前立腺ガンのことですが、触診やMRI検査で異常なし、と診断されてもガンの可能性はあるのですか?
生検は受けたほうがいいのですか?
70歳以上の方のPSA基準値は6.5ng/ml以下と表示されているホームページもあります。
一般的には測定値のグレーゾーンは4.0から10.0ですよね。どっちが正しいのでしょうか?
質問が多くてすみませんがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>触診やMRI検査で異常なし、と診断されてもガンの可能性はあるのですか?


はい、あります。

>生検は受けたほうがいいのですか?
早期発見して、早期治療に結びつけるのであれば、行うほうがよいです。
治療をしないなら、先送りしても問題ないと思います。

>70歳以上の方のPSA基準値は6.5ng/ml以下と表示されているホームページもあります。
高齢になると、多かれ少なかれ、前立腺肥大になるのでPSA値が高くなります。
そのために、がんと診断する正診率を上げるためには、PSA低値のがんを見過ごしてでも検査特異度を上げるほうがよいという考え方だと思います。

この回答への補足

>がんと診断する正診率を上げるためには、PSA低値のがんを見過ごしてでも検査特異度を上げるほうがよいという考え方だと思います。

参考になりました。ありがとうございます。
上記の点、すみませんがもう少しわかりやすい言葉でご説明いただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

補足日時:2010/06/06 22:12
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。感謝します。

お礼日時:2010/06/08 20:58

正診率は「がんをがんと診断する」と同時に「がんでないものをがんでないと診断する」ことも求められます。


PSAを1以上をがんと診断するとなると、がんの人はほぼ100%診断できます(感度が高くなる)が、がんでない人の多数をがんと診断すること(特異度が低くなる)になります。
一方で、PSA10以上ががんと診断するとなると、PSAでがんだと言われればほぼ間違いなくがんとなります(特異度が高い)が、一方で早期がんなどのPSAが低いがんを診断できないことになります(感度が低い)。
PSAが2くらいの集団を対象に検査をするならば、PSA4以上をがんの疑いありとするならば、感度も特異度も良い値がでるでしょう。逆に前立腺肥大などでPSAが高くなっている集団を想定し、仮にPSAが4くらいの集団があるとします。それらに対して、PSA4以上ががんの疑いありとすると、特異度がさがります。

結局のところ、検査を受ける対象のPSAの平均値やがんを持っている確率などに左右されるので、簡単にはいかないのが現状です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。感謝します。

お礼日時:2010/06/08 20:55

>ガンの可能性はあるのですか ?


 可能性はあります。 

  私は昨年5月(73歳)、
  PSA4.87で触診もMRIも異常なしでしたが、生検の結果は癌でした。

>生検は受けたほうがいいのですか?
 No.1の方がおっしゃる通りだと思います。

  私はその後6ヶ月ほど様子を見ましたが、少しづつPSA値も
  上昇し(12月には5.86でした)、このままでは、
  不安を抱えたままで先へ進まないと思い、生検を受けたところ、
  10本中1本が陽性でした。
  余談ですが、5月の検査では、4.91に下がっていました。
  (同じ病院の検査です。まだ治療はしていません)
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。進行は遅いが転移は早いのが特徴と言われています。
お大事になさってください。

お礼日時:2010/06/07 19:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腹部超音波検査・CT検査・MRI検査について

毎年、市の検診で腹部超音波検査を受けてます。
現状、異常はありません。

CTやMRI検査もありますが
腹部超音波・CT・MRI検査は どの検査が より有効性があるのでしょうか?

Aベストアンサー

腹部にある、腫瘍の有無を見るにはCTがいいって聞いた事あります。
腹部の何を見るかによると思います。

Q前立腺がん患者の射精について、PSA値との関連

前立腺がんを患っている人が性交渉や自慰をして射精をするとPSA値が上昇すると聞きました。
そのため、その患者は射精をしてはいけないのですか?

Aベストアンサー

矢張り専門医に聞くのが間違いないのでは、直接聞けなければ今はネットでも相談できるのでは、其れから何の病気や治療でも、今はセカンドオピニオンが大事ですよ、

何処の有名な医者で会っても、答えが全て正しいとは言えませんから、私も過去に治療で失敗してますから、大きな病院で2件とも良い治療が受けられませんでした。

今其の後遺症で悩んでます。正確な診察や正しい治療が重要ですし、又治す本人の正しい治療に沿った治癒も大事です。

QMRIとCTの違いについて

医療従事者(事務職)です。

かなり素朴な質問なのですが、MRI検査とCT検査とありますが、撮る方式(MRI:磁気、CT:X線)以外に違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

それぞれの長短について

CT 長所:時間が短くて済む 短所:X線を使うので被爆する
MRI 長所:血管や神経が得意 短所:金属が体内にあると検査できない

といったところでしょうか。
MRIが優れているようにも見えますが、とにかく時間がかかります。
X線機器も被爆の危険はどんどん少なくなっていますし、第3世代のマルチCTは心臓など動きのある臓器でも撮影が可能です。

MRIは放射線を使用しないので、法律上、臨床検査技師も検査を行う事が可能です。CTは診療放射線技師が必要で、一般的にはこちらの方がお給料が高いというのは病院側の視点ですね。

Q前立腺ガンのPSA値

よろしくお願いします。
私の父(71歳)が昨秋に前立腺ガンと診断され、PSA値15ng/ml・グリーソンスコアもあまり良くなかったのですが、ホルモン療法しかないと言われ4ケ月服用しました。
そして、最近PSAを再検査したところ0.5ng/mlに激減したそうです。
当然、うれしいのですがガンが消滅したわけではないでしょうし、どう理解したらようのでしょう?
教えてください。

Aベストアンサー

放射線療法の適応は、病気(この場合は癌)の進展範囲によります。

癌が前立腺内せめて骨盤内の一部に留まっているのであれば、放射線療法も選択肢には入ります。根治が期待できます。

しかし、その他の部位にまで癌が転移しているのであれば、転移している箇所に個々に照射しなければなりません。照射する場所によっては、患者さんに結構な負担になることもあります。現実問題として、遠隔転移を複数認めた場合、「治療を始めないと骨折してしまう」脊椎や四肢の骨にのみ照射することが多いです。

「ステージ的に無理」との事なので、骨盤外への転移が認められたということなのでしょうか。

要は、病気の進展範囲、転移の場所がポイントです。

Q乳がんの検査(CTとMRIの違いについて)

乳がんのCTとMRIの検査の違いについて教えてください。
ネットで調べてみたところ、マンモグラフィの検査は乳がん等病気を発見するもので、CTやMRIはどちらもその病気の広がりを見るものだ、ということはわかりました。
しかし、乳房のCTとMRIの違いについては、細かく乗っているサイトを見つけることができませんでした。

どちらも上記のように「浸潤の広がりをみるもの」と同じ説明が書いてあるのですが、では両方の検査を行う意味はあるのでしょうか?
病気がないか調べるのに、いろんな検査をして補う感覚はなんとなくわかるんですけど、もうそこにあるとわかってる乳がんがどこまで広がってるかをみるだけなら、一つの検査でわかるのではないかな、と思ってしまうのですが…。



どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CTとMRIの原理的な違いは詳しいサイトがあるでしょうから、割愛します。
乳癌の検査としてのMRIは乳房内での癌の広がりをより詳しく見ることができます。癌が限局的なのか、乳管内進展をしているのか、周囲へ浸潤しやすいものなのか。
一方で、CTは乳房内の広がりはMRIにかないませんが、リンパ節転移や肺転移などを広く検出することが出来ます。
大雑把に言えば、乳癌患者における乳癌の広がりをみる検査のうち、虫眼鏡で乳房だけを見るのがMRI、虫眼鏡を使わず肉眼で全身を見るのがCTといった雰囲気だと思っていただければいいと思います。同じ「広がり」といっても、浸潤なのか転移なのかの違いですね。
というわけで、両方行う意義はあります。ただし、乳房温存をまったく考えないのであれば、MRIは必要無いかもしれませんね。

