しようと考えて、ロシアに対して「満韓交換案」を提案して、外交交渉を始めました。
ロシア側は、基本的にはこの交換案を認めていましたが、交渉の焦点は、「日本は朝鮮を軍略的には利用しない、というロシア側の要求条件を日本が認めるか否か?」という点に集約されてきました。
日本はこの要求を拒絶し、ロシアはこの要求を引っ込めなかったので、交渉は行き詰まり、日本はこれを戦争を以って打開しようとしたものです。

この最終段階で、従来主戦派と見られていたベゾグラーゾフの露日同盟案が1月11日栗野公使に伝えられました。この同盟案が実現したら戦争を避けることが出来たかもしれない内容だったのですが、日本側(東京)はこれを無視したので、進展しませんでした。

またラムズドルフ外相によって別の妥協案も作られましたが、東京側がこれを受け取ったのは、2月5日のことで、日本ではすでに断交を決定していたので、考慮されることはありませんでした。(この妥協案も全面譲歩ではありません。)

この交渉の経緯を簡単にまとめれば、ロシアは、「日本が朝鮮を軍略的に利用しないこと」を要求し続けたので、日本は外交交渉では妥協不可能と理解し、戦争によって解決しようとしたのが、日露戦争だった、ということになります。
日本側から考えると、日本は朝鮮半島を軍事的に利用したいために、日露戦争を起こした、といえます。
もっと簡単に言えば、朝鮮を植民地にするための戦争だった、と言えます。

質問に戻れば、「ロシア側が全面的に日本の要求を認める妥協案を出した」という事実はなく、従ってアレクセーエフが握りつぶした、と言うことも事実ではありえない、ということです。

しかし皇帝に提出されたベゾフラーゾフの露日同盟案の意見書には、朝鮮半島に勢力を拡大する必要性は全く無く、沿岸防備を長くするという害の方が大である、と書かれており、これがロシア政府内での常識だったと思われます。
つまりロシアには朝鮮半島に勢力を拡大したいという野心は皆無で、ただ日本が軍事的に利用することだけを警戒していた、ということです。

また皇帝をはじめ政府の中全体に、日本との戦争は避けたい、と言う考えが支配しており、そのことを証明する文章は沢山残っています。
状況的にも国内には革命の機運が高まっており、ドイツからの軍事的圧力(第一次大戦)も高かったので、日本と戦争はしたくなかった、と言うことです。

ただ「アジアの小国、日本がロシアに対して戦争を始めるはずが無い」という日本軽視の風潮が交渉を失敗させた原因と考えられています。



なお以上の説明は、『日露戦争 起源と開戦 和田春樹著 上445p下396p 6800円×2』を読み込んで考えたものです。

結論から言えば、虚構です。
それを説明するために、まず日露戦争の概要を述べます。
日本側宣戦布告1904年2月10日(日本時間基準)
ただし国交断絶を2月5日通告、2月8日15時 仁川でロシア砲艦「コレーエッツ」を攻撃(魚雷三発)、同日(2月8日)23時旅順港外で停泊中のロシア艦隊を奇襲攻撃して、戦争を開始していました。

次に日露戦争は何故起こったか?を考えます。

この時期ロシアが極東に進出して来るのに対抗して、日本としては朝鮮の支配権は確保しようと考えて、ロシアに対して「満...続きを読む

Q「ご教授」と「ご教示」どちらが正しいですか?

こんにちは。
「ご教授ください」と「ご教示ください」
どちらの表現が正しいですか?

このコミュニティを閲覧中、質問者「ご教授賜りますよう宜しくお願い致します。」
に対して回答文の最後に、
「ご教授は大学の教授になり、この場合はご教示になる。」
と書かれてました。

「教授」
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/56368/m0u/%E6%95%99%E6%8E%88/
「教示」
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/56309/m0u/%E6%95%99%E7%A4%BA/

「教授」は大学の教授に対する限定表現に思えず、使い分けできそうかなと。

ついでにですが「!?」と「?!」の使い分けもご存知でしたら教えていただきたいです。
こちらは、"おまけ" の質問ということで。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 念のために補足しておきますが、大学の教授同士などの場合、教授は「他の教授を教育・指導する立場」にはありませんから、「教わる側の教授」に対する「教える側の教授」の立場は単なる同格の立場に居る人物であって、「教育・指導する立場にいる人物」にはなりません。
 ですから、大学の教授同士等の場合においても「ご教授」という表現を使うのは間違いで、「ご教授」ではなく「ご教示」を使うのが正しい事になります。
 又、例えば、大学病院で治療を受けている患者は、大学病院の教授に「教えや技術・技能の類を身に着ける事を目的として教育や指導を受けている立場」ではありませんから、大学病院で治療を受けている患者が、大学病院の教授に対して「ご教授」という表現を使うのはおかしい事になります。

