人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ジムニーJA22オーバーヒートについて
平成8年式のJA22に乗っています。
先日走行中にパワーが無くなり、停車したらエンジンがすぐにストップしてしまいました。
エンジンルームを見てみるとラジエターのリザーブタンク内のクーラントが沸騰していました。
しばらく時間をおいてから5キロほど走って町まで下りました。(山の中で症状が出たので)
そのあとエンジンが冷えるのを待ってからラジエターキャップを開けて中を見るとクーラントが
全く入ってないように見えたので、クーラントを買ってきてラジエターに入れました。(リザーブタンク
にはMINの少し上までクーラントが入ってました。)
そしてエンジンをかけようとセルを回してみたところ、エンジンルーム内から蒸気が大量に出てくる
ようになり、エンジンも全くかからなくなりました。
しかたなく修理工場までレッカー移動しました。
上記が故障の一連の流れです。
そして修理工場に上記を伝えたところ修理するにはエンジンをバラしてみないと原因が分からない
とのことで、バラしてみて軽傷であれば20万、重症だったら35~40万とのことでした。
そして質問なのですが、このような場合はやはりエンジンをバラさないと分からないものなのでしょうか。
また軽傷、重症というのがどのような内容かまでは説明されませんでしたが、これぐらいの値段が
かかってしまうものなのでしょうか。
またこのような症状が出たエンジンを直したとして、また同じような症状になったり、別の部分で故障が起きやすくなったりなどはしないでしょうか。
ちなみに前のオーナーの時にもエンジンがオーバーヒートして乗せ換えをしているとのことでした。
現在の走行距離は21万キロ、今のエンジンの走行距離は8万キロほどです。
自分が購入してからは2年半で、車検は11月に受けたばかりです。
今回の症状が出ている間、水温計はずっと半分ほどでいつもと同じ位置でした。
もしかしたら自分がクーラントをラジエターに足したのが駄目だったのでしょうか。(その後エンジンが
かからなくなったため)
どのように説明すればいいか分からず、長々と書いてしまいすみませんが、よろしくお願いいたします。
(ちなみに持ち込んだところとは別のディーラー店に同じように説明したところスパークプラグの
劣化かもしれないと言われましたがそんなことがあるのでしょうか…。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問文を読んだ限りでは自由証の可能性が有るように思います、まず最初にサブタンクから吹き出した時点でガスケットが切れている気がします(途中でサーモスタットが閉じたままに成ってエンジン内部で沸騰し て居る車も知っていますがその車は冷却水が吹き出ることはなかったです)



大抵サブタンクから吹き出している場合ガスケットです(私が知っている限り)その時にエンジン停止に成っているために最悪ヘッドまでひずみが有る可能性、又エンジンが冷えているときに冷却水を補充と有りますが、本当にシリンダーブロックなども冷えていましたか(その後の大量の上記がシリンダーブロックなどにクラックの恐れが有る)

もし私の想像が有っているとすればそのエンジンはもうゴミ同然でリビルト等に載せ替えする方が良いでしょう(20万はおそらくヘッドまで、35万以上はリビルト載せ替えだと思います)以前エブリーの利ビルと載せ替えでそのくらい掛かりました(ターボも利ビルと載せ替えで)

質問者には気の毒な書きにくいことばかり書きましたが、私の今までの経験ではそこまでの想像が出来ます、ヒートゲージの方が正常値を差していたというのは少し疑問がありますが・・・運が良くガスケットだけであれば良いのですが・・・その場合でもその後は冷却水の量には注意が必要で一度ガスケットが切れて安く修理をすると次回又その様なことに成る可能性もあります(要するに修理の内容次第)
その他の部分については解りません、ただしあくまで私の想像ですから参考程度に・・・
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
冷却水を足したときは完全には冷えてなかったと思います。(エンジンを素手で触って温かいと
感じるぐらいでした。)
もっとちゃんと冷えてから足していたらここまでひどくはならなかったのでしょうか…。
やはりエンジンはもうダメそうなので修理工場に中古エンジンを探してもらうことにしました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/01/22 21:46

