今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

自転車は乗らないとタイヤの空気が抜けるって聞きましたが、
どのくらい乗らないとそうなりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

うーん・・・乗っても乗らなくても減ることは減りますよ



高圧指定のスポーツ車では毎週入れています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうなんですか。

お礼日時:2010/12/23 10:05

 乗っていると、タイヤの空気の状態は常に分かるので入れるが、乗らなくても空気は抜けていきます。

その為に、いざ、乗るときに気がつくことが多いのでそう感じるだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なるほどです。

お礼日時:2010/12/23 10:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乗らない自転車の空気は抜けやすい?

長く乗っていない自転車の空気は抜けやすいという人がいますが,常に乗っている方が抜けやすいようにも思いますが,本当のところはどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

>常に乗っている方が抜けやすいようにも思いますが

 勿論そのとおりですよ。人が乗れば重みがかかり、空気は抜けやすくなりますよね。

 では、何故そう言う人がいるかいるのか想像してみましょう。

 よく乗る自転車は、空気が減ったら、補給しますよね、でも、乗らない自転車は減っても補給しません(乗らなくても徐々に空気は抜けていきます)。
 そうすると、「よく乗る自転車は空気がちゃんと入っている。乗らない自転車は抜けたまま。」となり、外見上、使わない自転車は、空気が抜けている状態を見ることが多いですから、そう思い込まれているということなんだと思います。

Q車のタイヤの空気 長いこと乗らないと減るのは何故?

車のタイヤの空気が長いこと乗らないと減るのは何故でしょうか?
車を乗っていようがなかろうが同じ時間なのに何故かなと疑問に思いました。
何かお分かりの方がいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何時も乗っていれば、ホイールとタイヤの接合面はある程度の均一的な圧力で密着している。
しかし長時間、同一部が地面に接地していると、その近辺の接合部に不均衡な圧力が生じる。
その結果、ホイールとタイヤの接合部から少しずつ空気が抜けてくる。(これは、私の考察なので正しいかはわかりません)

Q時々乗る自転車の空気がやや抜けている

時々乗る自転車があります。
乗ろうとすると、大体の時、やや空気が抜けています。
乗れないということはないんですが、タイヤの設置面積が多いのがわかります。
そのまま乗ってしまうときもありますが、気になるので空気をちゃんと入れなおしてから乗っています。
空気は屋外で手動で入れています。
困るのが時間のない時や多少の雨の時です。
多少の雨の時は、物置の中での空気入れ作業は、床を傷めますしできません。
虫ゴムは新しくしてありますし。
でもこの自転車は新しかったころからそうなんです。
前のタイヤ、後ろのタイヤ同様です。
昔乗っていた別の自転車では、時々乗る程度で空気が気になるほど減るなんてことは滅多になかったです。
今の自転車の、乗るたびに空気の減る現象をどうにか改善できないでしょうか。
問題点や方法を教えてください。

自転車:20インチ・折り畳み式

Aベストアンサー

私も5年程乗った自転車の故障に悩まされています。同様の症状で自転車屋に持ってったところ、タイヤ交換を強く勧められました。(4000円)とりあえずパンク修理を御願いしたところ、バルブを交換してもらうだけで空気抜けが無くなりました。(500円)今から思うとタイヤ修理用スプレーを使ってくれたのではと考えています。雨でタイヤが傷むらしいので、最近はカバーを丁寧にかけるようにしています。。。

Qパンクでもなく虫ゴムでもなく自転車の空気が抜けます。

子供用の自転車の新品を購入したばかりですが、何故か2・3日で前輪の空気が抜けてきます。
自転車屋さんに見てもらい、パンクではないことから、虫ゴムを交換してもらったのですが、やはり2・3日で前輪だけ空気が徐々に抜けてきます。
チューブ・虫ゴムに問題ないなら空気が抜けることはないと思うので、わからなくなりました。
誕生日のプレゼントで子供は気に入っているので、なんとか原因をつかめたいのですが、どこが悪いのか困っております。どこに問題があるかお分かりになる方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

多分チューブ交換しないとなおらないと思います。

新車で最初から空気が漏れる原因多くはチューブの不良品です。
製造段階でチューブとバルブの付け根部分の接着が完全にできていなくて漏れる場合があります。(中国製の自転車に多い)
この場合の検査方法は水検査でバルブを曲げてみて空気が漏れないか調べないと見つけることができません。
前輪であれば自分で交換もできるでしょうが自転車屋でも最初からチューブ交換を頼んだ方が間違いなくなおります。

Q自転車のタイヤの空気がすぐに抜けてしまいます。

自転車の空気がすぐにぬけてしまいます。
原因は何でしょうか?
自転車は去年の春に新品で買ったものです。
もうタイヤを新しくしないといけないでしょうか?

また、最近自転車のかごに、怪しい修理屋の宣伝カードが入っていたのですが、その修理屋が自転車に細工でもしたんじゃないかと思いました。
これは考えすぎなんでしょうが…
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

修理屋を疑う前に、空気が抜ける原因を考えてみると、
1.チューブがパンクしている。
2.バルブが緩んでいる。
3.バルブの虫ゴムに穴が開いている。
などが考えられます。

1のパンクには、(1)チューブが経年劣化して、空気圧に耐えられなくなり、漏れる。(2)釘や針金が刺さり、穴が空いて空気が漏れる、ことが考えれます。
(1)は、チューブ交換が必要です。私の場合は5年ぐらい経ったある日、空気を入れたら抜けて空気圧を保てないことが判ったので交換しました。(2)は、100円SHOPで売っているパンク修理キットなどで直します。また、穴が大きい場合はチューブ交換した方が早いでしょう。

2のバルブ緩みは、ネジをよく締めてみてもう一度空気を入れてしばらく様子を見ると判ります(5分~1時間で、空気を入れた直後のチューブの硬さと変わっているかどうかで判断)。

3のバルブ虫ゴムの穴あきも見つけにくいですが、1・2で異常がないのに空気圧が低下する場合に、一度バルブのコアを外して虫ゴムをチェックしてみる必要があります。ゴムがズレていたり、空気穴あたりに穴があいている場合は交換した方がよいでしょう。

参考URL:http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/tube.html

修理屋を疑う前に、空気が抜ける原因を考えてみると、
1.チューブがパンクしている。
2.バルブが緩んでいる。
3.バルブの虫ゴムに穴が開いている。
などが考えられます。

1のパンクには、(1)チューブが経年劣化して、空気圧に耐えられなくなり、漏れる。(2)釘や針金が刺さり、穴が空いて空気が漏れる、ことが考えれます。
(1)は、チューブ交換が必要です。私の場合は5年ぐらい経ったある日、空気を入れたら抜けて空気圧を保てないことが判ったので交換しました。(2)は、100円SHOPで売っているパン...続きを読む

Q半日ほどすると、タイヤの空気が抜けてしまう。

車庫に保管してある、たまにしか乗らない自転車を使おうかと思ったら、タイヤの空気が抜けていました。ぺちゃんこです。
自転車は買ってから、5年です。以前空気を入れたのは2ヶ月前です。
乗っていないので、釘などによるパンクではないと思います。
どうして、なぜ、どこが悪くて、どこから空気は抜けてしまったんでしょう。
実際昨日、自転車を使う用事があったので、空気の抜けたタイヤは、どこも修理せず、そのまま空気入れで空気を入れてみたら、タイヤに張りが出てきたので、500mくらいの往復をはしりました。
走行後のタイヤは空気も入っていて張りもあったので夜はそのまま車庫にしまいました。
ところが朝になってみると、昨日のように空気が抜けてしまっているんです。
ぺちゃんこです。
自転車にお詳しい方なら、幾つかのケースや要因の予想ができるのでは、と思いました。
空気が抜けるのは、どこの何という部品がどのように悪くて空気が抜けていると考えられますか?
原因の特定はどうすればできますか?
悪い部分のどの部品をどう直せば空気が抜けなくなり支障なく走れるようになりそうですか?
お金もないので、なるべく自分で直せるのでしたら自分で部品を買ってきて自分で直したいのです。
部品は幾らぐらいで売っていますか?
困ってしまってどうか教えてください。

車庫に保管してある、たまにしか乗らない自転車を使おうかと思ったら、タイヤの空気が抜けていました。ぺちゃんこです。
自転車は買ってから、5年です。以前空気を入れたのは2ヶ月前です。
乗っていないので、釘などによるパンクではないと思います。
どうして、なぜ、どこが悪くて、どこから空気は抜けてしまったんでしょう。
実際昨日、自転車を使う用事があったので、空気の抜けたタイヤは、どこも修理せず、そのまま空気入れで空気を入れてみたら、タイヤに張りが出てきたので、500mくらいの往復をはしり...続きを読む

Aベストアンサー

いわゆる「むし」と言う物が悪いのだと思います。
空気を入れる部分の穴に、空気を入れた後に唾を少し付けてフタをしてみてください。
しばらくして、唾でフタをしたところがふくらんでくれば「むし」が痛んでしまっています。
空気を入れる部分のネジを左回しにゆるめ、空気を入れる細い筒を引き出すと、さらに細くなった部分にゴムのチューブが被せてあるはずです。
そのゴムが古くなって亀裂が出来たか伸びが悪くなったかでしょう。
いわゆる「わいて」溶け掛っていることも有ります。
ホームセンターや自転車店で、空気入れの「むし」を購入してください。
百円以内で売っていると思います。
古い「むし」を取り除き、新しいゴムチューブ製の「むし」を空気入れ部品に差し込んで、元の通りに自転車のリムにはめ込みネジを締め込めば完成です。
改めて空気を入れ、初めにしたように唾で空気入れ穴にフタをして、しばらくしてもふくらんでこなければ完成です。

ただし、タイヤチューブに小さな穴があって漏れている場合も有ります。
リムのタイヤ隙間からチューブを外して空気を入れ、水につけてみればアワブクが出てくるので穴の部分が見つかります。
チューブ修理剤を購入して貼り付ければ治ります。
しかし、それには有る程度の知識がないと無理ですから、その場合はホームセンターや自転車店でなおしてもらいましょう。
千円程度でなおしてもらえると思います。

いわゆる「むし」と言う物が悪いのだと思います。
空気を入れる部分の穴に、空気を入れた後に唾を少し付けてフタをしてみてください。
しばらくして、唾でフタをしたところがふくらんでくれば「むし」が痛んでしまっています。
空気を入れる部分のネジを左回しにゆるめ、空気を入れる細い筒を引き出すと、さらに細くなった部分にゴムのチューブが被せてあるはずです。
そのゴムが古くなって亀裂が出来たか伸びが悪くなったかでしょう。
いわゆる「わいて」溶け掛っていることも有ります。
ホームセンターや...続きを読む


人気Q&Aランキング