忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

なぜ、無水エタノールは油汚れを落とせる?

よろしくお願いします。
有機溶媒になるためでしょうか?

であるとすれば、そこでまた疑問が出るのですが
なぜ、有機物は水より有機溶媒に溶けるのでしょうか?

似たもの同士だからと思いますが、何が影響するのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは,大学院で生化学を専攻しているものです。



まず,エタノールは有機溶媒だからですね。
有機溶媒になる,ではなく有機溶媒であります。

なぜ有機物は水より有機溶媒とけるのかという疑問に関してですが,
そもそもエタノールは溶媒の中でも特殊な溶媒であり,いわゆる両親媒性溶媒という溶媒です。水にも油にも馴染んでしまうという代物なのです。
物質にはそれぞれ分子構造に依存したある種の親和性を有していまして,大きく分けてこの地球では親水性(水溶性)と疎水性(不溶性)の二つに大別されます。
疎水性に関しましては不溶性と書いてありますが=親油性となります。

この二つのファクターは構造に由来し,親水性に関しましては
・水素結合できるもの
・電離するもの
・極性を有するもの
の大きく分けてこの3つで決定すると考えていいでしょう。
水素結合は水分子自体が行っている分子間の相互作用のことで,水素原子と,-OH・-NHなど特定の原子間でおこなう相互作用のことであります。これのおかげで水は高い沸点と安定性を保っているのですが,それが可能な分子は一般的に「水によくとける」といわれます。極性に関しましてはご希望であれば説明致します。

疎水性に関しましては,先ほどあげた親水性のファクターがない分子に適応されます。
そしてその多くがCmHnのような形を形成した有機物となっているのです。有機溶媒も有機物ですのでCmHnの式であらわされることが多いです。CmHn同士はその構造からよく混ざりあうことができますので,基本的に有機物は有機溶媒に溶けるのです。

そこでエタノールの構造をみてみますと,エタノールはC2H5OHという化学式で示すことができます。C2H5という疎水性ファクターを有しながら,OHという親水性ファクターも有しているため,両親媒性を示し,油汚れも落としてくれるのでしょう。

ちなみに,こういった性質をうまく利用した物質が界面活性剤であり,例えば日用品などにもあるドデシル硫酸ナトリウムという海面活性剤は,C12H25という長い疎水性鎖に,SO4Naと親水性を持たせた両親媒性物質です。水に溶けにくい油を界面活性剤の疎水性鎖が捕え,水と一緒に流れるように上手く活用している例です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
とてもためになり知識になりました

お礼日時:2010/06/08 07:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q油分はエタノールで分解されると何になるの?

手の脂の付着したマウスやキーボードに消毒用エタノールを吹くと、
まったく拭かなくてもベタつきを取ることが出来ます。
何故このようなことが起きるのか調べた結果、エタノールが脂分を分解しているという事を知りましたが、
分解された脂分は何と何に変化するのかという情報が見つかりませんでした。

脂分はエタノールで分解されると何と何になるのでしょうか?

また、もし”脂分はエタノールに分解される”という事実が間違っているならば、
脂の付着してベトベトしたマウスに消毒用エタノールを吹きかけると拭きとらなくてもサラサラになる理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

>エタノールが脂分を分解しているという事を知りました
 寡聞にして、そのような情報は知りません。

 脂肪(高級脂肪酸のトリグリセリド)はとてもエタノールに溶けやすいです。洗い流されるだけかと。
 実際にシャーレに脂肪をつけてエタノールを吹いて見ましたが、縁によるだけでした。おねしょのわっかのようにね。

Q「油に溶ける」という現象について教えてください

(1)極性の無い油に、溶質が「溶ける」というのは分子レベルで見てどういった
状態になっているのでしょう?水の場合は水分子と溶質が結合すると知りましたが、
油の場合は油分子と結合…はしないのですよね?

(2)油(トリグリセリド)が加水分解して脂肪酸が一部遊離した場合、
トリグリセリド中に(遊離)脂肪酸が溶けていると言うのはおかしいでしょうか。
混ざさっているというのが適切ですか?
(脂肪酸は油の構成物質のため、溶質とは言わないかもしれませんが…)

宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

「溶ける、溶けない」とか「溶かす、溶かさない」という見方をするとわかりにくくなると思います。
溶媒、溶質という役割の違いがかえって理解しにくくしてしまうようです。
2つの物質を対等に見て「混ざる、混ざらない」とはどういうことかを考えてみるほうがいいと思います。

水と油は混ざりません。
二層に分離します。無理にかき混ぜてもしばらく放置すると分離してしまいます。
水は極性の強い物質、油は極性の弱い物質です。
これを「水は油を溶かすことができない」と表現すると何を説明すればいいのかわからなくなります。水の溶媒としての能力が油に対しては弱くなるというイメージになってしまいますね。極性の強さで一律に現象を説明したいと思っていたのが立ち往生してしまうということになってしまいます。

極性の強い物質Aと弱い物質Bを混ぜたとします。A,Bの分子は衝突しながら動き回っています。分子間の引力の強さに大きな違いがあれば強い組み合わせで集まり始めます。A-Aの組み合わせでの引力がA-B,B-Bに比べて大きければAだけで集まってしまうのです。BはAの集まりの中に入っていくことはできません。仕方がないのでBだけで集まってしまうということにとになります。Bだけが集まるのはB-Bの引力が強いという意味ではありません。Aの集まりから排除されてしまっているという結果からできたBだけの集合なのです。自分から出たのではありません。追い出されたのです。

A,Bがともに極性物質であればどうでしょう。A-Aの間に働く引力とA-Bの間に働く引力にあまり大きな違いががなければA,Bは互いに混ざり合うことができます。
A,Bがともに極性の弱い物質であればどうでしょう。相手を排除するような強い引力は働いていないのですから混ぜれば混ざったままになります。

あなたは「混ざっている」と「溶けている」を区別していますね。
分子スケールで混ざっていれば「溶けている」ということですから区別する必要はありません。

>水の場合は水分子と溶質が結合すると知りましたが、
油の場合は油分子と結合…はしないのですよね?

「溶ける」を「結合が生じている」と考えるのもよくないです。液体の水の中で水の分子と水の分子の間で結合が存在するとは言わないでしょう。状態変化を分子間力で説明するということはやりますが結合で説明するということはやりません。「溶ける」、「溶けない」は分子間力です。溶媒和を結合に準ずるものとして説明することはありますが今考えているような溶解現象に持ち込むと混乱します。
こう考えたので「油と油の結合は・・・?」ということになってしまったのです。


油の中にその油の加水分解で生じた脂肪酸は溶け込んでいくことができるでしょう。
油と脂肪酸には極性に違いがあります。
脂肪酸の極性構造は鎖の端にあります。
油の極性構造は鎖の内部にあります。
加水分解で生じた脂肪酸イオンがいくつか集まった球状のミセルを作ると極性が内部に閉じ込められてしまいます。極性のない球状分子と同じような存在になります。油の中に入っていくことができるでしょう。

「溶ける、溶けない」とか「溶かす、溶かさない」という見方をするとわかりにくくなると思います。
溶媒、溶質という役割の違いがかえって理解しにくくしてしまうようです。
2つの物質を対等に見て「混ざる、混ざらない」とはどういうことかを考えてみるほうがいいと思います。

水と油は混ざりません。
二層に分離します。無理にかき混ぜてもしばらく放置すると分離してしまいます。
水は極性の強い物質、油は極性の弱い物質です。
これを「水は油を溶かすことができない」と表現すると何を説明すればいいのかわ...続きを読む

Qセッケン水に塩酸を加えると?

セッケン水に塩酸を加えたとき、白い小さな固形物が浮いてきたのです。
この白いものが何なのかが分かりません。
色々と調べてみたのですが、他の酸性溶液で弱酸の脂肪酸(R-COOHなど)が浮いてくる…というのはありました。
これは塩酸でも同じなのでしょうか?
また、この白いものが浮いてくる反応の化学反応式も教えていただきたいです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

塩酸でも同じです。
石けんは末端がR-COONaとなっていますよね。
つまり、カルボン酸のR-COOHと強アルカリのNaOHの塩(えん)になっているわけです。これに塩酸のような酸がくると・・・
R-COONa + HCl → R-COOH + NaCl
となります。新たに生成するR-COOH(脂肪酸)は水に対する溶解度が低い(いわゆる油脂ですね)ので、白い固体となって浮いてきます。もうひとつ生成するのはNaClつまり塩(しお)ですね。これは水に溶けます。

Qアルコールの親水性について

今、アルコールの親水性について調べています。
親水性とは極性の強さによって決定されるということと
アルコールは含まれる炭素原子の数が多いほど疎水性が強くなるということは分かりました。

ということは、アルコールは含有される炭素原子の数が多いほど極性が弱くなるということでしょうか。
炭素と極性の繋がりがいまいち理解できません。

アルコールの親水性の強弱は何によって決定されるのでしょうか?

Aベストアンサー

 恐らく1級アルコール(直鎖炭化水素の一番端のCに-OHがついている)の炭素鎖の長さが長いほど疎水的、ということを言っているのだと思いますので、それについて書きます。
 この場合、親水的な部分と疎水的な部分の割合で決まる、と考えてしまっていいと思います。-OHの部分が親水的で、炭素鎖は疎水的であって、炭素差が長くなると全体に占める親水的な部分の割合がどんどん低くなっていくので、分子全体としては疎水的になる、という説明ではどうでしょうか。

Qエタノールを吸い込むと危険なのはなぜ?

エタノールを吸い込むと危険なので、マスクをします。
なぜ危険なんですか?

Aベストアンサー

No.6です。
>消毒用エタノールは薄めなくても、毎日体に吹きかけても安全ということでいいですか?
>全身に吹きかけるため
>これを毎日やっていて大丈夫かなと思った次第です。

消毒用エタノールは酒税の関係で、僅かではありますが人体に良くない物質を加えて有るのは先に述べたとおりです。
あくまでも吸入や肌に触れる程度の毒性を懸念することはありませんが、皮膚からの吸収(経皮)による影響も皆無ではなく、一部の文献に「皮膚に悪影響を及ぼすことがある。」との記述も有りますので、頻繁に全身への吹きかけはいささか問題が有りそうです。
さらに、皮膚表面の脂質排除に寄る肌荒れや、アレルギーも懸念されます。

Qアルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そし

アルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そして,どのような用途で使い分けるのですか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

同じです。
「エタノール」は正確に言えば「エチルアルコール」です。一般的に「アルコール」と呼ばれるのも「エチルアルコール(エタノール)」ですから。ちなみにお酒に入っているのも「エチルアルコール」です。
「アルコール」には他に「メチルアルコール」「ブチルアルコール」など、アルコール族とでもいう仲間がありますが、一般に手にはいるのはせいぜいアルコールランプに使用する「メチルアルコール」くらいです。ふつう「メチル」は消毒には使用しません。

Q油と水を混ぜたい その方法を教えてください。

油を水で希釈して使用するのですが、無水エタノールに油を溶かして水に入れればよいでしょうか?
溶かす比率は、油を1000倍に希釈するそうです。

体にもかかるもののため、安全なもので教えて頂きたいのです。
(できれば比率も)

具体的には、「ひば油」というものを水で希釈して使用するのですが、
「ひば油」の成分、ヒノキチオールというものは多少水に溶け込むそうです。
多少でなく、完全に溶かし込みたいと思っています。
よろしくご教授願います。

Aベストアンサー

油を溶かす方法はいくつかあります。
超音波による微小粒子への分散や高温の水蒸気抽出による分散などです。
しかし、どれも水中の油分は長期間安定しません。
なぜなら、No.4の方の回答にあるように、水と油は溶け合わないのが
本来の形であるからです。
安定させるためには乳化剤(界面活性剤)が必要なのです。
理論的に言えば、水は水と接している方が熱力学的に安定であり、これは
分散することにより安定化するエントロピーエネルギーよりも大きいのです。
分散した状態で安定化させるには表面張力を下げるしかありません。

以下に水溶性の比婆オイルを売っていました。
多分、周波数の短い超音波によって分散したものに、何らかの界面活性剤を
加えているのだと思います。
http://www.47club.jp/shop/g/g10020345/

さて、レシチンなどの界面活性剤とセッケンなどの界面活性剤は全く別物だと
考えておられますか?
化学的には同一物です。細胞膜の脂肪酸に与えるダメージは同じなのです。

もし、なっとくが頂けたらNo.1、No.2の方に謝罪の一文があれば幸いです。

油を溶かす方法はいくつかあります。
超音波による微小粒子への分散や高温の水蒸気抽出による分散などです。
しかし、どれも水中の油分は長期間安定しません。
なぜなら、No.4の方の回答にあるように、水と油は溶け合わないのが
本来の形であるからです。
安定させるためには乳化剤(界面活性剤)が必要なのです。
理論的に言えば、水は水と接している方が熱力学的に安定であり、これは
分散することにより安定化するエントロピーエネルギーよりも大きいのです。
分散した状態で安定化させるには表面張力を下...続きを読む

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Q無水アルコールと無水エタノールは同じものですか?

豆乳と無水アルコールで脱毛ローションを作ろうと思っています。
早速薬局を回りましたがやはりどこも売り切れ。
もともとそんなに売れるものでもないので店の在庫は少ないし
入荷するのはいつかも未定という状態です。

ネットで検索してみてて気づいたのですが
「無水アルコール(無水エタノール)」と記載されているのを
見かけたのですが、無水アルコールと無水エタノールとは
同じものと考えてよいのでしょうか?
同じものなら、無水アルコールはどこを探しても見つけられないので、無水エタノールで代用してみようかと思っています。

どなたか詳しい方がいらしたら、同じものなのかどうか
教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。

エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。
日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。

似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。これは大変有毒で、わずかな量でも体内に入ると失明したり、死亡したりします。皮膚からも吸収されるので、注意が必要です。工業用アルコール(これもエタノールです)には、飲みものなどに転用されないように、少量のメタノールが混ぜてあります。ローションは体につけるものですから、メタノールを含むものは絶対に使ってはいけません。薬局で買えば、間違いはないと思いますが。

「無水」ということについてですが、薬局で普通に売っているエタノールは70%の消毒用エタノールと、99.5%エタノールの2種類だと思います。
化学の実験室でも、「100%エタノール」と言っても、実際には99.5%のもので代用できる場合が多いです。その意味では、No.2さんのおっっしゃるように、「無水=99.5%以上」と言うのは正しいです。
しかし、本当に水を完全に除いた、厳密な無水エタノールと言うのも、たしかに作られてはいます。特殊な目的のためには、本当の「無水」エタノールが必要な(つまり、0.5%の水でも邪魔になる)場合もあるのだと思います。このような「本当の」無水エタノールは、当然、99.5%のものよりも高価であると思います。
豆乳ローションの作り方がわからないので、何ともいえないのですが、厳密に無水でないといけないのか、99.5%でも良いのか、確認する必要があるかと思います。つまり、豆乳ローションのレシピの中で、「無水」という言葉を、どれくらい厳密な意味で使っているのか、ということです。

既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。

エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。
日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。

似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。これは大変有毒で、わずかな量...続きを読む

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。


人気Q&Aランキング