今年板を買ったばかりです。
板を買うときにどうせならホットワクシングをした方が良いと言われ、セットを買いました。
ガ○ウムのセットを買い、ベースのピンク2回、紫1回、青1回をかけました。
滑走ワックスはかけていません。(レースに出ないなら必要なしと聞いたので)

斜面を滑るときは気にならないのですが、すごく緩い斜面を滑るときやスケーティングするときに滑りが悪いです。(リフト乗り場への移動等)
緩い斜面を他の人と同じスピードで滑っていてもこちらの方がすぐにスピードが落ちます。
スケーティングでも一漕ぎで進む距離が短く、抵抗を感じます。

ゲレンデは気温マイナス10度前後。雪はパフパフの新雪、乾いたサラサラの雪、もしくは凍りかけのガリガリの雪でした。

原因は何でしょうか?
ワックスのかけ方?ワックスの選定?
そもそもの板の問題?

考えられる原因と改善方法をよろしくお願いします。

A 回答 (7件)

#5です。


ラインナップを見るとガリウムのワックスセットを購入されたみたいですね。
確かに、このセットには滑走ワックスが含まれてませんね。
状況的に、ベースWAXだけの状態で新雪に対応し切れなかったんじゃないかなって気がしてきました。
ベース+リキッドも勿論ありです。僕もサークル時代合宿の時なんかに良くやってました。
出来れば、せっかく凝りだしたのだから滑走ワックスも塗ってあげてほしい所ですが、まずは楽しく気持ちよく滑る事が一番だと思います。
    • good
    • 25

ホットワックスを毎回かけることができる時間があるのであれば毎回かけた方が絶対良いです。


また、ホットワックスを掛けても滑走性は1日持つか持たないかと言われています。
私は毎回かける時間もスクレイピングする場所も無いので、
基本的に2回に1回程度ワクシングペーパーを使って薄めにワックスをアイロンし、
スクレイピング無しでスキー場で滑りながらワックスを落としています。
環境に悪いと言われると返す言葉もないのですが・・・。

で、本題から逸れていましたが、ワックスを剥がしていなかったとしても、
リフトを2~3本(リフトの長さによりますけど)滑れば、
かなりの量のワックスが剥がれ落ちていると思います。
恐らく帰る頃には綺麗にソール面が出てきていると思うので、
スクレーピングの問題では無いと思います。
また、ワックスの選択ミスの問題ですが、温度範囲の選択ミスよりも
何より滑走ワックスを入れていないことが大きな間違いだと思います。
しかし、セットで買われたのならベースが3種で滑走が0なんてありえないと思うんですが、
私はベース1種に滑る地域に合わせて2種類の滑走ワックスを使い分けしています。
板が短かったり、体重が軽ければ緩斜面でのスピードはでません。
子どもと直滑降をすればすぐに分かります。
原因をはっきりさせたければ、板の名前と長さ、購入されたワックスのセット名とワックスのかけ方。
この3点を明示して頂けるともっと確実な原因が見えてくるのではないでしょうか。

この回答への補足

みなさんありがとうございます。
ワックスの後はスクレーピングして、ナイロンブラシ、馬毛ブラシをかけています。

やっぱり滑走ワックスを入れていないことが問題なのですね。
ベースだけホットワックスで、その上にリキッドワックスっていうのは有りでしょうか?
せっかくアイロンも持っていることだし、1回滑走ワックス買ってみて滑りの変化を見た方が良いですか?

ちなみに、
身長/体重:150センチ/41キロ
板:フォルクル アイレ 148センチ
ワックス:ガリウムのセット。(エクストラベースワックスピンク・紫・青)
ワックスのかけ方:アイロンで柔らかくして生塗り→ワクシングペーパーを使って塗りのばす→30分放置→スクレーピング(カスがでなくなるまで)→紫・青を同じ手順でかける→最後にブラッシング(ナイロン→馬毛)→クロスで拭き取り

です。

補足日時:2011/01/05 18:41
    • good
    • 11

同じような回答になりますが、ホットワックスはスクレイパーで削って、コルクして、ブラシしてと手間がかかります。

現在はスプレー式のワックスの性能が上がっているので、競技等に出る場合で無い限り、通常のゲレンデ乗り位なら必要ないと思います。

ただし、せっかくWAX買ったのに無駄になったとは思わないで下さい。シーズオフの保管にはホットワックスは抜群の力を発揮します。
シーズンの最後にリムーバー等も使って汚れを良く落としてから、厚めにホットワックスを掛けて保護してやることで、シーズンオフ中のエッジの錆や滑走面の酸化から板を守ってあげる事が出来ますよ。
    • good
    • 17

0.1秒を争う大会なら話しは別ですが、普通のゲレンデスキーヤーならかなりの所までリキッドワックスで特に困ったことがありません


それにそんなに雪質が色々の場所ではホットワックスは向かないかもしれないです
    • good
    • 8

塗ったあと、ちゃんとスクレーパー掛けましたか?



塗っただけなら表面は凸凹ですから抵抗があるのは当たり前です
    • good
    • 41

「ベースワックス」だけかけても滑らないのは当然です。

「ベースワックス」というのは「滑走(トップ)ワックス」の持ちをよくするためだけのものであって滑走性を高めるものではありませんから。
滑走ワックスは毎回塗り、ベースワックスは数回(数日)に一回塗り直せばいいでしょう。
また、当然ですがワックスがけの後、スクレーパーで丁寧にワックス削りをする、ブラッシングするなどの仕上げしないと逆効果です。
参考に↓
http://www.galliumwax.co.jp/tuneup_alpin.html#al …
    • good
    • 3

ホットワックスの温度があっていないことも考えられますが、


初心者で多いのは、削り不足だと思います。ワックスのあと
ペラペラに薄く削らなければ、かえってすべりが悪くなります。
正しいホットワックスは、30分も持たないですよ。
レース1本ごとに塗り直しが普通です。

最近の板であれば、レーシング用の一部の板以外は、
ワックス無しでも十分滑りますし、塗るとしても
スプレータイプのものがよく滑ると思います。

とりあえずスクレーパーで落とせるだけ落としてください。
    • good
    • 8

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報