【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

どうして日本人は新撰組が好きなのでしょうか?
幕末の日本の進んだ道は幕府を倒し、政権を天皇に戻し、開国・近代化でした。
その意味で新撰組は歴史に全く貢献していないし、むしろマイナスの存在であったと思います。
一番評価すべきは勝海舟や坂本龍馬みたいな人達であるべきなのに、新撰組がこれほど高い評価と人気を得ているのはなぜでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

なかなか面白い問題提起ですね。

たしかに最近、「新撰組」ブームがあり昨日はSMAPの鹿取慎吾君が特集をおこなっていました。また、日野市では土方歳三の出身地、ということで盛り上がっているようです。はっきりとした回答にはならないかもしれませんが自分なりに考えてみました。
まず、私自身の彼らに対する評価はどうかというと、厳しいものがあります。かれらがなぜあれほどまで、幕府側に徹したかというと、彼らのなかで幕府は「絶対」だったからです。なぜ、絶対かというと近藤、土方など幹部連中の出身は武蔵など「幕府領の半農の身分」が多く「幕府」というだけで恐れ入るところがあったからです。だから、前の方が言っているとおり、品性の欠如は確実だったと思われます。また、幕末モノの著書を多く残している司馬遼太郎氏でさえ新撰組は京の民衆の人気は全くなかった、と書いています。むしろ、恐怖の対象となっていた、というのが正確だと思います。
だから、近藤にしても最後は新政府に対して恭順の態度を示したにもかかわらず、彼ら新撰組だけは明治政府も容赦しなかったようです。また、新撰組のホストとなった会津藩も散々な目にあっています。このことは最後、函館戦争で反抗した榎本武揚が後に許されることを比較してみると分かりやすいと思います。
だから、当時かれらは全く人気がなかった、という認識はもたれたほうがよいと思います。
しかしながら、平成の今、彼らに人気があるのは間違いないことですからそれを自分なりに分析してみるとどうも「彼らの一途なところ」がその人気のもとになっているようです。それが今の日本にはなくなっているように思えるのでしょう。
しかしかれらがやったことは殺人につぐ殺人であったこと、しかもその対象としたのが本来日本の発展に寄与したはずの方も含まれていたのも事実です。
    • good
    • 1

少なくとも昔の京都では人気がなかったはずですよ。

強いという評価の半面、人斬りの集団でもあったし、所詮は浪人の集まりでしたから。品性がないと思われる者は京都では嫌われますから。
坂本龍馬以上に新選組が評価されているとは思いません。人気は確かに最近出ていますが、一過性のものですから。私などは幕府に何を義理立てして死なないといけなかったのかと気の毒には思います。マイナスの存在というのがわかりません。幕府という古いものが倒れる際、新選組がその古いものとして倒れ、新しい時代が開かれたのですから。倒されることに意味があったとは思いませんけれど・・・。それに一部の人間が歴史を動かしたとは思えません。そのときの時代、空気が坂本龍馬達を後押ししたのは事実で、陽があたる場所にいた者だけが偉いのでもなんでもないでしょう。現に坂本龍馬が死んだ後も近代化が阻害されたようにも思いません。
    • good
    • 2

つまり人気はあるけど歴史的評価はされてないって事じゃないでしょうか?武蔵と同様。

キャラがいいんですよね。それと、なんといっても剣士ですからアクションシーンが盛りだくさん。エンターテインメントの映画やドラマには不可欠です。近藤と土方と沖田はさしづめオビ・ワンとハン・ソロとルークといったところ。
    • good
    • 1

徳川三百年の平和があった。

戦が無かったのだ。国民は平和ボケしていた。その時ちょうど諸外国は日本を植民地にしたかった。代表的なのが、黒舟である。きずかないうちに、外部からの侵入者が日本を乗っ取ろう勢いであった。血気果敢な若者が危機を感じ幕府に意見具しし。戦を依頼した。すでに、わが国自身統一されているので、武力は必要無かったのである。戦う必要性がない。したがって、武力に関しては、機能してなかったのであろう。納得しない若者たちは、幕府を倒し、新政権・・国家を守るために命を惜しまず、働いてくれる民より募集したのが、新撰組である。
    • good
    • 1

滅んだから同情されているんでしょう。


2枚目だったといわれている人間もいるし、女のこにウケる。

歴史上必要だったとかいうのは、ただの警察組織だったから、どっちでもいいなぁ。所詮は雑魚の集まり。
雑魚でも警察だから大物を斬り殺す。
    • good
    • 0

新撰組が大好きなものです。



さて、新撰組の人気についてですが、新撰組は旧体制(徳川幕府)の警察みたいなものなのですから、当然、新体制の側からみれば新しい体制への改革を邪魔するものとしてマイナスの存在だと思います。
ただ、これは結果論であり当時の新撰組は、少なくとも近藤勇は心底から徳川幕府のためを思って働いていたと思いますし、そこに人間的な魅力があり、惹かれるものがあるのだと思います。
なお、子母澤寛であるとか司馬遼太郎などが取り上げたこともこれほどの人気を得た大きな理由のひとつではないでしょうか。
    • good
    • 1

50代の男性ですが、私が子供の頃は逆に新撰組や近藤勇が常にマスコミに悪者扱いをされていましたので、子供心に近藤勇や他の新撰組のメンバーが大嫌いでした。


同じ切り口では大衆は喜ばない、だから“いまは”まだ未開拓の新撰組がヒーローにされているのだとおもいます。
    • good
    • 0

当時の志士らのやり方に問題があったからだと思います。

よく池田屋事件は維新を遅らせたと言われますが、私は逆にあの事件があったからこそ薩長同盟も結ばれ、維新が成功したと考えています。
天皇を拉致して長州に連れていくなんて事してたら幕府どころか薩摩も土佐も長州を完全に攻め滅ぼしていたことでしょう。
それに池田屋で密談してたような過激派志士達が京に野放しにされていたら、天誅と称する無意味な殺人が後を絶たず、有志もたくさん死んでしまっていたことでしょう。そうするとたぶん日本は清のように植民地となっていたことでしょう。
それらを阻止した新選組の功績は大きいと言えます。
歴史にまったく貢献していないと言い切る根拠はありませんしマイナスの存在であったと言い切ることもできません。
よく歴史好きの方が小説だけを読んで一方的な見方だけを信じてこういうこと言う人多いけど、そういう人ほど根拠がない。根拠を無理矢理にでも見つけるのが歴史研究なんですね。歴史研究のおもしろいところがそこ。

こういう私もたいした根拠を提示していない(笑)
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。
小説等のイメージだけで考えてはいけないんですね。

お礼日時:2003/06/01 12:42

キーワードは


・判官贔屓
・滅びの美学
だと思います。忠臣蔵もそうでしょ?強いものにはむかったものは「美談」になりやすいんです。そして負けて死んでいく(この場合は「散る」というきれいな言い方しますね)のも美談になりますね。

そういや源義経もそうですね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新撰組の魅力って何ですか?

新撰組ファンの方は多いと思いますが、どうしてそこまで新撰組は人気があるのでしょうか?

自分の抱いている新撰組のイメージは
・幕藩体制を終わらせ天皇中心の政治に動こうとしている時代の流れを読めずに、
・農民が武士に憧れ、
・憧れたがゆえに局中法度で変に規律を守ろうとして、背いたら仲間であっても殺す。
・更には尊皇攘夷派の人間を池田屋事件で殺害し明治維新を数年遅らせた。
・その後大政奉還が終わった後も、無意味に「武士らしくあろう」として抵抗して死んでいった。
というものです。(間違ってたら指摘してください)

日本の歴史上それほど大きなエポックメーキングな事件を起こしたわけでもなく、かと言って、信長や竜馬のように、「ああ、もっと生きていてくれれば、日本をどんな風に変えてくれるだろう」という期待が持てる人物というわけでもない(と、自分は思っています)。

新撰組ファンの方、一言で語ってくれても良いですし、長く熱く語ってくれても構わないので、教えてください。(決して新撰組批判を目的とはしていません)

ちなみに、評判の高い「燃えよ剣」は過去に2度ほど読もうとしましたが、2度とも途中挫折してしまいました。

新撰組ファンの方は多いと思いますが、どうしてそこまで新撰組は人気があるのでしょうか?

自分の抱いている新撰組のイメージは
・幕藩体制を終わらせ天皇中心の政治に動こうとしている時代の流れを読めずに、
・農民が武士に憧れ、
・憧れたがゆえに局中法度で変に規律を守ろうとして、背いたら仲間であっても殺す。
・更には尊皇攘夷派の人間を池田屋事件で殺害し明治維新を数年遅らせた。
・その後大政奉還が終わった後も、無意味に「武士らしくあろう」として抵抗して死んでいった。
というものです...続きを読む

Aベストアンサー

時流に逆らい、鉄の規則に縛られた緊張した日々を送り、『武士らしくあろう』として無意味に死んでいく・・・というのは、ある人が見れば間抜けかもしれませんが、また別の人から見ればたまらなく魅力的で共感できる生き方だったりするのかもしれませんね。

一般に新選組というと『倒れゆく幕府のために戦い続け、節義を守り抜いて散っていった』という悲壮美みたいなものが、やっぱり一番の魅力なんだろうと思いますが・・・
ただ、私は二十年くらい前に『燃えよ剣』を読んで土方歳三のファンになったというありがちな人間なんですが、私にとって土方歳三の魅力というのは『悲壮美』という暗いものではなく、もっと明色な感じです。
すなわち、もともと田舎剣術に励んでいたに過ぎない農民の子が、時代の混乱に乗じて成り上がったというサクセスストーリー。アメリカンドリーム。そういう明るい痛快さを感じます。
倒幕側の人間は新選組の中でも特に土方を怖れ、彼が隊士を率いて巡察にくると蜘蛛の子を散らすように逃げたと言いますが・・・もとこれ単なる農民剣客だったにもかかわらず、威風堂々と京の町を闊歩する土方さんはさぞかし気持ち良かったろうなあと、その場面を想像すると思わずニマニマしてしまいます。

またこの人は、真剣を握っての個人的な戦闘力はもちろんのこと、新選組の実務を掌握するチームリーダーとしても、後には京都時代とは少し違う『戦争の指揮官』としても能力を発揮したそうで、そういう多才ぶりにも惹かれます。腕も立つし頭も切れる、度胸は据わってるしおまけに美男子で女にもモテる、私も『男はかくあらねば』と思った一人です(笑)。

土方歳三個人のことばかり書きましたが、近藤勇や沖田総司についてもおおむね似たように感じます。剣の腕だけを頼りに混乱に乗じてのし上がった彼らについては、悲惨な末路に同情するよりは『よくやったなあ、痛快だったろうなあ、それなりに本望だったろうなあ』という感じですか。

彼らの行動が正しかったのか、歴史的意義はあったのかとなるとこれはまた別の課題でしょうし、私にはその辺りはよくわかりませんが・・・新選組には『男のロマン』みたいなものをついつい感じてしまいます(笑)。

時流に逆らい、鉄の規則に縛られた緊張した日々を送り、『武士らしくあろう』として無意味に死んでいく・・・というのは、ある人が見れば間抜けかもしれませんが、また別の人から見ればたまらなく魅力的で共感できる生き方だったりするのかもしれませんね。

一般に新選組というと『倒れゆく幕府のために戦い続け、節義を守り抜いて散っていった』という悲壮美みたいなものが、やっぱり一番の魅力なんだろうと思いますが・・・
ただ、私は二十年くらい前に『燃えよ剣』を読んで土方歳三のファンになったという...続きを読む

Q何故新撰組は?

何で新撰組は教科書にちっっとも載っていないんですか?
人を斬ったりはしましたが、一応「警察」ですよね。
ドラマになるぐらい有名なのに、教科書には新撰組の事はかすってもいません。
なので最近まで新撰組は架空の組織だと思っていました(恥
父に聞くと
「あれは人斬りの集まりだから子どもの教育上よくないと思ったんだろ」
と言われました。
詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

人斬りの集まりだから、ということではないと思います。歴史における新撰組の寄与度が少ないためではないかと思います。幕末、維新で活躍した人物で挙げられるのは、大久保利通、西郷隆盛、木戸孝允等維新の三傑と言われる人物や、高杉晋作、坂本龍馬などがいますね。そのほか、思想家としては吉田松陰、佐久間象山などがいます。また、幕府側の人物としては、徳川慶喜、松平容保、勝海舟、榎本武揚などが挙げられます。これらの人物に比較して新撰組の歴史への影響力というのは少ないのではないでしょうか。確かに、池田屋事件では尊皇攘夷の志士を何人も逮捕したり殺害しています。そのために明治維新が遅れたと言われていますね。しかし、それにしてもそれほど大きな事件ではありません。それよりも文久3年の8.18の政変、文久4年の禁門の変、第一次長州征伐等の方が重大事件です。上に述べた以外にも新撰組に関係しない重要な人物や事件は幾らでもあります。明治以後、新撰組は歴史小説等で紹介され、その生き方に共鳴する人がたくさん出て、有名になりましたが、歴史の流れの中では主役とはなりえず、単に脇役にしかないのではないでしょうか。ですから、私は新撰組は赤穂浪士とほぼ同じものであると考えています。

人斬りの集まりだから、ということではないと思います。歴史における新撰組の寄与度が少ないためではないかと思います。幕末、維新で活躍した人物で挙げられるのは、大久保利通、西郷隆盛、木戸孝允等維新の三傑と言われる人物や、高杉晋作、坂本龍馬などがいますね。そのほか、思想家としては吉田松陰、佐久間象山などがいます。また、幕府側の人物としては、徳川慶喜、松平容保、勝海舟、榎本武揚などが挙げられます。これらの人物に比較して新撰組の歴史への影響力というのは少ないのではないでしょうか。確か...続きを読む

Q近藤勇と土方歳三の関係について質問です。

近藤勇と土方歳三の関係について質問です。

土方歳三はなぜ近藤勇を大将とし、付いていこうと思ったのでしょうか。
近藤さんは人柄や性格が素晴らしいとよく聞きますが、彼の最期はその性格のように潔いものではなかったように思います。
近藤さんの魅力とはなんだったのでしょうか。

事実に基づくことでも推測でも何でも構いません。

私は小説やドラマなどの印象が強く、史実に関してはあまり詳しくないので、この「にわかがっ!!」と思われるかもしれません。すいません。
よろしかったら回答お願いします。

Aベストアンサー

そんな難しい話ではないんじゃないですかね。
1.近藤の方が年上である
2.近藤は二人の出身母体である試衛館(天然理心流)の4代目宗家である※土方は傍流の門下生です
この2つの理由で充分じゃないかと思いますが。
要するに浪士組に入る前から近藤は土方にとって先輩であり師匠格であったはずで、最初から上下関係があったと見るのが普通かと。

近藤の最期は、隊が包囲された時に切腹しようとしたのを土方に説得されて偽名のまま投降し、何とか逃れようとした(いち隊長であれば殺されはしない)が見破られて処刑された、という話ですよね。
彼の性格云々ではなく、油断したところを包囲されてしまった近藤(土方も居ましたが)と、既に敗北を悟った状態で戦いに出た土方の状況の違いだと思いますけどね。

Q新選組って、京都で嫌われてた?

こんばんは!
最近友人と大河ドラマに付いて話をしていたときに、その友人から「京都の人って本当は新選組嫌いでしょ?」と言われ、ビックリしてしまいました。
私は京都市の近くに住んでいますが、そんなことは知りませんでした。
本当に京都(京都市)の人は新選組が嫌いなんでしょうか?
またそれは何故でしょうか?

具体的なお話を(こんな事があったから嫌い、見たいな)ご存知でしたら、ぜひ教えてください。

では、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

漫画やドラマなどで美化されたイメージがあるので、最近、新撰組が好きって人が増えてますが、実際の新撰組は漫画やドラマのように美男子ではありませんし、町の人間の迷惑など考えず、かなりやりたい放題で実際は幕府の威を借りたチンピラ集団でしかありません。
もともと武士ではありません。
今で言えば芸能人にあこがれて上京してきた田舎のチンピラってところでしょう。
それを幕府に利用されて人殺しの許可を得たので喜んで人殺しをしていた集団です。

有名な池田屋事件では店の主人は新撰組が踏み込んだ時、逃げろと言って、倒幕派の人間の味方をしていることからも分かるように世間の人は倒幕派の味方です。
もちろん、新撰組が幕府から貰っている金を落としてくれる店の人たちは感謝していたかもしれませんが・・・

警察手帳を持ったヤクザっていうのが、新撰組の真の姿です。

逆に坂本竜馬や桂小五郎に代表される倒幕派の人間は、本物の武士ですし、これからの日本のことを本当に考えているインテリも多いですし、刀を振り回して迷惑をかけることはなかった訳です。

これで世間の人がどちらを応援していたかは、一目瞭然でしょう。

漫画やドラマなどで美化されたイメージがあるので、最近、新撰組が好きって人が増えてますが、実際の新撰組は漫画やドラマのように美男子ではありませんし、町の人間の迷惑など考えず、かなりやりたい放題で実際は幕府の威を借りたチンピラ集団でしかありません。
もともと武士ではありません。
今で言えば芸能人にあこがれて上京してきた田舎のチンピラってところでしょう。
それを幕府に利用されて人殺しの許可を得たので喜んで人殺しをしていた集団です。

有名な池田屋事件では店の主人は新撰組が踏み込...続きを読む

Q京都見廻組が人気がないのは?

幕末の歴史に興味をもっています。
ここ数年新撰組の人気が沸騰しています。
しかし、一方で同じように京都で警護の任務に当たっていた「京都見廻組」に対する人気はさっぱりです。
雑誌の記事にしても坂本竜馬の暗殺にからむものばかりです。

有名な人が出なかったのはなぜなんでしょうか?
新撰組よりも人数は多くいたはずです。
これといった仕事をしていないんでしょうか?

Aベストアンサー

戦後になって新選組が大ブレイクしたのは、新選組を取り上げた小説が世間で大評判になったからだと思います。見廻組は、たまたま昭和の作家が見廻組を題材にしたおもしろい小説を作ってくれなかったからでしょう。

私も見廻組のことを全然知りませんが、昭和の小説家たちが小説の題材にしなかったのは、見廻組には、新選組に比して、題材にするようなおもしろさがないと判断したからかもしれませんね。組の成り立ちや隊員一人ひとりの人物像に、イメージを膨らませることのできるエピソードがあまりないだとか。あるいは資料が乏しいだとか。

まあ他の方が回答していらっしゃるとおり、人気が出るか出ないかはメディアがどれだけ取り上げてくれるかどうか、ということです。どこかのテレビ会社が、あたかもアイドルを売り出すかのように見廻組のキャンペーンを張ってくれれば、あるいは見廻組を題材にした小説がベストセラーになったりすれば、人気は上がってくるというものです。

今チョロっと「見廻組」で検索してみたら、かの黒鉄ヒロシ先生が見廻組に関する漫画を出しておられるようですね。見廻組のことについて知ってみたいなら、このような書物が参考になるかもしれませんね。私も買ってみますのでご一緒にどうでしょうか。なんて。

失礼しました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569632890/250-4965226-3604229

戦後になって新選組が大ブレイクしたのは、新選組を取り上げた小説が世間で大評判になったからだと思います。見廻組は、たまたま昭和の作家が見廻組を題材にしたおもしろい小説を作ってくれなかったからでしょう。

私も見廻組のことを全然知りませんが、昭和の小説家たちが小説の題材にしなかったのは、見廻組には、新選組に比して、題材にするようなおもしろさがないと判断したからかもしれませんね。組の成り立ちや隊員一人ひとりの人物像に、イメージを膨らませることのできるエピソードがあまりないだとか...続きを読む

Q新撰組は京都人民に嫌われていましたか?

近藤勇の首がわざわざ江戸から京都へ回され、
鳩首されたとき、
「京都人民はかねて近藤を憎んでおりましたから、
首見物に河原に出かける人が陸続と絶えませんでした。
皆愉快がりました。河原は大賑わいでした。」
という記事があります。
新撰組は嫌われていたのでしょうか?
京都の治安を守るという警察の仕事だったのに嫌われたのはどうしてでしょうか?
町人たちに直接危害を及ぼしたりしていたのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

京都在住のの老人です。
No.7の再投稿です。文献的にどうあれ、京都では愚連隊のような人を「ミブロのような」という表現がまだ死語にはなっていないという事実が雄弁に物語ると思います。

Q司馬遼太郎が新選組や坂本龍馬を書かなかったら

司馬遼太郎が新選組や坂本龍馬を書かなかったら、彼等の評価や人気はどうなっていたと思いますか?
父から司馬遼太郎が新選組を書くまでは、新選組=悪として描かれている作品が多く人気がなかった。今の新選組(土方、近藤、沖田など)の性格やイメージを作ったのは司馬遼太郎だ。という話を聞きました。
あと、坂本竜馬が好きという人は「竜馬がゆく」を読んで好きになったというのが多いですよね。
現在は新選組や坂本龍馬はかなり人気があり、歴史的にすごい評価されていますよね(特に坂本竜馬)。
もし彼が新選組や坂本龍馬を書かなかったら…。今のように人気がでたり、評価は下がっていたと思いますか?

Aベストアンサー

あくまで私見ですが、、、
 多くの歴史上の人物は歴史小説でキャライメージが決定していますね。特に新撰組は小説にならなければ独裁国家の秘密警察より悪質でしょう。(いきなり反体制思想家をオープンに殺害するなんてね、また、司馬氏の多くの作品では悪役のところあります)
 坂本竜馬は難しいですね、薩長同盟なんていうのはイランとイスラエルが同盟してアメリカに反旗を翻すようなものだといったら、いやあれは歴史の必然だと言い返されました。
 海援隊の活躍をどうするか、大政奉還への貢献(どうも創作っぽいですが)とかいろいろ難しいことあります。
 ただ、もうひとつifを付け加えるなら、どこかの歴史小説家は書いたのではないかと思います。いままで扱っていないキャラクターを扱うと自分でイメージ作れるから。
 例をあげると習慣ヤングジャンプ連載のキングダムは秦の始皇帝が準主役です。いままで悪役のイメージが強かったためあまり書かれていなかったため、もう作者のし放題でイメージできています。
 もし新撰組も竜馬も描かれていなければだれかが書いたと思います。

Q土方歳三が陸軍奉行並になれた理由を教えて下さい

新撰組の土方歳三は最終的に陸軍奉行並+αの要職に就きましたが、多くて200人程規模だっただろう新撰組の副長からは、随分のし上がったなという印象があります。
不釣合いと言うと言いすぎだと思いますが、規模が全然違う感じがして…。
元々軍を指導出来るような立場の人間でもなかった気がするのですが、どうして函館でそこまでの重要人物になれたのでしょうか。
元から新撰組自体の地位が高かったのですか?それとも転戦している内に引き連れる人数が増えたり、物凄い功績を残したりしたのでしょうか。あるいはイメージ戦略?
選挙結果がある程度反映された上で榎本武揚に買われたとも見たのですが、その票を得るにしても理由があると思います。
タイトル通り、土方歳三が陸軍奉行並になれた理由を教えて下さい。ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最大の理由は「他にふさわしい人物がいなかった」に尽きるかと思います。蝦夷共和国といえば聞こえはいいですが、要は幕府軍や会津藩の敗軍の生き残りの寄せ集めです。

だけど、土方さんの名誉のためにいえば、このときの土方歳三は日本一の野戦指揮官だったと思いますよ。

鳥羽伏見の戦いで土方は新撰組として参戦しますが敗北します。そりゃ命知らずの剣客集団とはいえ、鉄砲にかなうはずはありません。戦後に「やっぱ槍や刀と鉄砲じゃ戦さにもならねえ」という言葉を残しています。
その後近藤勇らとは生き別れて、千葉にいた土方は敗残兵を率いて宇都宮城を占領します。このときに率いていた兵隊は銃で武装していたのですが、土方は既にこの銃兵を見事に指揮しています。
その後、会津から東北各地を転戦するのですが、これらの戦いで土方はみるみるうちに近代兵術というのを自家薬篭中のものにしていきます。

そして転戦の苦労と近藤らの仲間との別れが土方の人間性にも大きな影響を与えたようです。宇都宮での戦いで、土方は逃げようとした兵士をその場で斬り殺しています。これは戦場で士気を保つためにはやむを得ないことなのですが、後に土方は従兵に金を渡し「あの兵士には可哀想なことをした。この金で葬式を出してやってくれ」といっています。
また函館の戦いの前には別の従兵に遺品などを託して土方の実家に届けるように頼みます。従兵は「嫌です。私も一緒に戦って死にます」といいますが、「従わなければ斬り殺す」といわれ、その迫力に圧倒されて命令を受けます。そのときに託されたのがあの有名な洋装の写真ですが、このとき土方はいくら戦ったところで見込みがあるわけではないことを悟っていたと思います。若者をあたら無駄死にさせるのに忍びなかったのではないでしょうか。

また函館の戦いでは土方の指揮した二股口は新政府軍はどうしても突破することはできませんでした。もし土方が二人いたら新政府軍は勝てなかったかもしれませんね・笑。
また函館の戦いではこんな逸話もあったそうです。
激しい戦いで、あるとき新政府軍の兵士の遺体に辱めをした兵士がいたそうです。「いくら敵兵とはいえ遺体に辱めをするとは武士の恥」という意見と「仲間を大勢殺した敵兵だ。このくらいことはやって当然」という意見に分かれて仲間内で一触即発の殺気立った雰囲気(なんせ戦争をしているので)になったそうです。そこに土方が現れて、「咎める者の意見ももっともだし、遺体を傷つけた者の胆力もたいしたものだ」といったら、双方が「土方さんがそういうなら」といって納まったそうです。
函館の戦いのときの旧幕府軍兵士は土方のことを「父のように慕っていた」ということですから、それだけ人望が厚かったということだったのではないでしょうか。

最大の理由は「他にふさわしい人物がいなかった」に尽きるかと思います。蝦夷共和国といえば聞こえはいいですが、要は幕府軍や会津藩の敗軍の生き残りの寄せ集めです。

だけど、土方さんの名誉のためにいえば、このときの土方歳三は日本一の野戦指揮官だったと思いますよ。

鳥羽伏見の戦いで土方は新撰組として参戦しますが敗北します。そりゃ命知らずの剣客集団とはいえ、鉄砲にかなうはずはありません。戦後に「やっぱ槍や刀と鉄砲じゃ戦さにもならねえ」という言葉を残しています。
その後近藤勇らとは生き別...続きを読む

Q新撰組って何ですか

ドラマで新撰組がやるらしいので最近人気ですが新撰組ってそもそも何した人なんですか?
1新撰組とは何か?
2新撰組が誕生した背景って何ですか?
3新撰組は何をしたのか?そしてその後はどうなったか?
これらのこと教えてくださいお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

素人です. 詳しくは,いろいろサイト紹介してくれるかたがおられると思いますので,そちらを参考にしてください.(人まかせで申し訳ありません.)

まず,「新撰組」が正義の味方なのか,悪人なのかということが知りたいと思います.これは,私には判断できません.ご自身で判断してください.
一般に,歴史は,勝者によって語られます.第二次大戦後の日本がかならず「悪く」かかれることと同じです.
(本当に悪かったのかもしれませんけど.)
日本が悪いと断言する方には言いたい.「勝者自身を悪く伝えた歴史観がありますか?」と.

「勝てば官軍」というのは,言い得て妙です.

「新撰組」は明治維新の敗者です.だから,「悪く」書かれます.それをあらかじめ理解してからいろいろな情報を見られると良いでしょう.


>1新撰組とは何か?
>2新撰組が誕生した背景って何ですか?
>3新撰組は何をしたのか?そしてその後はどうなったか?

>1新撰組とは何か?
ペルーが日本に来て「開国」を要求した際に,日本はほとんど軍艦の大砲の前に無抵抗でした.
このままでは,外国に占領されると心配した幕府の人々が京都の「天皇」を保護しようとしました.そのために任命されたのが会津藩の藩主「松平かたもり」というかたです.京都の警護をすることになりました.会津は,京都から離れているため,警護を「外注」に頼みました.
実働部隊の一つとして「新撰組」ができました.武士ではなく,「武士になりたい人々(多くは農民の出身)」で組織されました.剣術の得意な,ある意味,自己の理想に燃えた純粋な人々です.

>3新撰組は何をしたのか?そしてその後はどうなったか?
京都の治安を守るのが仕事ですので,天皇の暗殺などを企てる勢力や計画をみつけては,征伐してあるきました.
有名なのは「池田屋事件」です.明治維新が2年遅れたといわれました.

局長の近藤勇らは,死罪となりました.
副長の土方利三は,北海道まで行って,戦死しました.
武士として(名誉だったのかどうかは不明ですが)切腹することもできませんでした.(武士ではないですから.)

歴史的に見れば,おおきな日本の明治維新という戦略的なながれに対して,戦術的に結果を残しながら抵抗した勢力といえます.時代に翻弄されたというか.

私は,新撰組は,時代の流れをよみきれず,多少の自己利益を追求はしたものの,基本的には,純粋な人たちだったと思います.

維新では,「悪役」として描かれることが多いのですが.

素人です. 詳しくは,いろいろサイト紹介してくれるかたがおられると思いますので,そちらを参考にしてください.(人まかせで申し訳ありません.)

まず,「新撰組」が正義の味方なのか,悪人なのかということが知りたいと思います.これは,私には判断できません.ご自身で判断してください.
一般に,歴史は,勝者によって語られます.第二次大戦後の日本がかならず「悪く」かかれることと同じです.
(本当に悪かったのかもしれませんけど.)
日本が悪いと断言する方には言いたい.「勝者自身を悪く伝え...続きを読む

Q西郷隆盛と言う人の評価はどうなのでしょう?

こんにちは。

西郷隆盛と言う人の評価はどうなのでしょう?
この歴史カテでも様々な意見を目にします・・・。
時代小説家の言を引用されて、
極悪非道と仰る方もおられる・・・
議論したいとは思いません、
歴史好きの皆さんが西郷さんを、どう評価されるのか?
それをお聞きしたくて質問してみました。

色々な意見を、お聞きしたく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>西郷隆盛と言う人の評価はどうなのでしょう?

turukamejirouさん、こんにちは!

元来史実とは、時代の変遷と共に下される客観的評価が大きく異なる為、歴史上の人物への評価は極めて難しいものなのでしょうが、西郷さんに関しては殊更そう思わざるを得ません。

何しろ能動的であった維新以前と、時計の針が止まり思考停止の感すらある維新以降との大きな乖離、自らを厳しく律していた人物との印象はありますが、一方に於いて目下の者には誠に融通無碍、芋蔓の語源にすらなったと言われる、薩摩人の無条件な人材登用をも込みですが、担がれ易い神輿であった点は否めないでしょう。

そもそも親分に対する無条件な忠誠への反対給付として、或る種のポピュリストに成らざるを得なかった、つまり薩摩という特殊な風土がその根底にあったものと推測はしますが。

他方司馬遼太郎氏の言葉を借りれば、西郷隆盛は日本史上に類似の人物が見当たらない、つまり大陸的な人物とでも申しましょうか、聖人君子の類であっても決して政治家ではない。
その点が、明確な国家観を持ち、テクノクラートの総帥として、リアリズムの極致にあった大久保利通との、最大の相違点かも知れません。

例えば尊皇攘夷~倒幕の機運に至らしめる、思想的影響力を持った吉田松陰他を革命第一世代とするならば、隆盛は倒幕までをその使命とする第二世代、つまり明治維新成立を以ってその使命が完了した人物に他ならず、征韓論での主張をその一例としましても、とても近代国家の外交を担う政治家とは思えず、新生日本に不可欠な人物では決してなかったでしょう。

そればかりか、彼の人物論はともかく、新生国家のグランド・デザインを描くという、本人の当事者能力を大きく越えていたにも関わらず、彼が持つ余りに大きな影響力が、維新政府に有害ですらあった現実を思えば、理論的には説明不可能な歴史の必然に依り抹殺された人物、私自身としては、西郷隆盛をそう認識しております。

一方に於いて、西南戦争以降も継続する薩摩閥の影響力、加えて忠臣蔵同様判官贔屓という我が国民性を勘案したとしても、明治政府の存立すら揺るがした内乱の首謀者であるにも関わらず、或る種の象徴として、未だ愛され続ける不思議な人物というのも、また正直な感想ではありますが・・。

>西郷隆盛と言う人の評価はどうなのでしょう?

turukamejirouさん、こんにちは!

元来史実とは、時代の変遷と共に下される客観的評価が大きく異なる為、歴史上の人物への評価は極めて難しいものなのでしょうが、西郷さんに関しては殊更そう思わざるを得ません。

何しろ能動的であった維新以前と、時計の針が止まり思考停止の感すらある維新以降との大きな乖離、自らを厳しく律していた人物との印象はありますが、一方に於いて目下の者には誠に融通無碍、芋蔓の語源にすらなったと言われる、薩摩人の無条件な人...続きを読む


人気Q&Aランキング