 尚、教師や教授、塾の講師、師匠、習い事の先生やインストラクターといった立場の人間に対して、その指導や教育を受けている立場の学生や生徒、弟子といった立場の人間が、「指導や教育を受けている事に関連する事柄に関して」教えを乞う場合には、「学問や技芸を教え授けてもらう事」を乞うている訳ですから、「ご教授」としなければなりません。
 要するに、生徒の立場に居る人間が、その先生の立場に居る人間に対して教えを乞う場合には「ご教授」、それ以外の場合には「ご教示」となる訳です。
 但し、例えば茶道教室において生徒が先生に対して、次回の茶会が開かれる日時を尋ねる場合には、「次回の茶会が開かれる日時」は「生徒が身に付けなければならない知識や技術・技能」の類ではありませんから、「ご教授」を使う事は出来ません。
 この様に、先生と生徒の関係にある間柄であっても、「生徒が身に付けなければならない知識や技術・技能として、先生から教育・指導を受けている事柄」であるのか否かによって、「ご教授」とすべきなのか「ご教示」とすべきなのかは変わって来ます。
 又、例えば、釣り仲間同士の様な元々は同格である筈の間柄であっても、魚が良く釣れる秘密の穴場を教えてもらうといった場合等には、「その海域で釣りをする事に関する経験が浅い人間」が「その海域で釣りをする際に有用な知識」を「その海域で釣りをする事に関するベテランの人間」に教わる訳ですから、「その海域で釣りをする事に関するベテランの人間」の事を「”その海域で釣りをする事に関して”は先生(別の海域で釣りをする場合にはその限りではない)」と見做す事も出来ない訳でありませんので、(仲間内のおどけた表現として)「ご教授」という事も出来ない訳ではないと思います。

 念のために補足しておきますが、大学の教授同士などの場合、教授は「他の教授を教育・指導する立場」にはありませんから、「教わる側の教授」に対する「教える側の教授」の立場は単なる同格の立場に居る人物であって、「教育・指導する立場にいる人物」にはなりません。
 ですから、大学の教授同士等の場合においても「ご教授」という表現を使うのは間違いで、「ご教授」ではなく「ご教示」を使うのが正しい事になります。
 又、例えば、大学病院で治療を受けている患者は、大学病院の教授に「教えや技術・技...続きを読む

Q『坂の上の雲』当時は本当に日清・日露戦争と呼んでいた?

ネットにこう書いてあるという回答ではなく、当時はどう呼んでいたのか、本当にご存じの方、教えてください

Aベストアンサー

明治27年10月27日号外では
戦争が起きたと言う認識だけです。
http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/07/zusetsu/D08/d0821.jpg

俗に言うのはこれ。
http://blog-imgs-26-origin.fc2.com/h/o/n/hontana/20080829214902.jpg

日露号外。
http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/07/zusetsu/D08/d0821.jpg

当時の新聞もそうですが、戦争が起きたと言う「事実」と
両軍の動きなどの詳細な事実認識が優先されています。

通称はこれ。
http://image.blog.livedoor.jp/hisako9618/imgs/1/6/16d6d28e.jpg

>ネットにこう書いてあるという回答ではなく

正月なので回答していると心得て下さい。^^;
通常であれば確実にスルー。つ^_^)つ

Q「ご教示」と「ご教授」

こんにちは。
いつもこの掲示板を見ています。

質問者さんはよく質問の最後に「ご教授ください、お願いします」、などと書いていますね。
私はこの場合、「ご教示ください」の方が正しいような気がします。

「ご教示」と「ご教授」は、どのような使い分けをするのが良いのでしょうか。
お教えください。

Aベストアンサー

掲示板などの質問に対しては「ご教示」が正しいと思います。
確かに「ご教授」という言葉もありますが、この場合は学問・技術・芸能などの分野において、ひとつの技を深く教え指導することですから、あまりふさわしくないのでは。
反面、「ご教示」は「教えてください」というような軽い意味を丁寧に言った言葉です。

Q歴史ドラマや検証番組では(多分)意図的に無視される事実について

5月28日放送の「決着! 歴史ミステリー」では、笑っちゃうほど(真田)信之の存在が無視されていました。

幸村(信繁)をかっこよく描く為に、信之を悪者にするとか言うのではなく、もう「いなかったこと」にされていたようです(多分「天地人」も似たようなもんなんだろうなぁ…)

真田家を後世に遺したのは信之兄さんだ~~!!

