外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

簿記と会計士と税理士とファイナンシャルプランナーはそれぞれ、関係のある職種なのでしょうか。
資格をとりステップアップしていきたいと考えているのですが、
どのような科目をどのようにつなげて学べば効率よく、幅広くステップアップできるのでしょうか。
やはり、まずは簿記を勉強するべきでしょうか。

会計士、税理士には簿記1級が必要!など、ご存知なことがございましたらご教授お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日簿2級とAFPの資格を持つものです。


訳有って中断していますが、会計士受験の勉強をして居りました。

> 簿記と会計士と税理士とファイナンシャルプランナーはそれぞれ、
> 関係のある職種なのでしょうか。
○簿記と他の資格
・会計士
 試験科目と言う点でも関係が有ります。
 人によって位置づけが異なりますが、日簿1級の基本は必要です
・税理士
 日簿1級又は全経上級は受験資格の1つであり、試験科目の上でも関係が有ります。
 人によって位置づけが異なりますが、日簿1級の基本は必要です
・FP(AFPに限定します)
 試験科目の上では関係しません
 実務の観点から言うと、会社の財務諸表は3級程度の知識が無いと意味さえ判りません。
○会計士と他の資格
・税理士
 会計士の資格を取れば税理士になれますし、会計士の試験にも「税法」があります。その点だけを考えれば、税理士の試験を受ける必要性はないのですが、会計士試験での税法は狭いですから、会計士が直ぐに税理士として通用する世界ではありません。
・FP(AFPに限定します)
 税金に関しては関係しますが、会計士の知識がFP試験に役に立つのかと言う観点でみれば、役に立たないと思います。
 実務では、会計士は経営相談を主務にすると思いますので、FPで得た不動産・ファイナンス・民間保険・社会保険の知識は無駄にはなりません。
○税理士とFP
 FPの勉強の上で、税理士の知識は大変役に立ちます。
 実務においても、税理士は税務相談を主務にすると思いますので、FPで得た不動産・ファイナンス・民間保険・社会保険の知識は無駄にはなりません。

> どのような科目をどのようにつなげて学べば効率よく、
> 幅広くステップアップできるのでしょうか。
私の勝手な価値観になりますが、
日簿2級
 ↓
税理士:簿記に関する知識及び税務に関する専門知識を取得。
 ↓  税務の観点からの経営相談が行なえる。
日簿1級:大抵の経理帳簿が理解できる上に、会計士で勉強する
 ↓  管理会計の基礎知識も得られる。 
公認会計士:税理士や日簿1級での知識が無駄にならない。
 ↓    その為、比較的余裕を持って勉強ができる。
 ↓    税理士の資格と相俟って、経営相談には強くなる。
AFP:余程の世間知らずでなければ、短期間で合格できる。
    税理士や会計士では勉強しなかった分野を広く浅く
   知る事が出来るので、経営相談に対して更に強くなる。
    • good
    • 2

税理士には受験資格というものが必要となります。


受験資格には、資格・学歴・職歴などで規定されており、その一つに日商簿記1級や全経簿記上級と言うものがあります。

税理士試験や会計士試験の内容や難易度からすれば、簿記は取得すべきでしょうね。受験資格などを持っていれば、簿記は2級程度でも受験勉強は可能ですが、1級などを取得して損はありませんからね。

会計士は監査業務が主要業務です。会計士は無試験で税理士登録が可能な資格ですが、税理士登録が必要であると同時に、会計士業務では扱わなかった税理士業務を扱うことになり、会計士試験での知識以外の税務などの知識が必要となります。従って、会計士>税理士と単純に考えてはなりません。

FP業務には相続などの相談業務があります。さらに資産設計などの相談業務もあるでしょう。これらには、相続税や贈与税、固定資産税や不動産取得税、資産運用の方法によっては所得税は法人税などがかかわってくる相談業務があります。これらの具体的な相談業務をFPが行うことは認められません。ただし、これらの税務が必要であることや、簡易的な案内が出来なければ、FPとしてお客様を満足させられません。

簿記は、商売をする場合、商売している人を相手にする場合などに有効な知識です。営業マンなども必要な知識と考えられている会社もあります。コスト意識はどんな職業でも必要でしょう。簿記から学んでいくのも良いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日商1級と公認会計士試験の差

