ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

済みません。再掲ですが、知りたいのは、西国諸藩は参勤交代で、京都をどの道筋を通って通過したのかということです。市中を通ったのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

山口文書館には長州藩毛利氏の膨大な記録が残っているそうです。

  参観交代(さんきんこうたいと読む、昔はこの字も使った)の記録もあります。   それによると
元禄六年三月三日に萩を出た行列が三月十七日夜伏見を立ち、十八日朝早く京都に着き藩の京都屋敷に入ったとの事。   西園寺らの公卿に挨拶回りした。   逆に挨拶も受けた、寺からのものも多かったとの事。
文政八年三月六日出発の、毛利斉元の参勤交代の記録でも、二十日に京都へ入り、京都所司代、公卿達に挨拶したとあります。   お忍びではありません。
薩摩藩の行列も同様洛中に入っています。   ただ京都には藩邸はないとの事。
御三家の紀州藩も紀州路を通る時は、洛中に入り京都所司代に挨拶しています。
特別扱いの大名がおりました。    この三家以外は見た事はないが、これだけとも思えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

多くの文章に参勤交代時京都では諸般が朝廷との接触が禁じられていたので,伏見から京都中心部を避けて南側を回り大津に抜けて東海道に戻って江戸に向かったとあったので,ではいったいどの道を通ったのだろうといつも不思議に思っていたのです。山深い伏見から大津への道なるものが
どれかと不思議だったのです。例外は,毛利の殿様だけだったのでしょうか。京都に屋敷を持てたのは外様でも他にいたのでしょうか。京都の藩邸というのは長州の場合今のどのあたりになるのでしょうか。と、疑問がわいてきます。でも、有り難うございました。

お礼日時:2010/04/18 19:01

平安京である洛中には、


京都所司代・二条城代など勤める一部の譜代大名のみ、
立ち入り許され、
外様など他の大名は、朝廷と結びつくこと恐れ、
京都洛中に公式の屋敷持てず
大名行列は、公式には、入れませんでした。
伏見で幕府の検査受け、滋賀の草津へ回り、江戸に向かいます。
現在は、同じ京都市ですが、伏見まで、です。
元禄ぐらいには、お忍びで京都見物や親類訪問は許されましたが\(^^;)。
京屋敷、京都藩邸といっても、薩摩も長州も伏見に、ありますよ。
    • good
    • 0

京都には、藩邸がありますので、当然寄っていきますよ。

公家と親戚の関係結構ありましたので、当然挨拶にもいきます。畿内からは西国街道から旧東海道です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代に京都に大名がいなかった理由

徳川幕府は天皇・公家と大名が手を組むのを恐れたためかなあ、と漠然と思っていたのですが、実際のところはどうなのでしょうか。なにか特別な理由があったのでしょうか。

Aベストアンサー

 純粋に藩がなかった都道府県は東京都と静岡県と山梨県ぐらい。これらは、#3のmatubokkuriさんが説明してくれたように、
 「幕府も自分の領地があります。直轄領といいます。
首都の江戸はもちろん、墓のある日光、佐渡の金山、大阪城のある大阪、朝廷のある京都、伊勢神宮のあたりなど、・・・徳川幕府の領地で、自分の部下(旗本、1万石以下)を京都所司代として治めさせました。」

と言うことです。
http://www.nipponhyojun.co.jp/search/syakai/6_11edo1/shakai_edo_2_2.html
を見るとわかりますが、京都府にはかなりの大名がいました。また、京都所司代は、会津藩がつとめていたので、厳密に言うと大名はいたことになります。
 ともあれ、天皇のお膝元であり、重要の産業も古くからあり、皇室や西国を監視するための京都所司代があるため、幕府にとってもっとも監視を強めなくてはならない要所の一つであり、譜代大名でも自由に住まわすことはさせず、まして外様大名には住むことができない地だったようです。

 純粋に藩がなかった都道府県は東京都と静岡県と山梨県ぐらい。これらは、#3のmatubokkuriさんが説明してくれたように、
 「幕府も自分の領地があります。直轄領といいます。
首都の江戸はもちろん、墓のある日光、佐渡の金山、大阪城のある大阪、朝廷のある京都、伊勢神宮のあたりなど、・・・徳川幕府の領地で、自分の部下(旗本、1万石以下)を京都所司代として治めさせました。」

と言うことです。
http://www.nipponhyojun.co.jp/search/syakai/6_11edo1/shakai_edo_2_2.html
を見るとわかりま...続きを読む

Q参勤交代の道順(コース)

参勤交代を行う時に、各藩のコースは決まっていたのでしょうか。もし、決まって居たのなら、そのコースを外れるときには、何か届けを出したのでしょうか。あるいは、自由にコースを変えることができたのでしょうか。

Aベストアンサー

大体決まっています。
年により参勤の時期は変わりますが、大名毎に決まった月に「参勤伺い」を提出し、決まった日に将軍に挨拶をしてから旅立ちます。

http://s-mizoe.hp.infoseek.co.jp/m036.html

↑こちらに大名毎の指定月が出てます。

参勤交代する大名は将軍に挨拶してから旅立ちますが、出きれば他藩の行列とぶつからないように調整します。
各下の大名は各上の大名の行列とぶつかると道を譲る必要がありますし、宿場の手配も必要です。
他領を通過する時は使者を送って礼を述べ、通過される大名も街道の整備をして迎えましたから、いきなりということはありません。
日程は川が増水したりで前後しますが、基本的には城下町を通過後は、かなりの速度で移動し、旅費の節約に努めていたようです。


人気Q&Aランキング