妻は、現在は国民保険の第3号被保険者ですが、過去には数年OL勤務をした経験があります。2011年5月に満60歳となり、厚生年金の報酬比例部分の受給資格が発生します。一方、夫は2012年の7月に現役を引退し、厚生年金の報酬比例部分の受給をする予定です。そして、夫は2013年1月からは、特別支給の老齢厚生年金が受け取れる年齢になります。
その場合、妻の厚生年金の報酬比例部分を受給したままでは、夫に加給年金が払われないということがあるのでしょうか?
そうではなく、妻が65歳(2016年5月)になるまでは、そのまま継続して夫に加給年金が払われ、その後は自動的に妻への振替加算に移行してもらえるのでしょうか?
あるいは、妻が63歳に到達(2014年5月)したところで、妻にも老齢基礎年金が給付され、それに合わせて、加給年金が停止となり、振替加算も行われるのでしょうか?
以上の件についてよろしくご指導ください。
また、以上の件に関して、手続は妻も夫も、それぞれの受給開始のとき、一回だけでよろしいのですか?それとも、その後の切り替えにあたっての手続が必要でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

NO.1の回答者です。


ご夫婦の生年月日を誤認していたようなので回答し直しします。
旦那さん・・昭和23年1月生まれ
奥さん・・・昭和26年5月生まれ
で正しいのでしょうか?

となると、旦那さんが64歳になった時に、加給年金の対象者がいれば、その届出を
出して、そのあとで奥さんが65歳になるまでは旦那さんに加給年金が支給されます。
届出を出さないと加給年金は入ってこないので注意してください。

特別支給の老齢厚生年金=60歳~65歳までの間でもらえる年金のことです。
2013年からは、通常の老齢厚生年金がもらえるという話になります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

わかりました。
ありがとうございました。
届出を出し忘れないように注意したいと思います。

お礼日時:2011/01/12 12:00

旦那さんが昭和27年生まれであれば、仮に加給年金をもらえる資格を持っているとすると、


通常は旦那さん自身が65歳になってから支給されます。その前に奥さんが65歳に達した場合は加給年金は全く支給されず、奥さんが65歳になった時に振替加算を付ける申し出をして、奥さんに振替加算がつくだけです。

 手続は通常は60歳の時と65歳のときになります。65歳の時は年金機構からハガキがとどいて、それに名前を書いてポストに入れれば手続き完了です。

間違っている部分がありましたら、他の方のご指摘をお願いします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

夫が特別支給の老齢厚生年金を受けている間は(つまり、65歳に到達するまでは)加給年金はつかないということでよろしいのですね。
また、夫が65歳に到達後は、妻が65歳到達までは、自動的に加給年金が支払われるということでよろしいのですね。
なお、夫の年齢は昭和23年生まれです。

お礼日時:2011/01/11 08:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q振替加算の金額は、加給年金と同金額でしょうか?それとも????

夫67歳(S24年1月生まれ)で現在加給年金¥386,000円(¥161,500円の特別加算を含む)を受給しています。
妻60歳(S31年11月生まれ)で今現在厚生年金保険を継続支払中です。
妻の国民年金加入期間;263ヶ月、厚生年金保険加入期間;210ヶ月で更新中です。
妻が65歳定年まで勤めると厚生年金保険加入期間は260ヶ月となり240ヶ月を超えるので、振替加算の条件を外れることになります。この場合、まずは妻が60歳の年金請求時に夫の基礎年金番号をそえて振替加算請求しておくべきでしょうか?
妻の65歳からの老齢年金の見込み額は、老齢基礎年金;¥772,800円、老齢厚生年金の報酬比例部分;249,888円となっています。(ねんきん定期便より)
さてここからがタイトルの本題ですが、現在の夫の加給年金¥386,000円は妻が65歳の時に停止され
その替わりに妻の老齢基礎年金に加算されますが、その振替加算金額は妻の生年月日から率0.200とあり、¥224,500円×0.2=¥44,900円のようですが、この試算は正しいでしょうか。
あまりの減額に間違いであってほしいと思って質問させていただきました。
また特別加算の¥161,500円の部分は停止されるだけで振替はないのでしょうか?
併せてご教示いただきたくよろしくお願いします。