>最近、話題になっているPET検査は、CT検査の一種です。
ちなみにこれは間違いです。これらの専門家として、一緒にしてもらいたくないです。

Q前立腺のPSA値が行ったり来たりの値ですが

3年ほど前からPSAの値が高いので4ヶ月ごと血液検査をしていますがその値は8台から9台で上下の繰り返しです。今回も9.4で前回の8.65を上回って心配です。下がれば安心上がれば心配の繰り返しです。もし癌が潜在しているとすればそれを進行させないような薬または食品などはないのでしょうか。ただ数値をみているだけで何も手を打たないのもおかしなことだと思いますがいかがでしょうか。それとも今の医学ではそのような場合に治すあるいは進行を止めるということはできないのでしょうか。癌が進行するのをただ待っているようで歯がゆい思いです。なお3年前の生検では癌細胞は発見されませんでした。仮に今後数値が急激に上がる場合にはまた生検をするかもしれませんがその前に数値の上がらない手立てが欲しいので質問しました。 60才前半になります。

Aベストアンサー

(Q)ただ数値をみているだけで何も手を打たないのもおかしなことだと思いますがいかがでしょうか。

(A)この点に、誤解があるようです。
PSA値が9程度ならば、がんがあるとは言えませんよ。
せいぜいで、5人に1人程度の確率です。

そもそも、PSAとは、前立腺から分泌されるタンパク分解酵素のことで、
健康な人なら誰でも分泌するのが当たり前なのです。
ただし、健康ならば、それが血液中に漏れることは少ないのです。
一方、前立腺肥大などの炎症や前立腺にがんなどの腫瘍があると、
血液中に漏れ出す量が増えるので、それを利用して、
がんの検診に使っているのです。
つまり、正常な人でも、検出されるのですよ。
だから、検出される・されない……ではなく、数値を使うのです。

検出される・されない……ということが、重大なのは、
例えば、O157などの病原体です。
この場合には、検出される・されないが重要であって、
1ml中にいくついるか……なんて数値は無意味です。

PSAの場合には、検出される・されないは、重要ではなく、
その数値がどれぐらいなのか、
それが、どのように変化するのか、
ということが重要なのです。

なので、9ぐらいの数値で、一度、生検をして、問題なければ、
後は、数値の推移を見守るだけで、大丈夫ですよ。
本当にがんになれば、数値が跳ね上がります。
そのときに、再度、生検をすれば、万一、がんであっても、
早期発見になります。

PSA値は、100を越えることも珍しいことではありません。
なので、8か9で、一喜一憂する必要はありません。
一気に、20以上になったら、疑いが濃いと思います。

(Q)ただ数値をみているだけで何も手を打たないのもおかしなことだと思いますがいかがでしょうか。

(A)この点に、誤解があるようです。
PSA値が9程度ならば、がんがあるとは言えませんよ。
せいぜいで、5人に1人程度の確率です。

そもそも、PSAとは、前立腺から分泌されるタンパク分解酵素のことで、
健康な人なら誰でも分泌するのが当たり前なのです。
ただし、健康ならば、それが血液中に漏れることは少ないのです。
一方、前立腺肥大などの炎症や前立腺にがんなどの腫瘍があると、
血液中に漏...続きを読む

QCTスキャンとMRIの違い

CTスキャンとMRIの違いについて教えて下さい。
また、今日CTスキャンを撮ったのですが、体への影響というかあれば教えて下さい。レントゲンなどもあまり体に良くないと聞いた事があるのですが、
放射線だからでしょうか?CTスキャンも放射線なのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

先ず、名称に関してですが、CT(computed tomography)の本来の意味は、「コンピューターを使って画像処理した断層撮影」です。従って、本来一般にCTと呼ばれているものはX-CT(X腺を利用して作ったCT)と呼ぶのが正式であり、MRIも本来はNMR-CT(核磁気共鳴CT)と呼ぶべきものでした。しかし、いわゆるCT(X腺を利用しての)が先に臨床応用されるようになり、この名称が広く一般に定着したために、現在ではCTといえばX-CTをさすようになっています。また、NMR(核磁気共鳴)という名称は、「核」というフレイズがいろいろな誤解を生む可能性があったため意図的に使われなくなり、現在のMRI(magnetic resonance imaging:磁気共鳴画像)という名称に変わって定着しました。

CTがX腺(放射線)を、MRIが磁気を使って断層撮影等を行うということは、みなさんがおっしゃっているとおりです。

CTの身体への悪影響という点では、例えば将来ガンが出来るとかいうようなレベルでの問題はないと考えていただいて差し支えありません。放射線治療などに使う線量と比較すると全く少ない線量ですから、放射線宿酔などもあり得ません。詳しい被曝線量などをここで述べてもあまり意味のないことですから差し控えます。
MRI室の中で、常に強力な磁場が発生していることは、
永久磁石を使った装置でも電磁石を使った装置でも同じです。従って、どちらも実際の撮影をしていなくても磁力はでています。昔の装置の方が現在の装置よりも危険ということは全くありません。ある意味ではどちらも以下のような点では危険です。
キャッシュカードなどの磁気カード、ポケットベル、電池式の時計、心臓のペースメーカーなどは壊れたり誤作動を起こします。ペースメーカーが誤作動すると命が危険です。これらを持ち込んでは(あるいはペースメーカーを埋め込まれている患者さんは入っては)いけません。また、はさみなどを胸ポケットなどに入れておくと、機械の中に吸い込まれて飛んでいきます。非常に危険です。

長くなりましたので、まだいろいろな誤解もあるようですが、いったん終了いたします。
こんな所でとりあえずよろしいでしょうか?
何かまだ疑問点がありましたら、補足して下さい。

先ず、名称に関してですが、CT(computed tomography)の本来の意味は、「コンピューターを使って画像処理した断層撮影」です。従って、本来一般にCTと呼ばれているものはX-CT(X腺を利用して作ったCT)と呼ぶのが正式であり、MRIも本来はNMR-CT(核磁気共鳴CT)と呼ぶべきものでした。しかし、いわゆるCT(X腺を利用しての)が先に臨床応用されるようになり、この名称が広く一般に定着したために、現在ではCTといえばX-CTをさすようになっています。また、NMR(核磁気共鳴)という名称は、「核」というフレイズが...続きを読む

Q前立腺がん(リンパ転移あり:D1)でPSA微上昇。

前立腺がん(リンパ転移あり:D1)、GS:7、PSA:18と診断されて、
昨年10月頃からホルモン療法を始めました。

その後、PSAは下がり、今年2月のPSA値は、0.105だったのですが、
今日の検査で、PSAが0.183に微上昇してました。

主治医の医師が、「思ったより上がるのが早い。←※聞き間違えかもしれません」「薬(カソデックス)を一度止めてみましょう」「一度止めることによって稀にPSAが下がることがあるので。」と言われました。(注射はしました。)


PSA値が、0.105→0.183と、僅か0.08の微上昇でも、再発(再燃)または再発の前兆ってことでしょうか?
それとも、投薬を一時的に中止して有効期間を延ばそうと考えてのことでしょうか?

Aベストアンサー

PSAの値は、癌だけでなく、色々な要因で上昇する場合があります。
また、0.105から0.183への上昇を、
0.078の上昇と見るのか、
誤差と見るのか、
1.74倍になったと見るのか、
見方によって、色々な解釈が可能です。

なので、様子を見ながら、総合的な判断が必要です。
再燃(再発)と判断するには、三回連続上昇など
色々な判断基準があります。

また、ホルモン療法が効かなくなっても、
放射線、手術、抗がん剤など治療方法はあります。

医師とよく相談してください。

Q造影CTとMRIの違い。

最近、頭痛が続いたことと、回数は少ないですが不動性のめまいがあったので念の為に、病院で脳の単純CTとMRIの検査をしました。両方とも異常はありませんでした。
しかし、今度また脳波と造影CTの検査をすることになりました。
脳波はわかるのですが、造影CTも必要でしょうか?

ペースメーカーを使用している方はMRI検査ができないので、造影CTをする・・というような使い方ではないのでしょうか。MRIで異常がなくても造影CTで異常がでることも十分にありえるのでしょうか?

私の父が今の私と同じ年齢(30代前半)で脳溢血で突然に亡くなりました。
そのことを伝えると、脳波以外に造影CTもしておこうかという流れになったのですが、
ここは素直に検査を受けておいた方がいいのかどうか悩んでいます。

余談ですが30歳の時に、突然ぜんそくのような状態になりフルタイドを吸入していたことが2年ほどあります。今は症状は治まっており、使用していません。
年の為、血液検査もして、造影CTの前にアレルギーを抑える点滴するとのことです。

こちらの副作用も心配ですが、造影CTとMRIの違いを知っっておきたいなと思ったので教えてください。よろしくお願いいたします。

最近、頭痛が続いたことと、回数は少ないですが不動性のめまいがあったので念の為に、病院で脳の単純CTとMRIの検査をしました。両方とも異常はありませんでした。
しかし、今度また脳波と造影CTの検査をすることになりました。
脳波はわかるのですが、造影CTも必要でしょうか?

ペースメーカーを使用している方はMRI検査ができないので、造影CTをする・・というような使い方ではないのでしょうか。MRIで異常がなくても造影CTで異常がでることも十分にありえるのでしょうか?

私の父が今の私...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
違っていたらすみません。

質問者様がおっしゃっている造影CTとは血管造影検査ではないでしょうか。
もし血管造影検査であれば、CTなどではわからない血管の先端の細かい部分の梗塞や状態がわかります。
私の母と祖母も40歳の時にくも膜下出血を患っており、CTやMRIの他に詳細な検査と言う意味合いで血管造影を行いました。
脳の細かい、細い部分までうつし出す事が可能な為ではないでしょうか。
ただ私は専門医ではありませんので、不明点や不安などあるようでしたらやはり担当のお医者様に聞く必要があると思います。

Q前立腺がんと言われました。 psaは11、グリーソンスコアは6でした。 ただ背ぼねが最近痛みがありも

前立腺がんと言われました。
psaは11、グリーソンスコアは6でした。
ただ背ぼねが最近痛みがありもしかして転移しているのではないか、心配で毎日仕事も手につかない状態です。
明日、骨シンチの結果を聞きにいくのですが可能性として転移しているのでしょうか?どなたかアドバイスいただけたら少しは心の、準備ができます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

PSA ~20 mg/ml で骨転移が見つかったのは、1人/61人 (1.6%)
PSA 20.1~40 で骨転移が見つかったのは、2人/38人 (4.7%)
PSA 40.1~60 で骨転移が見つかったのは、3人/20人 (15%)
PSA 60.1~100 で骨転移が見つかったのは、7人/19人 (36.8%)
PSA >100 で骨転移が見つかったのは、19人/38人 (50%)

上記のようなデータが取られています

確かに骨に転移していたらアウトですが
psa11で骨転移は少ないです、しかし無いというわけでは無いのです

グリーソンスコアは6は中の進行度です、これ以上進むと危険です

したがって現在の状況は
ぎりぎりセーフとみます

そんなに悲観なさるまで無いと思われます
背ぼねの痛みは健康体でも胃が不調時とかに時折あります


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング