【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

施工管理していますが、高所恐怖癖なので困っています。

職人ではないのですが、写真を撮るために高さ10m以上の場所の鉄骨を歩くことがあります。
手すりもありませんので安全帯をできませんし、「もし落ちたら死ぬな」と思い足がすくみます。

これでへっぴり腰になるので職人に馬鹿にされます。

どうしたら高所恐怖癖を克服できるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

施工管理で手摺の無い状態での写真撮影なら建て方時だと想像しますが、


転落防止ネットは確実に張られていると仮定して、
足場も建てられない超高層ではないと仮定して私の経験を書かせていただきます。

どんな場合でも現場へ入る時にはヘルメットと安全帯は必須ですが、
高所作業で気をつける服装と靴のポイントは、
肩の動きやすい服とズボンの裾が邪魔にならないように心がけてください。
又、身体のバランスを保つためには足の指が自由に動かねばなりません。
鳶職の大多数が常用している五本指ソックスはとても有効です。
安全靴が義務づけられているなら1サイズ大きい靴を履き紐はしっかりと締めて下さい。
作業所の服装規定で許されるなら平衡感を保つには長地下足袋を履くのが良いでしょう。

膝がこわばるとへっぴり腰になります。
身体を保持する柱のある所で一二回膝の屈伸運動をしてから、
柱を背にして身体を伸ばし、進行方向に正対し身長よりやや遠くに顔を向けます。
足元に目をとられると身体の傾きを判断できなくなりますから必ず進行方向を見ます。
両手を左右に伸ばしてゆっくりと歩いてみてください。

私は遠近両用レンズの眼鏡を使っていますが、
足元が歪んで見えるので慣れるまでの約一ヶ月は足場に乗るのが怖く感じました。
もし眼鏡を掛けているなら単焦点レンズの使用をお薦めします。

膝が柔らかくなるにしたがって自由に歩けるようになりますから焦らずに練習してください。
でも、恐怖心を忘れたら転落事故につながりかねませんから、
多少の高所恐怖癖は悲観する必要がないと思います。
安全に留意して仕事してください。
    • good
    • 0

高所が怖くない方がどうかしてるんです。

かつて、上司からそのように教わりました。
あなたは、元請け職員ですか?
それとも、下請け職員として自主管理の関係ですか?どちらにせよ、
職員には、安全対策のない鉄骨の梁の上など歩く業務はありません。
鉄骨梁には、地上で手摺やロープなどを設置して荷揚げします。
小規模建設会社などは、徹底されないところも多いと聞きます。
職人たちになんと言われようと管理側は毅然としていないとね。

まずは、作業手順(施工要領)書をきちんと作りましょう。危険を伴う作業すべてにね。
これがないと、災防協のパトロールで指摘を受けたり、労働基準監督署から業務停止、改善命令が下ることもあります。
事故があった時には最悪です。これは要注意事項です。
今は、監督署もヒマでしょうから見に来るかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんありがとうございます。

お礼日時:2010/02/13 11:42

>手すりもありませんので安全帯をできませんし



この時点で論外です。
あなたの会社大丈夫ですか?

高所恐怖症自体はこんなところで質問しても
慣れるよりどうしようもないでしょう・・・
安全設備に安全帯をかけてどんどん
経験しましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現場作業員 高所作業について

現場作業員をしています。まだ、入社して10日位で高所は未経験です。
先輩に寄ると、30-40mの高所では、足場を作るまでは、命綱なしで作業をしなければならないところが多くあると言われ、かなりビビってます。
機械の撤去、設置で屋根を溶断し、クレーンを使用したり、その時も転落したら間違いなく死ぬといわれました。
現場の朝礼では、KY活動もしていますし、マンホールから降りる時もフックをかけます。今のところ、順調なのですが、本当の高所作業となると、高所恐怖症ではできないものでしょうか?命綱があればなんとかと思いますが、無くて作業は恐ろしくてできません。何がしかのアドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私はトビの仕事はしたことがありませんが現在の仕事でトビがどのようなこと和しているか見ることは有りますが(私は高いところは気にならない)それでも高所恐怖症だと仕事には成らないでしょう(人にも寄るかも知れないが)

あまり大きな現場は知りませんが、私の知っている高所恐怖症の人は2階の梁の上を他の人は道具持つて歩いていてもその人は駄目でした(体が動かないと)

なおその梁は横幅20cm位で高さ的には3m位でした、ですから恐怖症といっても程度にも寄るでしょう、誰だって質問の様な高さなら怖くない人は居ないと思います(いくら高いところが好きでも落ちれば簡単に死ねます)

私が平素している現在の仕事は重機を使う仕事ですが、人を使う作業だと失敗すれば簡単に作業者は死にます、逆に機械が転倒すればこちらが死ぬでしょう。

いくら危険予知活動してもどうにもならないことが予測を超えて起きるのも土木や建築現場です、その為に上下作業をしないとか一人作業をしないなど決めているのです(なるべく労災を減らすように)何かで指一本動かすときもその事を忘れないように仕事するくらいで居てください、もし、シノラチェットでも落として人に当たれば死亡事故に成る可能性も高いのです。

毎日緊張の連続かも知れませんが、慣れるに従い危険は増えていきますから決して気を抜かない作業に心がけてください、よそ事など考えないように・・・

先輩にこのようなことを聞いてみてください、笑う人は居ないはずです(正月休み明けに気が緩んでいて作業開始後2時間後には頭に石が落ちてきて無くなった若者も居ました(22歳でした)この人は造成地で重ダンプ(100t積みくらいの物)を誘導していて、うっかり死角に入ったため・・・平地でも有ります。

くれぐれも仕事中は気を抜かない、休憩などはしっかりする(疲れがたまると油断しがち)無理しない程度に仕事を覚えてください。

私はトビの仕事はしたことがありませんが現在の仕事でトビがどのようなこと和しているか見ることは有りますが(私は高いところは気にならない)それでも高所恐怖症だと仕事には成らないでしょう(人にも寄るかも知れないが)

あまり大きな現場は知りませんが、私の知っている高所恐怖症の人は2階の梁の上を他の人は道具持つて歩いていてもその人は駄目でした(体が動かないと)

なおその梁は横幅20cm位で高さ的には3m位でした、ですから恐怖症といっても程度にも寄るでしょう、誰だって質問の様な高...続きを読む

Q高所恐怖症が仕事に影響します。今、何年も電気工事業界で働いていて高層マ

高所恐怖症が仕事に影響します。今、何年も電気工事業界で働いていて高層マンションの足場や電柱に上ったり、建物ビル屋上など末端で下が見える場所など、全然okで仕事に差し支えないんですが、単なる木造住宅の二階屋三角屋根の末端での梯子だけの上り下りが苦手(恐怖)なんです。たまにアンテナ工事があるんですがその場合、慣れてないせいか掴まる部分がない為、精神疲労と怖さで足がすくんでしまいます。
屋根の構造勾配にもよるんですが、特に瓦屋根は末端部分は恐怖です、経験豊富な屋根屋さんやアンテナ工事屋さんは回答頂きたいと思います。建物の足場がなくても屋根軒の梯子から上り下りを、どうしたら、克服出来ますか?慣れですか?それと瓦屋根、ベスト材屋根に雪止めがありますがこれは、ずれ落ちないものですか?

Aベストアンサー

人間が一般に高さや深さを怖く感じるのが10m前後だそうなので、そうだとするとアンテナ工事の恐怖心は、屋根の勾配も影響して増加する感じがします。基本的には経験がものを言うのかと思いますが、年齢によっても感じ方が変わってくるようです。日によっても違いますしね。完全に克服してしまうと、慣れから事故になりかねないですし、全く克服しないとご質問のようになってしまいます。自分は頭の中でシュミレーションします。現調するときに現場の状況を出来るだけ詳しく調査し、梯子の掛ける位置や屋根の勾配、梯子を昇降している時の状況や、屋根上での作業状況を出来るだけ手順を追って自分が作業している状況を頭の中で描くようにしています。多少現調時の状況より状態を悪目に。そうすると現場での作業が復習みたいになって少し楽になるように感じます。ご安全に。


人気Q&Aランキング