人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

5年間子どもにバイオリンを習わせ、毎日母がつきっきりでレッスンさせています。
引越しで縁あって私立音楽大学教授に実技レッスンを習い始めましたが悩んでいます。

10歳になったらあとは本人次第、練習も自分でさせようと思っていましたが、先生にはあと4,5年は
見てあげてくださいと言われ愕然としています。夫は毎晩そんな母子の険悪ムードを帰宅してみるのは
耐えられないと言います。
親がスパルタ式で教えても、豊かな音楽を奏でる力は育たないといく気もしますが、有名バイオリニスト
のインタビューなどではかなり厳しくご両親に育てられたという方も多くいるため、音楽の基礎はやはりきちんとつけさせておかない、やるからには真剣に、と母は必死です。オリンピック選手の
子ども時代の練習を考えればこれぐらいはたいしたことはないと毎晩夫を納得はさせようとしているのですが、本人がバイオリンが大好きでたまらないというようなそぶりもないため、なかなか同じだとは言いがたいところです。

普通のサラリーマン家庭ですので、実技、ソルフェージュ、ピアノレッスンなどに月々10万弱かかるのは正直ラクではありません。受験前などならともかく、まだ小学生なのですが、これが続くのが普通なのでしょうか?よっぽど本人にやる気でもあったり夢でもあれば応援してあげたいのですが、のんびりした我が子は情熱を持って取り組んでいるようにはとても思えないのです。競争心も向上心も少なめで、コンクールに出て成績を残せるほどの能力もないのではないかと思っています。
ただ人と違った感性は持っているかもしれないという淡い期待はあります。真はとっても素直な不器用で真面目な子供です。数年ユースオーケストラにも参加させましたが、誰よりも熱心に練習してからリハーサルに望んでいました。

将来的に音楽の道に進まなくても、日々努力したことはいつか必ず役にたつはずとは思いながらも、やはりせっかく続けてきたヴァイオリンの道ももう少し欲を出して極めてほしいと思うのは親の勝手なのかもしれません。現在教授のレッスンを受け始め、方向性がますますわからなくなってきました。
今まではただただうまく奏でることができるようになるために練習させてきましたが、どうやら
音大を目指している道に導かれているようです。小学生の今から大学受験のために厳しい&高額なレッスンを受けさせるというのはどうなのかという迷いがあります。子供コンクールなどで評価されるための練習というのも魅力的かといわれるとそうとも思えません。ひがみかもしれませんが。
また毎回のレッスンのたびに万単位のレッスン費を払い、いけないとわかっていながら真剣に子どもが練習しなかったりするとつい激しく責めてしまいます。子供はというと期待に応えようとしているのか、
毎日一度は泣きわめき、文句を言いながらもするべき練習はぎりぎりこなしています。
先生にも、どの程度の期待をもってみていただけているのか正直疑問なところもあります。夫は想像以上のレッスン費に、営利目的の可能性もあるのではと半信半疑ですが、教授レベルの方が直接教えてくださるのであれば少なからず何かしらの才能はあるのではないかと励ましてくださる方もいます。

今はもっと親もゆとりをもって音楽を楽しむ気持ちを育ててあげることのほうが、音楽の理論や技術を
詰め込むより大切ではないかとも感じはじめています。毎日ガミガミ練習させるより、子供らしく自由な時間をのびのび遊ばせてあげたい気持ちもあるのです。しかしせっかくご縁あって見て頂ける有名教授
のレッスンをやめて気楽な近所の音楽教室に通わせるのも残念な気もします。また子供の将来を親が決めるわけではないのでしょうが、普通の会社員として平凡な主婦として終わるより、他の人にはできない何かで生きていくことができ、それが音楽であったとしたらそれもステキだと思いつつも、医大と同じぐらいかかるほどの投資を今後していった上で、たとえ国内一流の音大を卒業できたとしても本当にそれが子供のためになるのだろうかという不安もあります。まわりではそろそろ習い事ではなくしっかり勉強させていくべきだという風潮もあり、流されるまい、勉強なんていつでも本人がやる気になればできるはずと思いつつも不安にもなるのが現状です。
正解なんてないということはわかっています。子供の意思や心の声にももっと敏感にならなくては
いけないとも思っていますが、本人の意向はどうもはっきりつかめません。練習はいやなので少なくなれば幸せだというレベルです。同じような境遇の方にお会いしてお話しする機会もありません。子育てはやり直しがきかないと思うと親としてどうしたらいいのか悩み、どなたかにご意見をお聞きしたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

音大を出ている者です。

音楽はさせていませんが、小3の子供がおります。

音大の教授のレッスンともなれば当然受験向けとなります。
教授だって小4の子がどうなるかまではわかりません。
だからといって手を抜くわけにもいかないですよね。お金を払って通ってきてくれている以上は精一杯音大に受かるよう導いて教えてくれます。

とはいえ教授はかなり自由な立場でもあります。
必ず弟子を全員合格させなくちゃいけないという気合いもなく、やる気のある者についてはしっかり面倒を見てくれるけれど、去る者は追いません。
まだ小4では意思が固まっていないのが普通であって、すべては「親」の意思にかかってきます。
あと4~5年というのは中3~高校生くらいになれば本人の意思で動くから、それまでは親がしっかり見てあげるべきだと教授はおっしゃっているのです。
なかなか面倒見のよい教授ですよね。
はっきりしないからこそ、親がある程度道を作ってあげることが出来る時期とも言えるでしょう。

現時点では「親」がどうしたいか?それがすべてです。
音楽の道へ進んで欲しいと思っているのなら、それに向かって頑張っていきましょう。
迷ってしまうと子供も迷います。
そこまで張り切るつもりはない、もう疲れた、と考えているのであれば教授のレッスンはとりあえず「お休み」という形をとってみてはどうでしょうか。
また高校生になったら再開すればいいのです。

子供は意思が固まっていないので、放っておいても勉強をするようにはなりません。
勉強対策をしなければこれからどんどん離されてしまいます。
中学に入った時点で勉強が出来ないが音楽だけは出来る、となると自ら「自分は音楽の道しかない」と思うようになります。
それがいいのか悪いのかはわかりませんが・・・
音楽か勉強か、音楽か躾けか、などと極端な選択をせず、すべて両立させて下さい。可能ですよ。

レッスン料については営利目的なんてありません。
そんな高額なレッスン料を取って教授は儲けているのではないか、と思うかもしれませんが、今までにこちらが考えられないほどのお金を使ってきているのです。
儲けることを考えていたら音楽なんて絶対出来ないです。音楽なんてそんなものです。大損覚悟でやるしかないです。

私は高校1年生の時から教授のレッスンを受けて音大に入りました。
それが普通なのですが、中には小さい頃から教授のレッスンを受けている人もおりまして、やっぱり実力が違いました。
また教授との付き合いが長い分、かなりひいきされていましたね。
同じ学校の生徒でありながら別世界だなあと思ったものです。
(音楽の世界ではひいきは普通のことです)
そういったことからも、今から教授の元でレッスンを受けるというのは音楽の道へ進むのであれば大きなメリットがあると言えます。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

音大を出られたの方のご意見ということでとても参考になりました。
教授のサイドからの考えも知ることができました。

音楽だけではなくいろいろな可能性を含めて視野を広くもち育てていければ
と実感しました。

現時点では子供はわからないので結局は親がどうしたいか、ですね。
子供時代の貴重な時間の配分を親としてどうアレンジしていったらいいのか
というところが自分自身決めかねていることろなのですが、もう少し自問
してみます。

音楽は大損覚悟で・・というところがちょっと響きました。
結果や評価を期待してはいけないのでしょうね。

高校の頃からはじめても間に合うということもお聞きでき安心しました。
教授のレッスンをこの先も受けて続けていくことが本当に必要なことなのか
ともう一度考えてみます。

お礼が遅くなり大変失礼いたしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/13 15:07

長男が5歳から10年間バイオリンを習っていました。

小学校の頃はレッスンのため送って行きました。
それと、家での練習は家内がそれなりに見てました。そんなに文句をつけるようなやり方はやっていなかったと思います。先生は恐らくそのまま行けばご自分の先生に師事させれば音大へ行けると思っておられたと思います。しかし、高校に入って暫くしてから、違う音楽に興味を持ったのでしょう、ロックを学校で始め
てドラムやギターをやっていたようです。大学に入ると、コーラスに入り、3年間学生指揮者でバロック音楽を主に演奏し指揮をやっていました。
バイオリンを10年間やったことで、クラシックを含む音楽そのものに興味を持ち、能力も養うことが出来たのではないでしょうか。
兄弟で音楽の専門家が3人おりますが、音大へ進むと決めた時期に大学の先生に師事したと思います。まだ将来の方向を決める時期では無いとおもいます。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

いろいろな方の意見をお聞きしながらも、まだどうしたらいいのかクリアになって
いなかったのですが、やはり将来の方向を本人が自分の意思で決めた時点からでもいいの
でしょうね。

私が子供の頃は自分で自分の将来を決めて努力したように思っているのですが、
専門的な方面に行くことはその時点では遅かったように記憶しています。

最近普通の家庭でも音楽に限らず、スポーツ、学問(学校など)どの分野でもご両親が早い
うちからある程度の方向性を準備してあげているようにも見え、焦っていたようにも
思います。親が準備したレールを必ずしも進んでいくとは限らないということを
頭におきながら、それでもやっていることは何らかの形で生きてくるだろうということを
願いながらやっていきたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/13 15:20

子供が幼稚園の時にヴァイオリンをさせ、その際先生に見込みがあると言われ熱心のあまりしかり過ぎて本人にイヤにならせ、


同時に一、二を争う難関小学校へのお受験をやり、
その先での勉強を始めさまざまな習い事に何年も多額のお金も使い、した者です(苦笑)

お気持ちはよく分かります。

同じ環境を与えても子供によって結果は違うだろうし、失敗と思ってもやり直しはできない。
ただ思いは親として今出来る最高の環境を与えたい。
なにが正解なのか、答えの出る問題ではないですよね・・・

なのであくまで私の経験しか語れませんが・・・
上記のような環境で育てた子供ももう成人し
今になって強い強い後悔とともに思うのは・・・

小学校時代は普通に近所の子供と遊ばせる毎日を送らせるべきだった!
習い事やお受験より、キッチンに並んでお料理したりするべきだった!
もっと近所や親戚の多種多様な人間関係の中にいさせるべきだった!

もっともっとありますがヤメておきます^^
とにかく子供は子供らしい環境にいた時期って絶対必要です。
もし今のような環境を続け(大抵もっと激化していきます;笑)もし普通の子供の生活というものからちょっとずつ離れていくと
あとで親としてもシッペ返しを食らうかもです(私は食らいました><)

親御さんご本人に向上心があるとつい、より高くを目指してしまいますが
一番大事なのは何か?常に心のどこかに置いておいてくださいませ。
小さいうちは何を言っても親にしがみついてきますが
それを当たり前と思っていると(=子供の許容に甘えていると)オトナになってきたとき子供の心が離れているのを発見するかもしれませんので・・・

あと余計なこととは思いますが
そんなことより最も大事なことは
「どうぞご主人と不仲になられませんよう」
これが一番子供を傷つけます。

拝察するに良いご家庭、良いお母様、良いお子さんではありませんか。
質問者様を何も拘束も強要もするものはありません。
経済的なことも習い事の内容も密度も、人生においてはまあ大した問題ではありません。
自信を持って、かつ客観的に冷静な判断もしつつ
「かけがえのない今」の10歳のお子さんとの暮らしを楽しんでください^^
    • good
    • 35
この回答へのお礼

何度も読ませていただきました、ありがとうございます。

親としての焦る気持ちを受け止めていただけたようで、嬉しかったです。

絶対自分は間違っていないはずだ、と思いながらも 思い描いた母親像からずいぶん
離れてしまったような自分に気づき、これでいいのだろうか?と誰にも相談できずに
悩んでいました。

経験談をお聞きできて良かったです。成人になられたお子様がいらっしゃるという
こと・・きっと悩みながらも子供に良かれと一生懸命子育てされてきたんですよね。
尊敬です。

私ももう少し、一度しかない子供時代をいい思い出と経験が詰まったものにして
あげられるよう考えていこうと思いなおしました。
確かに子供の許容に甘えていたところも多いと思います。

元気で育ってくれればいい、と思っていたところからかなりかけ離れてしまってきて
います。まあ普通でいいよ、とのんびりしている夫にも確かにいらだって険悪ムード
です。何でもできる多才で器用な子供ではないので、ひとつでも光ったものがあって
それを磨いてくれれば人生少しは生きやすいのではないかとは思っていたのですが。


世間でいう、人と比べるな とか 子供は親のものではない別の人間だ とか
理解はしているはずなのですが、自分はそんなことはしていないはずと思い込み、
子供を目の前にしてしまうとヒートアップしてしまう自分がいます。
どうも一生懸命になりすぎてしまうのです。それが当たり前だと思っていたのですが、
世の中にはバランスよくうまくやっている方々もいるのでしょうね。

自分のことなら努力したり願った分、それなりに得るものもあったりするのですが
子供となるとそううまくもいきません。

いろいろなモノや課題を親が与え続けてきていたので、「やりたくない」というものは
あっても「自分からやってみたい」という前向きな姿勢も生まれず またそれに焦る
一方です。悪循環をたつには夫の言うように一度何もさせない状態を作ってあげるのも
手なのかもしれませんが、本当に何もしないまま過ごしそうな我が子も想像でき、
そこまでの勇気もまだありません。
音楽だけは嫌いにならずに、続けて欲しいと願っています。


子供の夢に向かって親が応援する!というのが理想なのですが、なかなかうまくはいきま
せんね。親も応援したくなるような夢を子供がいつの日か自分で本当に見つけてくれるの
でしょうか。

何かをクリアするためにやらせるというのではなく、日々努力して積み上げた結果が高い
域に達していたというようなのが音楽だけではなくすべての分野において本当は望んで
いることなのですが、目先の小さな結果に一喜一憂してしまう自分がいます。

子育てをおおらかに楽しんでいる方々を見ていると本当に羨ましいです。
振り返ってみると、いつも大変だとか辛いとかネガティブな気持ちになることの方が
多かったです。
性格的にはとても穏やかないい子なはずなのですが。
違う方が育ててくださったらもっと伸びていたのかもしれないと思いもあります。

音楽の道も険しそうです。どの道も同じですかね。

すぐどうしたらいいのかということは、具体的にまだ自分の中で見えてはこないのですが、
アドバイスでいただいたように、今のままでいくと将来後悔をすることになるかもしれない
という危機感を持ちながら冷静な判断をしていけるよう努力してみます。


ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/20 16:40

で、あなたは誰?


子供?母親?父親?兄弟?他人?
    • good
    • 11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイオリンを習い始めた小学生の娘が音大を卒業するまでの費用を教えてください。

はじめまして。
娘が「バイオリンを習ってみたい」というので、小学1年生で始めました。2年経ちバッハの2つのバイオリンのための協奏曲が弾けるほどになり、とても楽しそうにがんばっています。

そんな娘を見て先生が「本格的にはじめましょう」とおっしゃってくださったのですが、両親とも音楽の世界とは無縁の人生を送ってきたため、戸惑っています。「サラリーマン家庭でも大丈夫でしょうか」とお聞きしたところ「公立の音楽科の高校・大学へとすすめば大丈夫」とのお返事。それなら・・・とがんばることになりました。

ところが、先日発表会があり、数日後先生に呼ばれ、「お金が欲しくて言うのではなく、これから娘さんにはその時期がきたらエライ先生を紹介しようと思っているので、言おうか考えたんだけれど、この世界のルールを知っておいてほしいと思ったから。」とおっしゃって、発表会の後には先生に参加費とは別にお礼をするものだと教わりました。

この先生は40年も音楽教育に情熱を注いでいらっしゃる先生で、心からのアドバイスにとても感謝したのですが、「本当にサラリーマン家庭でついていけるのかしら?」という疑問が大きくなってきました。

エライ先生?じゃあレッスン料は?お礼って他にどんな時にするの? お礼以外にも高校・大学でも授業料以外にたくさんかかるの?・・・・・

娘は上の中学生の姉のクラブ活動を見て,自分は「中学にあがっても練習ができなくなるから入らない」とも言っていて、小さいなりに本気でがんばろうとしています。

ですから、親としてもできるだけ力になりたいと思っています。公立は難しいので、私立に行く事も考えると、かなりの心とお金の準備が必要かと思います。といっても全くわからないので、具体的にご助言いただけたら・・・と思っております。宜しくお願いします。

はじめまして。
娘が「バイオリンを習ってみたい」というので、小学1年生で始めました。2年経ちバッハの2つのバイオリンのための協奏曲が弾けるほどになり、とても楽しそうにがんばっています。

そんな娘を見て先生が「本格的にはじめましょう」とおっしゃってくださったのですが、両親とも音楽の世界とは無縁の人生を送ってきたため、戸惑っています。「サラリーマン家庭でも大丈夫でしょうか」とお聞きしたところ「公立の音楽科の高校・大学へとすすめば大丈夫」とのお返事。それなら・・・とがんばるこ...続きを読む

Aベストアンサー

「本格的に」とは具体的に音大をでて
演奏家をめざすということでしょうか?
だとしますとやはりそれ相応の出費は覚悟なさったほうが
よいと思います。
公立の音楽科のある高校、大学と進んだとしても
プラスαでプライベート授業を受けている方が
ほどんどです。
大学卒業後も海外へ留学したりと道は長いです。
音大進学への道は過酷です。
コンクール出場の話もおいおい出てきます。
コンクールで上位に入れないならば
趣味にとどめておくほうが賢明です。
コンクールにでる事一つにしても
まわりが華やかなドレスで出ているのに
娘は普通のよそいきでいいわ・・とわりきれますか?
バイオリンも上には上があり
続けていけばいいものが欲しくなります。
あとは音大をでたあとどの程度つぶしがきくかです。
有名なバイオリン奏者になる方はまず一握り
音楽で食べていくのは大変です。
また途中で普通科に変わりたいと思っても
音楽に力を入れていた分取り戻すのも大変・・・
どっちつかずになってしまう可能性があります。
音大を出た方の就職状況もよくお調べになったほうが
いいのではないでしょうか。
近くにピアノの先生がお二人みえます。
一人は趣味でピアノを習い文学部を出た後ヤマハの
グレート試験に合格して教えてみえる方。
もう一人は東京の音大卒業です。
双方の違いは月謝です。
前者の先生は月5000円、後者は1万円。
この違いだけのためにお金をかけて音大をわざわざ出る意味が
あるのかと思ってしまいます。

ご相談の回答になっていないかもしれませんが
私は娘さんは普通科に進ませて
趣味の範囲内でずっとバイオリンを続けさせてあげるほうが
よろしいかと思います。
(趣味といっても音楽会を開いてみえる方もいますし
   結構本格的ですよ)

「本格的に」とは具体的に音大をでて
演奏家をめざすということでしょうか?
だとしますとやはりそれ相応の出費は覚悟なさったほうが
よいと思います。
公立の音楽科のある高校、大学と進んだとしても
プラスαでプライベート授業を受けている方が
ほどんどです。
大学卒業後も海外へ留学したりと道は長いです。
音大進学への道は過酷です。
コンクール出場の話もおいおい出てきます。
コンクールで上位に入れないならば
趣味にとどめておくほうが賢明です。
コンクールにでる事一つにしても
まわりが...続きを読む

Q子供がヴァイオリンを習うにあたり、教えてください

長文失礼致します。
現在ピアノを1年間習っている6歳の子です。
ここ一か月程、ヴァイオリンをやりたいと言い出しました。両方は経済的に無理ですので、3~4か月様子を見てどちらにしようか決めようと考えています。ただ、ヴァイオリンは毎日、音程を合わせないといけないようでして・・・。練習の時も注意して見ててあげないと・・・などということも耳にしまして。親の私は自信ありません。
そうなると、いくら習わせてあげても中途半端になってしまいそうです。
音大に行ってほしいとは思っていません。むしろヴァイオリンで行かせるのは無理です。ただ安くない月謝ですので、今のピアノもそうですが、具体的な目標を持って、何年か後、いつかは弾きたい曲を夢見て(名曲といわれるもの)練習は頑張らせるつもりでおります。
今のピアノは姉たちに教わりながら、自分で練習していまして、とっても手がかかっていないので気が楽です。ピアノの維持費も姉たちが習っているので、プラスαはありません。

もしヴァイオリンを子どもが選んだとすれば、全く自信がなく、親のまずい手助けのせいで子供の上達を妨げてしましまいます。どのようなことを注意すれば経験のない親でも上手くサポートできるのでしょうか?

次に、名曲を弾く、もしくは高校生や大学生の管弦楽部、ぐらいのレべルだと値段はいくらぐらいの楽器でないと、曲に楽器がついていかない(ピアノのUPとGPの様)のでしょうか?

