主たる建物と附属建物は一個の建物として建物図面を作成する
というように、これらの関係は合わせて一個になるわけですよね。

例えば、
既存建物を増築し、併せて附属建物を新築した場合、
増築による建物の表題部の変更と附属建物の新築の登記を
同一の申請書で申請することができるみたいですが、
どうして附属建物は新築登記になるのでしょうか?

主たる建物と附属建物が併せて一個になるのに
なぜ附属建物部分は増築部分とならずに新築登記なのかが
わかりません。

よろしくお願いします。    

4-73

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは



主たる建物と付属建物は、不動産登記法上ひとつの不動産とみなされ、
ひとつの登記簿に登記されますが、その登記簿の中では、
主たる建物と、付属建物とは分けられています

>例えば、
既存建物を増築し、併せて附属建物を新築した場合、
増築による建物の表題部の変更と附属建物の新築の登記を
同一の申請書で申請することができるみたいですが、
どうして附属建物は新築登記になるのでしょうか?

既存建物を母屋。付属建物を母屋と離れた倉庫。
として考えてみます

主たる建物(母屋)を増築した場合、(例:2階建てを3階建てにしたなど)
その旨を増築による表題部の変更登記が必要です

付属建物(倉庫)を新築した場合は、
付属建物新築の登記が必要になります


そして、その2つの登記を申請する場合には、
別々に申請しなければならないわけでなく、同一の申請書にて
申請できると定められています


なお。。。
個人的には、あまり他の人の回答に対してコメントをしない方が良い
と思ってはいるのですが・・・

いわゆる一般用語と、法律用語では同じ言葉でも意味が大きく異なる
場合も多く、

法律にもよりますが、基本的には「法律は外国語と思え」
「わからない言葉があったら、条文や、判例、学説等でその意味を調べる」
というのは、法律に携わる人間にとっては、常識なのでは?と思います


参考になれば幸いです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
ようやくわかるようになれました。
ご回答に感謝です。

お礼日時:2010/07/20 22:39

 建物の物理的個数と登記記録の個数の問題を区別して考えてください。



基本型(建物1棟ごとに登記記録を作成する。)
建物の物理的な個数 登記記録(表題部)の個数
甲建物 1棟        1つ
乙建物 1棟        1つ

乙建物(付属建物)を新築した場合
建物の物理的な個数 登記記録(表題部)の個数
甲建物(主) 1棟      
                 1つ
乙建物(付属)1棟

既存の甲建物に増築した場合
建物の物理的な個数 登記記録(表題部)の個数
甲建物  1棟       1つ     
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とてもわかりやすいです。
テキストもこんなふうに書いてくれたら
スッと頭に入るのになあと思ってしまいました。

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/20 22:25

基本的には、【不動産登記法がそういう扱いだから】【そういうもの】という答えしかありません



それに質問者様が疑問に思っていること自体が矛盾を生じます

前提として附属建物とは
主たる建物と効用上一体的に利用するもの
となっています

国語辞典で調べると
増築:すでにある建物に付け加えて建築すること。建て増し。
新築:新しく建物を建てること。また、その建物。

質問者様の考えを一旦真白にして、国語辞典の内容を素直に読んだとき
附属建物の扱いはどちらになりますか?

法律を勉強することも結構ですが、国語辞典と一緒に勉強するのがいいですよ
増築とは? 新築とは?
国語辞典に書いていることと、法律に書いていること
基本的に矛盾はないはずです
矛盾があるとすれば、特殊な事情があるのみです

附属建物が認められる理由は、昔の一戸建を想像すると分かります
母屋があり、離れがあり、厠、釜屋、炊事場 1つの敷地に複数の建物があるのは普通のことでした
それを別々の登記簿で管理していたら煩雑になりますし、間違いも起こしやすくなります
二重登記が起こる可能性も高くなります
そういった事情を考慮してこのような形にしている

要は、主たる建物と附属建物をあわせて一個の建物と考えるのは【不動産登記法上都合がいいから】
申請は不動産登記法の事情を除けば一般常識で考える

私はそう理解しています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

建物の状況と登記簿の形式について大きく勘違い
してる部分があるようです。
母屋と離れの例でなんとなくわかるようになって
きました。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/20 20:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財務と税務における償却年数の違い

税務と財務では償却年数の違いについて質問があります。
例えば営業権は税務上は5年償却と決められているが、財務上は合理的であれば一年間で一括償却しても良いと聞きました。

公表される財務諸表では、この税務と財務での減価償却年数の違いはどのように反映されているのでしょうか。
ご教授いただけると幸甚です。

Aベストアンサー

 再度の登場です。補足質問にありました、法人税調整をした後の当期利益は税務上も財務上も同じか、ということですが、これは異なります。税務上の当期利益というのは課税所得といいます。実は前の回答で言い忘れたのですが、税効果より前に大切なことがありましたね。それは法人税の申告書における税務調整です。別表と呼ばれるものですが、詳しくは私もよく分からないのですが、別表十六で固定資産の償却限度を超過した場合の記載事項があります。それをもとに別表四で加算調整を行ないます。これにより、営業権償却で税法上超過する部分については当期利益にプラスされ、その分課税所得は膨らみます。前に示した例で別表四で税務調整した場合はこうなります。便宜上、財務上の当期利益は1500円とします。

当期利益  1,500
減価償却の償却超過額(加算・留保) +800
所得金額  2,300

 以上のことから、財務上の当期利益と税務上の課税所得は異なることが分かります。

 財務上すなわち企業会計(証券取引法会計)は適正な期間損益計算による投資家保護をその目的としているので、収益と費用を発生ごとにきちんと対応させる必要がある、と考えます。また、商法会計は債権者保護を目的とするので、収益については実現主義を要求したりします。一方、税務会計は課税の公平が目的であるため、税法独自の制約が設けられています。また、政策的配慮も加味されていきます。
 このような異なる会計目的から、ズレが生じることになるのです。
 参考になりましたでしょうか。

 再度の登場です。補足質問にありました、法人税調整をした後の当期利益は税務上も財務上も同じか、ということですが、これは異なります。税務上の当期利益というのは課税所得といいます。実は前の回答で言い忘れたのですが、税効果より前に大切なことがありましたね。それは法人税の申告書における税務調整です。別表と呼ばれるものですが、詳しくは私もよく分からないのですが、別表十六で固定資産の償却限度を超過した場合の記載事項があります。それをもとに別表四で加算調整を行ないます。これにより、営業...続きを読む

Q附属建物を取り壊したときについて

附属建物を取り壊したときについて
附属建物を新築したときは新築登記が必要なのに、
取り壊したときは滅失登記ではなく表題部の変更になるのでしょうか?

教授と学生のやり取りの問題で、学生の答えに対する
正誤問題なのですが、

教授:登記されている建物に附属建物があり、この附属建物だけ
取り壊したときは、どのような登記を行いますか?

学生:附属建物の取り壊しの場合は、附属建物の滅失登記を
行うのではなく、建物の表題部の変更の登記を行います。

答○
【解説】学生の回答の附属建物の滅失登記と建物の表題部の変更の登記に
どれだけの差異があるのか疑問に思うところであるが、表題部の
変更の登記を行うことについては正しい。

とありました。

「附属建物の滅失登記と建物の表題部の変更の登記に
どれだけの差異があるのか疑問に思うところ」

とありますが、これは一体どういう意味を指しているのでしょうか?
普通は滅失登記と表題部の変更の登記をするということが
いいたいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

不動産登記法は、個人的に興味が少し調べている程度で、
体系だって勉強したことはないので、それほど回答に自信があるわけではない
ということを、予めお断りした上でコメントします

「附属建物の取り壊しの場合は、附属建物の滅失登記を
行うのではなく、建物の表題部の変更の登記を行います。」

というのは、少し表現を変えると、

「附属建物の取り壊しの場合は、(登記を申請する必要はあるが、)
その際の、申請書に書くべき登記の目的は 
"附属建物の滅失"ではなくて、建物の"表題部の変更"である」

となります。

一応ざっと条文及びネットで調べただけの知識で書くと、
附属建物の取り壊しの場合
「建物の表題部の変更の登記を申請する(登記の目的を、表題部の変更とする登記を申請する」
というのは、確かなようですが、条文、あるいは明確な先例が(恐らく)あるわけでなく、
(慣例的にしているだけ???)

仮に「附属建物の滅失登記を申請(登記の目的を、附属建物の滅失とする登記を申請)」した場合、
本当に登記が受理されないかどうかは、正直不明です


それと同じ疑問をもっているのが、この解説者であって、
「附属建物の滅失登記と建物の表題部の変更の登記に
どれだけの差異があるのか疑問に思うところ」

言い換えれば、この2つの登記の目的に、大きな差を感じないので、
どちらを目的にしようが、登記申請は受理されるかもしれない/受理されてもいいのでは?
と考えている、ということなんだと思います

「附属建物を新築したときは新築登記が必要なのに、
取り壊したときは滅失登記ではなく表題部の変更になるのでしょうか?」

これに対する明確な答えがないところに、
この解説者(あと僕の)疑問があるのだと思います

(不動産登記法の専門家に言うと「素人が何言ってるの?」と言われるかもしれませんが、

個人的には、不動産登記の実務は、膨大な先例によって運用されているもので、
それほど理論的に、あるいは体系だっているものではなく、
その理由を突き詰めることにそれほど意味は無く、ひたすら先例を覚えるものだ、
と思っていますが。。。)

こんにちは

不動産登記法は、個人的に興味が少し調べている程度で、
体系だって勉強したことはないので、それほど回答に自信があるわけではない
ということを、予めお断りした上でコメントします

「附属建物の取り壊しの場合は、附属建物の滅失登記を
行うのではなく、建物の表題部の変更の登記を行います。」

というのは、少し表現を変えると、

「附属建物の取り壊しの場合は、(登記を申請する必要はあるが、)
その際の、申請書に書くべき登記の目的は 
"附属建物の滅失"ではなくて、建物の"表題部の変更"...続きを読む

Q固定資産償却年数誤りの修正

法人で小規模のため税理士に頼まず一人で会計と確定申告をしています。
22年度の決算をしているとき誤りに気つきました。
平成21年に、新車で購入した小型乗用車を固定資産に登録(定率)したのですが、償却年数を5年にしていました。法定償却年数を改めて調べると6年で、21年度の決算の償却金額が多く処理されそのまま確定申告してしまいました。
22年度の決算処理をしていますが、その修正をどうすればよいか悩んでいます。
基本的には21年度の修正申告が必要と思いますが、22年度の決算と確定申告でその誤りをまとめて処理することはできないでしょうか。
済みませんが教えて下さい。
弥生会計を使用しています。

Aベストアンサー

>基本的には21年度の修正申告が必要と思いますが、

税法上はその通りです。しかし修正する所得が小さいので、修正申告を見送るのが実際的では?

>22年度の決算と確定申告でその誤りをまとめて処理することはできないでしょうか。

できます。

法定償却年数を6年に直して償却費を再計算します。

二年目に計上する償却費=(一年目の正しい償却費)+(二年目の正しい償却費)-(一年目に計上した誤りの償却費)

これでOKです。

Q虚偽?詐欺?お一人様一個の商品を複数購入

ちょっと変わった質問になるかもしれませんが、分かる方是非教えて下さい。

ネットショップなどでお一人様一個限りの激安商品があったとします。
もちろん自分や家族の分購入するなら問題ないと思うのですが、それ以上買いたいと思った場合、登録する情報(名前とか、生年月日、住所など)を適当に入力して商品を複数手に入れた場合、罪になるのでしょうか?
知り合いが上記内容でクーポンを買っていたので気になったので・・・
ちなみに、住所とか適当でも郵送で送られてくる商品ではないので、可能だったみたいです。

また、もしこれが罪になるのであれば、スーパーとかで一人一個の商品を変装等して複数回購入した場合も罪になるんでしょうか?

罪状や量刑、起訴されるのかなど詳しく教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

単純に考えて、一般市民がご質問のようなことをしても罪には問われないと思いますが、これが暴力団の幹部だとか、権力側がなんとしても検挙したい場合には罪に問われる可能性が強い例題です。


では何の罪かといえば

刑法第233条(信用毀損及び業務妨害)
虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

刑法第234条(威力業務妨害)
威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例による。

刑法第234条の2(電子計算機損壊等業務妨害)
人の業務に使用する電子計算機若しくはその用に供する電磁的記録を損壊し、若しくは人の業務に使用する電子計算機に虚偽の情報若しくは不正な指令を与え、又はその他の方法により、電子計算機に使用目的に沿うべき動作をさせず、又は使用目的に反する動作をさせて、人の業務を妨害した者は、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。

Qプロジェクター購入における減価償却年数について

プロジェクターを会社にて購入しようと考えていますが、償却年数は何年で処理すればよろしいでしょうか?
私自身も勉強不足なところがありまして、仕訳の起こし方など何かアドバイスあれば宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には#1の方が掲げられている、「家具、電気機器、ガス機器及び家庭用品(他の項に掲げるものを除く)」の「ラジオ、テレビジョン、テープレコーダーその他の音響機器」の5年に該当します。

但し、パソコンと一体となって初めて機能するというような限られた場合については、#3の方が書かれている4年になります。
(テレビ、ビデオから出力するケースもありますので)

なお、青色申告である中小企業者等であれば、取得価額30万円未満のものについては、一定の要件のもとに取得時に全額を損金に算入する事ができます。
下記サイトを参考にされて下さい。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/5408.htm

Qお一人様一点限りの商品を二個買うのは不法行為ですか

「お一人様一点限り」と記載された商品を、同じ人がこっそり二個買うのは不法行為になりますか?

たとえば、あるCDショップの店頭で、珍しい限定版のCDが定価で売っていたとします。
「限定版の購入はお一人様一点限りでお願いします」と貼り紙がしてあり、2個いっぺんにレジへ持って行くと当然購入を断られます。
時間をずらして購入しようとしても、店員に気付かれると「お客様はさっきも買われましたよね」と断られるくらいの厳しさです。
それを、レジの店員が交代した時間を見計らうなどして、同じ人が2個買った場合、詐欺罪などにあたるのでしょうか?

普通は、レジの店員が違えば店側も気付かずに終わることが多いと思いますが、購入者がCDショップのポイントカードなどを提示して会計していれば、店員が後からレジの販売履歴等を見た際に「同じポイントカードを持った人が限定版を2個買っている」と偶然気付く可能性もないとは言えないかと思います。

その場合、店のコンピュータでポイントカードの登録情報を照会すれば、カードの持ち主の住所や名前等もわかるでしょうし、後になって店側から「不法行為なので返品して下さい」と連絡が来てもおかしくはないのでしょうか。
そして、(実際にそんなことをする店があるかどうかは別として)店側がその気になれば、購入者を訴える(損害賠償を求める?)ことも可能なのでしょうか?

「お一人様一点限り」と記載された商品を、同じ人がこっそり二個買うのは不法行為になりますか?

たとえば、あるCDショップの店頭で、珍しい限定版のCDが定価で売っていたとします。
「限定版の購入はお一人様一点限りでお願いします」と貼り紙がしてあり、2個いっぺんにレジへ持って行くと当然購入を断られます。
時間をずらして購入しようとしても、店員に気付かれると「お客様はさっきも買われましたよね」と断られるくらいの厳しさです。
それを、レジの店員が交代した時間を見計らうなどして、同じ人が2個買...続きを読む

Aベストアンサー

>レジの店員が交代した時間を見計らうなどして、同じ人が2個買った場合、詐欺罪などにあたるのでしょうか?

いいえ。

商人は、特定の相手(すでに一回買った人)に、特定の商品(すでに一回売った商品)を売らないという取引選択の自由があります。

しかし、従業員の交替などで、その選択に失敗した場合、その取引(=売買契約)は有効と考えられますので、販売後に返品を要求する法的根拠にはなりません。

>店側がその気になれば、購入者を訴える(損害賠償を求める?)ことも可能なのでしょうか?

日本ではいかなる場合でも損害賠償を求める権利が保障されていますので、可能です。
しかし、求めても、得られる可能性がない要求ということになります。

Qベルトコンベヤの償却年数は?

個人経営で製造業をしております。
8mのベルトコンベヤを導入したのですが償却年数がよくわかりません。
業種は電子部品の組み立てです。
どなたかご指導よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

改正前の別表第二、273号
「電気機械部分品製造設備」12年
に該当するものと思います。
--------------------
平成20年度に税制改正があり、耐用年数が見直されていますが、
これは平成21年分の所得税(平成22年申告分)からの適用です。
といいましても、それは平成21年の内に、
機械を取得した事業者さんに限ります。
--------------------
平成20年の内に、機械を取得した事業者さんは、
平成22年申告以降も12年で償却計算を継続するわけで、
新しい耐用年数(7年)に変更するわけではありません。

参考URL:http://www.recpas.jp/081017betten_1new.pdf

Q建物図面の信頼性に疑問

宜しくお願いします。

今回事情あって法務局で他人の建物図面を取得しました。これまでに何度か同様の手続きをしてきたのですが、今回の図面はちょっと事情が違っていました。

用紙や書式等は全く違和感のない、むしろ手書きではなく綺麗な物でした。建物図面・各階平面図等も綺麗に描かれていますし、数値も細かに記載されています。

気になったのは「作製者」で、申請者本人の名前が記載されていました。申請者の欄には手書きでですがこの作製者欄には活字で記載があり、土地家屋調査士という部分には二重訂正線が入っています。土地家屋調査士ではない個人が独自に作製した図面が、法務局に受け付けられたという事なのでしょうか。

現地見聞の結果、建物図面は若干間違っていました。しかし、土地と建物との位置関係を示す部分に「3.15」等の詳細な数値が記載されていて、とても素人が作製したものとは思えませんでした。

この場合、どのようなスタンスで解釈すれば良いのでしょうか。

Aベストアンサー

建物所有者(申請者)が自分で登記手続きを行うということは、多くはないと思いますが、あります。
といいますか…申請者なのだから、本来は自分でやるべきことなのですが、
提出を求められる書類のすべてを不備なく揃えるのは手間と時間がかかって面倒なので、
報酬を払ってでも専門家に依頼することを選ぶひとが、多いのです。
(土地家屋調査士は、あくまで所有者の委任を受けて、代理申請する、という立場です。)
法務局の相談窓口に行くと、素人相手にも、丁寧・かつ厳しく、教えてくれます。図面の描き方も指導してくれます。

図面が美しく詳細な理由は、#1の方の推測に賛同いたします。

「数値は細かい、しかし現況との不一致がある」ことの理由はわかりません、想像するのは、
・几帳面な性格でミリ単位まで記載したのかもしれない・それでいて単なる測量ミスをしたのかもしれない、
・建物完成後の実測をせず電卓たたいて図面上の計算値を書いたのかもしれない(これはいかんと思うが)、などなど。

これは自分の場合のスタンスですが、それを誰が作成したかに関わらず、
登記図面というのはあくまで登記時に提出された簡易な図面であって、現況との不一致の可能性があるもの、、、と常に思っています。
実測時にミスをしたのか…登記後に建物のほうが変更され、変更登記をしていないのか…
単なるミスなら土地家屋調査士にもありえるし、軽微な増改築後に所有者が変更登記をしていないこともあるでしょう。
その図面の作成者が素人か専門家かということが、現況との不一致の有無に大きく関わる問題だとは思わないので、あまり気にしません、、、

建物所有者(申請者)が自分で登記手続きを行うということは、多くはないと思いますが、あります。
といいますか…申請者なのだから、本来は自分でやるべきことなのですが、
提出を求められる書類のすべてを不備なく揃えるのは手間と時間がかかって面倒なので、
報酬を払ってでも専門家に依頼することを選ぶひとが、多いのです。
(土地家屋調査士は、あくまで所有者の委任を受けて、代理申請する、という立場です。)
法務局の相談窓口に行くと、素人相手にも、丁寧・かつ厳しく、教えてくれます。図面の描き...続きを読む

Q中古コピー機の償却年数

例えばですが、2008年2月製造のコピー機を2009年5月に購入した場合の償却年数について質問です。
(1)上記製品をまったくの新品(メーカー在庫品)で購入した場合と、(2)上記製品を他のユーザーが一時使用し、その後業者が買い取って在庫としていたもの(いわゆる中古品)を購入した場合、いずれも法定償却年数5年-経過年数1年3ヶ月=3年9ヶ月という計算で、償却年数3年としていいのでしょうか。気になるのは、経過年数が同じでも、(1)と(2)では「中古品」としてのイメージが違うのに、同じ計算方法でいいのかなという点です。
また、製造年月を証明するものも必要でしょうか。機械本体を見ても製造年月の表示が見当たらないです。
 

Aベストアンサー

一般論ですが・・

先ず、減価償却資産において、新品か中古かの判定は、製造年月によるのではなく、未使用か使用済かによります。かりに今年(2009)、2005年製の自動車を取得したとしても、それが未使用の自動車だったのであれば新品の資産として扱います。(従って製造年月を証明するものは不要です)

次に、中古資産を取得して事業の用に供した場合には、その資産の耐用年数は、法定耐用年数(新品の資産の耐用年数)ではなく、その事業の用に供した時以後の使用可能期間として見積もられる年数によることができます。

但し、使用可能期間の見積りが困難であるときは、次の簡便法により算定した年数によることができます。

(1)法定耐用年数の全部を経過した資産の場合:
その法定耐用年数の20%に相当する年数

(2)法定耐用年数の一部を経過した資産の場合:
その法定耐用年数から経過した年数を差し引いた年数に経過年数の20%に相当する年数を加えた年数

(注:これらの計算により算出した年数に1年未満の端数があるときは、その端数を切り捨て、その年数が2年に満たない場合には2年とします。 )

以上、ご参考に。

一般論ですが・・

先ず、減価償却資産において、新品か中古かの判定は、製造年月によるのではなく、未使用か使用済かによります。かりに今年(2009)、2005年製の自動車を取得したとしても、それが未使用の自動車だったのであれば新品の資産として扱います。(従って製造年月を証明するものは不要です)

次に、中古資産を取得して事業の用に供した場合には、その資産の耐用年数は、法定耐用年数(新品の資産の耐用年数)ではなく、その事業の用に供した時以後の使用可能期間として見積もられる年数によるこ...続きを読む

Q残業代が支払ってもらえません。 主人の勤め先の事です。 大学の附属病院に医療事務として勤めており、

残業代が支払ってもらえません。

主人の勤め先の事です。
大学の附属病院に医療事務として勤めており、勤務年数は7年目になります。
定時は8時30分から16時45分までです。
休みは日曜と祝日のみで、平日と土曜日は仕事です。
福利厚生などはしっかりしており安心なんですが、残業代が全然支払って貰えません。
毎日、21〜22時頃に仕事が終わり、帰ってくるのが23時前です。(車通勤40分程)
しかし、残業代を10時間までしか付けてはいけないと、課長から言われており、毎月のお給料の残業代は1万円付いてるか付いていないか程度です。ほぼ毎日21時頃まで残業しているので、ざっと計算しても月90〜100時間残業しています。
主人に、どうにかならないものかと聞いた事がありますが、他の部署では、ちゃんと残業代が付いているそうです。主人のいる部署だけ、10時間までと課長が決めているそうです。
部署内での仕事の役割を見直したり、他の方に手伝ってもらって、残業を減らす事は出来ないの?と聞いたら、同じ部署では課長を除き、他の正社員は女性ばかりで、定時には帰ってしまうので難しいな。と言っていました。
日曜日しか休みがないうえ、子供も2人おりますので、パパがいる日曜日はパパに遊んでもらいたい!と言い、子供の相手もしてくれるのでなかなか休めないし、残業代も支払って貰えないので、何だか主人が気の毒になってきまして...
主人も、残業代の事は何とかしたいみたいですが、口に出したりして、職場で気まずくなるのが嫌で言えずにいます。
ですので、主人には知られずに、私が労働基準監督署か弁護士さんの所に行き相談してはどうだろうか。と考えました。
しかし、労働基準監督署は残業代未払いの証拠がないと動いてくれないと聞いたので、主人のタイムカードなどが必要になりますよね...それだと主人に気付かれてしまいますよね。
なので、弁護士さんの方がいいのかなと思いますが、費用が気になります...
そもそも、主人に知られずに行動する事は難しいでしょうか??

残業代未払いだったけど、実際に労働基準監督署や弁護士さんに相談して支払ってもらった方や、詳しい方、今後どうしたらいいかアドバイス頂けると助かります。

長文失礼しました。よろしくお願い致します!

残業代が支払ってもらえません。

主人の勤め先の事です。
大学の附属病院に医療事務として勤めており、勤務年数は7年目になります。
定時は8時30分から16時45分までです。
休みは日曜と祝日のみで、平日と土曜日は仕事です。
福利厚生などはしっかりしており安心なんですが、残業代が全然支払って貰えません。
毎日、21〜22時頃に仕事が終わり、帰ってくるのが23時前です。(車通勤40分程)
しかし、残業代を10時間までしか付けてはいけないと、課長から言われており、毎月のお給料の残業代は1万円付いてるか付いて...続きを読む

Aベストアンサー

まず、ご主人が残業をしているのは間違いないのかが問題となります。
実は浮気をしていたなんてなったら弁護士を雇って大恥をかきますよ。

次に問題となるのは弁護士を立ててまで残業請求をしたとなるとご主人の立場は厳しくなります。
ご主人が本当に残業をしていた場合の立証はタイムカードが無くとも守衛が業務記録を付けているでしょう。
何時まで病院に居たかは証明されます。

ご主人の残業が虚偽ではない。残業手当請求に御主人が同意する。この2点がクリアされるのであれば問題なく請求できます。弁護士費用などは支給される残業手当で十分に捻出できますので心配は要りません。

また、大学病院の事務が土曜日が休日では無いというのも気になります。今は週休2日は当たり前の時代に外来診察の無い土曜日が出勤日とは解せません。交代で出勤なら納得もできますが、ご主人は本当のことを言われていないような気がするのは考えすぎですかね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報