元Sディーラー勤務、現役整備士です。



お乗りのJA22、エンジンはK6Aでしょうか?K6Aですと最初からメタルガスケット採用ですからNo,1さん回答の様な『ガスケット切れ』はまず有りません。

何らかの原因によりオーバーヒート気味になると以前のF6Aであればシリンダブロックは鋳鉄だった為にアルミのヘッドだけが歪みましたがオールアルミのK6Aではヘッドと共にシリンダブロックも歪んでしまい、間に挟まっているヘッドガスケットが密着性のないメタルガスケットの為一気に吹いてしまいます。

>全く入ってないように見えたので、クーラントを買ってきてラジエターに入れました。(リザーブタンクにはMINの少し上までクーラントが入ってました。)
そしてエンジンをかけようとセルを回してみたところ、エンジンルーム内から蒸気が大量に出てくるようになり、エンジンも全くかからなくなりました。

・・・多分入れたクーラントがシリンダブロックとヘッドの間から噴出していませんでしたか?

この様になってしまうとエンジンをバラした所でシリンダブロックそのものが歪んでしまっていて修正も効かず使えるパーツが少ないので工賃が勿体無いです。最初からリビルトエンジンなどを載せ替えした方が安く済みます。ただ以前もエンジン載せ替えしているとの事、原因がエンジン本体ではなく再使用している補機類にある様ですからまずは原因追究して不良箇所を探してください。

私がディーラーに居た頃には一度、ウォーターポンプ裏側のパイプ(アルミキャスト製)に巣穴が入っていて水漏れしオーバーヒート気味になった車両が入庫、保証修理で部品を交換し納車した数週間後にその車が高速走行中に水蒸気がボンネットから立ち昇ってエンストした、と言う連絡があり軽井沢インターまで引き上げに行った事があります。現場で水を入れてみた所ヘッドとシリンダブロックの隙間からダダ漏れでした。恐らく質問者さんのもこの状態かと。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
エンジンはK6Aです。
やはりアルミなので全体的に歪んでしまうのですね。
今のところ中古エンジンに乗せ換える方向で進もうと思っています。
でもエンジン以外に原因があるとしたらまた乗せ換えても壊れるのではないかと不安ではあります…
まあだいぶ距離走ってるのでしかたないのかもしれませんが。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/01/22 21:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジムニーのクーラントが沸騰して出てしまう。

ジムニーJA22に乗っていますが、ラジエーターのクーラントが沸騰して
リザーバータンクに逆流して吹き出てしまいます。

60キロ以下で走行すると出はしないんですが、
水温計は半分より下位です。(半分より上に上がることはありません)
ヒーターをHOTにしていると噴出まではいかないようです。
COOLにしても暖かい風がでてきます。
自分でサーモをはずして確認(鍋に入れて沸騰させてみた)してみたんですが、高温で開いて低温で閉じていました。

以上のような症状ですが、何処が悪いのか分からずにいます。
出来るならば自分で直してみたいんですが(部品交換位なら)
やはりディラーなどに出した方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

サーモスタットが正常でサブタンクが冷えているときに正常値に冷却水の料を合わせていても走行中にサブタンクから吹き出しラジエター内も少なくなっているようでしたら、私なら一番にヘッドガスケットを疑います。

オーバーヒート経験が有るエンジン等なら比較的聞く話です、またベテランの整備士ならエンジン掛けてラジエターなどの点検をすればほぼ間違いなく解ります。

走行距離なども解らないのでウォーターポンプのインペラが何らかのトラブルを抱えていたり、ラジエターの漏れ止めを入れっぱなしにしていたりすればオーバーヒート気味に成りラジエターのコアの交換や(洗浄しても取れない)ラジエターの交換なども必要に成るでしょうが、冷却水が吹き出ることはあまり無いと思います(私は中古で手に入れコアを交換したことも有ります)もちろん素人に手が出せるところでは無い(ラジエター屋に以来)

もしオーバーヒートの経験が有ればヘッドガスケットの可能性も高くなります、その際に激しい場合はヘッドもひずみがあることも(修正が聞かなければヘッド交換に)

今は出来るだけ早くベテランの整備士に診断して貰って下さい、運が良ければガスケットの交換程度で済みます(もちろんヘッド下ろしますからそれなりの費用も)

