親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

デリカの警告灯なんですが、バッテリー警告と水抜警告が同時に点いて、
点いたり消えたりしているのですが、
これって何の警告でしょう?

停車している時に点灯して走行中は消える・・・
という状況です。

水抜警告が点灯しているので、
水抜きはやってみましたが、改善しません。

どちらかお教えくださいませ。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

水抜警告灯が点灯ということは2800のディーゼルですね、


このタイプ、オルタネーターが逝くとチャージランプと一緒に水抜警告灯も点灯することが多かったですよ。
エンジンアイドリング回転時の発電不足ではないでしょうか、オルタの発電状態の点検が必要と思います。その状態によってはオルタの修理やリビルト品との交換が必要になるかもしれません。
早めに整備工場で診てもらうことをお奨めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
オルタネータ不具合も考えましたが、
修理となると・・・
水抜き警告と同時に点灯していたので水抜きでなんとかならないかと期待してましたが・・・
・・・オルタが逝くとチャージランプと一緒に・・・とのこと、、、

やはり、オルタ不良の可能性大ですね、、、
ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/03 21:37
    • good
    • 1
この回答へのお礼

水抜きとフィルター交換作業の手順、
とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/03 21:33

オルタネーターの不具合と言う場合があるようです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

オルタ不良の可能性が大・・・

やはりそうなのでしょう、、、

ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/03 21:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正しいデリカスペースギア(ディーゼル)の始動方法

お世話になります。

めっきり寒くなってきましたが寒冷時におけるデリカスペースギアの正しい始動方法を教えて下さい。

デリカの説明書ではグローのランプが消えたらアクセルを半分踏み、セルを回せと書いてあります。
ところがネットを見ているとランプが消えて2~3秒後にセルを回せと書いてあったり、アフターグローの切れる音(ガコッというような)を聞いてからセルを回せという記述も見られます。

一体どれが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

#1.#3の方の解説のとおりです。ご存知かと思いますがディーゼルエンジンでは吸気した空気を圧縮することにより燃料の自己着火に必要な温度まで持っていき、そこに燃料を噴射することにより燃焼を開始させますが、寒冷時には元々の吸気の温度が低いこともあり十分な温度に達しない場合があります。そこでグロープラグなど(他の方式もある)を使用して着火に十分な温度を与えることで、始動を容易にしているわけです。現在のグロープラグ式の始動装置ではガソリンエンジンに近い始動を可能にするため、非常に急速な加熱が可能なタイプのグロープラグが使用されていて、電子回路を用いた制御回路で制御されています。具体的にはプラグに流れる電流(プラグの温度にほぼ反比例して小さくなる)と、エンジン温度から、必要な時間だけ通電して、始動可能状態になるとパイロットランプなどで始動を指示する仕組みになっています。始動指示の後も温度を維持するためドロッピングレジスタなどを通して弱めた通電を行ったり、断続的に通電を行うようになっている場合が多いのですが、始動指示があった以後に待っていても単なる電気の無駄遣いで何の意味もありません。また、アフターグローとは寒冷時の始動直後の不安定な燃焼を助けるための物で、アフターグローの時点でエンジンが始動していないとまったく無意味です。質問者がアフターグローと言っている(ガコッという音と表現)のは、アフターグローに切り替わった音ではなく、プラグ温度が高くなりすぎるのを防ぐために、ドロッピングレジスタを経由させるための回路に切り替わったときに動作するリレーの動作音です。アフターグローに切り替わるのはエンジン始動後(始動したかどうかはオルタネーター(発電機)が発電を開始したかどうかで判断しています)にエンジン温度が一定化の場合で、エンジン停止中はアフターグローとは呼びません。

#1.#3の方の解説のとおりです。ご存知かと思いますがディーゼルエンジンでは吸気した空気を圧縮することにより燃料の自己着火に必要な温度まで持っていき、そこに燃料を噴射することにより燃焼を開始させますが、寒冷時には元々の吸気の温度が低いこともあり十分な温度に達しない場合があります。そこでグロープラグなど(他の方式もある)を使用して着火に十分な温度を与えることで、始動を容易にしているわけです。現在のグロープラグ式の始動装置ではガソリンエンジンに近い始動を可能にするため、非常に急速...続きを読む

Qデリカスペースギアのエアコン故障  涙

1、エアコンが渋滞していると30分くらいで生ぬるくなります。しかし走り出すとまた寒いくらいに効き始めます。
2、渋滞中、ダブルエアコンにするあっという間に生ぬるく。しかし、シングルエアコンにしておくと結構、渋滞中でもまあまあの冷えを保ったりもします。

原因はなんなんでしょうか。ディーラーいわくエアコンのガスは入っていますとの事なんですが・・・・・。

Aベストアンサー

まず、熱交換器の基本原理を抑えれば、なぜ冷えないかが理解できます。

室内を冷やすためには、室外に熱を放出しなければなりません。

これがうまくいかないと、いくらガスが入っていて、ガス漏れがなくても、電動ファンがまわっていようとも、エアコンは効きません。

さて、質問者の方のエアコンが効かないということですが、ワンボックスまたはこれに近い車体形状は、この熱交換が非常に厳しいのです。

走行中に効いて、渋滞中に効かないとのことですが、これはどんな車にも言えることなのです。ただ、その効きが悪くなる程度が車によって違うのです。

デリカ(含むスペースギア)は、FRベースなので、電動ファンではなくカップリングファンではないですか?
とりあえず、ラジエータやエアコン・コンデンサの水洗いをやって汚れを落としてみたらどうでしょうか。

蛇足ですが、渋滞中は、窓を閉め切ってエアコンをかけるよりも、ほんの少しあけておき、隙間から熱気を逃がしたほうが車内の温度は低くなりますよ。
これ、車室外よりの輻射熱を逃がすからなんですけどね。
室内がデカイ車は、冷えにくいので、工夫が必要ですよね。私も、アメ車のフルサイズバンに乗っていたときは、渋滞に遭うと冷えが悪かったですからね・・・。

まず、熱交換器の基本原理を抑えれば、なぜ冷えないかが理解できます。

室内を冷やすためには、室外に熱を放出しなければなりません。

これがうまくいかないと、いくらガスが入っていて、ガス漏れがなくても、電動ファンがまわっていようとも、エアコンは効きません。

さて、質問者の方のエアコンが効かないということですが、ワンボックスまたはこれに近い車体形状は、この熱交換が非常に厳しいのです。

走行中に効いて、渋滞中に効かないとのことですが、これはどんな車にも言えることなのです。た...続きを読む

Qスペースギアの異音

94年式デリカスペースギアに乗っています。
先月末に無料点検をして異常無しだったのですが、先週信号待ちで停止したら何かに乗り上げたようなカタンという音がして、発信したらバイクのモーター音のようなすごい音がして、4WDのランプが点滅しました。
慌てて停車して切替ギアを4WDにしてみたら点滅が点灯に変わり音も止まったので4WDで走りました。
帰宅して2WDに切り替えてみたらちゃんと入ったのでそれからはいつもどおり2WDで走行していますが、またあんなふうになったらどうしようと不安です。
これって故障なんでしょうか?古い車なのでいろいろ不具合が出てきているのかなとは思うのですがこないだ点検したばかりだし・・・
やっぱりディーラーでまた見てもらったほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

パジェロ4台乗り継いでいるものです。
スペギとパジェロは兄弟車=エンジン、駆動系(4WD機構やトランスミッション等)、足回り(サスペンション等)が、基本的に同じです。

>停止したら何かに乗り上げたようなカタンという音がして、発信したらバイクのモーター音のようなすごい音がして、4WDのランプが点滅
>停車して切替ギアを4WDにしてみたら点滅が点灯に変わり音も止まったので4WDで走りました。
◎フロントホイールのホイールロック機構のトラブルと思われます。
ご存知のように、この車の4WDシステムは、SS4(スーパーセレクト4WD)で、
2WD、フルタイム4WD、直結(センターデフロック)4WDの高速/低速の4通りの選択可能です。
状況に応じた、最適な選択が可能なわけですね(現実には余り使用しない場合が多い?)。

ここから本題^^;
2WD~4WDの切替えにあたっては、
トランスファー(2WDでは後輪のみに動力が繋がっているものを、前輪へも繋ぐなどして2WD/4WDを切替える装置)で、
動力を振り分けるのみでは4WDにはなりません。
前輪ホイールをドライブシャフトと連結(ロック)する必要があります。
この、ロック/アンロック(解除して2WD)するための装置が有って初めて4WDになります。
この部分が不調と思います。

4WDランプ点滅は、これがロックあるいはアンロック出来ない場合を示しています。

今回を推測すると、
2WD走行にもかかわらず、何らかの原因でこの装置が働き、前輪ホイールロック状態(か、なりかけ)になったのでしょう。
すごい音とは、その装置を動かすモーター音でしょう。

>帰宅して2WDに切り替えてみたらちゃんと入ったのでそれからはいつもどおり2WDで走行していますが、
◎2WD/4WDの切替えにあたり、その切替えレバー(トランスファーレバー)と連動しているこの装置が、キチンと働いたもの。

>またあんなふうになったらどうしようと不安です。
◎機械に故障は付きもの。
高度な装置(?)であればあるほど、故障の確率も増えます。
そのための定期点検ですから、せめて1年に一回は点検を受けましょう。

>これって故障なんでしょうか?
◎度々発生するなら故障。

>こないだ点検したばかりだし・・・
◎例の「無料愛車点検」は、メーカー指定重点箇所以外は、通り一遍のチェックに過ぎません。

>ディーラーでまた見てもらったほうがいいのでしょうか?
◎ぜひ見てもらってください。
度々同症状が起きなくとも、念のため持ち込みましょう。

※なお、この車のSS4は、どちらかと言えばフルタイム4WD走行が基本と考えてイイくらいです。
スペギ4WDは背高ワゴン、その安定性UPのためにも。
2WDは、乾燥した舗装路の市街地走行andほぼ無風状態の高速走行向き。
フルタイム4WDは、降雪はもちろん、降雨時や強風時には直進性が高まるなど有効です。
せっかくの機能ですから、時々切替えて安全走行に役立てましょう。
もちろん、機械は時々動かす方がよろしいわけですから。

パジェロ4台乗り継いでいるものです。
スペギとパジェロは兄弟車=エンジン、駆動系(4WD機構やトランスミッション等)、足回り(サスペンション等)が、基本的に同じです。

>停止したら何かに乗り上げたようなカタンという音がして、発信したらバイクのモーター音のようなすごい音がして、4WDのランプが点滅
>停車して切替ギアを4WDにしてみたら点滅が点灯に変わり音も止まったので4WDで走りました。
◎フロントホイールのホイールロック機構のトラブルと思われます。
ご存知のように、この車の4WDシステムは、...続きを読む

Qパジェロがノッキング?するのですが

二代目パジェロの2800ディーゼルターボです。新車で買ってから6年目、77000キロ走ってます。オイル交換は5000キロごとに必ずやってるし、ATFも2回変えました。エンジンが走行十分にもかかわらず、停止する寸前に回転がグアングアンと不安定になって止まりそうになります。止まる事は結局ありませんが。ディーラーのサービスフロントに電話で聞いたら、エンジンが十分暖まっているにもかかわらず、そうなるのは、燃料ポンプに問題がありそうで、修理に3週間ぐらい預かって、20万円くらいかかるかもと言われました。今ディーラーではどこも代車は出さないので、3週間もクルマなしにはいられないし、20万円も出せません。何かいい方法はありませんか?寒い時に特にそうなります。同じような走り方をしてもなる時とならない時があります。4WD走行時やエアコン使用時にはなりにくいようです。単なるスロー調整の問題でしょうか?燃料添加剤では改善しませんか?

Aベストアンサー

4M40型エンジンの燃料噴射は電子制御式のものが採用されており、エンジン各部に配置されたセンサーにより燃料噴射の時期や量の補正を行っています。噴射ポンプ自体の機械的な部分の不具合でも生じることがありますが、この場合は電子制御系統の異常が疑われます。クランク角センサーやスロットルセンサー等に異常があるとご指摘のような症状が出るケースが多いようです。

電子制御システムにはシステムに起こったトラブルを記録しておく機能があり、ディーラーであれば記録された内容を読み出すための機器があるはずですので、チェックした項目を確認されてはいかがでしょう。また、点検している状態で症状が再現すれば、各センサーの状態をリアルタイムでモニターする機能もあります。噴射ポンプ自体の機械的なトラブルであるなら金額的にはおおよそその位の金額がかかる可能性もありますが、電子制御系統であれば、ポンプ自体の交換とはならずセンサーまたは、コントロールユニットや配線の修理となるはずですので、金額的にはずっと安く済むはずです。

過去に私が同じような症状を4M40型エンジンで見た時にはタイミングプレート(クランクシャフトプーリーの奥にある切り欠きのある鉄板が曲がっていたと言うものです。タイミングを検出するための鉄板がゆがんでいたため、正しいクランク角度が測定できずトラブルを起こしていました。この時の処置はクランク角センサーの交換(ゆがんだタイミングプレートと接触してひびが入っていたため)及びゆがんだプレートの修正(薄い鉄板ですので簡単に修正できます)のみで、原因究明に4時間ほど、作業に1時間ほどで合計5時間程度でした。

4M40型エンジンの燃料噴射は電子制御式のものが採用されており、エンジン各部に配置されたセンサーにより燃料噴射の時期や量の補正を行っています。噴射ポンプ自体の機械的な部分の不具合でも生じることがありますが、この場合は電子制御系統の異常が疑われます。クランク角センサーやスロットルセンサー等に異常があるとご指摘のような症状が出るケースが多いようです。

電子制御システムにはシステムに起こったトラブルを記録しておく機能があり、ディーラーであれば記録された内容を読み出すための機器...続きを読む

Q三菱の車です。アイドリングがいきなり不安定!

三菱デリカスペースギア6年式オートマガソリン車です。Dレンジで止まっている時、エアコンをかけている時ですが、アイドリングがたまに止まりそうになり、その時にアクセルを踏んで発信しようとするとガタッって大きい音がします。これ何ですか?

Aベストアンサー

音の原因は実車確認して見ないと何とも言えませんが、アイドリング不調は、スロットルボディのバイパス回路&ASCバルブにカーボンが詰まったか、ASCの作動が不良になっている為、エアコンを掛けた時にアイドルアップし難くなっている為と思われます。

素人さんでは、どうしようもないのでディーラーや整備工場で見て貰いましょう。

Qデリカスペースギア 寒冷地仕様

デリカスペースギアの後期型の顔が変わったタイプの、ガソリン車で、寒冷地仕様というのは、バッテリーが二つ搭載されてるわけではないんですかね?
乗っている等で知っている方、いたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。寒冷地在住、現役引退のM社ディーラー元メカニックです。
スペースギヤ(ワゴン)のガソリンと云うと3000(6G72)のV6ですね、寒冷地仕様でもバッテリーは最初から最後まで一つでした。
二つ搭載は2800(4M40)のディーゼル(寒冷地仕様又はスーパークイックグロー装着車)のみです。

Qカーエアコンの適正ガス圧が知りたいです。

カーエアコンのガス圧を最適にしたいと思います。ネットで低圧のみのゲージを購入しました。説明書によると、エンジン回転1500回転で低圧のガス圧2.0から2.5キロとなっていたので、測定したら3.0キロありました。減らしたほうがいいのでしょう?車は、H6年型ハイエースでデュアルエアコンです。134Aです。

Aベストアンサー

エアコンの圧力測定は、高・低圧ゲージを繋ぐのが基本です。
以下、測定条件です
エンジン回転数(アイドルアップ作動後):1000±500rpm
ACスイッチ:ON
ファンスイッチ:最強
温度コントロール:最強冷
内外気切り替え:内気
ドア:全開
AC吸い込み口温度:30~35℃(理想値)

低圧側:1.5~2.5kg/cm²
高圧側:14~16kg/cm²

低圧側3kg/cm²ですと若干高めですが高圧側の圧力が不明なので、冷媒量が多過ぎなのかどうかわかりません。
ですが十分冷えるのであれば、このまま使用しても問題ない圧力ですよ。

Qバッテリーの充電ランプが点灯した理由、、オルタネータの故障?

質問させていただきます。
長距離走行中に、ライトを点けた時に、突然メーターパネルにある
バッテリー充電警告ランプが点きました。
ライトを消して、ヒーター等やオーディオも消したらランプは消えます。
またライトを点けたら警告灯が点きます。しかし、走行10分後には何もなかったように警告等が消えました。
また数日後に走行後にヒーターをつけたのですが、今度は1分くらい、
ヒーターを点けている間だけ点灯しました。
その後は何もなかったようにランプは点きません。
エンジンがかかりづらいといったことはありません。
バッテリーは数週間前に新品に換えたばかりです。
そこで心配になって、イエローハットで調べてみてもらったところ、バッテリーは正常で、
オルタネータが故障しているとの報告を受けました。
一年以内にバッテリーも死ぬとのことです。
修理の見積もりも出してもらったのですが、
オルタネータの新品が10万円、工賃が13000程度、Vベルトが2500円程度で見積もりを頂きました。
リビルト品だと3万から5万の部品代だそうです。
それでは修理代がかかりすぎるので、オークションでリビルト品を購入しようとしたのですが、、、
本当にオルタネータが故障しているのか確かめるために自分でも電圧を測ってみました。
その結果、

・エンジン停止時のバッテリーの電圧→13V
・アイドリング状態でライト、熱線、オーディオ、ワイパー、ルームランプ全てONにしてのバッテリー及びオルタネータの電圧(この時にバッテリー端子で計測してもオルタネーターのカプラー部分で計測しても同じですよね??)→15V
・ダメ押しでアイドリング中にバッテリーマイナス端子を外す→エンジンはかかったまま

マイナス端子も外してエンジンは止まらなかったので、
オルタネータの故障ではない??のでしょうか?
電圧も正常のように思えますが、果たしてイエローハットが言うようにオルタネータの故障なのでしょうか?
少し疑問に思ってしまいます。
詳しい方、どこが怪しいのかご教授いただけますと幸いです。
よろしくお願いします。

質問させていただきます。
長距離走行中に、ライトを点けた時に、突然メーターパネルにある
バッテリー充電警告ランプが点きました。
ライトを消して、ヒーター等やオーディオも消したらランプは消えます。
またライトを点けたら警告灯が点きます。しかし、走行10分後には何もなかったように警告等が消えました。
また数日後に走行後にヒーターをつけたのですが、今度は1分くらい、
ヒーターを点けている間だけ点灯しました。
その後は何もなかったようにランプは点きません。
エンジンがかかりづらいとい...続きを読む

Aベストアンサー

>外すのは自分でもできそうなので、
>そういう手もありましたね。あした電話してみます。

もし質問者が実施すれば取り付けや取り外しの工賃は最低でも倹約できますから、それだけは安くなります。
もちろん多少の工具と取り外すときにバッテリーのマイナス端子は必ず外しておかないとセルモーターやオルタネーターはバッテリーと直接繋がっている配線が有り、うっかりショートでもすれば大変なことになります。

もちろん修理後には色々と設定の必要も出てきますが、ココの部分はしっかりと外したマイナスのバッテリー端子など接触もしないように注意しましょう。

>リビルト品購入より安く済めば良いのですが、、
過去には解体屋周りをして(取り外した現物を持って)同じタイプを探して交換プラスいくらかの金銭を支払っていたことも有りますが(一番安く出来る)しかし、現在では解体屋もネットワークを組んで中古パーツを販売していますからそこまで安くはしてくれないでしょう。

もちろん一元相手に販売してくれるかその店舗次第で駄目な可能性も有ります(その場合は知り合いの整備工場経由でしょうか)もちろん中古ですからどの程度使えるか是については解りません(あまり程度の悪い物は無いと思います)

多少の知識が有ればいろいろと出来そうですが、失敗したときのリスクも大きくなるので注意してください。

>外すのは自分でもできそうなので、
>そういう手もありましたね。あした電話してみます。

もし質問者が実施すれば取り付けや取り外しの工賃は最低でも倹約できますから、それだけは安くなります。
もちろん多少の工具と取り外すときにバッテリーのマイナス端子は必ず外しておかないとセルモーターやオルタネーターはバッテリーと直接繋がっている配線が有り、うっかりショートでもすれば大変なことになります。

もちろん修理後には色々と設定の必要も出てきますが、ココの部分はしっかりと外したマイナ...続きを読む

Qスペースギアにお乗りの方教えてください。(乗ってなくても分かる方お願いします)

スペースギアノーマルフェンダーの車について質問します。タイヤサイズ30/9.5/15に純正アルミ15×6jjをはかせて装着・走行することは可能でしょうか?
ちなみにタイヤカタログによりますと適用リム幅は 6 1/2 ~ 8 1/2 と表示されてます。ちょっと6jではきついような気がするんですけどどうでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

◎まずは、タイヤサイズを考えてみましょう
ノーマル:30/9.5R15は
タイヤ幅=215or225:245mm
外  径=720~740:750mm
程度になります。
このタイヤを一般的サイズ標記に置き換えてみると、
245/75R15前後になります。
デリカSGはノーマルで215R15
オプションで225/80R15ですから
明かにオーバーサイズですね。

◎次にホイールサイズ(幅)ですが、
タイヤメーカー推奨サイズ以下は、絶対に止めるべきです。
付けてつけれないことはありませんが、ろくなことはありません。
タイヤ本来の性能が発揮できません。
例えば、片減りするとかで、極端に寿命が短くなったりします。

どうしてもこのサイズのタイヤを使用したいのであれば、
ホイールを適合サイズにすることが大前提です。

そのうえで、ハンドルをフルロックするまで切った状態で、さらにフルボトムしても、どこにも干渉しないか確認してみる必要があります。
この確認を怠ると、万が一の場合危険です。

※たぶん、4WD車と思いますが、
なぜ、このサイズが良いのでしょうか?
このサイズのタイヤの場合、通常の乗用車向けではなく、よりヘヴィーユースの商用まで見越した造りになっています(6プライのはずです)。
乗り心地も燃費も悪化して、総合的に見た走行性能は悪化することになります。さらに適合サイズ以下のホイール使用となれば、イイコト無しです。外観的なカッコ良さはありますから、その辺を求めるのであれば、また別の発想ですから好き好きですね。

タイヤ専門店などで、キッチリ適合するかどうか確認された上で、装着して下さい。
タイヤは、何より大事な安全部品です。

◎まずは、タイヤサイズを考えてみましょう
ノーマル:30/9.5R15は
タイヤ幅=215or225:245mm
外  径=720~740:750mm
程度になります。
このタイヤを一般的サイズ標記に置き換えてみると、
245/75R15前後になります。
デリカSGはノーマルで215R15
オプションで225/80R15ですから
明かにオーバーサイズですね。

◎次にホイールサイズ(幅)ですが、
タイヤメーカー推奨サイズ以下は、絶対に止めるべきです。
付けてつけれないことはありませんが、ろくなことはありません。
タイヤ本来の性能が発揮...続きを読む

Qスライドドアが開きません

こんにちは。初めて投稿します。早速ですが至急助けていただきたいことがあります。
平成6年式のデリカスペースギア エスクード(2)を今年中古で購入しました。
このデリカの後ろのスライドドアの調子が悪く、今までも半ドアのままロックされてしまい、最後まで閉まらなく隙間が開いたまま固定されてしまうことがありました。
今日もその状態になってしまいまして、ドアが開きもしなければ閉まりもしません。自動で半ドアをロックする機構(名前がわかりません)がいたずらしてるようですが、解除方法が分かれば教えてください。
中古のため取り説などもなく、お盆休みでディーラーも販売店もお休みで困っております。

Aベストアンサー

もう開きましたか?

炎天下に駐車してある古いスライドドア車は、ドアのゴムパッキンが熱で溶けてくっついてしまう事がありますよ。
自動スライドドアではない車種ですから、おそらくこれが原因ではないでしょうか?

対処法は・・・とにかく引っ張る(笑)。
後方に引くのではなく、ドアをまっすぐ真横(車の左側)に強く引っ張るとバリバリっととれますよ。
我が家の愛車(平成4年式ミニバン)は夏になると毎朝この状態で大変です・・・。


人気Q&Aランキング