夫67歳(S24年1月生まれ)で現在加給年金¥386,000円(¥161,500円の特別加算を含む)を受給しています。
妻60歳(S31年11月生まれ)で今現在厚生年金保険を継続支払中です。
妻の国民年金加入期間;263ヶ月、厚生年金保険加入期間;210ヶ月で更新中です。
妻が65歳定年まで勤めると厚生年金保険加入期間は260ヶ月となり240ヶ月を超えるので、振替加算の条件を外れることになります。この場合、まずは妻が60歳の年金請求時に夫の基礎年金番号をそえて振替加算請求しておくべきでしょうか?
妻の65歳から...続きを読む

Aベストアンサー

う~ん
条件を何度か読み返してみるのですが…
結論を言うと振替加算はない
が答えだろうと思います。

奥さんの厚生年金加入期間が240ヶ月以上と
なってしまうんですよね。
奥さんが65歳になった時点で、ご主人の
加給年金、特別加算は停止となり、
奥さんの振替加算もありません。
その代わりに、と言ってはなんですが、
奥さんの老齢年金が受給開始となります。
また、奥さんの報酬比例部分(老齢厚生
年金の特別支給)は62歳から受給開始
となります。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-03.files/kaishi.pdf

但し、奥さんの給料によっては在職
老齢年金の制度により、減額となる
可能性はあります。
https://www.nenkin.go.jp/pamphlet/kyufu.files/0000000011_0000027898.pdf

加給年金はいわば、家族手当なので、
奥さんの年金受給(特に厚生年金)が
一定以上ある場合は受給開始とともに
手当ては打ち切り、となるのです。

私の所も妻は結構年下なので、加給年金
の受給期間は長めではありますが、
妻の年金受給が65歳で開始されると
打ち切りになります。
(振替加算の条件は最初からなし)

質問の後半の振替加算の受給割合は
奥さんの厚生年金加入期間が240ヶ月未満
であれば、受け取れる金額です。
合ってると思いますよ。

奥さんが報酬比例部分を受給する少し前の
段階で厚生年金を脱退された方が、受給額
としては効率がよいと言えるかもしれません。

いかがでしょうか?

参考
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/kakyu-hurikae/20150401.html

う~ん
条件を何度か読み返してみるのですが…
結論を言うと振替加算はない
が答えだろうと思います。

奥さんの厚生年金加入期間が240ヶ月以上と
なってしまうんですよね。
奥さんが65歳になった時点で、ご主人の
加給年金、特別加算は停止となり、
奥さんの振替加算もありません。
その代わりに、と言ってはなんですが、
奥さんの老齢年金が受給開始となります。
また、奥さんの報酬比例部分(老齢厚生
年金の特別支給)は62歳から受給開始
となります。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/juky...続きを読む

Q厚生年金3号被保険者の年金保険扱いについて

来年1月末に高卒で1971年4月から41年10ヵ月勤めた現会社を定年退職する予定です。
私は、現在59歳10カ月(1953年1月生まれ)、配偶者は、私より3歳半年下で57歳3ヵ月(1956年7月生まれ)です。
私は、入社時から厚生年金には加入しています。配偶者は、7年程度厚生年金に加入期間しておりでそれ以降は、私の厚生年金3号被保険者となっています。但し昭和56年から昭和61年の年金改定時までは、空白期間ですが・・・
そこで、質問です。
★私が退職後、配偶者は、国民年金に加入すべきでしょうか?
 加入すべきであれば、今後の加入期間及び
その手続き方法と加入する場合の金額(保険料)の算定方法をお教え下さい。
 (配偶者は、専業主婦で無収入です)

非常に初歩的な質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.2です。
お礼いただきありがとうございます。

>もう少し勉強させて頂きます。

勉強されるのはとても良いことですが、「自分で調べて自分で判断する」のはあまりお勧めしません。

最低でも一度はお近くの年金事務所を訪れて、ご自身と奥様の詳細な加入記録が分かる状況で職員さんの説明を受けられたほうが良いと思います。
そうすれば少なくとも自己判断による申請漏れ(受給漏れ)は防げますし、そのうえで年金事務所の説明に不足を感じるのであれば、【老齢年金に詳しい】「社会保険労務士」さんなどに相談するというのが無難な方法だと思います。

(参考)

『加給年金額と振替加算』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3224
『65歳未満の妻がいればもらえる「加給年金」』
http://nenkin.news-site.net/otoku/kakyunenkin.html

『日本年金機構>全国の相談・手続窓口』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/index.jsp

ANo.2です。
お礼いただきありがとうございます。

>もう少し勉強させて頂きます。

勉強されるのはとても良いことですが、「自分で調べて自分で判断する」のはあまりお勧めしません。

最低でも一度はお近くの年金事務所を訪れて、ご自身と奥様の詳細な加入記録が分かる状況で職員さんの説明を受けられたほうが良いと思います。
そうすれば少なくとも自己判断による申請漏れ(受給漏れ)は防げますし、そのうえで年金事務所の説明に不足を感じるのであれば、【老齢年金に詳しい】「社会保険労務士」さんなどに相...続きを読む

Q母の年金と父の加給年金は?

年金についてほとんど無知なのでおかしなところがあると思いますが
補足に訂正させていただきます。

(1)母はS21.8.28生まれ 60歳
 年金の手続きは何かするものなのか?
 父の扶養に入っていました。

(2)父はS17.7.25生まれ 64歳
 現在年金受給中、今年の9月で厚生年金払込 20年
 受給し始めた時は 加給年金の受給年数にたっしていなかった。
 20年に達した段階で 自分でなにか手続きをするのか?
 
昨日、母との会話で 年金の手続きってお役所から何か
送ってきてくれるんでしょ、との母の言葉により
年金手続きって自分でするもんじゃないの?
じゃあ いつからもらえるの、どうするの?と聞かれ
どう説明したらいいもんか詳しくはわからなくて。

すいませんが よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>定額部分は62歳からなのですが報酬比例部分は60歳からうけられるんですよね。
そうです。

>社会保険事務所にいけばデータがちゃんとあって計算してくれる
そうです。たまにすぐに見つからずに探すこともあります。

>61歳になった時に定額部分を頂く手続きした際にさかのぼって報酬比例部分も頂けるんでしょうか。

どちらでも出来ます。60歳で手続きすればすぐにもらえますし、61歳で手続きした場合には遡ってもらえます。(5年以内であれば遡ることができます)

Q妻が第一号被保険者の場合、夫の厚生年金の分割は不可能?

主人が第二号被保険者で厚生年金加入、
私が第一号被保険者で国民年金(&2年前から国民年金基金)に加入しています。

こういう場合、離婚時の厚生年金の分割は不可能なのでしょうか。
分割は、妻が第二号か第三号でない限り無理なのでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

可能です。
不可能だと思う根拠は?
http://www.sia.go.jp/topics/2006/n1003.html

事実婚なら、妻が第3号被保険者だった期間の分に限られますが。

〉主人が第二号被保険者で厚生年金加入
逆です。
「厚生年金の被保険者」だから「国民年金の第2号被保険者」なんです。

Q配偶者加給年金について教えて下さい

20年近く障害厚生年金2級で 障害基礎年金+障害厚生年金+加給年金(妻)
を受給しており36年勤めた会社を今年の1月で60歳定年退職し再雇用で
働いています。

S31年1月生まれなので62歳になれば特別支給の老齢厚生年金を受けることができます。

(1-a)62歳で再雇用を止め障害者特例で   老齢厚生年金+老齢厚生基礎年金+加給年金(a)
(1-b)65歳で年金併給で          老齢厚生年金+障害基礎年金+加給年金(b)