文章だけでは解らないので最悪のことを想定しています、またサーモスタットは安い物ですし一度外したら消耗品ですから交換された方が良いですよ。

サーモスタットが正常でサブタンクが冷えているときに正常値に冷却水の料を合わせていても走行中にサブタンクから吹き出しラジエター内も少なくなっているようでしたら、私なら一番にヘッドガスケットを疑います。

オーバーヒート経験が有るエンジン等なら比較的聞く話です、またベテランの整備士ならエンジン掛けてラジエターなどの点検をすればほぼ間違いなく解ります。

走行距離なども解らないのでウォーターポンプのインペラが何らかのトラブルを抱えていたり、ラジエターの漏れ止めを入れっぱなしにし...続きを読む

Qジムニ 8年式 JA22W に乗ってます。

ジムニ 8年式 JA22W に乗ってます。
先日、ラジエターのリザーブタンクから蒸気が噴出し、オーバーヒートしました。
エンジンはK6A(前期)です。
自動車整備工場へ持ち込んだところ、このエンジンの持病だそうです。(ガスケットが切れる)。リビルトエンジンを乗せるため、エンジンを降ろし、リビルトエンジンを探しています。
 整備工場に聞きますと、リビルトエンジンにはバラツキがあるとの話も聞きますので、購入する際の注意点(例えば、保証期間がある方が良い(信用が高い))を教えてください。また、取り付ける際の注意点を教えてください。

Aベストアンサー

りビルトエンジンにも種類ありまして・・・。
社外製と純正品。
純正品は、各メーカーが出しているものです。
アッシー(全部付き)と、ショート(パーシャルとも言う。補器類がない、エンジンだけの物。)があります。
保証も長く、精度も良い。
メーカーで、何千ものエンジンを組んでいる方が組んでいるので、まず壊れない。
私も某ディーラーにいまして、そればかり使っていました。壊れたことないです。
社外製は、良くなかったです。
ディーラーで相談してみては。
値段は・・・・、高いです。

QジムニーJA22平成9年モデル

ジムニーJA22平成9年モデル

走行6万キロちょい

ATのK6Aエンジン

の購入を考えている者です。



色々とネット検索掛けると

この頃のK6Aエンジンはネガティブな情報ばかりなんですが

シリンダ2番目が死ぬとかバルブが逝くとか突然のオーバーヒートとかとか・・とか

以下2点についてお願いします。



(1)JA22でも平成9年だと3型目?となるので初期のK6Aとは違うのかな

と、勝手に思っているのですが、

その辺り、平成9年モデルのK6Aはどうなのか情報頂ければと思います。


(2)専ら普段使いで時々山へ遊びに・・程度しか考えておりませんので

ATでもいいなと思っておりますが、この3ATの情報もお願いします。
(AT選ぶなら23の4ATがイイ。とかの情報は結構です)

Aベストアンサー

カミさん平成8年車のE-JA22W(パノラミックウィンド 3AT 純正エアコン)に乗っていました。エンジンはK6Aです

1 K6Aはターボエンジンで高速は楽でしたがパノラミックウィンド車は背が高いので横風には弱い。
2 ターボの取り付けが弱く緩むとすごい音がしました。
3 バルブの前にインマニが割れ修理後お決まりの2番の圧縮漏れ8km/Lになりました。6.5万km時。
4 3ATはノントラブルで良かったです。

 我が家は積雪・凍結地すまいなので冬季は最良の車とカミさんも褒めていました、ただ、おきまりの持病持ちだと後悔します。

Qシリンダーヘッドガスケットのゆがみ?抜け?

先日、ラジエター交換をして、LLCを補充、さらにエアー抜きをと思い、ラジエター口にペットボトルを逆さにして固定、そこにLLC入れてエンジン回してました。
で、早くエアーが抜けるかな、と思ってその状態でアクセルを踏んで2500-3000回転ぐらいにすると、ラジエター内のLLCがペットボトル内まであふれてきました。アクセルを話すとまた水位は下がり落ち着くのですが。。

そこで一つの不安がよぎったのは、シリンダーヘッドガスケットというものがゆがんだりすると、冷却水がシリンダー内に進入し、最悪はオイルと混じってしまうということです。アクセル踏んだ際に冷却水が戻ってきたということは、シリンダー内からの圧力をそこに少し進入した冷却水が受けたということでしょうか。

それと、気泡がなくならないのも、抜けを疑ったほうがいいとネットで調べました。うーん、、気泡までは確認してませんでした。。

交換3日目ですが、現在は水温も安定、エンジンかけていても、マフラーからLLCのにおいなどしません。オイルもクーラントが混じったような形跡は見られません。LLC量も継ぎ足す必要がないほど減っていません。

しかし、どうも不安です。
ヘッドガスケット抜けの疑いがあるとしましたら、やはり乗り続けるのは、、エンジンブローの危険大ですか。
また、ガスケットの交換には15万くらいかかりますし、手軽にガスケット抜けてるか見て?とは言えません(^^;)。
シリンダーヘッドが曲がっていた場合、研磨をするのですか?
そもそも、シリンダーヘッドが何で、曲がるってどういうことかイメージがわきませんので、図などのあるサイトなど紹介してくださるとありがたいです。
古い車(R31)なのでちょっと心配です。

いつも皆様にはこちらのサイトでお世話になって感謝しています。
今回もどうぞよろしくお願いいたします。

先日、ラジエター交換をして、LLCを補充、さらにエアー抜きをと思い、ラジエター口にペットボトルを逆さにして固定、そこにLLC入れてエンジン回してました。
で、早くエアーが抜けるかな、と思ってその状態でアクセルを踏んで2500-3000回転ぐらいにすると、ラジエター内のLLCがペットボトル内まであふれてきました。アクセルを話すとまた水位は下がり落ち着くのですが。。

そこで一つの不安がよぎったのは、シリンダーヘッドガスケットというものがゆがんだりすると、冷却水がシリンダー内...続きを読む

Aベストアンサー

ラジエーターの交換では、必ずエアー抜きが必要ですが、完全に抜くことは根気がいる作業です。冷えたエンジン時は、サーモスタットが閉じているため冷却水は循環していません。そのためシリンダー壁近くにあるエアー抜き用のバルブで行います。その後、エンジン始動ですが、最初はすぐにstopしたりします。その後、暫くはアイドリングで様子を見ます。いきなりアクセルを踏んだりしません。サーモスタッドが開くと循環しますのでそこでエンジン回転を上げてエアー抜きの様子を見ます。ここでもエアー抜きバルブを開けてより完全に近いところまでエアー抜きを行います。一気に抜けると思わないでください。

ガスケットが抜けると水温が簡単に100度を超えてオーバーヒートしますので現時点(交換3日後も水温安定してる)で大丈夫でしょう。ですが、必ず少し残ってたエアーが抜けて冷却水が減少しますので毎日エンジン始動時にはチェックした方がよいでしょう。

シリンダーヘッドが曲がると言うより歪みで、うねりが出ていると思ってください。酷いときには、高いところとの差で0.1mmぐらいありますから。これでは、均等に面圧が掛けられずガスケット抜けも理解できると思います。

ラジエーターの交換では、必ずエアー抜きが必要ですが、完全に抜くことは根気がいる作業です。冷えたエンジン時は、サーモスタットが閉じているため冷却水は循環していません。そのためシリンダー壁近くにあるエアー抜き用のバルブで行います。その後、エンジン始動ですが、最初はすぐにstopしたりします。その後、暫くはアイドリングで様子を見ます。いきなりアクセルを踏んだりしません。サーモスタッドが開くと循環しますのでそこでエンジン回転を上げてエアー抜きの様子を見ます。ここでもエアー抜きバル...続きを読む

Qジムニーエンジン載せ換えしたいのですが。

スズキジムニー(平成8年)のエンジンがイカれてしまいました。中古エンジンを載せ換えたいのですが、ジムニー以外の車種のエンジンでもいけますか?これを機にパワーアップもしたいと思うのですが、快適なエンジンを教えてください。

Aベストアンサー

エンジン載せ換えには2通りあり、エンジン形式を変更しない方法と、エンジン形式を変更する方法。

エンジン形式を変更しなければ、その後の車検もフリーパスです。
変更した場合は、構造変更手続きや強度計算やら何やら色々面倒ですね。

なのでエンジン形式を変更しないで、同形式(F6A同士 でしたっけ?)のエンジンに載せ換える方が良いでしょう。
ただこの場合、SOHCからDOHCへ変更(シリンダーヘット交換)しても、シリンダーブロックが同じなら構造変更には該当しませんので、フリーパスです。
早い話、シリンダーブロック単体で考えれば、エンジン形式が同じなら載せ換え可能(例:アルトワークスのエンジンでも) って事です。

そして一番肝心なのが、エンジンを載せ換えてもサージタンク(インレットマニホールド)やコンピューターが素(ノーマルジムニー)のままでは、パワーアップはしませんよ。

Qクーラント交換時のエアー抜きについて

ジムニーJA11Vに乗ってます。

クーラントを交換しようと思うのですが、古いクーラントを下から抜いて、新しいものをただ上から入れただけでは、エアーがそこらじゅうに溜まっていると思います。

上から入れた後しばらくラジエターキャップを開けっ放しにしてエアーは抜けるのでしょうか。それともどこかにエアー抜きのドレンみたいなものが存在するのでしょうか。

先日友人のセレナのクーラントを交換したのですが、先に述べたように新しいクーラントを上から入れた後しばらくキャップを開けっ放しにしていました。しかしあまりエアーが抜けたような感じもなく、結局4、5日かけて通勤で車を使用した後、毎日補充をして落ち着くのを見ていました。でもこのやり方は危険(車種によっては走行中にキャップが吹っ飛ぶ)とも聞きました。

ジムニーに限らずきちんとしたエアー抜き方法がありましたら教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

冷却経路のエア抜きですが、次のような方法もあります。
2リットルのペットボトルの底を抜いたものをひとつ用意します。
ラジエターキャップをはずしペットボトルの口を差し込みます。
ラジエターの口のサイズにあわせてビニルテープをまいて調整するといいです。
ペットボトルにロングライフクーラントを少し足します。
エンジンをかけ、アクセルを何回あおると、ウォーターポンプも勢い良く回転し、冷却水が冷却水経路を勢い良く通り、その際、エアがペットボトルに噴出してきます。
それを何回か繰り返すとエアが抜けます。

ちなみにクーラントの交換ですが、下抜きだけでは完全にはすべて抜けません。
抜いた量を計って取扱い説明書に書かれている冷却水容量と比較するとよくわかります。
ヒーターホースをはずすとか、水を何度も入換えるなりしませんときれいにはならないのです。

Qジムニーのオススメモデルは何でしょうか

以前、「ジムニーとパジェロはどちらがいいですか」と質問をさせていただいた者ですが、結局ジムニーに決めました。今は中古で安価なものを探しています。

それではオススメのモデルは何でしょうか?
ゼヒお教えくださいませ。

来週に群馬に移り住んだら、ジムニーに乗って北関東の自然に触れたいと思います。

Aベストアンサー

ご英断に敬意を表します!(笑)

うーん、JA11評判悪いですねェ 確かにいまどきリーフスプリングなんてはやんないですよね…
ですが少しだけ、擁護したいと思います。

・JA11の良い所
まず第一に中古で玉数多くて安いです。ご予算がどのくらいなのかわからないので何とも申し上げにくいのですが、40~50万円以下のジムニーでしっかりした物はまだまだ多くがこのJA11だったと記憶しています。(未確認ですが)

リーフスプリングは乗り心地は悪いですが、バネそのものに減衰力があるのでショックのヘタリが症状として出にくいです。この点は年式が多少古くても安心できる点ではないでしょうか
そして構造上、安いのに頑丈です。

JA11はシングルカムですが、個人的にはツインカムになったところで結局のところ軽自動車のエンジンには変わり無いわけだから…
ステータスだし、パジェロミニが出てきたから時代の流れで一応ツインカムにしたんじゃないのかなぁみたいに思っています。


もちろん弱点はたくさんあります…(今時窓手動、リーフスプリングは路面の小さいデコボコをほとんど吸収しない、いくらトラックで使っていて頑丈だって言ったって乗員は荷物じゃない!などなど挙げればいくらでも)
余談ですが、私の父も若い頃にジムニー(2スト)に乗っていたみたいで、母が私を妊娠したときに「これじゃあ流産するっ」ってことで買い換えたそうです。これはかなり大げさですが、それくらい有り得ない乗り心地です。

なんか全然擁護出来てないですね(笑)
ご予算が許すならばJA12以降をお勧めしますが、安く!となるとどうしてもこの型になると思います。

でもどのモデルもジムニーであることに変わり無いですもんね! きっと楽しいですよ。
駄文、失礼しました。

ご英断に敬意を表します!(笑)

うーん、JA11評判悪いですねェ 確かにいまどきリーフスプリングなんてはやんないですよね…
ですが少しだけ、擁護したいと思います。

・JA11の良い所
まず第一に中古で玉数多くて安いです。ご予算がどのくらいなのかわからないので何とも申し上げにくいのですが、40~50万円以下のジムニーでしっかりした物はまだまだ多くがこのJA11だったと記憶しています。(未確認ですが)

リーフスプリングは乗り心地は悪いですが、バネそのものに減衰力があるのでショックのヘタリが症...続きを読む

Qジムニー乗りに問う。ジムニーの良い点、悪い点。

 横柄なタイトルで申し訳ございません。
 今年の冬までに現行ジムニーを新車で購入しようと思っています。そこで、ジムニー所有者(あるいは前所有者)のみなさんのご意見を伺いたいと思います。

車所有歴
・カローラ・セレス(カローラ兄弟の4ドアハードトップ)
・ミニ(今で言うところのクラシックミニ97年式)

 前者は世界のトヨタ製品であり、信頼性の塊(は極端かな?)。後者で「バッテリー上がり」等のトラブル、国産車と比較した乗り心地の悪さ等は経験してます。

趣味
・スキー(埼玉からシーズンに20回ほど群馬、長野へ出かけます)
・昨季まではミニにスタッドレスを履かせて行ってましたが、峠は言うに及ばず、湯田中の交差点から発進出来ない等のトラブルを重ね、
「雪道での安定性が欲しい」
 と思っています。

その他
・16インチタイヤってでかいですよね。ミニは12インチなのでスタッドレスが安い安い。

Aベストアンサー

#2ですー

>膝下くらいまでの新雪の中でスタックした経験が
>ありまして(しかもミニで!)、

(笑)
「チャレンジャー」ですねー。フツー、スタックする前に「躊躇」しませんか?
Jimny乗りの資格 大有りです!

新雪路はタイヤで走破性が左右されると思います。
私の回りにいる人間はみんなそんな瑣末(?)な事は気にしてないので、スタッドレスだろうが、オールテレーンだろうがマッドテレーンだろうが突っ込んで行きますが、最初にスタックするのは圧雪路で強かった「スタッドレス」車です。
タイヤのパターンが雪で詰まってしまって、まったくグリップしなくなるんですね。
次が「オールテレーン」
この辺が雪道の難しいところです。

その次が「マッドテレーン」で、まったく詰まらないのが「ラグタイヤ」(昔の自衛隊のJEEPなどに装着されていた左右に切りかきがあるだけのタイヤ)

当然、悪路以外では性能が逆転します。

まぁ、スキーに行くための保険なら「オールテレーン」+「チェーン」でいいでしょう。
圧雪路が不安なら「スタッドレス」が必須ですが…

滑ったり、スタックして「ナンボ」の車なので、私たちはホントーに気にしてないんですよね(笑)
友人がランクルと2台でスキーに行った時の話なんですが、真冬にもかかわらず、SJ30をフルオープンで走っていたらしいんですが(馬鹿?)、ランクルがあまりにも「トロイ」ため、さっさと追い抜かして先行していたらしんですね。
彼のSJ30(2サイクル550cc、旧型の初期型)はオールテレーンだったのですが、仲間内からは「魔法のタイヤ」と呼ばれていました。
どこでもグリップしていましたから。
その彼のSJ30が向こう側から引き返してきたそうです。
ランクルに乗っていた人が理由を訊ねると
「スリップして180度回転したから、方向転換できるところまで戻る」
…だったそうです(汗

こういう逸話はJimny乗りには日常茶飯事なことでして、ランクルやパジェロ乗りからは差別的な目で見られやすいJimny乗りはこれを自慢したいが為に、待ち行くJimny乗りに怪しく近づいていく習性があります(笑)

人知れず、集団を作ってクラブ活動してたりしますのであなどれません。

中でも「本家的」なクラブ「JCJ」

http://www.jcj.ne.jp/jcjmainj.html

「現行」と「旧型」ですが、
触っておもしろく、乗っておもしろいのはなんと言っても「旧型」です。
SJ40やJA22なら現行のJBシリーズに負けないんじゃないでしょうか?
トータルバランスとか乗りやすさはJBに軍配が上がりますが、どうしても低速域が弱いです。
頭使わずにクリアできるので楽ですが面白くありません。

あー、そうそう、私、OFFの二輪も四駆のトライアルも経験しましたが、四駆の方が危険ですよ?
二輪はね、コケても投げ出されるだけで助かりますが、「正しい」四駆のトライアルは4点式シートベルト着用ですから、横転(横転ならいいんですが、バックドロップはもっと恐い)した時、車もろともですからね。
仲間内でトライアル「ごっこ」をする時は、パッセンジャーは勿論、ドライバーもシートベルトしません。
横転しかかったら飛び出せるからです。
そのおかげで助かった例がいくつもあります。

参考URL:http://www.jcj.ne.jp/jcjmainj.html

#2ですー

>膝下くらいまでの新雪の中でスタックした経験が
>ありまして(しかもミニで!)、

(笑)
「チャレンジャー」ですねー。フツー、スタックする前に「躊躇」しませんか?
Jimny乗りの資格 大有りです!

新雪路はタイヤで走破性が左右されると思います。
私の回りにいる人間はみんなそんな瑣末(?)な事は気にしてないので、スタッドレスだろうが、オールテレーンだろうがマッドテレーンだろうが突っ込んで行きますが、最初にスタックするのは圧雪路で強かった「スタッドレス」車です。
...続きを読む

QJA22のコイルスプリング交換による効果について

カミさんがJA22(7万キロ)を中古で購入して2ヶ月経過します。
ジムニーのスタイルが良くて購入しました。
あと雪国生活なのもありますが、街乗りだけです。
たまに私が運転するのですが、フワフワ間を感じてしょうがありません。
(ショックが抜けてるのでしょうか???抜けてないと信じて、、、)
ホイールベースや車高等々から、ある程度は致し方ないとして、
もうちょっとカッチリさせたいと考えています。
そこで、Webでコイルスプリング(2インチUP)を購入して交換してみようかと考えています。
Webの謳い文句では、フラフラしないとかロールを抑えられるって書いてあります。
その言葉を信じてみようかなと考えているのですが、
コイルスプリングの交換で、ちょっとはカッチリ感が出せるのでしょうか?
逆に2インチ上げてフラフラ感が増しちゃうのでしょうか?
どなたか教えて頂けませんか?
また、カッチリ感を簡単に出す方法等ありましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です。
人気車だけにパーツも高いですね。
検索してびっくりしました。
純正ショックF 1本約2万 R 1本8000円
それが安いと思います。

何をするにもお金が通常(普通の軽自動車)より高くなります。
乗用車に比べれば、ふわふわしてますが、ジムニーはその程度だと思います。ショック交換で治れば良いですが、ご検討ください。

Qジムニーの長距離ツーリング仕様

最近、ジムニーに興味があります。
主な使い方としては、通勤と200km超(一般道のみ)の2,3か月に1回の遠出です。
時には片道500km超も走ります(高速一部使用)。
年間走行距離は15000kmを超えます。
そこで質問なんですが、ジムニーで長距離ツーリング仕様というとどのようないじり方(パーツ)があるのでしょうか?
それなりに検索してみましたが、基本的にダート目的だったりしますのでイマイチよくわかりません。ジムニーパーツメーカーでどこが安心なのか、有名どころなのかもさっぱりです。

ノーマルが一番なのかもしれませんが、ノーマルの外観はハッキリ言って好きではありません。少しいじった程度が一番好きです。もちろん、極端なリフトアップなどは考えていません。
あくまでも、ジムニーのストリート仕様、ツーリング仕様という感じを目指しています。


それと、もしジムニーを購入したら、不格好なステアリングを社外製に交換するつもりです。当然エアバックはキャンセルになります。この場合、やはり助手席も同じようにキャンセルされてしまうのでしょうか?
(保険関係の手続き、保険料のアップについては知っています)

