在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

TOEICとTOEFL、どっちが先?

今年の4月で、大学生になるものです。英語の力を伸ばすために、TOEICかTOEFLの勉強をしようと思っています。ただ、少し考えるところがあります。

TOEFLは留学用、TOEICは企業用である、と聞きます。最近、TOEFLを受けましたが全く歯が立ちませんでした。そこで、TOEFLを標準に合わせようと思いましたが、留学用であるということを聞いたために、TOEICを先にやるべきかと思いました。私自身の中に、留学のことがないわけではないですが、金銭面、学力面、その他の面でまだ、現実性を帯びていないことも事実です。(行きたいとは思いますが) さらに、私自身の学力もTOEICとTOEFLのどちらでも、良い点数がとれるほどではありません。

ということで、英語の学力を上げるために、勉強したいのですが、どちらを先に勉強すべきなのでしょうか?やはり客観的に難易度が簡単なほうから、勉強すべきだとは思うのですが・・・。学力を上げるためとはいえ、目標はあったほうがいいと思うので、どちらかを目標にしたいと思いましたが、この考えは間違っているでしょうか?もっと何か、違う方法を見出すべきでしょうか?また、もし、どちらかを勉強する場合、良い参考書を教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>TOEFLは留学用、TOEICは企業用である



さらに厳密的にいうと、TOEFLは英語を母国語としない外国人が英語圏で教育を受けるのに必要な英語力を測る試験で、ETSという世界的に権威のある教育機関によって作成されたものです。academic Englishが主体ですが、iBTは英語を発信する能力を全面的に図れるように設定されています。これに対してTOEICはとある日本人からの要望によって、ETSが作成した試験で、TOEFLよりも相当易しめに作られています。受験者も二人に一人が日本人という状態なので、言ってしまえば、日本人のために作成された妥協の試験という印象があります。
    • good
    • 1

TOEFLは留学用ですが、TOEICの用途は企業用とは限りません。


ビジネスシーンも登場しますがビジネスに特化したものでなく、
日常的・一般社会的な英語なので、英語学習者が自主的に英語力をチェックするためにも使えます。

私見ではTOEICスピーキング&ライティングテストの出題内容のほうが社会人向け(あまり学生向きでない)と感じます。
普通のTOEICは学生でも問題ないと思います。

TOEICばかりやっていると英語力がリスニングとリーディングに偏ります。
スピーキングとライティングが無いので。

どちらが先ということもないと思いますが、
TOEFL勉強している人がついでにTOEICを受けることはできるかもしれません。
しかし逆に、TOEIC勉強している人がそれだけでポッとTOEFLも受けてみることは出来ません。

TOEIC→リスニング・リーディング
TOEFL→リスニング・リーディング・ライティング・スピーキング
で、やることが多いですから。
「読む・聞く・話す・書く」を取り混ぜて総合的に英語力をつけるように心がけると、何のテストにも対応しやすくなります。

語彙なども違うのかもしれません。
TOEICは社会生活上で出て来る一般的な語彙です。
TOEFLは受けたことがないんですが、大学の授業で必要な語彙だと聞いております。
留学先の授業についていけるかどうかが肝心ですので。

別にTOEICを先にやると害があるとかいうわけではありません。
リスニングとリーディングは出来て損はないです。
ただ、それだけでは足りないので「TOEFLの勉強は別に必要だ」という意味です。

誰でもすぐ受けられて簡単・お手軽なのはTOEICのほうです。
TOEICは日本語で申し込めますしね。
TOEFLは申し込み説明(Bulletin)が英語で書かれているので、それをまず読めるようにならないといけないのだと思います。

