在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

なぜ、海外の大学には教授しかいないのですか?



日本の大学では、教授、准教授、講師、助教という階級制になっています。
しかしながら、アメリカなど他の国では教授しか教員がおらず、
准教授、講師、助教というポストが存在しません。
(代わりにテクニシャンと呼ばれる人もいるそうですが、これは教員ではありません。)
このように日本とは異なり、准教授、講師、助教というポストが存在しないのはなぜなのでしょうか?


それと、日本以外に准教授、講師、助教という階級制を採用している
国は存在するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、基本的な事実をおさえてください。


アメリカの大学教員の職階は professor, associate professor, assistant professor です。全部 professor という単語が付いていますが、職階はあります。
他の国は国ごとに違います。たとえば、イギリスでの職階は professor, reader, senior lecturer, lecturer というもので、伝統的には professor はごく一握りだけしかいません。しかし、そのイギリスでさえアメリカの影響を受けて professor の割合が増えてきています。
そんなわけで、どこの国にも何らかの形の職階はあります。呼び名はまちまちです。
    • good
    • 0

 アメリカの大学ではたいていの大学院生が、リサーチアシスタントやティーチングアシスタントの奨学金を受けながら、助教の仕事をこなします。

彼等は博士号を得ると他の大学のポスドクや、助教授(アシスタントプロフェッサー)あるいは企業のマネージャーとなって巣立ってゆきます。

 原則として博士号をとった大学の教師に直接就任することは出来ません。なお日本と違って講座制ではなく、教授、準教授、助教授は同格でファカルティと呼ばれます。準教授や助教授は所定の資格条件を満たせば昇格できるので、ある学科内での教授、準教授、助教授の割合は決まっていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。


すいません、教えて頂きたいのですが、
「講座制」というものはどういうものなのでしょうか?
例えば、化学系だと、物理化学、生物化学、有機化学、無機化学
と分野が分かれており、それぞれの分野に一つ或いは2つの研究室があり、
それぞれ、教授をトップとして、准教授、助教がいるシステムのことでしょうか?
そのため、教授が退官しなければ、准教授は教授になれないということですか?

それに対して、ファカルティというのは、
こういう分野分けなしで、教授が6人いても、教授1人で准教授5人でも良いシステムなのでしょうか?

それと、海外だと準教授と助教授って別に存在するのでしょうか?


また、日本で採用されている講座性が他の国でも採用されているところがありましたら
教えて頂けますでしょうか?

お礼日時:2010/08/08 12:53

いや, たとえば Associate Professor とか Assistant Professor という階級もありますよ.


ちなみに Lecturer というのもあるけどこれは文字通り「講義を行う」という意味の「講師」であり, 日本における「講師」ではないということに注意をする必要はありますね.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外の大学教員の定年について

アメリカでは大学教授に定年がないそうです。他に大学教員の定年がない国を教えてください。

Aベストアンサー

No.2のtanuki4uさんが言及されているテニュアは,だれでも得られるわけではなく,いっぽうで期限つき雇用契約の人が多いという特徴もあります。殿上人か否かのちがいが明瞭なわけです。終身就業権といっても,じっさいにはヨボヨボの老人が歩き回っているのはあなたも映画などで観たことがないはずですから,「それなりの引き際」は心得ているんじゃないですか。ヨボヨボになってまで講義をこなし学生の面倒をみるのは,ぼくでもごめんだ 笑。

ただし,退職して無給になっても,名誉教授(エメリタス)として大学に出入りすることはあります。名誉教授室が与えられたり,図書館やメールが使えたりするからです。

図書館を使えることは,日本でもあります。ある大学でぼくの上にいたプロフェッサーは,アメリカのまねをしたいのか「名誉教授室」をもほしがり,それを黙殺するのに苦労しました。人望厚い名誉教授は,ときどき大学でみかけたときは「お元気ですか」と声をかけますが,みなが「辞めてくれてせいせいした」と思っているクソ教授は,それを自覚しているのか定年退職後は顔を見せませんね。

日本でも,私立大学では「70歳をすぎると単年度契約」みたいな扱いもあるようです。契約更新にならない人も,何年も更新される人もいるわけです。一定の定年がないといえます。どういう待遇で契約更新されるかは,教員おたがいには知らされていないと聞きました。ある私立大学では,裏門へ続く坂道が「定年坂」と俗称されており,「ここを登れなくなったら辞めどき」なんだそうな 笑。

No.2のtanuki4uさんが言及されているテニュアは,だれでも得られるわけではなく,いっぽうで期限つき雇用契約の人が多いという特徴もあります。殿上人か否かのちがいが明瞭なわけです。終身就業権といっても,じっさいにはヨボヨボの老人が歩き回っているのはあなたも映画などで観たことがないはずですから,「それなりの引き際」は心得ているんじゃないですか。ヨボヨボになってまで講義をこなし学生の面倒をみるのは,ぼくでもごめんだ 笑。

ただし,退職して無給になっても,名誉教授(エメリタス)として大...続きを読む

Q能力の低いバカな人への怒りの抑え方

私の夫は、何回も何回も同じことを言われても、覚えが悪く、同じことを繰り返します。その上、向上心はなく、愚鈍で、33歳のわりに社会常識や中身がなく、薄っぺらく、幼稚です。
私も未熟なところがあり、つい、かっ~となってしまい、夫は反省するどころか自分を正当化するため、いつも口論になります。でも、6年間見てきて、この人には、言っても無駄だと、ようやく悟りました。これからは、無駄なエネルギーは使わないように、怒りを抑えて、平常心で暮らせるように、修行の場だと思い、試練を乗り越えようと思います。
社会人時代には、夫のような、気が回らない、覚えが悪い、人に配慮ができない、要領が悪く、社会常識のない低能な若い男性社員がたくさん入ってきて、いかに怒りを抑えるかを課題にして働いていましたが、出産を機に会社を辞めて一年がたち、その時の感覚を忘れてしまい、自分の感情をコントロール出来ずにいます。確か、昔は、小学生が社会見学にインターンで来ていると想定しながら、優しく接するようにしていたような気もしますが。
いつかは、また社会復帰を考えているので、その時に役立つように、今は、怒りを抑えることをトレーニングしておこうと考えてます。短気な私に与えられた神様からの試練だと思ってますし、克服できた際には、子育てにも必ずいい影響があると信じています。
今、現在、職場や地域で、どうしようもない愚かな人間がいる方、どんな風に自分の中で消化して、対処されてますか?教えてください。

離婚した方がいいですよ、とか、そういう人生相談的な回答は、結構です。人生観、結婚感は、人それぞれですし、それは自分自身で、真剣に悩んで、自分で決めることですので、そのような内容で回答欄を使用しないでください。

私の夫は、何回も何回も同じことを言われても、覚えが悪く、同じことを繰り返します。その上、向上心はなく、愚鈍で、33歳のわりに社会常識や中身がなく、薄っぺらく、幼稚です。
私も未熟なところがあり、つい、かっ~となってしまい、夫は反省するどころか自分を正当化するため、いつも口論になります。でも、6年間見てきて、この人には、言っても無駄だと、ようやく悟りました。これからは、無駄なエネルギーは使わないように、怒りを抑えて、平常心で暮らせるように、修行の場だと思い、試練を乗り越えよう...続きを読む

Aベストアンサー

>今、現在、職場や地域で、どうしようもない愚かな人間がいる方、どんな風に自分の中で消化して、対処されてますか?教えてください。

どちらかというと私も質問者様と似たタイプ、即ち相手のレスポンスが悪いと直ぐにイラッとする短気な性格で、時折その事を反省はするのですが、悲しいかな人間の本質は中々変わらない。

さて入社以来20数年に及ぶ私の職場は所謂高学歴者のみで構成されており、その殆んどが最低でも早慶卒クラス(事務職の女性を除き)ですが、そのレベルでもどうしようもない(理解力が劣り、飲み込みが悪い)人々が存在するのも事実。
かつて私は何十人もの上司に仕えましたが、全体像の1割を述べただけで全てを理解してくれる有能な人もいれば、10割全てを語り・その背景・補足までを説明しても理解出来ない人もおりました。

自分がそれなりのステイタスを会社から与えられた現在、上司に対する対応と部下・後輩に対するそれを完全に分離しております。

即ち無能であるとこちらが認識した上司に対しては無駄なエネルギーの発散は極力控え、通り一遍の対応に終始し完全に見切ってしまう(宮仕えの身の悲しさで、当然相手の機嫌を損ねない様にですが)、その一方でさほど有能でない部下・後輩に対するスタンスは、貴女同様人間修養の場と割り切り極力叱る事を避けて相手が納得するまで気長に説明をする(頭の中の人事考課では当然採点しておりますが)事を心掛けております。

そして同期入社・肩書き的にほぼ同格と思われる同僚に対しては自然体で接している、つまり意識の中で上・同格・下とのカテゴリーを設定し、そこに合わせて対応を使い分けています。
多少ずるいのかも知れませんが、立場の上下が殆んど全てと言っていい一般社会に於いて、無能な上司に注ぐエネルギーは無駄に終わる場合が少なくない、依って保身とエコの観点からの使い分け、それが20数年に及ぶ社内遊泳で学んだ私なりの処世術。

質問者様の御主人が、貴女にとってどういった位置付けになるのか分かりませんが、先にも述べた通り人間の本質はそう簡単には変わらない、依って接する貴女の方がより自分にとって精神的なマイナスの少ない対応をなさるのが得策であると思われますが、如何でしょうか?

>今、現在、職場や地域で、どうしようもない愚かな人間がいる方、どんな風に自分の中で消化して、対処されてますか?教えてください。

どちらかというと私も質問者様と似たタイプ、即ち相手のレスポンスが悪いと直ぐにイラッとする短気な性格で、時折その事を反省はするのですが、悲しいかな人間の本質は中々変わらない。

さて入社以来20数年に及ぶ私の職場は所謂高学歴者のみで構成されており、その殆んどが最低でも早慶卒クラス(事務職の女性を除き)ですが、そのレベルでもどうしようもない(理解力が劣...続きを読む


人気Q&Aランキング