はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

物置の下に置くブロックについて


物置を設置されたことのある方に質問させて下さい。

近所のホームセンターに、10、12、15、19cmの大きさのコンクリートブロックが売られています。


(1)物置に下に置くブロックとして、どの大きさのブロックがいいかおススメはありますでしょうか?
完全に好みの問題でしょうか?

(2)ブロックの大きさによって、強度等の違いはあるのでしょうか?

(3)よく3寸、4寸という単位を耳にするのですが、これは何cmの大きさのことなのでしょうか?

(4)ホームセンターで、「基本」・「横筋」・「コーナー」というそれぞれ微妙に形の異なるブロックが売られていましたが、物置の下に置くブロックとしてなら、どれを選んでも問題ないでしょうか?


素人の質問ばかりで申し訳ないのですが、もしお分かりになる方がいれば、ご教授のほど宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>(1)物置に下に置くブロックとして、どの大きさのブロックがいいかおススメはありますでしょうか?



物置のサイズ、内容物の記載が無いのですが、一般的には15cm厚のものでいいかと思います。もし重い物を入れるとかそもそも大きな物置なら19cm厚でもいいかもしれません。
但し重量ブロックである必要があります。

>(2)ブロックの大きさによって、強度等の違いはあるのでしょうか?

面積あたりの強度は重量か軽量かによっては違いますが、サイズ差ではありません。但し面積が広い分、接地面積が広くなれば、当然重量が分散されるので、大きい方が強度があると言う事になるのではないでしょうか。

>(3)よく3寸、4寸という単位を耳にするのですが、これは何cmの大きさのことなのでしょうか?

1寸は3.03センチです。約3センチと思っていいかと思います。

>(4)ホームセンターで、「基本」・「横筋」・「コーナー」というそれぞれ微妙に形の異なるブロックが売られていましたが、物置の下に置くブロックとしてなら、どれを選んでも問題ないでしょうか?

「基本」はブロック塀にする時に縦に鉄筋を入れる穴が開いています。「横筋」は横に鉄筋を入れるように作られています。「コーナー」はその名の通りブロック塀でコーナーに位置します。
物置の基礎としてしっかりと作るのであれば、全てを組み合わせてゆきますが、単に四隅に敷くだけであれば、「横筋」を敷くのでいいかと思います。「基本」は縦筋を入れてモルタルを流す想定なので、強度的には「横筋」の方が強いと思います。
「コーナー」は、両端の形が違うので敷くだけの場合は力の分散が均等じゃないので、あまり使いません。

この回答への補足

早々のご回答、ありがとうございます。

物置の指定がなくて、すみません。
物置は、イナバさんのNX-29Sです。
なので、横幅が約300cm、奥行き95cm、高さ約200cmでございます。


ブロックに、軽量ブロックと重量ブロックがあることさえ知りませんでした。
売り場でそのような記載が無い場合、軽量ブロックの可能性が高いでしょうか??

単に、物置の四隅にブロックを敷こうと考えています。
強度的には横筋の方が強いんですね!
確かに3つの穴すべて塞がれていたように記憶しています。

コーナーは、確か穴が一つだけしか空いていなかったような…。
見栄え的に、コーナーのブロックを利用しようと考えておりました。


また質問してしまいましたが、もしご回答いただけるなら非常に助かります。
よろしくお願いいたします。

補足日時:2010/06/02 22:15
    • good
    • 4

no4です。

追加でUPします。
http://www.inaba-ss.co.jp/monooki/kumitate/nx/nx …イナバ NX29S'
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご親切にありがとうございます。
参考にさせていただきました!

お礼日時:2010/06/03 23:24

No.2です。



ブロックと物置をアンカーで固定するのはいいと思いますが、それでは必ずしも転倒防止になりません。それだと物置の中にブロックを置いておくのとさほど変わりませんね。
地震の力は想像以上に大きいですし、ドアが開いた物置は強風で簡単に倒れます。

できればワイヤー(ホームセンターで太目で扱いやすい番線)を購入し、物置の屋根四隅に引っ掛け、反対側をフェンスなどに固定します。
フェンスが無い場合は、配管をよけて穴を掘りモルタルを流してアンカーを打つか、土に打ち込めるアンカー杭を打ち込んで固定した方がいいと思いますが。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

2度のご回答ありがとうございます!
ワイヤーですね、なるほど。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2010/06/03 23:23