参考URL:http://www.toeic.or.jp/toeic/faq/faq_01_10.html
    • good
    • 0

TOEICもTOEFLも受験したことがあります。

おっしゃるとおり、TOEFLは留学用と考えて間違いないでしょう。TOEICについては、日本で一般的に英語能力を測る物差しとして定着しつつあります。

昔は、英検〇級、なんていうのがステータスだったみたいですが、(もちろん今でもステータスはありますが、)今はどちらかというとTOEICを採用しているようです。

私も英会話スクールに通っていた頃は、よその会社の方と同じクラスになることがよくあったのですが、「課長に昇進するには、TOEICで○○○点必要なんですよ。」なんてことを話している人がけっこういました。

前置きが長くなりましたが、creson_120様は、これらの試験を目標に設定して、学力を上げるために勉強されたい、ということですよね。それならば、私はTOEFLをお勧めします。

もし、就職等で、TOEICのスコアが必要なのでしたら、もちろんTOEIC専用の対策をされることを強くお勧めしますが、TOEIC900点なのに、英語がろくに通じないなんていう人もいるので、英語力をあげるという点では、TOEICを選択されるのはどうかと思います。

いっぽう、TOEFLについては、もちろんTOEICよりも難しいのですが、TOEFL対策をすることで、総合的に英語力を上げることができると思います。もちろんTOEFLで十分なスコアを取って留学したからと言って、現地で全く英語に困らないなんていうことはありませんが、私の実感として、少なくともTOEFLで十分なスコアを取ることができた後は、英語圏の人と流暢ではなくても、意志の疎通を図るのにそれほど支障がなかったと感じています。

というのも、ご存知のように、TOEFLはTOEICと違って、リーディングにおいてもより、英文を読み進む力を必要とされますし、リスニングについても、より会話を頭の中でまとめて、ノートに取る力が必要とされます。

さらに、TOEFLでは、スピーキング及びライティングがありますので、これらの力もTOEFL対策をすることである程度、上がります。

留学のことがないわけではない、とおっしゃっているので、なおさらTOEFL対策をされることをお勧めしたいと思います。TOEFLのスコアは必要になったときに、すぐ手に入るものではありません、しかもスコアは2年間有効ですから、勉強のつもりで何回か受験するのは、決してムダではないと思います。私はちなみに必要なスコアを取得するまでに8回もTOEFLを受験しました。

効果的な学習法で、creson_120様の英語力が向上されることを、お祈り申し上げます。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

回答を求めたのに、申し訳ありませんが、TOEICの公式参考書を買ってしまいましたが、それを一通りやったあとに、TOEFLの勉強に移っても問題ないでしょうか?また、公式参考書を使っての勉強方法があれば、教えてください。

補足日時:2010/03/02 20:48
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTOEICをやめてTOEFLを勉強するのは有効?

社会人です。いままでTOEICを受けてきました。
海外経験のある人から、TOEFLにしたほうがいいという指摘を受けました。また、別の転職コンサルタントからも同じことを言われました。ちなみに私は英語を使った環境で働いていて、今後も外資系企業で働きたいです。

ですが、TOEICが800点ありません。それなのにTOEICにシフトするのは時期尚早でしょうか?
TOEICがせめて800点以上になってから、TOEICにシフトしないと、履歴書や日本人との面接でTOEICの点数を聞かれたときに恥ずかしいし不利でしょうか?

TOEICはテクニック的な面もありますが、TOEFLの勉強をしていけばTOEICのスコアもあがると思いますか?アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私は英語を使った環境で働いていて

ということならば点数はあまり気にしなくても良いではないでしょうか。
転職時に点数を書いたとしても、それと実際の会話能力は少し違うと思います。
点数は高くても意外に会話がうまくいかないという人はいます。
一方TOEICなどは関係無しに現地駐在員の子弟などはコミュニケーションをします。
貴方の場合はこの実際の会話能力に自信をもたれてはいかがでしょうか。
職務経歴書に今の仕事上の会話の会話能力を事実どおりに書けば点数よりも説得力があると思いますよ。

TOEFLは留学用の試験ですから、それの目的が無いのであればその挑戦は意味が無いですね。

QTOEFL ITPのスコアについて教えてください。

こんにちは。
大学でTOEFLのテストを受けました。
結果は443?点でした。
ですがこのスコアはどの程度のものなのでしょうか?
というのも、こんな成績で恥ずかしながら運良く入試がよく解けて大学の特待生として入学したので、傑出していなければ落とされてしまうのではと不安でたまりません。
偏差値60前後の大学なのですが、その新入生としてはやはり悪い数字でしょうか?
実際に、500点が留学の基準と言われていますよね?
それには少なくても満たないし…。
入試が終わってから一ヶ月サボったつけが回ってきたと後悔しています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ITPの場合は、満点が677点。でCBTやibtとの換算表においては、PBTとまったく同じ点数となります。
http://www.ncc-g.com/page33.html
443点ということは、cbtで127、ibt43と同じということですが、ibt43が高校卒業と同じぐらいのレベルですから、大学1年生としては妥当なスコアだと思います。これから努力すればスコアは上げられますよ。
http://eq-g.com/article/exam/exam-hikaku/

Q上智大と東京外大どちらがいいですか?

上智大外国語学部英語学科と東京外国語大学外国語学部英語学科に合格した場合、どちらに入学するか迷っています。どちらもいい点を持っているので、本当に悩んでいます。先輩方のご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

外国語学部というのは言語学を学ぶ場所ですが、言語(学)だけで就職できる職種は研究職、教職くらいのものですから、大半の卒業生にとっては、言語に加えてプラス・アルファに何が用意されているかがポイントになります。

上智の副専攻、外大では専修科目と呼ばれている物は、言語学以外の一般教養的な科目群であり、大学は幅広い講座を用意するわけです。それには人件費がかかりますから、予算が物をいいます。私学の外国語学部で日本最大の上智ですら、外大の3分の1しかありません。

また、4年次、大学院レベルでの研究には資料の豊富さも鍵を握りますが、私学より国立の設備のほうが何倍も充実しています。私学の図書館で国立に負けないのは慶応大学くらいです。うろ覚えですが、上智の蔵書数は東京外語の5分の1くらいでした。図書館の建物は大きいのですが、棚はスカスカ。

こと予算にかかわる件については、私学は国立にかないません。研究職に進む場合は大きな差が出ますので要注意です。

外大卒の人をみかけないという感覚の話が引き合いに出されていますが、私は海外勤務、出張を繰り返した経験を持っており、外国に行くと外大卒に多数出会います。ただ、今どき英語はどこでも習得できますから、英語圏以外にいくと外大卒に出会う確率が格段に高くなると申しておきましょう。

一般的な企業の入社試験では、外大+上智+ICUでグループ化して評価する会社が多いのでは?ブランドで採用する会社にとってはブランドが大切でしょうが、最近は大学名にこだわらない採用も増えていますし、やはり最後は個人レベルの実力でしょ。どこを選んだとしても自分を磨くよう心がけてください。

外国語学部出身者は概して細かい作業を正確にこなすイメージがあり、よく言えばまじめだが、行動や発想のダイナミックさに欠けるところがあるかもしれません。

外大入試の2次試験に英語しか科されていないという批判については、外大は国立ですから、まず文部省の政策に従わなくてはなりません。センター試験導入後、英語以外の得点で入学する学生が増え、英語力の低下が顕著になったので、2次試験で国語、世界史などの科目の得点比率を見直すようになり、最終的に英語を最重視するようになったという歴史的経緯があります。

学生の学力の推移と合わせて評価した場合、私は現状が間違っているとは思いません。独自に好きなことができる私学とは異なりますので、制度の表面だけを見た比較は誤解を招きます。

外国語学部というのは言語学を学ぶ場所ですが、言語(学)だけで就職できる職種は研究職、教職くらいのものですから、大半の卒業生にとっては、言語に加えてプラス・アルファに何が用意されているかがポイントになります。

上智の副専攻、外大では専修科目と呼ばれている物は、言語学以外の一般教養的な科目群であり、大学は幅広い講座を用意するわけです。それには人件費がかかりますから、予算が物をいいます。私学の外国語学部で日本最大の上智ですら、外大の3分の1しかありません。

また、4年次、大学院...続きを読む

Q個別指導塾の講師のバイトってどこもこんなものなのでしょうか?

現在大学生です。
大学1年のとき、半年ほど某大手個別塾でバイトをしていました。

その塾では講師は白衣着用。
授業前の準備のために授業時間より早く行かなければならない&新人は授業後はベテランの講師(その人もアルバイト)に「カルテ(=授業記録)」をチェックしてもらうためだけに何時間も待たされたりして拘束時間がとてつもなく長いのに、キッカリ授業時間分しか給料が支払われない。
授業以外にも生徒のカリキュラムを考えたり、親に電話したりしなければならないのにその分は無給。
挙句の果てに「同姓同名の人がいて間違われた」とかいう理由で給料が半年近く振り込まれず、怒りのあまり辞めました。私は今までの人生で同姓同名の人になんて出会ったことはありませんし、これからも無いでしょう。

社員は2人しかおらず、たいていそのどちらかしか教室にいませんでした。
毎晩のように夜中12時とかに電話がかかってきて“明日は出れないか”と聞かれました。
また、どうしても用事があったりして休む時は自力で代わりの人を探さなければなりません。
私は経験していないのですが、生徒の親との面談までしなければならないようでした。

どこの個別塾でもこんな感じなのでしょうか?

最近になって「教える仕事」への関心が高まってきて(当時は単に時給が高いことに惹かれたのです。実際は違いましたが・・・)、教えながら自分も学べたらいいなと思っています。
また学校も忙しいので週1回でもできるバイトとしても塾講師はけっこう良いかもしれない、と思うようになってきました。
でも、以前バイトしていたような塾では働きたくありません。
自分が子供を生んでも絶対に行かせたくありません。
“この点はどこの塾でも同じだから我慢すべき”“この点は塾によって違うから選ぶべき”というのを知りたいです。
よろしくお願いします。

現在大学生です。
大学1年のとき、半年ほど某大手個別塾でバイトをしていました。

その塾では講師は白衣着用。
授業前の準備のために授業時間より早く行かなければならない&新人は授業後はベテランの講師(その人もアルバイト)に「カルテ(=授業記録)」をチェックしてもらうためだけに何時間も待たされたりして拘束時間がとてつもなく長いのに、キッカリ授業時間分しか給料が支払われない。
授業以外にも生徒のカリキュラムを考えたり、親に電話したりしなければならないのにその分は無給。
挙句の果て...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
参考までに私の働いていた塾に関して書かせて頂きます。
働いていた塾は大手の直営校で個別塾でした。
大学入学と同時に採用して頂き、2年間働き、今は留学中していますが、来年から再開させて頂ける予定です。

給料に関しては基本的に授業時間分のみで、補習や授業準備などは給料には組み込まれませんでした。ただこれは、自主的にやっているもので、上司からの強制ではありませんので、納得していました。どこの塾でもこれは似たようなものだと思います。

ただし、補習でも、日曜祝日などに教室開放し、自習に来た生徒の手助けや、補習の集団授業を行う場合は、事務手伝いとしての給料(実際の給料の半額程度)が出ていました。
掃除を手伝ったり、テストの監督をする場合も同様でした。

また、今年の夏期講習では集団講師を対象に時給に上乗せする形でボーナスが出たようです。

服装はスーツ着用でしたが、別に指定などはありませんでした。夏はワイシャツにネクタイでも何もいわれませんでした。女性講師はguwappaさんが書かれているような条件でした。実験をしない限り白衣着用というのは不自然ですよね。動きにくいでしょうし。

また、夜中の12時に電話がかかってくるということも滅多にありませんでした。
あったとしても、私自身の帰宅が遅いときのみでした。
代講は基本的に万が一の場合(講師が病気など)だけでしたので、毎晩のように、出られるかどうかの電話がくるということはありませんでした。
どうしても授業ができない場合は、集団授業の場合は代講をしてもらえる先生を探すか、他の先生と時間を変わって貰うかでしたが、個別授業は基本的に振り替えという形でした。
生徒の親との面談は、基本的に室長か副室長のみが行い、講師は親との面談はありませんでした。ただ、面談の時期になると、進捗状況等を書く報告書をかかなければなりませんでした。

月に1回程度、講師研修というのがあり、1時間程度で無給でした。これも月1回のみでしたので我慢の範囲でしたし、日頃不満に思っていることや、改善への提案などができる良い場でしたので、講師の方から予定時間を伸ばしてしまうこともありました。

質問者さんのケースはあまりにひどいと思いますが
(1)この点はどこの塾でも同じだから我慢すべき
・授業準備や補習に関しては給料は出ない。時給に含まれていると考えるべき。
・授業開始よりも早めにいくのは当然。
(2)この点は違うから選ぶべき
・上司から強制される補習、手伝いにはそれ相応の給料がでるはず。
・突然の出勤要請は万が一の場合のみであるべき。毎晩掛かってくるのは異常。
・個別授業は生徒と講師の相談によって、振り替えができる。
といった感じでしょうか。

ある程度のサービス残業は妥協せざるを得ないのも事実だとは思います。
実際、私自身も、日曜日の半日は授業準備に追われていましたし、授業後は1~2時間は塾に残っていることがほとんどでした。
集団を始めるようになってからサービス残業の割合は増え、冬期講習、夏期講習は朝9時~夜の10時くらいまで塾に缶詰でした。胃も虚弱になっていました。
それでもこの仕事を続けられたのは、上司に恵まれたこと(長い時間相談に乗ってくれる、本来は出ないのに事務手伝い給料を出してくれる)が大きいでしょうか。
塾を閉めるぎりぎりまで残っていると、室長が奢ってくれたりもしました。

塾の仕事は他のバイトでは学べない多くのことが学べる場だと思います。
是非、条件の良い塾をみつけだし再開してください。

以上、参考になれば。

こんにちは。
参考までに私の働いていた塾に関して書かせて頂きます。
働いていた塾は大手の直営校で個別塾でした。
大学入学と同時に採用して頂き、2年間働き、今は留学中していますが、来年から再開させて頂ける予定です。

給料に関しては基本的に授業時間分のみで、補習や授業準備などは給料には組み込まれませんでした。ただこれは、自主的にやっているもので、上司からの強制ではありませんので、納得していました。どこの塾でもこれは似たようなものだと思います。

ただし、補習でも、日曜祝日な...続きを読む

QIt is the first time と This is the first time

1)It is the firt time I heard of this.
 「こんなことを聞いたのははじめただ」

2)This is the first time Honda has ever taken first place.
「ホンダの車が1位になったのは初めてです」

質問1
 1)のitはtimeの後に省略されているthat以下を指す「仮主語」
   なのでしょうか?
質問2 
 1)と2)の違いについて説明してください。thisとitを入れ替えても
 意味が通じるように感じますが、、、

質問3
 ~the first time 以下の文に現在完了が多いのはなぜでしょうか。

どれか1つの説明でもかまいませんので専門家の方よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

No.6です。補足質問にお答えします。

1.そうです。the first timeを先行詞とする関係代名詞です。

2.No.5での補足質問の意味を、ここのthatをwhenという関係副詞に置き換えることはできるかという質問内容と思っていましたので、whenにはできないと答えました。また、関係代名詞はあくまで先行詞の名詞を修飾する形容詞的用法なので、関係副詞的用法の副詞的という言葉に違和感を感じておりましたが、「関係副詞のように用いる」thatということであれば、それで問題ないと思います。

ご質問の文はまさにライトハウスの例文の用法そのものです。
This is the first time that I heard of it. 
それを聞くのはこれが初めてです。(Lighthouse)
このthe first timeはforという前置詞がないとthat節の中で文が完成しません。その意味で、このthat=for whichとなり、「関係副詞のように用いる」ことも可能でしょう。

ジー二アスの例文は回答No.6に書いた例文で説明していますが、
The first time (that) I saw him, he was a college student.
はじめて会ったとき彼は大学生だった。 (ジーニアス英和大辞典)
では、前置詞forがなければ、that節の中で文が完成しませんから、このthat=for whichということになります。

ただ、前の回答でも言いましたが、これらのthat=for whichはwhenに置き換えることはできないので注意して下さい。関係代名詞thatに関係副詞的用法があるというのは、大学受験レベルではあまり学習しない内容だと思いますが、最近ではそれも重要になっているのでしょうか。それが試験問題に出されることがあるのでしょうか?

いずれにせよ、英文法の細部にまで目を配り小さな疑問も見過ごさず、とことん理解の追求をする積極的な姿勢は、素晴らしいと思います。毎回1度で満足のいく回答をご用意できなくてすみません。以上の説明で、まだ満足の回答を得られなければ、遠慮なくご質問下さい。

No.6です。補足質問にお答えします。

1.そうです。the first timeを先行詞とする関係代名詞です。

2.No.5での補足質問の意味を、ここのthatをwhenという関係副詞に置き換えることはできるかという質問内容と思っていましたので、whenにはできないと答えました。また、関係代名詞はあくまで先行詞の名詞を修飾する形容詞的用法なので、関係副詞的用法の副詞的という言葉に違和感を感じておりましたが、「関係副詞のように用いる」thatということであれば、それで問題ないと思います。

ご質問の文はま...続きを読む

Qアルバイトの雇用保険に入るか入らないかで悩んでいます。

アルバイトの雇用保険に入るか入らないかで悩んでいます。



掛け持ちをしている人や主婦のかた等入ってない方が多いようなんですが、
雇用保険に入るとよくないことってなんですか?



すぐにやめる可能性がある場合は入らないほうがいいですか?



週4日、一日6時間勤務の場合は入ったほうがいいのでしょうか?
それだと失業手当が支給されるとしても5万とか微々たるものですよね・・



また、掛け持ちをするときに片方の会社では保険をかけてるが
それをキープするには月に11日以上の勤務日数
が必要だから途中で掛け持ちしたくなっても10日ずつなどのパターンの掛け持ち勤務ができなく
なってしまい、雇用保険に入っても受給資格を失い、意味がなくなりませんか?




失業保険を一年前に貰っていて、またどこかで働き、11日以上勤務する日が12ヶ月以上経ったら
またもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の会社でも週20時間、月80時間以内のパート募集をしています。
月120時間以内の契約であれば雇用保険は強制です。パート勤務者と会社が負担する金額の比率は忘れましたが、勤務者が払う雇用保険とほぼ同額かそれ以上企業側が払わないといけない。

仮にパートが1000人、雇用保険の負担額が500円とした場合、月50万、年間にすると600万の負担です。

雇用保険は失業中の万一の保険と考えれば、入っていたほうがいいと思うけど。仮に2箇所掛け持ちでそれぞれ8万とすれば、16万。約60%は失業保険出るから月9万ぐらいはもらえる計算になるよ。

雇用保険がないと当然失業保険はもらえないし、もらえるにしても受給条件もあるけどね。

Q大学院別のTOEICの合格点を教えてください。

大学院入試でTOEICの点数を英語の点数として換算している大学院が多くあると知ったのですが大学院別にどのぐらいが合格点なのでしょうか?
東大の院生の平均点が730というデータはネットでみたのですが他のいろいろな大学院について教授からや友達からの情報でもいいので参考にさせてください。

Aベストアンサー

このサイトに、大学院入試でTOEIC(R)Testを活用する52の大学院が、
国公立、私立別で掲載されており、
ある一定のスコアで、英語の独自試験免除など、詳しい情報が見れます!

参考URL:http://www.toeicclub.net/graduateschool.html

Q大学院で東大や京大に移る人が結構いますがその場合

もともといた人達と同じ扱いを受けるのでしょうか?特に就職の時のことです。ネットでみてると大学院はあまり評価されず前いた大学で評価を受けるとよくみかけるのですがどうなんでしょうか?履歴書には最終学歴だけではなく前いた大学も書くのですか?教えてください

Aベストアンサー

理科や早稲田~東大、京大ってのが周囲でもいました。

まずアメリカの場合は「学部で頑張った」と高く評価されます。
ちょうど考え方は日本の高校がアメリカの大学にあたるようなもので、大学でのプロセスや評価も厳しいし信頼されてますし、日本で言うと「地方の無名高校から東大に入った」みたいに考えられて、高い評価は当然と言えば当然です。

日本の場合は
1.学部での成績や評価が曖昧(優秀でなくても上位になれる)
2.教職員が、選考基準に責任を持っていない(あいつはバカだ、とかウチの大学のレベルは低いし・・と教授も平気で言う。面倒なので自大学中心に採用をしたりする。
アメリカの場合は”学生への教育”も評価に入りますし、最悪の場合、連座してクビもあり得ます。だからともかく真っ当な人材を採ろう、成長させようと言う意欲が強く幅広く優秀な人間の獲得に動きます(プロ野球のスカウトみたいな感じですね。
よって90年代は「学歴ロンダ」と批判的に呼ばれました。



ただ今の日本は欧米アジア並に専門職化、高学歴化が進んでます。
以前は「就職逃げ層」あっかりのしょぼい奴が大学院に進んだこともありましたが、今は優秀層が専門性をつけるために大学院を選択するケースが増えてます。
(東大であれ、学部卒や英語が出来ないのに偉そうに出来る国は日本ぐらい。)

履歴書には当然、高校、大学、大学院を書きます。
ただ世界的には最終学歴(大学院)を学歴として話す傾向が強く(オバマなら私立オクシデンタル単科大学ではなくハーバード大)、評価もそのようになります。
さて、
表題の件ですが

優秀さ・・・むしろ学外の奴の方がやる気や危機感が強く優秀でもありました
就職・・・内部の上位>>>外部>>>内部の下位>>>>>>>>>>>>他大学

。あくまで僕の見聞きした小さなレベルですが、(あまり言いたくないのですが)一部ネットでは仕事もせず学校も行かず、あるいはリアルでパッとしない矮小な人がい定数います。
ともかく小さな自分の自尊心を納得させるために、自分より小さな存在、例えばマイノリティである編入者を「学歴ロンダ」と呼んで攻撃したりします。

ただどの国でもそうですが、そもそも決定権を持ってるのは政治家、経営者、お金持ちなどであり、そういう人がどのように感じるかが重要なんです。彼らは努力家や成果を出す者が大好きです。
もし、院で他大に進むことを検討してるのであれば、


それは効果のあることですよ。もちろん入ってからも頑張ることが求められますが、それも楽しんでやればいいと思います。

理科や早稲田~東大、京大ってのが周囲でもいました。

まずアメリカの場合は「学部で頑張った」と高く評価されます。
ちょうど考え方は日本の高校がアメリカの大学にあたるようなもので、大学でのプロセスや評価も厳しいし信頼されてますし、日本で言うと「地方の無名高校から東大に入った」みたいに考えられて、高い評価は当然と言えば当然です。

日本の場合は
1.学部での成績や評価が曖昧(優秀でなくても上位になれる)
2.教職員が、選考基準に責任を持っていない(あいつはバカだ、とかウチの大学のレベ...続きを読む


人気Q&Aランキング