日商簿記1級に合格したので、次に公認会計士試験を目指そうと思います。
公認会計士試験合格者にお伺いしたのですが、
公認会計士試験の難易度(勉強量)を10とした場合、
日商簿記1級の難易度(勉強量)はいくつくらいでしょうか?
3くらいあると嬉しいのですが。。。

Aベストアンサー

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽろ落としていて結果は82点ほどでの合格でしたが)

こんな感じでした。私が受験した回はP/L作成問題が出題でしたが、
連結が出題なら1Hはかからないと思います。
また、工業簿記・原価計算についてはパズル的要素が強い問題ですが、
会計士講座で管理会計をがっちり固めていれば、極めて短時間で解くことは可能です。
これは、私のみでなく、共に学習していた会計士受験仲間も同様でした。
逆にいうと、それだけ会計士試験で学習する内容は幅広くかつ内容が深く、難易度が高いものだと言えると思います。

つらつらと書きましたが、少しは両者のレベル差が伝わったしょうか?
1級に合格されたのなら、適正は少なからずあるかと思います。
会計士受験が許される環境なら、挑戦するのも選択肢の一つかと思いますよ。
悔いなきよう、決断して下さい。

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽ...続きを読む

Q税理士・FP資格について

自分は今大学3年でして、税理士の取得のため日々勉強しています。将来的に個人の資産管理など、生涯を通じての財産管理をやりたいと思っています。そのために、今できることを考えた結果、税理士という職業に惹かれ、今勉強しています。
そこで、つい最近FP(ファイナンシャル・プランナー)という職業の存在を知り、自分の夢にぴたりと合致するような職業であるということも知りました。
そこで質問です。このまま税理士をとり、後にFPを取得したとして、その2つをどう生かしていくのかよくつかめません。FPは税理士と組み合わせることで活躍の幅が広がる、とよく言われますが、どのような広がりがあるのか、ぜひ教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

税理士とは勉強をされていて良く理解されて居ると思われますが、納税者の税金の計算を代理にする専門家です。
簡単に言うと税務の申告書を作るのが仕事です。

FPは特に個人の収入や財産からその人にあったライフプランを提案して、実行や援助する専門家です。

そのライフプランの途中で財産に関わる税金が色々発生してきますが、FPの資格では原則的に申告書を作成して報酬を貰うことが出来ないのです。
税務申告の手続きについて報酬をもらうには税理士の資格が必要です。

なので両方の資格を持つことによって最後まで顧客の面倒を見れるのです。

Q高卒で公認会計士…会計士に学歴は関係有りますか?

こんにちは。
私はこの夏、公認会計士を目指し勉強を始めた者です。
会計士は第一次試験に合格さえすれば、私のように高卒の者にも平等に権利が与えられると思い、頑張っていたのですが…

先日一次試験について調べていたところ、その受験者数の少なさに驚かされました。よくよく調べてみると、二次試験合格者のほとんど全ての方が、大卒であり、
監査法人その他の大手会社の求人欄にも大卒以上が応募資格に入っていました。
以前、高校卒業後すぐに会計士の勉強をし、二十歳そこそこで二次試験に合格した方が話題になりましたが、私の場合、このままストレートで合格したとしても、24歳後半です。

経歴としては、、、高校卒業→二年間フリーター→某美術系学部入学即中退→CGスクール→フリーのCGクリエイター→そして現在に至ります。
こんな私ですが、、、図々しい事に、、、大手監査法人(中央青山監査法人)や、
企業の顧問を目指しています。
一応、上記のところは大卒のみとはなってはいなかったのですが、、、
やはり大卒と言うのは(会計士の就職において)必要条件なのでしょうか?
必要であれば大学入学も真剣に考えています。

長くなりました。
どなたか、ご意見お聞かせ下さい。
お願いします。

こんにちは。
私はこの夏、公認会計士を目指し勉強を始めた者です。
会計士は第一次試験に合格さえすれば、私のように高卒の者にも平等に権利が与えられると思い、頑張っていたのですが…

先日一次試験について調べていたところ、その受験者数の少なさに驚かされました。よくよく調べてみると、二次試験合格者のほとんど全ての方が、大卒であり、
監査法人その他の大手会社の求人欄にも大卒以上が応募資格に入っていました。
以前、高校卒業後すぐに会計士の勉強をし、二十歳そこそこで二次試験に合格した方...続きを読む

Aベストアンサー

さて、貴方は何歳まで生きるつもりなのでしょうか?
35才までですか。40才ですか?
不治の病で、余命が分かっているのでしょうか?
そして、貴方にとって公認会計士になる事は、人生の目標なのですか、
単なる生きる手段の一つなのですか?
公認会計士になる事がかっこいいから、なりたいのですか?

そして、質問に答える前に、私は、公認会計士の世界は知りません。
これが前提で、お話します。

私は、1浪をし、地方都市にある国立大学法学部に入学しました。
家を離れ初めての下宿生活で嬉しく、自立する為にバイトに励みました。
ここで、あるホステスさんと知り合ったのです。彼女を知ってからは、
大学も行かず、彼女の部屋でごろごろし、寝泊まりしていました。
それから、2年後、家族が複数人、ガンとなりまた、この都市でも色々あり、
実家に戻ることにしました。
さらに1年、私の家は、父親と私の二人となったのです。
ここで、私は、何をしたいのか。真剣に考える必要がありました。
次の年、私は、いくつもの私立大学法学部を受け、当時偏差値で49.7
の大学に入学する事ができました。
それからは、真剣に勉強しました。
公務員試験の模試では、国(1)も、絶対確実の判定でした。
成績は、全優で、学部長賞を受けることができました。
この大学生活で得た物は、大学では司法試験受験の為の補講をもうけてくれ、
そのときに、当時司法修習生として、教えてくれた人は今でも私にとって
よき相談相手です。
仕事の都合で、この人の事務所に行くと、近くの繁華街で、2件3件と飲みに
連れていてくれます。
数人の親友も出来ました。教養部では、仏文学の教授の家に招かれ、仏文学論を
幾度か議論したり、ていねいに教えてもくれました。
この大学には、私と小中高と同じ学校に通学していた幼なじみが、英語の非常勤
講師として、働いていました。
これらの大学生活は、非常に充実しており、現在の生活の陰の支えとなっていま
す。
 就職は、年令がネックとなりましたが、自分を認めてくれる所に勤務できたと
思っています。

 公認会計士になる事だけが目的であれば、それもいいでしょう。
 しかし、絶対合格できるのですか?
 であるなら、大学生活の傍らでの合格可能でしょう。
 可能性は無限大です。しかし、身の程も考えておきましょう。
 少しくらい、心のゆとりをもつ4年間もすばらしいものです。
 公認会計士に関連する、経営・経済学部の自分が入学できる程度の
大学でいいのではないでしょうか?
 あとは、貴方の努力次第と思います。

さて、貴方は何歳まで生きるつもりなのでしょうか?
35才までですか。40才ですか?
不治の病で、余命が分かっているのでしょうか?
そして、貴方にとって公認会計士になる事は、人生の目標なのですか、
単なる生きる手段の一つなのですか?
公認会計士になる事がかっこいいから、なりたいのですか?

そして、質問に答える前に、私は、公認会計士の世界は知りません。
これが前提で、お話します。

私は、1浪をし、地方都市にある国立大学法学部に入学しました。
家を離れ初めての下宿生活で嬉し...続きを読む

QまずFP何級か?まずFPか簿記か?

現在、今年度中の転職を考えています。過去に転職はしましたが、一般事務経験のみで実務は通算3年くらいです(正社員)資格はとくに実務に繋がるようなものはもっていません。

色々資格や業務について調べた結果、FPやDCプランナーの仕事に興味を持ちました。通信講座の資料なども取り寄せ現在検討中ですが、
FP2級、AFPを無事に取得できたとしても、すぐにFPとして働きたいというよりは、転職(事務業務)や生活に活かしたいくらいの気持ちです。(勉強していくうちに業務に早く就きたくなるかもしれませんが)
なので、他の人も書かれているように取得後の登録・維持費は負担に感じます。

急いで取得を考えない場合、まずは3級を取得し、その後、2級を取って、その後に必要であればAFPという順がよいのかと考えています。しかし、通信講座を見ると2級ちAFPはセット受験になっているので、別々には受けられないのでしょうか?またAFPを取得しても初年度から登録しなければ、資格は消滅してしまうのでしょうか?

また、簿記の資格も、経理や会計業務に進まなくても、
社会人として使える資格だという書き込みも見、経理分野は未知なので勉強しようと考えていますが、
まず3級から独学で勉強し、6月に3級、11月に2級で試験に向けて頑張ろうかと思っていますが、

FP3級と平行して勉強は難しいですか?
それとも内容的にかぶる部分は多いですか?

どちらも未経験分野の資格のため
分からないことが多いです。
両方取得された片、現在勉強中の方、アドバイス宜しくお願いします。

現在、今年度中の転職を考えています。過去に転職はしましたが、一般事務経験のみで実務は通算3年くらいです(正社員)資格はとくに実務に繋がるようなものはもっていません。

色々資格や業務について調べた結果、FPやDCプランナーの仕事に興味を持ちました。通信講座の資料なども取り寄せ現在検討中ですが、
FP2級、AFPを無事に取得できたとしても、すぐにFPとして働きたいというよりは、転職(事務業務)や生活に活かしたいくらいの気持ちです。(勉強していくうちに業務に早く就きたくなるか...続きを読む

Aベストアンサー

簿記もFPも取得しています。
FPは、3級も2級も、それほど難易度の差がないように思います。
私の個人的な印象ですが、簿記の3級と2級ほどの差は
FPの3級と2級の間にはないと思います。
ですので、FPの資格は、2級から狙われたらいかがかと思います。
FPの勉強そのものは、3級からはじめられたほうがいいかと思いますが
2級の受験基礎としての勉強と思ってやられたほうがいいのではないでしょうか。
登録の諸費用が負担に感じる状況であれば、FP技能士2級を取っておく、という方法はどうでしょう。
これなら登録は必要ありません。

簿記の2級と3級の差は、かなりあります。
3級は商業簿記だけですが、2級は工業簿記も加わって2科目になります。
まったくの初学者でも、今から始めて6月に簿記3級は十分可能です。
ただ、独学、と書かれておられますが、近くに簿記の知識があり
質問に答えてくれそうな方がいらっしゃるでしょうか?
簿記は特に、一番最初の導入部分でつまずく方が多いので
そのあたりは、人に教えてもらったほうが、効率的です。
11月2級合格は、独学では、かなり難しいでしょう。

FPと簿記ですが、勉強内容はそれほど関係ないですので
それぞれ独立して勉強する、と思われたらいいでしょう。

ということで、あくまでも私の個人的な判断でのお勧めですが
FP技能士2級を独学で勉強して取得
簿記3級2級を通学、もしくは通信等の講座を受けて勉強する。
ですね。
ただし、これですと、AFPになるためには、FP講座を
後で受講ずる必要があります。
ただ、現在、登録費用が…とお書きなのでいかがかなと思います。
FP技能士と簿記の勉強の両立ですが
きびしいのは確かですね。
遊んでいる暇はないでしょう。

FPは銀行、生命保険、損害保険、証券会社等の金融機関
職種は、アドバイザーとか言いますが
要するに営業、ですね。
簿記は、経理事務、ですね。経理事務には、FPの知識は
もちろん役に立ちます。
役に立つというよりも、業務上必要な知識の勉強になります。

簿記もFPも取得しています。
FPは、3級も2級も、それほど難易度の差がないように思います。
私の個人的な印象ですが、簿記の3級と2級ほどの差は
FPの3級と2級の間にはないと思います。
ですので、FPの資格は、2級から狙われたらいかがかと思います。
FPの勉強そのものは、3級からはじめられたほうがいいかと思いますが
2級の受験基礎としての勉強と思ってやられたほうがいいのではないでしょうか。
登録の諸費用が負担に感じる状況であれば、FP技能士2級を取っておく、という方法は...続きを読む

QFP2級受験にはFP3級取得しないとダメ?

教えて下さい。

資格取得が目的ではなく教養としてFPを受験したいと思っています。初心者なので勉強はFP3級から始めますが、どうせなら2級を目指し直接受けたいと思い調べたのですが、受験資格はFP3級取得しないとダメなようなことが書いてあるのですがそうなのでしょうか。

また、問題集を買ったのですが分からない用語がたくさん出てきます。特に○×問題はどこまでが合っているのか解説を読んでもいまいち分かりません。
用語集というのはあまり出版されていないようですが、合格した方はどのように用語の情報収集されましたでしょうか。

Aベストアンサー

>どうせなら2級を目指し直接受けたいと思い調べたのですが、受験資格はFP3級取得しないとダメなようなことが書いてあるのですがそうなのでしょうか。

そんなことはないみたいです。

1.FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者(自己申告制)
2.3級FP技能検定の合格者
3.厚生労働省認定金融渉外技能審査(旧金財FP)3級合格者
4.NPO法人日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者

のいずれかに該当すれば受験可能みたいです。
ただ、実務経験がなければ普通は3級からだと思います。

Q簿記一級と公認会計士の免除

簿記一級を取った場合公認会計士の試験で
一部免除になるようなルールはありますか?
税理士なら免除になるのですが・・・

というのも働きながら公認会計士を目指したいのですが
実務経験がないと公認会計士に合格しても
就職が難しいとか、リーマンショックでリストラされまくったなどの
文献を読んだからです。

●就職氷河期!? 公認会計士業界の就職状況
http://allabout.co.jp/gm/gc/406993/
●合格者減でも「公認会計士」が就職難?!
http://allabout.co.jp/gm/gc/59218/

私はもうすぐ30を超えてしまうので
就職に有利なように経理関係の仕事をしながら
公認会計士を目指そうと思ったのです。

ご見識がお有の方教えていただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

税理士試験挫折者です。

簿記1級と一言で言ってはいけません。特にこの分野の資格を目指す場合や経理関係職にいる場合は、簿記検定を実施する団体は複数ありますからね。

日商簿記1級や全経簿記上級で認められるのは、税理士試験の受験資格にすぎません。
税理士試験の受験資格には、大きく分けて他の国家資格・社会人経験・大学等の単位などとされています。その例外的に、簿記検定合格者にも受験資格を与えるということなのです。

公認会計士試験では、簿記検定の知識が役立つことがあったとしても、その合格による恩恵はありません。

私の友人で公認会計士となった人は、旧試験制度ではありましたが、2次試験の合格まで簿記などの能力を落とさないようにするために日商簿記1級は何度も受験し合格していましたね。しかし、免除などということはなかったですね。

ありえることとしては、会計専門職大学院での編入制度などにおいて、既習者扱いとされることから簿記検定合格を単位認定する場合もあるかもしれません。学位や論文を有利に働かせることでの免除につながる可能性はあるかもしれませんね。

公認会計士試験合格だけで、必ずしも就職に有利とは限りません。
公認会計士資格が一番活用されるのは、公認会計士業務であり、公認会計士業務には登録が必要となります。さらに登録までには実務経験などが必要となり、その実務経験は監査業務でなければならなかったはずです。公認会計士の監査法人への就職では、就職が難しいと言われて何年も経っています。

公認会計士有資格者は税理士登録ができると言われていますが、公認会計士となることができる人だけが税理士となれるわけですので、監査業務未経験ですと、公認会計士登録ができるとは言えない試験合格者です。税理士にもなれないことでしょう。行政書士も同様です。

経理職では、国家資格保有よりも実務の経験や実務に直結した知識が求められます。このように考えると、ただの試験合格者では会計知識が詳しい??というだけの評価となり、雲泥の差のある日商1級などと評価は変わらないかもしれませんね。経験のある人の方が優遇されるかもしれません。

また、国家資格所有者を採用するということは、求められるものもレベルが高くなります。そして、資格を保有するだけの人材を検収する必要があると感じる会社も少ないことでしょう。
さらに、責任あるポストを任せていても、一定の経験を積んだら独立などのために踏み台にしていくだけかもしれないと、雇用主側が感じる場合もあり、必要以上に敬遠される場合もあることでしょう。

公認会計士を目指した人の一部が合格となるような試験であり、挫折する人も多いことでしょう。その割に社会的評価があったとしても収入や職場が期待できるとは限りません。
私が目指すだけの時間と費用があるのでしたら、大学院などを利用して税理士試験を目指しますね。科目合格(科目合格は永久免除)と科目免除(学位論文)を駆使することを考えますね。そして余裕があれば、他の資格を目指しますね。その方がよっぽど活用しやすいように思います。

中小零細企業で会計士試験ほどの名にどの高い会計知識は求められませんし、税務の知識は税理士試験合格者や実務経験者の方が詳しい状況でしょうからね。

公認会計士となれれば、税理士や行政書士登録が可能な資格でもありますし、会計士資格で商業登記も認められ、社会保険業務も行うことが可能です。独立開業などを考えると幅広い業務が行えるメリットはありますが、その分資格取得後の通常の知識の研鑽のほかに勉強しなければなりません。

どうせ勉強して幅を考えるのであれば、それぞれ資格を目指していた方が良いでしょう。税理士は科目合格者としての評価もありえますので、挫折者にも割りと良いかもしれませんからね。

税理士試験挫折者です。

簿記1級と一言で言ってはいけません。特にこの分野の資格を目指す場合や経理関係職にいる場合は、簿記検定を実施する団体は複数ありますからね。

日商簿記1級や全経簿記上級で認められるのは、税理士試験の受験資格にすぎません。
税理士試験の受験資格には、大きく分けて他の国家資格・社会人経験・大学等の単位などとされています。その例外的に、簿記検定合格者にも受験資格を与えるということなのです。

公認会計士試験では、簿記検定の知識が役立つことがあったとしても、その合格...続きを読む

QFP技能士、AFP、CFPの難易度とレベルを教えてください。

FP技能士、AFP、CFPの難易度とレベルを教えてください。

今年の受験で合格し、経済学部(経済学科)に進学できたら、FPの資格を取ろうかと考えています。
大学のパンフレットを見ると「ファイナンシャル・プランニング技能士」と記載されていたのですが、
AFPやCFPとFP技能士とでは、やはりFP技能士がレベル的には一番低いのでしょうか。
経済学科の紹介にはFP技能士と記載されており、経営学科の紹介にはFPとだけ記載されていました。

できれば就職に有利なものを取得したいのですが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

◎説明をする前に、日本におけるFPと言う資格の簡単な歴史
 当初は民間資格として存在し、私がこの資格を知った時点では「日本FP協会」「金融財政事情研究会」と、社名は忘れましたがもう1社を含むた3社が夫々独自に試験を行い、資格付与していた。
 その後、「日本FP協会」「金融財政事情研究会」の2団体だけとなり、厚生労働省が『技能士』資格の1つに認めたことで、実施団体が2団体のまま引き継がれる。
 この『技能士』に移行するに際し、後述しますがCFPは国際資格であることから、「日本FP協会」が従前から認定したAFPは2級FP技能士となった

◎各名称の説明
FP技能士
 労働安全衛生法に定められた『技能士』の1つ
 実施団体は「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」の2団体であり、実施している分野[資産設計提案業務、個人資産相談業務など]は異なるが、合格すれば『FP技能士』
 平成23年1月以降は、両団体共に1級~3級の試験を実施予定。
 [この文章を書いている時点では、日本FP協会は1級と2級のみ実施]
 1級の試験を受験する際に、CFP登録者(常に)又はCFP全科目合格者(全科目合格から一定期限内に)は「学科試験」が免除される。

AFP
 日本FP協会が独自に認定している民間資格の名称。
 同協会が認定するプログラム修了者にして、FP2級試験に合格した者が、同協会に登録する事で名乗る事ができる。AFPの登録をしなくても2級に合格した事実は消滅し無いので、『2級FP技能士』は名乗れる。
 AFP登録をした者は、2年間毎にAFP登録資格の更新手続きを要求され、その際に協会の定める単位を15単位取得しておく必要がある。

CFP
 日本に於いては日本FP協会が認定している国際資格の名称。元々はアメリカ発祥の資格であり、アメリカの他にもカナダ・フランス・イギリスなどにも存在する。
 受験資格はAFP登録をしていること。試験は6つのカテゴリーに分かれており、科目合格もある[科目合格したという実績は無期限で認められる]
 登録する為には6つのカテゴリー全てに合格した上に、合格した年を含む前後一定の期間内に実務経験3年(相談・執筆・講演など)を有するか、実務経験に代わる講習を受けて3年分に換算される単位を取得している事を要する。
 AFPのときとは異なり、CFPに合格しても『1級FP技能士』は名乗れない
 CFP登録をした者は、2年間毎にCFP登録資格の更新手続きを要求され、その際に協会の定める単位を30単位取得しておく必要がある。

◎難易度は・・・
 [難]1級FP>CFP>AFP≒2級FP>3級FP[易]

◎就職に有利なのは
有利な者は判りかねますが、この資格を自動車免許に例えると、私はこんなイメージを持っています。
 1 級:大型免許
 CFP:国際自動車免許[普通自動車]
 AFP:普通自動車免許
 2 級:普通自動車免許[AT限定]
 3 級:原付免許

参考先
 金融財政事情研究会
 http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/index.html
 日本FP協会
 http://www.jafp.or.jp/index.shtml


因みに私はAFP登録者であり、『技能士』の制度発足時には特例講習を受けて2級合格者の認定を受けております。
2年間で「15単位」(AFP)「30単位」(CFP)取得は困難・面倒と心配している方も居ますが、協会の冊子に2ヶ月毎に『誌上テスト』(1回10問で、たしか受験料が1回800円)が載っており、このテストに合格すると1回毎に3単位取得できます。テストの回答期限の関係で2年間に14回分のテストを受ける事が可能⇒全部に合格すると52単位
この「誌上テスト」は協会HPから受験もできるのですが、協会HPには「誌上テスト」の他にもテストが用意されており、この文章を書いている時点では「コンプライアンス テスト」(「誌上テスト」と同じ問題数・受験料)が有ります。⇒タイミングは誌上テストと同じなので、全部に合格すると52単位
更に、色々な企業・団体が認定講習[通学、通信]を開いたり、都道府県毎にFP支部が講習会を開いているので、単位取得の機会は多いです。

◎説明をする前に、日本におけるFPと言う資格の簡単な歴史
 当初は民間資格として存在し、私がこの資格を知った時点では「日本FP協会」「金融財政事情研究会」と、社名は忘れましたがもう1社を含むた3社が夫々独自に試験を行い、資格付与していた。
 その後、「日本FP協会」「金融財政事情研究会」の2団体だけとなり、厚生労働省が『技能士』資格の1つに認めたことで、実施団体が2団体のまま引き継がれる。
 この『技能士』に移行するに際し、後述しますがCFPは国際資格であることから、「日本FP...続きを読む

Qなぜ日本では独立FPが成り立たないか

一応FP資格(まだAFPですが)を持つ者です。
FP、FPと叫ばれつつも、一般論としては、日本で独立FP(保険の代理店ではなく)としてビジネス的に成功するのは困難だと聞きます。
一方アメリカでは、独立FPは人気業種で、年収も平均で10万ドル以上などと言われます。(どこで利益を上げているか不明ですが。)

皆さん、(特にFP関連業務をされている方)、はこの差は一体なんだとお考えですか?

よく、「日本人はコンサルティングにはお金を払う習慣・文化がないから」、「確定申告をしていないのでお金に対し探究心がないから」、「まだ貯蓄比率が高いのでさほどニーズがないから」、「米より時間的に遅れているだけなのでそのうち盛り上がる」、などと言われているかと思います。

あくまで憶測になるかと思いますが、ご意見拝聴したく思います。

Aベストアンサー

あげられた理由の他に、存在が知られていないことがあります。街を歩けば「税理士事務所」「司法書士」「行政書士」などのカンバンを見ますが、FPさんのカンバンは見たことがないです。また、家を買えばほとんどの人が司法書士にお世話になるというようなことも、FPさんにはありません。
何をやっているのか、どこにいるのかすらわかりません。ですので、もっと存在をアピールしないと、FPと言う人は保険か投資信託を売る人に過ぎなくなってしまいます。また、テレビに出てくるFPという人も、大したこと言いませんよね。専門家として、尊敬される必要があります。

法律上、独占的な業務が何もないというのも原因でしょう。

最大の理由は、お金のことは他人に話をしないという行動様式だと思います。これは、世代により、意識が変ってきていると思います。

このマネーカテゴリーで、FPと名乗って回答している方がいますが、なるほど専門家だというような回答にあったことがありません。プロはタダ働きしないのでしょうけど。

QFP技能士1級ってどのくらい難しいのですか?

FP技能士1級ってどのくらい難しいのですか?

 現在、日商簿記1級を学習中ですが、FP資格にもやや興味があります。
 
 FP技能士1級の難易度ってどのくらいですか?日商簿記1級と比較すると難易度はどうでしょうか?日商簿記1級より高いですか?低いですか?また、FP1級を取得された方は、その後どんな資格にチャレンジされてらっしゃる方が多いのでしょうか?(ちなみに、日商簿記1級ですと、税理士や公認会計士に向かわれる方が多いように思います。)

 よろしくご教示願います。

Aベストアンサー

FP1級受験者です。(現在結果待ちです)

難易度だけで見れば、おそらく日商簿記1級の方が若干難しいと思います。FPはどちらかというと広く浅くという感じですので、ある程度内容に慣れてくると簡単に感じる部分が出てきたりすることや分野ごとの足きりがないのと、FP1級を取るためのルートは複数設定されていますので、自分にあったルートを選べます。

ただ、FP1級の場合は何らかの形で受験資格が存在します。受験するためにはこれを満たしているでしょうか?多くの人は2級あるいは3級から始めますが、2級にも受験資格がありますので、これを満たさないことには受験出来ません。ここが誰でも受けられる日商簿記との大きな違いです。

FPの場合は、取ってから次にどうするというのとは逆に、仕事で取る場合はもともと何かコアになる資格を持っていて、その仕事の幅を広げるためにFPの資格を取るというケースの方が圧倒的に多いです。
そのコアになる資格は、税理士・社会保険労務士・証券外務員・行政書士・宅建主任者・司法書士・土地家屋調査士・保険代理店資格・キャリアコンサルタントなど非常に多岐にわたります。

FP1級受験者です。(現在結果待ちです)

難易度だけで見れば、おそらく日商簿記1級の方が若干難しいと思います。FPはどちらかというと広く浅くという感じですので、ある程度内容に慣れてくると簡単に感じる部分が出てきたりすることや分野ごとの足きりがないのと、FP1級を取るためのルートは複数設定されていますので、自分にあったルートを選べます。

ただ、FP1級の場合は何らかの形で受験資格が存在します。受験するためにはこれを満たしているでしょうか?多くの人は2級あるいは3級から始めますが、2級にも...続きを読む

Q日商簿記1級取得は相当難関ですか?

日商簿記1級は努力だけじゃ合格は難しいですか?2級まで1回でとったのですが、簿記の勉強が面白く1級取得も考えているのですが、2級までは暗記、1級はセンスと聞きました
確かに1発合格なんかは難しいかもと思いますが、1級は努力の範疇を超えた試験なんでしょうか?

たとえるなら数学や国語の偏差値65までは努力だけど、それ以上はセンスっていう感じと同じですか?

Aベストアンサー

日商簿記1級は取得できませんでしたが、同等レベルの全経簿記上級を取得した者です。

テクニックやセンスは重要ですが、努力で目指せるものだと思います。
ただ、3級や2級などの学習時間より多くの学習時間が必要な試験ではあると思いますね。

私は税理士試験の受験資格として取得しましたが、税理士試験は挫折しましたね。
その後税理士事務所で働きながら税理士試験を受けましたが、税理士試験こそ、センスや運も重要でしょう。

日商1級レベルは、税理士や公認会計士になる基礎力のようなものですが、資格者以外ではあまり役に立たないように思いますね。もちろん大企業などの経理・総務・財務などの担当役員などとして監査対応などをするのであれば、必要だと思いますがね。

税理士事務所などの求人で1級を求めることがありますが、私の前職の税理士事務所なんて3級や2級の人も担当を持ち、顧客に指導したりしていましたからね。
ですので、あなたが税理士などを目指したり、経理関係の職で上を目指すのであればよいですが、そうでなければ他の資格などへ力を入れた方が良いと思いますね。
簿記検定を取得したからといって、経理士のすべてを知るわけではなく、基礎にしかなりませんからね。実務と机上では大きな差がありますからね。

私は、簿記検定の他に税務会計検定を取得しました。あるサイトで登録したのですが、税理士事務所での実務経験・簿記検定・税務会計検定を記載しただけで、年俸1000万円以上の条件の求人へ応募を求められたこともありますね。

日商簿記1級は取得できませんでしたが、同等レベルの全経簿記上級を取得した者です。

テクニックやセンスは重要ですが、努力で目指せるものだと思います。
ただ、3級や2級などの学習時間より多くの学習時間が必要な試験ではあると思いますね。

私は税理士試験の受験資格として取得しましたが、税理士試験は挫折しましたね。
その後税理士事務所で働きながら税理士試験を受けましたが、税理士試験こそ、センスや運も重要でしょう。

日商1級レベルは、税理士や公認会計士になる基礎力のようなものですが、資格者...続きを読む


人気Q&Aランキング