習わせてあげておいて、親の都合によって、途中で「無理!」と言うのはあまりにも可哀相ですので、いろいろと教えていただきたく思っております。

長文失礼致します。
現在ピアノを1年間習っている6歳の子です。
ここ一か月程、ヴァイオリンをやりたいと言い出しました。両方は経済的に無理ですので、3~4か月様子を見てどちらにしようか決めようと考えています。ただ、ヴァイオリンは毎日、音程を合わせないといけないようでして・・・。練習の時も注意して見ててあげないと・・・などということも耳にしまして。親の私は自信ありません。
そうなると、いくら習わせてあげても中途半端になってしまいそうです。
音大に行ってほしいとは思っていません...続きを読む

Aベストアンサー

別に音大に行きたいわけではないのでなければ、私ならレッスンの回数を半分に減らして両方習いたいですね。レッスンが半分なら月謝も半分なので、家計的には変わらないですから。ピアノをやっているのであれば、ある程度の音感もあるでしょうから、常に練習を見ていなければいけないということは無いと思いますけど。基本的には先生に任せっきりでいいのでは? 管楽器は中学や高校から始めてもたいてい上手くなりますが、弦楽器は若ければ若いほど上手くなりますよ。たとえレッスンの回数が少なくてもです。結局、上手いか下手かはテクニックより音楽性の方が重要なので、ピアノとヴァイオリンを両方やると両方とも上手くなると思いますよ。

ヴァイオリンの場合は子供には子供用の楽器を使いますので、今から値段を心配する必要はありません。それに楽器が安いからと言って弾けない曲なんてありません(うちの大学の備品楽器は、激安楽器でしたよ。ただ、高い楽器は音を鳴らすだけで楽しくなります)。子供用楽器(分数楽器)は数年ごとに買い換えとなりますので、ヤフオクか何かで中古を安く入手すればいいと思います(誤解している方が多いのですが、実際の所ヴァイオリンは新品より中古の方が良い音がします)。

別に音大に行きたいわけではないのでなければ、私ならレッスンの回数を半分に減らして両方習いたいですね。レッスンが半分なら月謝も半分なので、家計的には変わらないですから。ピアノをやっているのであれば、ある程度の音感もあるでしょうから、常に練習を見ていなければいけないということは無いと思いますけど。基本的には先生に任せっきりでいいのでは? 管楽器は中学や高校から始めてもたいてい上手くなりますが、弦楽器は若ければ若いほど上手くなりますよ。たとえレッスンの回数が少なくてもです。結局...続きを読む

Q小学生になってからバイオリンを始めさせるのは遅いでしょうか?

4歳の息子にバイオリンを始めさせようと思っております。
早くから始めたほうが絶対音感も付きますし良いのはわかっております。

しかし現在のマンションで楽器は禁じられており、3年以内に楽器可能な
マンションを購入する予定です

そのためマンションで演奏できる小学校に上がってから始めさせても問題ございませんでしょうか?
プロになるのは、あわよくば程度にしか考えておりません。

プロを目指していないのなら「いつ始めてもいいのでは」と思われるかもしれませんが
始める年齢による上達具合の差が一般的にどの程度か気になります。
(個人差はどの年齢でもあると思うので、一般的にです)

また、もし小学生から初めてプロになった方がいるなら教えてください。

ちなみに私は25歳でバイオリンを始めましたが、かなり音痴です(笑)

Aベストアンサー

プロや音大を目指していないなら、大丈夫と思います。

音感については、「聴く」「歌う」メインでもよいと思います。

小さい頃に習えば必ずしもいいかというと
運動機能や理解力が不十分なので
上達が遅い、なぜ短調でつまらない練習を繰り返すか長期的なビジョンが見えにくい
〔特にバイオリンは音が出るまで,曲らしい曲を弾くまでの道のりがながいですよね〕
指先の発達する時期も5~6歳ぐらいからですから

ということで、嫌になったり辛くなるお子さんもいます。
実際に年少からバイオリンを始めたお子さんで、すっかりバイオリン嫌いになってしまったお子さんも知っていますし
幼稚園から始めた姉妹で
やっぱり余り早くても運動機能が追いついてない子だと厳しかったとおっしゃるお母様もいました。

5~7歳が適齢という話も聞いたことあります。その先では感覚的なところが遅すぎるけど
早すぎても筋力や頭脳がついていかないので、って。

あまり遅くてもやはり難しい楽器ですから1年生ぐらいまでではないでしょうか。
お耳のことだけなら、聴いたり、リトミック・ソルフェージュ的なことをやるところへ通うとかもできますよね。
ヤマハの音楽なかよしコースとかでもいいですが。
最近思うのですが、狂った音を聞いて覚えるより小さい頃は狂わない音を聞くのも悪くないのかなぁと。

どうしても早く習わせたいなら、最悪毎日は無理でも貸しレッスン室に週何回か通う
という方法もあるかとは思います。

環境が特殊なので一概には言えませんが川畠成道さんは10歳からだそうです。

プロや音大を目指していないなら、大丈夫と思います。

音感については、「聴く」「歌う」メインでもよいと思います。

小さい頃に習えば必ずしもいいかというと
運動機能や理解力が不十分なので
上達が遅い、なぜ短調でつまらない練習を繰り返すか長期的なビジョンが見えにくい
〔特にバイオリンは音が出るまで,曲らしい曲を弾くまでの道のりがながいですよね〕
指先の発達する時期も5~6歳ぐらいからですから

ということで、嫌になったり辛くなるお子さんもいます。
実際に年少からバイオリンを...続きを読む

Q3歳児のヴァイオリン--毎日練習が必要?

