出産前後の痔にはご注意!

なぜ付喪神がついた古道具を買う人がいたのですか。

かつて器物は100年を経ると精霊が宿ると考えられており、そのため99年目で器物を破棄するという習慣があったと聞いたことがあります。

器物は年末の煤払いを行う際に廃棄されていたようです。

その廃棄された古道具を神社仏閣で売るようになったのが、京都の東寺や北野天満宮の古道具市の起源なのだそうです。

ここで、疑問。

古い道具には付喪神がつくと信じられ
その付喪神を恐れるがゆえに古道具を処分していたのに
そんな付喪神がついた古道具を買う人がいたというのは
オドロキです。

私は付喪神なんぞ信じていないし、
アンティーク好きなのでためらわずに買いますが
怨霊信仰のあった古においてなぜ付喪神がついた古道具を買う人がいたのでしょうか。

神社や寺でお祓いをしてもらったので、大丈夫ということなのでしょうか。

よろしゅうおたのもうします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.1及び4で回答した者です。


蛇足になりますが。

>なぜ他の場所ではなく、神社や寺が選ばれたのか。

という疑問に対してなのですが、
古くから寺や神社というのは村において、集会場や寄り合い場所として使用されていたという考え方があります。実際に現在でも神社、寺を集会の場所として(宗教的習俗的かは別として)利用している場合もあります。
そういったことから、昔にも、神社や寺の利便性があってこそ
その場所を選んでいたと考えられます。
もちろん、神聖であるということも含め、そこに集まる理由はそういったものでしょう。

さらに蛇足過ぎるお話ですが
No.5の方が回答していらっしゃるように現実的な付喪神への畏怖は薄かった可能性も、現実を見た理論的にはあり得ます。
むしろ、質問者様の質問に対しての回答としては正論だと思います。
ただ、民俗学を志す者として
民間信仰における、100年に満たないまでも長く使われた日常生活用品への感謝や信心というものを、民衆が持たなかったと言われれば反論せざるを得ません。
そういった細かい、生活文化の中から習俗の欠片を拾い集める事こそが
質問者様が持つような疑問を解決する手段となり得ると思います。
本当に余分なお話で申し訳ないです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

何度も回答をありがとうございます。

神社や寺の利便性
というのはあると思います。

ただおっしゃられるように、古の人々の信仰心を無視することはできないのではないか、と感じています。

友人に聞いた話ですが
江戸時代の戸籍謄本をテレビで見た、死亡原因のほとんどは「怨霊の祟り」となっていた、というのです。

これは江戸時代においても、怨霊信仰があったことを示すものだと考えます。

質問をたててから自分でもいろいろググったりして調べてみたのですが
市(イチ)=斎(イツキ)
だという説があることを知りました。

そこから、市というもの自体が、祓いの神事だったのではないか、
と思うにいたりました。

また平安時代の文献に
虹がたったところに市をたてる
と記されているそうです。
(文献名は忘れました。すいません。)

かつて虹はまがまがしいものと考えられていたそうで
邪気を祓うために市をたてた、と考えられるのではないでしょうか。

まあ、しだいに形骸化していったのは確かでしょうが・・・

>生活文化の中から習俗の欠片を拾い集める事

ほんとうにそのとおりですね。ありがとうございます。

お礼日時:2009/12/21 09:25

>かつて器物は100年を経ると精霊が宿ると考えられており、そのため99年目で器物を破棄するという習慣があったと聞いたことがあります


これは『付喪神絵巻』にある記述ですが…
こんなことを実際に行われていたかというと、疑問に思えます。
 なぜなら、当時において庶民が使う日用品が百年近い耐久性を持っているとは考えにくい。
またそれだけの耐久性を持っていれば、名器、名品だから「化けるから」などという理由で廃棄するとは思えない
さらには実際に百年以上たった道具は寺社や名家には存在するのだから、「百年たった(という理由だけで)化ける」とは事実として認識できない。

「九十九年」というのは「つくも」という言葉を引き出すための設定です。
そもそも「付喪神」という名称も『付喪神絵巻』といったごく一部のおとぎ話でしか登場しない言葉で、一般の人々が使っていたとは思えません。
『付喪神絵巻』自体も極めて作為的な話で、内容も平安期の『今昔物語』や『是害房絵巻』のパロディであり、さらには「非情成仏」を説く宗派の優位性で締めくくられます。つまり「つくもがみ」は何らかの意図的に作られたおとぎ話であって、庶民の畏怖の対象ではなかったと思えます。

いうなれば現代人がホラー映画も見て怖がりますが、それは「実際にゾンビやエイリアンが存在するから怖い」と思って怖がっているわけではないようなもので

それに「つくもがみ」という概念が、日常で使われていたのなら、それを祭り鎮める信仰が生まれてもおかしくはないですが、それも見あたりません。

 もちろん、道具に神霊が宿るという概念は存在しますが、それはその道具に関わった人間の霊魂であったり、あるいは神仏などの力であって、たんに「時間が経過したから」というだけでは、畏怖の対象ではないと思われます。
口碑伝承でも「古道具による怪異」というのは、古くなったというだけでなく、その道具に何らか関わった人間や神霊に対する畏怖というものが多いですね。

「つくもがみ」は意図的に作られたおとぎ話のキャラクターであって、生活に密着した怪異・恐怖ではないと思います。また古い道具に霊力が宿るという信仰・概念があっても、日常の生活に多大な影響を与えるほどのものでもなかったのでしょう。

古道具の市が開かれていたのは、古道具が生活品として商品価値があったからでしょう。ですから当時の古道具市は現在のホームセンターでの買い物に近い感覚ではなかったでしょうか。
大量生産が可能となったといっても、それでも限度があります。だから古道具も売買取引された。
古道具に対する感覚が現代とは大きく異なっているのです。

弘法市や天神市も、人が集まる場所だから古道具の店も開かれた(現在のような骨董品という感覚ではない)というものではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答をありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/12/20 21:10

No.1で回答した者です。



手元には現在示すことが出来る史料はありませんが、
お祓いという行為そのものが、荒ぶる魂を鎮め、和御魂へとおさめる事を意味します。
また、人形供養などは、古道具とは違いますが、人形に宿った魂を鎮め、災厄を振りまかないように、成仏を願うという意味で行われているところからして、古道具のお祓いと共通する部分があると考えます。

具体的な史料を示すことが出来ず申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再回答ありがとうございます。

神社や寺の境内で市が開かれる、というのが気になりますよね。
なぜ他の場所ではなく、神社や寺が選ばれたのか。
やはり、そこが神聖なる場所であることが関係しているように思えますね。

大変参考になりました。
感謝いたします。

お礼日時:2009/12/17 09:32

自称、妖怪研究家です



さて、民俗学者の小松和彦先生が指摘していましたが、付喪神という概念が登場するのは室町期です。当時は技術革新によって物を消費し、消費した物を廃棄するという生活が一般化したそうです。
だからこそ、捨てられた物が化けるという「物語」が受け入れられた。

そして、当時の人も「道具が化けて人に危害をなす」ということは概念として受け入れられても、事実としては認識していなかったのではないかということです。
つまり、「付喪神絵巻」などで擬人化した道具が描かれるというのは、それらをキャラクターとして受け入れたのであって、現実的な恐怖としての認識は薄かった
付喪神は仏教で説く「非情成仏」という思想の喧伝もあります。つまり、草木や土石など感情を持たない存在も、仏性を有しているという思想で、『付喪神縁起』では化け物となった古道具は最終的にことごとく、発心して仏となると締めくくられます。
その後の『百鬼夜行絵巻』などでは、古道具の成仏のシーンは描かれることはなくなりましたが、これこそ付喪神は当時の人にとっても現実的な恐怖ではなく、あくまでも観念的なモノであり、同事にキャラクターとして楽しむ、つまり娯楽の対象であったと思われます。

そもそも、「つくもがみ」という名称も一種のシャレです。本来は「九十九髪(つくもがみ)」でこれは白髪の異名。『付喪神縁起』では、百年を経ずに九十九年で捨てられた道具が、百年たたずに捨てられたことを恨んで化けたという設定です。百から一を取ると「九十九」。また百という文字から一を取ると「白」。だから「つくも(九十九・白)がみ(髪・神)」ということです。

この回答への補足

よろしければ
当時の人が「道具が化けて人に危害をなす」ということは概念として受け入れられても、事実としては認識していなかったのではないか

と思われる理由を教えてください。

こうした古道具が転売されている事実から
そう考えられるということでしょうか。

補足日時:2009/12/16 23:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>当時の人も「道具が化けて人に危害をなす」ということは概念として受け入れられても、事実としては認識していなかったのではないかということです。

認識していないのであれば、そもそも古い道具を付喪神がついたからといって
捨てたりはしないと思うのですが。

道具を処分するための言い訳のようなものだったのでしょうか。

お礼日時:2009/12/16 23:21

<参考>


 明治生まれの死んだ祖父は、
「使わない道具を置いておくと、悪さをする。」と言っていましたね。
 
 道具は手入れをして、古くなっても大切に愛情を注いで使い続けるのが日本人の美意識だったのではないでしょうか。

 使わないで手入れしないまま蔵の隅に眠っている古道具にも、時々棚卸をして、使うものは手入れをし、使わないものは古道具屋に持って行って、きちんとリサイクルし、駄目なものは捨てて「ごみ屋敷」にしないようにするという日本人の精神が、『付喪神』というものを生んだのでしょうね。

 「神」ですから、大事にすれば悪さをしないで、持ち主に幸をもたらすものでもあったのでしょう。

<おまけ>
「つくもがみ貸します」畠中恵著
http://www.kadokawa.co.jp/sp/200709-05/index.php …
 楽しく読めます。

「陰陽師 付喪神ノ巻」夢枕獏著
 著者の陰陽師シリーズの中の一冊
http://www.bbk.ne.jp/201/w_baku8.htm#tsukumo
 伝奇小説で、好き嫌いがありますが、ファンからは絶大な支持があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

つまり、古いものでも手入れしてあれば付喪神は祟らなかった
ということですね。

そういえば神社では式年遷宮とかいって建て替えたりしますが
寺院にはそういった習慣はないですね。

でも、神社が粗末に扱われているわけではないと思います。

本の紹介をありがとうございます。
読んでみたいです。

神社仏閣と古道具は別でしょうかね。

お礼日時:2009/12/16 23:18

古道具市などで付喪神が憑いている古道具を買う明確な理由としての答えは


単純にその道具を使いたいから、ということでしょう。

ただ、質問者様が疑問に思われるように、
付喪神というものに対する畏れがあった時代に買うというのは一見不可思議に見えますが、付喪神というのは一概に悪い霊のみが古いものに憑くというわけではなく、古い道具や使い込まれたモノは神聖であり神が宿るとも言われます。
これを粗末に扱ったりすると付喪神は荒御魂となり人に害を及ぼしたりするようになります。
仰られるように神社などでお祓いをして和御魂となっていれば
その道具は大変良いものであるという認識を持って使うことが出来るため、買う人がいたのでしょう。

付喪神が憑くような古道具でも買う理由はそういったところにあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
神社で古道具をお祓いをすると和御魂になるというのは理解できます。
神社で古道具をお祓いをしていたことを示す史料などはありますか?

お礼日時:2009/12/16 23:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンティークジュエリーを持つこと

先日、イギリスのオークションでルビーの指輪を落札しました。アンティークショップの出品で、かなり信頼のおけるディーラーのようです。1880年代のヴィクトリア時代の、ピジョンブラッドと呼ばれる最高級のルビーです。

とても高価なもので、自分には分不相応かとも思いましたが、あまりの美しさと彫刻のような台の繊細さに一目ぼれし、購入にいたったものです。

ところで、私はアンティークやセカンドハンドのジュエリーにも特に抵抗なく、つけてきました。
ところが、最近知人から「ルビーなどの石は、魂が宿るから不幸が起こるかもしれない」という指摘を受け、少々困惑しております。
たしかに、130年近く経てきた中に、所有者は次々と代わったであろうし、その人たちがけして幸せであったかどうかはわかりません。かの有名なホープダイヤの話もありますし、とても心配になってきました。

アンティークジュエリーがお好きな方、またはその仕事に携わっていらっしゃる方、他、宝石に詳しい方にお尋ねしたいのですが、アンティークジュエリーは所有することは良くないのでしょうか。ネットで「浄化すれば大丈夫」というようなものもありましたが、安心して身につけられる方法を教えていただければ幸いです。

先日、イギリスのオークションでルビーの指輪を落札しました。アンティークショップの出品で、かなり信頼のおけるディーラーのようです。1880年代のヴィクトリア時代の、ピジョンブラッドと呼ばれる最高級のルビーです。

とても高価なもので、自分には分不相応かとも思いましたが、あまりの美しさと彫刻のような台の繊細さに一目ぼれし、購入にいたったものです。

ところで、私はアンティークやセカンドハンドのジュエリーにも特に抵抗なく、つけてきました。
ところが、最近知人から「ルビーなどの石は、...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様が気になさっているホープダイヤにはいろんな言い伝えがありますね。

不幸が起きるとするお話は、ホープダイヤがインドの神像の目にはめ込まれていたのに盗まれるところから始まり、人間の欲のために半分近くの大きさに再カットされ、骨肉の争いの元になったりしながら、不幸なことが起きることで持ち主を変えていきます。なんだかダイヤが恐いというより、人間の欲というものは恐いなあと思う話です。

下記のサイトではホープダイヤにまつわる伝説には誇張や事実ではない話がたくさん含まれているということ、ダイヤの最後の所有者ハリー・ウィンストンが10年間も無事にダイヤを所有し後にスミソニアンに寄贈したことが記されています。ハリー自身は呪いをまったく気にしていなくて笑い話にしていたともありました。

気になる人は何をどうしても気になるものですし、こういうことの明確で確実な解決策というとなかなか難しいですよね。

「・・・魂が宿るから不幸がおこるかもしれない」確かにどのような所有者の手を経てきたかを知ることは今となっては難しいことです。

でも、もしも幸せに生きて幸せに亡くなった方たちに大切にされ時間・空間を旅して、今ここに伝わっているものだとしたら、満ちたりた魂の宿る幸運なジュエリーだと考えることもできるのでは?
根拠のない、個人的な見解で申し訳ないのですが・・・

はっきりわかることは、130年間も美しい状態を保ち、石をすりかえられたり地金につぶされることなく、いま存在しているということで、指輪が代々の所有者から大切にされてきた、ということだけだと思います。所有者の方たちは物心ともにジュエリーを愛するゆとりのある方々だったとも推察されます。

大切にされて伝えられてきたものを誰かが先々大切にして伝えていかなければならないなら、むしろ質問者様は選ばれて指輪を持つことになったのかも。

気になるようなことや嫌なことがあったら、気持ちの負担になる前に手放すことととして、せっかく出会ったジュエリーの美しさを楽しみ、大切になさっていてもいいと思うのですが。

私もアンティークジュエリーが好きでいくつか持っていますが、吉凶をあまり気にしたことはありません。縁あって私のもとにきたのだから、静かに私の手の中に納まるものと思っております。長年アンティークジュエリーを扱っている知人が言うには、アンティークは品物のほうでも人を選ぶとか。

本当に美しいと思うものは、経済的な理由からなかなか入手できず、比較的手の届く範囲で楽しんでいる私からはピジョンブラッドのルビーは夢のようです。どうか、せっかくの美しい夢に水を注されることがありませんように・・・

どうしても気になるなら、No.1の方のご回答のように塩や水でお清めなさってもいいと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89

質問者様が気になさっているホープダイヤにはいろんな言い伝えがありますね。

不幸が起きるとするお話は、ホープダイヤがインドの神像の目にはめ込まれていたのに盗まれるところから始まり、人間の欲のために半分近くの大きさに再カットされ、骨肉の争いの元になったりしながら、不幸なことが起きることで持ち主を変えていきます。なんだかダイヤが恐いというより、人間の欲というものは恐いなあと思う話です。

下記のサイトではホープダイヤにまつわる伝説には誇張や事実ではない話がたくさん含まれている...続きを読む

QPCゲームのオプションにある「垂直同期」について

私はよくFPS系のゲームをするのですがオプションのなかに「垂直同期」というのがあります。垂直同期について調べたところ、モニタのリフレッシュレートとゲーム中のfps?を同じにするというようなことを書いていました。今は60Hzの液晶ディスプレイを使ってゲームをしているのですが垂直同期をオンにしている場合60fps以上あっても意味がないということなのですか?それに、液晶ディスプレイよりCRTの方がゲームプレイに向いているとよく目にするのですがいまいちよく分かりません。ゲームをしていて残像感を感じたこともありませし・・。最近の液晶ならCRTと比べても変わらないということですか?教えてください。よろしくお願いします。

使っている液晶ディスプレイ「Diamondcrysta RDT1711S」
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2005/0519.htm

Aベストアンサー

 ハード系はあまり詳しくないので違っているかもしれませんが。

 垂直同期は画面を書きかえる速度だと思いました。
 60Hzですと1秒に60回画面を書き換えるということです。つまりFPSと同じです。

 60Hz表示でFPSが60回を超えると、VRAMは変わっても画面の方は変わりませんので途中の映像が抜けてしまい、かえってギクシャクしてしまいます。(実際はCRTは上から順次表示するので、上部は古く下部は新しい映像という状態になるかと思います。液晶は分かりません。)

 垂直同期をオンにするのはVRAM書き換えと画面表示の同期をとり、上記現象を防ぐためにあるのだと思います。

QGmailアドレス変更方法

Gmailのアドレスを変更したいと考えているのですが、どのようにして変更すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

Gmailアドレスの変更はできません。

今使っているものと違うGmailアドレスを使いたいのならば、新規にGmailアドレスを取得してください。

そして従来のアドレスが必要ないならばそのまま放置しておけばOK。確か半年アクセスしなければそのアカウントは削除されるはずです。

なお、もし古いアドレスに配信されるメールもチェックする必要があるならば、新しいアドレスに転送設定しておきましょう。

Q(心霊現象?)ギターが勝手に鳴る

 ギターに詳しい方よろしくお願いします。
 タイトル通り、誰もギターを触ってないのにギターが鳴ったのです。

 主人が昔弾いていたギターを納戸に置いています。どういう状態で置いているかというと、普段使ってない布団を畳んで積み重ねて布でカバーをしている上に水平に置いています。ギター自体にはカバーしたりケースは使っていません。 ここ数年触ってもいません。

 先日の夜納戸に用があって入ったところ、しばらくしたら、ある弦だと思うのですが、ボーンって感じでなりました。チューニングもしてないので音がはずれた低い音です。 こどもたちと大騒ぎして、ギャーと隣に寝室の布団にもぐりこんで、あれって心霊現象?などと騒いでいたら、しばらくして、また同じ弦の音だと思うのですが鳴るんです。 その後数回。
  その夜は怖くて電気をつけてねました(笑)

前置きが長くなりましたが、ギターは湿度等の関係で勝手に音が鳴るというか奏でるというかそういうことはあるのでしょうか?ギターはもちろん木製です。

 100%とは言いきれませんが、納戸にはねずみがいるとは思いません。でも心霊現象とは絶対思いたくないです。

  どうぞよろしくお願いします。
 

 ギターに詳しい方よろしくお願いします。
 タイトル通り、誰もギターを触ってないのにギターが鳴ったのです。

 主人が昔弾いていたギターを納戸に置いています。どういう状態で置いているかというと、普段使ってない布団を畳んで積み重ねて布でカバーをしている上に水平に置いています。ギター自体にはカバーしたりケースは使っていません。 ここ数年触ってもいません。

 先日の夜納戸に用があって入ったところ、しばらくしたら、ある弦だと思うのですが、ボーンって感じでなりました。チューニング...続きを読む

Aベストアンサー

えーと、鳴ってから後、そのギターの状態は、出して見てみましたか?
あと、いわゆるアコースティックギター(中が空洞の胴体が付いてるタイプ)ですよね?

以下、全然違ってたらすいませんが…
>布団を畳んで積み重ねて布でカバーをしている上に水平に置いています。
ということは、全く裸で、弦を張りっぱなしにして置いてあったということでしたら、温度変化や湿度の変化等(それも、別に急に変化したからだけでなく、今までの変化が積もり積もってある日突然も含めて)で、弦巻き部分が急に滑るように緩んだり、部品と弦の微妙な引っかかりがズレたりして、結構な音量で「ビーン」と鳴ることは、そんなに珍しくないです。
私の家でも、昔アコースティックギターを良く弾いていた時に、専用スタンドに立て掛けてるギターが突然「ピーン」と鳴ることは、季節の変わり目とかには良くありました。繰り返しですが、さほど珍しい話ではないです。

ただ、弦の上に布等が被さってて、そんなに大きな音で鳴るわけがないのに! というケースでは、「弦の芯線が切れた」ら、かなり大きな音で鳴ります。
ギター弦のうち太い方の弦は、細いピアノ線様の針金を芯にして、周りに別の針金をぐるぐる巻き付けた「二重構造」になっています。そういう弦を張ったまま久しくほったらかしていると、芯線だけが劣化していきなり切れるということは、たまに起きます(早々滅多に無いですが、めちゃくちゃ珍しい現象というわけでもない)。
そういう時は、弦の上に何か被さっていて、弦自体が振動するわけが無い…という状態であっても、かなり大きい音で「ビョョ~ン」と音が鳴ります。
個人的には、ケースに入れたアコースティックギターの弦の芯線が切れて、夜中に家中飛び起きるほど大きな音で鳴ったことがありますね。

弦はユルユルに緩めてあったとか、そもそも弦を張ってないのに音がしたとなると、私は心霊現象を否定し切れませんが(^^ゞ 弦を張りっぱなしで保管していたら、鳴る要因はいくらでもありますから、そんなに気にしなくても大丈夫です。

ちなみに、普段から良く弾き込んでいればいるほど、上のような「いきなり音がする」という要因は少なくなります。ほったらかし期間が長いほど、こういう「突然の異音」が出やすくなる。
なので、可能なら時々は納戸から出して外気に触れさせてやり、できればたまには(お子様のお遊び程度で十分なので)弦を弾いて音を出してやれば、その意味では『楽器も喜ん?で』→『あんまり悪さ?をしなくなる』ってことは、事実としてありますけどね。

えーと、鳴ってから後、そのギターの状態は、出して見てみましたか?
あと、いわゆるアコースティックギター(中が空洞の胴体が付いてるタイプ)ですよね?

以下、全然違ってたらすいませんが…
>布団を畳んで積み重ねて布でカバーをしている上に水平に置いています。
ということは、全く裸で、弦を張りっぱなしにして置いてあったということでしたら、温度変化や湿度の変化等(それも、別に急に変化したからだけでなく、今までの変化が積もり積もってある日突然も含めて)で、弦巻き部分が急に滑るように緩...続きを読む

Q愛情不足な環境で育った人間はどう成長するか。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかったので真意はわかりませんが、
自分と同じものを感じる、という意味の発言だったようです。

私は貞操観念や倫理観があまりない所があり、
彼女がいる男性のことを好きになることが多いのです。

先日ネットサーフィンをしていて、
『恋人がいる人を好きになり、相手が振り向くと途端に好きじゃなくなってしまうような人間は、
子供の頃十分な愛情を貰って育っていない可哀想な人間』
という記述を目にしました。
相手が振り向くと好きではなくなる、ということはあまりないのですが、
彼女がいる人を好きになる、そういう傾向があるのは確かです。
また、自分に恋人がいても他に好きな人を作ってしまったり、二股していたこともあります。

以前また違う友人(同じく母子家庭)には、
「心理学を勉強している人に言われたんだけど、
母子家庭みたいに男性がいない家庭で育つと、男性との距離感がつかみにくくなるらしい。
父なのか兄弟なのか友人なのか、区別がつかないから、すぐ好きになってしまうんだって」と言われました。
私もその友人も、すぐ人を好きになりやすいので、この話には非常に納得しました。


私は自分の貞操観念や倫理観があまりないこと、また恋愛に一途になれないことが
自分のウィークポイントだと思っています。
どうにか改善していきたいのですが、この今の状況が家庭環境に関係しているのかどうか判断して頂きたいのです。(難しいとは思いますが・・)

ちなみに22歳女です。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかった...続きを読む

Aベストアンサー

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所に成ったりもします。
  ・一方、片親だけの場合、緩衝的な役割がなく、直接怒りを受けます、
   子どもにとっては、逃げ道がなく、対立したときには、
   完全に対立したままか、不本意でも親の意見を受け入れざるを得なくなり
   折衷案的な解決方法を経験しないままに大人になると思われます。
   もしかすると、一か八か的な性格が形成されるのかも知れません。

2)もらえる愛情のバリエーションの多さ(二人分)

  ・余り説明の必要はないと思いますが、二人分のタイプの違う愛情をもらい
   愛された経験ができます。
  ・片親だけの場合は、主にひとりの親だけの愛情・・・愛し方を受け入れること
   になります、その分、愛情の濃密度は濃いかも知れませんが、片親では
   経験できない愛情表現があるかも知れません、そしてそれが特に母子家庭の
   場合には、ふた親のそろった家庭との男性からの愛情経験の差・・・が
   男性との関係(距離の取り方)に影響(※)を与えている可能性があります。
   (※惚れっぽいとか、騙されやすいとか、質問にeco39さんが書いてあることです。)

まだまだあるかと思います。この辺が大きな差かなと思います。

3)そして、『倫理観』については、上の両親が居た場合と違って、
 母親の性格的な部分に左右されてしまうことが大きいのです。
 交流分析の理論では、倫理観は主に、父性的な性質をもち、両親が健在の場合
 子どもは、どちらかというと父親側から倫理観を受け取ることになりますが、
 母子家庭で、なおがつ母親がそういった父性的な厳しい部分が少ない場合、
 子どもの倫理観は育たないまま大人になって行くことになります。
 (このことを心配して厳しく躾けた場合や、母親が倫理観に厳しい場合また別ですが…)

兄弟関係だと、兄弟同士の相性問題や親の愛情の取り合いなども有り、
理想的な兄弟関係は、ちょっと考えられないです。
これは↑我が家の愛憎ごちゃ混ぜの兄弟関係が邪魔して考えつかないのかも(笑)スイマセン!

> これは具体的にどのようにすればいいと思われますか?
> 好きという感情をコントロールする術を身につける、

このような、1)2)3)性質が自分の中にあるのを感じたら、
そういう性質が悪い方向に向かわないように、
初期段階で少しづつコントロールすれば良いと思います。

その為に、先ず自分を正確に知ることかも知れません。
カウンセリング受けることや臨床的な心理学を学ぶ事も役立ちますし、
交流分析(※)などは、論理的で解りやすいのでお薦めですし、
意識して、友人や他人との比較することや世間を知ることが、
自分を知ることにつながると思います。自分はいつも他人や世間との
“あいだ”に立現れて来るものです、自分の好み・好きなものを
追求し探してみて下さい。案外好みと思っていたものが、幼い頃の
男性像の残骸なのかも知れません(笑)

 余談ながら、世間で言われる『自分探し』がもっとも自分を解らなくし
 混乱を招く一番下手(上手?)な方法だと私は思います。

最初の一歩はそれ自分の性格を自覚することから始まります、
人は、無意識・無自覚の好みや嗜好に引きずられて、
異性を求めていたりします。無意識に理想の父親像を男性にみていないか?
子どもの頃どんな父親が欲しかったのか?ちょっと思い出して書出してみてください。
その理想の男性(父親)のイメージを、異性に投影していないか?
経験したことのない異性の行動を愛情と勘違いしていないか?
いままでに、好きになった、つきあった男性達を通して共通項を探すのも方法です。
その人達は、無意識に引きずられて好きになったものではないのか?
検証してみる必要があるだろうと思います。

勿論、無意識が幸せに向かっているなら、問題ないでしょうが、しかし、
多くの場合、幼い無意識に支配された嗜好は、不幸な結果を招く事になります、
なんであのような酷い男性を好きになったのかと後悔する場合がとても多いのです。
その為、燃え上がった恋心が長続きしないのです。

 私にも遠い昔(オイオイ!)に経験がありますが、本格的に好きになる前の段階なら
 理性的に、感情を抑え変えることも可能です。最初の段階で徹底的に調べて
 行くか止めるか決めると良いですよ。大火事に成る前に消し止めるのが、
 感情のコントロールの方法です。感情は思考の結果生まれるものです。
 考え方・受け取り方を変えれば、感じ方が変わります。

例えば、倫理観の薄い性格の場合、相手側にも倫理観の薄い人を選ぶ傾向があります、
その結果、不倫や犯罪の被害者や加害者になることさえあります。
「君子危うきに近寄らず」「無事これ名馬」世間で言い継がれて来た言葉は、
やはり、真実を含んでいると思います。

まして、貴方は女性です。倫理観の薄い男は、薄い倫理観を正当化する為に、
自分勝手な倫理観や屁理屈を持っていることが多ようです。
そういった男達とつきあうのは、危険なことでもあります。

そして、科学的な実証はされていませんが、経験上、
江原氏や三輪氏の言う正負の法則は、やはり在るものと思います。
不倫とかの世間に顔向けの出来ない方法で結ばれても、大病したり
別れたり、殺し合ったりと、そういった心理傾向をもつ人達のグループでは
不幸な結果になるプログラムに支配され従って、無意識に動いて居るのですから…

> 男性と接する機会を減らす、等でしょうか。

これは、むしろ逆だと思います、と言っても特定の男性ではなく男性の友人を
沢山作ってみてグループや大人数で沢山の男性と楽しく付き合ってみて下さい。
男性の友人を沢山作ると男性的な思考ややり方、行動、見方を学べますし
相談も出来ます、ひとりの男性に夢中になり他人が見えなくなるのが
最悪のパターンだと思います。まだお若いのですから、誠実で人間として
良い男をとは?どんな行動をするのか?考えて観察して、
ひとりでは心許ないなら色んな友人の意見を取り入れて、
男性を選ぶ眼を養ってみたら如何でしょう。

故事曰く「己を知り、敵を知れば、百戦危うからず」と言うことです。

お節介ながら、お礼の疑問にお答えしますと、

> これは、幼少期のときにということでしょうか?
そうだと思います。

> 父の愛、兄弟の愛が足りなかったから、母との信頼関係が崩れたということですか?
そういうことはありません、元々に父や兄弟は存在しないのですから、
父・兄弟の愛に関わらず、母との関係は親子の二人の間の関係です。
そこに元からなかった愛の不在を感じることは、普通にはあり得ません。

(子どもに限らず)人間は愛が欲しい生き物です、
特に親の愛情は子どもの「心の栄養」と言われています、
欲しいときに親からの心の栄養が十分でないなら、幼い子どもは
「親が悪い(他罰的傾向)」や「自分が悪い=愛される資格がない(自罰的傾向)」の
傾向がつよくなります、心の栄養失調が余りに過ぎると、成長してから
「他人を信じられない」とか「自分を信じられない」とかの要素が強くなり、
 (中には、両方の要素を強く持つ人も多くいます。)
ここに倫理観の希薄さや誤った価値観が重なると、
前者では、最悪の場合「殺人者」後者では「自殺」という結果を引き起こします。
「他人を責めるまたは、自分を責める」このことが人間不信の正体と思います。
このふたつの考え方では、問題は解決しません、子どもの頃なら考えも幼いので
この考えに逃げ込むしか生きる方法が無かったのですが、問題なのは、
大人になってもこの幼い解決方法を自動的に使い続けた結果、
孤独に成って行く可哀相な人達がいるということです。
これは、eco39さんの事ではありませんのでどうぞ心配なさらずに(笑)

> 裏切られない何か、を人間に対して求めることは可能なんでしょうか?

No.1 の回答者さまの論は、何を意図してなのかは、私には判断できませんが、
「裏切り」と感じる為には、そこに何らかの約束や期待があっただろうと思います。
その「約束」は確約なのでしょうか?伝えてあるのでしょうか?
双方の了解事項なのでしょうか?
「人は皆、自分が基準です」しかし。いつも「他人には他人の基準」があることを
無視したり忘れてしまっています。「裏切り」と解釈する一歩前にもどって
どのような「約束」を取り交わしたか、考えて見ては如何でしょうか?
そして、信じる強さは、『相手に期待しない・依存しないで信じること』です。
これは、親の愛、母の愛によく似ていると思います。


※交流分析にエゴグラムという心理テストがあります、
 これがすべてではありませんが、自分を知る為の一助となると思います。
 検索しても色々なエゴグラムテストが出てきますが、参考URLを貼っておきます。

参考URL:http://www.sinritest.com/ego-test.html

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所...続きを読む


人気Q&Aランキング