まあそれはともかく、ドラマ上の都合として、しばしば無視される史実ってのはありますよね。沖田総司は実はぶ○いくだったとか…(あ、これは「一説」で「正しい」わけじゃないですよね、ファンの皆様すみません) あー、あと秀吉が主役以外の信長-秀吉主従は、なぜか秀吉のほうがオッサン率が高いとか(秀吉の方が年下ですよね?)

大体江戸初期も末期も服装だの家のセットだのがほぼ同じってのも、ナニといえばナニなんですけど、時代考証の方も「判ってるけど予算の関係で…」だそうだから仕方ないっすね。

そんなこんなで、「大人の都合」で歴史ドラマや検証番組では無視されがちな史実について、どんなものがあるか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

戦国武将の「男色」ですね(笑)。

検証番組でわある程度やりますが、ドラマや映画などでわ完全に無視されます。
現代人の感性や風俗で歴史物を語る矛盾ですね(笑)。

Q「教示」「教授」

最近よく「ご教授お願いします。」という文を見かけますが、
「ご教示お願いします。」の間違いではないのでしょうか?
どちらでも同じような意味なのでしょうか?

辞書で調べたけど分かりませんでした。

Aベストアンサー

> 「ご教示お願いします。」の間違いではないのでしょうか?

そのとおりだと思います。
職名としての「教授」ではない、教授とは「専門的な学問・技芸を教えること」や 「知識・技能を与え、そこからさらに知識への興味を呼び起こすこと」ですから、掲示板などでの知識の提供は「教授」とは言えないと思います。
やはり「教え示すこと」である「教示」がふさわしいでしょう。

Q小説と事実の関係は小説によって異なると思いますが、司馬遼太郎の風の武士

小説と事実の関係は小説によって異なると思いますが、司馬遼太郎の風の武士にあるやすらいの国とか紀伊国屋とか伊賀の忍者などの真実性はどのぐらいでしょうか。

Aベストアンサー

こんくにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>小説と事実の関係は小説によって異なると思いますが、

私も歴史小説を書いていますが、極端に言えば、「虚」が90%。「実」が10%位だと思ってください。
登場人物や、その当時の風俗などは、ある程度「歴史辞典」などで調べて、できるだけ、
「当時はこんな生活をしていたのだろうな~」
と言う趣は取り入れますが、何せ、その当時に生きていたわけではないですし、実際に見たわけでもありませんから・・・。
ある史実があったとしても、作家によっての視点の違いで、全く別の作品ができあがります。
学術書ではないので、要は、作品として「面白い」「嬉しい」「悲しい」、これらの要素をそなえていれば、小説として成り立ちます。

「講釈師 見てきたような嘘をつき」

Qご教示とご教授の違い

今日、上司に「ご教授ください」は間違いで「ご教示ください」が正しいよと指摘を受けました。
私だけでなく、他のひとも「ご教示」を使っているようですが、本当に間違いなのでしょうか。

Aベストアンサー

こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4770894.html

Q横山さんの三国志で、魏の曹英が、司馬仲達へ指示を出した際に、「国家100年の計」のフレーズは出てきますか?

記憶が曖昧で申し訳ございません。横山さんの三国志で、
確か、孔明との戦いで、三国志で、魏の曹英が、司馬仲達へ指示を出した際に、「国家100年の計」のフレーズは出てきますか?

確か、辛毘が勅使だったと記憶しております。

もし、御存知でしたら、そのセリフ?をご記載頂きたいのですが。
あと、ここでいう「国家100年の計」は、持久戦の意味でしょうか?

Aベストアンサー

 「曹英」とありますので、手間取りました(「曹」姓のキャラクターは多いですから)。一度諦めましたが、読み方で気がつきました。魏の曹叡王のことですね。探しました。

 おそらくコミック59巻51頁の下部のコマのことだと思います。確かに辛昆が使者です。少なくとも漫画には「国家100年の計」というフレーズはありません。

 セリフを書くと著作権法の問題がありそうですので、そのままの内容の記入は控えます。
 五丈原の戦いで、孔明の挑発に応じて魏の武将が出陣をしようとしていた時に、司馬仲達が魏王に対して出した奏文に応じて魏王の勅文で、陣を固く守り出陣することを禁じる内容です。質問文にあるとおり持久戦を指示する内容です。
 ひょっとすると、三国志演義には、そのような言葉があるのかもしれませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報