最近、ジムニーに興味があります。
主な使い方としては、通勤と200km超(一般道のみ)の2,3か月に1回の遠出です。
時には片道500km超も走ります(高速一部使用)。
年間走行距離は15000kmを超えます。
そこで質問なんですが、ジムニーで長距離ツーリング仕様というとどのようないじり方(パーツ)があるのでしょうか?
それなりに検索してみましたが、基本的にダート目的だったりしますのでイマイチよくわかりません。ジムニーパーツメーカーでどこが安心なのか、有名どころなのかもさっぱりです。

ノーマルが...続きを読む

Aベストアンサー

免許をとってからJA71→JA51→JA11と乗り継ぎ、10年近くジムニーを愛車としておりました。林道行ったり海岸の凸凹をトライアル的に遊んでいました。ドライブも行きましたね。20代はいくら乗っても疲れませんでした。1日で1000km走ったこともあります(しかも下道)。ちなみに雪国に住む者です。今はFF普通乗用車なんかに乗っていますが、時々若かりし頃を思い出したりし、こちらの質問に目が留まってしまいました。私がジムニーに乗っていたのは20年ほど前の話なので、参考になるかわかりませんが・・・

JA71はノーマル、JA51は中古で購入しどこのメーカーだかサスが入っていましが、ノーマルより固めで、サスのせいで若干ローダウンしておりました。1300CCの重量バランスは好ましいものではありませんでした。幌ということもあり、荷室にロールケージが入っておりましたが、オンでもオフでもコーナーリングでのよじれ感が無く、いい感じでした。また、タイヤは215というのも乗り心地が良かった(オンでもオフでも)。次のJA11も中古でしたが、固めのオフ用サスとロールケージをapioで購入しました(このときは神奈川県に住んでいました)。このときはサスのせいで若干リフトアップしていました。タイヤも太くしました(サイズは教えられません・・・)。問題は、オン(高速道)で90km/hを超えると前輪がブレはじめたことです。原因はオフ用サスだけでなく、スタビライザーをはずしてしまったこと、タイヤが太かったこと、ですかね。よくわかりません。

ジムニー専門店と言えば、アピオ、スージースポーツでしょうか。ローダウンしたドラッグレーサー仕様なんてのも雑誌で見たことがありますので、ストリート系改造もありでしょうね。

ちょっといじるだけならやっぱりサスでしょうね。車高調いれてもカッコいいかも。
幌車はもう売ってないんですかね、幌車なら絶対ロールケージ入れましょう。
軽規格の許す限りタイヤを太くするのが良いと思います。あまり太くし過ぎるとハンドルを切りきった際にタイヤハウスに当たるのでご注意を。
ドアバイザーは大き目を付けるのが良さそうです。
プラグケーブルを奢ってみたりしましたが、気休めだったかな。
マフラー変えるのも雰囲気かわりますよね。
ツーリング仕様なのにマッドテレーンのタイヤを履く訳ないと思いますが、オンでは最悪です。うるさい、振動が大きい、ペイントや工事現場の鉄板でよく滑ります。しかし、そもそもジムニーは潔い車。オンでの性能は無視してオフに特化したたたずまいが好きなので、マッテレ履いたジムニーはかっこいいです。
私が乗っていたものはエアバッグなどありませんでしたので、その件につきましては全くわかりません。ハンドルはmomoの径の小さい握りの太いものに変えていました。塩梅良かった。

それから、ジムニーはアクセルペダルを踏み込まないと面白くない。だからインタークーラーターボは壊れます。というか壊れました。ターボはリビルトで交換しました。
ジムニーは今でもラダーフレームでしょうか。そのあたりが剛性の面でパジェロミニと大きく異なる点なのではないかと思っています。

とりとめなく書いてしまいました。すいません。
車の運転はジムニーで覚えたので愛着があります。長距離ツーリングに向いている車だとは思いませんが、旅の安全をお祈りいたします。

免許をとってからJA71→JA51→JA11と乗り継ぎ、10年近くジムニーを愛車としておりました。林道行ったり海岸の凸凹をトライアル的に遊んでいました。ドライブも行きましたね。20代はいくら乗っても疲れませんでした。1日で1000km走ったこともあります(しかも下道)。ちなみに雪国に住む者です。今はFF普通乗用車なんかに乗っていますが、時々若かりし頃を思い出したりし、こちらの質問に目が留まってしまいました。私がジムニーに乗っていたのは20年ほど前の話なので、参考になるかわかりませんが・・・

JA71はノー...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング