事情が有り債権(金銭)譲渡を受けました。債権譲渡人より債務者に内容証明にてその旨を配達証明付きで送達致しました。付きましては債務者に請求書を近々に送達致しますが以前は特段、金利の定めが有りませんでしたがこれからは債権譲受人
(私=新債権者)より金利が発生する旨をあわせて送達したいのですが金利を発生させても良いでしょうか?又、特段金利の定めがない時には民法で規定(利率)が有ると思いますがどなたかご教授お願い致します。尚、民法第00条かあわせて教えて頂けると幸いです。以上宜しくお願い申し上げます。

A 回答 (1件)

 法定利息は、債務者が遅滞の責めに任じる時期より発生します(民法412、民419)。

法定利息は民法404条(年5分)に規定があります。

参考URL:http://terubozu.3nopage.com/library/jobun/minpou …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shoyosi様へ

簡潔明瞭なご助言を頂き感謝申し上げます。尚、参考条文もご紹介頂き重ねて御礼
申し上げます。

お礼日時:2001/04/15 10:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定款に株式譲渡価格を定められるか

税法では同族株主が株式を譲り受ける場合、株式の時価評価額で取得することが定められていますが、定款に「株式の譲渡価格は発行価格とする」と定めれば時価評価額に拘わらず発行価格(例えば1株5万円)で譲渡できる、ということを聞きました。
実際、定款に定めている会社がありますが、税法、関連法に抵触することは無いのでしょうか?
尚、対象は株式非公開会社です。

Aベストアンサー

まず、株式の譲渡価格については、税法では何ら制限していません。ここを誤解なさっています。税法が規律するのは課税上の評価額であり、当事者間の取引額は規律しません。これを規律するのは民法(その他の私法)です。

株式譲渡価額についての定款の定めは、原則として当事者間の取引額を拘束するものと解されています。そのため、「時価評価額に拘わらず発行価格で譲渡できる」ことが可能となります。ただし、その価額が公序良俗違反といえるとき、例えば債務超過会社の株式を1株5万円で譲渡するなどのときは、定款の定めが無効となり、当事者間の取引額は定款に拘束されません(民法90条)。

そして、いずれの場合でも、税法上は、当事者間の実際の譲渡価額が時価と乖離し、これが課税上の評価額といえないときは、差異調整が行われることになります。

Q債権回収 債務者の居所を突き止める方法は

発注元である会社(株式会社)に、請求書を送ったのですが、支払期日が来ても入金がありません。調べてみると、その会社には社員が残っているのですが、社長(20代後半)がどこかへ雲隠れしてしまい、連絡がとれないとのこと。その会社の社員への給料支払はもちろん、他の発注先への支払も止まっているようです。当然、その会社の業務もストップしています。

法務局で取ってきた登記簿には社長の自宅が記載されているのですが、賃貸マンションにひとり暮らしをしており、様子を見る限りそのマンションには帰ってきていないようです。これでは支払督促などの法的手段も通じない状況です。

他の役員2名の内、1人は社長の母親です。もう1人はその会社に常勤していない外部の人間のようです。
何とか社長の実家を探しだし、社長または役員である母親に責任を取らせたいのですが、住所や居所を突き止める方法はないでしょうか。

またこの様な状況で、他に債権回収できるよい方法があればアドバイスをください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大変お困りのことと思います。
私も以前、同じことがあって、結局600万円が回収できませんでした。
参考になるかどうか・・・私の経験ですが。

とにかく、もう探偵になった気分で行動する。
そして、多少の無茶はやってもしょうがないと自分に言い聞かせる。
それから行動です。

1、もう一度、請求書を普通郵便で出してみてください。
宛名不明で返ってこなければ、郵便局に転送先を知らせてあることになります。
返ってこなければ、「内容証明」を送ります。内容証明の書き方は、恐れ入りますが、ネットで調べてください。
請求期限は一年です。商業の場合、一年以上請求しなければ、権利を失います。郵便物が届く限り、送り続けてください。

2、社員とタッグを組む。
これは、なかなかいいですよ。私は社員を通じて社長を見つけました。
社員も給料をもらえず、困っているのですから、情報交換をこまめにしましょう。

3、取引業者とタッグを組む。
これもいいですね。こちらとも、情報交換をこまめにしましょう。

4、賃貸マンションには必ず、大家さんと借主とその保証人の三者が存在します。
大家さんを探しましょう。
そのマンションの近所の「一軒家」に聞き込みすればすぐわかります。
大家さんは必ず周辺の住民と顔なじみです。
大家さんに事情を説明すれば話が分かってくれるかもしれない。
もしかしたら、大家さんも家賃滞納で被害者になっていれば、なおさらラッキー。一緒にタッグを組みましょう。
その時は、簡単に保証人を教えてくれます。
今回のケースだと、たぶん、保証人は母親だと思いますよ。

5、その会社には、いくらの債権があるか調べる。
私のケースでは、その会社の負債が5億で、私のところが600万の債権を持っていました。
取引業者などから調べていくと、億単位の債権をヤクザが持っていることがわかりました。
債権者として裁判してもよかったのですが、最終的に裁判費用すら回収できないと判断したので、あきらめました。

6、どれも難しければ、もう探偵ごっこしかないですね。
・・・住民票は本人でなくても取り出せます。転居届けが出てればビンゴ!
・・・本人を装って、電話局、電力会社、水道局、ガス会社へ電話をかける。
   「住所移転の届けをしたが、うっかり間違った住所を言ったかもしれないから確認をしたい」と言ってかけます。
   その時に、相手に新住所を言わせることができればバッチリ。演技しましょ。
・・・近所での聞き込み。刑事ドラマですね。行きつけのお店なども調査。

7、居場所が分かれば、張り込みです。帰って来た所を締め上げましょう。

参考になりましたでしょうか。
とにかく、ふさぎこまず、頑張ってください。

大変お困りのことと思います。
私も以前、同じことがあって、結局600万円が回収できませんでした。
参考になるかどうか・・・私の経験ですが。

とにかく、もう探偵になった気分で行動する。
そして、多少の無茶はやってもしょうがないと自分に言い聞かせる。
それから行動です。

1、もう一度、請求書を普通郵便で出してみてください。
宛名不明で返ってこなければ、郵便局に転送先を知らせてあることになります。
返ってこなければ、「内容証明」を送ります。内容証明の書き方は、恐れ入りますが、ネ...続きを読む

Q決算時、同一会社の債権債務の相殺。

決算時、どうして同一会社の債権債務の相殺するのか教えてください。
一般的に相殺するものなのですか?

Aベストアンサー

一般的には、しないものと思います。貸倒引当金計算の過程では同一会社の債権債務を相殺しますが、これは単に計算上の内部処理に過ぎず、実際に債権債務を減らすものではありません。

御社でおこなっている決算合わせの相殺が、実際に債権債務を減らすものであるのならば、それは御社独特の処理といえます。その理由は御社で確認していただくのが最も確実ですが、債権債務のスリム化が目的なのかもしれません。


なお、相殺は、契約など、両者の合意があれば、することが出来ます。また、自社にとっての債務が支払期限を迎えていれば、相手の同意が無くても相殺できます。

言い換えると、両者の合意があるか、自社にとっての債務が支払期限を迎えているのでない限り、勝手に相殺して債権債務を減らすことは出来ません。

したがって、御社で、相手方の合意ないし同意を得て相殺をしているのであれば、特に問題ないといえます。他方、相手方の合意や同意もなしに相殺をし、実際に債権債務を減らしているのであれば、それは違法な処理となってしまいます。

Q売掛債権回転期間と買掛債務回転期間について教えてください

売掛債権回転期間と買掛債務回転期間について教えてください

1)売掛債権回転期間
売掛債権回転期間=売掛債権÷(売上高÷12)
何か月分相当の売掛債権が残っているかを表すというのはわかるのですが、なぜそれが「平均何ヶ月で売掛金が現金回収されるか?」ということになるのか、ピンと来ません。
売上債権というBSと売上高というPLの数字で、なぜキャッシュがわかるのでしょうか?解説いただけると幸いです。

(2)買掛債務回転期間も同じです。
買掛債務回転期間=買掛債務÷(仕入高÷12)
何か月分相当の買掛債務が残っているかをあらわすことまでは理解できるのですが、「買掛債務の返済(支払い)に何ヶ月要しているか」がなぜわかるのか、ピンと来ません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡単なモデルを作って考えてみましたか?

例えば年間の売上高が120万円だったとしましょう。
すると毎月の売上金は10万円で、それがすべて売掛金処理だとすると単純計算で売掛金は毎月10万円増えることになります。
1ヶ月で回収しているのであれば、毎月の売掛金残高は10万円ですね。
(先月の売掛金10万円は回収できているから)
もし20万円であるのなら、2か月分の売掛金がたまっていることになります。
つまり先月と先々月の売掛金がたまっているので、平均すれば売掛金は2ヶ月で回収しているということになります。

買掛金についても然り。

キャッシュについては、売掛金が売り先への貸付金、買掛金が仕入先からの借入れと解釈できますよね?
貸付けや借入れがキャッシュにどのような影響を及ぼすかは、自ずと分かってくると思います。

Q債権と債務を対当額で相殺したという事は具体的にどうゆう事ですか?

先日、雑誌の経済記事を読んでいて意味がよく分からなかったので、意味をご存知の方、教えて下さい。

(1)ある企業Aが企業Bに1000万円の債権があり、又企業Aは企業Bに対して100万円の債務があった時に、企業Aが債権と債務を対当額で相殺したという事は具体的にどうゆう事ですか?
1000万円から100万円を引いて900万円に債権が減ったという事ですか?
それとも、1000万円の債権を100万円の債務で±0にしたという事ですか?

Aベストアンサー

>1000万円から100万円を引いて900万円に債権が減ったという事ですか?

そういうことだと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報