3寸、4寸というのは尺貫法での長さの単位で、1寸はやく3cmで判断しておけばよろしい。


(いまはそういう規格はありませんが、職人さん仲間では慣わしで使うこともあります)

形状から使い勝手のいいものを選びます。
http://www.kbk-web.co.jp/block/concrete-block.html

A種・B種は強度をあらわすものです。
http://www.concreteblock-nabi.com/kind-kenchiku. …

結局のところ、貴方が使おうとしている方法が具体的に分かりませんから、お答えのしようがありません。
すなわち、物置の大きさや中ないる重量、その配置と数量、物置自身の受ける部分の形状などで、
理想的な受け方は変わってきます。

また、肝心の土台の状況によっても、置き方・埋め方など当然変わってきます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
URL先を見させていただき、大変参考になりました!
ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/03 23:21

自宅庭先に1坪と1.5坪の物置小屋を建てました。


その経験から
1、軽量ブロックと重量ブロックがありますが、普通の荷物を入れる物置小屋なら軽量ブロックで充分です。
2、ブロックの大きさと言うより厚さです。
我が家では15センチ厚のブロックで充分と判断しました。
強度は軽量より重量の方が強いはずです。
3、3寸や4寸はセンチに換算すると約9センチ(3寸)と約12センチ(4寸)になります。
因みに、10寸=1尺(約30センチ)になります。
4、物置小屋の基礎に使うブロックは基本ブロックが適してます。
コーナーや横筋はブロック塀に使用します。

物置小屋の大きさに合わせて基本ブロックを並べてください。各ブロックが凸凹にならないように水平を確認して物置小屋を組み立てれば完成です。
物置小屋は基礎になったブロックに固定しなくても、物置小屋に入れる荷物の重さで充分に安定します。

この回答への補足

早々のご回答ありがとうございます。

1.5坪とは大きいですね。
私が建てようとしているのは、イナバさんのNX-29Sですので、0.88坪だったと思います。

このような物置のサイズでも、軽量ブロックでも問題ないでしょうか??

ブロックの軽量のものより、重量の方が強いのですね。

最初、ブロックは「コーナー」を利用しようと考えておりました。
「基本」が一番適しているのですね!

地面と物置を固定しなくても、荷物の重さで安定するということですね!
うちの地面は土なのですが、地面の30~40cm下に汚水の配管が通ったりしているので、アンカー工事は出来ないのです。
なら、せめてブロックと物置を連結したら、それも転倒防止になるのではないかと考えました。
これはどなた様かのアイディアを頂戴したのですが、

(1)物置前面のブロックをほぼ隙間なく端から端まで敷き詰める。おそらく15個ほどのブロックが必要。
(ブロックの穴は横一直線に通るように並べる)
(2)そのブロック穴に、300cm長さのパイプを通す。
(3)通したパイプの中にワイヤー線を通して、物置と何らかの方法で締結する。

という方法を考えておりました。
物置の転倒というのは、主に物置がブロックからズレ落ちて転倒するというふうに認識しているので。


だから、「コーナー」のブロックは穴が一つしか開いていなかったので、上記のような使い方も出来るし見栄え的にもコーナーがいいかなと安直に考えておりました。
ちなみに、上記のような方法まで取らなくても、大丈夫でしょうか?
強風というより、地震による転倒の方が怖いです。

再び質問してしまいましたが、もしよろしければご回答頂けると非常に助かります。
新しく質問した方がいいなら、そうさせて頂きます。
長々と申し訳ありません。

補足日時:2010/06/02 22:35
    • good
    • 6

強度が気になるのなら重ブロック 基礎に使うのら15で十分です

    • good
    • 7
この回答へのお礼

早々のご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2010/06/02 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物置設置前の整地について

物置設置前の整地について

土の地面の上にイナバ物置のNEXTA―29Sの設置を試みたのですが…。
想像以上に、土の整地が難しく、なかなか思うようにいきません。
なので、物置の組立てに移れないでいます。
ブロックは10個敷く予定です。

水平を出す方法として、
(1)水平器を用いて、まず1つ1つのブロックの水平を出す。
(2)鉄製のフラットバーを隣り合ったブロックの上に置き、さらにその上に水平器を置いて、ブロック2個で1組という感じで水平を出していく。
(3)水平が出たブロックの上に、物置の下枠を置いて、ちゃんと水平が出ているか最終チェック。

このような流れで間違いないでしょうか??

水平が出ていなかったら、ブロックの下に土を増やすか減らすかして、水平を出していく作業が、実践してみるとこれがなかなか難しいです。



また、これ以外にも気になる点があります…。

雨が降り土が濡れてしまうと、土なのでどうしても柔らかくなってしまいます。
このような状態で、土の上にブロックを置いて、250キロもする物置を設置しても問題ないものでしょうか??

それとも、砕石を敷いたりコンクリート(セメント?)を打ったりしたほうがよろしいのでしょうか?
何分素人なもので、そのような事が自分にも出来るのか想像つきません。
そういう施工をした際の水平出しも難しそうです。
また、そのようなことをして失敗した場合、除去なども大変だと考えてしまいます。
かといって業者さんにしていただくお金もありません。

何か良い手段はありませんでしょうか?
こんな素人な私に、何か助言いただけませんでしょうか??
本当に困り果てております。
どうか、宜しくお願いいたします。

物置設置前の整地について

土の地面の上にイナバ物置のNEXTA―29Sの設置を試みたのですが…。
想像以上に、土の整地が難しく、なかなか思うようにいきません。
なので、物置の組立てに移れないでいます。
ブロックは10個敷く予定です。

水平を出す方法として、
(1)水平器を用いて、まず1つ1つのブロックの水平を出す。
(2)鉄製のフラットバーを隣り合ったブロックの上に置き、さらにその上に水平器を置いて、ブロック2個で1組という感じで水平を出していく。
(3)水平が出たブロックの上に、物置の下枠を置い...続きを読む

Aベストアンサー

追加回答
>ちょうどホームセンターに行く用事があったので砕石が置いていないか見てみると、『砕石パラス』というものが売られていました。ただ、サイズは5mm~10mmでした。使用しても問題ないでしょうか??
回答1.「砕石バラスサイズは5mm~10mm」は、丁度いいですね。これですと、粒度が調整されているため、砂を混ぜる必要はありませんね。接触面が、掘削した底面の土と一緒になり丁度良い、基礎になりますね。本来は上からの荷重を分散させることによって、土(支えている地盤)の本来の土の所有している耐久強度でも沈下(せん断破壊)しないように土の地盤の荷重分担を軽くしてやるためですね。
>あと、川砂を用いたらよいという事ですが、山砂ではダメでしょうか??ちょうど山砂は売られていたので…。山砂でも中粒と小粒がありました。
回答2.山砂でもOkです。中粒がいいですね。小粒は強度が低くなり水を含みやすくなりますね。川砂、山砂の違いは、採取場所の違いから呼び方がつけられています。川砂は川で採取(海もあり)、山砂は山・丘の砂層(古来は川や山であった地層で長年に隆起して、現況は山になっている場所から採取されたもの。川砂は日本の河川の規制や許可が困難で、採取が不可能になっているのが現状です。但し山はまだOKです。従って川砂と山砂(荒め、中、細目などがり)の価格比率は、3:1くらいだと思います。品質面でも、川砂は水で洗浄されて、原則高品質なモルタル、コンクリートに使用され、公共工事では規定の品質規定があり合格しないと使用不可です。方や山砂は、一般的に埋め戻しなどに使用され(芝生の目土)一般的にあまり強度の必要性の無いもの(生コンクリートでは不可です)に使用されています。何故なら微粒子や植物の土になったもの(強度が低い)が混ざっているためです。これとセメントが混ざってもゆえに強度が低いものになります。又管理が出来ませんね。川砂は、川の水で現れて、微粒子が自然状態でも少なくなっています。それに採取のとき原則的に水で洗浄します(微粒子の除去、検査に合格のため)
>ちなみに、ホームセンターで袋入りされていない状態で売られている「砂」というのは、何砂にあたるのでしょうか…。自分で袋詰めするタイプの商品です。「砂」の横には、「砂利」コーナーもあるのですが、これも何に用いる砂利なのか分かりません…。
回答3.見てみないと判りませんが、山砂、砂で分けてある場合は、推測ですが、砂は川砂に近いもの(但しせんじょうしてあるかどうか?)であると思います。通常は黒・灰色系統ですね。山砂は、赤・褐色系統でありますね。砂利も数多くありますし、勝手に商品名で売られていますね。通常はコンクリートに使用するものでは在りませんね。像冤罪ですね。コンクリートに使用するには、大中小と粒子が調整(規則)されたものです。今回、砕石バラスであれば砂利より安いと思います。砂利は目途が違いますね。
>domoku1943さんのおっしゃる「川砂とセメントをそばで混ぜて、それを砕石『砂利』の上に敷いて均す」ということですが、これは私のイメージなのですが、そうやって作成したモルタルだと、すぐに水平だしを成功させないとすぐに固まってしまうのではないのでしょうか??
回答4.けしてすぐ固まりません。固まるにはセメントに水を加える必要があります。通常は生コンモルタルで、3時間以内であれば練り直し、固まりませんね、通常(普通セメンと)JIS規定で製造されています。3時間過ぎて固化開始です。但し、ホームセンター等で売られているものは、急結材が入っていてすぐ固まる(水を加えた場合)ようにして販売されています。今回の配合ですが、少し強度をだして1:6位にする方が良いと思います。通常は試験練を行い(今回、コーヒーカップセメンと1杯、と砂6杯、を練り、土の上に均して固まり具合を試してはどうでしょうか。但し梅雨時期です、降雨が直接あたらないように)
>もし、すぐに固まらなかったとしても、固まるまで何日間か待たないとコンクリートブロックを置いてはいけないのでしょうか??もし間違った見解をしていたら、ご指摘いただけると非常に助かります。
回答5.固まるまで、数日間が必要ですね。これが敷きモルタル(空練の良いところであるわけです)、ブロックや平板を敷くとき、調整が聞くとのことです。仮に設置した後、高さや取り付けが旨くなくて、再度やリマ押しなどの場合でも簡単に直すことが可能です。ブロックを置いて安定させ、高さを測定、少し高い場合は、削る、低い場合は加えるなどが自由に出来るわけです。モルタルではその融通性が出来ませんね。
*「全国エクステリアコンクリ-ト協会」で検索、施工法など写真、構造も紹介されています。

追加回答
>ちょうどホームセンターに行く用事があったので砕石が置いていないか見てみると、『砕石パラス』というものが売られていました。ただ、サイズは5mm~10mmでした。使用しても問題ないでしょうか??
回答1.「砕石バラスサイズは5mm~10mm」は、丁度いいですね。これですと、粒度が調整されているため、砂を混ぜる必要はありませんね。接触面が、掘削した底面の土と一緒になり丁度良い、基礎になりますね。本来は上からの荷重を分散させることによって、土(支えている地盤)の本来の土の...続きを読む

Q物置の組み立てって素人じゃ無理?

自宅の庭に「イナバ物置 NX-17S(FW)」の設置を考えています。品物自体はネットで安く購入できますが、組み立て費用が別途どこも14000円位かかります。これを素人の私が組み立てるのって難しいでしょうか?日曜大工くらいはしますがどちらかと言うと不器用な方です。
ちなみに設置は、土壌で平坦地です。どなたかアドバイスくださいませ!!

Aベストアンサー

意外と簡単です!。
工具も組み立て説明書そろっていますので安心です。!
イナバさんは塗装がしっかりしてますので長期安心です!。
  イナバさんの良いところの一つにボルトが一種類ですので選ぶ必要がないということです。 壁パネルのときだけ漏水防止のハネ材が増えるだけです。

<簡単あっというまの簡易施工>
1.地面を水平にならす。(砂を敷いてレベル調整、高さを見るために2x4板材を一本購入。)
2.説明書とおりに組む
3.完成したら速やかに荷物を中にいれて自重をかければ突然の風でも倒れません。(絶対からにはしておかないこと。)

<風の強い地域での強度重視施工>
1.土台回り寸法+10mmでCBブロックを回り全体に一段積する。
   (土台長手のほうだけブロック個分通気穴としてあける)
*掘削
*基礎砕石
*空モルタル充填
*CBブロック積み:ジョイント部分モルタル詰め
2.一日養生後に物置を組み立てる。
3.完了後所定の場所にアンカーを入れてコンクリートを充填
4.荷物を中に入れて終了。

 当方ではイナバさんを2棟施工済みです。サイズは2倍強です。その内一個は別な場所へ解体して移設しました。 取説は残してあったので助かりましたね。(設置して10年後に移設。ほとんどサビは発生していませんでした。ここがイナバさんのすばらしいところです。)
 どうぞ安心して施工してください。

>組み立て費用が別途どこも14000円位かかります・・
  これは仕方がないことです。 プロさんでは半日もかからないでしょう。 しかしこれは手間賃が半日常用扱いとなるためです。
 ホームセンターさんで施工もやる場合はお抱えの施工業者をもっているはずです。 専門の会社の場合もあれば専属職人さんの場合もあるでしょう。 手馴れたプロ集団です。
 

意外と簡単です!。
工具も組み立て説明書そろっていますので安心です。!
イナバさんは塗装がしっかりしてますので長期安心です!。
  イナバさんの良いところの一つにボルトが一種類ですので選ぶ必要がないということです。 壁パネルのときだけ漏水防止のハネ材が増えるだけです。

<簡単あっというまの簡易施工>
1.地面を水平にならす。(砂を敷いてレベル調整、高さを見るために2x4板材を一本購入。)
2.説明書とおりに組む
3.完成したら速やかに荷物を中にいれて自重をかければ突然の...続きを読む

Q物置のアンカー工事って必要??

物置を設置する事になったのですが、アンカー工事が転倒防止で必要と言われました。
中に物を入れるし、そんなに転倒しないように思うのですが必要なんでしょうか?
アンカーをつけると取り壊す時、又手間とお金が必要ですよね。
友達の家とかはそんなに強く勧められなかったようですが、選択の余地なくって感じです。
転倒したとき保障が受けられないって事らしいのですが転倒ってそんなにしないですよね。
皆さんはどうされてますか?
又詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

設置場所が他人の土地の境界近くであれば、台風や大風で転倒したり、移動して他人に被害でた時は補償の程度が補償の責任の度合いが変わるかと思います。
そういった心配がなければアンカー工事は必ずしも必要ないでしょう。何かあれば自己責任と考えていれば良いですね。
転倒は、アンカーが打ってあっても、能登沖地震、三重地震で倒壊したり、大雨で地すべりや洪水につかっったりするなど、100%発生しないとはいえませんね。一戸建ての倒壊が起きる状態ではアンカーが打ってあっても倒壊や移動はおきることもあります。要は何処まで条件を想定するかだと思います。

アンカー工事をすると建築基準法に基づく建築物となって固定資産税の課税対象になるかと思います。アンカー工事で固定していない物置きは移動が可能なため建築物としての課税対象にはならないと思います。市町村の固定資産税窓口に問い合わせて確認してみてください。

Q物置設置時の土台について

コンクリート部分に物置を設置しようとおもっています。
そこで判らないことがあるので教えてください。

1.設置にはレンガ?を置いてから設置しますが、これは何故ですか?
 シロート考えなんですが、レンガを設置するということは
 9箇所設置するとしたら、物置の重さがその9箇所に集中
 するのではないですか?
 そうなると、そこから割れてきたりしませんか?
 それならば、レンガを設置しないで直接コンクリに
 設置したほうが面全体で重さを支えるのでコンクリには
 やさしいように思えるのですが・・・
 この辺をぜひ教えてください。

2.コンクリ部分は排水のために緩やかな傾斜になっています。
 これはどのようにして水平を保つのでしょうか?
 スペーサーとして、木の板とかゴムで水平を取るとしたら
 数年後には変形して結局は水平を保てなくなる
 ような気がします。
 変形しないスペーサーは何か売られていますか?

Aベストアンサー

>1.・・・そうなると、そこから割れてきたりしませんか?
   割れません。 レンガやブロックなどは面全体での強度は意外と高いのです。 
 土やコンクリートの上に直接物置を載せないのは雨水など(湿気も含む)による底板(鉄板)の腐食を防止するためです。
 たとえ家屋の中に設置する場合でも床より一段高くして空気の動きを起こさせたほうが長持ちするんですねえ。

>2.・・傾斜になっています。
 これはどのようにして水平を保つのでしょうか?・・・・
 レンガを傾斜方向に角に置いてから低いほうに当て木をして水平にしただけでも十分です。

 たかが日曜大工程度の物置の設置に過剰に精度を高める施工をしても
時間を食うだけですよ。 家庭内施工は早く安くで」いきましょうよ。

Q物置設置場所の地面はどのようにしてますか?

先日、イナバ物置(NEXTA-50H)を購入しました。
http://www.inaba-ss.co.jp/monooki/lineup/index.html

設置する地面は土なのでアンカー工事をしていただくのですが
下が土なので今も草がはえています。
設置する前に草がはえないように何かした方がいいかな?と
思っていますが、皆さんの設置した場所の地面は何かしましたか?
それともそのままでしょうか?教えてください。
ちなみにすべて業者にお任せです。

Aベストアンサー

私の場合です。
このような作業が好きなほうなので自分で処理をしました。
本当は草などは抜いてしまえばよかったのですが、そんなに多くなかったのでそのまま土コン処理してしまいました。

物置の設置面より、左右と前後1メートル広く測ります。
その中側を10センチくらい掘り起こします。
セメントの粉を表面が白っぽくなるくらい均一にまきます。
土とセメントの粉を混ぜ合わせます。土は細かく細かく砕きます。乾いているほうが混ぜ合わせやすいです。
これを3回繰り返しました。
土がセメントの色っぽくなるまでやれば大丈夫です。
私の場合は1坪に2袋の計算で処理しました。
あとは平らにして踏み固めれば終わりです。
水はけもいいですし、土はねもありません。また今のところ草も生えてきてません。
掘ろうと思えば土のような感覚でほれますしいいですよ。
ただ労力が必要ですけどね。
アンカー工事は自分でしない場合は立ち会ったほうがいいですよ。
少なくても深さは40センチ幅は30センチくらいしてもらったほうが良いと思います。

これは私が設置に立ち会ったとき業者さんに聞きました。やり方を聞いて自分でやりましたが、手抜きをして浅く広くしていく業者が多いそうです。深さは見えませんからね。

以上 参考まで。

私の場合です。
このような作業が好きなほうなので自分で処理をしました。
本当は草などは抜いてしまえばよかったのですが、そんなに多くなかったのでそのまま土コン処理してしまいました。

物置の設置面より、左右と前後1メートル広く測ります。
その中側を10センチくらい掘り起こします。
セメントの粉を表面が白っぽくなるくらい均一にまきます。
土とセメントの粉を混ぜ合わせます。土は細かく細かく砕きます。乾いているほうが混ぜ合わせやすいです。
これを3回繰り返しました。
土がセメント...続きを読む

Q物置の土台の基礎ブロックの穴の意味と強度

春になったら物置(かバイクガレージ)をDIYで組み立てようと思っています。

それで事前準備としてホームセンターでブロックを見てきたのですが・・・・
ブロックって、なぜ、あれだけでかい穴が3個くらい空いているのでしょうか?

簡単に割れるのではないかとちょっと気になります。
やはり15個くらいで分散して重さを受けるのであんな穴が側面に空いていても強度的に問題ないのでしょうか?

また、なぜ基礎ブロックはあのような穴が空いているのでしょうか?

シロート考えですと、近くで売られていたレンガ(赤茶色)を15個敷いたほうが(穴がない分だけ)強度的によさそうな気がします。

でもレンガの上に物置を置いているのって見たことがないのですが・・・あれは脆いのでしょうか?

Aベストアンサー

◆ブロックを単に横に敷くならレンガなど他のものと同じ。
 
しかし穴の真上に極度な集中荷重をかけるようなことしなければ、ブロック横面の接する面積で荷重を均等に受け持つ強度はありますので、その面積あたりの単価次第でしょう

◆ブロックは当然、縦に使うもので、基礎を逆T字型に幅広い面積で荷重を受け持たせる時、下の捨てコンクリートと穴の中に詰めるコンクリートを一体にくっつけて強度を持たすものです。本来鉄筋を緊結して、つまりまともな強度である「鉄筋コンクリート」構造にするため・・の穴

◆そのコンクリート内にアンカーボルトを刺して、物置の下部フレームをボルト止めして、強風に飛ばないようにすることも普通は考慮します。(ただし、そういうふうに地面に強固に緊結させると、固定資産として課税されたり、また建築面積として建蔽率の制限に絡むときも有りますので一応注意知識(たまに意地悪な杓子定規を持ち出すヤツもいますので^^)

Q家庭用、簡単なブロック基礎の作り方(ブロック塀2~3段)

簡単なブロック基礎(ブロック塀2~3段)の作り方がわかりません。穴を掘り砂利を敷き、足で踏んでセメントを流してブロックを置きならべていくということですが平行にならないと思います。各ブロックはでこぼこになるとおもいます。また水平器や水糸を使ってどのようにして修正していくのでしょうか?実はホームセンターの人も詳しくは知らないらしく、こちらは家の周囲と犬小屋の塀(子犬がその中で自由になれる様に)をつくりたいのでこまっています。本が1冊だけあって取り寄せたのですが省略が多く、また専門用語だらけでむずかしいでしょう。詳しくわかりやすく超素人に教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。

ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。

根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか?

積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは


お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水
の入れ方が多いような気がします。
モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。

何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい
いと思います。固まるまで次の日まで待ちます。

基礎がある程度水平な状態で固まったあと、まず最初に(ご存知かも知れません
が)一番大事なことは、並べていく方向に糸を張ること。コレを水糸といいます。

この糸を張るとき同時に1本目のブロックの天端(上面)の高さにしかも水平に
前もって出しておきます。このことを「水盛り」とか「遣り方」といいます。

この糸を張ることによって、水平器への依存度が減りますし、水平器だけを頼り
に積んでもまっすぐには絶対に積めません。

ブロックを積むときは基礎の上に敷くときは水少なめのモルタルを山盛りで敷い
て、その上にブロックを置き、上部をトントントンと左右軽く高さを合わせるよ
うに決めていきます。当然、水平垂直は水平器で気にしながらですけど・・・

またその横に同じ要領で糸に沿って並べて施工していきます。

分かるかな~?

参考URL:http://www.landes.co.jp/ext/diy/block.htm

こんにちは。

ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。

根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか?

積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは


お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水
の入れ方が多いような気がします。
モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。

何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい
い...続きを読む

Q物置は固定資産税の課税対象?

本日、ホームセンターに物置の見積依頼してきました。
住居新築に伴ない、1.4坪程の物置(ヨド等の鉄製)を2台と、1.0坪程の物置を1台設置する計画です。
基礎はなく、1台の物置の下にブロックを9個位置いて設置する予定です。

基礎がないので、固定資産税の対象にはならないと思っていたのですが、ホームセンターの販売員から、「資産税課の担当者によっては、資産扱いにする人もいるので、検査が終わってからの設置が無難です」と言われました。

本当に課税の対象にされる場合があるのでしょうか?
詳しい方、アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

非常にファジーな問題ですね。
課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、ヨド物置とかは総じてアウト。
(4)金額で判断する。
評価額が30万円を超えるようならアウト。評価しても手間ばかりで税額が小さすぎるものは無視、というようなパターン。(30万円は例で、金額はバラバラ。)
などでしょうか。

要するに、バラバラです。どのような状態でも、評価されてしまう可能性は残ります。

市町村により、担当者まかせの場合もあれば、何らかの統一的な見解は持っている場合も有るようです。統一的な見解があるとしても、それを教えてくれるかはわかりません。ダメ元で聞いてみますか?誰か、役所に顔見知りでも居れば、その人を通せば、情報を得られるかもしれませんが。

非常にファジーな問題ですね。
課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、...続きを読む

Qスチール物置の設置

自宅の庭にスチール製の物置を置こうと思ってホームセンターでカタログをもらってきました。
読んでみると「基礎工事をして」、「アンカーを打って」といった
素人には無理だと思われる記載があります。
知人のところでは普通のブロックを四隅に置いて、その上に
乗っけていただけだと記憶しています。
カタログでは「きちんとやらないと台風の時・・」といった文言もあり
少し不安になります。

1.やはり、物置にも専用の基礎工事が必要なのでしょうか?
2.サイズなどでも基礎工事の要・不要がありますか?
3.ちなみに工事が必須とした場合、相場ではいくらぐらいなのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1.やはり、物置にも専用の基礎工事が必要なのでしょうか?
  いいえ、普通のCBブロックをカタログどおりに並べて御仕舞いです。
  ただ出来ればブロックを敷くところ全体を丸太などで転圧はしたほうが
  ひずみは出なくなります。

>2.サイズなどでも基礎工事の要・不要がありますか?
  上記のブロックを敷くことが基礎工事になります。 要は直接物置と
 地面とが接しないよう及び雨水が物置に停滞しないようにする為に
 ブロックを敷くだけの事です。

>3.ちなみに工事が必須とした場合、相場ではいくらぐらいなのでしょうか。
  上記のNo.1、No.2の通りです。 物置を組み立てたら空の状態にしないで早く満載にして自重を増やすことが台風対策になります。
 過去にこのようなアドバイスにもかかわらずアンカー打ってさえも全部基礎ごっと持っていかれた方がいました。(CBブロックにアンカーを打ってもたいして効果はありません。風はその程度の対策など眼中にありません。
 さらにある程度の大きさの物置の場合は頑強な基礎をやった場合は固定資産とみなされて税金を取られる危険性がありますのであくまでの即撤去可能な基礎で対応しないと損をします。仮設なんですよ。) 

<風除け対策>
風の吹いてくる方向に落葉樹を植える。 これだけでも大分違います。
我が家では物置の北側と南西に「ニシキギ」を植えています。

>1.やはり、物置にも専用の基礎工事が必要なのでしょうか?
  いいえ、普通のCBブロックをカタログどおりに並べて御仕舞いです。
  ただ出来ればブロックを敷くところ全体を丸太などで転圧はしたほうが
  ひずみは出なくなります。

>2.サイズなどでも基礎工事の要・不要がありますか?
  上記のブロックを敷くことが基礎工事になります。 要は直接物置と
 地面とが接しないよう及び雨水が物置に停滞しないようにする為に
 ブロックを敷くだけの事です。

>3.ちなみに工事が必須とした場...続きを読む

Qイナバ物置 ブロック基礎での施工方法について

イナバ物置 ガレージタイプ 3.5M×6.2Mサイズのシャッター付きのガレージを検討中です。
そこで質問なのですが、ブロック基礎での施工は大丈夫でしょうか?

 1.気になる点は、建築基準確認をとらずに、ブロック基礎で施工して、役所から、後で基礎を生コンで、やり変えないといけなかったりする事例はあるのでしょうか?
タイミング的に、固定資産税が課税後とかに、役所の方が訪問があるのでしょうか?

場所は自分の身内の共有の土地になります。近隣は、空き地と裏にマンションがあり、奥に建てますが、道路沿いなので、施工後は土地の奥にガレージは道路から見える感じになります。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.3のvivi1947です
追加質問についてお答えします

>確認申請と、設計費用と合わせて20万円くらい費用がかかるんですね。
ガレージと別にそのくらい費用がかかると、少し考えますね。

短絡的に考えないでください
僕がいま建設中のガレージは軸組み工法で建てる本格的なものです
建築会社に依頼すれば、300万円以上はするものです

ですので、設計料が高い訳で、イナバの物置きは既成品ですので、イナバから図面は添付してもらい、確認申請は自分で行っても良いのです。面倒だから建築士などが代行しているだけです
質問者さんの場合は、高額にはならないはずです
費用(参考):http://www.house-support.net/topix/kakunin.htm
http://www.inaba-ss.co.jp/monooki/qa/index.html
http://www.j-eri.co.jp/dl/dl-k.html

>断念したとして、パイプ車庫の場合は、確認申請とか必要なんでしょうか?
すみませんがよろしくお願いします。

貼付したURLの通り、「課税対象になる家屋は不動産登記法における建物と同じで、1.土地定着性、2.外気遮断性および3.用途性を備えたものです」
パイプ車庫の場合は、一般的には「土地定着性」が無いものが多いので、課税対処にはなりませんが、確認申請の必要性については別問題です
前述の貼付文書を読み込めば理解できるはずですが、役所に出向きご相談することをお勧めします
読んでも解らないことか出てくるでしょうし、役所を利用した方が早いですし、相談した実績も残ります

パイプ車庫の場合、正論ではこうなりますが、一般的には、確認申請を出している方はいないと思います


以下は、余計なことかもしれませんが
車両用のパイプ車庫は結構高くつきますょ
シートは既成ではなく、縫い上げるものですから高いですし
第一、格好悪いし、大風の時は大きな凧のようなもので始末が悪いし
お勧めできる車庫ではないです

ANo.3のvivi1947です
追加質問についてお答えします

>確認申請と、設計費用と合わせて20万円くらい費用がかかるんですね。
ガレージと別にそのくらい費用がかかると、少し考えますね。

短絡的に考えないでください
僕がいま建設中のガレージは軸組み工法で建てる本格的なものです
建築会社に依頼すれば、300万円以上はするものです

ですので、設計料が高い訳で、イナバの物置きは既成品ですので、イナバから図面は添付してもらい、確認申請は自分で行っても良いのです。面倒だから建築士などが代行しているだけ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング