最新閲覧日:

雇用保険被保険者証と扶養控除申告書について聞きたいことがあります。
まずこの二つはどういったものなのでしょうか?そしてどこでもらえるのでしょうか? 僕は22歳 4月から新社会人です。結婚もしてません。親と同居してます。
どなたか回答をおねがいします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

新社会人おめでとうございます。


 雇用保険被保険者証とは、雇用保険に入っているという証明書です。会社預かりの場合が多く、会社を辞める時にいつ入社して退社したか証明し、また、失業給付を受けるとき、転職などで再雇用をされた時に必要になります。
 扶養控除申告書とは、主に月額源泉徴収税額の算定のための書類です。belさんの場合、住所氏名などを記入し配偶者なしに○をしておしまいだと思います。
 この2つは会社に入社した時にその他沢山の書類と共に渡され訳もわからず書いていく場合が多いです。
 常に疑問を持ち、調べて解決していく姿勢がいいですね。がんばってください。

 ちなみに扶養控除申告書は主たる職場に提出する書類ですので、奥様パートでも必要です。
    • good
    • 0

雇用保険被保険者証は、失業保険に加入している証明書のようなものです。

これは、会社に就職して雇用保険に加入の手続きが済むと、職業安定所から会社を経由して発行されます。
失業保険は、最近の1年間に半年以上加入していれば、失業したときに、失業保険金をもらえる制度です。

扶養控除申告書というのは、会社に就職したときに会社に提出する源泉税に関係する書類です。
用紙は会社に用意されています。
給料をもらうときに、サラリーマンは源泉税が控除されますが、この扶養控除申告書を提出していないと、高い税金を控除されます。
最終的には、年末調整で調整されるので、結果は同じになりますが、それまでは余計な税金先払いになります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