2歳になったばかりの頃から本人が興味があるようで、習わせてみようかと思案中です。親も親戚も、全く心得はありません。

色々考えた結果、鈴木メソードの教室が第一候補にあがっているのですが、果たして先生の教え通りに毎日少しでも練習できるのか?
現在の日常から考えると、まず無理なように思うのです。
1歳から保育園に通っていて、帰宅は毎日19時前後(遅い時は20時くらい)、それから夕食・歯磨き・お風呂、で精一杯の日々です。当然のことながら本人は一瞬の隙も無駄にせず目一杯遊ぼうとします。うまくいっても、練習は1回5分で週3回くらいが限度ではないかと…

以前見学に行った鈴木メソードではない教室では、3歳児ならレッスンの日だけヴァイオリンに触るくらいでもやっていけそうなお話でした。ガンガン練習して上達して将来は…なんて考えは全くない親なのですが、せっかくレッスンを受けてもなかなか弾けるようにならなければ、本人が面白くないのではないかというのも気になります。

そうこう考えるうちに、やっぱり早すぎるのかなぁという迷いもありつつ、しかしそんな歳の子供が1年半もの間やりたいと言っているものなんだからやらせてあげたいという気持ちもあって、悩んでいます。

お子さんが習っている方、またはご自身がレッスンの経験者の方、練習時間や教室の指導方針についてご意見をお願いします。

2歳になったばかりの頃から本人が興味があるようで、習わせてみようかと思案中です。親も親戚も、全く心得はありません。

色々考えた結果、鈴木メソードの教室が第一候補にあがっているのですが、果たして先生の教え通りに毎日少しでも練習できるのか?
現在の日常から考えると、まず無理なように思うのです。
1歳から保育園に通っていて、帰宅は毎日19時前後(遅い時は20時くらい)、それから夕食・歯磨き・お風呂、で精一杯の日々です。当然のことながら本人は一瞬の隙も無駄にせず目一杯遊ぼうとします...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。私はバイオリンとは縁がないのですが、子供の頃ピアノを習っていました。私は小学校4年生から習い始めたのですが、7歳年下の妹は3歳から始めました。3歳の妹は練習というより遊び感覚でレッスンを受けていましたね。ピアノ教室の先生いわく「3歳から始めると絶対音感が身に付きます。はじめはお遊びでなかなか上達しないと思われますが、音感は良くなります。小学校に上がるくらいになるとやっとレッスンらしくなってくるので、その時に3歳からやっていた子と小学生になってから始めた子の差がグーンとでてきますね。」とのことでした。

スポーツでも音楽でも習い事は3歳から始めるのがいいとよく言いますよね。3歳くらいの子は柔軟でいろんな可能性をもっているんです。その可能性を引き出して伸ばして上げるとすごい上達すると思うんです。英会話教室の先生も「ヒヤリングは3歳までです。それを過ぎてしまうと微妙な発音の差が聞きとれなくなってしまうんです。」とのことでした。

saru5さんがもしお子さんをバイオリン教室に通わせることになったら、すぐの上達を望んではいけません。はじめはみんなお遊びです。毎日練習なんて意気込んでしまってはせっかくバイオリンに興味を持ったお子さんがバイオリン嫌いになってしまいます。練習ではなく毎日バイオリンを触るという感じでいいと思います。長い目で見るようにしましょう。

今から始めるのはすごく良いと思いますよ!

こんばんわ。私はバイオリンとは縁がないのですが、子供の頃ピアノを習っていました。私は小学校4年生から習い始めたのですが、7歳年下の妹は3歳から始めました。3歳の妹は練習というより遊び感覚でレッスンを受けていましたね。ピアノ教室の先生いわく「3歳から始めると絶対音感が身に付きます。はじめはお遊びでなかなか上達しないと思われますが、音感は良くなります。小学校に上がるくらいになるとやっとレッスンらしくなってくるので、その時に3歳からやっていた子と小学生になってから始めた子の差が...続きを読む

Qバイオリン発表会で弾く曲・・・

娘(小2)が発表会で弾く曲を探しています。
先生から自分の好きな曲を選ぶように・・・・
と言われています。
ザイツの協奏曲NO.5第一楽章レベルで
何かいいものがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

昨日,回答を書きながら,他の生徒さんと同じ曲が重なるかも
しれないと思っていました。ピアノに比べて選択肢が少なくて
ひとつの発表会の中で,同年代のお子さんが何人かいると
どうしても重なってしまいます。

鈴木教本にある曲なら,これも重なってしまうかもしれませんが
第5巻のベラチーニ「ソナタニ短調」のGigueも,生き生きとした
楽しい曲です。和音で難しいかもしれないものが2つ出ますが,
ザイツの5番に比べて,突然,難しくなるような曲ではありません。
発表会の時期がわかりませんが,発表会までの期間によっては,
丁度,目指すレベル(進度)としてはいいかもしれません。

モーツァルトのメヌエットは,指導されている先生がまだ難しいと
判断されるかもしれませんが,これも躍動的で,可愛さもあって
いい曲だと思います。
原曲はディヴェルティメント第17番ニ長調 メヌエットです。
中間部はスピッカートで速く弾くと難しいですから,
普通の弓使いでもいいと思います。
最後の最後に高い音域が出ます。

メヌエット 試聴4(原曲)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=127021

メヌエットだけでは,どのメヌエットなのか分からないのですが,
下記の楽譜本にありました。
http://www.gakufu.ne.jp/detail/view.php?id=69123


ベートーヴェンや,ボッケリーニのメヌエットとか,
グノーのアベマリアとか,ゴセックのガボットとか,
いつかは通る道という曲ですので,もし,お子さんが
気に入るものがあれば,それでもいいと思います。
テンポが速い軽快な曲は,あまり思いつきませんでした。
お勧めとしては,ベラチーニ「ソナタニ短調」です。

昨日,回答を書きながら,他の生徒さんと同じ曲が重なるかも
しれないと思っていました。ピアノに比べて選択肢が少なくて
ひとつの発表会の中で,同年代のお子さんが何人かいると
どうしても重なってしまいます。

鈴木教本にある曲なら,これも重なってしまうかもしれませんが
第5巻のベラチーニ「ソナタニ短調」のGigueも,生き生きとした
楽しい曲です。和音で難しいかもしれないものが2つ出ますが,
ザイツの5番に比べて,突然,難しくなるような曲ではありません。
発表会の時期がわかりま...続きを読む

Q鈴木、篠崎バイオリン教本について・・・

子どもがバイオリンを習っています。

今度お世話になる先生は、
「鈴木、篠崎どちらでも好きな方を選んで下さい。」
との事なんです。
両方とも教本もCDも持っていますが、とても迷っています。
子どもの今のレベルは鈴木3巻初めぐらいです。

皆様からのご意見をいただきたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

下記のページに
鈴木鎮一 ヴァイオリン指導曲集
新しいヴァイオリン教本
篠崎ヴァイオリン教本
この3つの比較の意見が出ています。参考になるでしょうか。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/1834/lkyouhon.html

あと,わかる範囲で補足します。
鈴木は名前の通り「曲集」というところがありますから,
その曲に入る前段階として,短い練習曲を他の教材から
併用していたように思います。
いきなり長い曲を練習することになりますので,
他の教本から数小節しかない練習用の楽譜を使っていました。

鈴木の長い曲に対して篠崎は段階が細かく,
奏法などの説明が丁寧と聞きます。
お子さんの年がまだ小さければ篠崎の方がいいかもしれないと
思ったりもしますが,先生について習われるのなら,
どちらでもいいと思います。
鈴木の方なら併用する教材がいろいろ必要になるかと
思ったりもしますが。

Qチェロを始める最適年齢

バイオリンは早くに始める人が多いですが、チェロやコントラバスは何歳から始めるのが一般的なのでしょうか?またペットやホルンなどの管楽器、クラやフルートなどの木管はどうなのでしょうか?

幼稚園でもマーチング(鼓笛隊)はやりますので、ドラムや鍵盤、ヴァイオリン、木琴系などは子供でも出来るでしょうし、リコーダーや合唱だけでなく、小学生でも吹奏楽はやりますよね。ただ、金管メインで木管は中学からな気がします。各楽器の始めるのに最適な年齢っていくつなんでしょうか?

Aベストアンサー

私の弟は現役のチェリストです。習い始めは小学校3年生の頃だったと記憶しております。楽器は最初は、知り合いの楽器店に依頼し、寸法の小さい物を購入しました。先生は兄の友人の芸大生に頼みました。チェロとかコントラバスなどは大きい楽器ですから、割と遅くから始めるようですね。高校2年から始めて、ドイツでオーケストラに入られたコントラバス演奏家がいらっしゃいますので、何歳から始めるのがベストかと決め付けることは出来ないと思います。
管楽器の場合はピアノやヴァイオリン等と比較して、かなり遅く習い始めてもそれ相当の程度までいけるようですね。吹奏楽を中学から始めて一流のオーケストラのトップになられたトランペット奏者を知っております。
いくら早期から始めたとしてもその方の音楽的感性や環境により上達の状態が異なるのでは?趣味でおやりになられるのでしたら、年齢はそんなに重要ではないと思います。

Q「バイオリンが弾ける」といえるレベルとは?

大人が普通にレッスンを受けた場合、「バイオリンが弾ける」というレベルは
どれぐらいでしょうか?
私は、バイオリンが弾けると自分でいえるようになったら、
新しいバイオリンを購入しようと思っていましたが、
いえる状況ではなく、もう一生いえるときがこないのではないか?と
思うようになりました。

スズキ10巻まで綺麗に弾けたら、新しいバイオリン教本6巻までちゃんと弾けたら、
とか、何か目標というか、目安になることはあるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、素人です。

弾くと音を出すは偉い差がありますが、ヴァイオリン等弦楽器なら私は
簡単な曲でも1曲、スムースに音に表現をつけて演奏出来るレベルを弾
けると考えます。

甘いですかね。。甘いと思う人も少なくないでしょうね。でも大切なの
は音に表現が付けられるってことだと思いますので、逆に何百曲出来て
も音に表現がついてなかったとしたら、それは「音が出ている」だけで
しかないと思います。

Qバイオリンを習う費用は?

子供がバイオリンを習いたいと言うので、習わせたいと思うのですが、周りの人から「友達が・いとこが・甥が 習ってたけどお金かかるよ~」 と皆に言われ、一体どの位お金がかかるのかと心配になってます。調べた所ではお月謝は11,000円だそうで、バイオリンは1/2だとの事。私はそんなには期待してないので、(私は子供の頃ピアノが大嫌いだった) 本格的に習うとか考えてなく、楽器も高い物でなくてかまわないと思っているのですが、ご存知の方、どの位お金がかかるものなのか教えて頂けますでしょうか。

Aベストアンサー

おとなになってからのバイオリン弾きです。

1/2ということは、最低でも一回4/4への買い替えが必要ですね。でも一回じゃすまないかな?

