最新閲覧日:

テニスを愛好する社会人です。手首の外側に腱鞘炎を患ってもう一年半になります。
医者に見せた所、腱鞘炎は固定するしか治療法は無いということで、シップと
塗り薬をもらっっておしまいでした。
仕事柄、PCを多用するので手首を固定しっぱなしにはできず、
週末じっとしているのも嫌なので騙し騙しテニスをしています。
なんとか効果的に治す方法は無いのでしょうか?
わがままな希望かもしれませんが、本人は結構切実です。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

私も手首に腱鞘炎を患ったことがあります。


最初に行った病院で注射を打ってもらい、以降同じ病院で温浴等の治療を続けましたが10ヶ月近く経っても全然良くなりませんでした。

私もPCを使う仕事をしていますし、主婦でもありますので家事やら何やらで手首を全く使わないというわけにも行きませんでしたが、なるべく固定させるように医療用のテーピングを毎日律義に巻いていました。(巻き方は病院で教えてくれました。何も巻かないよりかなり固定されます。)しかし暑い時期になるとずっと密封されているためか皮膚が真っ赤になってしまい、痒くて仕方なくなってしまったのでテーピングは止めました。

こういう病気はそうすぐ治るものでもないと覚悟はしていましたが、10ヶ月もそのままというのもいいかげん嫌になって来た頃、たまたまいい整形外科があると聞いたので行ってみました。前の病院での治療状況なども伝えた上で診て頂きました。その病院でも再度注射を打たれましたが、それが効いたのかその後すぐに良くなってしまい、そこでもマッサージ等の治療を続けてくれましたが、痛みがなくなったので何回かしか行きませんでした。今までずっと痛みに耐えながら不自由な生活を送っていたのは何だったんだろうと思いました。

もし近所に評判のいい整形外科さん何かがあれば、病院を変えてみるのも手だと思います。また、手を使わないのは無理だと思いますが、私のようにテーピングをして少し固定するのもいいと思います。皮膚が弱い方なら1日おきとか、毎日半日くらいにしておくなどご自分で加減してみてください。

さらに、お仕事は仕方ないとしても趣味のテニスは直るまで控えられた方が良いでしょう。テニスは楽しいと思いますが、ご自分の手とどちらが大切ですか?聞くまでもない事でしょう。どうしても週末じっとしているのが嫌なら、直るまでの間だけでも手首に出来るだけ負担の掛からないご趣味に変更された方がよいと思います。

アドバイスはほとんど皆さんと同じなので申し訳ないですが、私の体験談は少しは参考になるかと思い書き込みしてみました。頑張って下さい。
    • good
    • 27
この回答へのお礼

親身の回答有難うございます。とりあえず、集中的に治療する気はあるのですが、余りに長い間色々な事を我慢するのは過去の経験から嫌になってしまっているので、とりあえず色々なお医者さんに相談しようと思います。

お礼日時:2001/04/10 23:35

私も左手の親指の腱鞘炎になったことがあります。

 原因はファミコンのやり過ぎ(左の親指は、十字キーを操作するため)らしいです。
最初は、湿布薬と塗り薬でしたが、一向に快復の兆しが見えないため、痛み止めの注射にまで行きました。
それでも駄目だったため、手術をしました。
手術自体は40分程度です。1ヶ月くらいは、包帯生活に
なりますが、患部を濡らさなければ、風呂もOKでしたし、生活に支障をきたすことはないと思います。

腱鞘炎とは、読んで字のごとく腱の通る鞘(さや)が炎症を起こし、腱の通りを妨げてしまう病気です。
鞘=ストローのような構造で、その中を腱が通っています。
激しく腱が動く運動をすると、鞘が摩擦熱などにより炎症を起こす。と形成外科の先生に聞きました。
その部分を動かさないのが一番の治療法らしいのですが、
指・腕などは動かさないわけにはいかないので、湿布や塗り薬に頼るしかありません。前出のとおり、テニスなどは止めた方がいいと思います。出来ればPCを扱うのも止めた方が・・・仕事なら仕方がないですが・・・
    • good
    • 16
この回答へのお礼

有難うございました。
私の場合は、何もしないときまで痛む事はないのですが、
テニスをするとダメなようです。

お礼日時:2001/04/10 23:32

 本気で治したかったら、まずテニスはやめるべきです。

日常的には手首、指を使わざるを得ないわけですから、休日くらいは手首を休めるべきです。膝の関節炎にしても、前腕の腱鞘炎にしても使わないというわけにはいきませんから治りにくいのです。2週間ギプスを巻いて一切使えないようにすれば薬なんか必要ありません。でもそのような治療は簡単じゃありませんよね。ただ、無駄に使うのはやめてください。さらに内服薬も処方してもらうべきです。日々少しずつでも改善していれば今の治療でも治ります。たとえ時間がかかろうとも..ただ毎日同じ痛みが繰り返しているようでしたら今の生活パターンと治療レベルは一致していません。
 自分の生活リズムを守りたいのか、それとも治したいのか、治るまでの数週間遊び(テニス)を我慢できるか出来ないかの問題かもしれません。
 ちなみに私は数年前、5月のテニス合宿で右肘上顆炎(テニス肘)になり、日々カルテを書くだけで悪化していました。冬場テニスをやらないうちに軽快しました。まず治療に専念するか痛くてもある程度に抑えられてたら我慢して今の快楽に生きてそのうち痛みがとれなくなる事態を招くのかは、あなた自身の選択次第です。

この回答への補足

専門的なご意見有難うございます。短期間のうちにでも集中的に治療して治るのであれば治療に専念したいのですが、今までは仕事などがあり、
数ヶ月間ほどテニスを止めても結局再開するとやはり痛くなるので諦めてテニスを続けていました。症状のレベルは、何もしないときに痛まないものの、
テニスをするとプレー中に痛みを感じるというものです。手首を少し押えると「ポキッ」という小さな音がしてあとは痛まなくなるのでこの方法で騙し騙し
プレーしています。おそらく、摩擦などにより炎症が起きている部分が骨のアライメントをずらす事によって一時的に摩擦から逃れているのではないかと
勝手に想像していました。お医者さんに言ったら怒られそうですね。
そういう状態を打破するのに時間的な近道が無いものかというのが私の疑問でした。治したいのは山々なのですが、時間がかかるのであれば
仕方ないと諦めていたというのが本音です。

というわけで、私自身は一時の快楽よりも勿論、健康な肉体の方が大切だと考えており、特にテニスに支障のある怪我は本気で治したいと思っています。
本当に2週間ギプスで固定すれば治るのであればお医者さんに相談してそうしてもらおうかと思います。長い相談にお付き合い頂いて恐縮ですが、
こういう治療法は本人の希望により実施してもらえるものでしょうか?
また、固定以外にも鍼などは効果があるのでしょうか?
2週間固定した後、恐る恐るテニスをしてみるとやはり手首が痛いという今までの嫌なパターンが思い浮かんでとても不安です。

補足日時:2001/04/09 23:42
    • good
    • 26

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「腱鞘炎」
このページで特に「原因と危険因子」・「予防」・「治療」等と関連リンク先を参考にして下さい。

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅くなって済みませんでした。お礼をした積もりなのですが、誤って掲載されないままだったようです。お蔭様で勉強になりました。

お礼日時:2001/04/10 23:37

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