ガスクロによる悪臭分析について知恵を貸していただきたいです。

ガスクロで環境大気中のアセトアルデヒドの分析をしているのですが、顧客指定の定量下限値が0.002ppmのところ、数回の分析結果は常に0.002~0.005ppmとなり、顧客からクレームを頂いています。
このサンプリング地点は浄化センター周辺で、周辺道路の交通量はさほど多くありません。

そこで、教えていただきたいのですが、環境大気中には一般的にアセトアルデヒドはどの程度存在しているのでしょうか?

以下は私がネット上で調べた資料です。

一般環境大気中に5マイクロg/m3(=0.0028ppm)存在しているとのことです。
http://www.nihs.go.jp/DCBI/PUBLIST/ehchsg/ehctra …

どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

高めに出る場合の測定ミスの原因をお知らせします。



1.採取瓶(名称疑問)の空焼きは十分やっていますか。不充分の場合に.壁面に吸着していて.誤差の原因になります。
2.真空採取瓶にマイクロシリンジで定量して内部にいれるときに.十分時間をかけてマイクロシリンジの温度が上がるのを待っていますか。通常.マイクロシリンジからの気化熱で資料が凍り.標準ガスが標準ガスにならない.という悲劇があります。
3.標準ガスをボンベで購入している場合に.液体部分から採取していますか。ボンベを立ててガスを取っている場合に.蒸気圧の関係で.検定地からかなりずれた標準ガスが取れます。
4.分析室内のホルマリンはどの程度ありますか。高濃度のほるまりんが存在するような分析室では.汚染の原因になります。(測定値の1/10ぐらいには低くしたい)
5.試料の入った試料瓶を1回.液体空気当たりで.冷やして.混入している水などを除いて測定してみてください(これをやると空焼きしないと2度と試料瓶がつかえなくなる)。これで.分析室内のコンタミの程度がわかります。

以上の注意店を注意しても.結果が大きく出るようであれば.もともと値が高い場所です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。

1.50Lのテドラーバッグを使っております。
 新品を窒素で2度ほど洗ってから使っています。
 バッグのブランク試験も行い、問題はありませんでした。
 また、吸着があった場合は、測定値は低めに出ると思われます。
2,3.STD作製は市販のSTD液を希釈し、直接GCに打ち込んでいます。
 ここでの計算ミスがあるかもしれませんので、再確認してみます。
4,5.ホルムアルデヒドは試料の測定値にはかなり大きく出ています。
 しかし、バックのブランク試験でほとんど検出されなかったので、室内からの汚染はないようです。

※測定方法の詳細
 フレックスサンプラーによる50Lテドラーバック捕集
 DNPHカートリッジ濃縮
 ジフェニルアミン内標準使用
 液体アンプルSTD使用
 GC-FTDオートインジェクション

お礼日時:2003/09/20 13:42

液体標準を直接うつ方法はやったことが無い(真空採取瓶使用)しテドラーバッグの使用経験もありませんので.参考程度にしてください。



一つは.ポンプ吸引の精度があまりありません。2桁程度が限界です(積算流量計の誤差を調べてください)。
もう一つは.分析方法が疑わしい場合があります。というのは.あるJISで.精度**.検出限界**と記載されているのですが.分析関係者に言わせれば.全部嘘。理論場成り立たない方法が掲載されている場合があります。

ただ.検出限界2の時(ガスクロでは2桁の制度がありませんから)に.5出たとしても.測定範囲は.2*20=40からですから.消して「極端に大きな値」ではないと思います。

注意する点として.わざときさんするような前処理をしている分析方法が法定分析法であります。前処理の条件を見なおしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お返事が遅くなり、申し訳ありません。

どうやら一般的に問題のない値のようでした。
ご助言参考とさせていただきます。

お礼日時:2003/10/24 12:45

 専門外ですが,あなたが調べた数値はキチンとした機関が出した測定値の様ですが,それ以外にどんな数値を御希望なんでしょうか。



 いくら別の数値が出されても,あなたの測定している試料とは異なる環境でのデータにすぎませんので,数多く集めてもあまり意味がない様にも思えます。

 測定例を多く集めたいとの事でしたら,「Google」(参考 URL)で「環境大気中 アセトアルデヒド濃度」で検索すれば幾つかヒットします(既におやりの様に思いますが)。

 ご参考まで。

参考URL:http://www.google.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

一般的に、環境計量に関するデータなどはネット上で公開されているものが非常に少ないのです。
ですので、ネット検索で調べられるのは官公庁が行っている環境調査のうちの極一部でしかありません。
また、論文検索という手もありますが、アセトアルデヒドの研究資料は得られますが、一般的な値を調べて研究論文にすることはありません。

お礼日時:2003/09/20 13:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアセトアルデヒド:下戸です。

以前、別カテゴリーで質問してみたのですが、イマイチピンと来ないもので。。。
化学が判る方なら??と思い、再度質問します。

私は超下戸です。
アセトアルデヒド分解酵素が完全に欠落しているようです。
少量のアルコールで頭痛・動悸・吐き気を催します。
一方、「飲んでみたい!!」という子供じみた願望があります。

そこで、質問。
アセトアルデヒドの毒性を解毒する薬や、分解酵素そのものを対外から摂取する方法。
又は、アルコールそのもののを無害な何かに分解する薬など・・・無いものでしょうか?
勿論、体に無害で。。。

この理屈が通れば・・・二日酔いで悩まれる方はいない・・・という事にもまるでしょうが。。。^^;

Aベストアンサー

>>アセトアルデヒド分解酵素が完全に欠落しているようです。
うらやましいです。私は日本人にはめずらしいアセトアルデヒド脱水素酵素複数持ちらしくお酒にムチャ強く、大体「酔っぱらい」どもの後始末をする羽目になります。
他の酒の強い人同様、欧米並みの「慢性アルコール中毒」になり、γ-GTPの記録は1,000。人間ドックの前日飲んじゃって(汗)「装置が壊れた」とか言われて「いや、それで良いんです」と装置を擁護しなけりゃならなかったことも。
その後断酒したら脂肪肝も半年で完治。断酒7年後、子供も大学へ入ったからいいやと飲み出したらまたアル中の脂肪肝へ舞い戻り。また断酒して1年目。(爆)簡単にやめられる人なので、返っていけないのかなー。(--;

で、アドバイスにはならないですが、身体にたまったアセトアルデヒドは酸素と反応して「過酢酸」などになりますので、抗酸化剤が有効。もう既に出ていますけど。
最近ビタミンEが心臓に良くないとの調査結果が出たとか。排出できにくいものは恐い。
やはりビタミンCでしょうね。ガンに効くかどうかは別にして、風邪の「症状」を「和らげ」たりする効果は確かにあります。「治らない」ことも実証済み。
ですがアルデヒドの代謝時に余計なものを作らないようにする効果はありそうです。
ただし、安いサプリメントのビタミンCは胃を荒らすので、ちゃんと半分アスコルビン酸ナトリウム(ビタミンCのナトリウム塩)になっているものをお飲み下さい。
ハイシー、とかシナールとかいう美容向けのやつ、値段は中和してないやつの十倍以上しますけど。
お酒の前に、予め飲んで効くかどうかは疑問ですけど。

>>アセトアルデヒド分解酵素が完全に欠落しているようです。
うらやましいです。私は日本人にはめずらしいアセトアルデヒド脱水素酵素複数持ちらしくお酒にムチャ強く、大体「酔っぱらい」どもの後始末をする羽目になります。
他の酒の強い人同様、欧米並みの「慢性アルコール中毒」になり、γ-GTPの記録は1,000。人間ドックの前日飲んじゃって(汗)「装置が壊れた」とか言われて「いや、それで良いんです」と装置を擁護しなけりゃならなかったことも。
その後断酒したら脂肪肝も半年で完治。断酒7年後、子供も大...続きを読む

Qアセトアルデヒドって何でアセトアルデヒドって言うんですか?

素朴な疑問なのですが、なぜアセトアルデヒドはアセトアルデヒドと言うのでしょう?

アルデヒド基があるので、~アルデヒドとなるのはわかるのですが、アセトがどこから来たのかよくわからなくて。
単にそういう物なのでしょうか?

CH3CHOだから、CH3(メチル)+CHO(アルデヒド基)=メチルアルデヒドっていう名前でもいい気がするのですが・・

Aベストアンサー

前に同じような質問がありましたので参考にどうぞ。

『ウィキペディア(Wikipedia)』
「アルデヒド」の項目の命名法の4番でも書かれています。

4.
アルデヒド基がカルボン酸のカルボキシル基から合成された場合はそのカルボン酸の慣用名から誘導される。語尾の -ic acid または -oic acid を -aldehyde に変える。例えば、HCHOはホルムアルデヒド、CH3CHOはアセトアルデヒド、C6H5CHOはベンズアルデヒドとなる。

つまり酢酸 acetic acid を酸化して得られたアルデヒドなのでアセトアルデヒドと呼ばれているのです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5248920.html

Q加水分解について

初歩的な質問で申し訳ありません。加水分解の定義を教えてください。大学受験生なのですが、もうそんなことは当たり前なのか、書いてある箇所が見つかりません。またサイトも見ましたが、難しいものばかりで・・・。私はなんとなく「H2Oが分解される反応」と思っていました。すいません。
それと、アセチレン→アセトアルデヒドの反応の種類を選べ。という問題で、私は加水分解だと思ったのですが、答えは付加でした。わかりません(付加の意味はわかります。確かに付加してますが、水が分解されてる気もします)。どうして加水分解ではないのか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

 まずは「加水分解」の定義(?)から。「化学辞典」(東京化学同人)には次の様にあります。

 『 結合切断反応の一形式で,形の上からは一つの結合が切断するときその結合がイオン的に開裂し,H2O 1分子が H+, OH- に分れて付加する反応。』

 他にもありますが,大学入試レベルならこれで良いでしょう。で,簡単に言うと「有機化合物が【試薬の】水と反応して分解される反応」です。

 ここで,分解されるかどうかを考える対象は「基質である有機化合物」で「水」ではありません。水は「基質」ではなく「試薬」だからです。

 ここで『アセチレン→アセトアルデヒド』の反応を見ると,「基質」のアセチレンには水が付加するだけで C-C 結合(この場合,3重結合は全体で一つの結合と見做しています)の開裂は起こっていません。そのため,「加水分解」とは言わないのです。

Qガスクロでのメタノール分析

ガスクロでキャピラリーカラムを使って、メタノールの分析をしたいのですが、以下の点について疑問があります。

 ・検量線を作る場合の溶媒
 ・検量線の作成方法(液クロで個体の標準品を量り、
溶媒の溶かし、希釈していく方法と同じか??)
 ・実験環境として注意しなければならないことがあれば
 ・分析条件等が参考になるような本やHP

どれか一つでもわかりましたら、お願い致します。

Aベストアンサー

溶媒:水が一番良いですが、それは無理そうなので、アセトニトリルなどを使います。
検量線:HPLCと変わりません、感度がHPLCより高いので簡単です。
あまり緊張過ぎる必要はありません。

Q体内でのエタノールの分解を教えてください。

ヒマなんで、アルコールが体内で分解されるときに消費されるエネルギーを計算しています。

ちなみに35歳アラフォーです。化学は中学高校でしか習っていないです。

2(C2H5OH)+O2 → CH3CHO+2H2O
は教科書を読んで類推したのですがこの後どうなるのでしょうか?

昔、授業でアセトアルデヒドは二日酔いの原因物質だと聞いた記憶があるので、この後無害な物質に変わるような気がするのですが
アセトアルデヒドがこのまま排泄されるのでしょうか?

何卒、ご教授のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簡単な説明は
エタノールと人体 - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%BF%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A8%E4%BA%BA%E4%BD%93 )

Qガスクロの分析

教えてください。
ガスクロの結果を他社からもらいました。
分析結果の%をすべて足しても100%になりません。近い値はでているのですが・・・。
ガスクロ分析は、分析項目以外の成分がガス中に含まれている場合、結果としてはどうなるのでしょうか?
例えば、分析項目にはいっていないガスばかりで一つだけ少量に分析項目の成分が含まれていたら、それが100%という結果になるのでしょうか?
わかりやすいホームページ等ありましたら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

ガスクロのデータ処理の方法は、はユーザーが指定できます。
ガスクロのデータ処理装置のデフォルトではピークの合計は100%になる設定のはずですが、その装置はカスタマイズされているようですね。

処理装置のマニュアルを見ることをお勧めします。

>ガスクロ分析は、分析項目以外の成分がガス中に含まれている場合、
>結果としてはどうなるのでしょうか?
>例えば、分析項目にはいっていないガスばかりで一つだけ少量に
>分析項目の成分が含まれていたら、それが100%という結果になるのでしょうか?

以上のこともユーザーが自由に計算方法を設定できます。

Qピレスロイド系殺虫剤の光での分解・・・ピレスロイドは光で分解されるらし

ピレスロイド系殺虫剤の光での分解・・・ピレスロイドは光で分解されるらしいのですが、市販殺虫剤一般の、残効性のピレスロイドも光で分解されるのでしょうか?
その場合、家庭用蛍光灯の光程度で分解をよく促進できますでしょうか?

Aベストアンサー

>家庭用蛍光灯の光程度で分解をよく促進
無理です。
ピレスロイドは菊酸と呼ばれる物質の仲間で多くのものが炭素の三員環を持ちます。三員環は比較的不安定なので紫外線で開裂してラジカル(遊離基)などになります。

Qガスクロで出来る分析

ある化学製品を2リットルの缶に充填していますが、鉄パイプのサビが製品に混入し計量するシリンダーが傷ついて、計量できないらしいということが分かりました。
鉄パイプのサビが製品にどれくらい混じっているが、ガスクロという分析装置で分かるのでしょうか。ご教授下さい。

Aベストアンサー

ガスクロは基本的に気体か、沸点が300℃程度までの揮発性の液体の物質を分析するものです。鉄さびは揮発性ではありませんからガスクロでは直接の分析はできません。
質問にある化学製品がどんなものかわかりませんが、揮発性のものなら蒸発させて不揮発性の残留物の量を調べるとか、何かの溶剤に溶けるようなものなら溶剤に溶かしだして、不溶物の量を調べるとかの方法がよいのではないでしょうか。ただし、これらのばあい、不揮発性や不溶のものが鉄さびであるとは限りません。

Qアセトアルデヒドとホルマリンの還元性の違い

この間学校で次のような実験をしました。
(1)ホルマリンとアセトアルデヒドで銀鏡反応を起こす
(2)ホルマリンとアセトアルデヒドでフェーリング反応を起こす

どちらの実験もホルマリンでは極めて容易に反応が起こり、還元性の強さが実感されたのですが、一方アセトアルデヒドでは、反応は鈍く、銀鏡もあまり生成せず、フェーリング反応では濃緑色の溶液・沈殿が生成し、予備校などで学習するようなきれいな反応は見られませんでした。
還元性の問題だとは思うのですが、なぜホルマリンとアセトアルデヒドでこのような違いが出るのか分かりません。
ホルマリンとアセトアルデヒドの還元性の強さの違いの原因と、なぜフェーリング反応で濃緑色に変化したのか(アセトアルデヒド)、教えてください。m(_ _)m

Aベストアンサー

んー 分かりました
分量や濃度などが分かると確定的なことがかけるのですが

多分,反応指示薬に対して
アルデヒドが少なかったものと思われます

確かにホルムアルデヒドの方が鋭い還元生を示します
何しろアルデヒド基を2つ持っていますからね

しかし,アセトアルデヒドでも十分に
銀鏡や酸化銅(I)の沈殿は見られます

フェーリング液で青色~緑色の反応を見るのは
銅のキレートを十分に還元できなかったために
銅(II)イオンが残留していると考えられます
濃緑色の沈殿は
多分水酸化銅(II)と酸化銅(I)の混合沈殿と
思われます

実はちょっと失敗だった可能性が高いですね

先生はホルムアルデヒドにせよアセトアルデヒドにせよ
「アルデヒド」特有の反応が見られた
ので,良しとしたのではないかなぁ

Qガスクロか液クロかどちらで分析する?

ある未知なるものがあって分離分析したいものがあるとします。

その時にひとつだけヒントが出たとします。それは「液クロかガスクロかのどちらかで分析できる」
ということです。

(1)こういったとき、どちらを選べばいいでしょうか?
 違う言い方をすると、液クロとガスクロのどちらかを使うときの判断の基準ってあるんでしょうか?

(2)私が思うにはガスクロでできないものは、熱をかけると物性が変わってしまうものだと思います。
 あと、何か理由はあるかな・・・・。

(3)また、普段ガスクロでエタノール%を測定しています。これはなぜ駅クロで測定できないんでしょうか?その対象物は水にも溶けます。

全てに答えなくてもいいので、上記の質問のどれかだけでもいいのでお願いします。

Aベストアンサー

結局は分析するものの物性と検出方法の関係になると思います。
不揮発性の物質であればガスクロは困難ですし、熱で分解しやすいものも然りです。
その一方で、液クロが困難なものは検出の難しいものでしょう。一般的な液クロであればUV-VISで検出します。したがって、紫外可視領域に吸収のない物質はこの方法では検出できないので分析もできません。エタノールなどはそれに相当しますので液クロでの分析は困難です。

ただし、それ以外の分析方法というのもありますので、そちらを利用すれば可能になることはあるでしょうけどね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報