主人公は我王ですが、モデルはいるのでしょうか?
良弁は実在していたらしいですし、
太陽編の主人公も余豊ショウですから。

大宅世継・夏山繁樹みたいな架空のモデルでもいいんですけど。

A 回答 (1件)

良弁僧正はおっしゃるとおり歴史上実在の人物とされていますが、我王は完全に手塚治虫が描き出した人物で、モデルに当たる人はいません。



シリーズを通してお読みであればご存知かと思いますが、この人物は黎明編の猿田彦で、永遠の生命を生きる火の鳥とは対照的な存在として登場します。あるときは生命の美しさを苦悩の中から見出し、またあるときには生命を軽んじたため罰を受けるというように、ある意味では限りある生を生きる人間の代表選手といえるでしょう。

なお、「猿田彦」という人物は古事記にも登場し、こちらのほうはモデルありといえます(確か黎明編に説明があったように記憶しています)。

さらに脱線すると、このキャラクターのおおもとは「鉄腕アトム」の育ての親、お茶の水博士です(手塚キャラを見ていくと途中で別キャラに進化(?)したようです)。さらに、お茶の水博士のモデルとなったのは、手塚治虫が卒業した高校の化学担当教師であったKさんという方だといわれています。

以上、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

モデルはいないんですか。
あのシリ-ズでは、我王は400年も生きてますから
なんでそんなリアリティのない設定になってるんだろ?
と不思議だったのですが。
乱世編最初のところにしか出てこなくて、
しかも、それほど必然性があるとも思えないんです。

お礼日時:2003/07/23 13:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバレエの火の鳥のこと詳しく知りたいのです。

こんばんは。
バレエの『火の鳥』のストーリーや登場人物、場面など詳しく知りたいのですが、ご存知の方いらっしゃいませんでしょうか?

また、バレエ『火の鳥』が舞台化されているかまた、映画化されているかをご存知ありませんでしょうか?

よろしければ、火の鳥のことが載っているページも教えていただければ嬉しいです。(色々ページ検索してみたのですが、手塚治虫さんの『火の鳥』しか見つけられませんでした。)

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

少女コミックSWAN(笑)で印象的な踊りでしたよねぇ。

Googleで 「火の鳥 バレエ」で検索をかけたところ、下記のURLほかいくつかがヒットしました。
お好みを選んでください。
↓はGoogleのURL
http://www.google.co.jp/

名作ですので、DVDとかも出てそうな気がします。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/PICCOLO/P-2-10.htm

Q【日本史・平等院鳳凰堂の貨幣化の謎】10円玉硬貨の裏面に平等院鳳凰堂が描かれています。 平等院鳳凰

【日本史・平等院鳳凰堂の貨幣化の謎】10円玉硬貨の裏面に平等院鳳凰堂が描かれています。

平等院鳳凰堂は日本史では、藤原頼通の自身が極楽浄土に行くために建立させた。

けど、歴史では藤原頼通は極楽浄土に行けずに亡くなった。

なぜ極楽浄土に行けなかった未完成の失敗作の平等院鳳凰堂を国の硬貨に刻むことになったのでしょう?

藤原頼通が極楽浄土に行くために作った平等院鳳凰堂は極楽浄土に行けずに失敗して藤原頼通は苦しんで亡くなった。

国の繁栄ではなく、国の失速を暗示している平等院鳳凰堂。

繁栄ではなく衰退。極楽ではなく地獄を意味する平等院鳳凰堂。

なぜ貨幣にした?

Aベストアンサー

>歴史では藤原頼通は極楽浄土に行けずに亡くなった。

歴史では? 根拠となる文献はありますか?


>平等院鳳凰堂は極楽浄土に行けずに失敗して藤原頼通は苦しんで亡くなった。

苦しんで亡くなったという根拠は?
「平等院鳳凰堂」が極楽に行く?



>国の繁栄ではなく、国の失速を暗示している平等院鳳凰堂。

そもそも、藤原頼道はそんなもの(国家繁栄)の為に建立してはいない。



>極楽ではなく地獄を意味する平等院鳳凰堂。

極楽に行く効果がない→地獄に行く ではない。
(バカはすぐ「0か100」かで考える)



元ネタが丸わかりな件。

俄かが観かじったネタに飛びついて、他人と違う事を言える自分に酔っている。 まで読みました。

Q「火の鳥」の内容の違い

小学校の頃学級文庫にあった「火の鳥」に感激して、大人になってからハードカバーの角川書店版で前編買い揃えて愛読してましたが、なんだか望郷編の内容の一部が違っているような気がしてました。割愛されているというか・・・
最近になって、本屋で朝日ソノラマから出ているものを立ち読み(ビニールが掛かってなかったので)したところ、私の持っている角川書店版とは内容の一部が違い、子供の頃読んで記憶していた内容の方だったので、どうしてもこっちがよくて買ってしまいました.
望郷編だけしか確認していませんが、他の編でもこういった違いがあるのでしょうか?
もし、違いがないのなら前編を買い換えるのは意味がないし・・・
ご存知の方いたら教えてください。

Aベストアンサー

わたしも最初角川文庫で「望郷編」を読んだのですが、去年講談社の全集を読んだら、内容が結構違っていて驚きました。角川版の方が100ページくらいカットされてます。

他にわたしが知っているのは乱世編。角川版は弁太がヒノエ背負って矢を浴びながら逃げるシーンで終わっていますが、全集ではその後に、清盛と義経が転生するシーンが加わっています。

その他についてはちょっとわかりません。異形編と生命編は同じでした。

Q世の人は我を何しも玄はばいへ我がなすことは我のみぞ知る 坂本 龍馬

世の人は我を何しも玄はばいへ我がなすことは我のみぞ知る 坂本 龍馬
これはどうゆう意味を示してしるのか是非とも知りたいです。
お願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

世間の人がとやかく言おうとも、自分がしなくてはならないことは
自分がよく知っている。


自分のことに対して、周りの連中や世間がとやかく言おうとも、
自分には自分の信じる道があり、それを理解できるのは自分しか
いない。みたいな意味だと思います。
周りから理解を得られなかった龍馬らしい詩だと思います。

Qファミコンソフト「火の鳥我王の冒険」の音楽について

すごく昔に発売された、ファミコンソフトの『火の鳥我王の冒険』というのがあるのですが、
そのゲームの音楽が好きで聴きたくなって探してます。
そこで質問です。

1・火の鳥のゲームサントラ集みたいなCDはあるのでしょうか?
プレイ中の各場面の音楽がどれも好きで、特にお気に入りなのが、クリア後の最後のエンディング曲なのですが、確か『火の鳥鳳凰編』というアニメでも流れてた記憶があります。(その曲は歌付き)
ですが、題名もわからずで、困ってます。

ネットで探して、『火の鳥鳳凰編-音楽集』というのを見つけたのですが、視聴ができないので、確認できなかたのですが、
2・その中にゲームのクリア後のエンディング曲は入ってるのでしょうか?

どなたか知ってる方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、

火の鳥、懐かしいですね^^。
私も大好きでしたよ。

直接の回答では無いのですが、昔のファミコン等の曲を探す場合、大抵はMIDIで誰かが作成してくれてますよ。
「ゲーム名 MIDI」で検索すればHITすると思います。

ちなみに火の鳥を例にすれば、

http://www.din.or.jp/~koryan/midi/mid-g.htm#fc_hinotori

http://www2.ttcn.ne.jp/~ktslomidi/gamepsg.html

で、ダウンロードできます。

参考URL:http://www.din.or.jp/~koryan/midi/mid-g.htm#fc_hinotori,http://www2.ttcn.ne.jp/~ktslomidi/gamepsg.html

Q津軽弁と京都弁

今、津軽弁の成り立ちを歴史的背景から調べています。津軽弁のルーツを辿ると、京都弁が関わっている、ということがどこかに書いてありました。でもどのような歴史背景から関わってくるのか分かりません。
 津軽の方言や歴史についてご存知の方、何か情報を頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

無関係ですが
津軽方言と琉球方言は古代日本語を
色濃く残している言語と聞いたことがあります。

Q火の鳥?

最近、手塚治虫の火の鳥というアニメを見たのですが、どうやら私が過去に知り合いから聞いてた話が違うようで驚きました。

私が見た火の鳥は話しが「○○編」とその話ごとに区切られていてそれぞれ主人公、年代なども変わり火の鳥は神様(?)のような存在で人間世界を傍観してる感じなのですが、知り合いから過去に聞いた火の鳥はうろおぼえですが、主人公と火の鳥(?)が恋におちて主人公は最終的にその火の鳥(?)を裏切ってしまい、怒った火の鳥(?)は主人公に永遠の命を与えて一生しねない孤独な体にしてしまうという話だと聞いたと思うのですが、私の勘違いっぽいようで、火の鳥と知り合いの言ってたことがぴんときません。
知りあいのいってたアニメは火の鳥ではないとおもうのですが、何のアニメなのか心当たりがある方は教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

火の鳥 宇宙編ではないですか?
僕も子供の頃見てしばらくトラウマになって肉食ができなくなった作品で、再見していないのでうろ覚えですが、

鳥が進化した知性体が住む惑星に不時着した主人公が、その星の住人と恋仲になります。しかし地球に焦がれる主人公を引きとめようと通信機を破壊したヒロインを撃ち殺しその肉を食べ、惑星の住人を次々と皆殺しにしてしまいます。その主人公に火の鳥が与えた罰がが永遠に死ねない体にしてしまうことです。

子供の頃一度っきり見ただけなので細部は間違ってるかもしれません。

Q津軽弁と京都弁

今、津軽弁の成り立ちを歴史的背景から調べています。津軽弁のルーツを辿ると、京都弁が関わっている、ということがどこかに書いてありました。でもどのような歴史背景から関わってくるのか分かりません。
 津軽の方言や歴史についてご存知の方、何か情報を頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

津軽に限らず、日本各地の方言は、
首都・京都から「同心円状」に広がっていったもので、
早くにうまれた言葉は遠くまで届いているけど、
あとから流行ったものは京都に近いところに残っている、という話があります。

津軽弁は、京都から一番遠い所の言葉だから、一番古い時代の京都言葉(ただ、平安京が出来る前の京都は首都でなかったんですが)だといえます。

日本の反対側で、同じ言葉を使っていることもよくあるということです。

Q火の鳥のピアノ編曲

ストラヴィンスキーのバレエ音楽、『火の鳥』には本人による編曲も含めて3,4つ?のピアノソロ版があると聞きました。

楽譜をお持ちの方、また何か情報を知っている方がいらっしゃいましたら、出版元・楽譜の名前など教えていただきたいです。

Aベストアンサー

大体どんなものがあるかについては、前の方が張られているリンクをたどれば十分だと思いますので、とりあえず自分の持っている作曲家自身の編曲版についてです。

出版社:Schott
型番:ED3279
値段:大体6千円くらい(十数年前の価格ですが、アカデミア・ミュージックさんで検索すると、現在でもあまり変わっていないようです)

アカデミア・ミュージックさんのサイトを参考URLに入れておきます。
そこでもっと詳しい情報が得られることと思います。

参考URL:https://www.academia-music.com/

Q北海道弁と九州弁の共通点

歴史がからむので敢えてこのカテゴリに質問します。

明治維新の際、大勢の薩摩人が北海道に入植したので、北海道弁と九州弁(といっても色々だと思いますが、ここでは薩摩[鹿児島]弁のことかもしれません)では共通点が多い、
という意味のことを聞きました。

本当でしょうか?

もちろん、北海道には当時の薩摩人に限らず、色々な内地人が入植していますので、それぞれの方言が長い年月を重ね、北海道弁として形を変え根付いた事でしょう。

知りたいのは、北海道と九州の方言の結びつきの信憑性です。

その人の話では、北海道で言う「ざんぎ」(鶏肉に醤油味をつけてから揚げにしたもの)は、北海道以外では九州だけで通じる、と言います。
他にも2~3例を聞きましたが忘れてしまいました。

ちなみに私は幼年期を北海道で過ごしましたので(今は東京です)、多少北海道の方言には明るいです。
九州は、成人してから出会った多くの九州出身者との付き合いの中で認識した程度の知識しかありません。

色々教えていただければと思います。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

維新後に北海道に入植した人たちの中に九州の人がいたことは間違いありませんが、それ以外の出身者も多くいたことも間違いありません。

北海道の地名に、その出身地をつけたところが今もたくさん見受けられます。(広島・鳥取・十津川等)

言葉も、多くの地方の人に判りやすいように、共通語が普及したと思われます。
また、距離的に近い東北地方との交流や入植も多かったため、東北弁的な単語や言い回しが多く見られます。(北海道出身者の知人が多数いますので経験的に)

ちなみに、鹿児島出身の知人に「ザンギ」を聞きましたが、初耳だと言っていました。

鹿児島の言葉が北海道に残っている確立はあると言えますが、それが高いとは言えないと思います。

鹿児島の人が自分たちの仲間内では使っていたかもしれませんが、代を重ねるうちに衰退して言ったのではないでしょうか。

例えば、東京の佃島は家康が大阪の佃の漁民を移住させたので有名ですが、今の佃島で大阪の言葉は聞かれません。

下のURLに鹿児島と北海道の関係が載っていますので、ご参考にしてください。

参考URL:http://www.hoppou.go.jp/gakusyu/watashitachi/kagoshima/kagoshima.htm

維新後に北海道に入植した人たちの中に九州の人がいたことは間違いありませんが、それ以外の出身者も多くいたことも間違いありません。

北海道の地名に、その出身地をつけたところが今もたくさん見受けられます。(広島・鳥取・十津川等)

言葉も、多くの地方の人に判りやすいように、共通語が普及したと思われます。
また、距離的に近い東北地方との交流や入植も多かったため、東北弁的な単語や言い回しが多く見られます。(北海道出身者の知人が多数いますので経験的に)

ちなみに、鹿児島出身の知人に「...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報