ロイヤルゼリーの成分といわれている、10-ハイドロキシーデセン酸の水、温水
中での溶解性および熱、光に対する安定性を知りたい。
ドリンク剤などで使用されていますが、透明に溶解しているようですが、ロイヤルゼリーをそのまま水に溶解しても透明に溶解しません。何故、透明な溶液になるのですか。

A 回答 (3件)

10-ハイドロキシーデセン酸については,MiJun さんの回答で充分なようですので,後半の「何故、透明な溶液になるのですか。

」について回答いたします。

御指摘の様な,溶けるはずの物がなかなか溶けないという現象は,化学の実験においても時々出会います。何故,差が出るかは,ドリンク剤を作る際の過程が判らないので何とも言えませんが,考えられる原因として幾つか推測を述べておくと・・・。

1)ドリンク剤の濃度と gonsan さんが溶かしておられる濃度が異なる:
 私が見たドリンク剤では,「ロイヤルゼリー 250 mg/10 ml ドリンク剤」でした。これよりもかなり高濃度に溶かそうとすると溶けないかも知れません。

2)大量のドリンク剤を一度につくるため溶ける:
 撹拌効率の差等によると思いますが,同じ濃度(例えば 250 mg/10 ml)でも 25 mg/1 ml でやろうとすると溶け難く,2500 mg/100 ml では溶けるということがあります。場合によってはこの逆に 25 mg/1 ml の方が溶けやすいという事もあります。

3)純粋ではないため:
 通常ドリンク剤には,ロイヤルゼリ-以外の様々なものが一緒に含まれています。これらが存在する事で,ロイヤルゼリ-が溶けやすくなっている事が考えられます。一般に,化合物(ロイヤルゼリ-は化合物ではないですが)は,純粋になればなるほど溶け難くなります。

4)結果的に溶けた濃度が表示の濃度だった:
 大量のロイヤルゼリ-を適当量の水で溶解し,溶け残ったロイヤルゼリ-の量から実際に溶けた量を求めた場合(例えば 250 mg/10 ml),250 mg/10 ml で溶かそうとしても溶けない事があります。

5)製造時に特別な操作を行なっている:
 例えば,温度をかけて溶解させているなど。

取り敢えずこんなところですが,いかがでしょうか。
    • good
    • 0

>ロイヤルゼリーをそのまま水に溶解しても透明に溶解しません。


直接的な回答ではありませんが、「ロイヤルゼリー」は「10HDA」だけではなく、糖類では果糖・ブドウ糖等が高濃度で存在し、さらに10DHA以外の物質もいろいろと含有する混合濃厚溶液です。
試したことはありませんが、高濃度の糖類だけであれば、多量の水に溶解は可能だと思います。
(少量のロイヤルゼリーに水を加えると、最初はあめ状でしょうが、更に水を追加していくと透明に溶解するはずです。)

御尻になりたい意図は何でしょうか?

補足御願いします。
    • good
    • 0

デセン酸に関しては「化学大辞典」に物性の記載があります。


「10 - hydroxy - 2 decenoic acid 」をネットで検索sると沢山Hitしますが、Propertyの記載は見つかりません?
因みに、CAS#14113-05-4です。
論文検索すれば記載があるでしょうが・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答をしていただき有り難うございました。今回初めて「教えて!」を利用させて頂きました。
化学には全くうといですが、辞典ならひけそうです。早速図書館に行って調べてみます。今後とも宜しくお願いいたします。

お礼日時:2001/03/26 12:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカリ高、太さの増大に効くサプリメント

21歳♂です。以前にペニス増大のサプリメントについて質問しました。

ところで、ペニスを長くするのではなくカリ高や太さを増大するようなサプリメントを知ってる方がいらっしゃったら教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

サプリメントって、翻訳すると栄養補助剤ですよ。足りない栄養を摂取するものです。
全身の筋肉をつけやすくするサプリメントはありますが、腕の筋肉だけをつけるサプリメントはありません。
それと同じ事を質問しています。

まあ、鉄とカルシウム、マグネシウムでしょうね。血流が増えるのでカリ高や太くなる近道です。

Q有機酸、無機酸の水溶解度pH依存性

有機酸、無機酸はpHによって電荷をもったりしますが、水溶解度に大きく影響するのでしょうか?例えばOH基の場合、OHになってもO-になってもあんまりかわらないような気がするのですが。。。。
考えを聞かせてくれませんか?

Aベストアンサー

>有機酸、無機酸はpHによって電荷をもったりしますが、水溶解度に大きく影響するのでしょうか?
します。

>例えばOH基の場合、OHになってもO-になってもあんまりかわらないような気がするのですが。。。。
これはアルコールという意味でしょうか?アルコールの場合には、水と同程度の酸性度を有するために、アルカリ性になっても、アルコールの-OHが-O^-になるとは限りません。

Qカリ高

知り合いになった人とメールのやり取りをしていたらHな話題になって。互いのH写メを交換しあってたら、「スゴ~っっっくカリ大きいね」ってかなり興奮気味に褒められました。

もちろんリップサービスあっての感想だとは思います。あまり個人的にカリ高というか、カリが大きい実感がなくて。男性はみな、竿と亀頭なくびれはあるワケだから、普通亀頭は竿よりはデカい気がしますし。

一般的というか普通のカリと大きなカリとの境目はどのくらい?何mmというか

こ~その分かりやすい普通とカリ高の違いって何なのでしょうか?

写メだけで分かるものなのかな

Aベストアンサー

僕の見方ですが、

カリが大きいという意味は、細い竿に比べて大きい。(相対比較)
写メだとレンズに近接撮影だから大きく感じますよね。

全体に大きいのか、真上から見た時の幅が広いのか等々、
包皮が絶対に戻らなければ、カリが大きいと言っても良いですね。
大きいカリの目安は幅寸法が50mm位かな。平均35mm位で普通ですね。
どう見て感じたか、その辺りはどうでしょうか。

カリ高というのは、陰茎を真横から見た時、竿の上面とカリ手前トップの段差
ですが、私見としては5mm以下は普通かな。10mm越えたらカリ高と自慢できるでしょう。
10mm越えの段差(但し、カリ幅上記の目安で竿の太さも45mm以上)なら、女性は
引抜動作の時、かなり感じるはず。でもインサートの時はかなり痛がりますから
注意が必要です。

Q酸・アルカリ溶液と溶解性

下にも溶解に関する質問をしたものです。

特に金属物質を溶かす際に、酸溶液が良く用いられるように思います。常々「なぜ金属は酸に溶けるのか?」と疑問に思っていました。

酸溶液というのはつまり溶液中のH+濃度が極めて高い溶液ですよね?私はイオン化傾向の高い原子が溶液中で電子を放出する際に、その電子の受け取り手となるH+が多いために溶解反応が促進されるのかなと考えています。
この考えは正しいでしょうか?

もう一つ、アルカリに溶けやすい物質もあると思うのですが、どのような物質が該当するでしょうか?

物質の溶解を考えるときに、酸・アルカリという概念(H+ or OH-の濃度?)が重要視される理由が知りたくて上記のような質問をさせていただきました。抽象的で申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

特に水酸化物が錯イオンを作りやすいということはありません。水酸化物のうち、水酸化物の錯イオンを作って溶けるのは、ほぼ先にあげた4種類だけと覚えておいてください。

水酸化物イオンでは錯イオンを作らないけれど、アンモニアが配位して錯イオンを作って溶けるものもあります。

Q塩化カリと硫酸カリの違い? (肥料)

ホームセンターに肥料の「塩化カリ」を買いに行ったら、「硫酸カリ」しかおいてありませんでした。

エダマメの肥料に使う予定です。
硫酸カリの袋の説明を見ると色々な野菜が書いてあり、枝豆もありました。
野菜作りの本には塩化カリと書いてあったので硫酸カリは買いませんでした。

塩化カリの方が用途が限られていて置いていないとか・・・
店員もわからないようでした。
塩化カリと硫酸カリは何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

塩化カリですが一般的な化成肥料のカリ分の原料となり与えすぎると副成分の塩素分が土中の石灰と化合して石灰を流失させてしまい土を酸性にしてしまう
恐れがありますが一般的な使い方をしていれば問題ありません。
また硫酸カリですがこちらは副生成物の硫酸の中の硫黄はタンパク質合成に不可欠な要素でありまた豆でしたら硫黄を好むのでこちらを使っても問題ないです。
カリ分は塩化カリが約60%、硫酸カリが約50%含んでいるので施肥量はいっしょでいいのですが、元肥料として使用するならPK化成か豆専用肥料(成分で6-20-20くらい)を
お勧めします。

>塩化カリの方が用途が限られていて置いていないとか・・・
>店員もわからないようでした。

ホームセンターの店員に聞くのが間違い。
特に肥料、農薬に対する商品知識はほとんどの店員が皆無に近いです。

Qポリスルホン酸の水溶解度のpH依存性について

ポリスルホン酸の水溶解度はpHによって変わると聞きましたがなぜでしょうか?イオン化する官能基がないのになで変わるのでしょうか?またどのぐらいかわるのでしょうか?おねがいします。

Aベストアンサー

イオン化する官能基> ?スルホン酸は官能基では? イオン化しますよ。[SO3-]と[H+]に。

酸解離定数を調べてみてはいかがですか?

カルボン酸[COOH]でもpHで酸解離度は変わりますよ。

ポリスルホン酸の水溶解度はpHによって変わる>水溶解度が変わるのではなく、酸解離度が変わるのだと思います。ポリスルホン酸は固体なのですが、空気中の水分を含んですぐに液体(水の溶けた状態)に変化しますので。

間違っていたらすみません。

Qカリが水稲に与える効果

去年、肥料三要素とケイ酸が水稲に与える効果を肥料試験で調査しました。

窒素、リン酸、ケイ酸については結果がハッキリと出たのですが、カリについては欠乏させても収量や品質にほとんど作用が見られませんでした。

唯一、カリが欠乏した区では出穂期、成熟期が早くなったという結果が出たのですが、ネットで調べてもカリ欠乏でこれらが早まった事例の論文が見つかりませんでした。


カリを抜くことで生育が早まるなんてことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

そんなことは聞いた事がありませんね。

土で栽培なさったのでしょうが、
土によっては元々の土の中にカリがかなりたくさん含まれていて、
何年も続けてカリ肥料をやらなくても、
収量や品質に差が見られない場合がけっこうあります。

そんな場合でも、
あるいはもっと著しいカリ欠乏によって収量が低下する場面でも、
出穂期や成熟期が早まるなんてことは、
聞いた事がありません。

Q砂に付着した全ての微生物成分およびガス成分を取り除くには?

実験に用いる土壌サンプルの滅菌法についてお尋ねします。

1.土壌サンプルに付着した全ての微生物成分、ガス成分(窒素酸化物、硫黄酸化物、およびそれらのイオン)を除去したいのですが、どの滅菌法が適しているのでしょうか?

オートクレーブ処理ではエンドトキシンやガス成分が除去できないので、乾熱滅菌が良いと考えているのですがいかがでしょうか?

2.また、ある文献ではelectric heater を用い、80パーセントnitrogen gas下で360度30分加熱とあるのですが、この場合のelectric heater とは日本語でいうとどの機器なのでしょうか。

どなたか教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すいません、No.1です。
1.については、おっしゃるとおり、ガス成分、エンドトキシンの除去をするのであれば、乾熱滅菌となります。
2.はNo.1の回答の通りです。

Q形容詞のカリ活用の終止形は?(古文)

古文の形容詞には、補助活用として「カリ活用」があるかと思います。

このカリ活用は、助動詞を接続するためにできたようですが、カリ活用には終止形(と已然形)がありません。終止形(と已然形)接続の助動詞に対しては、どうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

 文語(古語)の基本的な(=高校の古典で普通に学習するようなという意味でです。特殊な助動詞があるのかも知れませんが。)助動詞で、終止形接続のものは「らむ・らし・めり・べし・まじ・なり」の6つ(「べし」から派生した「べらなり」も含めれば7つ)ですが、これらはラ変型活用の語には連体形に付きます。
 ご存じのように形容詞のカリ活用は、形容詞の連用形活用語尾の「く」もしくは「しく」にラ変動詞「あり」が付いてできたものですから、上述の6つの助動詞は形容詞のカリ活用の連体形に付きます。(たとえば「長かり・べし」ではなく「長かる・べし」)

 同じく已然形接続の助動詞は、かつては完了の「り」が該当しましたが、現在では命令形接続とする説が優勢のように思います。したがって、已然形接続の助動詞は存在しないということも可能です。
 また、仮に「り」が已然形接続だとしても、これは四段活用の動詞の場合に限られ(サ変動詞には未然形接続、その他の活用の動詞には付きません)ていて、形容詞には付きません。

 したがって、カリ活用の終止形は必要ないので、存在しないということになると思います。

 なお、「多し」は例外的に、終止形の「多かり」・已然形の「多かれ」が文末(通常の文末や「こそ」の結び)に用いられることがあります。

「いと聞きにくきこと多かり」(源氏物語・帚木)
「ここもとに、『侍り』などいふ文字をあらせばやと聞くこそ多かれ。」(枕草子「文ことばなめき人こそ」)

 文語(古語)の基本的な(=高校の古典で普通に学習するようなという意味でです。特殊な助動詞があるのかも知れませんが。)助動詞で、終止形接続のものは「らむ・らし・めり・べし・まじ・なり」の6つ(「べし」から派生した「べらなり」も含めれば7つ)ですが、これらはラ変型活用の語には連体形に付きます。
 ご存じのように形容詞のカリ活用は、形容詞の連用形活用語尾の「く」もしくは「しく」にラ変動詞「あり」が付いてできたものですから、上述の6つの助動詞は形容詞のカリ活用の連体形に付きます...続きを読む

Q濃度0.0500mol/Lのシュウ酸標準溶液1Lをつくる。 (A)シュウ酸二水和物(COOH)2・2

濃度0.0500mol/Lのシュウ酸標準溶液1Lをつくる。
(A)シュウ酸二水和物(COOH)2・2H2O
□gを純粋約500mlに溶解する。
□に入る値を求めるんですが、二水和物とかとなっているとどう処理すればいいですか?
解答はそのままシュウ酸二水和物の分子量を出して、0.05molと掛けて出しているんですがどうしてそのまま掛けていいのか分かりません。

Aベストアンサー

溶液になってしまえば、区別はつきません。
はかり取る重量には二水和物の分は含まれますよね?
ですから、二水和物の分子量からmol数を出す必要があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報