(2)62歳で再雇用を止めこれまでと同じく 障害基礎年金+障害厚生年金+加給年金(妻)を継続
かを考えています。
加給年金にお伺いしたいのですが。

■(1-a)の加給年金(a)は特別加算された配偶者加給年金でしょうか。

■(1-b)の加給年金(b)は特別加算された配偶者加給年金でしょうか。

■妻はS35年7月生まれで私よりも4歳下なので私が69か70歳までになるまで
加給年金が支給されると思うのですが妻も働いており厚生年金保険の加入期間は
20年を超えています。
妻の厚生年金保険の加入期間が20年を超えていると配偶者加給年金は支給されない
らしいのですが(1-a)(1-b)とも加給年金自体支給されないということでしょうか。

■(2)の加給年金(妻)は妻が老齢厚生年金を需給するまで支給されるのでしょうか。

宜しくお願いいたします。

20年近く障害厚生年金2級で 障害基礎年金+障害厚生年金+加給年金(妻)
を受給しており36年勤めた会社を今年の1月で60歳定年退職し再雇用で
働いています。

S31年1月生まれなので62歳になれば特別支給の老齢厚生年金を受けることができます。

(1-a)62歳で再雇用を止め障害者特例で   老齢厚生年金+老齢厚生基礎年金+加給年金(a)
(1-b)65歳で年金併給で          老齢厚生年金+障害基礎年金+加給年金(b)

(2)62歳で再雇用を止めこれまでと同じく 障害基礎年金+障害厚生...続きを読む

Aベストアンサー

回答つきませんね。私のわかる範囲ですが…

まず、62歳で再雇用を辞め障害者特例で受給した場合
65歳未満
・特別支給の老齢年金の定額部分+(同)報酬比例部分+加給年金
65歳以上
・老齢厚生年金+障害基礎年金+加給年金
ということですね。
こちらの加給年金にはどちらも特別加算がつきます。

また、奥様が厚生年金に20年以上加入しているということですが、加給年金は奥様が20年以上加入している老齢厚生年金を受給されるまでは支給されます。
S35年7月生まれということですから62歳から特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分が支給開始になりますので平成34年7月分までは加給年金が支給されることになります。

奥様は民間の会社員だったのでしょうか。であれば特別支給の老齢厚生年金は男性より5年早く支給されます。S35年ということは男性で言えばS30年ですから62歳からの支給となりますが、公務員で共済年金だったけど一元化したので厚生年金と書かれているなら男女の支給開始年齢に差はありませんのであと2年加給年金期間が延びます。

Q厚生年金保険法の老齢厚生年金の配偶者加給年金に、生年月日に応じて加算さ

厚生年金保険法の老齢厚生年金の配偶者加給年金に、生年月日に応じて加算される特別加算について質問です。

この特別加算の額ですが、何かの額を元にして計算して出した額だったと思うのですが、思い出せません。

根拠となる額、計算方法を教えてください。

Aベストアンサー

老齢基礎年金の満額が基本になって、その1/2になるようにしています。
加給年金額227900円+特別加算168100円=396000円
792100/2=396050円≒396000円

特別加算は、夫婦がともに65歳になったときに世帯が受け取る年金の水準を基準としています。
妻が65歳になるまでは、年金額が少なくなりますから、その補填と考えて下さい。

昭和61年3月以前の旧法の世界では、夫が厚生年金、妻は無年金が当たり前で、夫の厚生年金だけで賄う考え方でした。厚生年金の定額部分も今とは違い、単価がかなり高くなっています。
昭和61年4月に、現在の年金制度になってからは、全員に年金の加入義務があることになり、妻も第3号被保険者になれますので、老齢基礎年金が65歳から発生します。

世帯で受け取る年金額を基準にして、夫の定額部分の単価や経過措置による定額開始時の違いを考慮しながら特別加算の金額が定められているようです。
このあたりの詳細については、私も理解していませんので、これくらいでお許しを。

Q加給年金について

テレビで年金についてしていたのですが、その時に加給年金というのをしていました。

厚生年金を加入している男性よりも配偶者が年下だと得をするというものでした。

私の両親ですが、父が厚生年金に20年以上、加入しており、現在は63歳です。すでに60歳から年金を受給しているのですが、母はまだ62歳です。

この場合、テレビの説明によると配偶者にも加給年金を受け取れるように思うのですが、父の受け取っている年金に自動的に加給年金が含まれているものなんでしょうか?
それとも加給年金は、改に申請する必要があるのでしょうか?

また、加給年金を受け取ると何がデメリットみたいなのはあるのでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お父様は現在63歳ということは昭和16年生でしょうか。それであれば・・・。

配偶者に対する加給年金の受給要件は20年以上(240月)以上の被保険者期間(厚生年金)を持つ人が受給権を取得した当時(60歳)、その人によって生計を維持していた65歳未満の配偶者がいる場合とされています。

質問の内容だけをみると加給年金は受給できるものと思われます。が、加給年金は新たに請求するものではなく、老齢厚生年金の支給が決定され、要件が合えば加給年金も同時に支給されるものです。
年金証書の下の部分に「厚生年金保険裁定通知書」というものがあると思うのですが、表に「加給年金額または加算額」の欄はどうなっているでしょう?確認してみてください。

また、加給年金は支給停止される場合があります。それは、あなたの両親の場合、お母様が20年以上の老齢厚生年金を受給している(場合によっては20年以下の場合もあります)場合や障害の年金を受給している場合。等々・・・

加給年金を受給してもデメリットはありません。
もし、どうしても疑問に思われるなら社会保険事務所でお聞きなるほうがよいでしょう。

お父様は現在63歳ということは昭和16年生でしょうか。それであれば・・・。

配偶者に対する加給年金の受給要件は20年以上(240月)以上の被保険者期間(厚生年金)を持つ人が受給権を取得した当時(60歳)、その人によって生計を維持していた65歳未満の配偶者がいる場合とされています。

質問の内容だけをみると加給年金は受給できるものと思われます。が、加給年金は新たに請求するものではなく、老齢厚生年金の支給が決定され、要件が合えば加給年金も同時に支給されるものです。
年金証書...続きを読む

Q第2号被保険者と第3号被保険者が将来受け取る年金額の差について

現在、サラリーマンの妻として第3号被保険者となっている者が、130万以上の給与を得るパートとして働く場合には、第2号被保険者として自分で年金や各種税金の支払いをしなければならないと思います。
そこで、ご質問があるのですが、(1)夫の妻として第3号被保険者となっている場合と、(2)年収が135万円で第2号被保険者となっている場合で、将来妻が受け取れる年金の差はあるのでしょうか?
また、第2号被保険者が将来受け取れる年金額は、夫の収入にも比例するのでしょうか?

Aベストアンサー

簡単に言えば
(1)国民年金部分の加入になりますから、老齢基礎年金のみ受給できます
(2)厚生年金に加入になりますから、老齢基礎年金+老齢厚生年金の受給になります
 金額は当然 (1)<(2) になります

>また、第2号被保険者が将来受け取れる年金額は、夫の収入にも比例するのでしょうか?
 ・ご自身が第二号の場合はご主人の収入は影響しません
 ・収入が影響するのは、ご主人自身が受給する老齢厚生年金部分です
 ・ご自身が第二号の場合は、ご自分の収入が、ご自分の老齢厚生年金部分に影響します

Q加給年金について教えてください。

加給年金について教えてください。

父 s13,10,20 71歳
母 s24,05,31 61歳

父は厚生年金20年以上加入しています。
現在2年前から病気で重い障害を持ち会話やコミュニケーションが
うまく取れない状況です。
母は現在収入なしです。

数年前に加給年金のことを知り父が年金事務所に行き加給年金のことを
聞きに行ったそうですがもらえないと言われたそうです。

先日加給年金の内容をテレビで放送されていたのをちょっとしか見れなかったのですが
そのことを母に聞いたところ理由はわからないらしく、ネットで色々調べたのですが
手続きさえすればもらえると思うのですがなぜもらえなかったのかわかりません。


教えていただきたいのは
1、加給年金はもらえますか?
2、加給年金は自己申請しなくてはいけないんですよね?
3、貰えるとしたら母が65歳までに申請をし、65歳までいただけるということですか?

よろしくお願します!

Aベストアンサー

1つめの加給年金の支給要件ですが、

(1)厚生年金に240月(20年)以上加入していること
(2)特別支給の老齢厚生年金の受給権の取得時
 (事例の場合はお父様が60歳当時)
 生計を維持している65歳未満の配偶者(妻)がいること

の2つの要件を満たしていれば、
60歳からお父様の厚生年金に加給年金が加算されます。

仮に、お父様の60歳当時、
お母様との間に生計維持関係がない場合
(夫婦で生計を同一にしていないか、あるいは、
年収850万円の年収を将来にわたって得られる妻)には、
加給年金は加算されません。
また、お母様が厚生年金等に20年以上加入していて
老齢厚生年金等を受給している場合や
障害基礎年金を受給している場合は、受給している間、
加給年金の権利はあっても支給は停止されます。

2つめの加給年金の申請ですが、
通常は、60歳当時に老齢厚生年金の請求と同時に
加給年金についても同一の請求書で請求することになっていますので、
遡及して請求する場合はどうしたらよいか
年金事務所にいかれて相談する必要があると思います。
(60歳以降に加給年金の加算事由が生じた場合は
加給年金額加算事由該当届を提出することになっています。)

3つめの申請の時期や支給期間ですが、
お母様が65歳になるまで加算が行われます。
既に受給権発生から10年以上経過しているため、
5年より前の分については時効になってしまっています。
そのため加給年金が加算される場合には、
早めに年金事務所にいかないと時効が進行してしまう事になります。

なぜ60歳当時、加給年金が加算されなかったのかは
ご質問の内容からはわかりませんが、
加給年金が加算されるためには、
その当時の居住状況や所得状況を確認できる書類
(例えば住民票や所得証明書、源泉徴収票等)
を提出する必要があります。
その当時のものがない場合は現存する書類の中から
一番古いものから数年分くらいあれば認定してもらえるかもしれません。

なお、今までは原則として受給権取得当時に限って生計維持要件の認定を行っており、
その後に生計維持関係になった場合でも加給年金は加算されませんでしたが、
来年4月以降は法律改正により生計維持関係になった事実があれば
いつでも認定してもらえるようになる予定ですので、
少なくとも来年4月分以降については加給年金が加算される可能性が高いかもしれません。


 

1つめの加給年金の支給要件ですが、

(1)厚生年金に240月(20年)以上加入していること
(2)特別支給の老齢厚生年金の受給権の取得時
 (事例の場合はお父様が60歳当時)
 生計を維持している65歳未満の配偶者(妻)がいること

の2つの要件を満たしていれば、
60歳からお父様の厚生年金に加給年金が加算されます。

仮に、お父様の60歳当時、
お母様との間に生計維持関係がない場合
(夫婦で生計を同一にしていないか、あるいは、
年収850万円の年収を将来にわたって得られる妻)には、
加給年金は加算されませ...続きを読む

Q国民年金から厚生年金の第三号被保険者

こんにちは。
今まで、主人は会社員でしたが社会保険ではなく国民健康保険でした。
現在、転職をし社会保険に加入したのですが、会社から第三号に入るか、それともそのまま国民年金に加入しているかを聞かれました。(扶養控除内の仕事をしております)

どちらの方が、得なのでしょうか?
国民年金のままだと保険も国保のままで、支払いをしなければいけないのですよね??
このへんもわからないので、どなたか教えていただけますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

損得で言えば、圧倒的に前者です。
健康保険料も国民年金料も支払わなくても、加入してる状態になりますからね。
NO.1さんも仰ってますが、第3号=国民年金の事。
第1号(現在加入している国民年金)と同じ扱いです。
所得税上の扶養に入りたいのなら103万円/年間、社会保険(健康保険・第3号年金)の扶養に入りたいのなら130万円/年間に抑える必要があります。
両方の扶養に入りたいのなら、103万円/年間の範囲内で働いてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング