たまにテレビとかで何ヶ国語も話せる少女や、5ヶ国語話せる秘書など出てきますが、本当に話せるのでしょうか?
実際に、日常会話の単語を5カ国語もキープしておくには、日頃から五カ国の新分やテレビなどを見ていないといけないと思うのですが、どうなのでしょうか?
5ヶ国語も日頃から使う機会はないと思うので、正直疑っています。話せても、本当に初歩のあいさつや会話程度だと思っています。

私自身、外国語に興味があるので、将来的に3ヶ国語くらいまで話せたいと思い質問しました。くだらない質問かもしれませんが、このことについて詳しい方がいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

スペイン語 アメリカ」に関するQ&A: アイホンの辞書設定のところにアメリカ英語 フランス英語 イタリア語-英語 オランダ語-英語 スペイン

A 回答 (3件)

こんばんは、一意見投稿します。



おそらくビジネス会話であれば対応できるというレベルではないでしょうか、海外のウエイターさん等はそんな感じというのを聞いたことがあります。「話せる」というのをどの範囲で見るかによっても変わると思われます。

ご指摘の通り、日頃から繰り返さないと何事も忘れていくものだと思いますので5カ国語に毎日触れていると時間を取られますね。ですが、文法や語彙が非常に似ていて親戚のような言語となるともしかすれば5カ国語話せるということになるのかもしれません。

私も将来は母国語(日本語)を含めて外国語が使えるようになれば幸いだと思っています、頑張ってください。

この回答への補足

そうですよね。やはり話せるといっても、すべてを網羅するのはかなり難しいですよね。丁寧にありがとうございました。

補足日時:2010/01/10 19:49
    • good
    • 0

疑問に思うのは当然です。

 日本と欧米では環境が違いすぎます。

1.複数の国と国境を接している国が多い。多言語ができるとは会話が中心となります。
2.移民や国際結婚、外国に住む親戚(珍しくない)、観光などで2-3カ国語を話すのは特に珍しいことではありません。そのような人が英語と留学先の言葉を話せば5カ国語話者となります。
3.ロマンス語のように外国語というより姉妹語、方言の類の言語もあります。(日本でいえば沖縄で生まれ育ち、関西で教育を受け、九州や東北で就職した人は日本語、沖縄弁、九州弁、関西弁を話すか理解し英語とスペイン語でも学べば多言語話者と自称することが出来ます。)
4.日本人は外国語だけのの数をいいますが欧米人は自国語+外国語で数えます。日本人は外国が出来るとは読み、書き、話すことを言いますが外国では話すことが重要で、読み、書きが出来ればなお良しと
考えます。
    • good
    • 0

私はアメリカに住んでいましたが、普通にいますよ。

あそこは移民の国ですから、日常使う言葉は英語、両親と話すときは両親の母国語、結婚相手の両親と話すときはそちらの母国語なんて人が結構います。

隣の研究室の女性教員は、ご両親がポーランドからの移民で旦那がドイツ人でした。そのため、英語・ポーランド語・ドイツ語が普通に話せました。ドイツ語は本人に言わせると「あなたの英語程度よ(つまり下手という意味)」とのことでしたが、日常会話には全然不自由しないですね。旦那の故郷(ドイツ)に帰ると、地元の人に「単語が英語になっている」ので笑われると言っていましたが・・・。

また、別の教員は、英語・スペイン語・フランス語・北京語が自由に話せました。この人は元々フランス文学研究者で、奥さんが中国人という人でした。軍人として日本にも来ていたそうで日本語もカタコト程度なら話せました。この人は、語学に関しては特別な能力を持っているように感じました。ちなみに奥さんの方も、英語・北京語・スペイン語は全く不自由なく話しています。

私のアパートの大家さんも英語とスペイン語のバイリンガルでした。この人は別に専門に語学を勉強したわけではなく、ヒスパニックの移民で母語がスペイン語、アメリカに来て英語を習得したわけです。

このように例を挙げれば、バイリンガル・トリリンガルまでは別に珍しくもなく、普通に周りにいました。さすがにそれ以上となると、「へぇ」と感じましたが、私達が思うほど「すごい」ことではないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、そういった環境にいる人達にとっては、ごく自然なことですね。
私のペンパルにも、3~4ヶ国語話せる人はいます。

私が特に気になったのは、そういった環境下におかれていない人がどのように語学力をキープしているのか不思議でしょうがなかったんです。
正直4ヶ国語くらいなら信じられますが、5カ国、中には7,8ヶ国語と話す天才みたいに報道される人は本当かどうか疑問に思った限りです。
それぐらいたくさんの言語を不自由なく話せるのは、かなり難しいですよね。
話せたとしても、カタコトなんじゃないのかなみたいに疑ってしまいます。

今の時代、トリリンガルではあまり驚かない時代になってきていますよね。
でも、経験談を聞かせてくださってありがとうございました。

お礼日時:2010/01/10 20:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨーロッパ5カ国語の辞書の選択について

英国、イタリア、フランス、ドイツ、スペインの五カ国語を学びたいと考えています。
私自身、モノ集めから入るので、まず最初に電子辞書に匹敵するものを手にそろえたいと考えています。広辞苑、ジーニアス英和/和英、クラウン独和/和独、その他は、あまり著名な辞書を知らないのですが、できればベストセラーで纏めたいと考えております。

1.ネット端末、携帯端末を含めて、電子辞書になる、または電子辞書そのもののお勧めを教えてください。

2.フランス語、イタリア語、スペイン語の著名な辞書を教えてください。

iriverのデザインはカッコいいツールはあったのですが、どうも内蔵辞書に魅力を感じません。

携帯や、PDA関連でうまく利用して5カ国語の勉強をされている方などのご回答をお待ちしております。

最後に、できればモバイルで携帯できる事を望みます。

Aベストアンサー

初めまして。
私はPDAを使わないので、電子辞書の中からお薦めしますね。

CASIOかSEIKOの電子辞書から英語中心のモデルを選んで、
追加コンテンツでイタリア語、フランス語、ドイツ語、スペイン語を足しては、と思います。
CANONはイタリア語のコンテンツがなく、SHARPはコンテンツを確認していないのですが
語学学習用というより家庭用辞書としての評価が高いので除外しました。

以下追加コンテンツの比較です。
CASIO // SEIKO

フランス語:
旺文社 プチ・ロワイヤル仏和辞典 第3版 // 同じ
旺文社 プチ・ロワイヤル和仏辞典 第2版 // 同じ
ひとり歩きのフランス語自由自在 // ブルーガイド わがまま歩き旅行会話 フランス語+英語
対応辞書無し // ハーバーコリンズ Easy Learning French Dictionary

ドイツ語:
三省堂 クラウン独和辞典 // アクセス独和辞典 
三省堂 新コンサイス和独辞典 // 郁文堂和独辞典 第4版
ひとり歩きのドイツ語自由自在 // ブルーガイド わがまま歩き旅行会話 ドイツ語+英語
デューデン独独辞典 // ハーバーコリンズ Easy Learning German Dictionary 

スペイン語:
白水社 現代スペイン語辞典改訂版 // 同じ
白水社 和西辞典改訂版 // 同じ
ひとり歩きのスペイン語自由自在 // ブルーガイド わがまま歩き旅行会話 スペイン語+英語
ラルース西西辞典 // ハーバーコリンズ Easy Learning Spanish Dictionary 

イタリア語:
小学館 伊和中辞典第2版 // 同じ
小学館 和伊中辞典 // 同じ
ひとり歩きのイタリア語自由自在 // ブルーガイド わがまま歩き旅行会話 イタリア語+英語
対応辞書無し // ハーバーコリンズ Easy Learning Italian Dictionary 

私自身はCASIOの中国語モデルにスペイン語コンテンツを追加して使っています。
その他の言語が必要な時はSONYの8ヶ国語モデルを愛用しています。
中国語に手書き機能が欠かせないのと、スペイン語に西西辞典があるのでCASIOを選びましたが、
質問者さんの場合は、辞書の好みと使い勝手、デザインで選べそうですね。

CASIOは使いやすくお薦めですが、各国語に特化したモデルでないと英語対応の辞書が入っていません。
(ドイツ語モデルには独英・英独辞典が入っていますが、コンテンツで別売りしていないんです。。。)
SEIKOのハーバーコリンズがどういう辞書かは分かりませんが、5ヶ国語を勉強されるのでしたら
西西辞典、独独辞典のコンテンツがあるCASIOよりも、仏英・英仏、独英・英独・・・があるSEIKOの方が
使い勝手が良いかもしれませんね。

スペイン語、イタリア語は小学館の中辞典がお薦めです。大きくて、重くて、お値段は高めですが。

初めまして。
私はPDAを使わないので、電子辞書の中からお薦めしますね。

CASIOかSEIKOの電子辞書から英語中心のモデルを選んで、
追加コンテンツでイタリア語、フランス語、ドイツ語、スペイン語を足しては、と思います。
CANONはイタリア語のコンテンツがなく、SHARPはコンテンツを確認していないのですが
語学学習用というより家庭用辞書としての評価が高いので除外しました。

以下追加コンテンツの比較です。
CASIO // SEIKO

フランス語:
旺文社 プチ・ロワイヤル仏和辞典 第3版 // 同じ
...続きを読む

Q数カ国語の学習にかける労力

数カ国語の、しかも語学検定でいえば1級に相当する語学力をお持ちの方に質問です。
語学の本を読んでみると、3カ国目や4カ国目から語学のやり方のコツが分かってきて、それが容易になってくる話をよく目にしますが、実際のところは、どのような経緯だったでしょうか。
大方の日本人は、第1外国語は英語ですが、英検1級やTOEIC900点代を取得した労力と比較して、特に第2外国語やそれ以降の外国語の習得にかけた労力は、それが1級相当のところまでいくのにどれくらいだったでしょうか。英検1級やTOEIC900点代を取得するのは容易なことではなく、並大抵の努力ではなったと思いますが、外国語学習の経験や体験について、詳しくお聞かせ頂ければ幸いに存じます。尚、不備な点がございましたら、御指摘頂ければ補足させて頂きます。

Aベストアンサー

>大方の日本人は、第1外国語は英語ですが
最初から揚げ足を取るようですが、気にしないでください。大方ではなくほぼ100%ですよね。

いくら英語で英検1級やTOEIC900点代を取得しても第2外国語で同レベルに達するのは甘いものではありません。例えば英検1級を取った人なら仏検3級までなら楽に取れます。

外国語の学習はとにかく日頃から接することが重要です。日本では黙っていても、環境的に英語が他の外国語に比べ接する機会が桁違いに多いはずです。ですから、よほど意識して他の外国語に取り組まない限り、2級以上はなかなか難しいと思います。例えば英語なら最寄の読売新聞や朝日新聞の専売所に注文すれば、英字紙が翌日から配達されます。
しかし、フランス語の新聞だと入手が難しいし、非常に価格も高くなります。その他、音楽にしろ洋楽の大部分は英語の曲だし、FMラジオのDJではしばしば英語を使います。

Qヒンディー語:簡単なあいさつ・日常会話と発音も聞けるHPは?

お世話になります。

ヒンディー語での、
簡単なあいさつ・日常会話を参考にできるHPがある場所を教えて下さい。

さらに可能であれば、発音も聞けるようなHPが有るのでしたら教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

簡単な挨拶ですが ここ↓です。

参考URL:http://www.alc.co.jp/kaigai/travel/aisatsu/hindi/

Q世界には何カ国語の言語があるのでしょうか?

夏休みの宿題で(親がお手伝い・・?)、世界中には何カ国語の言葉(言語)があるのか知りたくなりました。
いろいろなHPを検索してみたのですが、判らなくて。。。
おおよそでもよろしいのですが、掲載されているサイト、および資料等をご存じでしたら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そうですね・・・
実は世界の言語数というのは、実はだれにもはっきりわからないんですよ。
身近な例をあげると、日本には(英語とか韓国語を除いて)いくつ言語があると思われますか?

「そんなの日本語ひとつに決まっている」と言われるかもわかりませんが、
実は、日本語と琉球語のふたつです。
ただしこれは大多数の専門家の意見であって、少数の専門家は、
沖縄の方言があまりにも隔たりがありすぎるので、別言語だとするものもいます。
奄美語、沖縄語、宮古語、八重山語、与那国語と日本語、
日本には六つの土着語があると主張する専門家もいて、
そしてどちらが正しいかはだれにもわからないのです。
さらに、数十年前まではアイヌ語も日本国内の土着語でした。

世界中がこのような状態です。

・別言語なのかひとつの言語の方言なのかはっきりしない
・戦争や国家政策その他の理由で現在進行形で滅びている言語がある
・さまざまな理由で言語を調査するために現地へ入れない地域がたくさんある

こうしたさまざまな要因のため、専門家の間でも世界の言語数は一致していません。
多く言うものは8,000、少なく言うものは3,000、
No.2さんの挙げられた5,000というのが大多数意見です。

なお、参考サイトには世界の7,299の言語についての詳細があります。
英語のサイトですが、興味があればどうぞ。
おそらく聞いたこともない言語が山のようにあることに驚かれるでしょう。

参考URL:http://www.ethnologue.com/language_index.asp

そうですね・・・
実は世界の言語数というのは、実はだれにもはっきりわからないんですよ。
身近な例をあげると、日本には(英語とか韓国語を除いて)いくつ言語があると思われますか?

「そんなの日本語ひとつに決まっている」と言われるかもわかりませんが、
実は、日本語と琉球語のふたつです。
ただしこれは大多数の専門家の意見であって、少数の専門家は、
沖縄の方言があまりにも隔たりがありすぎるので、別言語だとするものもいます。
奄美語、沖縄語、宮古語、八重山語、与那国語と日本語、
日本...続きを読む

Q第3カ国語の選択で迷っています・・・・

どうも、こんにちは。

今年大学に無事に入学して、履修選択の時期に早速入っているのですが、その中で第三カ国語の選択に迷っています。

フランス語・ドイツ語・イスパニア語・中国語・ロシア語・ポルトガル語・イタリア語・・・等々、本当に色々ある大学なのですが、色々とありすぎてどれにしたらいいのか迷っています・・・・

とりあえず、将来的なビジョンにおいてどの言語が世界的に有用になるのかということを中心に据えて考慮していきたいと思っていますので、『この言語は簡単だからオススメ』といった理由はひとまずナシということでお願いします。

実は締め切りが近づいていたりするので大分焦っていたりもします・・・

もし実際に習得された方がおられるならば、体験談も添えてくれるとありがたいです。

Aベストアンサー

何をしたいかによる、の一言に尽きますが、その前に第2外国語でもビジネスで使えるレベルまで習得する人は一握りです。
どうしてもとる必要がある、という理由だけなら、“単位をとりやすい科目”をとるほうが賢明かと。

語学が好きでたくさん勉強したい、その中でも今後役立つ可能性が高そうなものは、という質問でしたら:
・フランス語: 国際機関もしくはNGO、アフリカ関連のビジネスをするのなら最適
・ドイツ語: 哲学、医学に関する専門書を読みたいのなら役に立つが、ドイツ語圏とのビジネスとの観点ならドイツ語ができるに越したことはないが英語で十分
・スペイン語: フランス語同様中南米関連には必須、国際機関ではフランス語より優先度は低い
・中国語: 今後の経済成長、日本の立地など考えたら一般的に一番お勧めは中国語かもしれません
・ロシア語: ロシアおよび旧ソ連諸国に特に関心があるのなら。ビジネスとしての可能性も大きいですがほかのBRICsに比べ英語ができる人口は多い
・ポルトガル語: もちろんポテンシャルは大きいですが、ブラジル、ポルトガル以外に使える国がないため(アンゴラなどアフリカに数国ありますが)限定はされます
・イタリア語: ビジネス上使うことを考えたら地方の小さなワイナリーや工房とやり取りする以外、英語で十分です。旅行するには素敵な国ですし、響きも美しい言語なのでお勧めですが。

私自身、英語とフランス語をやり、今は両方通訳レベルで使えますが、第3として取ったドイツ語は全くおぼえていません。
その代わり大学卒業後自分で興味を持ったスペイン語は、全く独学ですが、自分の言いたいことは大体伝えられますし、相手の言うことも難しい言い回しをしないでもらえば理解できます。
ただこれはフランス語ができるからだと思いますし、それ(将来、スペイン語、イタリア語も話したい)を見越してフランス語を勉強しました。

何をしたいかによる、の一言に尽きますが、その前に第2外国語でもビジネスで使えるレベルまで習得する人は一握りです。
どうしてもとる必要がある、という理由だけなら、“単位をとりやすい科目”をとるほうが賢明かと。

語学が好きでたくさん勉強したい、その中でも今後役立つ可能性が高そうなものは、という質問でしたら:
・フランス語: 国際機関もしくはNGO、アフリカ関連のビジネスをするのなら最適
・ドイツ語: 哲学、医学に関する専門書を読みたいのなら役に立つが、ドイツ語圏とのビジネスとの観...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報