楽器は10万程度でもちゃんと長持ちしますよ。
ただ、長く続けていると弾いている人がもっといい楽器を欲しくなる可能性が高いので、その時は買い換えですね。
ず~っと後の話ですけど。

あと、バイオリンそのものの維持費が多少かかります。
弓の毛。消耗品ですので、時々張り替えが必要です。
5000円程度で、年に1度くらいで十分と思いますが。
弦。切れなくても衰えてきますので、定期的に全部交換します。
頻度はどこまで我慢できるかかな(^^;
年に一度だと少ない気はしますが。
4/4だと1セット5000円ぐらいでありますが、1/2はわかりません。

Qバイオリンは最低30万

バイオリンを習い始めて2年の初心者です。スズキのバイオリンを使っています。最近、すこし曲が弾けるようになり、もう少し値段の高いバイオリンはもっと弾きやすいのかなと興味が出てきたので、先生に聞いてみました。先生は「いい楽器を使った方が、上達も早いし、買うつもりでいるなら早いほうがいい。最低30万からで、工房の人にいい物を見つけてきてもらってそれを調整してもらう。弓はだいたい楽器の半分の値段」とおっしゃっていました。楽器+弓で最低45万円ということです。やはりそれ位出さないと上達しないでしょうか。バイオリンを教えられている方、演奏している方、色々な方の意見を聞いてみたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。アマチュアのバイオリン弾きです。
4歳くらいから10年ほど習った後、学生オケや市民オケでバイオリンとビオラを演奏してきているものです。
家族が全員バイオリンやビオラやチェロを弾くため、アマチュアレベルの楽器の購入経験は割と多い方かと思います。
回答内容をご覧になる際参考になさってください。

先生に習い始めて2年ということですので、結構弾けるようになってらっしゃるかと思います。
普段学生オケなどで、大学に入ってから楽器を始めた初心者の楽器選びに良く立ち会うので、その経験から思うことをお話しします。

良い楽器を使った方が上達が速い、というのは確かにそうです。
ただ、最低45万出さないと上達しないかというと、そんなことはありません。全然。
ただ、「いい楽器」と言われるクラスの楽器を手に入れようと思うと、30万を基準にする場合が多いのは事実です。
自分も、予算が許すならば30万は出せるといいと思いますし、相談されたらそう答えます。
しかしまぁ、楽器は値段と質が比例しません。
20万の楽器でも30万の楽器より良い音がする事は少なくないですし、50万出してもハズレる時はハズレます。
ですので、30がきつければ20~25あたりで、行ける範囲にあるあらゆる楽器屋さんの楽器を弾き比べて「アタリ」楽器を探すといいと思います。
ただし、20を切るとさすがにまともな楽器に巡り会う確率はぐんと下がると思いますが。

弓に関しては、何とも難しい所ですね。
ちなみに楽器と違って弓は、だいたいですが、値段と質が比例するケースが多いです。
もっとも、特色は様々ですので一概には言えませんが。
楽器との比率は、楽器の半分という人もいれば3分の1という人もいるし、弓の方が高い人もいます。
僕は楽器が80、弓が50です。

ただ、(失礼な言い方になりますが)習い始めて2年そこそこでは、正直弓の違いなんて大してわからないかもな、と思います。

知人の弓選びに付き合った時のことを紹介してみます。
ちょうどtm2002さんが先生から提案されたクラスと同じくらいの、10万の弓と13万の弓を店から提案され、私が双方を弾き比べたのですが、(私には無論違いは分かりますが)購入する本人には音の違いは全く分からなかったようです。

したがって(重ね重ね失礼な言い方になりますが)余程まともに弾けるようにならなければ、自分で弾いている分にはそのクラスの弓では違いはわからないように思います。

なので僕は人に進める時は、

「最初の弓なら10万出せば満足できる」

と言います。十分、ではなく「満足できる」です。
安すぎる弓は上達の妨げですが、10万出せれば、あとの5万はどちらでもいいかな、という気がします。
極端な話、今お使いの弓にこれといった不満がないなら、むしろ弓の予算を全て楽器本体に充当して45万の楽器を購入し、今まで使っていた弓を使えばいいとすら思います。
それだけの楽器であれば十分長く使えるし、弓はまたお金が溜まってウデが上がったときに自分で納得していいものを購入すれば良いわけですから。

正直、30万の楽器と45万の楽器の間には結構大きな差があります。

私個人は、予算が許す限りの楽器を購入し、さらに上達してから新たに良い弓を購入することをおすすめします。

まぁなんにせよ、tm2002さんが「満足して」新たな相棒と出会うことが一番大切だと思います。
ゆっくり時間をかけて、自分が「好きな」楽器を見つけてください!!


長文駄文、失礼しました。

こんにちは。アマチュアのバイオリン弾きです。
4歳くらいから10年ほど習った後、学生オケや市民オケでバイオリンとビオラを演奏してきているものです。
家族が全員バイオリンやビオラやチェロを弾くため、アマチュアレベルの楽器の購入経験は割と多い方かと思います。
回答内容をご覧になる際参考になさってください。

先生に習い始めて2年ということですので、結構弾けるようになってらっしゃるかと思います。
普段学生オケなどで、大学に入ってから楽器を始めた初心者の楽器選びに良く立ち会うので、そ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング